HOME > 【看護婦体験談】 > 巨乳のギャル系ナースと大学病院の女子寮でしたエッチ体験
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


巨乳のギャル系ナースと大学病院の女子寮でしたエッチ体験

関連体験談 :巨乳ナースおっぱいギャル職場アルバイト女子寮潮吹き彼氏持ちフェラ
学生の頃に大学病院の夜間救急外来で、

バイトしていた時に経験したエッチな思い出です。

バイト先の大学病院の病棟にあるナースステーションには、

当時低機能のコピー機しかなく、複雑なコピーをとる時は、

俺が仕事をしていた病棟医事課にある高機能のコピー機を

ナースがよく借りに来ていた。

ナースの中には、夜間コピー機を借りに行くと、

そこにバイトの学生がいるということで、

患者さんにもらったお菓子なんかを差し入れてくれる人もいたんだけど、

その中の1人に和香ちゃんという

ダイナマイトボディのギャル系のナースがいた。

(身長165ぐらいで、B 90のFカップ(これは本人確認済みw)、W65でH87ぐらい)

和香ちゃんとはちょくちょく院内で顔を会わせることもあったし、

同年齢ということもあって、自然に仲良くなっていった。
初めはバイト中に和香ちゃんが来ても、

バイト先の看護婦なので、強烈に女性として意識する事も無く、

逆に同年齢であるにもかかわらず、

社会人として当時7Kと言われた看護婦の激務に

耐えている話などを聞いて感心していた。

ただ、

「たまに子供の患者さんが夜中に寝付けないときなんか、

添い寝してあげるんだけど、

この間、おっぱいを触られちゃったのよ~。

それがもろに乳首をギュッとつままれちゃったもんだから、

「こら、やめなさい!」って怒ったんだけど、実は結構感じちゃった~」

といった下ネタ話をするようになり、

実はとんでもないスケベでビッチなギャルナースなんじゃないかって思い始めて

制服の下の豊満なオッパイをいやらしい目つきで見るようになってしまった。

そんな日が続いたある夏の夜、

就職活動を終え、そろそろ卒論なんかで忙しくなるので

バイトを辞めることにした俺の送別会が、

病院の近くの居酒屋でひらかれることになった。

お世話になった病院の職員さんや、バイト仲間が駆けつけてくれたが、

ナース関係の参加はゼロ。

まぁ俺と和香ちゃんが仲の良いことは

誰にも言っていなかったので、しょうがない。

送別会を終え、本来なら二次会に

なんてノリになるところだったが、

職員さんたちは家族持ちばかりのため、残念ながら帰宅。

バイト仲間も補講や資格試験などがあったため、

解散する事に。

店を出ると、店の前で女性の集団が何やら困った感じでたたずんでいた

何気なく見ていると、

その団体の輪の中に和香ちゃんが怪しい感じでしゃがみこんでいた

気になったので集団のちょっと後ろから様子を伺っていると、

和香ちゃんと目が合ってしまった。

次の瞬間、「あーっ、木村君発見~!」

と和香ちゃんに指を差され叫ばれた。

一斉にこちらに振り向く一同

中には数人知っている顔があった。

話を聞くと、仕事を終えたナース同士で食事を兼ねて軽く飲んでいたところ、

今晩に限って和香ちゃんの飲むペースがやたらと早く、

ついにはこの様に飲み潰れてしまったとの事だった

どうやらこの店は病院関係者御用達の居酒屋らしい。

どうしたものか思案していると、

和香ちゃんがスクッと立ち上がり、

「私、木村君ともう一軒行くー」と言い出した

「おいおい、そんな状態で流石に飲みにはいけないだろ?」

と聞いたのだが、

「だめ。今晩は木村君と飲み明かすの!」

と聞いてくれません

「和香、本当に大丈夫?」

「私たちが寮まで送ろうか?」

と他のナースが聞いても、

「だめ、木村君と行く!」

といって私の腕を離そうとしません。

そうこうしているうちにまわりのナースも諦めたのか、

「それじゃ、和香をお願いしますね」

「和香も大人なんだから大丈夫でしょう。

彼も一応病院の関係者なんだし」

と言い出し、後はヨロシク~的な感じで駅の方へ歩いていってしまった

「飲みに行くって、そんな状態で飲みに行けるの?」と聞いても、

「んははは、木村く~ん」

などと言いながら、俺の腕にしがみつき完全に酩酊状態。

ついには、

「おい、君は病院を辞めるのか?

どうして和香に報告がないんだ!」

などと絡んでくる始末。

仕方が無いので、俺は和香ちゃんの体を支えながら、

彼女を寮に送り届ける事にした。

「和香ちゃん、飲みに行ける状態じゃないから、

とりあえず寮に行くからね。」

と彼女に確認すると、

「へへへ~いいよ~二人きりになれれば何処でも。」

何やら嬉しい意味深な発言

寮といっても、和香ちゃんの寮は、

建物全体を病院が借り上げた普通の1Rマンション。

以前和香ちゃんとの会話で、おおよその場所を聞いていたため、

何とかたどり着くことができた。(病院から歩いて約10分ほど)

管理人がいないとはいえ、寮内は一応男子禁制で

マンション内は全員大学病院の看護婦さん達。

俺は和香ちゃんのカバンから鍵を取り出し、オートロックを解除して

建物の中へ入ると、誰にも見つからないように慎重に部屋へ向かった。

ところが、和香ちゃんが急に「木村君が侵入しましたよ~」などと叫ぶので、

「おい、こら、シー」

と言いながら、和香ちゃんの口を手で押さえエレベーターに乗り込んだ

相変わらずヘラヘラしている彼女。

「これじゃ俺が無理やり脅して、

部屋に案内させてるように見られるよ」

と言っても、「むっははー」と訳のわからぬ反応

ようやく部屋にたどり着くと、和香ちゃんは事切れたように、

ヘナヘナと玄関に座り込んでしまった。

とりあえず眠り込んでしまった和香ちゃんをベッドに寝かせようと、

肩に腕をまわし持ち上げた。

実は、和香ちゃんを運び始めたときから気にはなっていたんだけど、

彼女の服装、刺激がちょっと強すぎる。

なんせ、白のタンクトップにジーンズというシンプルな服装なんだが、

和香ちゃんの巨乳が刺激的過ぎた。

その時は大きさを確認していなかったので、

まさかFカップとは思わなかったが、

制服姿から、ある程度の大きさは想像していた。

当時俺はDまでしか経験していなかったので、

運んでる最中に触れるその感触、

脇や襟ぐりから覗くその景観は、まさに未知との遭遇。

ベッドにゆっくりと仰向けに寝かせても、その胸の大きさは逆に強調され、

俺の股間を熱くするのでした。

ふと、ベッドの脇に目を向けると、

衣服や下着が散乱している!

恐らく、洗濯物を取り込んで、たたまずにそのまま出かけたのだろう。

俺は、やたらと大きなブラジャーを手に取り、

思わずカップの大きさを確認した。

「でかっ!」

スヤスヤと寝息を立てる和香ちゃんの寝姿を横目で見ながら、

ブラジャーを手に取ったり、自分の胸にあてたりしているうちに、

無性にムラムラとしてきた。葛藤する事30分。

和香ちゃん起きません。寝返りを打つたびに・・・もうだめだ。

(二人っきりならいいってさっき言ったよな?てことは?)

(いやいや、寝込みを襲うなんて、人間としてあるまじき行為だ)

(でも、こんなに汗をかいたまま寝かせてしまい、風邪をひかれると、

そっちの方がまずい)

と自分のこれからの行為を正当化し、彼女を着替えさせる事にした。

「和香ちゃ~ん、風邪ひくといけないから、服を脱がしますね~」

と声をかけたが、無反応。

仰向けの彼女を万歳させ、タンクトップをゆーっくり脱がせた。

「すごい」

レース付きの白のビッグなブラジャーがドーンと目に飛び込んできた。

「次は、ジーパンを脱がしますね~」

と言いながら、フロントのボタンをひとつひとつ外した。

すると、ピンク地に白の水玉柄、

前に小さなリボンがついたパンティが

もう俺の理性はこの時既にどこかへ消え去ってしまい、

迷いは微塵もなくなっていた。彼女の背中に手を滑り込ませ、

ブラジャーのホックをパチンと外し、

ブラジャーをそっと彼女の体から剥ぎ取った。

そこには、鏡餅のようにまん丸と盛り上がったオッパイに、

やや赤茶色の乳首が!乳輪の大きさは500円玉より一回り小さいぐらいで、

乳首は小さめの大豆サイズ。

俺はそーっと和香ちゃんの乳房に手を伸ばし触れてみた。

(すごいボリューム感!)

和香ちゃんは、まだ寝息を立てて覚醒しそうもない。

ゆっくりと両手で両胸を揉みしだく。

とても柔らかいマシュマロおっぱい!乳首を指で愛撫すると、

徐々に乳首が大きく、そして固くなっていった

「うん、ん~」

とやや反応しているようにも見えるが、

和香ちゃんはまだ夢の中。

次に俺はパンツに手を伸ばし、

パンティの上からクリであろう部分を指先でタッチした。

「・・・・・」

和香ちゃん無反応。

「和香ちゃ~ん、自分でパンツ着替えられないようだから、俺が今から脱がすよ~」

と言いながら、ピンクのパンティをそーっと足首まで引き下げた。

こんもりした丘に結構濃い目の茂みが

股を開脚させ、しげしげとその割れ目を凝視した。

貝は閉じているが、まわりの茂みが悩ましい。

指を割れ目の筋に沿ってツーっと触れると、汗なのか愛液なのかわからないが、

少し湿っている。

俺は和香ちゃんの両足を取りM字開脚させ、

割れ目の中に指を差し入れ、貝をパックリ左右に開いた。

すると、申し訳なさそうに閉じているピンクの膣口に、

半分包皮に包まれた小振りのクリが

俺はクリに指を伸ばし包皮からむき出して、指先でつまんだり、

転がしたりして愛撫した。

すると「ん、う~ん・・・」と若干、

和香ちゃんが覚醒し始めたようだ。

今度は舌で和香ちゃんのクリを愛撫し、膣口に指を伸ばして、

その中にそっと指を差し入れた。少し汗の甘酸っぱい味がしたが、

俺は舌先に力を入れ、ツンツン、レロレロとクリを刺激した。

膣口に差し入れた指も優しく中の壁を這わせ、ゆっくりと愛撫した。

「う~ん、あっ・・ん」

徐々に和香ちゃんの反応が大きくなってきた。

俺はその反応が大きくなっていくのと同じ様に、

徐々に舌先、指先での刺激を強めていった。

「うっあっ・・あ~ん」

喘ぎ声の抑揚が強くなってきたので、

俺は仰向けになった和香ちゃんの横に上半身をすり寄せ、

左手と口で両胸を愛撫しながら、右手の指で膣口の中を強めに刺激しながら、

上目遣いで和香ちゃんの反応を確かめた。

和香ちゃんの割れ目は汗以外の液で徐々に湿ってきており、

ヌルヌルと俺の指を包み込む。

「あっああ~」

次第に吐息のようだった喘ぎがはっきりとした声になり、

薄っすらと和香ちゃんの目が開いた。

その瞬間、俺は愛撫をやめ、

和香ちゃんの顔の前に自分の顔を寄せた。

「木村君、木村君なら大丈夫」

ちょっと目を潤ませながら和香ちゃんが言った。

何となく和香ちゃんも気づいていた様子だ。

俺はおもむろに和香ちゃんのチョット肉厚な唇にキスをして、

舌を差し入れた。

すると和香ちゃんの舌がねっとりと俺の舌にからみついてきた。

「もうこれでGOサインが出たな」

そう勝手に解釈した俺は、和香ちゃんの唇を貪りながら、服を脱ぎ、

和香ちゃんの股を左右に広げて、

ギンギンにそそり立ったペニスをその先にある割れ目へと導いた。

ペニスの先をクリや小陰唇に当てながらじらしていると、

「入れて」

と和香ちゃんが喘ぎながら言った。

俺は和香ちゃんの足を大きく開かせ、ペニスを膣口にあてると、

自分の腹が和香ちゃんの茂みにつく位、ゆっくりと深く挿入した。

「あうっんあっ」

和香ちゃんが思わず体をひねりながら背中を反らした。

なんとも言い難い暖かな肉感が俺のペニスを包み込んだ。

根元から先まで「ギュー」と締め付ける感じ

俺がゆっくり前後に動かすと、

「は~ん」と和香ちゃんは喘ぎ声を漏らした。

グラインドさせながら、浅くそして強く突くと、

その悩ましい声は次第に高まっていく。

結合したまま、和香ちゃんの上体をこちらに起こし、対面座位へ。

俺は後ろに手を付きながら激しく腰を前後に振った。

眼下には俺の固くなったペニスが、

和香ちゃんの貝の中をズンズンと出入りするのが鮮明に映る。

「和香ちゃん、ほら、すごい勢いで入ってるよ」

というと、「あっあ~ん」と声にならない喘ぎ声を出しながら、

覆いかかるように髪を振り乱しながら俺の首に両手を回し、

キスをせがんできた。

俺は、腰を更に上下に振りながら、

和香ちゃんの差し入れてきた舌に自分の舌を絡ませ、両手で両胸を愛撫した。

和香ちゃんの唇から口を離し、乳首を舌で愛撫。

目の前でブルンブルンと暴れるように揺れているオッパイに興奮が高まる。

一旦正常位に戻り、激しくピストン。

巨乳の醍醐味である“ユサユサオッパイ”を堪能した後、

結合したまま和香ちゃんの片足を引き上げ、

突きながらその片足を俺の前を通して逆側へ移動させ、

後背位の体勢へ。

かなり肉付きの良いお尻を両手でつかみながら、

「パンパン」と深く突くと、

「あっイクッイッちゃう・・」と和香ちゃんは絶頂に近づいていった。

バックの体勢のまま、腰を持ち、更に激しく小刻みに突いていると、

「あっ・・イクー!あっ・・・」と絶頂に達したようだ。

膣の中がヒクヒクと小刻みに伸縮しているのが良く解る。

その締め付けを利用して、

そこにカリがあたる深さで更に小刻みに突き、俺も絶頂へ。

直前にペニスを引き抜き、

和香ちゃんの背中にドクドクと放出した。

暫くの間、二人で重なるように伏して荒い息をしていたが、

ふと和香ちゃんが

「木村君・・・」

俺が「何?」

と聞くと、

「言いにくいんだけど、ちょっと漏らしちゃったみたい・・・」

「はぁ?」と聞き返すと、

「おしっこ漏らしちゃったみたい」

慌ててうつ伏せの彼女の下を確認すると、

かなりおしっこでビチョビチョに

これは潮吹きじゃなくて、

リアルに失禁じゃんと俺は大慌て

すぐさま俺は素っ裸のまま、

彼女の背中に放出された液を拭い去り、

そしてシーツを剥がしたり、タオルでマットの水分を吸い取ったりと

処理しているのに、和香ちゃんはベッドの上で

ペタンと女の子座りをしながら乱れた髪のまま頭を掻き、

「へへへ」とはにかんだ表情で笑ってる

ただ、その姿に妙に萌えてしまい、

その後、彼女にスポーツドリンクを飲ませたり、

体の汗を拭いてあげたりしているうちにビンビンになってしまった。

すると、「カプッ」といきなりペニスを咥えられ、

膝立ちの体勢で彼女の絶妙なテクのフェラが始まった。

ジュポジュポと深くまで咥えたと思ったら、

肉厚の唇を硬くしてカリ首を刺激。

そうしながらも、舌で亀頭を強めに愛撫

こんなテクに遭遇した事の無かった俺は、腰に力が入らなくなり、

不覚にも尻餅をついてしまった。

それでも、その動きに和香ちゃんはついて来て、

口からペニスを離さない。

仰向けになった俺の上にまたがり、

更にバキュームフェラやディースロートなど

高等フェラテクを使って攻め続けた。

俺はあまりの気持ちよさに、腰を引きたい気持ちに駆られたが、

体は何故か腰を和香ちゃんの方に突き上げる体勢に。

背中とお尻でブリッジするような体制になり、

とうとう和香ちゃんの口の中に放出してしまいました

その後、シャワーを浴びて1発。

あの頃俺は若かった

朝、日勤だった和香ちゃんはダッシュで着替えると、

そのまま病院へ出勤。

ナースは日勤、準夜勤、夜勤の3交代性なので、

寮を抜け出すのは、10時過ぎがベスト

(日勤⇒出勤済み、準夜勤⇒まだ寝てる、夜勤⇒帰宅して寝入る頃)

と考えた俺は、その時間にそっと寮を抜け出した。

幸い、寮内で他人に出くわす事は無かったが、寮から出た後、

数人のナースがベランダから俺の姿をチェックしていたようだ。

なぜならば、俺たちの朝の行為の声を

夜勤明けのナース数名に聞かれてしまったらしい。

妙に人懐こくくて萌えるギャルナースの和香ちゃんとの

淡い思い出です。

和香ちゃんは彼氏もいたので、

その一回限りのエッチで終わってしまいました。
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア