HOME > 【男性視点体験談】 > 後輩の彼女のエロに対する研究熱心さが俺のスケベ心に火をつけたエッチ体験
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


後輩の彼女のエロに対する研究熱心さが俺のスケベ心に火をつけたエッチ体験

関連体験談 :女子大生寝取り浮気友達の彼女美人フェラクンニキス
後輩の彼女にクンニ

5年くらい前に、上司にバイトを探すように頼まれたことがあり、

仕方なく、学生時代のサークルの仲のいい後輩Aに頼み、

同じサークル内の一番器用な子Mを雇うことにした。

MはAの彼女で、160cm48kgBカップ、

色白で結構美人なタイプで、

男はAしか知らないようだった。

ある日、そのMから電話で相談を受けた。

彼氏であるAの家に留守中に行ったら、

ゴミ箱にコンドーム5つがあったらしい。

オレは、Aから「コンドームのせいで萎えやすい。」

と冗談まじりに聞いていたので、きっとトレーニングだよ。

と流すように言ったが、

彼女はその助言を聞くことができなかったようだ。

Aは、浮気をするようなヤツではないとオレは思っていたが、

彼女も他の友人も、Aの浮気を信じて疑わない。
そうして電話がちょくちょくかかってくるようになり、

セックスの相談も多くなって、エロ話が主流になってきた。

しかし、話の裏には、やはりAの浮気が気になっているようで、

しかも、ゴミ箱をあさったということから、Aに問いつめることも

していないようだった。

エロ話の内容は、セックスが物足りない、ひいては、オレにやってほしい

などと冗談ぽく言ったりするようになっていた。

おれも、それにのって「やっちゃうよ?」というと、

「お願いします!」というやりとりが続くようになった。

もちろん、半分は冗談で半分は本気なのは、お互い様だと思っていた。

当時、俺にも彼女はいなかったが、AとMは趣味も似ていて、

似合いのカップルだと思っていたし、Aと俺とは舎弟関係が成り立っていたので

Mを自分のものにしようとは、思っていなかった。

むしろ、Aを疑っているMを少し腹がたった。

Mがバイトに来た金曜日、めずらしく早く仕事がおわり、

Mを飲みに誘った。彼女は喜んでついてきて、そこでも

エッチしてくださいと冗談交じりに言った。

俺は、酔いも手伝ってじゃあこれからホテルに行こう。

と誘った。彼女は躊躇することなく、彼女は妖艶な顔をして

行きましょうと言い放った。

俺の中の葛藤は、Aとの信頼関係、MのAに対する疑念、そして、

目の前の色白で尻の大きな女を自由に抱く欲望で酒の勢いで

高速でいつもより多くグルグル回っていた。

飲み屋をでてすぐに彼女は腕を組んできた。

この女は悪い女だと俺は思った。俺は彼女に利用されている。

きっと、Aに仕返しをしたいのだと思う。

飲みながら、色々なことを考えた。仕返しをしたいなら、

他の誰かでいいじゃないかと、なぜ俺かというと、Aと俺との関係から、

Aに大きな打撃を与えることができることだと思うのだろう。

そして、おれは2つの選択までしぼることにした。

1.Aを信じろと説教して彼女を送る。

2.Aと計算高いこの女と別れた方がいいのでやってしまう。

俺はMにあらためて聞いた。ホントに良いの?何で俺なの?

彼女は明るく答えた。先輩としたいんです。エッチなオーラを感じるんです。

今なら、オマエは江原か!と突っ込みたいとこだが、そのときの俺は別のモノを

突っ込みたい衝動に駆られていた。

そして、Aとの関係が崩れても、Mと別れた方が幸せじゃないのかと

思いこむことにして俺の体にあたる小ぶりの胸と柔らかい体を弄ぶことにした。

俺とのセックスをMは本当に期待していたと思う。

ホテルに入るとそれがすぐにわかった。

俺はまず、向かい合って両手を彼女の腰に置き、無言で彼女の目を

閉じさせた。彼女の唇は薄めで淡いピンク色をしている。

おれはそこに唇を重ね、彼女の期待を裏切らないような大人の丁寧な

キスをした。

彼女の気分をのせようと、キスをエスカレートさせると俺のモノは

すでに大きくなり、彼女の腰を引き寄せ、柔らかい太股にわざと

押し当てるように動かした。彼女も肩で息をするようになり、首筋に

唇と舌で刺激すると、力が抜けていく感じがわかった。

彼女にとって2人目の男ということでいつもとはかってが違うことに

不安と期待がふくらんでいる事が手に取るようにわかった。

キスをして胸を揉み服を脱がしていくと、彼女はシャワーを浴びたがった。

せっかくなので一緒にあびることにした。互いにボディソープを塗りたぐり

キスをしながらさっきの続きをした。

彼女のアソコに俺の膝上があたるように体を密着させると、

俺の唇をだんだん強く吸い、俺の背中に回す手にも力が入ってきた。

そっと泡だらけのアソコに手を伸ばし、クリを中心にやさしく洗った。

Mはビクンとふるわせ、「んっ、あ」と我慢していた声を漏らした。

そして、大きく上を向いた俺のモノに彼女の右手を導いた。

彼女は声を出したことで少しリラックスし、言葉を発した。

「先輩の。。。大きい。。」と。

「早くベットに行きたい?」と聞くと、彼女はコクリと頷いた。

ベットに行くと、丁寧にキスをした。彼女のキスはうまくはなかったが

俺の動きに答えようと必死な感じが好感が持てた。

彼女のエロに研究熱心さは、俺のスケベ心に火をつけた。

教えれば教えるほど応えるだろうと期待が膨らんだ。

恥ずかしいのか、後ろめたいのか、目を合わそうとはしない彼女。

そんなことを気にせず、耳と首筋に口で吸いながら、その中で

舌を回すように舐め回した。彼女はのけぞり、手をぎゅっとにぎり

感じている。「先輩、それ、すごくいい」

そういわれると、やってやるのが惜しくなり、胸を激しく舐め回す

ことにした。胸から腹にだんだん舐めるのを下のほうに

彼女は、腰をくねらせ、のけぞり「んっ、んあっ、、ふん」と

声を出しながら、その先をしてもらいたそうに、俺の舌先が中心部に

いくように期待する動きを繰り返した。

意地の悪い俺は、ヘソの周りや腰骨を念入りに舐め回し、

内股を舐めはじめた。内股から膝、くるぶし、爪先と舐め、

また中心部に戻るが、アソコはわざと外し、熱い息を吹きかけ

別の足を手に持ち同じように舐めるようにした。

その間、俺の別の指先はMの舐められていない方の内股を

触れるか触れないかの感じでスゥっと這わせる。

彼女の遠慮していた声は切なさを増し、だんだん大きな声になり、

シーツを握ったまま、苦しそうに動かしていた。

はじめて知った別の男の感触に、最初から彼女はおそらくいつもよりも

興奮しているのだろう。その証拠に、直径10cm程のシミをシーツにつけていた。

彼女のアソコからは、さわらなくても分かるほど、いやらしく赤くひかっており、

それをわざと確認するように足を開かせ、彼女の顔と交互にみるようにした。

赤く

彼女は俺の期待通り、我慢ができなくなってきているようで

「。。。先輩」と、か細い声を出した。俺は「ん?」と意地悪に答え

それ以上をわざと聞かなかった。そして彼女は、また、泣きそうな顔で

「。。。先輩っ」と高く細い声で繰り返した。

腰をくねらせながら、ねだるMに仕方なく、期待通りに聞いてやった。

「どうしたの?」と。M「。。。」、俺「どうしてほしいの?」

M「。。。舐めて欲しい」、俺「どこを?」M「アソコ」俺「アソコって?」

M「。。。」俺「どこ?」M「。。。おまんこ」と定石通りに言葉責めをしてやった。

Mの陰毛は黒々として生えている部分は濃いが、生えている範囲は小さく

ビラビラは左右対称ではなく、右のビラビラが大きい。

その形を確認しながら、深く熱いため息をクリを剥いてかけた。

それに反応するかのように、Mは息を吐きながら背筋を少し伸ばした。

大人のキスをする要領で、クリに軽くキスをし、そして小陰唇にも同じように

キスをした。丁寧に。。。だんだん激しく。

彼女の反応は予想を超えて、泣き出しそうなくらい激しく感じてきている。

M「ん〜〜〜〜ん、あぅん、いい〜。。。凄い。。先輩、、凄くいい。。」

クリを唇で吸うようにして口に入ってきたクリの先を舌先で激しく転がすと

彼女は内股を開いてはいられず、爪先に力が入り俺の顔が白い太股に締め付けられる

そしてクリを舐めるのをやめずに指を穴にいれワザと音がでるように

クチョクチョと動かすと彼女は両足をつっぱり、

M「だめ、、いっ逝くぅ。。。」といいながら、果ててしまった。

しかし、俺は、その手を緩めるどころか、中指と薬指を二本にして

クリを舐め続けた。そして余った片方の指先でアナルの1cm外側を

マンコ汁で濡らし、やさしくなで回した。

彼女は体をヒクヒクさせながら、「、、いっ、いやぁ」とくねらせる。

それを無視して指は奥に入れながら、曲げたり伸ばしたりを繰り返し

クリの裏側を刺激し続けると、声は激しくなり、

「でちゃいそう!」「だめ!」と激しく俺の頭を離そうとするが、

アナルをいじっていた手を太股から腰を押さえるようにして、

ひとこと「だしていいよ」と言ってやった。

「うっ、うっ、うっ」と指にあわせて感じる彼女の顔をみようと

指の動きを速くできるように、クリから口を離し、彼女の横に移動した。

手首からふるわせるようにしながら、中指と薬指をずらした動きにしたり、

薬指と人差し指とを入れ替え、中指で奥のふくらみをさわりながら、

人差し指は膣の壁をこすったり、彼女の反応を見ながら、その表情を楽しんだ。

そして指を曲げながら手首を振動させ、彼女は白い肌をピンク色に染めながら

「あっんっ、で、でる」「いっ、いっ、いく〜〜〜」と言って、潮を吹きながら

逝った。潮を吹くのは初めてらしい。俺の右腕を力強くつかんでいたのを緩め、

息を整えながら、「すっすごい。。。」とだけ言った。

休ませるのと、研究熱心そうな彼女に今度は奉仕させることを促した。

まずは、彼女の舌使いはどうなのかを試した。

彼女はAに仕込まれ、褒められて自信を持っていただろうが、

俺の攻撃に翻弄されたらしく、自分のテクニックに自信をなくして

いるように見えた。セックスに関しても、彼女の優位に立ち、

彼女の期待以上に応えているのが、まんざらでもない気がした。

彼女のフェラは丁寧にやろうとしてはいたが、正直、ぎこちなかった。

たまーに歯があたるのを

そして、俺のが大きいからと言い訳した。彼女の耳を刺激しながら、

俺好みのフェラをさせることにした。

俺「舌をもっと柔らかくつかうんだよ。

舌をとがらせて固めればいいってもんじゃないよ」

M「はい」彼女は敬語を使い、しかも従順にしたがった。

一通り教えて、復習させるように黙って一連の流れをやらせた。

まず、Mは勃起した俺のモノを手を使わずにヘソの右にある結び目のところに

やさしくキスし、上目遣いをしながら舌先でやさしく刺激した。

そのままサオ全体に舌を這わせ、玉の部分まで丁寧に舐めさせた。

袋の余った皮を口に含み中の温もりを感じながらサオをやさしくこすった。

そして、サオを手で起こし尿道に柔らかい舌先でゆっくりと回しながら

亀頭をゆっくり口に含んだ。舌を柔らかく使いながら唇も力を入れ

させないように命令して、サオと口の間に隙間できないようにやさしく

吸うように指示した。そして、なかで柔らかい舌をねっとりと柔らかく

亀頭にからませた。俺はMを褒めるように「きもちいいよ」と髪をなで上げ

ウナジをさわり、彼女の頭を引き寄せ少し奥にスライドさせた。

俺は「口をアソコだとおもってごらん」

「どういう風にされたいか口で表現するんだよ。」と教えてあげると、

彼女の舌は、俺の指示を守りながら、激しく動き、そして頭を動かしはじめた。

教えてやればやっただけ、いや、やる以上に上達する彼女を

もっと自由にしたいと思うようになった。

このまま逝かさせるのはおもしろくないと思い、Mの体を反転させ69をすると、

彼女は感じ始め、俺への攻撃が緩くなってくるが、口はそのままくわえたままで

「んんっ、う〜ん、はぁ〜〜」とよがりまくる。俺は指と口でクリとアナルと

アソコを刺激し、彼女が耐えられず、身を起こした。

俺も彼女から離れ、「いれてあげるから、イッパイ唾液をここにつけてごらん」

とモノを突きだした。彼女は今まで以上に丁寧に舐めながら、たっぷりと唾液

をつけた。

そして、とうとう俺のモノは彼女の中にいれることにした。

さきっぽでクリを刺激し、そして左右非対称のビラビラに絡ませ、

「いれるよ?」と聞くと、Mは「はい」と答える。

「ほしい?」と聞き直すと、「うん」と言い直した。

ゆっくりと入れるフリをして、奥までズンと一突きし中で

彼女の感覚を味わった。彼女は狂いそうな表情でこっちを向いて

「すっすごいぃぃ、とどいてる、とどいてるぅ、うぐぐっ」

と感じた。そして中をかき回わすように腰をグラインドさせたり

高速でついたり、抜くフリをして奥まで激しく突いたりを

繰り返した。

一連の動きでMを2回ほど逝かせたあと、俺も息が上がってきたので

抜かぬまま、バックから責めて、彼女のくびれたウエストと大きな尻を

見ながら、逝くことにした。これ以上ない速さで腰を動かすと、Mは

言葉にならない声を上げ続けた。俺「もう、いくよっ、いくよっ」

Mは「きて、きて、きてぇ、お願いっ!」と叫んだ。

俺はギリギリまで彼女のアソコを楽しみ、そして逝く瞬間に抜き取ると

彼女のアソコからはプスっという音とドロドロ愛液がでてきた。

そして俺の白いものは、彼女の後頭部をかすめて勢いよく、ピュ、ピュと飛んだ。

彼女は脱力しながら「。。。す、すごぉい」と言ってぐったりとベッドに

倒れ込んだ。

この後、朝まで3回ほど交わり、この悪い女を少しだけ

かわいそうに思った。完全にAとは性の不一致だと確信した。

彼女を何度か抱くことになったが、捨てたはずのAへの罪悪感が蘇ってきた。

Mへは、愛しているという感覚はなかったが、情みたいなものはあったと思う。

AとMは好きあっているのは分かっていたし、俺は間男だとおもった。

Mは、Aへの仕返しのために俺との関係をうち明け、俺と付き合うと言い出した。

俺もMと付き合ってみようとおもった(すぐにわかれるだろうというのを前提)。

しかし、Aは俺の予想通り、オナニー好きでコンドームは練習用に使ったものだと

彼女にうち明けると、彼女は俺へ態度を豹変し、俺が悪者になるよう友人に話した。

やはり、予想通り、悪い女だ。

それでも、まぁいい。Aとの関係も崩れるならばそれで

いいと思うようになった。

それは、Aも屈強にみられている俺へ優越感をもったり、

Mもその後も色々な男に抱かれるようになったり、

とバカな男とズルい女でそれでお似合いなんじゃないかと

思うこととした。

それよりも、硬派な印象を身近な火遊びで、ただの鬼畜と

周りの印象にしてしまった代償は小さくはなかった。

救いは、もう社会人で誰とも逢ってないことだけだった。

途中でペーパーアドベンチャーのように選択肢にしたのは、

1を選択すべきだと、俺は後悔しているからである。
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア