HOME > 【レズ体験談】 > 週末、彼女が泊まりに来てレズエッチをしましたwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


週末、彼女が泊まりに来てレズエッチをしましたwww

関連体験談 :女医レズクンニ
一緒にシャワーを浴びて、そのままベッドへ

レズな関係をもってからまだ半年と少しですが、

だいぶ彼女の体もほぐれており少し無理をしても平気です。

最近は彼女の方から求めてくることも多く、

私の方ばっかりイカされて、虐められることもあります。

私のほうがかなり年上なのですが、

セックスでは向こうのほうが主導権を握ることも時々あります。

でもそういうのも私は好きです。

私は小さい個人病院の産婦人科で働いている女医です。

年齢は30代なので、

医師としての経験はそれほど多いわけではなく、

日々が勉強です。

彼女とは知り合ってずいぶんになります。

初めて会ったのはまだ彼女が小○生になったばかりの頃でした。

彼女の父親は仕事で海外に出張することが多く、年間の大半を海外で過ごします。母親も父親が海
外に行くときは、最初の一、二週間ほど一緒についていきます。私は彼女の両親とは友達なので、両親
が不在の時には彼女の家に泊まりにいってあげたり、私の部屋に泊まらせることもあります。

現在彼女は中学三年です。もう卒業するころです。小○生の頃はとても明るい子で、私のことを『おね
えちゃん』と呼んで慕ってくれていました。ふざけてキスをしてくることもあるくらいのやんちゃっ娘
でした。ただ、私が数年前にある男性と付き合っていたころから、随分と大人しい雰囲気になり、私を
呼ぶときも『おねえさん』、話し言葉も以前は友達同士のようなしゃべり方をしていたのに、今ではち
ょっとした丁寧語です。

もうそのころ付き合っていた男性とは別れましたが、もしかしたら私が男性と交際していたことが彼女
が変わった原因かもしれません。でも、ちょうどその頃は生理も始まり、体つきも大人の女性に変わり
始める頃であったし、何が原因だったのかは今となってはわかりません。

彼女の名前は…本名を出すつもりはないので、ここでは『かなこ』と呼びましょう。果たしてここで知
っている人がいるのかどうかわかりませんが、元ネタはパソコンのノベルゲームに出てくるヒロインの
名前です。主人公の名前は『初音』。私はあんな美人ではありませんけどね。

「あんたはこっちの気があるから」といって、友達にもらったゲームです。自分ではあまり外に出さな
いようにしていましたが、長い付き合いの友人にはわかる人もいるようです。ここで語り始めても全然
萌える体験談にはならないので、パソコンゲームの話はしません。というか、パソコンのゲームなんて
それしかやったことがないので。


さて、彼女が中学二年になる頃には、私はそっちの方に完全に目覚めており、泊まりにきたかなこのお
風呂上りの姿には、正直言って性欲を持て余していました。寝るときは彼女の布団に潜り込みたくなっ
てたまらないときもありましたが、それはしませんでした。

でもかなこも私の風呂上りの姿をちらちらと見ていたので、もし求めてくれたらもう喜んで何でもして
あげようと思っていましたが、さすがにお声はかからずでした。もちろん私からだってなにもしません
でした。

でもふざけているのを装って、頬や額にキスをしたりはしていました。本当は唇にキスしたかったし、
白い首筋を甘噛みとかしたかったのですが、頑張って自主規制したものです。かなこは私が婦人科の医
師であることを当然知っており、私が女の子の体のことについて話をしてあげると、すぐに少し頬を赤
らめます。私はそれが楽しくてたまりませんでした。


ではかなこと初めて肉体的な関係をもった時のことから話しましょう。最初に断っておきますが、(主
に私が)少々サドっぽい話なので、苦手な方もいらっしゃるかもしれません。


去年の夏でした。

私には夏休みなんてないようなものですが、かなこは夏休みであり、部活も休みでほとんど家や図書館
にいました。かなこの父親は3ヶ月の長期出張が始まる頃であり、母親も最初の三週間は父について海外
に行っていました。

中学三年になった彼女は、身長は140センチ代で小柄ではあるものの、胸もだいぶ膨らんできて、ますま
す魅力的になってきていました。まだ腰は細いし、お風呂上りに少しだけ見えた下のほうの毛は、まだ
薄く清楚な感じでした。

患者として私の病院に来てくれたら、かなこの大事なところを開き、処女とはいえ、場合によっては内
診で指を入れたり、クスコ(膣鏡)で体の奥にある女の子の一番大切な場所を見ることもできるかもしれ
ませんが、残念ながらかなこが患者として私のところにくることはありませんでした。他の婦人科にか
かったこともなかったようです。


金曜のことです。かなこは珍しく友達と遊びに出かけに行っていました。月曜から両親がいなくなって
いたので、月曜から木曜あたりまでは夜を私の部屋ですごしたりしていました。彼女が中○生になって
ちょっとしてからは、私が時々勉強を見てあげたりすることもありましたが、もともと成績は良いほう
であり、私がいなくても何とかなりはしたでしょう。

金曜の夜は私がかなこの家で過ごすことにしており、約束の9時過ぎにかなこの家まで行きました。外か
ら見ると部屋に明かりがついていたので、ドアホンを鳴らしてかなこが出てくるのを待ったのですが、
返事がありませんでした。もしかしたらトイレにでも入っているかと思って、そのまま少し待ったので
すが、反応はありません。

ためしにドアノブに手を掛けてみると、鍵がかかっていませんでした。知り合って長い仲ですし、かな
こを呼びながらドアを開けると、足元に脱ぎ散らした靴が見えました。

名前を呼びながら仲にはいり、一応お風呂場とトイレを調べてからかなこの部屋がある二階にあがると、
かなこの部屋のドアが半開きになっていました。

「かなこちゃーん、いるなら返事しなさいよ~、もー」

部屋に入ると、きっとヘッドフォンあたりを付けたかなこがいる。全然こっちに気が付かない。私はふ
ざけて後ろから『だーれだ?』なんて目隠しでもしようか。それともいっそ脇から胸をわしづかみにで
もしてあげようか。さすがにそれは悪ふざけが過ぎるか。

そんなことを考えながら中に入ろうとして見たのは、ショーツを脱ぎ、ブラだけになってベッドの上に
膝立ちして、股間を両方の指で弄くるかなこの姿でした。

私だってかなこの事を考えながら自分で慰めることはよくあるし、オナニーどころか自分で指すら挿入
したことのなさそうなかなこでも、別に不思議はない…一瞬反応が止まったあと、とっさにそんなこと
を考えたのですが、それにしてはあまりに様子がおかしい。

普通オナニーをするなら、ドアを閉めるし、周りには充分に注意をはらうはずです。そもそも玄関に鍵
がかかっていないことからしておかしいし、かなこは自分の家に入る時だって靴はちゃんとそろえる子
なのに。

「かなこちゃん…かなこちゃん、なにやってるの?!」

走りよって肩に手をかけ揺さぶりました。夏だというのに、肌は冷たく顔色も真っ青です。
そこでやっとかなこが私の方を見ました。

「とれない…とれないよ…とれないよぅ…」

僅かに目が合ったかと思えば、またすぐに自分の股間に指をやります。

「やめなさい!」

両手をもって無理矢理引き剥がすと、指先にうっすらと血が付いていました。

「やめなさい! 傷がついちゃうでしょ! やめなさい、かなこちゃん!!」
「いやぁ! やぁだあぁ!! やめてえ! 放してぇええ!!!」

信じられないような力で暴れるかなこを無理矢理に抱きしめて押さえようとするけど、まだ腕の中で暴
れます。私とは20センチ以上の身長差があるうえに、腕も細いのに信じられないような力で暴れ、声を
張り上げるかなこを、しばらくのあいだ自分の胸に抱きしめました。

私は幸いにして直接担当したことはないけど、婦人科には体を傷つけられて来院する人もいます。この
状態は、間違いなく誰かに何かされたものだと考えながら、

「だいじょうぶ、落ち着いて、かなこちゃん。大丈夫よ…」

なだめながらそっと額にキスをし、髪を撫で、そのまま抱きしめていると、やっと落ち着いてきたよう
でした。「たすけて…たすけて…」と泣きじゃくるかなこを抱きしめたまま、落ち着いて自分から話す
のを待ちました。

かなこは、今日友達と別れた後に帰りの電車で痴漢にあったようです。その際、体の中に何か入れられ
て、その『何か』が取り出せないようです。

「だいじょうぶ、必ず取り出せるから落ち着いて、ね。 自分で無理にやったら、かなこの大事なとこ
ろに傷がついちゃうわ。 落ち着いて…ゆっくり息をしましょう。 吸って…吐いて…そう…」

私は自由に病院に入ることが出来るので、この時点でかなこを自分が働いている病院に連れて行くべき
でしたが、そのときは私もかなり冷静さを失っていました。

「かなこちゃん、無理なことをしては駄目よ。 …私が取ってあげるから、ね? 痛くないよ、大丈夫よ…。
私がかなこちゃんの体に指を入れるけど、いい? だいじょうぶ、痛くないから、ね?」

そう話しているうちに、かなこの体が振るえはじめ、『体に指を入れる』といったときにはビクっと大
きく振るえました。そのままかなこを胸に抱きしめ、髪をなでたり、額にキスをしながら本人が返事を
するのを待ちました。

「…と、とって…ください…」

かなこが了解したのを確認し、一階の洗面所で指を洗ってきて、かなこをベッドに横たえました。

「横になって、膝を立てて…。 だいじょうぶよ、女の子同士だから恥ずかしくなんてないから…ね?」

かなこベッドに横たわり、膝を立てるまではいったのですが、そっと脚を広げようとすると、膝に力が
入ります。体がガクガクと振るえ、呼吸も急になってきました。このまま無理にはしないほうが良いだ
ろうと思い、私はかなこの側に一緒に横になり、体を抱きめて髪を撫で、額や頬にキスをして、その唇
にもキスをしました。

かなこの唇がすごく冷たかったことは、今でもよく覚えています。何度も髪をなで、キスをしているう
ちに震えも止まり、片方の手でそのままそっと脚を開かせると、もう拒絶はありませんでした。

かなこの腰の下に枕を引いて、指先をかなこの陰部に当てると、ビクっとかなこの膝が閉じようとしま
すが、少し待つと自分で開いてくれます。そっと割れ目を広げると、予想はしていましたが、処女らし
くあまり恥垢の手入れがされていない粘膜が見えました。臭いもキツイです。自分で無理矢理弄くった
せいか、粘膜は痛々しく充血しており、わずかに出血もありました。

「息を吐いて…力を抜きなさい…そうよ、上手よ…」

膣口に指を当てると、かなこの脚がガタガタと振るえてきましたが、もう止めませんでした。かなこの
アソコは全然濡れてはいませんでしたが、私は自分のが濡れているのがわかりました。

そっと人差し指の先を膣口にくじり込ませると、『ひッ』っと息をのむような悲鳴が聞こえましたが、
そのまま指を進めていきます。指一本なのに、かなり締め付けてくるのを感じます。
膣の壁を探るように、指を回しながら少しずつ奥へと進めていくたびに、喉から小さい悲鳴が漏れ、汗
が吹きだしてきました。

人差し指が根元まで入ろうかというときに、指先にコリコリしたものが触れました。これが異物かと一
瞬思いましたが、感触からして子宮口です。体格のせいもあるでしょうが、かなこの膣は短めのようです。

私はかなこの体の中に入っているである異物を取り出すという最初の目的もわすれ、かなこの一番大切
な場所に指を触れたことに完全に気が取られていました。私の下着の中はかなり濡れてきていました。
そのままそっと子宮の入り口を撫で、まんなかの子宮口のあたりを、指でギュッと押さえました。

「あがッ!!」

かなこが我慢できずにあげた悲鳴で、私はやっと正気に戻りました。

「ごめんね、ちょっと痛くしちゃったね」

結局異物は見つからず、そっと指を抜き取ろうとしたときに、指の腹に糸のような細いものが触れました。
指先で引っ掛けて取ろうにも、小さくて取れなかったので、あきらめて指をぬきました。

指が汚れたままだったけど、そのまま震えるかなこを抱きしめて、さっきと同じように髪を撫でキスを
しました。かなこを抱きながら、膣内に何か入っていることを言うべきか迷いましたが、ショックが強
すぎると思い、『何もなかったけど、一応消毒をする』ということを理由に、今から私の病院に来るよ
うにいって、家に車を出しに戻りました。ついでに下着も替えてきました。

かなこと病院にきて、内診台にかなこを乗せました。先ほど自分の前で脚を開いてくれたせいもあり、
処女の割には内診台に乗るときの抵抗もあまりありませんでした。看護士など、他の人がいなかったの
もその理由の一つでしょう。ただ、膣を開くためのクスコを見せるとかなり恐怖感があったようで、顔
色は青くなり全身がじっとりと汗で濡れてきました。内診台によこになったままのかなこの唇にキスをして、

「処女でも使える一番サイズが小さいものだから大丈夫よ。 おなかの力を抜いてリラックスしてね」

SSSサイズのクスコをかなこの膣にそっと挿入しますが、やなり強い抵抗があります。
かなこの方も痛みを感じるらしく、大きな悲鳴はあげませんでしたが、喉から搾り出すような小さなう
めき声は絶えませんでした。

クスコを広げると、『ひぃッ…!』一際大きな悲鳴が上がり、呼吸は一段と浅く、速くなります。中を
覗き込むと、黒くて短い糸のようなものがありました。かなこから見えない角度になるように注意して、
ピンセットで取り出してよく見ると、それは陰毛でした。

短いけど、かなり太い毛でした。かなこの毛とは随分と違うようで、おそらくその痴漢の毛の可能性が強いと
考えましたが、それをかなこに伝えるとショックが大きいので黙ってそのまま温水で膣内を洗い流しました。


かなこを家に連れて帰り、一緒にお風呂に入りました。性器の汚れが気になっていたので、洗ってあげ
ました。もうかなこは抵抗もせずにおとなしいままでした。そのままもう一度指を中に入れたかったの
ですが、がまんしました。お風呂から上がって髪を乾かし、かなこをベッドに寝かしつけ、私もかなこ
のベッドに横になりました。かなこは少し驚いたようですが、眠るまで一緒にいてあげると言うと、初
めて自分から私の胸に顔を埋めてきました。

「ゆっくりお休みなさい…。 どこか痛いところはない?」
「少し…あ、あそこが痛い…です」

向かい合って寝転がったまま、下着の上からそっと手をあてると、一瞬太腿に力が入りましたが、すぐ
に大人しくなりました。

「痛いところには手を当てるでしょう?」

最後にもう一度だけキスしようとすると、かなこの方から唇を合わせてきました。そのままディープキス
に持ち込んで、股間に当てている手を下着の中に入れたくなりましたが、がまんしたまま悶々と眠れぬ
夜を過ごしました。

結局私はろくに寝ないまま、明け方に目を覚まして先に起き出し、二人分の朝食の準備をしました。か
なこはだいぶ疲れていたらしく、目を覚ましたのは9時頃だったので、遅い朝食になりました。かなこは
寝過ごした上に、朝食まで作ってもらったことを随分気にしていましたが、それなら夕飯はかなこに作って
もらおうということで折り合いがつきました。


朝食を食べた後かなこに、かなこはまだちゃんと処女であること体の中をきれいに洗ったから(実際は
温水で流しただけですが)、もう何の心配も要らないことを話しました。女の子の体の仕組みについても、
紙に図をかいて説明しました。話の後、昨日あんまり寝ていなかったので、かなこのベッドを借りて昼
寝をしようとすると、

「わたしも一緒にお昼寝していいですか?」

とかなこが訊いてきたので、そりゃもう喜んで一緒に寝ました。わたしは眠たかったのですが、かなこ
がキスをしてきて、私の手を自分の胸に抱きしめるようにしてきたので、

「(誘ってるのか? 誘ってるのか? いただいていいのか?!)」

なんて思ったのですが、何もしないまま、昼過ぎまでろくに眠れませんでした。二人で夕飯を食べた後、
今日はわたしの部屋で寝ることにしました。かなこが私が先にお風呂に入るようすすめてくれたので、
先にお風呂に入ったのですが、昼寝のときもろくに眠れなかったので睡魔に負け、下着だけ穿いたまま
タオルケットだけお腹にかけてベッドに横になりました。30分だけと思ってうとうとしていたら、かな
こがお風呂から上がってくる音がしました。私は眠かったのでそのままベッドに横になって、一時間ほ
ど眠るとかなこに伝えました。

うとうとしていると、かなこが小さい声で私の名前を呼んだのですが、めんどくさくって寝たふりをし
ました。今度は肩を指でつついてきます。また名前を呼びます。こっちは意地でも寝てやるとばかりに
狸寝入りを決め込んでいると、唇に何かが触れて来ました。

一瞬驚いて目を開けそうになったのですが、そのままじっとしていると、唇をなどるように動かしてき
ます。たぶん指先だったんだと思います。

可愛いことをしてくれるじゃない、と思いながらじっとしていると、顔に息が少しかかり、キスをして
きました。気が付かないように息を止めているつもりなのでしょうが、鼻息が少し漏れています。こっち
も息を止めてあげたらよいのですが、そうすると狸ね入りであることがばれてしまうので、息はそのまま。
昨日はわずかに唇を合わせるだけでしたが、このときは10秒近くこのままでした。

もう一度かなこが私を呼びましたが、面白かったのでじっとしていると、今度は胸に触れてきました。
最初はそっと指をあてるだけ、次は少し指を押し付けて弾力を確かめるような感じです。もう吸い付い
てこいとばかりにじっとしていましたが、それ以上のことはされませんでした。胸には。

タオルケットの下のほうがまくりあがってきます。暑くてパジャマを着ないまま横になっていたので、下
着が丸見えの状態です。来るか、来るかと狸寝入りを続けていると、そっと下着のうえから割れ目に指
を当ててきました。思わず太腿が動いてしまい、それ以上触られることはありませんでした。タオル
ケットをもう一度掛けてくれたので、

「(あー、やっぱり優しい娘ねぇー。すぐに起きたら怪しまれるからもう少し寝たふりをしておこうかなぁ…)」

とか考えているうちに、本当に寝てしまいました。起きたのはかなり明け方近くで、かなこは自分で来
客用の布団をだして寝ていました。今までもよく私の部屋で泊まることはあったので慣れたものです。
その日は一緒に買い物に行ったりして、夕飯を外で食べた後、今日も私の部屋で寝ることにしました。

昨日と同じように、かなこは私に先にお風呂に入るようすすめてくれます。わたしは、

「お風呂上りに寝ちゃうかもしれないけど、起こさないでいいからね」

と声をかけ先に風呂に入り、髪を軽く乾かした後、下着を穿かずにベッドに横になりました。タオル
ケットは昨日と同じように掛けておきます。お風呂からかなこ上がってきて、5分ほどは音沙汰なしだった
のですが、やがて小さい声で私の名前を呼びます。もちろん私は反応しません。肩にたぶん指先あたり
で触れた後、その日はいきなりキスをしてきました。かなこ、息が荒いよ(笑)。

すぐに唇を離したかと思うと、なんと次は舌先で私の唇をなぞってきます。最初は何が触れているのかわか
りませんでしたが、あまりにも息遣いが近くに感じるし、温かくて湿った感触は明らかに舌だったのでしょう。

その日は胸は省略して、そっとタオルケットをまくります。さすがに下着を穿いてないのには驚いたよ
うで、息をのむ音がきこえました。さぁ来いとばかりに待ち構えていると、タオルケットをもどしました。
こちらとしてはウエルカムなのですが、気が引けたのでしょうか。

ところがタオルケットを戻した後、もう一度私の名前を呼びます。頬を指先でつついてきます。そして
タオルケットをもう一度まくりあげ、ついに触ってきました。

かなこは毛が薄いですが、私も同世代の女性と比較すれば薄い方に入ります。そっとふくらみに指をあ
て、触れるか触れないかといった感じで割れ目を指で撫でます。しばらく割れ目を指で撫でた後、指で
割れ目を広げてきました。しばらくそのままでいたのですが、ついに指先を中の粘膜に当ててきました。

私は出来るだけ反応しないようにしていたのですが、たぶん少し濡れていたと思います。しばらく粘膜
を上下に触っていましたが、入り口の場所がわかったのか、入り口にそっと指をあてると、指が中に
入ってきました。思わず股間に力が入ってしまって、指はすぐにぬかれましたが、割れ目は開いたままです。

もう一度、指が中に入ってきました。今度も少しだけ反応してしまったのですが、そのまま指をゆっく
りと中に進めてきました。指がある程度入ると、そのままじっとしたままです。こっちも濡れてきてい
るのですが、かなこには意識がなくても濡れることがあることを話したことがあるので、どうやらまだ
私が気付いていないと思っているようです。

挿入した指がゆっくりと引き抜かれました。でも割れ目は押さえたままだったので、ちょっとすると、
案の定また指を挿入しようとしてきます。こんどは二本入り口に指をあててきましたが、二本は私が起
きることを恐れたのか、挿入してきたのは一本でした。

こんども指を奥までいれると、そのままじっとしています。少しすると、太腿にかなこの息遣いを感じ
ました。まさか舐めてくるつもりでしょうか。さすがにそれは起きてしまうので、どうしようかと思って
いましたが、どうやら顔を近づけているだけのようです。

私はそっと薄目を開けると、指を挿入したまま私の性器を凝視しているかなこの横顔が目に入りました。
パジャマはまだ着ていません。向こうはまだ気が付いていないようです。面白くて、そのままじっとか
なこの横顔をしばらく見ていましたが、ふとかなこが顔をあげたときに目が合いました。

見る見る顔色が真っ青に変わっていくのが面白くて、吹きだしそうになりましたがじっとこらえて少し
怖い顔をしてみました。かなこは真っ青になったまま、ブルブルと振るえだしました。体の中に入った
ままの指にも震えを感じます。

「 か な こ 」

びくっと飛び上がり、体から指も抜けました。少し痛かったです。全身がブルブルと振るえ、立ってい
るのもやっとのようです。口元が動いているのですが、何と言っているのかはわかりませんでした。
そのままかなこの肩に手を当てベッドに座らせて、押し倒します。

「かなこちゃん?」
「…ぉ、…ぉ、ぉ、おね」

有無を言わさず容赦のないディープキスを叩き込みました。窒息しろとでも言うように、口の中に舌を
入れ、唾液を流し込みます。片方の手を下着の中に入れ、割れ目を手の平で強く抑えます。太腿を閉じ
ようとするのですが、ろくに力が入っていません。手の平で何度も割れ目をマッサージします。

割れ目に指をくじり込ませると、背中がのけぞりますが、かまわず中に指を這わせます。僅かに湿って
いるような感じがしますが、よくわかりません。

「かなこちゃん、自分が何をしたかわかってるよね?」

事実上誘ったのは私でしたが、そう聞かずにはいられませんでした。返事を待たずに、人差し指、中指、
薬指の三本を入り口にあてます。

「ねえ、かなこちゃん。 私は怒ってはいないよ? でも、あんなことをされたら、私も同じことをして
あげたいんだけど。 ね、かなこ」

言っていることの意味が解ったのか解らなかったのか、全身がガクガクと震えています。
もう一度キスをしました。優しくそっと撫でるようなキスです。

「私がかなこの初めての人になってもいいよね?」

そういって額にキスをし、今度は優しくディープキスをすろと、かなこの舌も私の動きに応じてくれます。
『いい?』と訊き、わずかに頷いたのを確認すると、入り口にあてたままの三本の指を、ぎゅっと押し込
みます。背中が反り返り、悲鳴を上げようとしますが、声になりません。そのまま優しくキスをして、
無理矢理押し込んだ指でかなこの中をぐにょぐにょとかきまわすと、

「あ゙ーーーーーーーーーッッ!!!!」

やっと悲鳴を上げました。すかさず指を抜き取り、人差し指と中指をかなこの一番奥まで挿入します。
さらに背中が反り返りますが、それにかまわず先端に触れた子宮口をぐいっと押し上げます。悲鳴も途
切れ途切れになり、かなこは半分白目を向いたようになってきたので、それ以上は指を動かさずに、
そっと唇や額にキスをします。

指を引き抜くと、べったりと血がついていました。指を一舐めすると、両膝の裏に手をあて、脚を抱え
上げて出血している陰部に口をあて、舌を割れ目に押し込んで血を舐めとります。舐められたことは初
めてでしょうし、かなり暴れましたが放しません。

しばらく舐めた後、血で汚れた唇でディープキスをします。血の味がわかるのか、目を見開いて暴れま
すが、本気で拒絶しているようには見えません。血の混ざった唾液を大量に送り込むと手の平でかなこ
の口を押さえました。

「飲みなさい」

数秒間ほど涙目で私を見つめていましたが、観念したのか大人しく嚥下しました。手を放し、もう一度
口付けをします。今度は私がかなこの口の中を舌で嘗め回します。全部飲み込んでいないのか、血の味
が残っていました。

最後に手の平でかなこの割れ目を包み込むように押さえ、優しく揉み、顔や唇、首筋や胸にそっとキス
をします。でも首筋だけはたっぷりとキスの痕をつけておきました。しばらくそのままで体を重ね合わ
せていました。


夏の間は私が求めて、それに彼女が応じるという形の関係でしたが、秋ごろからは彼女の方から求めて
くるようになり、私も少し責められるようになりました。最初にも書いたとおり、最近はかなり向こう
も積極的です。

高校の試験も無事に終わり、高校に入学したら卒業もあっという間で、私はどんどんおばさんになって
いきますが、何か変わったことがあれば体験談をお話します。それでは。

オススメエッチ体験談


僕が求めているエロさと興奮は熟女が持っていますwww

お金欲しさのあまり下着撮影をしてしまいました・・・

ベロベロに酔った親友を家に送った時に・・・


おばさんのパンティを脱がしたらおまんこが濡れていましたwww

単身赴任中にバツイチの女性と付き合っていますwwwwwwww

中途採用になったちょっとポッチャリ気味の女性と・・・

好きな女の子が合宿先で犯されました・・・

人間ドックに行って元カノと再会しましたwwwwwwww

温泉に行ったら幼馴染と遭遇してお医者さんごっこをしましたwww

地方女子アナを居酒屋でお持ち帰りしてマンぐり返しでチンポをズドンwww

兄に跨がり騎乗位でエッチする妹の私・・・

ヤリチンな広告代理店社員が彼氏持ちの後輩OLを喰うwww

ツンデレ女上司と新米男性社員が社内恋愛で結婚にwww

アゲアゲ同窓会で同級生にノリで中出ししたら超怒られたwwww

マネージャーが男性部員にフェラチオして精液をごっくんwww

素人っぽい人妻風俗嬢が素股から生膣にチンポを挿れて本番SEXwww

臥位で潮吹き昇天する敏感な熟女www

ドMで濡れやすい五十路熟女がチンコをなめまわしてくるwww

部長にムリヤリ犯されて狂うほど逝かされてます。。。

渋谷でセフレと羞恥プレイした話www

連れの彼女は、めっちゃかわいくてスケベwwwwwwwwwww

異常な初体験がこんな俺にしたのか、今ではSMにすごく興味があって、ご近所の人妻たちを縛り上げてます。

あの…私、毎日オナニーしてるんですけど、異常ですよね。。。

妻の19歳当時、ナンパされ処女喪失した話を聞き出した

すごい夕立でずぶぬれだったjkを調教中な件wwwwwwww

俺と妹の童貞&処女喪失体験

合コンで知り合った新卒の女教師は抜群のスタイルでしたwww

人妻風俗店で指名した普通の主婦っぽい感じの女の子との話

酔ってしまい3つ年上のお友達とレズエッチしました

昼寝をしている私の脚の間に誰かの頭がハマってました・・・

セフレとしてキープしていた女との話

息子の友人と不適切な関係にあります・・・

初体験の相手は高校生の時に付き合っていた先輩

飲み友達の紹介でセフレができましたwwwwwwwwww

結婚して5年・・・初めての浮気をしました・・・

鉛筆使ってオナニーする女友達wwwwwwwww

Eカップの爆乳ぽっちゃり派遣社員と耐久セックスしたエッチ体験

職場の美人先輩とHしてイク瞬間に抜いて顔射wwwwwwww

唾を垂らしフェラチオしている彼女の浮気エロ動画・・・

看護婦さんが仮性包茎のオチンチンをニギニギしてくれる件wwwwww

ボーイッシュな女友達と4p乱交で童貞喪失の初体験エッチwww

カメラマンに犯されたコスプレ女子の過激な撮影会・・・

水泳の時間に女子のスポブラやパンティを漁るエロガキwww

ミニスカ生足の人妻に生ハメして種付けしたったwwwwwwwwwww

脳イキ出来る妄想エロ奥さん達と秘密の乱交パーティwww

長身のOL彼女と自宅エッチした時の話

フツメンのはず俺が高級店で童貞卒業してきた話

2年も入院し続けている彼女と夜・・・

ネーチャンとチンコが勃起したら何センチになるか測ってみたwww

BMW乗ってる巨乳美女はフェラチオ上手で生中もOKな淫乱女でしたwww

オススメエロ画像


大きなお尻がエロいJKと制服着たまま濃厚セックス画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その4

華奢なツンデレパイパン美少女のハメ撮り画像 51枚

性欲を掻き立てる白いTバックを身につけたお姉さん画像 43枚


古風な印象の大和撫子OLがドスケベだと判明したハメ撮り画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その3

メロンのような爆乳女子●生と中出しセックスする画像 51枚

三次 肉に溺れるハーレム乱交画像まとめ 63枚

下品なSEXが大好き美少女の中出し3P画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その2

淫乱な、爆乳Gカップの三十路人妻とのハメ撮り画像 51枚

トイレでエロい事してる人たちの画像まとめ 71枚

むっつりスケベなスレンダー美少女のセックス画像 52枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その1

ピンクの乳輪が可愛いEカップの制服美少女が乱れるセックス画像 51枚

三次元のリアルな乳袋画像まとめ 74枚

スレンダーなオフィスのアイドルを調教した画像 51枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア