HOME > 【男性視点体験談】 > ゴスロリ大好きコスプレ女の子を中学生の時の友達に紹介された訳だが
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


ゴスロリ大好きコスプレ女の子を中学生の時の友達に紹介された訳だが

関連体験談 :処女童貞初体験キス学生
中学二年の頃、自分は携帯電話を買って貰いました。

早速友達にメアドや電話番号を教えて、大人になった感じがしました。

数日たったある日友達からあるメールが。

「お前に紹介したい女がいるんだけどいいか?男探してるみたいで。歳は俺達と一緒」

最初は戸惑ったけど、携帯を手にしたせいか彼女が欲しい等と考えていた頃。

俺はOKし、その子とのメールのやりとりが始まりました。

その女子中学生とメールをしてみると、

凄くいい子で俺は段々と惹かれていきました。

「おはよお:*:・( ̄∀ ̄)・:*:今日は寒いね(/_;)身にしみます」

「ただいま~(*^-^)ノ♪今日も疲れました」

いつの間にか彼女からメールがくるのを楽しみに待つようになり、

彼女の事を考えて一人自慰行為を行うようになりました。

彼女とは写メの交換もし、

結構俺好みの顔だったのもあり駄目元で告白する事にしました。

彼女に自分の気持ちを伝えると彼女はこう答えました。
『一回会わないと分からないよ』

確かにそうです。

次の休みの日に会う約束をしその日のメールは終わりました。

約束の日、僕は目印に決めていた黒いニット帽をかぶり待ち合わせ場所へ。

彼女はもう来ていました。

服装は非常に分かりやすいもので『ゴスロリ』でした。

この時から変なフェチを持っていた僕は、

これをゴスロリjcをOKとし彼女に手を振り挨拶をしました。

『K子ちゃん?俺○○だけど...』

『あ!○○君?写真で見るよりカッコイイですね。じゃあカラオケとかどっか行きます?』

『うん、それと普段のメール通りタメ口でいいよ。』

僕と彼女はカラオケに行ったものの、全部屋使われていて入れませんでした。

『仕方ないからウチ来る?お母さんいるけど...』

彼女の家はまあ普通の家で、

僕達がついた時には彼女のお母さんが洗濯物を二階に干していました。

彼女は下から自分の母親に手を振り、

『ちょっと待ってて。』

と言い家の中へ入って行きました。

しばらくすると階段を下りる音が聞こえ

『入っていいよ。』

と。

初めて会った女の子の家に上がる...。

かなりの緊張感があり手には汗をビッシリとかいていました。

彼女の部屋は二階のようで、

どうやら洗濯物は彼女の部屋を通ったベランダで干しているみたいでした。

彼女の母親は既にそこにはいなく、予めしいてあった座布団をよけて僕は座りました。

『あはは。それ、○○君の為に置いたんだからそこに座ってよ~。』

『あ、ああ気付かなかった』

変な遠慮をした僕は座布団に座りなおしました

『でさ、あの事何だけどね』

『あ、うん。』

彼女の言う『あの事』とは、僕が告白した事だとすぐに分かりました。

『○○君、会ってみたら結構優しそうだしいいよ。付き合っても...よろしくね。』

僕の心臓は大きく跳ねました。

一気に背筋が冷たくなったのに、胸は凄く熱い...そんな妙な感じが...

それと同時に、メールだけで好きになり、

さっき付き合う事になったばかりの彼女といかがわしい行為をしてみたい、

というふしだらな気持ちが生まれたのも事実です。

『ねぇ、付き合ったばかりでアレ何だけどさ、キスしない?』

彼女の提案は僕の気持ちをさらに揺り動かしました。

目をそっと瞑る彼女。

僕は心臓をドキドキさせながら、彼女の両肩に手を置き顔を近付けた。

彼女の肩は服がアレなせいか、露出されていて凄くエロチックでした。

彼女の唇に自分の唇を重ねる......。

数秒間、時計の針の音だけが耳に入る。

...キスをしている。

初めてのキス。

しかも彼女の部屋。

.

彼女から顔を離し、目を開いた。

彼女は笑っている。何故か僕はゆっくりと目線を彼女胸にやった。

『あ!』

胸が見えました。

中学二年生...クラスの大半の女の子と同じぐらいの大きさの胸が。

『どこ見てるの?』

バッと手を服に重ねる彼女。

嫌われる事を恐れた僕は、素直に謝りました。

『別にいいよ。男の子ってそうだって分かってるし。』

彼女は笑って言うと今度は彼女の方からキスをしてきました。

目がトロンとして気持ちいいと感じていると、

彼女の舌が僕の口の中に入ってくるのが分かりました。

『ンッ...』

彼女がちょっと漏らした声が頭に残り、

舌を絡めたまま僕は彼女の背中に手を回し強く抱きしめました。

僕の胸に彼女のふくよかな胸が当たっている...。

下半身はギンギンに大きくなり、ビクビク動いているのが分かりました。

射精前のあの状況です。

僕の手は彼女のお尻の辺りにいき、

彼女はビクッと反応したものの、

手をどかしたりせずそのままにしてくれました。

『○○君?当たってるよ。』

最初は手の事を言っていると思いました。

しかし、すぐに違う事が分かりました。

僕のぺニスが彼女の太もも辺りに接触していたのです。

『知ってるよ。男の子のって大きくなるんだよね?』

彼女は恐れず、左手の人差し指で僕のぺニスの先っぽを撫でました。

『エッチしたくない?』

彼女の発言に僕は驚きながらも、高揚感があり頷いていました。

とりあえず、僕は彼女との密着状態から離れました。

自分のペニスが当たってるのが凄くはずかしかったから、です。

『○○君?でも今するの?お母さん下にいるんだけど...』

彼女も少し冷静になったのかさっきの発言を後悔しているようでしたが、

僕はもう気にしませんでした。

『少しだけ、すぐ終わりにするから。』

と言い、彼女の頭にポンと手を置きました。

『じゃあ鍵しめるね。』

鍵をしめ、カーテンも閉めると彼女と僕はもう一度抱き合いました。

布団の上に行き、彼女の胸を触りました。

初めて触る女の人の体。

ペニスは更にビクビクと反応しすぐにでも射精しそうでした。

ペニスがそうなったのは、無理もありませんでした。

女の人の胸があんなに柔らかく温かいものだとは知りませんでしたから。

彼女の胸を触ってるだけで

僕の脳の性欲を抑えてるリミッターのようなものは、はずれてました。

二分ばかり触っていたと思います。

『あまり激しくすると痛い...』

彼女のか細い声が聞こえ、手が止まりました。

僕の手は震えていて力の加減もできてなかったってのもあると思いますが、

胸の感触を堪能して強く揉んでいたと思います。

『ごめん...、ねえK子ちゃんその服脱いで貰っていいかな?』

『え~。ちょっと私恥ずかしいよ...』

『俺も...脱ぐし、先に脱ぐよ。』

ベルトを外し、ベッドの下に置きました。

僕がズボンのチャックを下ろそうとしていると、

彼女も僕に背を向けあの特異な服を脱ごうとしてました。

女の子が目の前で着替えるのは、小学生の時以来で。

しかも、あの時とは違い体がある程度発育している訳で...。

僕は、彼女が服を脱いでるのをズボンに手を置いたまま固まって見ていました。

彼女が服を脱ぐと白いブラの紐が現れ、

彼女がこっちを振り向けばさっき彼女が服を着ている時に見えた胸が見える訳です。

僕はズボンをはいたまま下着を脱ごうとしている彼女に抱きつき、

彼女の腰に自分のペニスを当てました。

そのまま何度かこするような動作をしながら

ブラ越しにまた胸を揉み始めてました。

何故か彼女はくすぐったいようで体がプルプル震えていました。

彼女の腰でこすっているペニスはもの凄く気持ちよく、

僕は一瞬ハッとして彼女の腰から離しました。

ズボンとトランクスがペニスに当たらないように

前に広げようとしましたが(表現下手ですみまん)......しかし、遅く。

射精してしまいました。

射精の勢いと量はそれまでの経験ではない程凄く、

トランクスにべっとりとくっつきました。

彼女はそんなの知る由もなく、ブラに手をかけていました。

先程射精ばかりなのにエロい気持ちは存分にあり精液がつき、

体につくと冷たいトランクス(とズボン)を脱ぎました。

ペニスはビクビクしていて、皮には濡れた跡がついていました。

さすがに半だちぐらいでした。

彼女は、ブラを脱いでいて初めてこっちを見ました。

『え?どうしたの?それ。』

彼女はびっくりしててペニスをジッと見てました。

僕はさっきので射精してしまった事を話し、

彼女からティッシュを受け取りペニスを拭きました。

『変な匂いするね。』

彼女は僕が精液を拭ったティッシュの匂いを嗅いでいて凄く恥ずかしかったです。

『あ、○○君ちょっと変な事していい?』

どんな事か気になり、

僕が頷いた頃には彼女は僕のペニスの皮を少し剥ぎ、

ソレをくわえました。

ペロペロと亀頭を舐められた後、小がでる場所

尿道の先っぽを舌で舐められました。

これが凄く気持ちよく、体から力全部が抜けていきました。

彼女は舌を尖らせ、その先っちょを尿道...穴に少し入れていました。

彼女が上半身裸で、こんな事をされている。

たったそれだけの事なのに気持ちよきなり再び射精感が襲ってきました。

僕は彼女の口からペニスを抜き取り、

そしてその瞬間が一番気持ち良く、結局彼女の顔に出してしまいました。

僕はすぐに謝り、彼女は自分の顔をティッシュで拭き取っていました。

流石に僕のペニスはほとんど元気を失っていました。

目の前には女の子の膨らん生の胸があるのにあまり反応しないんです。

僕は、まだ少しある性欲を、彼女の胸を舐める事で解消しました。

乳首を舌の先で舐め、赤子のように吸う。

それを繰り返して行く内に、気持ちは高ぶり、

彼女がまだ脱いでいないパンツに手が向かいました。

口は胸を弄び、左手は彼女のパンツの中に...

右手は柔らかい太ももをいじっていました。

ペニスはいつの間にか勃起していて、

僕はとうとう彼女を押し倒してしまいました。

押し倒した瞬間、彼女は少し頭をうったようで布団の上だったとは言え

『ンッ...』

と声を漏らした。

それが何か知らないが色っぽかったのを覚えてます。

彼女の唇に自分の唇を何度も重ね、彼女の胸を両手で揉みまくった。

『入れていい?』

僕は鼻息を荒くし彼女に聞いた。

僕が彼女のパンツに手を突っ込んだせいで、

彼女のパンツのゴムは少し捻れてました。

『○○君...でも、ゴムないよ。』

彼女も少し息が荒くなっていました。

『うん、いいよ。』

もの凄く無責任な事を言ってたって思います。

『ええ?』

ちょっと困った様子の彼女を尻目に、

僕は彼女の下着を脱がし『生まれたままの姿』にしました。

下の毛は、それなりに生えていて一瞬びっくりしましたが、

気にせず中指でツー...と撫でました。

『くすぐったいよぉ~。』

『ごめん、K子ちゃん。これから絶対大事にするから最後までやらせて?』

彼女は目を瞑り頷きました。額にキスをし、彼女は足を広げました。

僕は自分のペニスを彼女の濡れてるソレに向けました。

ペニスの先っぽは濡れていて

非常に危険だって言うのは分かってましたが中学二年生。

そんな事で制御ができるはずもなく

僕はゆっくりと先っぽから入れていきました。

彼女の『中』は酷く窮屈でしたが、

不思議にもそれが嫌ではありませんでした。

むしろ全ての感触が気持ちよく、

僕は小動物が震えている程度でしたが腰を動かしました。

『ンッンッン...』

声を押し殺す彼女の腹部に唾液を垂らしながらも腰はずっと動かしてました。

この最高に気持ちいい時間が永遠に続けばいい...。

そう思いましたが中学二年生の皮がかぶったペニスでは限界はすぐそこでした。

量は分かりませんが、僕は確かに自分のDNAを彼女の中に出しました。

焦りはありませんでした。

最後、僕は彼女の胸と唇を堪能し

(彼女は枕カバーを噛みしめ声を出すのを我慢してました)

全ての行為を終えました。

時間は一時間もたっておらず、僕と彼女は急いで服を着て行為したという証拠...

ティッシュやトランクスなどを川に捨てにいきました

(途中服屋でトランクス購入)。

それから今後の事を話しあい僕と彼女は恋人同士になり手を繋いでいました。

それから、僕達はちゃんと避妊をして行為をするようになり、

彼女は妊娠などもなく中学を卒業。

今でも付き合ってます。

しかし残念な事に彼女は、早い段階で性行為を済ませてました。

彼女の話しだと小学六年生の時だったそうです。

一応これで終わりです。

脚色や過剰な演出はありますが大体真実です。

『一回会わないと分からないよ』

確かにそうです。

次の休みの日に会う約束をしその日のメールは終わりました。

約束の日、僕は目印に決めていた黒いニット帽をかぶり待ち合わせ場所へ。

彼女はもう来ていました。

服装は非常に分かりやすいもので『ゴスロリ』でした。

この時から変なフェチを持っていた僕は、

これをゴスロリjcをOKとし彼女に手を振り挨拶をしました。

『K子ちゃん?俺○○だけど...』

『あ!○○君?写真で見るよりカッコイイですね。じゃあカラオケとかどっか行きます?』

『うん、それと普段のメール通りタメ口でいいよ。』

僕と彼女はカラオケに行ったものの、全部屋使われていて入れませんでした。

『仕方ないからウチ来る?お母さんいるけど...』

彼女の家はまあ普通の家で、

僕達がついた時には彼女のお母さんが洗濯物を二階に干していました。

彼女は下から自分の母親に手を振り、

『ちょっと待ってて。』

と言い家の中へ入って行きました。

しばらくすると階段を下りる音が聞こえ

『入っていいよ。』

と。

初めて会った女の子の家に上がる...。

かなりの緊張感があり手には汗をビッシリとかいていました。

彼女の部屋は二階のようで、

どうやら洗濯物は彼女の部屋を通ったベランダで干しているみたいでした。

彼女の母親は既にそこにはいなく、予めしいてあった座布団をよけて僕は座りました。

『あはは。それ、○○君の為に置いたんだからそこに座ってよ~。』

『あ、ああ気付かなかった』

変な遠慮をした僕は座布団に座りなおしました

『でさ、あの事何だけどね』

『あ、うん。』

彼女の言う『あの事』とは、僕が告白した事だとすぐに分かりました。

『○○君、会ってみたら結構優しそうだしいいよ。付き合っても...よろしくね。』

僕の心臓は大きく跳ねました。

一気に背筋が冷たくなったのに、胸は凄く熱い...そんな妙な感じが...

それと同時に、メールだけで好きになり、

さっき付き合う事になったばかりの彼女といかがわしい行為をしてみたい、

というふしだらな気持ちが生まれたのも事実です。

『ねぇ、付き合ったばかりでアレ何だけどさ、キスしない?』

彼女の提案は僕の気持ちをさらに揺り動かしました。

目をそっと瞑る彼女。

僕は心臓をドキドキさせながら、彼女の両肩に手を置き顔を近付けた。

彼女の肩は服がアレなせいか、露出されていて凄くエロチックでした。

彼女の唇に自分の唇を重ねる......。

数秒間、時計の針の音だけが耳に入る。

...キスをしている。

初めてのキス。

しかも彼女の部屋。

.

