HOME > 【OLのHな体験談】 > 爆乳派遣社員がガチイキ調教で性奴隷に・・・
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


爆乳派遣社員がガチイキ調教で性奴隷に・・・

関連体験談 :職場OL調教性●隷生挿入中出しフェラ
私は派遣社員という仕事が大好きで、

色々な企業のお仕事を手伝わせて頂いてきましたが、

このお話は、ある企業様に派遣された時に

とんだ失態をした事から始まったお話です。

まず私の紹介からですが、

顔は「中山美穂」さんと「伊東美咲」の間みたいな顔だと良く言われます。

比較的良い大学も出ていますので、頭も良い方だと思います。

自慢と悩みのタネでもあるのですが、

胸がGカップの爆乳で、会社でもかなり目立ってしまいます。

若い頃はこの体のせいで、

男の人からの攻撃がすごくて酷い目に合った事もあります。

私自身、過去の体験が色々有りすぎて、

早くから性に目覚めていたと思います。

さて、私の体験談ですが、

ある企業に派遣されて1年半が過ぎた頃です。

その企業は社員数が200人程で、私が派遣された中では中級規模の大きさでした。

繁忙期が年末年始や年度末と言う事もあって、社員旅行が毎年9月に行く事になっていました。

200人いる社員で、出席する人は平均80人位でしたが、その年は50人程しか出席者が居なくて、頭数合わせに派遣社員も誘われたので、私はすぐにオッケーしました。

社員旅行といっても旅費をお給料から積み立てている訳では無く、会社が全額負担をしてくれると言う事だったので問題無く参加を決めました。

会社が旅費を全額負担してくれるので、あまり高額な旅行は経費として認められないそうで、毎年キャンプ場でバーベキューをしてバンガローに泊まる程度の旅行でした。

ちょっと気になったのは、その旅行の幹事役が私の大嫌いな経理部の「阿部」と言う男でした。

阿部は私と話す度に胸の谷間を覗いたり、話を長引かせる為にタイムカードを内容をつついてきたり、とにかく性格が細かくてスケベな癖に人前ではそんな素振りを隠している人なんです。

とくに体型と顔が生理的に受け付けられません。

いわゆる眼鏡デブで、顔はキャ○ーンの天野くんに少し似ていて、お風呂に入っていないのか髪の毛がいつも油っぽい人でした。

旅行の日程の連絡の時も、必ず私が座っている所に後ろから近付いて来て、胸を覗き込むように話しかけて来ます。

「社員じゃ無いのにラッキーだねー」

とか空気の読めない一言を平気で言ってくるのが信じられません。

まあ、当日は50人以上は人がいるので、阿部と話さなければ良いだけですので全然気にしてはいませんでした。

しばらくして9月になり旅行の日が来ました。

社員で車を持っている人は乗り合わせて現地に向かったり、マイクロバスをレンタルしたりとバラバラで向かいました。

9月にしては熱い日で、私はタンクトップの上に薄手のカーディガンを着て行きましたが、現地に着くと熱過ぎて着ていられなくなってタンクトップでバーベキューをしていました。

ふと気がつくと、阿部がビデオカメラを持って皆の様子を撮影していました。

案の定私の近くに来て

「いやー熱いですねー」

とカメラを撮りながら話しかけて来ますが、私がしゃがみ込んでいる時に、上から覗き込むようにカメラを撮っています。

すごく不愉快だったので、すぐに違う女の子達の所へ逃げました。

そしてお酒を飲みながらバーベキューを食べいると、少しお腹が痛くなってきました。

最初は我慢していましたが、どうやらお腹を下している感じでした。

途中でトイレに行ったのですが、別の団体もいたので長蛇の列でした。

今考えればそこで並んでいたら何の問題も無かったのですが、私はまた後で来れば空いているかもと思って、皆の所に戻りました。

しばらくしてどうしても無理だったので、もう一度トイレに向かうと、全然行列は減っていませんでした。

しょうがなく並びましたが、オシ○コならまだしも、大きい方なので、脂汗も出てくる程苦しくなって来ました。

私は意を決して、バッグの有る所まで戻ってポケットティッシュ取り、森の方へ小走りに向かいました。

外でするなんて今まで考えられませんでしたが、この時は必死でした。

かなり森の奥まで進んで、周りの人を確認しましたが誰も居なかったので、パンツを降ろして木を背中にしてしゃがみ込みました。

しゃがんだと同時に大きな破裂音が森に響き渡りました。

私は心臓がドキドキいってるのがハッキリ聞こえました。

「プスー、バフッ、バフッ、グリュウウウウウウウウ」

と自分でも止められない音でした。

しばらくはお腹が痛くて動けませんでしたが、やっと調子も戻って何とか事を終えて森を出ようとして歩いていると、来る時は全然気がつかなかったのですが、第二駐車場がすぐそこに見えました。

どうやら私は森の奥に進めば皆から離れると思っていたのですが、もう少し進んでいたら駐車場に出ていた所です。

正気に戻るとかなり恥ずかしい所でしていた事に気がつきました。

何とか無事に乗り切れた開放感と、走った時にお酒が廻ったので、良い気分で皆の所へ戻りました。

そして日も落ちて来て、バラバラとバンガローに戻る人や、近くの健康ランドへ行ってお風呂に入る人、まだまだ飲み続けている人など、それぞれで行動していました。

私は女の子達と一緒に健康ランドに行く事にしたので駐車場へ向かいました。

すると途中で阿部が

「穴井さーん、ちょっといい?」

と話しかけて来ました。

私は

「えっ、これからお風呂に皆で行くので…」

と言うと

「ちょっと穴井さんにしか見せられないものがあるんですよ!」

としつこく誘ってくるので、

「何ですか?すぐ終わります?」

と言って少しだけ話を聞く事にしました。

阿部は

「じゃあ早送りで見せますね!」

と言って自前のカメラを取り出して再生を始めました。

そして始めは理解出来なかったんですが、森の中の映像が映り始めた時に絶句してしまいました…。

あの時の外で用を足していた映像を盗撮されていました。

それどころか、私が居なくなった後、私の出した物までカメラに納めていたんです…。

私は何も言えなくなって、その場にしゃがみ込んでしまいました。

死ぬ程の恥ずかしさで、顔を上げられませんでした。

阿部は

「穴井さんのう○ちって顔に似合わず凄い臭いでしたよー」

とか

「綺麗な人のって、こんな色してるんですねー」

と平気で感想を言い始めました。

あまりに言われ続けていると、私も頭に来始めて、

「何なんですか?これ犯罪ですよ!最低です、警察に言いますよ」

と言うと、

「僕は偶然森を散歩していたら、穴井さんがしゃがんで何かはじめたんで、最後に確認に行っただけですよ」

と全然動じていません。

そして阿部は

「警察に言ってもいいですよ!盗撮じゃないですもん、でも警察の人にこの映像見られますけどいいですか?」

とさらに私を追い詰めてきたんです。

私もどうしていいか分からずに黙ってしまいましたが、カメラを壊してしまえばと思い、阿部からカメラを一瞬で取り上げたんですが、

「壊してもいいですけど、また買って下さいね!ちなみにデータはパソコンにコピーしてありますから!」

と言われどうにもならなくて泣いてしまいました。

とりあえず駐車場で待っている女の子達に電話して、体調が悪くて行けなくなったと伝え、私は阿部とバンガローに残りました。

そのバンガローを使う社員達は、皆お風呂に行った所です。

阿部は

「時間無いんで、手っ取り早くイキましょうよ!穴井さんブラジャーだけ取って下さいよ」

と言い出しました。

私は阿部が何をしたいのかは分かっていましたが、どうしても生理的に受け付けられないので、モジモジしていると、

「早くしろよ野グソ女がぁ」

と人が変わったみたいに怒鳴り出しました。

私はビックリして、急に恐くなりました。

弱味を握って強気になったんでしょうか、口調が全然違いました。

言われた通りにブラジャーだけを外して、タンクトップだけの状態です。

阿部はカメラを回しながら、

「穴井、おっぱい揺らせよ」

と命令してきたので、言われた通りに左右に胸を揺らしました。

最高の屈辱です…こんなキモイ奴に…と悔しくて泣けてきました。

阿部はタンクトップの上から乳首をコロコロ手の平で転がしてきました。

私は手で隠そうとすると

「お前ふざけんなよ!今度抵抗したらビデオばらまくぞ、いいか!」

と怒鳴ってきて本当に恐かったです。

そのまま乳首を弄られ、悔しいですけど、こんな時でも乳首を刺激されるとすぐに硬くなってコリコリになってしまいました。

すかさず阿部は

「穴井はスケベだなー乳首すぐ立ってるじゃないですかー」

と言葉攻めをしてくるのですが、私は言葉攻めが一番弱いので、体がゾクゾクして、ドンドン乳首が感じてきてしまいました。

絶対に阿部には悟られないように無表情を続けていましたが、段々呼吸は荒くなっていたと思います。

阿部はカメラを窓の枠の所に置くと、私の後ろに廻り込んで、タンクトップの下の方を掴んで、カメラに正面を向かせると一気にタンクトップを捲りました。

思わず「きゃあ」と叫びましたが、Gカップの胸が「タップンタプン」と波打って飛び出してしまいました。

阿部は

「ハァハァすげーすげー巨乳、すげー本物だよ」

と普通じゃ無いぐらい興奮して、胸を揉みクチャにしてきました。

私も乱暴に力強く揉まれるのが大好きなので、声を我慢するのに必死でした。

そして阿部は正面に廻って、ネットリと乳首を舐めはじめました。

本当に悔しいんですが、舌が異常に長くてメチャクチャ気持ち良くて、思わず

「はぐうっ、んくうっ、ハァハァ」

と声が漏れてしまいました。

体もブルブル震えてしまい、阿部は

「伊代ちゃん気持ちイイだろー、これでヘルス嬢何人もセフレにしてんだから」

と言っていました。

社内の噂で聞いた事が有りましたが、阿部は顔はキモイんですがテクニックが凄くて、風俗の女の人とプライベートで付合っていると言う話でした。

それから阿部は

「じゃあそのおっぱい使っちゃおうかなー」

と言い出して、まずパンツを脱がせてフェラで大きくするように言われました。

渋々パンツを降ろそうとすると信じられない位の臭いが洩れていました。

そしてパンツを降ろすと、男の性の臭いとアンモニア臭の混じった臭いで気持ち悪くなる程でした。

また阿部に怒鳴られるので、最初は手で触っていましたが、阿倍のモノは皮をかぶっている割には凄く大きくて、最初から太さがありました。

しばらくすると段々大きくなってきて、皮がめくれると、今まで見た事無いような大きなモノになりました。

阿部は自身満々に

「伊代、でかいだろ?俺の」

と言ってきますが、認めるのが嫌だったので

「分かりません…」

と言いましたが、本心では、握っているだけで濡れてしまいそう…と思っていました。

阿部は私の頭を掴んで、無理矢理しゃぶらせました。

喉の奥まで突っ込んでは引き抜き、掃除をさせるようにしゃぶらせて、ドンドン硬くしているのが伝わって来ました。

口の中は男の臭いでいっぱいになり、最初は吐きそうになりましたが、元々男の人の臭いが好きだったので、媚薬を飲んだように頭がボーっとしてきました。

いつの間にか阿部は両手を放していましたが、私は自分で首を振ってフェラをしていました。

阿部が

「伊代ちゃん自分からしゃぶってくれて嬉しいなー」

と言われて「ハッ」っとして動を止めました。

阿部はニヤニヤしながら、

「そろそろパイズリしちゃうよ!」

と言って、私に胸を寄せて持つように言いました。

「伊代ちゃんレベルになると普通のパイズリじゃなくて正面から突っ込めるんだよなー」

と楽しそうに笑いながら私の胸を道具みたいに使っていました。

私も胸で挟んでいるだけなのに、まるで入れられているような感覚になってしまい、ハァハァ言っていました。

阿部は

「一発出しとくか?イクぞ、あああああ、イク、あっ出る」

と言うと凄い量の精子が谷間から溢れてきました。

ヤクルト一本分はありそうな量で、完全に征服されたような気になってしまいました。

出した物をティッシュで拭いて、フェラで掃除をさせられると、

「じゃあ伊予のマンコも気持ち良くさせてやるからな!」

と言って、パンツを脱ぐように言われました。

正直言って、普通じゃ無い位濡れているのが分かっていたので、阿部に見られるのは屈辱でした。

「うわーーーー、何これ、凄い汁、マン汁凄いよ伊代ちゃーん」

「分かりません、ハァハァ」

「白いの垂れてるけど、本気汁?ねー本気汁じゃない?」

「知りませんそんなの…うはぁ、ハァハァ」

「これアップで撮っとこ!こんなの無理矢理じゃないよ絶対!こんなビッチャビチャでクリも勃起させてさー」

阿部が言う度に中からドンドン濡れてきてしまい、死ぬ程恥ずかしかったです。

そして阿部は、アソコには触れずに臭いを嗅いでいました。

「伊代のマンコすげー臭い、女の臭いですねー、あーあ、さっきう○ち出したアナルも綺麗だねー」

とアソコギリギリに顔を近付けて、ひたすら感想を言われると、触られてもいないのに、アソコの奥がジンジンしてきます。

阿部はその間も内ももを指で撫でたり、おしりを撫でたりしているので、それだけで感じてしまっていました。

相手が阿部じゃ無ければ、こっちから

「早く舐めて!」

と言っていたと思います。

散々焦らしたあとに阿部は、親指で思いっきりビラビラを広げて、人指し指でクリトリスの皮を捲り上げました。

私の恥ずかしい部分は完全に剥き出しで、クリトリスも完全に勃起していたと思います。

阿部はジーーーーッと見つめているだけで、私は早く舐めて欲しくてたまりませんでした。

すると阿部は長い舌で

「ネチョッ」

とクリを舐ると、凄い早さで集中攻撃をしてきました。

私は待ちに待っていたので、

「あああああ、うぐううううう、はあああああああ」

と声を出して、すぐにイキそうになりました。

絶対にイッた所を気付かれてはいけないと思って、声を殺しながら

「ふぐうううう、んぐっ、ハァハァ、ひぐっ、んぐううう」

と感じていて、もうすぐイキそうな時に阿部は動を止めました。

私はそれだけで痙攣をしていましたが、イキたくておかしくなりそうでした。

阿部は全部分かった上でそれを繰り返しました。

何度も何度もされて、屈辱でしたけど私は我慢が出来なくなって

「イカせて…」

と言おうと思った時に、阿部が

「そろそろ皆が戻ってきちゃうからもういいよ」

と言い出しました。

私はちょっとびっくりしてしまい、

「えっ、あっ、はい」

と挙動不振になっていました。

てっきり最後までさせるんだと思い込んでいたので、悶々とした気分でバンガローを出ました。

阿部は

「このビデオは誰にも見せませんから安心して下さい」

と言って、どこかへ行ってしまいました。

私はどうしようもなく体が火照ってしまい、すぐにトイレに行って自分でしてしまいましたが、全然納まりません。

阿倍の舌の動きが忘れられなくて、ずーーとウズウズしていました。

私は自分から

「イカせて下さい」

なんて絶対に言えないし、言いたく無いので、色々考えて、阿部を挑発していれば向こうから誘ってくると思い、阿部を探しました。

阿部は他の社員と一緒に外でバーベキューの残りでお酒を飲んでいました。

私は阿倍の正面に座り、カーディガンを着ていますが胸を露出させるように前屈みになったりして、他の社員さんと話をしていました。

すると阿部が横に座って来て、ニヤニヤしながら、

「相変わらず巨乳がセクシーですね、僕ちょっとやばいですよ」

と囁いてきました。

ふと阿部のアソコを見ると、ジャージの上からパンパンに膨らんだ大きなアソコがハッキリ分かりました。

私は体がジンジンしてきてしまい、私が挑発するはずだったのに、こっちが挑発されてしまいました。

しばらくすると阿部は

「ちょっとトイレ行って来ます」

と言って席を立ったので、私は自然に

「あっ一緒に行きます」

と言って付いていってしまいました。

阿部は

「何で僕と一緒にいるんですか?」

と聞いて来たので、誤魔化す為に

「知らない所で他の人にアレを見せられると困ります…」

と言いました。

すると阿部は途中で森の方へ入って行って、

「さっき出したけどまた溜っちゃったんでお願い出来ますか?」

と言って、木の影でパンツを降ろしはじめました。

さっき見たばかりの巨大なモノが半分ぐらい硬くなって

「デローン」

と垂れています。

私はその前にしゃがみ込んで、すぐに頬張り、凄い音を立ててじゃぶりはじめました。

阿部は

「えっ、別に手で出してくれれば良かったのに」

と言い、私はハッとして、凄く恥ずかしくなりましたが、そのまま無言でしゃぶり続けました。

そのまま数分フェラを続けていると阿部は

「伊代、フェラで出すのと本番で出すのどっちがイイ?」

と聞いてきました。

このままフェラで終わってしまったら、私はまた火照ったまま放置されます。

もう体は限界でした…でも絶対に本番して欲しいなんて言えませんし、キモイ阿部に屈するのは嫌でした。

すると阿部は無言で私を立たせるとズボンとパンツを降ろすように言いました。

膝まで降ろすと、木に手を突かせて、お尻だけを突出す体勢にさせられました。

阿部はゆっくりと指を入れてきましたが、私のアソコはフェラだけでビッチョリ濡れていました。

「あーあ何もしてないに凄いね伊代はー」

と言われながら二本指でGスポットを掻き混ぜはじめました。

私の体は溜りに溜っていたので、すぐに

「あぁぁあん、うぐぅぅぅぅぅぅぅ、はぁぁぁぁあぁん、ハァハァ」

と大声を出してしまいました。

そして阿部の寸止め地獄がはじまりました。

潮を噴く直前でストップして、本番がしたいのか聞いて来ます。

私はすぐにでも大きなモノをぶち込んで欲しかったのですが、自分からは絶対に言うつもりは有りませんでした。

でも10回以上繰り返されると、もうどうでも良くなってきてしまい…ついに、あの阿部にお願いしてしまいました。

「もう、もう無理、無理です、ハァハァ、あぁぁぁぁん、はぁぁぁん、ハァハァ」

「どうする?伊代、マンコ汁すごいよコレ、え?」

「いいです、ハァハァ、好きにして下さい、ハァハァ」

「俺はフェラでもイイよ、じゃあ口で終わらせて、早く、ほら」

「…ハァハァ、もうアゴが疲れて出来ません、ハァハァ」

「じゃあパイズリでいいよ、早く」

「…あの、ハァハァ、入れて…下さい…」

「えっ、伊代が入れて欲しいの?へーさっきは嫌がってたじゃん、やっぱ変態女かー」

「違います…もうダメです、ハァハァ」

そうすると阿部は指を抜いて、巨大なモノを穴に当てがいました。

私はそれだけで体がゾクゾクしてプルプル震えていました。

「入れてやってもイイけど、伊代は今日からセフレだぞ、いいか?」

「えっ、…は、はい」

「俺がやりたい時は最優先で飛んでくる事!いいね!」

「…はい」

「伊代は彼氏いるだろ?彼氏と一緒にいるときも、呼び出したら来いよ!」

「は、はい」

そんな会話の中、私は早く入れて欲しくて、腰をグイグイ押し付けていました。

そして阿部はゆっくりと立ちバックで巨大なアレを入れはじめました。

もう凄い感覚でした…お腹が広がって、いっぱになって、体がガクガクしています。

強欲な雄に犯されたように、征服された喜びがすごくて、奥まで入った時には、

「ふぐうううううう、はぁぁぁぁぁあぁ、んぐうううううう、ああああああああああ、はうっ、うぐっ」

とへんな声を出して、小さくイッてしまいました。

少し意識が遠くなった所で、呼び戻される様に激しいピストン運動がはじまりました。

「ふがああああああああ、いやあああああああ、すごい、あああ、すごいコレ」

「伊代、イイだろ、気持ちいいか?」

「ああああ、イイ、すごいイイ、いやあああああ、ダメ、ダメ、あああああ、もう、もうイク、イク、いやああああああ、イキますううううううう、ああああ、ふぐっ、ハァハァ、ひぐっ」

入れて2、3分ですぐにイッてしまいました。

今まで待ちに待っていたので、その快感は普通じゃ無かったです。

膝をガクガク震わせて、一番恥ずかしい姿を、一番嫌いな男に見せてしまいました…しかも自分から望んで…。

阿部はその後も容赦無くピストンを続けます…。

「ああああ、どうだ、俺のイイか?」

「はぁぁぁん、ハァハァ、イイ、すごい、おっきい、おっきいの、イイの、あああ、いやああああ、あぁっぁぁぁん」

「彼氏のチンポとどっちが好きだ?」

「こっち、こっちのがイイ、ハァハァ、おっきいの、おっきいのがイイ、あぁぁぁあん、ひぎぃぃぃぃぃ」

「伊代、俺の事好きか?どうだ?」

「好き、凄い好き、もうどうにでもして、ハァハァ、好きにして、犯して!!あぁぁぁぁ、はぐううううう、ひぐっ」

「よおおおし、じゃあ今日から俺の女にしてやる、いいか」

「はい、ハァハァ、あなたの女になります、ハァハァ、凄い嬉しい、ハァハァ、あぁぁぁあん、ハァハァ」

「ああああ、じゃあ今日からいつも中出しだぞ?いいか?」

「いやあああ、ハァハァ、中は、中はダメ、他ならどこでも、ハァハァ、ふぐうううう、はんっ、うぐううう」

「じゃあ、もう止めだな」

「ダメ、それはダメ、ハァハァ、あああ、お願い、お願いします、ハァハァ、突いて、太いので突いて、ハァハァ」

「じゃあ、中だぞ、いいか?出すぞ、イクぞおおおおお」

「いやあああああ、あぁぁぁぁぁぁん、ああああ、もう何でもいい、ひぐううううううう、どうでもイイ、あああ、気持ちイイ、おっきいのイイ、ああああ、あぁぁっぁぁあん、出して、何処でも出して、イイ、あああああ」

「イクぞ、出すぞ、中でだすぞ、イク、ああああ、出る、あああ出る」

「ああああ、伊代もひぐうううう、ああああ、出して、中に出して、イイ、出して、イク、イク、いいいいいいいいい、ひゃあああああああ、ひぐっ、ふぐっ、ハァハァ」

阿部の大量で温かい精子を中で受け止めてしまいました。

さっきと同じ位の量の精子がハッキリと飛び出してくるのが分かりました。

正直、最高に気持ち良くて、この人にずっと征服されたいと思ってしまいました。

キモイ顔の男に征服されているのが逆に興奮を高めたんだと思いました。

それから阿部のアレを口で掃除させられて、皆の所に戻りました。

その後も、皆で深夜まで飲み続けていましたが、他の社員さんはベロベロになっていましたが、私はお酒どころか、また体が疼きはじめて、どうにもなりませんでした。

私は阿部から離れる事が出来なくて、阿部が買い出しに行く時や、トイレに行く時は、絶対付いて行ってしまいました。

自分からは誘う事は出来ないのですが、なるべく阿部が誘い易い状況を作るのに必死でした。

そしてその晩の飲み会の時だけで、3回も中出しされました。

買い出しの時に1回とトイレに行くと言って2回です。

私のアソコはずうーと濡れっぱなしで、阿部は二人になるとイキなり森に連れ込んで、パンツを降ろすと、イキなり突っ込んできますが、私のアソコは何の抵抗も無く

「ブチュッ」

と音を立てて飲み込んでしまいます。

安全日では無かったと思いますが、どうしても中に出して欲しくてたまりませんでした。

それだけやったにも関わらず、私はおかしくなった様に性欲が増して行きました。

飲み会が終わったその日の夜、私は自分達のバンガローに戻って、そのまま寝るつもりでした。

でも、阿部の大きなアレを考える度にドンドン興奮してしまい寝れませんでした。

そんあ私を見透かした様に阿部からメールが来ました。

『寝る前にもう一発したいんだけど、眠かったら別にいいよ』

と入っていたので、私は我慢出来ずに

『どこに行けばいいですか?』

と返して、マイクロバスで待ち合わせた。

私はすぐにでも犯して欲しかったので、足早にマイクロバスに向かってしまいましたが、到着して恥ずかしい事に気が付きました。

私のバンガローの方が遠いのに、私の方が早く着いてしまいました。

阿部が後からきて

「伊代ちゃん早いよーそんなにやりたいの?」

と言われてしまいました。

マイクロバスの鍵を持って来た阿部は、バスに乗り込んで、一番後ろの座席に着くと、またすぐに入れようとして来たので、私は我慢出来ずに、ずっと言いたかった事を言ってしまいました。

「あの…ちょっと待って下さい…」

「はぁ?どうしたの?」

「あの、いきなりじゃなくて…あの、普通、少し触ったりしませんか?…」

「だって伊代、もうビチャビチャじゃん、ほら、ももまで垂れてるよ!」

「でも、あの…普通、舐めたりとか…」

「あー、伊代、舐めて欲しいのか?スケベだなー、俺の舌テクが気に入ったのか?」

「…」

私は最初にバンガローで舐められて以来、結局イカされないで終わったので、どうしても我慢が出来ませんでした。

あの舌使いが忘れられませんでした。

そして、あの時と同じように、思いっきりクリの皮を捲り上げ、長い舌で舐め回しはじめました。

ベチャベチャに唾液を付けて、うなぎがうねる様に滑らかな細かい振動をされるとすぐにイキそうになり…。

「ダメ、あああああ、ダメ、ひぐ、ひぐ、ひいいいいいい、ひやああああああ、はぐっ、ふぐっ」

とすぐに一回目の絶頂に達しました。

それから詳しくは覚えていませんが、10回以上はイカされて、バスのシートは私の潮でベチャベチャになっていました。

最後は頭がおかしくなって

「凄い好き、ねえ、この舌伊代以外に使っちゃダメ、いやあああ、凄い気持ちイイ、伊代だけ、伊代だけにしてーーーー」

と叫んでいた記憶があります。

それからすぐに生でぶち込まれました。

「ああああ、すごい、コレすごいよ、一番イイよ、ハァハァ、ひやああああああ」

「ああああ、また中に出してほしいか?」

「うん、出して、ハァハァ、中じゃなきゃダメ、お願い、ああああん、あん、あん、ハァハァ、いっぱい、出して」

「あああ、じゃあ出すぞ、いいか、イクぞ、妊娠しろよ、いいか、」

「あああああ、すごい、イイ、妊娠させて、お願い、妊娠したい、ああああ、イイ、出して、ああああああ」

「あああ、イクぞ、出る、あああ、出る」

「イク、イク、ああああああ、イッくうっ、ふぐっ」

また、凄い量の精子を出されて、快感で動けませんでした。

もう私は阿部の奴隷になるしか有りませんでした。

その旅行が終わった後も、仕事中にトイレでしゃぶらせたり、昼休みにご飯も食べずにラブホに行ったり、残業中に中出しされて、そのまま仕事をしたりと好き勝手にやられていました。

結局私がその会社に派遣されなくなるまでの半年間はほとんど毎日彼の性処理をしていました

オススメエッチ体験談


男性向けエステマッサージで乳首弄りで勃起されたお客様www

AV出演した事があるパート主婦の奥さんと絶叫アクメ不倫www

妹の可愛いお尻が見えてパンツを脱がしたくなってくるwwwwwwww


出会い系アプリで超美人な人妻は腰使いが凄い淫乱痴女だった件

由緒正しき家柄の長男は、結婚前にSEXトレーニングがある。。。

涎を垂らしイクイクイッちゃうーな色白若妻wwwwww

妹をオナホ扱いするエロアニキな俺wwwwwwwwww

極上美人なキャビンアテンダントの美尻を撫でながら膣痙攣射精

家庭を壊さない程度に付き合っていた男とのエッチ体験

某アイドル似の美女と濃厚セックスが気持ちよすぎた件wwwwww

合コンでセレブな美人人妻をお持ち帰りしちゃいましたwwwwww

年上の彼女と付き合っていた時に言葉責めしまくった件

職場のウブな人妻と不倫セックスできた件wwwwwwwww

姉と一緒にお風呂に入ってお互い触り合っちゃいましたwww

マグロだった嫁が浮気して急にエロくなった件wwwwwwwww

露天風呂で初めて会った年上女性で童貞卒業できましたwwwwwwww

出会い系サイトで知り合ったのはメンヘラビッチな彼女・・・

変態夫婦が主催しているオフ会に参加してきました

パーティーに参加して皆の前でエッチしちゃいました・・・

派遣社員の人妻と酔った勢いでやっちゃいましたwwwwwwwwww

契約社員の女性にラブホに誘われましたwwwwwwwwwwwwwwwww

女友達と卒業旅行に行く予定だったのですが・・・

出張中にした中出しエッチ体験聞きたい???

人妻にしてもらったバキュームフェラがヤバ過ぎたwwwwwwwwww

紳士的な男よりも強引な方がエッチ出来るwwwwwwwww

巨乳美人な友人の嫁を寝取り、子宮にザーメン垂れ流すwwwww

街角ナンパでAV出演してしまった姉・・・

酔ったレズビアンをお持ち帰りしてHしたったwwwwwwww

口内射精してくれる超美人な先輩と切ないワンナイトラブwww

飲み会でメンヘラな彼女に顔射して欲しいとお願いされたwwwww

電車にいたポニーテールの痴女女子大生がお尻アタックwww

ハロウィンにサラリーマンにナンパされカラオケBOXで乱交しちゃった女子大生

松葉崩しで着痩せする先輩OLの巨乳おっぱいが揺れるwwwwwwww

夏休みにバーベキュー企画でねっとりキスしながら手コキしてあげるw

アナル舐めしてくれる原宿系のお洒落素人女子大生をナンパwwwwww

介護士の卵の妹が兄のオチンチンで介護トレーニング

モテる職業「バーの店長」に抱かれる女達www

バイトで知り合った少女の母親とエッチする関係になりましたwww

義理の妹とセックスするようになって開発を始めましたwwwwwwwww

友人の妻等総勢5人の女性と。。。

熟女と初エッチしたらハマってしまいましたwwwwwwwwwwww

彼女を寝取られ、喘ぎ声を聞いていました・・・

隣の旦那さんが夜勤の時に奥さんを頂いちゃってますwwwwwwwwwww

睡眠薬を使って妻のアナルにイタズラしましたwwwwwwwwwwwwwww

ちよっと酒癖が 悪い友達の奥さんとセックスした話

人妻とのエッチで童貞を卒業しましたwwwwwwww

美人な双子姉妹と姉妹丼したったwwwwwwwwww

町内会の人妻熟女と不倫セックスしちゃいましたwww

私の痴態を他人に見せて興奮する夫・・・

スーパーで美人な若妻が万引きしたのでお仕置きに犯しちゃいましたwww

オススメエロ画像


大きなお尻がエロいJKと制服着たまま濃厚セックス画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その4

華奢なツンデレパイパン美少女のハメ撮り画像 51枚

性欲を掻き立てる白いTバックを身につけたお姉さん画像 43枚


古風な印象の大和撫子OLがドスケベだと判明したハメ撮り画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その3

メロンのような爆乳女子●生と中出しセックスする画像 51枚

三次 肉に溺れるハーレム乱交画像まとめ 63枚

下品なSEXが大好き美少女の中出し3P画像 51枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その2

淫乱な、爆乳Gカップの三十路人妻とのハメ撮り画像 51枚

トイレでエロい事してる人たちの画像まとめ 71枚

むっつりスケベなスレンダー美少女のセックス画像 52枚

金玉が空っぽになる可能性を秘めたエロ画像寄せ集め 50枚 その1

ピンクの乳輪が可愛いEカップの制服美少女が乱れるセックス画像 51枚

三次元のリアルな乳袋画像まとめ 74枚

スレンダーなオフィスのアイドルを調教した画像 51枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 妻の過去 無防備 妻の友達 ビキニ バレないように 二穴 オシ●コ 獣● 肉●器 ラッキースケベ DQN トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 バイアグラ マット 土下座 友達の妻 お客 妻の姉  隠し撮り 相互鑑賞 サッカー部 M字開脚 性接待 剣道部 美容師 お盆 オナホ 地味 本気汁 3P イメプ 再婚 男の潮吹き 医師 聖水 ボーイッシュ 手錠 お局 クスコ 美少女 近○相姦 貝合わせ ギャップ 豊満 素人 鑑賞 近所 ヘタレ マニア 新婚 美術部 花見 ベランダ 喧嘩 講師 顧問 テント モテ期 ドレス メガネ マンスジ ストッキング 兜合わせ 自撮り 脱衣 レ○プ ノンケ アクメ 神社 性教育 プレゼント 夫の上司 尾行 春休み 愚痴 ボランティア チンぐり返し テニス ゴルフ 教育実習 放置プレイ 団地妻 避妊 釣り 逆痴●  継母 金髪 アフター SM ゴルフ場 4P ハミ毛 コテージ ヒッチハイク 背面座位 マンぐり返し 先輩の母 友達の夫 アヘ顔 回春マッサージ オムツ 騎上位 スカウト 不妊症 グラドル メンズエステ ストレス リハビリ 相互オナニー 実家 シングルマザー OL 染みパン 接骨院 スケスケ ムチムチ 台湾 初夜 ボーナス チンカス 友達の奥さん オーナー 小悪魔  姫初め 遭遇 倦怠期 新年会 性生活 レオタード 両親 パワハラ 弁護士 喪女 寝起き 独身 一人暮らし 黄金 恋人交換 流出 拡張 マジックミラー ファザコン ホットパンツ 挑発 スケベ椅子 エロ動画 パジャマ アラフィフ 女神 台湾人 帰省 北海道 首絞め グラビアアイドル ぎっくり腰 罵倒 写真 目の前 イジメ 逆●漢  DJ ニーハイ 割り切り 手術 韓国 飲● 彼女もち 添乗員 キチガイ 発見 M字 野菜 租チン 便秘 マイクロビキニ 自転車 隠撮 ブサメン イベント 唾液 同期 搾乳 生保レディー 社長夫人 従姉妹の娘 ロープ 新幹線 竿付き オーストラリア リア充 フツメン トラック お姉さん 産婦人科 柔道部 チアリーダー 弓道部  団地 流産 床上手 小柄 警察 パパ友 役員 エロなし ペニスバンド 潔癖 臭い 露天 生徒の母 ペット 黒髪 美尻 左遷 姉の夫 フェス マラソン 貧乏 レ〇プ グラマー 回春 性感帯 ガムテープ M性感 エロゲー ライブハウス ナプキン 出会い喫茶 喪男 ボクシング部 エロ本 夫の兄 ギター 無精子症 美女 別荘 婚活 Fカップ 免許 タレント 女風呂 スポーツクラブ 仁王立ち 夫の同僚 チャイナドレス 恐怖 将棋部 ハワイ 竹刀 ホテトル ノロケ 婚約者 ぱふぱふ エロ漫画家 バレー部 立ちション う●こ 唾液交換  上司の妻 バキュームフェラ 仲居 皮オナ 夫婦喧嘩 エロ写メ 言いなり  スパッツ オナペット 苦痛 お見合い 俳優 先輩の奥さん 上司の奥さん ライブ 即ハメ ジョギング 友達夫婦 現地妻 イメプレ エロ画像 直穿き 背面騎乗位 ペニクリ 隠しカメラ 子作り ふたなり 元カノの妹 友達の父 友達の旦那 ソープ嬢 自虐 スカイプ 姉妹●姦 盲腸 ニート 主人  ブラチラ 屈曲位 ご奉仕 三角関係 ハメ潮 集団 ハプバー 体育館 フィリピン人  タイツ 母子交換 ロリ系 金持ち 腕枕 マッチョ M男 閉経 ボンテージ 元嫁 知り合い エレベーター 臭いフェチ 無修正 電話中 女湯 15P カマトト 蟲姦 出禁 カミングアウト かりまん 相部屋 同伴 便器 泥沼 性感エステ 阿鼻叫喚 出張ホスト イカ臭い 精液便所 ポッチャリ ボーリング メス豚 共依存 バスタオル バナナ 長ネギ 我慢 大家 片思い 宴会芸 オーディション 職権乱用 星姦 性上位 自慢 生き別れ ドクター 助手 人助け ローカルテレビ ボディービルダー 企画 出勤前 まんぐり返し オタク女子 上目遣い 自尊心 バージン 介護職 ランデブー 辻本杏 塾講師 ゴミ箱 おねしょ シラフ 同性愛 使用済み 姉妹交換 むっちり 黒タイツ 靴なめ ハードセックス キス魔 自暴自棄 美肌 沖田杏梨 ムチ 渋滞 早熟 飯岡かなこ バスケ ローソク 口臭 吊り橋効果 パトロン ワカメ 母の妹 ハイボール 禁欲 ラブレター ローライズ オリモノ 乱暴 草食系男子 オプション 転校生 キモメン 先輩の妻 鷲掴み 気絶 洗濯バサミ 老婆 避妊リング 70代 社長婦人 ユルマン リフレクソロジー ケツ毛 車検 ハイグレ ぢゃ性 寝落ち 姉妹相姦 マイナー 無料 勇気 おへそ 近●相姦 絶縁 配信 チンピラ 保育園 バストアップ 寝起きドッキリ チキン 宿題 日系ブラジル人 中性 祖母 号泣 IUD パラダイス  ネットH 紳士 男子禁制 フタナリ 悲惨 パーカー 韓国エステ 焦らしプレイ 悪酔い 目覚ましフェラ 支配 東京 脱サラ 脇舐め 一気 射精管理 インドネシア人 ポロリ 健全 ちんぐり返し キッチン 伊豆 サランラップ お祝い おあずけプレイ コスプレ巨乳 テクニック 彼女の弟 神秘 婚約 ネパール人 嬢王様 介護 想定 正月明け 体操部 儀式 失笑 乳がん 性○隷 ノルマ 腰痛 デルヘル ボディービル メガネ屋 弟の妻 プロレス フィギュアスケート部 読者モデル 看板娘 ピーナッツ おもてなし 妻の友人 マリッジブルー ブラック企業 種違い 料理教室 腐敗 訪問販売 全身リップ 出合い系 背徳感 バレンタイン ラノベ ファン 胸糞 TV電話 クォーター マッサージ師 興奮 ブーツ 密会 バイブフェラ 他人棒 女子プロレスラー 水泳教室 診察台 四つんばい 汚物 母子家庭 処理 パイチラ 屈辱的 谷間 無臭 お花見 アスリート女子 人参 ぶっけけ インフルエンザ 義理の娘 エアロビクス 近○相○ せどり 竿姉妹 主張 恋人 地獄 腐れ縁 音声 寝盗られ お小遣い ギャル男 サーファー  筋肉フェチ ニューカレドニア 乳首舐め 夏フェス 歳下女子大生 元ヤン 狸寝入り ひとり暮らし 校長 彼女の父 メタボ カナダ 芸能事務所 発熱 カウンセラー 編みタイツ 顔舐め バット 引き籠もり パリ ネイリスト 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 ジジイ 乳コキ ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 同期の妹 悶絶 恋愛禁止 兜合せ 吹雪 シンママ 社員 録音 日焼け 後輩の妻 逆セクハラ カツアゲ 交尾 生本番 芸能 公認 ハシゴ 試験 限界 会長 後輩の男友達 ジーパン 男湯  美少年 壁ドン 倒産 中だし 新婚初夜  無礼講 控え室 仕事 ママ マンカス チア部 同時イキ 親切 セリクラ 穴あきパンティ 股間 マンコ 10P 半陰陽 胸毛 風習 飛行機 万馬券 染み 塩対応 ニーソ 貸切 彼氏交換 行水 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ ボクサー アメフト部 バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 立ち合い プレハブ 騎馬戦  AV GW CA 輪● 仲直り 飲酒 jk 彼氏の妹 3穴 義理兄 アナル責め 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 娘の夫 義息子 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 先輩の婚約者 友達の家 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 研修 下ネタ サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ バドミントン部 卓球部 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 牛乳 森ガール 近親○姦 母子○姦 逆ギレ 不満 女優 ニュージーランド人 プラトニック アメリカ サクラ ケジメ 出会い 馬鹿 ポカリ 小説風 年始 初潮 SMクラブ ウェディングドレス 生意気 スノーボード 貯金 バンガロー 排泄 チーママ 下品 音信不通 部室 ダブルブッキング 摘発 ペンション 保護者会 サッカー少年団 キュウリ アイマスク パンパン コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 社長の娘 シングルファザー セカンドバージン シミ付き 元旦 中継 テニススクール 処女初体験 サプライズ 娘の担任 コーヒーショップ バンコク インモラル カンボジア レディース 報告 婚活サイト 恨み 敬語 自棄酒 セミプロ 検査 サドル フェラテク 本気 不潔 苦情 お清め マンション 交換 喘息 制裁 フィジー  廃墟 ソフトテニス部 利子 寄付 アナルファック 大学受験 通勤 空家 彼の家 リンパ 留守番  初対面 キャットファイト 暴発 事務 色弱 エクササイズ 白髪 セックス依存性 賞品 セフレ交換 くじ引き ホームセンター ボクシングプレイ 27P 整体師 保護 出前 角オナニー お化け屋敷 姉の同級生 ラーメン屋 コレクション  収集 鮫肌 友人の嫁 スワッピングクラブ サスペンダー 介護士 自縛 マジキチ けじめ 同い年 ぼったくり ヘルパー twitter 狂気 監視 逆玉の輿 ガーゼ  お店 レディコミ ガン 肩書き フィリピンパブ 覚醒 添い寝 ハダカ MオンナS男 図書委員 委員会 宿直 おなら 婚前 憧れ 精液検査 退職 美容院 無抵抗 知的 GloryHole インテリ チン蹴り 人間不信 テスト勉強 食事 アダルトグッズ ビーチボール タトゥー 犬プレイ オン欄 出血 医学部 不眠症 伏せバック 友達の兄 シンガポール 運動会 ジャージ ヤンママ ボクっ娘 バニーガール Skype 眼鏡 娘の元カレ バツ2 男子校 叔母さん 謝罪 女店主 オジサン 半勃ち 浮気相手 おなべ シ○タ 脚フェチ 白ギャル キャッチ レストラン  腋毛 上級生 精神科医 クリーニング 看護学生 夫の従兄弟 下宿 パフパフ 足ピン セックス依存症 猫耳 テニスコート 葬式 で四つん這い 鍋パ 寝顔 カレー屋 ハローワーク 貸出 帰国 貧乏神 白衣 武勇伝 

フリーエリア