HOME > 【男性視点体験談】 > コンビニでパンチラしている少女二人をナンパしたったwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


コンビニでパンチラしている少女二人をナンパしたったwww

関連体験談 :ナンパハーレム3P複数フェラアナル
車でコンビニへ買い物に行き駐車場へ入ったとき、

縁石に女の子が二人腰掛けていた。

二人ともミニスカートで白いパンティは丸見え。

おまけにアソコの膨らみの輪郭と縦筋が確認できるくらい

パンティを食い込ませている。

俺はラッキーなどと思いながら、わざと彼女達の正面に車を入れた。

ジュースを飲みながら会話していた二人は車の存在に気づき顔を上げた。

お互いに目が合ってしまったが、彼女達はどう見ても○学生ぽかった。

顔はまだあどけないが、アソコは成熟しているように見えた。

最近の若い娘は発育が進んでいいこと(?)だ。

俺はなに知らぬ顔で車を降りると店内に入った。

ひと通り買い物を済ませ外に出ると、

二人はまだそこにいて俺が出た瞬間こちらに顔を上げた。

今度は彼女達の顔を直視し無表情をとりつくないながら、

助手席のドアを開けると買い物袋をシートに放り込み、

車内のゴミを手に取ると再び入口わきのゴミ箱に向かう。

相変わらず彼女達のパンティは丸見えだ。

二人は会話をやめ、俺の動きを目で追っているようだ。

ゴミ箱にゴミを放り込みながら俺は考えた。

土曜の昼下がりこれからどうせヒマだし、こいつらと遊んでやっかな・・・。

そこで声をかけた。

「ねえ、そこでなにしてるの?」

二人はお互いに顔を見合わせながら、なにやらクスクス笑いこう言った。

「別に・・・。ひましてただけ。」

「ふ?んそっかー。」

「うん。そうだよ。」

「パンツ丸見えだよ。」

「やだ?エッチ?。」

「見せてくれてたんじゃないの?」

「そう見せてたんだよ。」

二人はケラケラ笑いながら答えた。

「これから予定ある?」

「なんもないよ?」

明らかに期待に目を輝かせてそう答える。

「じゃあさ、ドライブでも行こうよ。」

「え?どうしよっかな??」

「私はいいよ?。」

(待ってたクセに・・・)

「行こうぜ。俺もなにも予定ないし君達カワイイから気に入っちゃったんだよ。」

カワイイなんて言われ慣れてないのか二人ともちょっと照れた様子で

「う・・うん。」

と頷いた。

一人を助手席、もう一人は後部に乗せて山道を走った。

二人ともショートカットで、上は華奢な両肩を出したキャミソールに下はチェックのヒラヒラしたミニスカートだった。

姉妹か?と思えるくらいおそろいのいでたちだ。

大人っぽさのかけらも感じられないくらい若々しく、はちきれそうだった。

イヤラシサはさほど感じられなかったが、会話がスケベ中心に弾んだ。

ちょうど興味がある年頃なのだろう。

「ねえねえ、彼女いるの?」

「いないよ。」

「へえ、寂しいね?。じゃあやっぱりセンズリとかする?」

「いやだ?麻衣なに聞いてんのよ?。」と後部から。

「なにって恭子なんか毎日手マンしてるんだよ?。」

「してないってば?。」

「そっか?二人ともエッチ盛りだもんな。」

「盛りじゃありません。それはけんちゃんでしょ。」

最初に名前をけんいちだと告げた瞬間から「けんちゃん、けんちゃん。」と呼ばれるようになっていた。

「二人は経験ないの?」

「経験ってエッチ?」

「それしかないっしょ。」

「まだないよ?エ??ン・・・。」

「試してみる?」

「え?ほんとに?。私達みたいなお子ちゃまイヤでしょ?」

「そんなことないよ。教えてあげるよ色々。」

「え?どんなこと?やっぱ本番?」

「そーだな?。そこまで行くかな?。」

「やってみたいな?。けんちゃんって上手そうだもん。」

「上手いってもんじゃないよ。麻衣と恭子がクセになっちゃったら困るしな?。」

「そんなにいいの??」

「手マンなんてやってられないっちゅうくらい気持いいよ。」

「そーだよねー。この前、男子にふざけてオッパイ揉まられただけで気持よくなっちゃたもん。」

「じゃあこの辺でしちゃう?」

「えっ!外で・・・。」

「おお、興奮するぞ。」

「誰か来たら困るよ?。」

「こんな山奥に来ないよ。」

俺は以前もここで彼女と野外セックスを楽しんでいた。

ちょうどカーブの曲がり口に細い林道があってゆっくり走らなければ入口はわからないところがある。

俺はそこにゆっくり進入していった。

300mほど進んだ先には車が十分転回できるほどの原っぱがある。

俺はそこで車を回転させ今来た道に車の頭を向け止めた。

「ほらここなら誰にもばれないぞ。」

「ほんとだ。いいとこだね?。」

二人はあたりを見回しながら感心している。

「よし降りようか。」

俺は車を降りると同時に二人も降りてきて背伸びをした。

ハッチバックを開けて俺は荷台に座り込んだ。

「麻衣!恭子!こっちにおいでよ。」

二人は俺の前に立った。

「どうされたい?」

「え?わかんないよ。」と恭子。

二人は顔を見合わせて答えた。

麻衣が「チンチン見たい。」といきなり言ってきたので。

「いいよ。」と俺は軽く答えると立ち上がり、ズボンを一気に下げると脚から抜いた。

「キャー。」

二人は顔を両手で隠して驚いたようだ。

「ホラッ!見てみな。」

俺は両足を開いて半勃ちのペニスを二人の前に差し出した。

まだ半分皮がかむっている。

「・・・・。」

二人は声を上げることなくマジマジとペニスを観察している。

「どう?」

俺は軽くシゴきながら二人に問い掛けた。

「スゴ?イ。」

「なんかカワイイ・・・。」

徐々に慣れてきたらしい。

「初めて見るの?」

「アダルトでもモザイクかかってるのしか見たことないよ・・・。」と恭子。

「こんなに大きいのにまだ・・・。」

「触ってみて。もっと膨らむぞ。」

二人同時に手を出しかけて、引っ込めた。

「ほら、いいよ。」

今度は麻衣がおそるおそる手を延ばしてきて小さな手で握手をするように亀頭を握った。

「うっ!」

ヒヤッとしたやわらかい手が亀頭の先に触れると全身に快感が走る。

それを見た麻衣は「気持いいの?」

と聞きながらニギニギしてくる。

「すごい暖かい。なんか大きくなってきたよ。」

「私も触りたい。」恭子が言った。

「うん。」

麻衣は素直に恭子に譲った。

恭子は亀頭より下の竿をギュッ!と握ってきた。

「うわ?スゴイスゴい。」

感動しているようだ。

「なあパンツ見せてよ。」

俺が頼むと麻衣は

「うん、いいよ。」

と言ってスカートを捲り上げた。

白いレースのパンティが目の前に現れた。

「あっ!」

恭子が叫ぶ。

無理もない・・・麻衣のパンティを見てペニスはますます元気になっていく。

恭子は真顔でスリスリと俺のペニスをシゴイてくれる。

二人はいつのまにかオシ○コを我慢するように両膝を擦り合わせ始めた。

「なにモジモジしてるの?オシ○コ?」

俺がからかうと

「違うよ?。」

二人は膨れっ面をして怒った。

「アソコがムズムズするんだろ?」

「う・・・うん・・。変な感じになってきた。」

「じゃあこっちにもっと近付いて・・。」

俺は二人の腰に手を延ばして自分の両脇に引き寄せた。

最初に麻衣の頭に手を廻して引き寄せると軽くキスをする。

「うぐっ!・・・ん・・ん。」

柔らかい唇に口を被せ、上唇から下唇にかけてゆっくりと舌を這わせる。

上下の唇の間を舌先でチロチロと突き、次第に開かせると進入していった。

「あふん・・ふー・・。」

麻衣と俺の唇の間から吐息が漏れる。

麻衣の口の中を探ると柔らかい舌先に触れた。

それをすかさず舐めまわし吸い出した。

消極的だった麻衣の舌はだんだん積極的に動き出し、俺の舌に絡み付いてくる。

お互いに唇を貪りあってから唐突に唇を離すと

麻衣はふらふらして倒れそうになった。

膝がガクガクしているようで、俺に支えられてやっと立っている。

今度はさっきから二人のディープキスを横目で見ながら、今だにペニスを握っている恭子にキスをした。

恭子は最初から積極的だった。

唇が触れた瞬間から舌が延びてきて麻衣とは逆に俺のほうが先に舌を入れられてしまった。

唇を離れて頬を伝い、耳たぶを軽く噛んでやった。

耳の穴に熱い息を吹きかけ、ニュルッ!と舌を入れて離した。

恭子も膝をガクガクさせながらやっと立っている。

「どう?」

「・・・・。」

「声も出ないの?」

「だってスゴイんだもん・・・。」やっと声を絞りながら麻衣が答えた。

「刺激・・強すぎるよ・・・。」

と顔を真っ赤にして麻衣が言った。

「よしよし、もっと気持ちよくしてやるからな。」

俺は二人のスカートの中に同時に手を突っ込んで、パンティの上から膨らみの表面を撫でまわした。

ムニュムニュと弾力がある膨らみを押したり摘んだり。

パンティの表面は陰毛でゴワゴワした感触が手につたわってくる。

二人とも声を殺して半開きの口から吐息を漏らしながら耐えているように見えた。

二人同時にパンティの前面から下の方へ指を這わせていく。

土手を越えて窪みへ到着すると、二人ともパンティを通してアソコはヌルヌルになっていた。

中指の先端のお腹でそこに円を描く。

「うん・・う・・んん・・」

「気持いい?」

「うん。気持ちいい。」と麻衣。

「うん。いい・・・。」ほぼ同時に恭子。

二人とも両手で俺の腕を掴んで、胸を突き出し若干腰を後ろに引いて立ちながら指の感触を味わっている。

「もうちょっと脚開いてみて。」そう言うと二人は素直に同時に肩幅ほど脚を開いた。

「よしよしいい子だね。」

俺はそう言いながら指を少し手前に戻し、突起を探した。

「あん。」

土手の少し奥にコリコリした突起を見つけた。

「麻衣と恭子の場合経験不足だからクリちゃんが気持いいだろ?」

「う・・うん・・一人エッチの時ソコばっかり触っちゃうんだよ。」恭子が答えた。

パンティ越しに爪でコリコリと前後にクリトリスを刺激してやった。

「あっ!やっ!だめ!だめだめだめ・・・。」

「なんで?」

「だめだよ。けんちゃんそんな・・あっ!」

二人とも今にもその場に崩れそうになっているのを必死に耐えている。

腰が下がって脚は膝を合わせながらX脚状態。

太腿はかすかに痙攣している。

「オシ○コ出ちゃいそだよ。ヤダ?。」麻衣が訴える。

俺は意地悪してやろうと指の動きを麻衣だけ早くしてやった。

「だめだめだめ・・・出ちゃう出ちゃうよ?グスン」

麻衣は半べそ状態で訴えかける。

「いいよ。出しちゃえよ。気持ちいいぞ。」

「イヤ?恥ずかしいよ?。」

そう言った途端、麻衣はシャッ!シャッ!と少しオモラシをしてしまった。

サラサラした液体が俺の手にかかり、麻衣はその場に座り込んでしまった。

そんな様子を横で見ながら恭子は麻衣を助けることが出来ずに俺の指責めを受けつづけている。

「マ・・イ・大丈夫・・あん。」

俺は恭子の股から手を抜くと立ち上がって麻衣に近付いた。

急に支えを失って恭子は膝に手をついてなんとか座り込むのを耐えた。

俺は麻衣の横にしゃがんで肩に手を廻すと

「ゴメンね。大丈夫か?」

と声をかけた。

「・・・・。」

麻衣は顔を伏せて黙っていたがすぐに

「う・・ん。」と一言。

「気持良すぎたのかな?」

「うん・・・良すぎ・・。」

どうやら心配ないようだ。

「こんなの初めて・・死んじゃうかと思った。」

「大丈夫。立って。」

俺は麻衣の両脇に手を入れて立たせると車の荷台に座らせた。

「汚れたから脱ごうか。」

そう言ってスカートに手を入れてパンティを脱がせにかかると、麻衣は自分から腰を上げて脱ぎやすくしてくれた。

ビッショリと濡れたパンティは途中、脚に引っかかったが何とか脱がすことが出来た。

太腿の奥のオ○ンコはまだ誰にも汚されていないピンクの口をパックリと開いていた。

上縁のクリトリスは皮をかむったままでありながらビンビンに勃起している。

「綺麗にしてあげるよ。」

そう言って俺は麻衣の両脚を抱え上げるとオ○ンコを露出させて、口を近づけていった。

若いツ?ンとした匂いが鼻をくすぐる。

「エッ!汚いよ・・・。」

「大丈夫だよ・・・。」

そう言いながら麻衣の小さな割れ目を下から上までベロンと舐め上げる。

「あっ!」

ソコはオモラシのせいで塩っ辛かった。

すかさず小さなオ○ンコをパックリと口に含むようにして割れ目を舐めまわす。

愛液が奥からトロトロ溢れてきて唾液と交じり合い、滑らかに舌が動く。

「あ???ん。あ・・・ん・・あんあんあん・・」

麻衣の両手が俺の頭を掴み引き離そうとするが、かまわず俺は続けた。

じゅぱっ!じゅるるるるるる・・・れろれろれろれろ・・・

「いや???・・・」

麻衣はイッた様子ではなかったが、あまりの責めにグッタリと身体を横に倒した。

俺はオ○ンコから口を離すと恭子の方に振り返った。

恭子は頬を真っ赤に染めて、瞳を潤ませ両脚で両手を挟み、モジモジしながらこちらの様子をズッと見ていたようだ。

俺と目が合うと身体を一瞬硬直させた。

「同じようにされたい?」

俺が聞くと

「わ・・わかんない・・・。」

とつぶやいた。

「怖くないからこっちにおいで」

と手を延ばすと股に挟んでいた右手を差し伸べてきた。

俺は恭子の手を引き自分のほうへ引き寄せると、再びキスをする。

「う・・んぐ・。」

恭子とさっきのように濃厚に舌を絡ませ唾液を吸いあった。

処女とは思えないくらい積極的な恭子の舌の動きに俺のほうが頭の中がクラクラしそうだった。

俺は荷台に座り直し、正面に恭子を立たせるとスカートに両手を入れてお尻のほうからパンティを下げた。

弾力のある少し固めの尻の表面を撫でるようにパンティを下げていく。

膝のあたりまで下げたところでパンティはストンと足首まで落ちた。

恭子は片足づつ上げながらパンティを脱ぎ去った。

恭子の割れ目を指でなぞる。

「あっ・・・・。」

手探りで陰唇の形がわからないくらい恭子のオ○ンコはグチュグチュに濡れてトロトロにとろけそうになっていた。

俺は麻衣とは違いゆっくりやさしく愛撫を続けた。

「気持ちいい?」と聞くと恭子は目を閉じたまま

「う・・ん。」とかの鳴くような声で答える。

くちゅくちゅくちゅ・・・・

恥液と肉ヒダが絡みつくようなねばっこい音が鳴り始めた。

恭子は俺の両肩に手を乗せて器用な俺の指の動きを堪能している。

落ち着いた様子の麻衣が状態を起こして俺によしかかってきた。

恭子の様子をじっと観察している。

「麻衣・・・。」

「なに??」

「恭子のオッパイ揉んでやれよ。」

「うん。」

麻衣は両手で恭子の左右のオッパイを不器用に揉み始めた。キャミソールに皺がより

麻衣の手の間から勃起した乳首が布を通して確認できた。

「あ??恭子ったらまたノーブラだ?。」

「いやん。」

「恭子って大胆だな?。」

「恭子って時々ノーパン、ノーブラでいるよ。」

「変な・・こ・・と・・あん・・言わない・・で。」

「ほんとだもん。」

麻衣は悪戯っぽい目をしながらそう答える。

「恭子のオッパイって大きいよね。」

麻衣は羨ましそうにそう言いながらグニュグニュと恭子の胸を揉みつづける。

肩紐のないキャミソールはズルズルと下がりだし、恭子の乳房はもう半分以上露出していた。

ピンクの乳輪が現れて中央の乳首はピンッ!と突き出している。

麻衣はそこをすかさず指で摘むとコリコリといじり出した。

「あ?ん・・・麻衣・・ダメ??。」

ひねったりつねったり指で転がしたりと麻衣は嬉しそうに恭子の乳首を弄んだ。

キャミソールは腹まで下がり今や恭子の身に付けている衣類は腰のあたりだけになってしまった。

俺はいったん手を抜いてキャミソールとスカートを一緒に下にズリ下げ、恭子を丸裸にしてやった。

「いや?ん、恥ずかしい?よ?・・。」

山の中の広場で恭子は生まれたままの姿になっている。

もっとも俺も下半身丸裸で股間のペニスをギンギンにいきり勃たせているのだが・・。

若いだけあって恭子の全身は弾けそうなくらい弾力があり、肌はすべすべに透き通りそうなほどだった。

ただヘアはちょっと濃い目でこのまま水着を着ればきっとはみ出すだろう。

「麻衣も脱げよ。」

俺がそう言うと麻衣はそそくさと脱ぎ出し、あっという間に裸になった。

麻衣の乳房はちょっと小ぶりだったが形がよく張りがあった。

ヘアも薄くて光の加減では生えていないようにも見える。

まだまだ発育途中といった感じだ。

それに比べると恭子はやはり成熟しているほうなのだろう。

「けんちゃんも全部脱ごうよ。」

麻衣はそう言うと俺のTシャツを脱がしてくれた。

こうして三人は屋外で素っ裸で性器をいじりあった。

俺の右手はトロトロとめどもなく溢れる恭子の愛液でドロドロだった。

「麻衣もまたして欲しくなってきちゃったな・・。」

麻衣が甘えた声でそうつぶやく。

「後でまたやってやるからチンチンで遊んでなさい。」

俺がそう言うと麻衣は嬉しそうに

「うんっ!」

と答えた。

「けんちゃ?ん、先っちょから汁が出てるよ。」

「男も興奮すると濡れちゃうの。」

「へ?知らなかった?。」

そー言いながら麻衣は俺のペニスをニギニギしたりビョンビョン弾いたりしながら遊び始めた。

「すご?い。かた?い。」

楽しそうだ。おまけにこっちは最高に気持ちいい。

「フェラしてみよっかな・・。」

そう言うか言わないかのうちに麻衣は亀頭をペロペロ舐め出した。

「どう?」

背筋をゾクゾクとした快感が走り抜ける。言葉にならない。

麻衣はアイスクリームでも舐めるようにペロペロと亀頭を繰り返し舐め上げている。

なかなか咥えてくれず、焦らされているようでたまらない気持になる。

俺はたまらず恭子の上半身を力強く引き寄せ、ちょっと乱暴に乳房に貪りついた。

「いやあん・・・。」

口いっぱいに恭子の大きめな乳房を頬張り、必要以上に乳首を舐めまわす。

クリトリスをこねている指にも力が入り、激しく前後左右に擦り続けた。

「あんっ!あんっ!あんっ!あんっ!・・・あ・・あ・・だめ・・強すぎる・・。」

恭子は両手に力を入れて俺の肩をギュッ!と掴んでくる。


クチュ!クチュ!クチュ!クチュ!クチュ!クチュ!クチュ!クチュ!・・・・

「はあはあ??ん。いいよ?気持ちいい・・・。」

その時パクッ!麻衣がとうとう亀頭をくわえ込んだ。

ジュルジュル吸うといったテクニックは当然使えないが、口の中で一生懸命亀頭の周囲に舌を絡ませてくる。

「うぐっうぐっ」

俺のガマンは限界に達していた。

「もうだめだ・・・。入れていい?」

顔を上げて恭子に聞いてみた。

「うん・・・。入れてみたい・・・。」

恭子は恥ずかしそうにそう言ってくれたので俺は麻衣の口からペニスを抜き取ると立ち上がって、恭子の後ろに回った。

恭子には荷台に手をつかせてお尻を突き出させる。

「じゃあ行くよ・・。」

「・・・・。」

俺はペニスを握って亀頭をゆっくり割れ目に押し当てた。

「あっ・・・。」

すぐには入れずに恭子の陰唇、クリトリスに亀頭を擦りつける。

ニュルニュルした感触を味わいながらペニスの先端に恥液を塗りつける。

じれったいのか歯がゆいのか恭子は自分からお尻をモゾモゾと動かしている。

麻衣はその瞬間を今や遅しと凝視している。

散々遊んだ後で、とうとうねらいをつけポジションをとると、ゆっくりとペニスを突き刺していった。

ぬぷぷぷぷぷ・・・・

吸い込まれるように亀頭が飲み込まれ、陰唇が絡みついてきた。

中はジットリと暖かく、ホントに処女?と思うくらい滑らかに入っていく。

1/3ほど入った。

恭子の内壁がキュッキュッと亀頭を締め付け収縮している。

そこで進入を止め

「痛い?」

と聞いてみると恭子は

「ぜんぜん大丈夫・・。でも変な感じ。身体いっぱいになんか入ってきたって感じ?かな?」

恭子は意外に平然と感想を述べた。

逆に麻衣は俺と恭子の結合部分をマジマジと見ながら固まってしまった。

俺は恭子の腰を掴んだまま更に腰を前に突き出し、ペニスを挿していった。

ずぶぶぶ・・・。

「はあっあ???ん。」

指一本ほどの間隔を残して奥まで達したようだ。

恭子のヴァギナがキュ?っとペニスを締め付けてくる。

そのたびにアナルがキュッとしぼむ。

流石に締まりはいい・・・。

次にゆっくり抜いていく。

恭子のオ○ンコは抜かれるのを拒むようにますます締め付けてくるようだ。

「あっあ?ん・・あ・・あん・・あ・・。」

抜く時はカリが引っかかって違った快感があるらしい。

かろうじて抜けるか抜けないかのところまでペニスを引き抜いて、再び挿していく。

あくまでもゆっくりとあせらず・・・。

こんにスローなピストンは始めてかも・・。

「早くしてみるかい?」

「う・・ん。もっと早く・・・。」

「よし。」

俺は2倍くらいにペースを上げてピストンを始めた。

ブチュ!くちゅくちゅくちゅ・・・

淫靡な音が響き始める。

「あんあんあんあんあんあんあんあ・・・あっ・・あ・・んん?あ?いい・・・。」

「気持ちいいい?」

「いいっ!最高!」

あまりの気持ちよさに俺はイキそうになってきた。

そこですかさずペニスを抜く。

とたんに恭子はグッタリと身体を荷台に落とした。

次に麻衣のほうを向き

「次は麻衣の番。」と言った。

麻衣はコクッと頷く。

「麻衣は俺の上に乗って・・・。」

「え?どうしたらいいかわかんないよ?。」

「大丈夫。」

俺は荷台に腰掛け、麻衣の手を引いた。

麻衣は荷台に乗るとオシ○コをする時のように俺の股間に跨ってしゃがんだ。

「そうそう。」

「え?と・・・次はどうしたらいいの?」

麻衣のオ○ンコの位置を合わせて引き寄せるとペニスをあてがった。

ちょうど素マタのようにピッタリと割れ目にペニスの裏を合わせる。

「まずは練習。」

そう言うと麻衣の腰を掴んで前後にゆすってやった。

「えっ!あん。あ??ん」

麻衣の割れ目にペニスが挟まったような感じで前後に擦られる。

裏筋にビラビラと勃起したクリトリスが往復して擦りつけられる。

そうしているうちに手の力を抜くと麻衣は自分から腰を前後に動かしていた。

「いいぞ?その調子・・・。」

「こう?こうでいいの・・・あん・・ん・・気持いいの?」

ペニスとオ○ンコの密着した部分を覗き込むとパックリと割れた先端のほうにビンビンになったクリトリスが見えた。

最高の眺めだ。

「あ?いい気持ちいい?・・・。」

ぴちゃぴちゃぴちゃ

「そろそろ入れてみようか。」

「えっ。」

「大丈夫。チンチン握って入れてごらん。」

「う・・うん。」

麻衣は腰を浮かすと亀頭のすぐ下を掴んで自分の入口に入れようと試みた。

なかなか上手くインサートできず、手を貸してやった。

上手く入口に亀頭が当たったので

「そうそこ。そのままゆっくり腰を落としてきて。」

と言ってやると、麻衣は言われたとおり腰を落としてきた。

亀頭まで入ったところで

「なんか怖いよ?。」

と言うので俺は上半身を起こすと、

麻衣と向き合いキスをしながら麻衣のお尻を掴んで支え、

ゆっくりと挿入していく。

「あっ痛い・・。」

「大丈夫・・・力抜いて。」

「うん。」

そしてさらに突き進む。

麻衣は眉間に皺を寄せて耐えている。

ずぶぶぶぶ・・・

とうとう奥まで到達。

麻衣は両手を俺の首に廻してギュ?と抱きついてくる。

「痛いかい?」

「うん・・・ちょっと、でもなぜか気持ちいい・・。」

「そうか・・・。」

恭子と違い激しくピストンはできそうもないので、

下から揺するように微妙に腰を動かしてやった。

「あんあんあんあんあああああん・・・んあ・・あ・・いい・・」

徐々に快感がこみ上げてきているようだ。

「さっきみたいに腰を動かしてごらん。」

そう言うと麻衣はけな気にも不器用に腰をクイクイと動かし始めた。

「あ・・や・・ん・あんあんあっあっいい・・いい。」

すっかり麻衣はセックスを楽しんでいる。

「あ??すごい。けんちゃん大きい・・・。」

麻衣の腰は徐々にテンポよく激しくグラインドする。

俺はもうギリギリ限界だった。

もうイ・・ク・・。

麻衣のオ○ンコからペニスを抜き取った。

「あ?んもっと?。」

「ダメ!もういっちゃうの。」

そう言うと俺は立ち上がり

「ほら見てみな。これがセンズリ。」

そう言いながら二人の前で二人の愛液でドロドロになったペニスをしごいた。

「かけてやるから近くに来いよ。」

そう言うと二人はペニスに顔を近づけてきた。

「顔射してほしいのか?」

「いや?エロビみた?い」

「ほらほら・・・いくっ!いくいくいくいくいくぞー!」

「あんスゴイ・・・」

「キャッ!」

ドピュッ!ピュッ!ピュッ!

俺は二人の顔めがけて交互に液をブチまけた。

「ほら。口あけろ!」

二人は素直に口を開いて舌先を出す。

ドロドロのザーメンで二人の顔と口は汚れた。

「スゴ?イ。出る瞬間見ちゃった?」

二人は嬉しそうに歓喜の声を上げた。

急に脱力感が襲ってきて、俺は二人に寄りかかった。

そうして1ラウンドは終了。

二人の処女は無事貫通。

それから俺は二人にすっかり気に入られ、二人とも もともと持っていた淫乱な部分を開花させたおかげで、

それからの時間はタップリとエッチを堪能したのだった。

オススメエッチ体験談


僕が求めているエロさと興奮は熟女が持っていますwww

お金欲しさのあまり下着撮影をしてしまいました・・・

ベロベロに酔った親友を家に送った時に・・・


おばさんのパンティを脱がしたらおまんこが濡れていましたwww

単身赴任中にバツイチの女性と付き合っていますwwwwwwww

中途採用になったちょっとポッチャリ気味の女性と・・・

好きな女の子が合宿先で犯されました・・・

人間ドックに行って元カノと再会しましたwwwwwwww

温泉に行ったら幼馴染と遭遇してお医者さんごっこをしましたwww

地方女子アナを居酒屋でお持ち帰りしてマンぐり返しでチンポをズドンwww

兄に跨がり騎乗位でエッチする妹の私・・・

ヤリチンな広告代理店社員が彼氏持ちの後輩OLを喰うwww

ツンデレ女上司と新米男性社員が社内恋愛で結婚にwww

アゲアゲ同窓会で同級生にノリで中出ししたら超怒られたwwww

マネージャーが男性部員にフェラチオして精液をごっくんwww

素人っぽい人妻風俗嬢が素股から生膣にチンポを挿れて本番SEXwww

臥位で潮吹き昇天する敏感な熟女www

ドMで濡れやすい五十路熟女がチンコをなめまわしてくるwww

部長にムリヤリ犯されて狂うほど逝かされてます。。。

渋谷でセフレと羞恥プレイした話www

連れの彼女は、めっちゃかわいくてスケベwwwwwwwwwww

異常な初体験がこんな俺にしたのか、今ではSMにすごく興味があって、ご近所の人妻たちを縛り上げてます。

あの…私、毎日オナニーしてるんですけど、異常ですよね。。。

妻の19歳当時、ナンパされ処女喪失した話を聞き出した

すごい夕立でずぶぬれだったjkを調教中な件wwwwwwww

俺と妹の童貞&処女喪失体験

合コンで知り合った新卒の女教師は抜群のスタイルでしたwww

人妻風俗店で指名した普通の主婦っぽい感じの女の子との話

酔ってしまい3つ年上のお友達とレズエッチしました

昼寝をしている私の脚の間に誰かの頭がハマってました・・・

セフレとしてキープしていた女との話

息子の友人と不適切な関係にあります・・・

初体験の相手は高校生の時に付き合っていた先輩

飲み友達の紹介でセフレができましたwwwwwwwwww

結婚して5年・・・初めての浮気をしました・・・

鉛筆使ってオナニーする女友達wwwwwwwww

Eカップの爆乳ぽっちゃり派遣社員と耐久セックスしたエッチ体験

職場の美人先輩とHしてイク瞬間に抜いて顔射wwwwwwww

唾を垂らしフェラチオしている彼女の浮気エロ動画・・・

看護婦さんが仮性包茎のオチンチンをニギニギしてくれる件wwwwww

ボーイッシュな女友達と4p乱交で童貞喪失の初体験エッチwww

カメラマンに犯されたコスプレ女子の過激な撮影会・・・

水泳の時間に女子のスポブラやパンティを漁るエロガキwww

ミニスカ生足の人妻に生ハメして種付けしたったwwwwwwwwwww

脳イキ出来る妄想エロ奥さん達と秘密の乱交パーティwww

長身のOL彼女と自宅エッチした時の話

フツメンのはず俺が高級店で童貞卒業してきた話

2年も入院し続けている彼女と夜・・・

ネーチャンとチンコが勃起したら何センチになるか測ってみたwww

BMW乗ってる巨乳美女はフェラチオ上手で生中もOKな淫乱女でしたwww

オススメエロ画像


大きなお尻がエロいJKと制服着たまま濃厚セックス画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その4

華奢なツンデレパイパン美少女のハメ撮り画像 51枚

性欲を掻き立てる白いTバックを身につけたお姉さん画像 43枚


古風な印象の大和撫子OLがドスケベだと判明したハメ撮り画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その3

メロンのような爆乳女子●生と中出しセックスする画像 51枚

三次 肉に溺れるハーレム乱交画像まとめ 63枚

下品なSEXが大好き美少女の中出し3P画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その2

淫乱な、爆乳Gカップの三十路人妻とのハメ撮り画像 51枚

トイレでエロい事してる人たちの画像まとめ 71枚

むっつりスケベなスレンダー美少女のセックス画像 52枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その1

ピンクの乳輪が可愛いEカップの制服美少女が乱れるセックス画像 51枚

三次元のリアルな乳袋画像まとめ 74枚

スレンダーなオフィスのアイドルを調教した画像 51枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ 二穴 バレないように オシ●コ 肉●器 ラッキースケベ 獣● トラウマ DQN 還暦 ママ友 上司の嫁 マット  3P バイアグラ 土下座 お客 友達の妻 妻の姉 お盆 M字開脚 性接待 相互鑑賞 サッカー部 剣道部 美容師 隠し撮り 再婚 オナホ 男の潮吹き 地味 本気汁 イメプ 医師 手錠 ボーイッシュ 聖水 近所 近○相姦 豊満 お局 4P 鑑賞 素人 貝合わせ クスコ 美少女 ギャップ 花見 喧嘩 兜合わせ テント 脱衣 ドレス 自撮り 講師 顧問 ヘタレ 美術部 マンスジ マニア ストッキング 新婚 モテ期 ゴルフ ベランダ メガネ アクメ チンぐり返し 春休み 神社 レ○プ ノンケ 団地妻 尾行 ボランティア 性教育 テニス 愚痴 夫の上司 放置プレイ プレゼント 教育実習 アフター ヒッチハイク 先輩の母 SM アヘ顔 継母 逆痴● メンズエステ 実家 コテージ 避妊 金髪 北海道 背面座位 不妊症  釣り 友達の夫 スカウト 回春マッサージ 騎上位 マンぐり返し ゴルフ場 ハミ毛 染みパン シングルマザー グラドル リハビリ OL 接骨院 ストレス 相互オナニー オムツ  遭遇 パワハラ 恋人交換 一人暮らし 拡張 姫初め 帰省 割り切り マジックミラー レオタード オーナー 隠撮 チンカス 発見 性生活 ボーナス 唾液 ブサメン 小悪魔 自転車 女神 スケベ椅子 挑発 台湾人 ムチムチ パジャマ 寝起き 流出 ホットパンツ スケスケ 両親 イジメ 初夜 黄金 罵倒 マイクロビキニ 逆●漢 友達の奥さん エロ動画 台湾 喪女 手術 ファザコン アラフィフ 飲● 添乗員 DJ 野菜 倦怠期 写真 キチガイ 搾乳 目の前 新年会 ニーハイ 韓国 ぎっくり腰 M字 便秘 弁護士 首絞め 独身 同期 彼女もち グラビアアイドル 租チン  柔道部  女風呂  婚活 団地 チアリーダー グラマー ロリ系 俳優 仲居 上司の妻 盲腸 Fカップ 立ちション ライブ 弓道部 現地妻 恐怖 将棋部 回春 お見合い jk 産婦人科 皮オナ バキュームフェラ エレベーター 夫の同僚 エロ漫画家 スポーツクラブ 黒髪 小柄 役員 パパ友 ぱふぱふ 夫婦喧嘩 オーストラリア 美尻 唾液交換 ジョギング 貧乏 レ〇プ  ガムテープ フェス 姉の夫 ライブハウス ペット 仁王立ち フツメン M性感 バレー部 社長夫人 床上手 ロープ 流産 竹刀 チャイナドレス 竿付き 生保レディー 露天 リア充 臭い 新幹線 美女 苦痛 タレント 婚約者 ペニスバンド 屈曲位 マッチョ ソープ嬢 無精子症 集団 ニート 友達の父 マラソン 生徒の母 臭いフェチ ボンテージ 別荘 ノロケ エロ写メ 潔癖 エロ画像 言いなり ハメ潮 左遷 エロなし オナペット 知り合い ご奉仕 フィリピン人 スパッツ タイツ 直穿き エロ本 ギター 夫の兄 姉妹●姦 女湯 体育館  自虐 ホテトル 子作り 電話中 M男 母子交換  従姉妹の娘 ハプバー 友達夫婦 友達の旦那 イメプレ 元カノの妹 警察 無修正 トラック お姉さん 上司の奥さん う●こ エロゲー ふたなり ハワイ ブラチラ ペニクリ スカイプ 閉経 三角関係 腕枕 出会い喫茶 喪男 彼氏交換 即ハメ 背面騎乗位 ナプキン 先輩の奥さん 隠しカメラ 金持ち 免許 主人 性感帯 ボクシング部 元嫁 出張ホスト 片思い ハイボール おもてなし 大家 コスプレ巨乳 出勤前 弟の妻 黒タイツ ボディービルダー ワカメ メガネ屋 ボディービル デルヘル 自暴自棄 70代 自慢 制裁 喘息 イカ臭い 老婆 禁欲 フィギュアスケート部 早熟 ローライズ キス魔 鷲掴み プロレス 腰痛 人助け オリモノ フィジー クォーター バレンタイン 姉妹交換 ドクター TV電話 社長婦人 靴なめ ぢゃ性 腐敗 阿鼻叫喚 15P まんぐり返し 渋滞 相部屋 ボーリング オプション 武勇伝 ハイグレ 車検 母の妹 マリッジブルー ローソク ムチ むっちり 生き別れ カマトト かりまん 出合い系 転校生 姉妹相姦 ユルマン おあずけプレイ ラノベ 健全 脇舐め キッチン ポロリ パーカー 一気 インドネシア人 テクニック ネパール人 フタナリ パイチラ 密会 中性 おへそ 無料 マイナー 勇気 韓国エステ 焦らしプレイ パトロン 同伴 性上位 気絶 吊り橋効果 バスケ バージン おねしょ 全身リップ 訪問販売 せどり 祖母 紳士 近○相○ 竿姉妹 種違い 人参 谷間 恋人 便器 カミングアウト 出禁 蟲姦 星姦 オーディション ローカルテレビ 企画 寝落ち 乱暴 ゴミ箱 塾講師 自尊心 使用済み リフレクソロジー ラブレター 先輩の妻 共依存 メス豚 ノルマ ブラック企業 胸糞 妻の友人 ピーナッツ エアロビクス 義理の娘 お花見 背徳感 料理教室 バナナ バスタオル 精液便所 宴会芸 長ネギ 地獄 我慢 性○隷 ハードセックス 宿題 チキン 寝起きドッキリ チンピラ 配信 男子禁制 日系ブラジル人 絶縁 保育園 バストアップ 体操部 想定 正月明け 儀式 失笑 悪酔い 神秘 嬢王様 IUD パラダイス 無臭 女子プロレスラー 水泳教室 アスリート女子 ぶっけけ マッサージ師 興奮 インフルエンザ バイブフェラ ブーツ 汚物 母子家庭 乳がん 処理 屈辱的 診察台 四つんばい お祝い 脱サラ 性感エステ 草食系男子 キモメン 泥沼 助手 ファン ポッチャリ 職権乱用 オタク女子 ケツ毛 同性愛 上目遣い ランデブー シラフ 口臭 洗濯バサミ 避妊リング 看板娘 主張 射精管理 マンション 介護 支配 サランラップ 東京 伊豆 ちんぐり返し 彼女の弟 婚約 ネットH  他人棒 号泣 悲惨 目覚ましフェラ 近●相姦 読者モデル 事務 元ヤン 歳下女子大生 筋肉フェチ  寝盗られ 夏フェス ニューカレドニア サイクリング 性同一性障害 ネイリスト パリ 乳首舐め 音声 お小遣い 引き籠もり バット カウンセラー 発熱 彼女の父 顔舐め 編みタイツ ギャル男 サーファー 狸寝入り ひとり暮らし 狭射 ハイレグ 友達の叔母 台所 チクニー 実験 シックスナイン 旦那の弟 ゴーヤ スクール水着 ストリッパー トレーニング 行水 頬ずり  軽蔑  SNS ごっkん 生理不順 プリクラ スナックのママ 虐め 山岳 ジジイ 乳コキ 校長 メタボ 交尾 カツアゲ 日焼け 録音 兜合せ 逆セクハラ 後輩の妻 胸毛 風習 中だし 倒産 恋愛禁止 吹雪 壁ドン 美少年 ジーパン 後輩の男友達 ハシゴ  男湯 シンママ 社員 生本番 芸能 半陰陽 マンコ セリクラ 親切 マンカス ママ  同時イキ チア部 カナダ 芸能事務所 同期の妹 悶絶 新婚初夜 無礼講 貸切 ニーソ 万馬券 飛行機 10P 塩対応 染み 控え室 仕事 穴あきパンティ 股間 新婦 ポニーテール 刑務所 彼女交換 ソーセージ トライアスロン 押入れ セフレの友達 立ち合い パーティー 年越し 旦那の同僚 プレハブ 主人の友達 従姉妹の彼氏 t乱交 おままごと パプニングバー 先輩のセフレ 彼女不倫 B専 アメフト部 不妊治療 トップレス すっぴん ボクサー 露出b ハイキング 彼氏の妹 飲酒 3穴 仲直り 輪● 彼の家 6P 不貞 グアム 長文 7P  騎馬戦 近親相●姦 玉舐め 全盲 妹夫婦 セレブ 屋台 アナル責め AV GW CA 義理兄 絶叫 バレーボール部 ブルセラ こたつ 2ch 別居 リンチ 予備校 研修 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ 断捨離 OB 再従兄弟 アナルうんこ ハゲ 指フェラ 心身 従兄弟の嫁 友達の家 百合 兄の娘 兄弟 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 妊活 スロベニア人 読モ 密室 テレビ チアガール 義息子 正座 イメチェン オナネタ 娘の夫 彼女の過去 サンタ 書道部 延長 相撲 息子の先輩 同僚の妹 アレルギー 卓球部 社長の息子 スノボー 婿 バドミントン部 公認 試験 出会い ケジメ 馬鹿 プラトニック ニュージーランド人 アメリカ サクラ 中継 テニススクール 部室 音信不通 母子○姦 近親○姦 チーママ 排泄 下品 貯金 スノーボード バンガロー 小説風 逆ギレ 不満 女優 ポカリ 元旦 セカンドバージン 悪臭 メガネっ娘 アイマスク キュウリ 摘発 コスプレイヤー パンパン 謝罪 女店主 ラーメン屋 姉の同級生 ダブルブッキング ペンション インモラル バンコク サプライズ 処女初体験 シミ付き コーヒーショップ 娘の担任 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 シングルファザー 初潮 年始 本気 フェラテク 不潔 検査 セミプロ サドル 大学受験 くじ引き ホームセンター ボクシングプレイ 通勤 婚活サイト 報告 寄付 利子 アナルファック 廃墟  ソフトテニス部 お清め 恨み 敬語 自棄酒 苦情 賞品 セフレ交換 色弱 最初で最後 エクササイズ キャットファイト 初対面 暴発 レディース SMクラブ ウェディングドレス 生意気 カンボジア 腐れ縁 空家 角オナニー 出前 お化け屋敷 整体師 27P 保護 セックス依存性 リンパ 留守番  白髪 叔母さん バツ2 けじめ マジキチ サスペンダー スワッピングクラブ  自縛 介護士 チン蹴り 人間不信 覚醒 フィリピンパブ コレクション 収集 肩書き ガン  ガーゼ twitter レディコミ お店 鮫肌 友人の嫁 同い年 ぼったくり インテリ 知的 退職 精液検査 おなら 宿直 ハダカ 憧れ 婚前 限界 会長 牛乳 森ガール 添い寝 MオンナS男 犬プレイ タトゥー 食事 テスト勉強 GloryHole ビーチボール アダルトグッズ 図書委員 委員会 美容院 無抵抗 ヘルパー 狂気 Skype バニーガール ジャージ 運動会 不眠症 ボクっ娘 ヤンママ 鍋パ 寝顔 キャッチ 白ギャル 医学部 伏せバック 脚フェチ シ○タ 半勃ち オジサン 男子校 おなべ 浮気相手 友達の兄 シンガポール 眼鏡 娘の元カレ で四つん這い テニスコート 足ピン パフパフ 看護学生 クリーニング  下宿 夫の従兄弟 監視 逆玉の輿 オン欄 出血 レストラン 腋毛 白衣 貧乏神 ハローワーク カレー屋 葬式 帰国 貸出 上級生 精神科医 セックス依存症 猫耳 交換 

フリーエリア