HOME > 【人妻体験談】 > 【寝取られ体験】ネトゲで知り合った自慢の美人な若妻が
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


【寝取られ体験】ネトゲで知り合った自慢の美人な若妻が

関連体験談 :寝取られ巨根男友達おっぱい美人年下嫉妬ネトゲ早漏
俺は25歳の社会人で、ホントにどこにでもいるような特徴のない男だ。

175cm、72kg、ちょっと太り気味の内向的なキモオタ。

だが、奇跡的に最近結婚した。

しかも、嫁はかなり可愛い。

嫁のキョウコはまだ21歳で、ピチピチの若妻だ。

彼女が短大の時に知り合い、卒業と同時に結婚した。

知り合ったのは、いわゆるオンラインゲームだ。

ゲームの中で知り合い、色々と助けてあげているうちにキョウコの方から一度会いたいと言い出した。

初めて女性と2人きりで会うシチュエーションに、死ぬほどドキドキした。

まともな服も持ってなかったので、ZARAに行ってお姉さんに言われるままに全部揃えたりした。

そして待ち合わせ場所に行くと、凄く可愛いキョウコがいた。

今思えば、格好は腐女子っぽかったけど、可愛すぎて美人局と思った。
そして声をかけたら、俺以上にガチガチに緊張しているキョウコが、にっこりと笑いかけてくれた。

この時、俺は恋に落ちた。

かなり重度なオタのキョウコと俺との相性はぴったりで、趣味も完全に一致した。

そして、トントン拍子に結婚になった。

双方の両親とも、オタな俺とキョウコが結婚出来るなどとは思っていなかったようで、物凄く喜んでくれて、良い結婚式だった。

おまけにポンと家まで買ってもらえて、幸せを絵に描いたような生活が始まった。

基本家でゲームしたりDVD見たり、本を読んで過ごす事が多い。

2人とも、友人がほぼいないからだ。

そんな中、俺の唯一の親友がパソコンを直しに来てくれた。

俺は、オタのくせにパソコンに弱い。

使うのはエキスパートの先生だが、メカニカルな部分は全くダメだ。

親友のトオルは俺以上にヤバいオタで、ルックスはそこそこだけどスーパーオタだ。

結婚式にも来てくれたが、家には初めて来る。

インターフォンが鳴り、出迎えると、一見オタには見えない爽やかなトオルがいた。

こんななりのくせに、彼女いない歴=年齢なのは、内面のキモオタ成分が表に見え隠れしているからだと思う。

「悪いねトオル。助かるよ」

俺が出迎えると、すぐにキョウコも出迎える。

「トオルさん、すいません、お忙しいのに……」

出迎えたキョウコを見て、トオルが固まっている。

多分可愛くて驚いているのだと思う。

結婚式の時はメイクで分からなかったはずだが、キョウコはめちゃくちゃ可愛い。

ハッキリ言って、自慢だ。

トオルは、

「あぁ、いいえ、忙しくないし……大丈夫です……」

キョウコに声をかけられて、キョドり気味だ。

女慣れしていないトオルを見て、優越感を覚える。

そして、ほぼ無言でパソコンを弄り出す。

色々見た後、基盤を開けて部品を変えてくれた。

すると、あっけないほど簡単に直った。

「トオルさん、凄いです!頼りになります!ホント、ヒロシとは大違いです」

キョウコが驚いてそんな事を言う。

ちょっとムッとした俺は、

「あー!そんな事言ってると、もう抱いてやらないぞ!」

なんて言った。

いつも、どちらかというと尻に敷かれている俺はこんな事を言うキャラではないのだが、トオルの手前格好つけてみた。

すると、

「ちょっと、何言ってるの!もう!恥ずかしい事言わないの!いいよ、トオルさんにしてもらうからw」

キョウコにこんな事を言われた。

思わず「うぐぅ」と、変な呻き声が出た。


それを聞いて、2人とも笑って和んだ。

そして、トオルが帰ろうとするとキョウコが

「本当にありがとうございました。今度は遊びに来てください。待ってます!」

と、良い笑顔で言った。

俺は、ちょっと嫉妬しながら

「そうそう、ホント、いつでも来いよ!夕飯も3人の方が楽しいからさw」

なんて言ってみた。

そしてトオルが帰ると、キョウコをソファに押し込んだ。

「きゃっ!どうしたの?」

と驚くキョウコに、強引にキスをした。

柔らかい感触……キョウコは、俺と付き合うまでは、他の男とキスはおろか手を繋いだ事もない。

ずっとオタで、大学も短大で男がいなかったからという事もあるのだろうが、本当にラッキーだった。

と言う俺も、全く同じで、キョウコが全てにおいて初めての女だった。

キョウコの口の中に舌を差し込む。

すぐにキョウコも舌を絡めてくれる。

キョウコも言っているが、舌を絡めるキスは大好きだそうだ。

たかがキスがこんなに気持ち良いなんて、想像もしていなかったそうだ。

それは俺も同じで、キスでこんなに感じてしまうなら、セックスしたら気持ちよくて死ぬんじゃないかと思ったくらいだ。

だが、後日期待していたセックスがそれほど気持ちよくなかったのは、オナニーのやり過ぎだからだと思う。

「どうしたの?ヒロシ、ちょっと怖いよぉ」

キョウコが驚いている。

俺は、さっきキョウコが"いいよ、トオルさんにしてもらうからw"と言った言葉に、ムキになって嫉妬しているのだと思う。

「トオルにしてもらいたいのか!?」

ちょっと強めに言う。

「え?ふふw嫉妬してるの?可愛いw冗談に決まってるじゃん!」

「ホント?だって、あいつの方がイケメンだし……」

「ぷっwそんなに変わらないからwそれに、ちょっとトオルさんキョドり過ぎw」

「なぁキョウコ、愛してる」

「へへw愛してるよ。ねぇ、ベッド行こ?」

そんな風に可愛らしく言ってくれた。

そして仲良く寝室に入り、ベッドに倒れ込む。

キスをして、抱き締める。

「ヒロシは、嫉妬すると男らしくなるんだねw」

「ゴメン、怖かった?」

「ううん……そう言うヒロシ、好きかもw」

その言い方に、ちょっとゾクッときた。

キョウコは可愛くて清純な感じの割に、たまに小悪魔的なところを見せる。

そう言うところも、堪らなく好きだ。

そして、キョウコの服を脱がしていく。

キョウコは、すぐに電気を消してくれと言う。

未だに恥ずかしがるキョウコが、可愛くて仕方ない。

だが、キョウコの体を、明るいところでじっくりと見たいという気持ちもある。

キョウコは、童顔で可愛らしい感じだが、胸が大きい。

そして、驚いたのだが、下の毛が生まれつきない。

そんな、ロリなところも俺の好みにぴったりだ。

電気を消した薄暗い中で、キョウコの大きな胸が揺れている。

こらえきれずにむしゃぶりつき、乳首を舐める。

可愛い小さな乳首は、硬くなっていて、キョウコの興奮が伝わってくる。

「あ、くぅあ……ん……」

控えめなキョウコの喘ぎが俺を刺激する。

我慢出来ずに、コンドームを取り出して装着する。

そして、

「キョウコ、行くよ……」

と囁いてから正常位で挿入する。

スルンと全部入ると。

「ああぁ、ヒロシィ……気持ち良いよぉ……」

と、泣きそうな顔で言ってくれる。

キョウコが恥ずかしがるので、下の方を愛撫する事はない。

どうもクリトリスが大きめなのが凄く気になっていて、見られたくないようだ。

別に普通サイズだと思うが、他の女性のアソコを見た事がないのでイマイチ分からない。

挿入すると、もうイキそうな気配が来る。

初体験の時こそあまり気持ちよくないなぁと思ったのだが、慣れてくるとやっぱり気持ちいい。

元々早漏気味の俺なので、もうイキそうなのだが、さすがに早すぎると思い頑張った。

「あっ、あっ……あん……ん……ヒロシ、愛してる……!」

可愛らしく喘ぎながら、そんな事を言ってくれる。

嬉しくて、キスをした。

舌を絡め合うと、もう限界だった。

「イク……出るっ!」

そう言って、射精した。

「え?あァ……イッてぇ!」

一瞬、キョウコは"もうイクの?"という感じになったが、すぐに抱きついてくれた。

そして、腕枕でいちゃつきながら、

「ゴメンね、早くて……」

と、謝った。

「ううん……嬉しいよ。興奮してるから早いんでしょ?私で興奮してくれてるって、嬉しいよw」

健気な事を言ってくれる……

「ありがとう……でも、欲求不満にならない?」

「ならないよ!あ、でも、不満解消に、トオルさんにしてもらっちゃおうかなぁw」

と、小悪魔モードで言われた。

「そ、そんな……」

思わずどもる。

「ふふw冗談w」

こんな事を言われたが、トオルに抱かれるキョウコを想像して、嫉妬で狂った。

キョウコにまた抱きついて、荒々しく四つん這いにさせた。

「いや、ダメ!恥ずかしいよ!」

本気で嫌がるキョウコ。

今まで、正常位以外でした事はない。

無理矢理四つん這いにして、ゴムをつけると後ろから挿入した。

「あぁぁつ!!ダメぇっ!!」

気のせいではなく、バックで入れるとキョウコはいつもより激しく反応した。

すぐに夢中で腰を振り始める。

「こうされたいのか!トオルにこうされたいのか!」

こんな事を口走りながら、荒々しく腰を振る。

生まれて初めてのバックでのセックスだが、ヤバいくらいに興奮した。

征服欲が満たされるというか、支配している感じが堪らない。

「そんな事ないもん!ダメぇ!あぁっ!アッ!あァっっ!」

キョウコは、否定しながらもいつもより大きく喘いでいる。

「キョウコ、愛してる!俺だけ見てろよ!」

そう言って、腰を振りながらもうイキそうだ。

「あァ!愛してるっ!ヒロシ!好き!好き!あぁっ!気持ち良いよぉ……くっ!あぁっ!」


背中を少しのけ反らせて感じるキョウコ。

初めて、セックスでキョウコを感じさせられたような気持ちになれた。

そして、あっけなくイッた……また腕枕になる。

「ゴメン、ホント、ゴメン!」

冷静になった俺は、とにかく謝った。

「ううん……嫉妬してくれて、可愛かった……それに……男らしかったよw」

顔を赤くして照れながら言うキョウコ。

「気持ち……よかった?」

恐る恐る聞くと

「うん!気持ちよかった!」

元気いっぱいな笑顔でそう言った。

しかし、俺もどうかしている。

トオルなんかに嫉妬するなんてバカらしい……確かに、顔は少しだけあっちが上だと思うが、後は全部俺の勝ちのはずだ。

だが、さっきの感覚はなんだろう?

キョウコがトオルに抱かれているのを想像した時、嫉妬や怒りの他に、快感もあった気がする……こんな感じで、日々過ごしていた。

キョウコは、嫉妬した俺が少し荒っぽく抱くのが気に入ったようで、あの日以来毎日セックスをするようになっていた。

俺達のセックスはちょっとずつエスカレートしていって、ハメながら

「トオルにこうされたいんだろ!?はめられたいんだろ!?」

と俺が言うと

「そう!して欲しい!トオルさんにメチャメチャにされたいの!」

などと言うようになっていた……もちろん、あくまでプレイの時だけで、実際にはそんな事は全く思ってもいないそうだけど、そう言われる事で、俺は嫉妬に狂ってかなり激しくキョウコを抱く。

それがキョウコも堪らないようで、色々と嫉妬させるような事を言うようになっていた。

そして、色々と言われると、なぜか興奮する俺がいた。

キョウコを抱くトオルを想像して、怒りよりも興奮するようになっていた……そんなセックスを繰り返していたが、トオルが遊びに来る事になった。

俺が誘って約束した。

キョウコが、トオルとこの前みたいに話をするのを見て、嫉妬したかったからだ。

もちろん、それ以上の事をするつもりもないし、キョウコに指1本触れさせるつもりはない。

そしてトオルが来る日、キョウコが可愛らしい露出が高い格好をして

「ねぇ、可愛い?トオルさん、気に入ってくれるかなぁ?」

などと、小悪魔みたいな顔で言ってきた。

もう、嫉妬で興奮する俺がいた。

思わず抱き締めて、荒々しくキスをすると、キョウコはトロンとした顔で

「ふふwヒロシ男らしくてドキッとしたよw」

と、嬉しそうに言う。

俺は、俺なんかと一緒にいてくれる感謝の気持ちから、キョウコに対して必要以上に優しく丁寧に接しすぎていたのかもしれない。

キョウコは、ある程度男らしくと言うか、ワイルドなところも俺に求めているのだと思った。

するとインターフォンが鳴り、トオルが来た。

手土産に酒を持ってきたトオル。

ミニスカで肩丸出しのキョウコが出迎える。

トオルは

「こんばんは、お邪魔します。キョウコちゃん、可愛い格好だねw」

と言いながら家に上がった。

トオルの視線は、ミニスカートから覗くキョウコの生足に固定されていた。

それだけでも既に興奮してる俺。

そして、キョウコの手料理を食べ始める。

酒も飲みながら、昔話に花を咲かせる。

俺達の高校時代は黒歴史的な感じなのだが、キョウコも同じようなモノなので凄く盛り上がった。

食事が終わって、リビングに移動して床に座って飲み始めた。

俺はちょっと飲み過ぎだったと思うが、キョウコの自慢ばかりしてしまった。

「キョウコ、可愛い顔してエロいから、毎晩やってるんだよw身体もたねーしw」

こんな事を言ったのは、トオルに自慢したかったからだと思う。

すると、キョウコが顔を少し赤くして

「ヒロシがやってくるんじゃん!私はエロくないもん!それに、ヒロシすぐ終わるから疲れないでしょw」

などと言う。

すぐ終わると言われて微妙に傷ついたが、事実なので仕方ない……。

「はいはいw俺が早くイったらもう1回とか言うくせにw」

悔し紛れにそう言った。

するとすかさず

「中途半端だからだよwでも、2回目もマッハだよねw」

こんな風にからかわれた。

確かに、実際に俺は愚地克巳も驚くほどのマッハぶりなので、何も言い返せない。

言い返せない俺をニヤニヤ笑いながら見て、キョウコがトオルに

「トオルさんは早いんですか?w」

と愛嬌たっぷりに聞く。

「いや、俺はオナニーのしすぎで逆に遅いんだよw」

トオルは、動揺する事もなくそう答えた。

なんか、今日のトオルはこの前のトオルと違う感じだ。

妙に自身が現れているというか、キョウコに対してキョドらない。

余裕がある感じがする。

「へぇ、いいなぁ……ヒロシもオナニーいっぱいしてよw」

妙に真剣な口調で言うキョウコ。

「バカ!お前がいるのにするわけないじゃんw」

俺は、なんとなく馬鹿にされているような気持ちでそう答えた。

「そっかぁ、じゃあ、ずっと早いままだねw」

すると、キョウコがこう言った。

もう完全に馬鹿にされている感じだ……なのに、密かに勃起している俺はどうしてしまったんだろう?

「うるせー」

苦し紛れにそう言った。

多少の心の葛藤はあったが、楽しい時間を過ごしていた。

キョウコが床に座って飲みながら姿勢を変えたり足を組み直したりする度に、パンツが丸見えになっている。

それとなくトオルを見ると、チラチラキョウコのパンツを見ている。

俺は、優越感を持つ。

そのパンツの中身は俺しか知らないんだぜw

天然パイパンで、スゲェエロいんだぜw

こんな事を思いながら、飲み続ける。

「ホント、ヒロシが羨ましいよ。こんな若くて可愛い嫁さん、どうやって知り合った?」

トオルが、羨ましそうに聞いてくる。

俺は、自慢げに

「運命だよw」

と、言ってやった。

すると、キョウコがニヤつきながら

「ゲームじゃんw」

と、正直に言ってしまう。

別に、出会ったのがオンラインゲームでもいいと思うのだが、なんとなく恥ずかしいと思ってしまう俺がいた。

「そうなんだ、でも、キョウコちゃんモテそうだからライバル多かったんじゃないの?」

だが、トオルはそんな事関係なく、キョウコを褒め続ける。

「そんな事ないです……私、人見知りだし、オタだし」

キョウコが照れながら言う。

俺はキョウコの事を褒めるトオルに、優越感全開で、恐らくドヤ顔で

「そうだぜ、俺が初めての男wしかも、キスも手を繋いだのもw」


と言った。

「ちょっと!そんな事まで言わないでよ!ヒロシだって童貞だったじゃん!」

キョウコが、照れて慌てながら言う。

「お前と出会うために生まれてきたんだから、当たり前だろ?」

俺は、こんな恥ずかしいセリフを言った。

ちょっと、酔いすぎかな?

トオルが持ってきてくれた酒は、飲みやすいからぐいぐい飲んでしまう……。

「へぇ、初めて同士なんて、最高じゃんw」

トオルがそう言ってくれた。

やっぱりコイツとは気が合う……そこで意識が途切れた。

いつしかキョウコの声に、目が覚めた。

すると、なんか変な事を言っている。

「ホント!?え?信じられない……指、回らないよぉ……」

キョウコが何かに驚いている。

そっと目を開けると、トオルがチンポ丸出しで寝ていて、そのチンポをキョウコが握っている……一気に目が覚めた。

キョウコが、トオルのチンポを握っている?

夢でも見ているのかと思った。

だが、キョウコはさらに怯えたような声で

「それに……堅い……全然違う……なんか……怖い……」

こんな事まで言った。

全然違う?何が?と思って目をこらすと、トオルのチンポが明らかにデカい。

作り物と疑うレベルのでかさだ。

そう言えば、あいつデカかった。

と言っても、勃起したところなんて見た事ないので、普通サイズの時の話しだが、それでもブランとデカかった記憶がある。

俺のよりもデカいチンポを、嫁のキョウコが好奇心いっぱいの感じで握っている。

俺は、すぐに止めるべきだったと思う。

だが、息が苦しくなるくらいの興奮に包まれていた俺は、黙って薄目で見続けた。

黙って手を上下に動かすキョウコ。

しばらく続けて、

「これは……無理……かな?ていうか、無理だw外人さんみたい……」

何が無理なんだろう?入れるのが無理って事か?入れるつもりだったのか?頭が混乱する。

だが、この興奮はなんだ?俺は、どうしてしまったんだろう?

すると、いきなりトオルが寝返りを打ちそうになり、ムニャムニャと言う。

慌ててキョウコは手を離して寝たふりをする。

良かった……終わった……ホッと息をつくと、もっと衝撃的な光景が俺を襲う。

トオルが、キョウコの胸を躊躇なく揉み始めた……トオルに胸を揉まれるキョウコ。

寝たふりで起きているはずだが、キョウコは何も言わない。

何も動かない。

何故?どうして止めない?俺がパニクっていると、トオルがキョウコのキャミソールを一気に捲り上げた。

キョウコの可愛いブラが露わになる。

そして、躊躇なくノータイムでブラを外すトオル。

何でこんなにも躊躇がないんだろう?

起きるかも?とか、思わないのか?意味が分からない。

キョウコの真っ白な胸……ロリっぽい見た目に反して馬鹿デカい胸……小さな乳輪と小さなピンクの乳首……俺だけが見る事が出来る宝物のはずだ……トオルに見られてる……そう思うと、嫉妬と怒りがメラメラと沸き上がるが、俺は寝たふりを続ける。

魅入られていたのだと思う。

キョウコが、他の男の手で汚されるのを、見たいと思っていたのだと思う……トオルはまた躊躇なくキョウコの乳首を責め始める。

トオルは、多分童貞のくせに、弾いたり擦ったりと上手に乳首を責めているように見える。

俺はヤバイと思っていた。

キョウコは寝ていない……寝たふりなので、トオルの乳首責めで火がついてしまうのではないか?

そんな心配をしていた。

すると、思った通りというか。

「んんーーんフゥンハァ……ハァ……んん……」

と、キョウコがエッチな声を出し始めた。

だが、トオルは手を止めない。

普通なら、寝てる女にイタズラをしていて、起きてるような声を出したら、慌てて止めるはずだ。

何故止めない?

不思議だし、ちょっと怖い。

すると、トオルはエスカレートして、指ではなく舌でキョウコの乳首を舐め始める。

俺は、絶望的な気持ちになった。

俺だけの乳首が……キョウコが傷物になった気がした。

「んんーーっ!」

キョウコが、こんな声を上げる。

だが、まだ寝たふりを続けるキョウコ。

「フーーーンフーーーゥんんっ!くぅーーーあぁ……」

キョウコの声がドンドンでかくなる。

どう考えても、起きてるのが分かるはずだ。

トオルは、キョウコが起きてるのを分かってる?そんな疑念が浮かぶ。

すると、キョウコが仰向けに寝返りを打つ。

2人の頭上から覗くような感じで見ているが、キョウコが仰向けになったので、より見やすくなった。

キョウコは、そのまま舐められるに任せている。

トオルは、舌や指で乳首を責め続ける。

「ふーーん……あぁ……っ……くぅあぁっ!ンあっ!う、くあぁ!」

もう、感じているのは間違いない。

俺以外の男の愛撫で感じてしまうキョウコ。

愛がないのに感じるなんて、信じられない。

泣きそうになっていると、トオルは無慈悲にキョウコのスカートを捲り上げた。

止めてくれ!と、叫びそうになったが、何とか思いとどまった。

この角度からは、どうなっているのかイマイチ分からないが、トオルが移動してキョウコのアソコに顔を近づけた。

下着は脱がしていないので、パンツの上から舐めている感じだ。

キョウコが下着の上からとはいえアソコを舐められている。

俺もした事がない事をしている。

もう、衝撃で世界が歪みそうだ……パンツの上から舐め続けるトオル。

「フゥン!フゥン!フッ!フッ!ふ、ハァッ!」

キョウコの声が大きくなる。

もう、止めてくれ……そんな俺の祈りは届かず、トオルがキョウコのパンツを脱がそうとした。

すると、信じられないものを見てしまった。

キョウコが、微妙に腰を浮かせて、パンツを脱がすのを手伝った……。

この角度からでは、キョウコの顔は見えないので、もしかしてもう寝たふりを止めているのかと思うくらいの協力っぷりだった。

そして、トオルがとうとうキョウコのアソコに直接舌を這わせる……すぐに、

「ハッ!ハッ!ハ、フッ!フーーーぅっ!フーーーーぅっ!」

キョウコが喘ぎ始める。

だが、まだ声を必死で抑えようとしているのが伝わる。

キョウコの腰のあたりが、ブルブル震えているのも見て取れる。

すると、キョウコの腰が浮き始める。

腰を微妙に浮かせながら、ブルブル震えるキョウコ。

「んんーーっ!んぐぅーーっ!ぐぅーーっ!ご、あぁぁっ!!」

聞いた事もない声を上げて、キョウコがビクンと一際大きく震えた。

俺は、キョウコがイカされた事を理解した。

俺が、一度も出来ていない事だ。

セックスで、俺はキョウコを満足させられていない自覚がある。


イカせた事も無いと分かっている。

それをトオルが、あっけなくやってのけた……トオルに対して、優越感を持っていたのだが、そんなものは消えてなくなった。

だが、俺はどうしてしまったんだろう……勃起が収まらない……止めなくちゃ……そう思っても体が動かない。

すると、トオルが剥き出しのままのチンポを、キョウコのアソコに押しつける。

まさか!そんな!そこまでするつもりか!?ゴムは?避妊は!?

頭の中をこんな言葉がグルグル回る。
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア