HOME > 【男性視点体験談】 > 弟の可愛い彼女を寝取った話wwwwwwwwwwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


弟の可愛い彼女を寝取った話wwwwwwwwwwwww

関連体験談 :弟の彼女寝取りキス悪戯
弟が彼女を家に連れて来たのが始まりだった。

私は軽くあいさつをしたあと、

自分の部屋でテレビを観ていた。

しばらくすると、弟と彼女が私の部屋に入ってきた。

「ごめん、俺ちょっと用事があってさ、ちょっと外出てるから、ちょっとこいつの面倒みてやってくれよ」

そう言い残して弟は家を出た。

弟の彼女は、大人しく真面目な感じの、

黒髪が似合う可愛い女の子だった。

「どっちから告白したの?」

そういう話を振るだけで顔を真っ赤にする。

可愛い・・・。

しばらく他愛のない話や雑談などで談笑する。

その子が見せる飾りのない笑顔や、

意外と人懐っこいところに私の心はキュンと疼いた。

少し悪戯心が芽生える。

ちょっとからかってあげたくなった。

「ねぇ、もう一樹(仮名)とはエッチしたの?」

「え・・・もうからかわないでくださいよーw」

私は彼女の傍に座り直し、手を触れる。

「一樹はキス上手い?どんなキスするの?」

「・・・え・・・どんなって・・・」

「この唇も私の弟に奪われちゃったんだ」

そう言って空いた手でその子の唇をなぞる。

「ちょっと、あんまりからかわないでください!」

顔を真っ赤にして顔を背ける。

「一樹とのエッチ、気持ちよかった?」

「・・・」

もう耳まで真っ赤にしながら、顔を下に向けて黙りこんでいる。

だめだ、可愛すぎる。

「一樹はいつもどこから触ってくるの?」

「・・・」

「ここ?」

そう言いながら、太ももに手を触れた。

ビクッと体が震える。

でも何も言ってこない。

何か言ってくれないと、私だってもう止められない。

「女の子とキスしたことある?」

「あの・・・やめてください。

一樹君かえってく・・」

ここで唇を塞いだ。

そしてそのまま押し倒す。

「ちょっと、やめ・・・ん・・・んんん・・・」

腕を押さえつけ、舌を滑り込ませる。

その子の柔らかい唇が唾液で濡れる。

ひたすら舌を絡ませ、私の唾液をその子の口に流しこんだ。

「・・・ん・・・んん・・・」

もう抵抗する力は感じない。

ただひたすら顔を真っ赤にしながら私のキスに翻弄されていた。

口を離す。

はぁはぁと息を乱し、目を潤ませこちらを見てくる。

「なんでこんな事するんですか・・・」

「可愛いんだもん」

「もうやめてください!私そんな趣み・・」

喋らせてあげない。

また唇を押し付け、ひたすら舌を押し込んでいった。

「一樹とどっちが上手い?」

悪戯っぽく笑い、頬を撫であげる。

「一樹よりいいでしょ?もっとしたくなるでしょ?」

そう言って首筋を優しく舐め上げる。

「うっ。

やめてください。

お願い・・・」

私を突き飛ばせばいつでもこの行為を停止することが出来る。

でもそれをしない。

なら私もやめてあげない。

ブラウスのボタンに手を触れる。

私が何をしようとしたのかすぐ気付いたのか、再び焦り始めた。

「ちょっとこれ以上は!」

「だめ。

もう止まんないよ」

そう言って抗議の声を再び唇で塞ぎ、彼女の服を脱がせ、下着だけにした。

「お願いします・・・もうやめて・・・」

消え入りそうな声で呟く。

「逃げたかったらいつでも逃げていいよ。

別に刃物で脅してるわけじゃないでしょ」

そう言って、胸元に舌から触れて口付けをする。

そして血液を吸い上げる勢いで、思い切り吸引する。

「ふっ!ん・・・」

可愛い声が漏れる。

そして私の印がその子の胸元にしっかりと刻みこまれる。

「優しくしてあげるから。

ブラ外して」

私が上着を脱ぎながら、あくまで優しい声でその子にそう言う。

顔を真っ赤にして、横になったまま、無言でその子はブラを外し始めた。

(よし。

落ちた。

もう心行くまで好きに出来る)

心の中でにやっと笑った。

そして優しく口付けをした。

さっきよりも甘く、ゆっくりと味わうように。

上半身裸で、一つの個室で女同士がキス。

その状況を認識するだけで、興奮して他の事は考えられなかった。

「ん・・・は・・・く・・・んっ!」

いつの間にかその子の腕が私の首に回っている。

ちゃんと私のキスに応えてくれている。

愛おしさが体中を支配した。

そして私の唇は、アゴから首筋を通り、再び胸元へとゆっくりと下っていった。

さっき私がしっかりと刻めつけた印を、

優しく舌で撫であげながら、手を胸へと触れさせた。

「あっ・・・はっ・・・」

切ない声が漏れる。

そして唇を乳首へとあわせ、舌でそっと転がす。

「あんぁっ!!だめ!・・・やっ・・・んぁ!!」

可愛く鳴く。

「一樹はいつも、こんないやらしい声聴いてるんだ。

いいなぁ」

そう言って両手で胸を優しく撫で、揉む。

「ねぇ、気持ちいい?気持ちいい?一樹とどっちがいい?ねぇ」

興奮に頭が支配されてひたすら攻撃する。

再び唇にキスをする。

唇を離し、「そっちも舌出して」と頬を撫でながら指示して、またキス。

言われた通りに舌を絡めてくる。

その従順さがたまらなく可愛い。

キスしながらも片手で体中を撫で、胸を愛撫する。

「はぁ・・・ん・・・ぁ・・・」

目を虚ろにして、快感に顔を火照らせながら、

もう抵抗の意思は全く感じ取れなくなった。

「ねぇ、私の胸にもして」

そう言って彼女の真横に寝る。

赤面しながら、目を合わそうとしてこない。

その仕草がますます私を興奮させる。

「はやく。

好きにしていいよ」

震える手が私の胸に触れる。

「怖い?女同士なんだから怖がらないで」

そう言って彼女に優しくキスをしてあげる。

一樹のものじゃない。

これはもう私のもの。

そんな支配欲が快感へと直接繋がってくる。

彼女の手がぎこちなく私の胸を愛撫する。

愛おしい。

愛おしい愛おしい愛おしい。

思わず込み上げてくる快感に声を漏らす。

「口で・・・して・・・お願い」

私の目の前に合った彼女の顔が、下の方にゆっくりとずれてくる。

そして乳首に暖かい感触。

ぬるぬると動かされる。

頭がおかしくなりそうになる。

「あっ!!すごっ・・・」

予想外の舌の動きの滑らかさに、ひたすら翻弄されていく。

頭がおかしくなりそうだ。

もう既に理性なんてものは無い。

黙々と私の胸を手と口で愛撫する、彼女の頭をそっと撫でる。

「キスして・・・キスして!」

そして唇を合わせ抱き合う。

積極的に舌を絡めてくる。

息があがり、漏れる吐息と切ない声が混ざり、ひたすら唾液の交換をする。

(もうガマンできない)

既に下着の中はびちょびちょに濡れていた。

「ちょっと起きて」

そう言って彼女の上半身を起こす。

もう何も言ってこない。

上気した顔でボーーっと私の顔を見つめるだけ。

私の女の子。

彼女の後ろに回り、胸を手で撫でながら、首筋にキスをする。

「あんっ!!・・・っは!!・・・うぁ・・・ん!!」

声に遠慮は無かった。

私が与え続ける快感を貪る声。

そして片手をゆっくり下の方へ伸ばした。

太ももを優しく撫でスカートの中へと徐々に近づけていく。

その間も舌ともう片方の手での愛撫は止めない。

そして下着に指先がふれた。

ヒヤッとした感触。

濡れている。

私の愛撫で濡れてくれている。

再び愛しさがこみ上げてくる。

「触っちゃうよ。

嫌なら手、どけていいよ」

もうその答えは分かっていながらも、あえて忠告する。

「・・・」

無言。

それが答えだ。

この子はもう嫌がってない。

優しく指先を下着の中へ滑らせて言った。

「あっ!!!」

大きく声を上げる。

下着の中はぬるぬるだった。

ゆっくりと指を動かす。

「ふっ!!あん!・・・んはぁ!・・・くう!」

押し寄せてくる快感に耐えられないのか、

彼女は体を前に折り曲げて、前に逃げようとする。

逃がさない。

四つん這いになった上からかぶさり、手で愛撫を続ける。

「あっ!・・・ちょっと・・ちょっと止めてくださっ・・・あんぁ!!」

ガクガクとひざを揺らしている。

「イクまで止めないよ・・・。

一樹とどっちが上手い?私の方がいいでしょ?」

再び決まり文句のように質問を飛ばす。

四つん這いも耐えられなくなったのか、どさりと崩れこむ。

横向きになって、後ろから愛撫を続ける。

クリトリスを指の腹で擦りながら、指先を動かし刺激していく。

荒くなった二つの呼吸が部屋を支配する。

首筋に軽く歯をたてる。

吸う。

二つ目の印をつける。

「ね、キスマークは・・・うんっ!あ・・・一樹君にばれちゃう・・・!!」

「バレればいいよ。

こんなに気持ちいいんだもん。

一樹じゃなくてもいいでしょ?私でいいでしょ??」

そう言って愛撫する手の動きを早める。

「あっあっあっ!!!ちょっ!少しだけ止めてくだっ・・・んっんっ!!!」

体を前に折りたたもうとする。

「イクの?ねぇイクの???気持ちいい???イクの??」

興奮してまともに喋れない。

畳み掛けるように言葉で責め立てる。

「んっんっんっ!!・・・いっ・・・ン!!!!!!!!!あ・・・!!!!」

グッっと前のめりになり、下腹部と腹筋をビクッビクッと振るわせる。

完全に支配できた満足感と愛おしさで、優しく頭を撫でてあげる。

しばらく不定期に痙攣しているその子をこちらに向かせる。

ハァハァと口を半開きにし、充血した目をこちらに向けてくる。

呼吸で上下する小さな肩。

「可愛い」

そう言って口付けを交わす。

そして彼女のスカートと下着も外す。

下着から、つっと糸が引く。

それを見て更に興奮した。

私もジーンズと下着を脱ぎ捨てて、そのまま抱きつき舌を絡める。

柔らかい肌がふれあい、抱き締めあったまま、

呼吸がするのが困難なぐらいお互いの舌を吸い合う。

もう一樹には絶対に渡さない。

「ねぇ、・・・女の子・・・同士で・・・気・・持ちよくなる・・・やり方、知ってる?」

「はぁ・・・はぁ・・し、知りません・・・」

「してみたい?」

「・・・」

「してみたいんでしょ?してみたいなら言わないとしてあげない」

「・・・は・・・ぃ・・・」

顔を背けながら消え入りそうな声で答える。

そんな答え方されたらそれだけで更に濡れてしまう。

そして彼女を仰向けに寝かせ、片足を上げさせる。

「これ・・・ちょっと恥ずかしい・・です・・・」

「そんな事すぐに考えられなくなるよ」

そう言って、ふくらはぎから足先へと舌をゆっくりと滑らせる。

「んっ・・・やっん!!・・・はっ!!」

感じやすい、いい子。

そして私の足を絡め、股間同士が重なり合うように合わせた。

クチュンという、いやらしい音が聞こえる。

それだけで快感が押し寄せる。

「はんっ!!」

彼女も経験したことが無いであろう快感に声を漏らす。

ゆっくりと彼女の白く細い太ももを抱き上げ、重なり合った部分を擦り合わせ動かす。

「あっ!!!あん!!あっあっ!!!んゃっ!!はぁんあ!!!」

もうどっちがどっちの声かも分からないくらいお互い声を上げる。

二人同時に快感が襲い、

お互いの溢れ出した愛液がグチョグチョという音を更に強めてくる。

「あっ!ダメっ!!これだめ・・・もうだめ!!!」

彼女が声を張り上げる。

「ちょっとだけ!!ちょっとだけ止めてください!!先にいっちゃ!!あんあっ!!」

彼女がガクガクと揺れるぐらい激しく擦り合わせる。

彼女の言葉を聞き入れるほど、既に脳は正常に動いていない。

「だっ!!めっっ!!!うっ!!うっ!!!んっ!!!ああぅ!!・・・いっ・・・!!!!!」

イッたらしい。

でも動きはやめない。

まだ私はイってない。

それまでは何度でも快感の渦に落としてあげる。

「待って!!動くのっ!!あっ!!んん!!!んぁは!!!」

狂ったように声をあげる。

私の方も快感が込み上げてくる。

丁寧に、素早く、激しく。

お互いの気持ちいい部分が擦れ合うようにひたすら動かした。

「あっ!!私も・・・!!!やばっ!!!ん・・・!!」

気がついたら二人して重なり合ったまま横たわっていた。

お互いの汗でじとっと肌が合わさっている。

上がった息はまだおさまっていない。

「はぁっはぁっはぁっ。

ごめんね・・・」

快感を貪った後の罪悪感から、そんな言葉が漏れる。

彼女は赤面した顔で目を逸らしたまま、肩を上下させていた。

その様子を見て、再び欲情してきた。

自分の快感のためでない、もっとこの子が快感に打ち震える姿を見たい。

その欲求だけが私の心を支配した。

のしかかり強引に唇を奪う。

「ん・・・む・・・んんっ!!あ・・・ぷはっ!ちょ、もうっ・・だめっ・・んん・・・」

何度も何度も唇に吸い付き、舌で唾液を掬い取る。

気持ちが再びどんどん高ぶってくる。

もう体の準備は既に整っている。

私は体をずらし、彼女の禍福へと顔を移動させた。

「え??え??ちょっと、何を・・え?」

私の行動に戸惑う彼女。

今更こんな事を言うんだから可愛い。

一樹が夢中になるのも頷ける。

まぁもう私が貰ってしまったのだけれども。

ひざから太ももにかけて舌を這わす。

「はんっ!!だめってばっ!はっ・・・!!」

二度イった後で敏感になった体が、私の舌の動きで震える。

「股、開いて。

ね。

もっと気持ちよくなろう」

そう言って腰を優しく撫でる。

「・・・そんなの恥ずかしい・・・」

「一樹には見せてるんでしょ?はやく」

そう言って閉じた太ももが作る谷間に舌を伝わせる。

「んっ・・・ぃゃっ・・・ん・・・」

焦れったくなってきて、両手で膝を掴み、強引に足を開いていく。

びしょびしょになっている彼女のそれが目の前に現れる。

さっきまで私のあそこと擦れ合っていた部分。

充血し、鈍く光を反射している。

「舐めるからね」

「舐めるって、そんな・・・んっんっ・・・あ!!」

反応を聞く前に舌を這わす。

塩気のあるぬるっとした液体が口の中に広がる。

ひたすら舌の表面でゆっくりと撫でる。

「ああん!!だっ!!め・・・ん!!!んっ!!!あぅっっく!!」

私の頭を乱暴に彼女の両手が掴む。

更に興奮してくる。

「ここ、最後に入ったの一樹なんでしょ?全部私がもらうから」

そう言って、彼女のそこに舌をゆっくりと滑りこませていく。

「あっ!!!それっ!!!くっ!!!はぁっ!!あん!!」

口を大きく開け彼女をほお張り、舌をピストンさせていった。

チャプチャプチャプという音が部屋に響き渡る。

私の口からたれる涎と、彼女の愛液が混ざり合う。

「んっ!!あんっ!!だめぇ!!んっんっあ!!!」

私の頭を掴んでいる両手に力が入る。

痛いくらい掴んでくる。

それが嬉しい。

舌を引き抜き、周りをつっと舌先で愛撫する。

その舌先を更に上の方へとゆっくり移動させる。

寄り道も忘れない。

その度に快感の声を漏らしてくる。

「もう・・・もうやめてください・・・頭おかしくなりそう・・・」

はーっはーっと息を弾ませてそう懇願してくる。

そんな事言うからいじめたくなるのに。

舌先が突起にたどり着き、下の表面ですくい上げ、力を込めた舌先で転がし回す。

「あっ・・・!!!!!」

開いた足が閉じ、私の頭を挟む。

ぎゅっと私の耳を圧迫し、内耳の気圧が高まるのを感じる。

それに応えるように、更に舌先で転がす。

突起の周りを何周もなぞり、頂点を撫であげる。

「んはぅっ!!あっ!!!ああん!!だっ!!あっ!!!んぁ!!!」

私の頭に絡めた足の踵が、私の背中に押し当たる。

太ももが強く耳を押し付けるため、

その可愛らしく愛おしいあえぎ声が少し遠く聞こえる。

(もう我慢できない)

いったん舌の動きを止め、手で頭に絡みついた足を解かせ、再び開かせる。

そして右手の中指を彼女の中へとすべりこませ、左手を自分の同じ部分へと運んだ。

ジュプジュプという音を立てて、ひたすら指を出し入れし、掻き回す。

「あっ!!やっ!!!んは!!」

さらに舌を再びクリトリスへの攻撃に移らせる。

私自身の音、右手で掻き回す音、舌で愛撫する音、すべてが混ざり合う。

(だめだ。

こっちがイキそうだ)

「んっんっんっんっ!!」

既に声にならない声を聴いているだけで、自分自身の内壁が強く締まるのを感じる。

舌を更に丁寧に這わせ、突起をいたぶり、右手の動きを早めた。

「んっ!!ああっ!!あっ!!だめっ!!もうだめっ!!やっ!!あんっ!!」

私の髪をぎゅっと掴む。

引きちぎられそうな痛みすら、そのときは快感へと変換されていった。

「あああああ!!!」と声を上げ、先に私がイった。

くっ!くっ!と左手の指が締め付けられる。

これで彼女をイかせるのに専念できる。

既に朦朧とした意識で、無心に彼女を責め立てた。

「あっ!!もう無理!!んっんっんっんっ!!!」

もはやビチャビチャという音を立てて彼女の突起を貪り、

右手の指を根元まで押し入れる。

「あっ!!いっ・・・だめっ・・・いっ・・くっ・・・んっ・・・!!!!!!」

掴んだ手で私の頭を股間に思いっきり押し当て、足をがしっと絡めながら、

ビクンビクンと再び彼女が痙攣し、そのままぐったりと放心した。

「もう・・・もう無理ですから・・・死にそう・・・」

彼女は上ずった声で、横たわりながらそう吐き出した。

「もう私も無理だよ。

一樹帰ってきちゃうしね。

すごく気持ちよかったよ」

そう言って横に並び、強く抱き締めた。

「できたらまた今度会って、こういう事したいな」

そう彼女の耳元で囁く。

「・・・」

「どうしたの?いや?いやじゃないよね?」

「・・・いやじゃないです・・・」

「いい子」

頭をなでなでしてあげる。

「・・・?」

顔を近づけると彼女の様子がおかしい事に気が付いた。

「どうしたの?」

「・・・」

「?」

反応のない彼女を尻目に、もう一度彼女に口付けしようとしたとき、

私の目に映ったのは、首のない一樹だった。

私が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。

薄れ行く意識の中で私は全てを理解した。

オススメエッチ体験談


性感エステ嬢が語る変態なM男の接客術www

後輩のPCを見たらエロフォルダがありハメ撮り画像を発見wwww

妹が涙でハァハァと喘いでる顔に萌えたんだがwwwwwwwwwwww


剣道部の女先輩と初Hして精子がドピュっと出た話

田舎の温泉宿にあるストリップ劇場で起きた衝撃エロハプニングwww

兄のパンツの臭いを嗅ぎオナニーする変態な妹の私・・・

ナースさんと5対5の合コンした結果wwwwwwwwwww

一人息子の家庭教師とエッチな事をしました・・・

俺には人妻と女子大生のセフレがいるんだが・・・

夫が月に1回位しか相手にしてくれないので欲求不満です・・・

病室でオナニーした結果wwwwwwwwww

【人妻エッチ体験】夫が入院している病院でエッチなことしました

ツイッターで知り合ったフェラ好き女子とのエッチ体験

旦那の上司は紳士で凄くエッチでしたwwww

出会い系で知り合った人妻とお漏らし中出しセックスしたエッチ体験

出会い系で知り合った女性が不良主婦でしたwww

リア充でモテる美人な姉が弟のチンチンを汗だくで弄ぶwww

既婚リーマンの俺が処女なぽっちゃり方言女子大生とセックスできた件www

乳液をアナルに塗って淫乱熟女と性欲を満たし合うwww

女湯を覗いていてバレた結果→エロアニメみたいな展開にwwwww

婚約者の彼女の父親を説得するのに2ヶ月もかかった・・・

部活で先輩マネージャーに手コキさせ顔射で懲らしめるwww

萌える爆乳若妻がアヘ顔になり手コキフェラで抜いてくれる

寝ている母にマンぐり返しして、オマンコとクリトリスを舐めたったwwwww

姉の息子とエッチを楽しむようになってしまいました・・・

同級生元カノ人妻とW不倫で中出しセックスしちゃった話

中学校の林間学校の時、憧れの女の子の部屋に忍び込んだ思い出

今日の夜、どんなHをするのか今からワクワクしていますwww

【ホモ】出張先で会社の先輩とセックスしちゃいました・・・

3Pとはいかないが・・・かなり興奮したちょっとエッチな話

会社の同僚のめっちゃ綺麗な奥さんをドMに仕立て上げるwwwwwwww

50歳目前でW不倫でセックスに目覚めちゃった人妻の私・・・

スレンダー爆乳な風俗嬢が縛られて中出しされちゃったエロ話

とびっこでマゾな妻を調教しHな野外デートwww

男男女の3p乱交初体験してきたwwwwwwwwwwwww

初夜の初体験の夜、処女の妻は痛くて泣いてしまう

お母さんのエッチな性教育で射精しちゃったwwwwwwwww

学校の教室で片思いしていた彼女とキスした話

超不良なヤンキー娘の彼女の妹に早漏彼氏と罵倒された俺。。。

我慢汁まみれのチンポをディープスロートしてくる20代の可愛いOLさんwww

媚薬を飲ませ意識朦朧としたOLとガチイキSEXした話

処女から卒業して数日間は性器の痛みがひどくて辛かったです。。。

飲み屋の可愛いバイト店員をナンパして虜にするダンディおじさん

匂いフェチがデリヘル嬢の下着の匂いを嗅がせてもらうwww

ゲーマーで美巨乳な彼女の母と生挿入でキスしながら中出し射精

体育座りしてブルマが見えてチンコが爆発しそうになった塾講師の俺www

モデルスカウトマンに騙されえてAV出演してしまった・・・

姉の手コキ看病にされて手フェチになってしまった・・・

人妻デリヘル風俗で知り合いの奥さんが来て棚ボタ本番wwwwwww

爆乳派遣社員がガチイキ調教で性奴隷に・・・

オススメエロ画像


大きなお尻がエロいJKと制服着たまま濃厚セックス画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その4

華奢なツンデレパイパン美少女のハメ撮り画像 51枚

性欲を掻き立てる白いTバックを身につけたお姉さん画像 43枚


古風な印象の大和撫子OLがドスケベだと判明したハメ撮り画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その3

メロンのような爆乳女子●生と中出しセックスする画像 51枚

三次 肉に溺れるハーレム乱交画像まとめ 63枚

下品なSEXが大好き美少女の中出し3P画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その2

淫乱な、爆乳Gカップの三十路人妻とのハメ撮り画像 51枚

トイレでエロい事してる人たちの画像まとめ 71枚

むっつりスケベなスレンダー美少女のセックス画像 52枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その1

ピンクの乳輪が可愛いEカップの制服美少女が乱れるセックス画像 51枚

三次元のリアルな乳袋画像まとめ 74枚

スレンダーなオフィスのアイドルを調教した画像 51枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 父子●姦 痴● スカ●ロ 全裸 安全日 シ●タ 逆レ●プ 無防備 ビキニ 妻の過去 妻の友達 バレないように オシ●コ 獣● 二穴 肉●器 DQN トラウマ ラッキースケベ 還暦 ママ友 マット 上司の嫁 お客 バイアグラ 土下座 サッカー部 剣道部 隠し撮り 妻の姉 友達の妻 M字開脚 相互鑑賞 お盆  オナホ 地味 3P イメプ 美容師 男の潮吹き 性接待 メイド 本気汁 キメセク 再婚 聖水 美少女 貝合わせ 豊満 近所 手錠 姉の彼氏 ボーイッシュ クスコ 近○相姦 素人 お局 医師 鑑賞 ヘタレ マンスジ ベランダ 新婚 ギャップ 顧問 メガネ モテ期 兜合わせ テント 脱衣 自撮り 美術部 マニア 講師 アクメ レ○プ 団地妻 ボランティア チンぐり返し 尾行 教育実習 プレゼント ドレス 愚痴 ストッキング 喧嘩 タンポン ゴルフ 後輩の彼女 ノンケ 性教育 春休み 神社 デリヘル嬢 テニス 放置プレイ 回春マッサージ 花見 4P SM ゴルフ場 マンぐり返し スカウト 釣り アヘ顔 避妊 金髪 背面座位 コテージ 相互オナニー 逆痴● 実家 ハミ毛 染みパン オムツ 先輩の母 騎上位 継母  接骨院 アフター ストレス ヒッチハイク メンズエステ 夫の上司 OL シングルマザー グラドル 不妊症 リハビリ 発見 ホットパンツ 自転車 流出 DJ 鼻フック ぎっくり腰 姫初め 一人暮らし ブサメン ムチムチ 彼女もち レオタード 挑発 台湾 帰省 唾液 M字 イベント 倦怠期 同期 黄金 罵倒 韓国 添乗員 恋人交換 エロ動画 独身 マジックミラー マイクロビキニ チンカス 小悪魔 北海道 オーナー 台湾人 寝起き 逆●漢 割り切り スケベ椅子 目の前 首絞め パワハラ  性生活 隠撮 グラビアアイドル 拡張 喪女 キチガイ  ファザコン ボーナス 友達の奥さん ニーハイ 弁護士 初夜 手術 スケスケ 便秘 野菜 アラフィフ パジャマ 租チン 写真 友達の夫 遭遇 美尻 無精子症 エロ本 スポーツクラブ 夫婦喧嘩 免許 仲居 ホテトル 夫の兄 エレベーター スパッツ 黒髪 屈曲位 役員 パパ友 ペット 臭い エロ漫画家 新年会 仁王立ち 竿付き ライブ 露天  ジョギング ロープ M性感 唾液交換 フツメン  ガムテープ 弓道部 将棋部 産婦人科 姉の夫 回春 床上手 流産  ナプキン エロゲー 上司の妻 バレー部 出会い喫茶 喪男 チアリーダー 婚活 柔道部 バキュームフェラ ボクシング部 オナペット 貧乏 レ〇プ 両親 婚約者 フェス 言いなり ペニスバンド エロ写メ 団地 夫の同僚 別荘 グラマー チャイナドレス 竹刀 社長夫人 生保レディー 先輩の奥さん ノロケ ギター 上司の奥さん 新幹線 小柄 オーストラリア ぱふぱふ リア充 タレント 背面騎乗位 マッチョ ライブハウス ブラチラ フィリピン人 う●こ マラソン 即ハメ 元嫁 Fカップ 恐怖 元カノの妹 三角関係 ご奉仕 搾乳 M男 集団 ふたなり 皮オナ  主人 立ちション ニート 子作り ハプバー 無修正 体育館 左遷 知り合い 俳優 友達夫婦 苦痛 ボンテージ 臭いフェチ エロなし エロ画像 友達の父 電話中 友達の旦那 イメプレ 母子交換 現地妻 ペニクリ  女湯 女神 盲腸 エロゲ 性感帯 直穿き タイツ ロリ系 姉妹●姦 ハワイ 男性恐怖症 閉経 スカイプ 自虐 トラック 金持ち お見合い 警察 腕枕 潔癖 お姉さん ハメ潮 イジメ 隠しカメラ  マリッジブルー メガネ屋 我慢 背徳感 恋人 料理教室 地獄 胸糞 ボディービルダー 弟の妻 人助け 出合い系 出勤前 谷間 ピーナッツ 義理の娘 バレンタイン 片思い クォーター TV電話 大家 密会 腐敗 妻の友人 ブラック企業 お花見 ボーリング パイチラ 母の妹 ノルマ 姉妹相姦 エアロビクス 共依存 辻本杏 ワカメ 飯岡かなこ ハイボール 禁欲 沖田杏梨 ローライズ 介護職 オプション ゴミ箱 転校生 塾講師 自尊心 オリモノ 美肌 鷲掴み 老婆 社長婦人 70代 処女膜 麦茶 地雷女 ユルマン ヤリ目 たまごっち 流行 びっぷら 車検 ぢゃ性 ハイグレ 使用済み リフレクソロジー かりまん 出張ホスト 精液便所 メス豚 オーディション ボディービル バスタオル バナナ 自慢 長ネギ 生き別れ ドクター まんぐり返し 宴会芸 ローカルテレビ カマトト 寝落ち 出禁 乱暴 ラブレター 先輩の妻 相部屋 カミングアウト 便器 15P 企画 阿鼻叫喚 星姦 蟲姦 イカ臭い 興奮 お祝い ハードセックス 正月明け 性○隷 想定 バスケ ランデブー 脱サラ シラフ 口臭 同性愛 東京 上目遣い 体操部 儀式 性上位 同伴 神秘 悪酔い 保育園 バストアップ 嬢王様 パトロン おねしょ バージン 吊り橋効果 失笑 気絶 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 看板娘 介護 ポッチャリ ファン 目覚ましフェラ 主張  ネットH 悲惨 他人棒 近●相姦 職権乱用 助手 ケツ毛 オタク女子 サランラップ 洗濯バサミ ちんぐり返し キモメン 草食系男子 射精管理 おあずけプレイ 支配 泥沼 性感エステ 寝起きドッキリ チキン アスリート女子 ラノベ ぶっけけ 健全 号泣 インフルエンザ キッチン ポロリ バイブフェラ インドネシア人 水泳教室 女子プロレスラー 無臭 マッサージ師 脇舐め 腰痛 プロレス 勇気 おへそ フタナリ 中性 フィギュアスケート部 マイナー テクニック 読者モデル ネパール人 無料 おもてなし 一気 ブーツ 日系ブラジル人 絶縁 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 人参 種違い チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 焦らしプレイ 処理 汚物 屈辱的 四つんばい 診察台 母子家庭 乳がん パーカー 韓国エステ 男子禁制 IUD パラダイス デルヘル 27P 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り サーファー ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ ギャル男 お小遣い 生理不順 ごっkん ハイレグ 狭射 性同一性障害 SNS 軽蔑 乳コキ スナックのママ プリクラ  サイクリング ネイリスト  筋肉フェチ ソープ嬢 寝盗られ 音声 元ヤン 歳下女子大生 パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ ジジイ 山岳 正座 バレーボール部 イメチェン オナネタ 娘の夫 絶叫 彼女不倫 おままごと t乱交 パプニングバー 先輩のセフレ 義息子 チアガール 社長の息子 サンタ スノボー 婿 バドミントン部 彼女の過去 テレビ スロベニア人 妊活 読モ 密室 B専 アメフト部 年越し パーティー 美女 旦那の同僚 プレハブ 露出b ハイキング 近親相●姦 全盲 妹夫婦 セレブ 立ち合い セフレの友達 不妊治療 従姉妹の彼氏 トップレス すっぴん ボクサー 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン 卓球部 アレルギー ポニーテール 心身 新婦 スクール水着 ストリッパー 指フェラ 従姉妹の娘 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ トレーニング 行水 シックスナイン 実験 頬ずり  虐め チクニー 友達の叔母 彼氏交換 ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の家 先輩の婚約者 トルコ おっぱいアナル ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ W不倫 同僚の妹 延長 書道部 相撲 息子の先輩 研修 予備校 百合 OB 兄の娘 兄弟 生徒の母 断捨離 リンチ こたつ ブルセラ 2ch 別居 図書委員 委員会 スノーボード 貯金 初潮 年始 SMクラブ 下品 チーママ ポカリ 女優 小説風 バンガロー 排泄 ウェディングドレス 生意気 初対面 キャットファイト 腐れ縁 空家 リンパ エクササイズ 色弱 カンボジア レディース 暴発 事務 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ 留守番   廃墟 交換 マンション 喘息 アナルファック 寄付 苦情 お清め ソフトテニス部 利子 制裁 フィジー 渋滞 ローソク 早熟 黒タイツ むっちり ムチ 靴なめ 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 キス魔 自棄酒 敬語 飲● 整体師 セフレ交換 賞品 くじ引き お化け屋敷 角オナニー 白髪 セックス依存性 保護 出前 ホームセンター ボクシングプレイ セミプロ 検査 婚活サイト 報告 恨み 不潔 本気 通勤 大学受験 サドル フェラテク サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 姉妹交換 

フリーエリア