彼女から顔を離し、目を開いた。

彼女は笑っている。何故か僕はゆっくりと目線を彼女胸にやった。

『あ!』

胸が見えました。

中学二年生...クラスの大半の女の子と同じぐらいの大きさの胸が。

『どこ見てるの?』

バッと手を服に重ねる彼女。

嫌われる事を恐れた僕は、素直に謝りました。

『別にいいよ。男の子ってそうだって分かってるし。』

彼女は笑って言うと今度は彼女の方からキスをしてきました。

目がトロンとして気持ちいいと感じていると、

彼女の舌が僕の口の中に入ってくるのが分かりました。

『ンッ...』

彼女がちょっと漏らした声が頭に残り、

舌を絡めたまま僕は彼女の背中に手を回し強く抱きしめました。

僕の胸に彼女のふくよかな胸が当たっている...。

下半身はギンギンに大きくなり、ビクビク動いているのが分かりました。

射精前のあの状況です。

僕の手は彼女のお尻の辺りにいき、

彼女はビクッと反応したものの、

手をどかしたりせずそのままにしてくれました。

『○○君?当たってるよ。』

最初は手の事を言っていると思いました。

しかし、すぐに違う事が分かりました。

僕のぺニスが彼女の太もも辺りに接触していたのです。

『知ってるよ。男の子のって大きくなるんだよね?』

彼女は恐れず、左手の人差し指で僕のぺニスの先っぽを撫でました。

『エッチしたくない?』

彼女の発言に僕は驚きながらも、高揚感があり頷いていました。

とりあえず、僕は彼女との密着状態から離れました。

自分のペニスが当たってるのが凄くはずかしかったから、です。

『○○君?でも今するの?お母さん下にいるんだけど...』

彼女も少し冷静になったのかさっきの発言を後悔しているようでしたが、

僕はもう気にしませんでした。

『少しだけ、すぐ終わりにするから。』

と言い、彼女の頭にポンと手を置きました。

『じゃあ鍵しめるね。』

鍵をしめ、カーテンも閉めると彼女と僕はもう一度抱き合いました。

布団の上に行き、彼女の胸を触りました。

初めて触る女の人の体。

ペニスは更にビクビクと反応しすぐにでも射精しそうでした。

ペニスがそうなったのは、無理もありませんでした。

女の人の胸があんなに柔らかく温かいものだとは知りませんでしたから。

彼女の胸を触ってるだけで

僕の脳の性欲を抑えてるリミッターのようなものは、はずれてました。

二分ばかり触っていたと思います。

『あまり激しくすると痛い...』

彼女のか細い声が聞こえ、手が止まりました。

僕の手は震えていて力の加減もできてなかったってのもあると思いますが、

胸の感触を堪能して強く揉んでいたと思います。

『ごめん...、ねえK子ちゃんその服脱いで貰っていいかな?』

『え~。ちょっと私恥ずかしいよ...』

『俺も...脱ぐし、先に脱ぐよ。』

ベルトを外し、ベッドの下に置きました。

僕がズボンのチャックを下ろそうとしていると、

彼女も僕に背を向けあの特異な服を脱ごうとしてました。

女の子が目の前で着替えるのは、小学生の時以来で。

しかも、あの時とは違い体がある程度発育している訳で...。

僕は、彼女が服を脱いでるのをズボンに手を置いたまま固まって見ていました。

彼女が服を脱ぐと白いブラの紐が現れ、

彼女がこっちを振り向けばさっき彼女が服を着ている時に見えた胸が見える訳です。

僕はズボンをはいたまま下着を脱ごうとしている彼女に抱きつき、

彼女の腰に自分のペニスを当てました。

そのまま何度かこするような動作をしながら

ブラ越しにまた胸を揉み始めてました。

何故か彼女はくすぐったいようで体がプルプル震えていました。

彼女の腰でこすっているペニスはもの凄く気持ちよく、

僕は一瞬ハッとして彼女の腰から離しました。

ズボンとトランクスがペニスに当たらないように

前に広げようとしましたが(表現下手ですみまん)......しかし、遅く。

射精してしまいました。

射精の勢いと量はそれまでの経験ではない程凄く、

トランクスにべっとりとくっつきました。

彼女はそんなの知る由もなく、ブラに手をかけていました。

先程射精ばかりなのにエロい気持ちは存分にあり精液がつき、

体につくと冷たいトランクス(とズボン)を脱ぎました。

ペニスはビクビクしていて、皮には濡れた跡がついていました。

さすがに半だちぐらいでした。

彼女は、ブラを脱いでいて初めてこっちを見ました。

『え?どうしたの?それ。』

彼女はびっくりしててペニスをジッと見てました。

僕はさっきので射精してしまった事を話し、

彼女からティッシュを受け取りペニスを拭きました。

『変な匂いするね。』

彼女は僕が精液を拭ったティッシュの匂いを嗅いでいて凄く恥ずかしかったです。

『あ、○○君ちょっと変な事していい?』

どんな事か気になり、

僕が頷いた頃には彼女は僕のペニスの皮を少し剥ぎ、

ソレをくわえました。

ペロペロと亀頭を舐められた後、小がでる場所

尿道の先っぽを舌で舐められました。

これが凄く気持ちよく、体から力全部が抜けていきました。

彼女は舌を尖らせ、その先っちょを尿道...穴に少し入れていました。

彼女が上半身裸で、こんな事をされている。

たったそれだけの事なのに気持ちよきなり再び射精感が襲ってきました。

僕は彼女の口からペニスを抜き取り、

そしてその瞬間が一番気持ち良く、結局彼女の顔に出してしまいました。

僕はすぐに謝り、彼女は自分の顔をティッシュで拭き取っていました。

流石に僕のペニスはほとんど元気を失っていました。

目の前には女の子の膨らん生の胸があるのにあまり反応しないんです。

僕は、まだ少しある性欲を、彼女の胸を舐める事で解消しました。

乳首を舌の先で舐め、赤子のように吸う。

それを繰り返して行く内に、気持ちは高ぶり、

彼女がまだ脱いでいないパンツに手が向かいました。

口は胸を弄び、左手は彼女のパンツの中に...

右手は柔らかい太ももをいじっていました。

ペニスはいつの間にか勃起していて、

僕はとうとう彼女を押し倒してしまいました。

押し倒した瞬間、彼女は少し頭をうったようで布団の上だったとは言え

『ンッ...』

と声を漏らした。

それが何か知らないが色っぽかったのを覚えてます。

彼女の唇に自分の唇を何度も重ね、彼女の胸を両手で揉みまくった。

『入れていい?』

僕は鼻息を荒くし彼女に聞いた。

僕が彼女のパンツに手を突っ込んだせいで、

彼女のパンツのゴムは少し捻れてました。

『○○君...でも、ゴムないよ。』

彼女も少し息が荒くなっていました。

『うん、いいよ。』

もの凄く無責任な事を言ってたって思います。

『ええ?』

ちょっと困った様子の彼女を尻目に、

僕は彼女の下着を脱がし『生まれたままの姿』にしました。

下の毛は、それなりに生えていて一瞬びっくりしましたが、

気にせず中指でツー...と撫でました。

『くすぐったいよぉ~。』

『ごめん、K子ちゃん。これから絶対大事にするから最後までやらせて?』

彼女は目を瞑り頷きました。額にキスをし、彼女は足を広げました。

僕は自分のペニスを彼女の濡れてるソレに向けました。

ペニスの先っぽは濡れていて

非常に危険だって言うのは分かってましたが中学二年生。

そんな事で制御ができるはずもなく

僕はゆっくりと先っぽから入れていきました。

彼女の『中』は酷く窮屈でしたが、

不思議にもそれが嫌ではありませんでした。

むしろ全ての感触が気持ちよく、

僕は小動物が震えている程度でしたが腰を動かしました。

『ンッンッン...』

声を押し殺す彼女の腹部に唾液を垂らしながらも腰はずっと動かしてました。

この最高に気持ちいい時間が永遠に続けばいい...。

そう思いましたが中学二年生の皮がかぶったペニスでは限界はすぐそこでした。

量は分かりませんが、僕は確かに自分のDNAを彼女の中に出しました。

焦りはありませんでした。

最後、僕は彼女の胸と唇を堪能し

(彼女は枕カバーを噛みしめ声を出すのを我慢してました)

全ての行為を終えました。

時間は一時間もたっておらず、僕と彼女は急いで服を着て行為したという証拠...

ティッシュやトランクスなどを川に捨てにいきました

(途中服屋でトランクス購入)。

それから今後の事を話しあい僕と彼女は恋人同士になり手を繋いでいました。

それから、僕達はちゃんと避妊をして行為をするようになり、

彼女は妊娠などもなく中学を卒業。

今でも付き合ってます。

しかし残念な事に彼女は、早い段階で性行為を済ませてました。

彼女の話しだと小学六年生の時だったそうです。

一応これで終わりです。

脚色や過剰な演出はありますが大体真実です。
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア