HOME > 【女性視点体験談】 > 21歳の男の子3人組にナンパされたのは26歳の時でした
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


21歳の男の子3人組にナンパされたのは26歳の時でした

関連体験談 :ナンパ巨根彼氏カップル絶頂フェラクンニ
いつも若く見られる私・・・。

21歳の男の子3人組にナンパされたのは26歳の時でした。
その中のV6の岡田くん似の可愛い顔した男の子と仲良くなって食事したり、ドライブしたりする中になりました。
初めての年下の男の子が新鮮で、かなり惹かれていく・・・。
同い年だと思っている彼は、大人ぶるんだけど5歳も年上の私には、可愛くて食べちゃいたい気分でいっぱいでした。

そんなデートを4~5回重ねていたある日。
とうとう彼が車をラブホの前に止めて「いい?」と聞いてきました。

もちろんOKだったけど、待ってました!!みたいだし、「・・・ダメ」って答えたら、あっさり引き下がる彼。
実はまだ1人しか経験がなく、イヤよ、イヤよも好きのうちが分からないみたい。
こっちから誘うわけにもいかず、また食事やドライブだけのデートが続く・・・。

いい加減こっちから言わないと進展しなそうなので「今度の連休、温泉に行きたい・・」とおねだりしてみた。

でも、どこまで鈍感なのか日帰りだと思ってるw
話が進むうち、いよいよ彼が「温泉入ったら疲れちゃうから泊まりで行こうよ」と誘ってきた。

「うーん・・」
「ダメぇ?」
「・・・いいよ」
「ほんとに!!!!」とはしゃぐ彼。
すごく可愛くて、その場で押し倒したいけど、ガマン・・・。

宿選びは彼に任せて、伊豆へ出発。
着いた宿は貸切露天風呂のある小さな宿でした。
部屋で2人きりの食事・・・。

「なんか照れちゃうね・・・」

なんていい年して本気で思った。

「お風呂行く?」
「一緒は恥ずかしいからイヤ」
「大丈夫だよ、二人きりだし・・・」
「じゃあ、タオル巻いて・・・」
と二人でタオルを巻いて露天風呂へ・・・。

まだ、SEXもしてないもに、裸になって一緒にお風呂に入るなんて・・・。
実は、彼がなかなか手を出してこないのは経験も少ないし、あそこに自信が無いせいだ・・・と思っていた。

ところが、タオルを巻いた彼の下半身からは見えて無くてもわかる、巨棒がくっきり浮かんでいる。

「・・・すごい」と気がつかないフリで心で思った。
私のタオルも谷間が見えるように、少しずらしてアピールw
彼も気がつかないフリで、チラチラ見てる。
でもまだ触れてこない・・・。

「そろそろあがらない?」と立ち上がろうとする。
私の手を初めて彼が触れた。

「もう少し・・・」と私の手を引く彼。
「あっ」少しよろけて彼にしがみついた。

彼の巨棒がおなかにあたる。

「もうあがろうか」と顔を赤くする彼。
「見ちゃダメだからね!!」と浴衣に着替え部屋に戻る。

部屋に戻ると、布団が少し離れて敷いてあった。
なんとなく顔が赤くなる・・・。
彼を見ると可愛い顔が真っ赤だw

私が髪を直しに洗面台に行くと、
少し離れてた布団がピッタリくっついていて
さっきより真っ赤な彼が「このほうがいいよね」と照れて笑った。

「なんで?せっかく部屋広いんだから広く使おうよw」と、意地悪を言ってみる。
「いいよ、このままで・・・」とふてくされる彼。

本気で可愛いww
こんなに可愛い顔をして・・・さっきお風呂で見た巨棒を思い出してムラムラする。
このまま縺れ合いたいけど、彼の出方を待ってみる。

知らん顔で「おやすみ♪」と布団の中に入った。
どうするのかと思っていると彼も隣の布団に入った。

「・・・あらっ??まさか今日もナシ???」

・・・5分
・・・10分
・・・・20分
と時間がどんどん過ぎていく・・・。

もう寝てたのかと思った瞬間、彼の手が伸びてきて私の布団に入ってきた。
そして、私の手を捜しつかんで、
又、そのまま10分・・・。

ふいに「こっちに来て」と私の手をひっぱった。
「あっ」という間もなく、彼の腕の中に抱きしめらた。

「いい匂い・・・可愛い」と彼。

5歳も年下の男の子に可愛いだなんて・・・。
うれしさと恥ずかしさで、そのまま抱きしめられたままでいた。
彼のキレイな顔がゆっくりと私に近付き唇をふさぐ。
長い長い濃厚なキス。
舌が絡んで、嘗め回す。
苦しくなって離れようとしても、唇が離してくれない・・・。

まだ子供だと思っていたのに、ねっとりと大人のキスが続く。
体中が触れて欲しくて、疼いているのに、気がついている彼は、キスを止めない・・・。

「・・・あっあん」

私の吐息と共に、唇から、耳、首筋と彼の唇が、移動する。
たまらない私は「・・・お願い」と言った。

私のお願いを聞いてくれた彼は、ゆっくり浴衣の紐を解き、私の裸を眺めた。

「キレイだね」と彼は私の胸を愛撫した。
手のひらで乳首を転がすような愛撫。

「あっ、ああん」

たまらず声が漏れる・・・。

「キレイだ・・・」

彼は私の乳首を丁寧に舐めまわす。
ゆっくりと、時に激しく吸い付き私の反応を楽しいんでいるようだった。

「はぁはぁぁ・・ああん」

まだ見ていない彼の巨棒が私のふとももにあたり、それだけで溢れてしまうのがわかった。
私も手を伸ばし、彼のものを確かめてみた。

「あっ」っと一瞬腰をひく彼・・・。

少し強く握ってみた。
私の手首より太い、そして20cm以上はあると思われる巨棒。
体勢を変え、彼の浴衣を解く。

パンツの上から亀さんの頭が飛び出ている!!

「・・・すごい」

思わず、声が漏れる。
恥ずかしそうな彼・・・。

私もさっき彼がしたように、上に乗り濃厚なキスをお返し。
おなかにあたる巨棒がそそり立つのがわかる。
その大きさはおへそを超えたところまでまっすぐに立ち、おなかにピッタリと張り付きそそり立っている。

たまらず口に含んでみる。

「そんなとこ・・ダメだよ・・」

さっき私を攻めていた彼とは別人のようなことを言う。
無視して舌先でチロチロすると、「ウグッ」っとのけぞった。

大きなカリを口に含む。
大きすぎて喉につかえそうだけど、口の中で転がす。

「あっ」

彼の小さなため息が私を刺激する。
大きすぎて根元までは、口に入らない。
でも、いけるとこまで咥えてスイング。

私の大きな胸の乳首が彼の太ももに擦れて気持ちいい。
乳首に気が付いた彼がそっと手を伸ばす。

「あぁぁぁ」

彼の巨棒を含んだ口から思わず声が漏れる。
お尻を高く突き上げて、四つん這いになっている私のオマンコから太ももにオツユが垂れた。

足を広げて四つん這いの体勢。
パックリ割れたオマンコから、触らなくてもわかるくらい大きくなった。
クリが飛び出す。

触れて欲しい・・・。

そう思った時「そのままの体勢でおしりこっちに向けて・・・」と彼が言った。
カリを口に含み、根元をしっかり握ってお尻を彼の顔に向けた。

「またいで」と彼は私の膝を持ち上げようとする。

彼のきれいな顔の上を、グチョグチョのオマンコまたぐ。
モアッとメスの匂いが広がる・・・。

「まゆみ・・・可愛い顔していやらし・・・」

彼に初めて呼び捨てにされて、また感じる。

「・・・恥ずかしいから、あんまり見ないで・・・・」

しゃぶっていた口を離し、思わず叫ぶ。
私の叫びも無視して、太ももに垂れたオツユを舐めあげる彼。

「すげぇ・・・」
彼が小さな声でつぶやいた。

彼の舌が上に登り、割れ目をなぞる。
彼の巨棒をしゃぶろうとするけど、体が震えて上手くいかない。

「ムリしないでいいよ・・・」

太ももに顔を押し当てながら彼が言う。
でも彼と気持ち良くなりたくて、もう一度口に咥える。
同時に割れ目をなぞっていた彼の舌も、押し広げて中に入ってきた。

あまりの快感に叫びそうになるのを抑えて、彼の巨棒を必死に舐めまわした。

「あっあああぁぁぁ」

私より先に彼の呻き声が響く・・・。

「そんなことしたら、お返しだよ」

そう言いながら、彼は私の一番敏感な突起を舌で探す。
パンパンに膨れて硬くなったクリはすぐに見つけられて舌で転がされた。

「あっあんあん、あぁぁぁぁぁぁ、はぁはぁぁぁぁ」

優しく転がし、激しく吸い付き、ねっとりと舐めまわす。

「はぁんぁん、・・・すごい・・きゃぁぁぁ」

私の叫びと、オマンコから聞こえるクチュクチュといやらしい音が静かな部屋に響く。

「もっと感じて・・・」

彼が言う。

返事が出来ない私は「あっあんあん」とひたすら悶えるだけだった。

もう彼も巨棒を咥えていることは出来ない。
私はもう何も考えれらず、快楽の波に落ちていった。
もう咥えることが出来なくなったのを知って、彼が私のオマンコから舌を離した。

「寝て・・・」と覆いかぶさる彼。

もう一度、舐めまわすようなキス。
彼の巨棒は、全くぜい肉の無い少年のようなおなかにピッタリ張り付き、今にも爆発しそう・・・。

もう一度、彼の顔を見る。

閉じた瞳に長いまつげが光っている。
元々ヒゲが薄いのか、ツルンとした肌は本当に少年のようだ。

その少年のような美しい彼に、こんなに感じさせられてる・・・。

そう思うだけで自分が本当にいやらしいメスに思える。
彼は私の汗ばんだ脇の舌を刺激し、女の匂いを楽しんでいる。

「女の人って、すごいね・・・」

恥ずかしそうに言う彼。

「あなたの方がすごいわ・・・どこで覚えたの?」

実はまだ女を知らないと言う。
途中までは何度かあるけど、いつも最後までいけないんだ。

私はたまらなくなり「もう来て!!!」と彼の巨棒をつかんだ。

「俺に入れさせて・・・」

彼の巨棒を握った手を振り払った。
彼は自分の巨棒を握り、私の穴を確かめた。

「溢れているよ・・・」

彼は巨棒を握ったまま、私のオマンコに指を滑らす。
彼の細くて長い指が奥まで入る。
思わずのけぞる私、キュッとオマンコが締まるのがわかる。

「・・・すごい、吸い付いてくるよ」

指をクチュクチュさせながら彼が言う。

「あぁっあっ・・・もっと激しく動かして・・・」

今までガマンしてたのにたまらず欲望が言葉になる。
彼は応えて、指を激しく動かしてきた。
一緒に乳首にも吸い付く。

「あっあっ、どうしよう・・・もうダメかも・・・」

「・・・」

「えっ、どうしたの??痛い?」

「ううん、良すぎてイキそう・・・」

まだ女がイクのを見たことがない彼。
イクという言葉に反応したのか、もっと激しく突いてきた。
乳首を攻めている舌も激しくなる。

「あっあっ・・・イクイクゥ~あんあん」

「あっ・・・あぁぁぁぁ」

私は彼に抱きしめらながら、果ててしまった。

「あぁ、すごい可愛い・・・」

ギュッと抱きしめる彼。

「先にイってごめんね・・・もう来て・・・」
「もう少し、このまま・・・」

私を抱きしめたまま、動かない彼。
まだビンビンしている巨棒が私のおなかにあたる。

そのまましばらく抱き合っていたけど、彼のキレイな顔を見ていたらたまらず私から軽いキス。
そのキスで目覚めたのか、また舐めまわすような激しいキスをしてきた。

「ウグゥグゥ・・」

彼にふさがれている私の口の脇から唾液がこぼれる。

「いやらしい・・・」

彼はそんな私を見てまた興奮しているようだった。

「もう・・来て」

彼に見つめられ恥ずかしさの中、私が言った。
もう一度オマンコに指を入れ、まだ濡れているのを確認し、今度は一気に巨棒をねじ込んできた。

「あっあぁぁぁぁぁぁぁぁ」

私の小さなオマンコにギリギリと彼の巨棒が入り込む。
十分すぎるほど濡れいたのに・・・。
痛さと快感で、打ちひしがれた。

「す、すごいぃぃぃぃ!!」

私は叫びながらも、もっと奥に入るように腰を動かす。
その動きに合わせ、巨棒を滑らす彼。
今まで入ってきたことが無い深いところまで彼の巨棒が入り込む。

思わず私は腰を浮かせた。

その腰を持ち上げ自分の方に引き寄せ自分の太ももに乗せる。
きっと彼からはつながっているところが丸見えだ・・・。

「恥ずかしいよ・・・」

思わず頬が赤くなる。
体中が熱い・・・。

「大丈夫、キレイだよ・・・」

彼は巨棒をくわえ込んでいるオマンコの上から触って欲しくて、飛び出しているクリを見つけて優しくさすった。

「はぁはぁ・・・気持ちよすぎるよぉっぉぉぉ」

無視して彼はクリを弄り続ける。
気持ち良過ぎて気が狂いそうになる。
彼の太ももの上に腰が乗ったままなので動きにくいが、無意識に腰が動いてしまう。

彼は動いてくれなくて、ひたすらクリを責めるから、私が動くしかなくて、一生懸命自分の気持ち良いように動いた。

「うっぅぅぅ」

彼も低いうめき声をあげる。

「動くとすごい締まるよ・・・」

そういいながら彼は私の腰を下ろし抱き合う形になった。

強く抱きしめながら、舌を絡める濃厚なキス。
彼の唇にふさがれた私の口から唾液がこぼれる。

「・・・いやらしい・・」

彼は激しく腰を打ち付けてきた。

「ジュルジュルジュル」

彼が動くたび、淫靡な音が響く。
彼の巨棒はどんどん中に入り込み、奥で何かにひっかかる。

「すごい・・・こんなの初めて・・」

思わずこんな言い尽くされた言葉が出てしまう。
私のオマンコも彼の巨棒を逃がさないようにギュウギュウと締め付ける。
それに負けないように、激しく腰を振る彼。

「あっあんあん・・いい、いい」

ところがその時、彼の巨棒が急激にしぼんでしまった・・・。

「・・・どうしたの??」
「いつもこうなんだ・・・だからまだ一度も女の人でイッたことがない・・」

「ごめんね・・」とうなだれる彼。

「ううん、私すごく満足したからいいよ」と笑ってみせた。
彼も笑顔になり、抱き合ってそのまま眠ってしまった。

ホントは一緒にイキたいけど、何度も満足したし抱きしめられる充実感でみたされていた。
気持ち良いが続いたまま1時間ほど抱き合って眠っていたのだろうか・・・。
気がつくと彼が私をギュッと抱きしめたまま眠っていた

そのキレイな顔にキスをすると、突然目を覚まし私の胸を弄りだした。

「うっうん・・起きたの??」
「うん、柔らかくて気持ち良いね・・・」

それからお互いの体を弄りあり、イチャイチャしていた。

気が付くと二人とも汗だくで、シャワーを浴びようと部屋のバスルームへ。
小さな温泉宿の部屋風呂だからラブホみたく大きくないけど、余計密着感がある。
シャワーを流したまま抱きあってキスをしたり触りあったりしていた。
それから二人で洗いっこしたり、舐めあったりしばらくバスルームで楽しんだ。

「お布団戻ろ!!」

すぐ近くなのに手をつないで布団へもぐる。
彼はまた私を押さえつけて全身丁寧にキスをしてくれた。
彼の舌が私の秘所に近づく・・・。

「うっん、またぁ~」

私を無視して、舐め続ける彼。
イキ易くなっている私は少しの刺激で、達しそうになる。

「入りそう?」と私の問いかけに、黙って私の手を自分の巨棒に持っていく。

再び私の手首くらいに膨れあがった巨棒が、私のオマンコを疼かせる。

「今度は私に入れさせて!!」と彼を寝かし上にまたがる。

女の人に乗られるのが初めての彼は、どうしていいのか分からないのか、私の乳首をもて遊んでいた。
彼の巨棒はものすごい勢いでそそり立ち、おなかに張り付いて入れにくい。
彼の上に乗り、グチュグチュになったオマンコを彼の巨棒に擦りつけた。

「あぁ、それ気持ち良い・・」彼が言う。

彼にキスをしながら、オマンコを擦りつけて腰を動かす。
乳首も彼の胸に擦れて、気持ちが良い。
そのままオマンコを亀頭に近づけ咥えこむ。
このまま腰を落とせば入るはず・・・。

私はゆっくりと腰を落とした・・・。

ところが、あんなにそそり立っていた巨棒が挿入するとしぼんでしまう・・・。

「ごめんね・・・ムリみたい・・」と彼は言ったけど、どうしても一緒にイキたい私はフニャフニャの巨棒を抜いて、しゃぶった。

すぐに復活。
もう一度、彼の上に乗ろうとすると彼が「今度は自分で入れてみる」と私に乗ってきた。

・・・でもやっぱりダメ・・・。

もう一度と愛撫を始めた。
壁に背をつけて座らせられ、M字に足を広げて顔を近づける。
彼が舐めているところが、上からよく見える。
彼の背中やお尻も見えて、すごく恥ずかしい。

足を思い切り広げさせられクリを舐めながら、ジュブジュブとオマンコに指を入れる。

「あっあっ・・イキそう・・・あぁぁぁぁ」
そのままイッてしまった私。

彼は舐めるのを止め、「また汗かいちゃったね」ともう一度シャワーを浴びて布団に入り、抱き合ったまま又いつも間にか寝てしまった。

次に起きた時にはもう朝の6時半過ぎだった。

「朝の貸切露天風呂行ってみようよ」と夕べも入った貸切露天風呂へ。

夕べは二人ともタオルを巻いて入ったけど、今朝は二人とも産まれたままの姿。
湯船の中ではすっと抱き合ってキスをしていた。
また彼の巨棒が大きくなるのがわかった。

部屋に戻り、そのまま合体。
彼がゆっくりと腰を動かす。

「今度はどう?」
「なんだか今までとは違う・・・このままイケそう・・」

彼はそう言うと、奥に奥に押し込んできた。
中でまた大きくなる巨棒。
たまらず私も腰を動かす・・・。

「あっあっ、すごい・・・さっきと全然違うよ!!◯◯くんの別の生き物みたい・・・」

硬い硬い巨棒が私の中を荒らす。
キリキリと擦れて、気が遠くなる・・・。
そこに突然「りーん、りーん」と電話のベルが鳴った。

無視する二人。

「はぁはぁ・・すごいよ、ずっとこのまま繋がっていたい・・・」
「俺も気持ち良い」

彼の巨棒が子宮を付き抜け・・・。
こんなの初めて・・・快感をむさぼる二人。

そこに又電話のベル・・・。

もう一度無視。

というより、離れられない・・・。

トントン
すると今度はドアのノックが聞こえた。

「お客様・・まだお休みですか?お食事のご用意ができていますので、お願いします」
と大きな声が聞こえた・・・。

「ハイ、わかりました」

繋がったまま彼が叫ぶ。
気が付くともう8時を過ぎていた。

もう少しなのに・・・。

まだ大きいままの巨棒を抜く彼。

「行こっか・・」

寝乱れた浴衣を直し、食事処へ。
二人とも中途半端で食事どころじゃないんだけど・・・。
よく見ると、みんなちゃんと着替えていてこんな寝乱れているのは私たちだけだ。
一目で今までやってましたとわかる・・・。

食事も早々に切り上げ、そそくさと部屋に戻る。

チェックアウトは11時・・・まだ2時間以上ある。

私たちはどちらとも無く浴衣を脱ぎ、お互いの体をむさぼりあった。
私の潤いを確かめる指ももう慣れて、クチュクチュ動かすとすぐに、オツユが溢れ出した。

「もう一度行くよ」
「早く来て・・・」

彼の巨棒はすんなりと入り、ズコズコと音を立てて奥に入っていった。

「あっ、あっ」

二人の呼吸のリズムがぴったり合う。

「・・・どう?」
「すげー、気持ち良いよ・・・」

もう小さくなることの無い巨棒が私の中で暴れる。
小柄で小さい彼が、私の腰を持ち上げ突きまくった。
彼の巨棒はどんどん中に入り、子宮を突き上げる。

「・・・こんな激しくちゃ壊れちゃうよ・・・」

少年のようなキレイな顔が今は野獣に見える。

さっきまで優しく気遣ってくれていたのに、今まで味わったことのない快楽で、頭がいっぱいのようだ。
彼の腰の動きが速くなる。

「あっ、あっ」

・・・す、すごい・・・
私も一緒にイケるように、気持ち良い位置に腰を動かす。

「あっ!!!」

突然彼が巨棒を抜いた。
同時に若い精子が私の胸まで飛び跳ねる。
少し顔にもかかった・・・。

「・・・ごめん、気持ち良過ぎた・・」

真っ赤な顔の彼が言った。
その顔は大きな瞳は潤んでいたけど、いつものキレイな彼だった。

「良かった?」

私の問いかけに、返事は無かったけど、代わりに強く抱きしめて、おでこにキスをした。

「一人でイッてずるい・・イク時は、言って!!一緒にイキたかったのに・・・」
「そういうものなの??知らなかったから・・・ごめん」

ワザとふてくされたのに、本気申し訳なさそう。

「今度はちゃんと言ってね」
「うん!!」

可愛い笑顔にキスしたくなる。

彼も同じ気持ちなのか、キレイな顔が近づいた。
初めは唇を合わせるだけの軽いキス。

でも彼の舌が私の唇を押し開け、強引に入ってきた。
私の舌を探し、絡ます・・・。

「ねぇ・・・もうダメ、時間ないよ・・・」
「いいから・・・」

彼は私の手に自分の巨棒を握らせた。

「あっ・・・」

もう大きくなっている・・・。
若い男の子の回復力って・・・。

「・・・・時間・・・」

時計を見るともうすぐ10時・・・。
あと1時間と少しだ。

隣の部屋からは、掃除をする音やおばさん達の話声が聞こえる。
さっきまでのあえぎ声を思い出して、恥ずかしくなる。

「ねぇ、もう準備した方がいいなじゃない?」

キスをやめて、私の乳首を舌と指で弄んでいる彼に言った。

「ん??やめていいの?」

私のオマンコのオツユを指ですくって、私の目の前で糸をひいて見せた。

「・・・あっ、それは・・・まだ、イッてなかったし・・・」
「今度はちゃんと言うから・・・」

彼が私の足を持ち上げ秘所に顔を埋めた。

「ああぁん、あっ」

もう抵抗することなんて出来ない。
隣の部屋で掃除をしているおばさんに気が付かれない様に、声を潜めて、喘ぐのが精一杯だった。

「俺のも舐めて!」

私の目の前に巨棒を突き出した。
たった今射精したばかりのオチンチン。
1本の陰毛がまだ私の愛液でヌメヌメ光っている巨棒に張り付いている。
あまりの卑猥さに興奮する。

仰向けの姿勢のままで彼の巨棒を口に含んだ。
おなかにピッタリ張り付くようにそそり立った巨棒は、口に入れようと下に向けても、ものすごい力で跳ね返す。

上手くしゃぶれないから体を起こし、彼を座らせた。
ちょうどさっき彼が私の秘所を舐めてくれたのと同じ体勢。

「ちゃんと座ってて、寝ちゃダメだよ!!」

そう言って彼の巨棒を舐めまわす。
激しく首を上下させ、吸い上げた。

「うっ!!」

彼がのけぞり、巨棒が私の口から離れた・・・。

「・・・スゴ過ぎるよ、出ちゃいそう・・」
仰向けに寝た彼が言った。

黙って私は彼の上に跨った。

「気持ち良い?」

私は彼のキレイな顔を舐めまわすようにキスをしながら聞いた。

「あぁぁぁっ」
彼が声にならない返事をする。

そのまま腰を動かし、オマンコに巨棒をこすりつけた。
さっきは出来なかったけど、今度は入りそう・・・。

私は巨棒に手を添えて、オマンコに押し当てた。

Hの前にシャワー浴びようとしたら彼氏が、いきなり押し倒して胸を揉みながらディープキスをしてきた・・・。
途中でシャワーを浴びて上がってきたら、いつも以上に激しくて感じまくっちゃった。

ジュブジュブジュブ・・・

オツユが溢れる音がして彼の巨棒が沈んでいく。

「あっ、あっ」

足をM字にし、腰を突き出すように動かした。
私が一番速くイケる体位だ。
彼が顔を上げて繋がっている部分を見る。
クチュクチュと私の動きに合わせて出たり入ったりする自分の巨棒に興奮しているようだ。

広げたオマンコから飛び出ているクリを彼がなぞる。

「あっ、ぁぁぁぁぁ」

耐えられない快感に思わずM字が崩れ膝を立た体勢に戻る。
彼が背中に手を回し、力強く抱きしめてくれた。
もっと快感を求める私は腰を動かすことを止められない。
抱きしめられたまま腰を動かすと、彼も一緒に突き上げている。

どんどん奥まで入る彼の巨棒。

「・・・はぁはぁ・・イキそう・・」
思わず私が言う。

「じゃあ、俺に動かさせて・・・」

そう言うと繋がったまま私を仰向けにし、抱きしめたまま激しく腰を動かしてきた。

「はぁんあんあん・・・あっイキそうあっ、あっイクイク・・・」
私のイキそうな声を聞いてより動きが激しくなる彼・・・。

「・・・・・・・俺も・・・イ・・ク・・」

ひとつの生き物のようにピッタリくっついて激しく動く彼。
私は頭の中がからっぽになって彼の動きに合わせてしがみついているしか出来なかった。
私のオマンコが痙攣し始め、快感の波が押し寄せる。

「イ、イクゥゥ~」
「オ、俺もイキそう・・・」

私のオマンコが彼の巨棒を搾り出すように締まった。

「・・・あっ、あぁぁぁぁぁ」
「・・・あっ、あぁぁぁぁぁ」

二人同時に果ててしまった。
しばらく離れられない二人。
女が冷静すぎでダメだ・・・。
一瞬気を失ってしまったようだ(後で、考えるとたぶん1~2分の短い間だと思う)。
彼の声が遠に聞こえる・・・。

「・・・・・・大丈夫」

「う、うん大丈夫・・良かった?」
「うん・・良かったよ」
「私もすごく良かった・・・」

再び彼が強く抱きしめおでこにキスをしてくれた。

「早く、準備しなきゃ」

そう言って二人でシャワーを浴びに行ったのがチェックアウト10分前。
軽く流して、髪はゴムで留め、荷物はかばんに詰め込んで、布団も浴衣も寝乱れたまま、あわてて部屋を出たのでした。

・・・・以上が私の今でも忘れられないSEXです

多少着色じゃなくて、脚色もありますが、95%実話です。
へたくそな文章でごめんなさい。

おすすめエログ30選


久しぶりに叔父の家に行った結果、従妹に中出しすることにwww



彼女いるの知ってる女友達が抱いて欲しいって懇願してきた話



お兄ちゃんの子供を産んでもいい!お兄ちゃん、大好きな私の近親相姦体験談



彼女との初エッチは去年の夏に海に行った日の絶倫体験www



深夜の女風呂に侵入してオナニーしたったwwwwwwwwwwwwww



義理の妹が働くスーツ屋さんにノーパンで行ってみたwwwwwwwwwwwww



その時に付き合ってた彼女はGカップで31歳だった元カノとのエッチ体験



寝坊助な弟をフェラチオで起こしてあげる私の近親相姦体験談



【激写】この新幹線の売り子の女エロ過ぎwwwww8回抜いたwwwww



「もう…イッてるってばぁ!!」と絶叫する姉を完全スルーして爆走ピストンで絶頂させまくる!



スケベお姉さん2人の淫らな腰振りが見たい!いや、お見せしたい!こんな2人が女上司になってまさかの相部屋!W美尻揺らして何度もパワハラ中出し!朝まで続く夜のオシゴト…



【無・素人個撮】照れつつ感じちゃってる萌え萌え色白美少女JDに間違ってチョイ中出し♪



【画像】蛯原友里(36)、ヌード解禁へwwwエロ過ぎwwwww



すっげぇぇぇーーエッチなおっぱい画像貼る!!!!!!!!!!!



【画像】史上最強だと思うAV女優



【激写】山本彩がメスの顔になった瞬間を撮られてしまうwwwww



中国人モデル沙子(Shazi)のヌード画像25枚 Part2…あの感動をもう一度!



【衝撃画像】この女子大生(20)のセックスがヤバいwwwwwwww



新垣結衣、ジュニア時代のビキニ姿が過激でガチで抜ける件wwwww(画像)



【オカズ用】松井玲奈、ピンクのアレがくっきり映る事故wwwwシコタwwwww



【無修正・個人撮影】人妻の自宅にて。着衣のままの人妻と立ちバックでの情事をハメ撮りした生々しい映像がこれ



テニスのコスプレでペニス勃起 part8



【激シコ画像】NHK史上、最も抜ける画像がこちらですwwwwwアウトだろwwwwww



FF7のティファの格好してるエロ画像



【FGO】「まだまだっ、枯れちゃうくらいっ、全部搾り取るんだからっ♡」ブラダマンテのお尻に見とれて勃っちゃったアストルフォがブラダマンテにフェラやパイズリしてもらってアナルセックスでたっぷり搾り取られちゃう!【エロ漫画同人誌】



【FGO】「先にご飯にしますか? お風呂にしますか? それとも…私にしますか?♥」ジャンヌと同棲のような事をしてキッチンに立つジャンヌのおっぱいを揉んで求めてイチャイチャセックス!【エロ漫画同人誌】



ノーマル体位で喘ぎまくり…正常位セックス画像100枚



【悲報】上原亜衣(23)史上、最も闇が深い作品が・・・・



松井玲奈「私でシコってもいいけど報告しないで」→ →→→→



ラブホなうのエロ画像 part4

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ 二穴 バレないように オシ●コ 肉●器 ラッキースケベ 獣● トラウマ DQN 還暦 ママ友 上司の嫁 マット  3P バイアグラ 土下座 お客 友達の妻 妻の姉 お盆 M字開脚 性接待 相互鑑賞 サッカー部 剣道部 美容師 隠し撮り 再婚 オナホ 男の潮吹き 地味 本気汁 イメプ 医師 手錠 ボーイッシュ 聖水 近所 近○相姦 豊満 お局 4P 鑑賞 素人 貝合わせ クスコ 美少女 ギャップ 花見 喧嘩 兜合わせ テント 脱衣 ドレス 自撮り 講師 顧問 ヘタレ 美術部 マンスジ マニア ストッキング 新婚 モテ期 ゴルフ ベランダ メガネ アクメ チンぐり返し 春休み 神社 レ○プ ノンケ 団地妻 尾行 ボランティア 性教育 テニス 愚痴 夫の上司 放置プレイ プレゼント 教育実習 アフター ヒッチハイク 先輩の母 SM アヘ顔 継母 逆痴● メンズエステ 実家 コテージ 避妊 金髪 北海道 背面座位 不妊症  釣り 友達の夫 スカウト 回春マッサージ 騎上位 マンぐり返し ゴルフ場 ハミ毛 染みパン シングルマザー グラドル リハビリ OL 接骨院 ストレス 相互オナニー オムツ  遭遇 パワハラ 恋人交換 一人暮らし 拡張 姫初め 帰省 割り切り マジックミラー レオタード オーナー 隠撮 チンカス 発見 性生活 ボーナス 唾液 ブサメン 小悪魔 自転車 女神 スケベ椅子 挑発 台湾人 ムチムチ パジャマ 寝起き 流出 ホットパンツ スケスケ 両親 イジメ 初夜 黄金 罵倒 マイクロビキニ 逆●漢 友達の奥さん エロ動画 台湾 喪女 手術 ファザコン アラフィフ 飲● 添乗員 DJ 野菜 倦怠期 写真 キチガイ 搾乳 目の前 新年会 ニーハイ 韓国 ぎっくり腰 M字 便秘 弁護士 首絞め 独身 同期 彼女もち グラビアアイドル 租チン  柔道部  女風呂  婚活 団地 チアリーダー グラマー ロリ系 俳優 仲居 上司の妻 盲腸 Fカップ 立ちション ライブ 弓道部 現地妻 恐怖 将棋部 回春 お見合い jk 産婦人科 皮オナ バキュームフェラ エレベーター 夫の同僚 エロ漫画家 スポーツクラブ 黒髪 小柄 役員 パパ友 ぱふぱふ 夫婦喧嘩 オーストラリア 美尻 唾液交換 ジョギング 貧乏 レ〇プ  ガムテープ フェス 姉の夫 ライブハウス ペット 仁王立ち フツメン M性感 バレー部 社長夫人 床上手 ロープ 流産 竹刀 チャイナドレス 竿付き 生保レディー 露天 リア充 臭い 新幹線 美女 苦痛 タレント 婚約者 ペニスバンド 屈曲位 マッチョ ソープ嬢 無精子症 集団 ニート 友達の父 マラソン 生徒の母 臭いフェチ ボンテージ 別荘 ノロケ エロ写メ 潔癖 エロ画像 言いなり ハメ潮 左遷 エロなし オナペット 知り合い ご奉仕 フィリピン人 スパッツ タイツ 直穿き エロ本 ギター 夫の兄 姉妹●姦 女湯 体育館  自虐 ホテトル 子作り 電話中 M男 母子交換  従姉妹の娘 ハプバー 友達夫婦 友達の旦那 イメプレ 元カノの妹 警察 無修正 トラック お姉さん 上司の奥さん う●こ エロゲー ふたなり ハワイ ブラチラ ペニクリ スカイプ 閉経 三角関係 腕枕 出会い喫茶 喪男 彼氏交換 即ハメ 背面騎乗位 ナプキン 先輩の奥さん 隠しカメラ 金持ち 免許 主人 性感帯 ボクシング部 元嫁 出張ホスト 片思い ハイボール おもてなし 大家 コスプレ巨乳 出勤前 弟の妻 黒タイツ ボディービルダー ワカメ メガネ屋 ボディービル デルヘル 自暴自棄 70代 自慢 制裁 喘息 イカ臭い 老婆 禁欲 フィギュアスケート部 早熟 ローライズ キス魔 鷲掴み プロレス 腰痛 人助け オリモノ フィジー クォーター バレンタイン 姉妹交換 ドクター TV電話 社長婦人 靴なめ ぢゃ性 腐敗 阿鼻叫喚 15P まんぐり返し 渋滞 相部屋 ボーリング オプション 武勇伝 ハイグレ 車検 母の妹 マリッジブルー ローソク ムチ むっちり 生き別れ カマトト かりまん 出合い系 転校生 姉妹相姦 ユルマン おあずけプレイ ラノベ 健全 脇舐め キッチン ポロリ パーカー 一気 インドネシア人 テクニック ネパール人 フタナリ パイチラ 密会 中性 おへそ 無料 マイナー 勇気 韓国エステ 焦らしプレイ パトロン 同伴 性上位 気絶 吊り橋効果 バスケ バージン おねしょ 全身リップ 訪問販売 せどり 祖母 紳士 近○相○ 竿姉妹 種違い 人参 谷間 恋人 便器 カミングアウト 出禁 蟲姦 星姦 オーディション ローカルテレビ 企画 寝落ち 乱暴 ゴミ箱 塾講師 自尊心 使用済み リフレクソロジー ラブレター 先輩の妻 共依存 メス豚 ノルマ ブラック企業 胸糞 妻の友人 ピーナッツ エアロビクス 義理の娘 お花見 背徳感 料理教室 バナナ バスタオル 精液便所 宴会芸 長ネギ 地獄 我慢 性○隷 ハードセックス 宿題 チキン 寝起きドッキリ チンピラ 配信 男子禁制 日系ブラジル人 絶縁 保育園 バストアップ 体操部 想定 正月明け 儀式 失笑 悪酔い 神秘 嬢王様 IUD パラダイス 無臭 女子プロレスラー 水泳教室 アスリート女子 ぶっけけ マッサージ師 興奮 インフルエンザ バイブフェラ ブーツ 汚物 母子家庭 乳がん 処理 屈辱的 診察台 四つんばい お祝い 脱サラ 性感エステ 草食系男子 キモメン 泥沼 助手 ファン ポッチャリ 職権乱用 オタク女子 ケツ毛 同性愛 上目遣い ランデブー シラフ 口臭 洗濯バサミ 避妊リング 看板娘 主張 射精管理 マンション 介護 支配 サランラップ 東京 伊豆 ちんぐり返し 彼女の弟 婚約 ネットH  他人棒 号泣 悲惨 目覚ましフェラ 近●相姦 読者モデル 事務 元ヤン 歳下女子大生 筋肉フェチ  寝盗られ 夏フェス ニューカレドニア サイクリング 性同一性障害 ネイリスト パリ 乳首舐め 音声 お小遣い 引き籠もり バット カウンセラー 発熱 彼女の父 顔舐め 編みタイツ ギャル男 サーファー 狸寝入り ひとり暮らし 狭射 ハイレグ 友達の叔母 台所 チクニー 実験 シックスナイン 旦那の弟 ゴーヤ スクール水着 ストリッパー トレーニング 行水 頬ずり  軽蔑  SNS ごっkん 生理不順 プリクラ スナックのママ 虐め 山岳 ジジイ 乳コキ 校長 メタボ 交尾 カツアゲ 日焼け 録音 兜合せ 逆セクハラ 後輩の妻 胸毛 風習 中だし 倒産 恋愛禁止 吹雪 壁ドン 美少年 ジーパン 後輩の男友達 ハシゴ  男湯 シンママ 社員 生本番 芸能 半陰陽 マンコ セリクラ 親切 マンカス ママ  同時イキ チア部 カナダ 芸能事務所 同期の妹 悶絶 新婚初夜 無礼講 貸切 ニーソ 万馬券 飛行機 10P 塩対応 染み 控え室 仕事 穴あきパンティ 股間 新婦 ポニーテール 刑務所 彼女交換 ソーセージ トライアスロン 押入れ セフレの友達 立ち合い パーティー 年越し 旦那の同僚 プレハブ 主人の友達 従姉妹の彼氏 t乱交 おままごと パプニングバー 先輩のセフレ 彼女不倫 B専 アメフト部 不妊治療 トップレス すっぴん ボクサー 露出b ハイキング 彼氏の妹 飲酒 3穴 仲直り 輪● 彼の家 6P 不貞 グアム 長文 7P  騎馬戦 近親相●姦 玉舐め 全盲 妹夫婦 セレブ 屋台 アナル責め AV GW CA 義理兄 絶叫 バレーボール部 ブルセラ こたつ 2ch 別居 リンチ 予備校 研修 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ 断捨離 OB 再従兄弟 アナルうんこ ハゲ 指フェラ 心身 従兄弟の嫁 友達の家 百合 兄の娘 兄弟 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 妊活 スロベニア人 読モ 密室 テレビ チアガール 義息子 正座 イメチェン オナネタ 娘の夫 彼女の過去 サンタ 書道部 延長 相撲 息子の先輩 同僚の妹 アレルギー 卓球部 社長の息子 スノボー 婿 バドミントン部 公認 試験 出会い ケジメ 馬鹿 プラトニック ニュージーランド人 アメリカ サクラ 中継 テニススクール 部室 音信不通 母子○姦 近親○姦 チーママ 排泄 下品 貯金 スノーボード バンガロー 小説風 逆ギレ 不満 女優 ポカリ 元旦 セカンドバージン 悪臭 メガネっ娘 アイマスク キュウリ 摘発 コスプレイヤー パンパン 謝罪 女店主 ラーメン屋 姉の同級生 ダブルブッキング ペンション インモラル バンコク サプライズ 処女初体験 シミ付き コーヒーショップ 娘の担任 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 シングルファザー 初潮 年始 本気 フェラテク 不潔 検査 セミプロ サドル 大学受験 くじ引き ホームセンター ボクシングプレイ 通勤 婚活サイト 報告 寄付 利子 アナルファック 廃墟  ソフトテニス部 お清め 恨み 敬語 自棄酒 苦情 賞品 セフレ交換 色弱 最初で最後 エクササイズ キャットファイト 初対面 暴発 レディース SMクラブ ウェディングドレス 生意気 カンボジア 腐れ縁 空家 角オナニー 出前 お化け屋敷 整体師 27P 保護 セックス依存性 リンパ 留守番  白髪 叔母さん バツ2 けじめ マジキチ サスペンダー スワッピングクラブ  自縛 介護士 チン蹴り 人間不信 覚醒 フィリピンパブ コレクション 収集 肩書き ガン  ガーゼ twitter レディコミ お店 鮫肌 友人の嫁 同い年 ぼったくり インテリ 知的 退職 精液検査 おなら 宿直 ハダカ 憧れ 婚前 限界 会長 牛乳 森ガール 添い寝 MオンナS男 犬プレイ タトゥー 食事 テスト勉強 GloryHole ビーチボール アダルトグッズ 図書委員 委員会 美容院 無抵抗 ヘルパー 狂気 Skype バニーガール ジャージ 運動会 不眠症 ボクっ娘 ヤンママ 鍋パ 寝顔 キャッチ 白ギャル 医学部 伏せバック 脚フェチ シ○タ 半勃ち オジサン 男子校 おなべ 浮気相手 友達の兄 シンガポール 眼鏡 娘の元カレ で四つん這い テニスコート 足ピン パフパフ 看護学生 クリーニング  下宿 夫の従兄弟 監視 逆玉の輿 オン欄 出血 レストラン 腋毛 白衣 貧乏神 ハローワーク カレー屋 葬式 帰国 貸出 上級生 精神科医 セックス依存症 猫耳 交換 

フリーエリア