HOME > 【人妻体験談】 > 妻にせがんで、過去の男とのエッチ話を聞かせてもらうようになりました。
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


妻にせがんで、過去の男とのエッチ話を聞かせてもらうようになりました。

関連体験談 :妻の過去スカ●ロおし●こ
妻の愛美にせがんで、

過去の男とのエッチ話を聞かせてもらうようになりました。

最初は最高のオカズだったんですけど、

何度も聞いてるうちに新鮮味も少々薄れ気味です。

結婚前に愛美が付き合った男の数もそう多くもないし、

昔の話だと忘れちゃってることも多いしね。

いっそのこと、浮気でもしてきてくれないかと頼んでみようかしら。

新鮮味が薄れたとはいえ、やっぱり萌えちゃう愛美の過去。

その愛美がリアルに浮気をしたら・・・想像しただけで勃ちまくり。

ネットで探せばそのテの体験談は山ほど見つかるけれど、

本気で実践してみようと考えたらそう易々とは踏み切れない。

だいいち愛美が言う事聞いてくれるかどうか。そこが最大の難所です。

3ヶ月ほど悩みまくった末に決めました。

断られたらきっぱりあきらめよう。でも、言うだけでも言ってみようと。

うちでは毎週土曜日の夜がエッチの日。

晩御飯を食べたらダラダラと二人でTVを見、紅茶を飲んだらお風呂に入って、11時くらいからエッチスタートって感じです。

その日もいつも通りの流れで、まったりエッチが始まりました。

「・・・あっちゃん、今日も何か聞きたい?」

いい感じにエッチモードになった愛美が、僕のちんちんをいじりながら聞いてきました。

この雰囲気なら、話しても素直に聞いてはくれそうです。

たとえ断られるとしても、機嫌悪くなったりはしないと思うし。

よし決行!

僕 「ねえねえ愛美はさ。浮気とかしてみたくない?」

愛美「ん?」

僕 「他の人とエッチとかさ」

愛美「・・・え、あたしが?」

僕 「そう」

え~とか言いながらちんちんをニギニギしたり、タマタマを引っ張ったりしてる愛美。

愛美「・・・誰かとそういうことして欲しいの?」

僕 「え、うん。ちょっと・・・」

愛美「・・・昔の話だけじゃ足りなくなっちゃった?」

僕 「え、まあ」

愛美「ふ~ん、そうなんだ」

ニギニギ。しこしこ。

ソフトな反応です。うん、悪くない。

なんかいけるかも。期待と勃起度が高まります。

愛美「・・・でもね」

僕 「うん」

愛美「あっちゃん平気なの?・・・今のあたしが他の人とエッチしても」

僕 「平気じゃないけど・・・たぶんすごい嫉妬すると思う」

愛美「だよね。それなのにして欲しいって思うんだ?」

僕 「嫉妬するけど・・・でもそれできっと興奮しちゃって、愛美に更に惚れちゃうかもってね」

愛美「あっは。そんな持ち上げなくたっていいっつの。今更わかってるし」

僕 「え。あはは」

愛美は「ふふ♪」って感じにちょっと笑って言いました。

愛美「・・・だけど、いるよねそういう人。まあ、あっちゃんもそこまで考えてるとは意外だったけど」

僕 「はは・・・」

愛美「あたしの昔話で満足してるのかなって思ってたら、ヤってきて欲しいって。相当ヘンタイだよそれ」

僕 「ヘンタイなんてそんな」

愛美「あは。まあいいけど。・・・内緒だけど、○○ちゃんの旦那さんもそうだってよ」

僕 「え、まじで」

愛美「そ。言っちゃダメだからね誰にも。絶対内緒」

僕 「言わないよ。え~~でも、あそこのうちがそんな・・・へええ。なんかビックリ」

愛美「けっこうすごいらしいよ。まあ○○ちゃんエッチだからいいんじゃない?そういうのも」

僕 「すごいって、どうすごいの」

愛美「3対1でしちゃったとか聞いたことある」

僕 「4Pかい。すっげ。それ旦那さんも入ってるの?」

愛美「どうだったっけ?入ってなかったんじゃないかなあ。忘れた」

僕 「人は見かけによらないスね」

愛美「あは。だね。でも仲いいよねあそこんち」

僕 「そうだね・・・で、で、愛美はどう?」

愛美「どうって、誰かとエッチしたいかってこと?」

僕 「う、うん」

愛美「してもいいよ」

僕 「いいのホントに??やったあ」

愛美「いいよ、ダーリンが望むなら。ってかあたしもしてみたいし」

僕 「してみたいんだ」

愛美「そりゃそうでしょフツー」

僕 「フツーかあ」

愛美「フツーでしょ。・・・でもさ。するのはいいけどダレとするの?」

おっと。そこまで考えてませんでした。

僕 「そうだなあ。ネットとか?出会い系とか」

愛美「ぜんぜん知らない人と?それはイヤ。怖いじゃん」

僕 「そっか。じゃ、じゃあ元カレとか?俺と結婚する前に付き合ってた人。あれ誰だっけ」

愛美「△△△?メールとか知らないし」

僕 「そうなの?」

愛美「知らないよ。ってかあっちだって結婚してんだよ。仮にできたとしても奥さんにバレたらやばいじゃん!!却下」

僕 「困ったな」

愛美「・・・ふふっ」

僕 「え?」

愛美「なんでもない」

何笑ってんのかなと思いましたが、それよりせっかくOKしてくれた愛美の相手をどうするか。

どうしよう。友達とか知り合いに頼むわけにはいかないし。

うーんうーんと考え込んでいる間、愛美は僕のちんちんで遊んでました。

愛美「・・・ダーリン何か思いついた?」

僕 「え。いや。まだ。・・・困ったな」

愛美「そっかそっか」

また笑ってるし。

僕 「・・・なんでさっきから笑ってるの?」

愛美「え?ああ。そかな」

僕 「笑ってるじゃん。何で?何で?」

愛美「え~~~・・・あっは」

少しの間、愛美は何か考えるような顔をしてから言いました。

愛美「ねね、あっちゃんは」

僕 「ん?」

愛美「今のあたしに浮気をして欲しいんだよね?」

僕 「うん。まあ。浮気ってかエッチ」

愛美「え。だから、本気じゃないエッチならいいんでしょ?」

僕 「まあね。そうだよ」

愛美「そっか。そうだよね」

ちんちんいじりながらニヤニヤ。

僕 「なにさっきから。笑ってるしなんか言いたそうだよ」

愛美「そう?ふふ」

僕 「気になるっての」

愛美「きゃっは」

僕 「何ナニナニ」

愛美「ナニって・・・わかんないの?」

僕 「は?だから何が」

愛美「あっは~。おっかしい。オモシロイねあっちゃんて」

僕 「さっぱりわからんです」

愛美「そうかわかんないか。うはは。・・・仕方ないな」

僕 「???」

愛美「鈍いねあっちゃん。・・・あのね、あたし実は浮気したことあるって言ったらどうする?」

僕 「えっ!!」

愛美「うひ」

僕 「なにそれマジ」

愛美「え?あははは。うん」

僕 「ホントに??」

愛美「ホント。くは」

僕 「聞いてないよそんなの」

愛美「言ってないもん」

僕 「う」

愛美「きゃは。いやーナイショのつもりだったけど。・・・だってあっちゃんそういうの好きって言うから。あ、これは教えてあげた方がいいのかなって」

僕 「・・・う、なんかフクザツ。ちょとショック」

愛美「ショックだった?ごめんねえ」

僕 「うー」

愛美「でも勃ってるよ、あっちゃん」

僕 「う」

愛美「・・・あっちゃんヘンタイだね」

愛美は体勢を変え、横69みたいな形でぼくのちんちんに軽くフェラ開始。

僕もお返しにと、愛美のマンコをいじったり舐めたりしながら会話は続きます。

僕 「ねねね、いったい誰としたの」

愛美「ん、会社の人」

僕 「会社の人って誰。俺の知ってる人?」

愛美「知ってるかもね。あは」

僕 「えっそうなの??」

愛美「ふふ、やるでしょあたしも」

僕 「だだ誰なのそれ」

愛美「言わない」

僕 「なんで。気になるじゃん」

愛美「いいじゃん誰でも。もう終わった話だし。それに、あっちゃんにとっては、あたしが誰かとエッチしたってコトが重要なんでしょ?」

僕 「そうだけど・・・」

愛美「誰としたか?じゃないよね。だったら別にいいじゃん誰でも・・・知らない方がいいこともあるよね、きっと♪ね~」

僕 「ね~って。ちんちんに話しかけられても・・・そんな意地悪しないで教えてよ」

愛美「だめ。それはヒミツ。しつこいともう話さないよ?」

僕 「えー・・・わかったよ、しょうがない」

愛美「よろしい。で、その人とのエッチの話を聞ければそれでもいいでしょ?いきなり誰かとしてこいって言われてもね、無理だし」

僕 「う~ん」

愛美「ね。だからそれは、そういう人が見つかってからってことで」

僕 「う、うん・・・そうだね。それでいいです」

愛美「オッケ。じゃあ名前以外は何でも答えてあげる。ハイどうぞ」

僕 「え。じゃ、じゃあ・・・いつ頃の話?」

愛美「去年だよ」

僕 「割と最近なんだ。・・・どれくらいつきあってたの?」

愛美「付き合ったってほどじゃないけど。前から誘われてて、そんで何回かしちゃった♪みたいな」

僕 「そうなんだ。何回くらいしちゃったの」

愛美「ん~・・・10回くらい?いや、もうちょっと多いかも」

僕 「・・・結構しちゃったのね。で、どんなエッチだったの」

愛美「あっは。それ言うの?やっぱりぃ」

僕 「だって何でも答えるって。それになんか話したそうにも見えるんだけど」

愛美「ぐは♪そうね~。そうだよね~」

僕 「そうっす。で、どんな?」

愛美「きゃはは。あのね、・・・ソフトSMって感じ!あっはっは」

僕 「SM!」

愛美「はは。ま、SMだけど、ローソクとかはナシ。熱いの痛いのヤだから。軽~く♪」

僕 「軽くってどんな」

愛美「ん。目隠しとか」

僕 「目隠し」

愛美「手錠とか♪」

僕 「手錠も!」

愛美「足枷とか。あは」

僕 「・・・なんかさっきより濡れてきてますケド」

愛美「あ・・・思い出したらちょっと。ってかあっちゃんもカチカチだよ♪えへ、あたしたちってヘンタイ?」

僕 「・・・そうかも。で、目隠しとかされたままヤっちゃうの?」

愛美「そだね」

僕 「どんなふうに、もっと詳しく」

愛美「具体的に話せって?」

僕 「うん」

愛美「なんか恥ずかしいな。・・・えとですね、まずホテルに入りますと、あたしが全部脱ぎまして」

僕 「うん」

愛美「手錠と足枷されてですね。さらにその二つをヒモで結びます」

僕 「ふーん。なんかよくわからんですが」

愛美「手錠の鎖と足枷の鎖を、ヒモで結ぶの。こんな風に」

愛美は僕のちんちんから手を放して、丸まったような姿勢をとってみせてくれました。

僕 「それじゃ立てなくない?」

愛美「立てないよ。這って歩くの。ズリズリって」

僕 「犬のように・・・?」

愛美「そうそう。ワンちゃん状態。そんで目隠しされたら準備完了」

僕 「ハダカで・・・」

愛美「うん。すっぽんぽん。あ、ごめん!首輪も着けるんだ忘れてた」

僕 「首輪も・・・」

愛美「そう。そんで、お部屋の中を、彼に連れられてお散歩♪とかね」

僕 「なななにそれ。愛美ってそういう趣味あったんだ」

愛美「ふふっ♪3回目くらいの時かなあ。彼がね、たまには変わったエッチしたくない?って言ってきて」

僕 「うん」

愛美「え、変わったのってどんな?って聞いたら、『目隠しは?』って言われて。ふーん、いいよしてみてもって」

僕 「言ったんだ」

愛美「言った。で、目隠しされてエッチしたら結構感じちゃったんだよね。あ、なんかこういうのもいいかもって」

僕 「うん・・・」

愛美「そしたらね、目隠しされてる時にいつの間にか彼が手錠も準備してて。そんでカチャっと」

僕 「されちゃったんだ」

愛美「されちゃった。え、なにこれ??とか思ったけど、そのままエッチ続けてて気持ちよくって」

僕 「・・・」

愛美「あっは。そんな感じが始まり。えへ。そんで、次も同じようにして。だんだん小道具が増えてって・・・いつの間にかあれ、あたしワンちゃん?みたいな」

僕 「浮気してたのもビックリだけど、SMとは」

愛美「やばいあたし調教されてる?とか思ったけど、彼がまたそういう雰囲気にもってくのうまいんだ」

僕 「そ、そうだったんだ」

愛美「そう。ま、だいたいこんな感じだったよ」

僕 「・・・え、愛美はずっとその状態なの?目隠しとか手錠とか」

愛美「そういう時もあったよ。でも普通は、ワンちゃん状態で一回エッチしたら、いったん全部外してた」

僕 「そのままされちゃうのかあ・・・」

愛美「うん、一回目はそう。バックから、こう入れられて。あーって」

僕 「バックで」

愛美「うん。コーフンしちゃうんだそれが。あ、あたしは何も見えないし抵抗できないのにって思うと。もう」

すっぽんぽんで目隠し&手錠&足枷&首輪状態で、お尻をつきあげて誰かにバックからガンガン突かれて悦んでいる愛美を想像してしまいました。

愛美「固くなった」

僕 「あ、つい。・・・そんなんで愛美感じちゃうんだ・・・」

愛美「感じちゃったあ。でね、彼がイって、パンパンってお尻叩かれたら、くるっと回ってお掃除してあげて」

僕 「お掃除って」

愛美「え、だから。抜いたばっかのおちんちんってヌルヌルじゃん。それをこう舐めとってキレイにして」

僕のちんちんを使って、わざわざ再現してくれた愛美でした。

愛美「自分のも一緒に舐めるのはちょっと、最初は抵抗あったけど・いつもしてたら慣れちゃった」

僕 「自分のって、あ、愛液か」

愛美「うん。あたしのマン汁」

へーって思いながら聞いてたけど、ん?って思いました。

抜いたばっかでヌルヌル。

ってことは、ナマでしてて。

自分のマン汁「も」一緒に舐めるって?

僕 「・・・・いつもしてたんだ」

愛美「うん。あはは、お掃除フェラ♪」

僕 「そうじゃなくて、いつもナマでしてたんだね」

愛美「え?うん。そうだけど・・・」

僕 「しかも中出しで」

愛美「え。あ。いやそれはね、時々。たまに」

僕 「・・・たまに?させたって事は認めるわけだ」

愛美「ええええ。あ~。まあ。ホントたまに。トキドキ。あ、今日は絶対ダイジョブだなってとき。そんだけ」

僕 「ホントかな・・・・

愛美「ホントにホント。フツーはあれ。あれよ。お尻の上。ピピって♪」

僕 「・・・」

愛美「あは♪さっきのはちょっと大げさだったかな。いつもなんて、ねえ。するわけないじゃんね。にゃははは」

僕 「・・・それにしても中出しはやヴぁいでしょ。できたらどうするの」

愛美「う~ん・・・だって彼子供できたことないって言ってたし・・・奥さんも子供できてないし。ホラあたしもできにくいじゃん。ダイジョブかなって」

僕 「へえ。結婚してる人なんだ」

愛美「う」

僕 「俺が知ってる愛美の会社の人で、かつ結婚してる人となると」

愛美「・・・もしかししてわかっちゃった・・・?」

僕 「××しかいないだろ。年齢から考えても」

愛美「あったりー」

僕 「あったりーじゃないでしょ。愛美が××にそんなコトされてたとは・・・ってかさせてたとは」

愛美「うはは。バレちった」

僕 「妊娠なんかしてないよね」

愛美「してないしてない。それはナイナイ」

僕 「ホントにぃ?」

愛美「してませんて。ホントだようそついてないよあたし」

僕 「何回」

愛美「え?」

僕 「何回くらい中出ししちゃったの?」

愛美「え。だからちょっとだけ。1回とか2回とか」

僕 「目が泳いでますけど」

愛美「いやいやホントにホント。ちょっとだけだから」

僕 「怪しいなあ・・・」

愛美「ホントですぅ。あっちゃんたら愛する妻のいう事を信じてくれないの?」

僕 「ね、ちょっとバックの格好してみて」

愛美「え?」

僕 「バックでする時の形」

愛美「いつもの?これでいい?」

愛美が普段僕としてる時のバックスタイルになり、まるいお尻を向けました。

僕 「手錠と足枷つけられても同じ感じ?」

愛美「ううん。こんな広がらないから。これぐらい」

愛美は手と足それぞれの間隔をぐっと狭めました。

僕 「お尻の高さはここ?」

愛美「もちっと高かった。こんくらい」

クイっといつもより高めにお尻を持ち上げた愛美。

見慣れた筈の愛美のバックなのに、ほんの少し体勢が違うだけやたらといやらしく見えちゃいました。

なんかものすごく興奮するんですけど。だめだ我慢できん。

クイクイ動いてる愛美のお尻をガシっと掴んで、一気に挿入。

愛美「あっちょっと急に・・・あっあっあっ」

僕 「ううううううう」

あっという間に出ちゃった・・・最短記録かも。

ふ~っと後ろに倒れこんだら、愛美はぐるっと回ってちんちんをペロペロ。

あ、これがリアルお掃除フェラか。ホントに舐めとってるし。

くすぐったいけど気持ちいい。癖になりそう・・・

愛美「あっちゃんすっごい早かったね~♪いっぱい出た?」

僕 「・・・出た(はあはあ)」

愛美「お掃除しときましたからね♪」

僕 「ありがとうございました」

しばし休憩。

愛美「あとね、さっきのワンちゃん状態でバイブとかよく入れられたっけ」

僕 「バイブ?」

愛美「そう。スゴイぶっといの。アレはねぇ痛くってタイヘンだった。マジでまんこ裂けるかと」

僕 「そんな太いの??」

愛美「そう。こ~んな奴。頑張って一応入ったけど。ぜんぜん気持ちよくない」

僕 「へえ・・そうなんだ」

愛美「うん。大きければいいってもんじゃないよね・・・これくらいが(少し復活してきた僕のちんちんを眺めて)一番いいのよね♪」

僕 「えへ。そっかな」

愛美「・・・あとね。おトイレプレイとかもしちゃったよ。きゃは」

僕 「おトイレっておしッこ?」

愛美「うん。おしッこ」

僕 「おしッこするとこ見せちゃうって奴?」

愛美「まあ、見せたりもしたね」

僕 「見せたり?他にも何かあるの」

愛美「かけられたりとか」

僕 「え、愛美がかけられるの」

愛美「うん」

僕 「どこに」

愛美「顔」

うわひでえ。

いくらなんでも人の嫁さんを、すっぽんぽんにして目隠しだの手錠だの。

中出しはするわおしッこはかけるわってなんだそれって感じですよね。

××の奴。ちょっとヤリ過ぎじゃないの。

ってか愛美もやらせ過ぎじゃないの。

愛美「あ。また固くなってきた・・・早いねさっき出したばっかなのに」

僕 「ちょちょ。なんでそんなことしちゃったの」

愛美「なんでって。彼とお風呂入ってたらおしッこしたいって言い出したの。で、あたしがここでしちゃえばって言ったのね。お風呂だし」

僕 「うん」

愛美「流せばいいでしょって。あ、そう。してもいい?って言うから、しちゃえしちゃえ~って」

僕 「うん・・・」

愛美「で、彼のおしッこ眺めてたら『かけちゃおうかなあ』とか言ってあたしの方にピピピて飛ばしてきたの」

僕 「おしッこを?」

愛美「そ。かけたいの?って言ったら『うん』って言うからさ。いいよかけてもって」

僕 「いったんだ」

愛美「言っちゃった。そしたら『よーし』とかなんか言いながらささっと寄ってきてジャーっ」

僕 「・・・」

愛美「この辺に(と鼻のちょっと上を指さして)」

僕 「・・・」

愛美「うわくっせーとか思ったけどね。思ったんだけどぉ、うあ~あたしこんな事までさせちゃったとか考えちゃって。あっは。そしたら、なんかこう・・・」

僕 「・・・また更にコーフンしてしまったと」

愛美「そうなのよ。ねね、おしッこってさ、あったかいって思うでしょ。でもお風呂場でかけられるとそうでもないのよ!知ってた?」

僕 「知らないよそんなこと・・・」

愛美「ね。なんでかね。お湯があったかいからなあ」

僕 「さあ・・・わからないけど」

愛美「でもねホントそうなんだよ。せっかくだからあっちゃんも覚えておくといいよ」

僕 「その知識が役に立つ場面はなさそうだね」

愛美「え~そっかな。ま、いいや。で、次に会った時にね。またかけてみたいなーって言われたのね」

僕 「うん」

愛美「えーいいよ別にって言ったら、どうせならちゃんとかけてみたいとか言われて」

僕 「ちゃんとってなにそれ。かけ方とかあるのかよ。なんとか流みたいな」

愛美「きゃは。わっかんないけどね。え、どうすればいいの?って聞いたら、ここに正座してって」

僕 「正座」

愛美「うん。言われたとおりにぺたって座ったら、彼が『目を閉じて』って。ふんって目をつむったらジャー」

僕 「・・・」

愛美「頭のてっぺんからくまなく。まんべんなくかけられちゃいましたあたし」

僕 「・・・なんつーかディープなプレイだな」

愛美「あ。あと仰向けに寝てかけられた時もあった!お腹にかけられるとヘンに気持ちいい。クサいけど」

僕 「あいつ、女におしッこかけるのがそんなに好きだったとは」

愛美「ん、こういうのやってみたかったとは言ってたね」

僕 「愛美も、されてみたかったと」

愛美「されたいとか思ったことないけどね。でもま、××さんならいっかな~って。別に好きとかそういうんじゃなくて」

僕 「・・・」

愛美「なんていうか。そういうプレイの相手として。まあいいかなって思えちゃったわけ」

僕 「そうなんだ・・・」

愛美「ふふ。でね」

僕 「ま、まだあるの?」

愛美「あっはー。どうせだから言っちゃうねっ♪お風呂でね、彼がおしッこするって言うからね。今日はどんな風にかけるの?って聞いたの」

僕 「うん・・・」

愛美「そしたら『そうだね~今日はちょっと味見とかしてみるぅ~?』って。え、味見~?って言ったんだけどね。ね、ちょっとだけどう?って」

僕 「・・・」

愛美「え、うん、まあちょっとくらいなら・・・って。え、ホントに?いいのホントにって。なんか喜んじゃってるしさ。はは、いいよホントにって言ったのね」

僕 「OKしちゃったんだ」

愛美「うははは。やばい?やヴぁい?あたし。おしッこ飲んでもいいよなんて言っちゃうって」

僕 「かなりやヴぁい」

愛美「一回くらいしてあげてもいいかーって思っちゃって。エーなんか嬉しいなぁっしてみたかったんだとか彼が言ってね。だからいいよ、どうすればいいのって」

僕 「・・・・・・・」

愛美「じゃあ正座でって言うからね。正座したら、おちんちん突き出して『咥えて』って。パクってしたら『腰に手をまわして欲しいな』って」

僕 「腰に?」

愛美「うん。ちょっとあっちゃん立ってみて」

言われるがままに立ち上がると、愛美は僕のちんちんを咥えながらガシっと抱きついてきました。

がっちりホールド状態です。

愛美「ふぉんなかんひ」

ちんちん咥えたままでムグムグと愛美が言いました。

こここんな状態でおしッこ出されたら、味見どころか全飲みじゃね?

愛美「んぐぐ」

あ、完全に復活しちゃった。

愛美「ちょっと。あっちゃんカッチカッチ。上むいちゃってるじゃん」

僕 「あごめん、つい」

愛美「ヘンタイだこいつ。ひひ」

僕 「愛美もな」

愛美「だね。ま、こういう感じでいただいたわけ」

僕 「全部・・・?」

愛美「うん」

僕 「味見じゃないね」

愛美「あっはは。それはね。咥えた時にわかったけどさ。ああ全部出したいんだなあって」

僕 「よく飲めたねおしッこ。それも直飲みで」

愛美「えへ。だから、いっぺんくらいさせてあげてもいいかって」

僕 「へええ・・・」

愛美「でね。あたしが咥えて上目づかいで彼を見たら、出しま~すとか言って。チョロチョロって出てきた」

僕 「マニアックだなあ」

愛美「うは。あ、出てきた。へ~こういう味なんだって思いながら。ごくん」

僕 「・・・」

愛美「で、またジョジョって出て。ちょっと口の中に貯めたらごっくん。そんな感じ」

僕 「・・・」

愛美「そしたら彼が、もちょっと強く出してもいい?って言ったの。(うんうん)ってうなづいたらジャーっていっぱい出てきた」

僕 「うわあ。なんかクチの中に妙な味が広がってきた」

愛美「ふふ。あ、これは急いで飲まないとって思って、蛇口から直接水のんでるみたいな感じ。ってかおしッこ出しながら勃ってくるし。角度あわせながら頭移動して頑張って飲んだよ」

僕 「そんな思いをしてまで飲まないといけないものかな」

愛美「え、だってえ。どうせ飲むならしっかり飲んであげたいって思うでしょ」

僕 「そういうものですか」

愛美「そういうものよ。その時はかなりいっぱい出されちゃってね~。げふって感じ。うっわ口がおしッこくせえ!みたいな」

僕 「なんかちょっとヤだなそれ」

愛美「味はまあ、おいしくはないけど。ニガイってか薬みたいっていうか。例えようのない味ですな。でもまあ飲めなくはないけど、口がクサくなるのはまいった」

僕 「そりゃ臭くなるでしょうよ。おしッこ飲んだら・・・」

愛美「しばらくクサい。歯磨きしても、胃の中からニオってくる。ごめん出し過ぎちゃったって彼も謝ってた」

僕 「おしッこまで飲ませなくてもなあ」

愛美「へへ、まあまあ。あたしもOKしちゃったんだし」

僕 「ん~~~」

愛美「でもね。なんか達成感みたいなのはあったよ。あーついにここまでしちゃいましたあたし!って。やればできるものねえ」

僕 「タッセイカンねえ」

愛美「・・・あれ、あっちゃん少し小さくなりましたよ。しょうがないなあ」

カポ。ムグムグムグ。

愛美「大きくなった♪ねえあっちゃん今日はもう話はいいよね?あたしもイキたいよ~」

僕 「はーい」

オススメエッチ体験談


僕が求めているエロさと興奮は熟女が持っていますwww

お金欲しさのあまり下着撮影をしてしまいました・・・

ベロベロに酔った親友を家に送った時に・・・


おばさんのパンティを脱がしたらおまんこが濡れていましたwww

単身赴任中にバツイチの女性と付き合っていますwwwwwwww

中途採用になったちょっとポッチャリ気味の女性と・・・

好きな女の子が合宿先で犯されました・・・

人間ドックに行って元カノと再会しましたwwwwwwww

温泉に行ったら幼馴染と遭遇してお医者さんごっこをしましたwww

地方女子アナを居酒屋でお持ち帰りしてマンぐり返しでチンポをズドンwww

兄に跨がり騎乗位でエッチする妹の私・・・

ヤリチンな広告代理店社員が彼氏持ちの後輩OLを喰うwww

ツンデレ女上司と新米男性社員が社内恋愛で結婚にwww

アゲアゲ同窓会で同級生にノリで中出ししたら超怒られたwwww

マネージャーが男性部員にフェラチオして精液をごっくんwww

素人っぽい人妻風俗嬢が素股から生膣にチンポを挿れて本番SEXwww

臥位で潮吹き昇天する敏感な熟女www

ドMで濡れやすい五十路熟女がチンコをなめまわしてくるwww

部長にムリヤリ犯されて狂うほど逝かされてます。。。

渋谷でセフレと羞恥プレイした話www

連れの彼女は、めっちゃかわいくてスケベwwwwwwwwwww

異常な初体験がこんな俺にしたのか、今ではSMにすごく興味があって、ご近所の人妻たちを縛り上げてます。

あの…私、毎日オナニーしてるんですけど、異常ですよね。。。

妻の19歳当時、ナンパされ処女喪失した話を聞き出した

すごい夕立でずぶぬれだったjkを調教中な件wwwwwwww

俺と妹の童貞&処女喪失体験

合コンで知り合った新卒の女教師は抜群のスタイルでしたwww

人妻風俗店で指名した普通の主婦っぽい感じの女の子との話

酔ってしまい3つ年上のお友達とレズエッチしました

昼寝をしている私の脚の間に誰かの頭がハマってました・・・

セフレとしてキープしていた女との話

息子の友人と不適切な関係にあります・・・

初体験の相手は高校生の時に付き合っていた先輩

飲み友達の紹介でセフレができましたwwwwwwwwww

結婚して5年・・・初めての浮気をしました・・・

鉛筆使ってオナニーする女友達wwwwwwwww

Eカップの爆乳ぽっちゃり派遣社員と耐久セックスしたエッチ体験

職場の美人先輩とHしてイク瞬間に抜いて顔射wwwwwwww

唾を垂らしフェラチオしている彼女の浮気エロ動画・・・

看護婦さんが仮性包茎のオチンチンをニギニギしてくれる件wwwwww

ボーイッシュな女友達と4p乱交で童貞喪失の初体験エッチwww

カメラマンに犯されたコスプレ女子の過激な撮影会・・・

水泳の時間に女子のスポブラやパンティを漁るエロガキwww

ミニスカ生足の人妻に生ハメして種付けしたったwwwwwwwwwww

脳イキ出来る妄想エロ奥さん達と秘密の乱交パーティwww

長身のOL彼女と自宅エッチした時の話

フツメンのはず俺が高級店で童貞卒業してきた話

2年も入院し続けている彼女と夜・・・

ネーチャンとチンコが勃起したら何センチになるか測ってみたwww

BMW乗ってる巨乳美女はフェラチオ上手で生中もOKな淫乱女でしたwww

オススメエロ画像


大きなお尻がエロいJKと制服着たまま濃厚セックス画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その4

華奢なツンデレパイパン美少女のハメ撮り画像 51枚

性欲を掻き立てる白いTバックを身につけたお姉さん画像 43枚


古風な印象の大和撫子OLがドスケベだと判明したハメ撮り画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その3

メロンのような爆乳女子●生と中出しセックスする画像 51枚

三次 肉に溺れるハーレム乱交画像まとめ 63枚

下品なSEXが大好き美少女の中出し3P画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その2

淫乱な、爆乳Gカップの三十路人妻とのハメ撮り画像 51枚

トイレでエロい事してる人たちの画像まとめ 71枚

むっつりスケベなスレンダー美少女のセックス画像 52枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その1

ピンクの乳輪が可愛いEカップの制服美少女が乱れるセックス画像 51枚

三次元のリアルな乳袋画像まとめ 74枚

スレンダーなオフィスのアイドルを調教した画像 51枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア