HOME > 【男性視点体験談】 > 人生敗北者の俺が初めてのラッキースケベを体験した話
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


人生敗北者の俺が初めてのラッキースケベを体験した話

関連体験談 :ラッキースケベ童貞
俺は26歳のブサメンでブラック会社勤務の安月給リーマン

その上、童貞である!

つまり人生の敗北者なのだ

それで女性:23歳、可愛くもなくブサイクでもない普通の子。

(年齢は色々あった後に知った)

俺はその日、

仕事でヘトヘトに疲れて帰る途中だった。

仕事先で火災が起こった事を想定した防災訓練をした帰り道だった。

そこそこ大きな建物の訓練だったので消防署から指導者も来ていて、

なぜか「火元責任者」にさせられていた俺は

現役の消防士に怒られ、指摘され、

みっちり絞られた日の帰りだった。

足にジンジンした独特な疲労を感じながらホームで電車を待った。

何で素人の俺がボロクソに怒られにゃならんのだ!

だの素人相手に説教を垂れる消防士の文句をブツクサと

頭の中で呟きながら何度も溜息をついた。

俺が電車に乗る駅は帰宅ラッシュ時にかなり込み合う。

その日は夜21時頃で、ラッシュは過ぎていたがホームはそれなりに混雑していた。

普段は夜遅くまで仕事をしているので夜21時に帰途につけるというのは久しぶりだった。

ただ、訓練後に発生したクレーム処理や本来の仕事をこなして疲労困憊。

身体と精神はかなり疲れていたのだが、大変だった1日を乗り越えたという達成感と、早めの帰途につけた開放感で、若干ほわほわした状態だった。

程なくしてホームに電車が入ってきた。

最前列にいた俺は電車に乗り込んですぐに空席を探した。

空席を見つけ、一目散にそこへ向かう。

新幹線のように進行方向に向かって2人掛けの座席があるタイプの車両だった。

人数があまり収容出来ないタイプなので、東京のような大都会ではあまり見かけないが、俺の地域ではこちらの座席タイプの方が多い。

理由はわからん・・・。

俺が窓際の席に座ると、後から入ってきた人もそそくさと座席に座り始める。

そして、後からやってきた1人の女性が俺の隣の席に座った。

・・・・・・・・・。

俺は女性を避けるように窓際に寄った。

自分より少し年下だろうか。

随分と小柄な女性だった。

ただ、思いっきり具合が悪そうで、髪はグシャグシャに乱れていた。

そして、何より気になったのがしばらくして漂ってきた強烈な酒臭さである。

夜21時の時点で既にかなりの酒を飲んでいたらしい女性は、口に手を当てて前屈みになり、ハァハァ息をしていてかなり苦しそうだった。

・・・・・・。

まぁ、所詮他人である。

むしろあまり構わない方が相手の為だと思い、横目でチラリと女性の状態を確認した後はガン無視を決め込んだ。

スマホを取り出し、適当にネットを眺めていた。

そして電車が動き出して10分が経った頃、事態は起こった。

横でうずくまる女性が小さくえずき出したのだ。

2人掛けタイプなので、周りの乗客は気付いていないが隣に居た俺は気付いた。

吐く。

この人、絶対に吐く。

あとどれくらい保ってくれるかわからなかったが、そう保たないだろうと思った。

今の状況が、もし出勤時の出来事であれば俺はこの場から逃げていた。

ただでさえ憂鬱な仕事前に、隣でゲロなんて吐かれたら堪ったものではない。

だが、俺は帰宅時における気の余裕と、偶然持ち合わせた良心がちょうど良い具合に混ざり、慌てず女性を介抱するべく行動に移った。

まず、俺のバッグに入っていた歯ブラシや手鏡や香水やらが入ったポーチを取り出し、中身は全てバッグの中にぶちまけ、ポーチを開いて女性の口元へ持っていった。

ビニール袋でもあればその方がよかったのだが、あいにく持ち合わせがなかったので、ポーチでエチケット袋の代用をした。

布製のポーチなのであまり役に立たないかもしれないが、床にぶちまけるよりマシである。

女性の方も、近づけられたポーチの意味を察したらしく、払い除ける様な事はしなかった。

と言うより拒否する余裕もなかったらしい。

次に、窓側に座っていた俺の方に女性を移動させようとした。

酒が入っているので羞恥心があるかどうかはわからなかったが、普通の人間ならば電車の中で嘔吐物と異臭を撒き散らして周囲の注目を浴びるなんて完全にトラウマものである。

窓際ならば周囲の視線も若干ではあるが遮れるだろうと思っての行動だったのだが・・・女性の限界は目前だったらしい。

今にも吐きそうだった。

もう間に合わない・・・。

俺は右手のポーチを半ば強引に女性の口に押し付け、女性の肩に左手を回して引き寄せた。

女性は俺の両膝の間に顔を突っ込む体勢。

男女による「アレ」に見えなくもない卑猥な体勢である。

少しでも周囲の目から遠ざける為に咄嗟に取った行動だったので不可抗力だ・・・。

・・・うん。

すると、その体勢になったまさにその時、女性が小さな声で

「グエ・・・ッ!ゥエエゴブ・・・・・・」

息を殺して吐き始めた。

一応周りに人がいるという意識はあったらしく、声を出さないように努めているみたいだった。

が、一度吐き始めたらなら無理に止めたりせずに全部吐いてしまった方がいい。

俺は空いていた左手で女性の背中を摩った。

吐いている人の背中を摩るなんてした事なかったので、何となく新鮮な感じだった。

女性の嗚咽が周りに漏れ、近い場所にいた乗客がこちらに冷ややかな視線を送り始め、一部は離れ(逃げ)始めた。

俺は目が合った乗客に申し訳なさそうにぺこりと頭を下げた。

状況的に女性と俺が知り合いのフリをした方が自然だと思ったので、女性を心配する素振りで耳元へ近寄って

俺「大丈夫、大丈夫」

と何が大丈夫なのか自分でもよく分からない慰め言葉を呟きつつ背中を摩ってあげた。

右手のポーチは水分の許容量を超えたらしく、滴っていた。

汚臭は思ったほど酷くなかったが、さすがに無臭とはいかず、独特な臭いが周りに漂い始めていた。

俺は摩っていた左手を止め、自分のバッグの中に放った香水を取り出し、辺りに無雑作に振り撒いた。

持ち歩いていた香水が柑橘系のフレッシュなタイプだったので、消臭の役割も十分果たしてくれたと思う。

バッグに香水を戻し、再び女性の背中を摩り始めた時に、俺の右手首がピチャピチャと濡れた。

どうやら女性が泣いているらしかった。

そういえば吐く時って涙出るよなぁと感傷に浸っていた。

手首にポタポタ落ちてくる涙が何とも切なかった。

俺が降りるはずの駅はもう間もなく着く頃だが、この女性を放って降りる気にはなれなかったので、やむを得ず乗り続けるのを覚悟した。

それより、この状況で見て見ぬフリをする周りの人々にさすがにやや苛立ち始めていた。

でも無理もない。

俺だって逆の立場であれば見て見ぬフリをしていただろうし・・・。

はぁ・・・。

さて、これからどうしようかと途方に暮れそうになっていた時、

乗客「大丈夫?」

と、俺が降りるはずだった駅から乗り込んできた40代かそこらの男性が声をかけてきてくれた。

俺「あ、はい。

すみません・・・」

乗客「その子具合悪いの?車掌さん呼ぼうか?」

おぉ、なるほど。

そんな手があったか。

俺「すみません。

お願いできますか?」

乗客「えぇ、呼んで来ますんで待ってて下さい」

心優しい乗客のおいちゃん、ありがとう。

おいちゃんは言うとすぐに後方へ向かって行った。

おいちゃんが車掌さんを連れてくるまでの間、俺は女性の背中を摩っていた。

女性も既に吐き尽くしたのか、嗚咽も治まって呼吸も整っていた。

しかし、恐らくは恥ずかしくて顔を上げられないのだろう。

ずっとうつ伏せのまま俺の右膝におでこを乗せて固まっていた。

しばらく女性を観察して、大丈夫そうだと確認した後、俺がポーチの口をそっと閉めた時に車掌さんが現れた。

車掌「大丈夫ですか?お客様」

俺「えぇ、大丈夫です」

車掌「コレ使って下さい」

厚めのビニール袋を俺に差し出してくれた。

既にマスクを着用した車掌さんは、これまた持ってきていた毛布のようなタオルケットを女性に被せ、そしてこれまた持ってきていた消臭剤やら消毒剤やらを辺りに振り撒いていく。

(・・・・・・慣れてるな・・・)

きっと車内で吐く人ってそれなりにいるんだろうなと思った。

車掌さんは俺に対して

「次の停車駅で駅員を呼んで待機させているので、一旦降りましょう」

と促し、電車の後方に戻っていった。

どうやらここへ来る前に次の停車駅へ連絡しておいてくれたらしい。

完璧過ぎるぞこの人・・・・・・。

社会人として凄く劣等感を抱いた・・・・・・・・・。

程なくすると次の駅に近づいてきた為、俺はタオルケットを女性の頭の上に改めて被せ直した。

顔さえ見られなければ起き上がっても恥ずかしさは随分軽減出来る筈である。

タオルケットの上から女性に話しかけた。

俺「次、降りますよ」

女性から返事はなかったが、少し頷くような仕草をした。

電車がホームに入り速度が緩やかになったのに合わせて女性の身体をゆっくり持ち上げ、立ち上がらせる。

バッグを取ろうとする女性を制し、扉の方へ促した。

俺は汚れていない手で女性のバッグと自分の荷物を全て持って扉へ向かった。

改めて気付くと、俺が居た車両にはほとんど人が居なかった。

そりゃゲロった車両に居たくないだろうし当然か。

しかし、よく見ると両側の車両からこちらをじろじろ見る人影が・・・・・・。

あぁ憎い・・・視線が痛い・・・憎い痛い・・・・・・こっち見んなクソッタレ。

扉が開きホームへ出ると、連絡を受けていたのであろう女の駅員さんが立っていた。

ほとんど吐き尽くして酔いも冷めたのか、女性の足取りはそんなに乱れていなかった。

女性は駅員さんに具合を聞かれた。

が、まだ喋る余裕はなかったらしい。

俺「えっと・・・」

俺は女性の代わりに駅員さんに状況を説明した。

せっかく早く帰れたのにタイムロスだなぁ・・・と心無い事を思いながら手短に説明を終えた俺は

「これ、バッグ」

ずっと持ったままだった女性のバッグをそっと返した。

俺「すみません。

自分はこれで失礼します」

と言い、そそくさとその場を後にした。

駅員「どうもご協力ありがとうございました」

と駅員さんにお礼を言われて軽く会釈し、女性にも視線を送ると、女性も駅員に合わせて小さく頭を下げていた。

女性にも会釈を返し、反対側のホームへ向かった。

途中、男子トイレに入り、手洗いとうがいを済ませた。

どうやら女性は駅の控え室のようなところへ誘導されて行ったらしい。

・・・やれやれ災難だった。

ちなみにポーチは車掌さんにもらったビニール袋にぶち込んで処分してもらった。

あの小物入れの代用品をまた探さないと・・・。

やってきた逆方面の電車に乗り込んだ俺はスマホを使い、通販サイトで物色を始めた。

それからしばらく経ったある日の事。

俺は相変わらず残業の毎日を送っていて、その日も会社を出たのは夜の23時過ぎだった。

終電の1つ前の電車に乗るのがもはや日課になりつつある。

人がポツポツとしか居ない駅のホームで電車を待つ。

・・・すると、ふと横から視線を感じた。

視界ギリギリのところで人の顔がチラチラ見切れる。

第六感とかではなく、完全に俺を2度見、3度見していた。

俺はチラ見する人に視線を移した。

視線を送っていたのは女性・・・。

あっ・・・。

本来であれば他人と偶然にも目が合ってしまった場合、すぐに視線を外すのだが横にいた女性は以前、電車内でゲロった女性と何となく雰囲気が似ていた。

なので、疑念のような視線を送ってしまった。

すると女性が

「あ、あの」

と話しかけてきた瞬間、

「あぁ、やっぱりあのゲロった人だ」

と確信した。

実のところ逃げ出したかった。

知らんぷりをしてしまいたかった。

が、返答した。

俺「・・・・・・はい」

女性「こ、この前、電車で・・・・・・・・・の方ですよね?」

ずいぶん省略された質問だったが、無理もない。

俺はコンマ数秒悩んでから覚悟を決め・・・、

「あ・・・・・・はい・・・もう具合、大丈夫ですか?」

あれから数日経っているのだからまだ具合が悪いわけがない。

ただ、返答としては間違っていなかったらしい。

「やっぱりそうですよね?!本当にご迷惑おかけしました」

ペコッと返答一発目で物凄く丁寧に謝られ、俺は密かにホッとした。

改めて女性を見ると、随分物腰の柔らかそうな人だった。

美人とか可愛いとかいうタイプの顔ではなかったが、おっとりした優しげのある顔だった。

なんだかんだで、あの日は最初から最後まで女性の顔はほとんど見えなかったからなぁ・・・。

俺「い、いいえ・・・俺何もしてないですよ」

女性「そんな事ないです。

本当に助かりました」

元々女性と話すのは得意でもなく、職場も年配のおばさん以外に若い女性は居ないので俺は少し緊張していた。

ちょうどその頃、待っていた電車がホームに入ってきた為、俺と女性は電車の中に乗り込んだ。

空席はたくさんあったが、何となく扉横の隅にある手すりの所に立つ事に決めた。

すると、女性も俺に添う形で近くの取っ手に掴まって俺に喋り始めた。

女性「いつもこんな時間まで残業とかされてるんですか?」

俺「あ、はい。

最近はほぼ毎日ですね・・・えっと・・・」

女性「はいw私も残業です・・・wでもまぁ今日はたまたま、というか」

俺「あぁ、そうなんですか。

お仕事、何されてるんですか?」

女性「っと・・・その、ゲームを作ってます」

俺「ゲーム?」

ゲームという言葉に思わず反応してしまった。

俺は結構ゲーム好きである。

女性「はい。

PS3とかのソフトを作ってる会社で働いてます」

俺「おー、凄いっすね。

俺もゲームやりますよ」

女性「本当ですか?!普段どんなのやってらっしゃるんですか?」

俺「・・・オンラインゲームとかよくやってますね・・・」

女性「お~・・・」

・・・どうやら女性が期待していた答えではなかったらしい。

俺「どんなゲームを作ってらっしゃるんですか?」

女性「・・・うーん。

最近は対戦系のゲームを・・・。

あまり有名な会社ではないので、知らないと思いますけど」

俺「何て名前の会社です?」

興味津々の俺。

女性「えっと、○×って会社です」

俺「あ、知ってる」

何が『あまり有名じゃない』だ。

ゲーム好きならそれなりに知れてる会社だった。

女性「ご存知でしたか?」

俺「はい。

でもすみません。

そこのゲームはやった事ないです」

女性「あらら・・・」

俺「すみません・・・・・・」

ちょっと気まずくなってしまった。

この空気は嫌なので話題を変えようと思った時、

女性「・・・そ、それよりこの前の事なんですけど」

俺「え?」

女性

「その・・・会えてよかったです。

本当にありがとうございました。

ずっとお礼言いたくて」

俺「あ・・・いや、別に・・・」

ドキッとした・・・・・・。

心臓がドクンってするのがわかった。

「会えてよかった」とか女性に言われるのは初めてだったから。

女性「あの日、友達との飲み会の帰りでして」

女性は淡々とゲロッた日の事を話し始めた。

きっと気にしているのだろうと思い、あえてあの日の話題は避けていたのだが、まさか向こうから話を振ってくるとは。

俺「お酒は弱い方なんですか?」

女性「はい。

なのであまり飲みません」

俺「あんまり飲まないタイプなのに、飲まされちゃった感じですか」

女性「久しぶりに会った友達と居酒屋に行って・・・、少ししか飲まないつもりだったんですけど・・・」

俺「・・・隣に居ただけでもお酒の匂い凄かったですよ」

女性「はい。

私、飲めないわけじゃないんです。

飲むとすぐ頭が痛くなるから飲まないだけで。

あまり悪酔いしたりもしませんし」

俺「あぁ・・・そういう事ですか」

女性「ただ、あの日は・・・」

俺「飲んだと」

女性「はい・・・。

ガブガブ飲んでました」

俺「ガブガブってw」

女性「お酒は嫌いなわけじゃないんです。

でも、しばらくすると頭が凄く痛くなってきて、後悔するんですよね・・・」

俺「あらら、それはまた難儀な体質ですね・・・」

女性「はい・・・」

俺「で、その帰りだったわけですね」

女性「えぇ、店を出た時点で既に頭は痛かったんですけど、改札口を通った辺りで吐き気までしてきて・・・」

俺「・・・」

女性「その日は、仕事で先輩に理不尽な怒られ方して、イライラしてたので・・・自棄酒飲んじゃいました」

俺「なるほど・・・」

女性「あとは・・・・・・あんな感じです」

俺「色々大変でしたね」

女性「いえ、本当にご迷惑おかけしました」ペコッ

俺「あぁ、もう謝んなくていいですから」

女性は思っていた以上にお喋り好きだった。

俺も会話をしていて楽しかったのだが、どうしても払拭して起きた事があった。

女性の態度からして大丈夫だと思いつつも、ハッキリさせておきたい事が。

俺「というか、すみませんでした」

女性「??」

俺「その・・・身体ベタベタ触ってすみませんでした」

女性「え?」

俺は過去に、駅のホームで並んでいる時に

「お尻を触られた!」

と前の女に叫ばれ、警察に突き出された事がある。

当時、俺は就職したばかりだった。

慣れないスーツに身を包んで会社へ向かう際に痴漢呼ばわりされたのだ。

完全に冤罪だった。

でも、証拠が何もなかった。

結果から言うと俺は幸い逮捕はされずに済んだ。

ホームの監視カメラに俺と女が映っていたらしく、俺が女の尻を触っていないのが映像で確認出来たとの事だった。

しかし、警察に取調べを受けている時間は正直、生きた心地がしなかった。

それからというもの、俺は電車を使わずに出勤する手段を考えた。

ただ、仕事を始めたばかりの平社員には金銭面で無理をする余裕なんてなかった。

電車出勤はやむを得なかったので、出勤時間早めにずらし、駅のホームでは最前列か男性の前にしか並ばないようにし、電車内では両手を手すりに置くか、座って手を組んだりスマホを扱うよう心がけた。

俺はその日から冤罪の恐怖を植え付けられた。

このゲロった女性が最初に俺の隣に座ってきた時、避けるように窓際に寄ったのはその名残だったと思う。

女性「はい?」

俺「あ、いや。

色々とお節介だったかなって思ってたので」

女性「??いや、そんなわけないじゃないですかwホントに感謝してますから」

俺「・・・だったら、よかったです」

女性「ははw」

女性が微笑んでくれて心底ホッとした。

言葉に例えるのが難しいけど、本当にホッとした。

俺は今日このホームで女性と再会した瞬間、逃げ出そうと思った。

冤罪の事が頭から離れない俺は、いつかこのゲロッた女性が現れて

「ドサクサに紛れて私の身体触ったでしょ!!」

と俺を引っ立てにこないか一縷の不安と恐怖を抱えていた。

親切心で介抱してあげたのだから、そんな筈が無いと思ってはいても、別に女性に介抱を頼まれたわけでもない。

それに身体を触ってまで色々してあげる理由もなかった。

だから俺はホッとした、この女性が俺に対して心から感謝してくれていた事に。

女性「それに、私の事庇ってくれましたよね?」

俺「え・・・?」

女性「私に袋を渡してくれたり、背中摩ってくれたり、顔にタオル被せてくれたりとか」

俺「・・・・・・」

女性「あと、私に『大丈夫、大丈夫』って言って励ましてくれたり。

あれはホントに嬉しかったです」

俺「・・・え・・・・・・??」

女性「見ず知らずに人にここまでやってくれる人がいるんだってちょっと感動してたくらいです」

俺「あ、・・・いや・・・」

何言ってんだこの人。

俺は内心で「運わりぃ~」とか「早く帰りてぇ・・・」だの思ってた腹黒だぞ。

別れた後はトイレですぐ手洗いうがいしたし。

女性「私の方こそ、ごめんなさい。

一言すらお礼も言わずに・・・。

何度お礼言っても足りないと思ってます」

俺「いや。・・・そんなに感謝してもらえたなら、俺も嬉しいです」

本音だった。

こんなに良い人もいるんだなって思った。

ここまで親切に感謝出来るこの女性の方が腹黒の俺なんかよりよっぽど良い人である。

そんな事を思っていると・・・

女性「あの」

俺「はい?」

女性「よかったら、連絡先とか教えていただいていいですか?」

俺「え?」

女性「あ、ご迷惑であればいいんですけど・・・」

自分の情報を女性に渡す事に反射的に不安を抱いたが、すぐに迷いは消えた。

俺「全然構いませんよ」

女性「ありがとうございます。

ちなみにLINEとかやってます?」

俺「はい」

女性「おー!じゃあID教えて下さい!」

てな感じで、ゲロッた女性とLINEでやり取りをするようになった。

連絡先を交換した翌日に女性からLINEで連絡があって

『袋、弁償したいので今度一緒に買い物に行きませんか?』

とお誘いがありました。

弁償なんてしなくていいと断りましたが、どうしても!という女性の強い押しに負け、一緒に買いに行く事になりました。

その日、生まれて初めて女性とデートをしました。

そんな出来事があったのが、ちょうど去年の12月のクリスマス前の事です。

今もその女性とは恋人同士という形でお付き合いさせていただいています。

結婚はしていません。

性の関係にはなってます。

お互いに仕事が忙しいので月に1,2回しかデートに行けませんが仲良くさせてもらってます。

オススメエッチ体験談


出張したついでにストレス溜め込んだ看護師さんとエッチしましたwww

父と母の前で姉のおしッこ飲んだ話

彼女がいつもと違うエッチをしてきてメチャクチャ興奮しましたwww


したらダメだと思っていても妹の口にチンコいれちゃいました。。。

登山中に喉が渇いたって姉ちゃんがションベン飲みたいって言い出した

ネットで知り合った男性に言葉責めされて大興奮したエッチな体験談

婚外セックスしている相手との交際を夫が許してくれています。

単調な毎日に嫌気がさし、出会い系で知り合った男性と不倫しました。。。

好奇心で妻を尾行したら他の男性とセックスしてた件

彼氏と旅行に来ていた女子大生に中出ししたったwwwwwwwwww

お嬢様育ちの人妻を淫乱女に仕上げたったwwwwwwwwwww

職場に居る女性にノーパンだとカミングアウトされた件wwwwwwwww

健康器具のメーカーでOLをしてる私の羞恥体験

嫁とノーパンプレイしたったwwwwwwwwwwwwwwwwww

妻の青春時代は性に乱れていたみたいです。。。

新聞配達をしてる熟妻が四つん這いになってフェラチオしている件

ルームシュアで鳴り響く超エロい女の喘ぎ声wwwwwwwww

チンコを触ってくれる痴女な熟女マッサージ師wwwwwwww

乳首と乳輪を見せてくれる巨乳な事務のお姉さんwwwwwwwwww

クリ剥きし真空舐め&Gスポット責めで人妻ホテヘルをイキっぱなしにしたったwww

兄妹恋愛!童貞兄と処女妹のエッチ体験

痴女熟女に対面座位で密着しながら鬼責めしたったwwwwwwwww

情緒不安定な叔母と簡単にセックスできる件wwwwwwwww

万引きした主婦のアナルにソーセージ挿れてお仕置きしたエッチ体験

手マンで絶頂させて綺麗な奥さんに躾したったwwwwwwwww

急に別れたいと言い出したセフレの人妻に種付けwwwwwwwww

幼稚園時代の担任の先生と再会して。。。

女性上司と混浴して筆おろししてもらったwwwwwwwwwwwww

インポ気味で中折れしちゃうから妻を貸し出すことになったんだが

大学生2人が、どっちが妻を孕ませるか競争。。。

旅行中に混浴風呂で主婦に手コキしてもらった話

妻を調教して淫乱な変態女に仕上げるまでの話 その1

妻を調教して淫乱な変態女に仕上げるまでの話 その2

妻を調教して淫乱な変態女に仕上げるまでの話 その3

妻を調教して淫乱な変態女に仕上げるまでの話 その4

僕の嫁は多分普通の人よりエッチでセックスに対して無頓着www

ゴルフ旅行中に天然のパイパンとセックスできた件wwwwwww

初エッチは女子大生の個人授業でした(/ω\*)

会社でセックスするために早く出勤してるエッチなOLの私

大学の先輩が車でフェラしてそのまま飲んでくれました話

エッチを覗き見していたらエッチする関係になれたwwwww

最近妻とのチョットアブノーマルなエッチにはまってますwww

女友達と飲む約束してたんだが、まさか3Pすることになるなんてwww

久しぶりに再会した女の子と酔った勢いでエッチして中出した話

バツイチでアラフォーOLの私がハプニングバーに行ってきた話

海岸でおっぱい丸出ししましたwwwwwwwwwwwww

昔好きだった女の子が風俗嬢になっていました・・・

温泉の露天混浴風呂でカップルと。。。

ベロベロに酔った姉ちゃんとセックスしちまったwwwwwwwww

初めての王様ゲームでオナニーを披露した結果⇒一番気持ちよかったですwww

部下の奥さんに媚薬を飲ませてセックスしたったwww

俺が入院して時に病院でセックスしたがる彼女との話

これは実話で、私は芸能人で売れないグラドルなんです・・・

不良のフリをしていたら超怖い先輩達の仲間になってしまったwwww

オススメエロ画像


星咲伶美 色白むっちり美少女のエッチな画像 177枚

チンチンが驚く程元気にになるエッチな画像寄せ集め 75枚

ナイスバディな超美巨乳ナースさんのハメ撮り画像 51枚

セリフ付きでエロさが増すエッチな画像 37枚


佐倉ねね 美尻で美爆乳なHカップお姉さん画像 182枚

股間が脈打つエッチでエロいお姉さんの画像寄せ集め 75枚

Cカップの激カワ制服美少女との着衣エッチ画像 51枚

ペロペロしたり頬擦りしたいJKの太もも画像 60枚

乙都さきの 小柄な美乳美少女のエッチな画像 43枚

ドバドバ精子を放出できちゃうオナニー用画像寄せ集め 75枚

1年ほどSEXと縁がない美人OLさんがチンコに夢中になるセックス画像 51枚

肉林体験したくなるハーレム画像まとめ 64枚

AIKA 綺麗でスケベなギャルお姉さん画像 159枚

週末のオナニーのお供になるエッチな三次元エロ画像寄せ集め 75枚

幼さとエロさ兼ね揃えたBカップコンビニ店員のハメ撮り画像 51枚

三次 即パコしたい水着姿のお姉さん画像まとめ 55枚 その2
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ スカ●ロ 性●隷 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 妻の過去 無防備 妻の友達 ビキニ バレないように 二穴 オシ●コ 肉●器 ラッキースケベ 獣● トラウマ DQN 還暦 上司の嫁 ママ友 お客 土下座 妻の姉 友達の妻 マット  バイアグラ 性接待 剣道部 サッカー部 美容師 お盆 相互鑑賞 隠し撮り M字開脚 再婚 地味 本気汁 オナホ 3P イメプ 男の潮吹き 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 近所 貝合わせ 豊満 鑑賞 素人 ギャップ クスコ 近○相姦 美少女 お局 喧嘩 美術部 ドレス メガネ モテ期 講師 新婚 自撮り 脱衣 顧問 兜合わせ 花見 マニア テント ヘタレ ベランダ マンスジ 神社 放置プレイ アクメ 尾行 愚痴 ノンケ ゴルフ チンぐり返し テニス 夫の上司 プレゼント 春休み 性教育 団地妻 ストッキング ボランティア レ○プ 教育実習 背面座位 回春マッサージ ストレス 不妊症 ハミ毛 騎上位 コテージ 相互オナニー 接骨院 先輩の母 スカウト 4P 友達の夫 ヒッチハイク オムツ 継母 アヘ顔 避妊 染みパン OL 釣り SM リハビリ 実家 シングルマザー メンズエステ グラドル  逆痴● 金髪 マンぐり返し アフター ゴルフ場 小悪魔 首絞め 姫初め 両親 オーナー 性生活 寝起き 挑発 拡張 友達の奥さん 倦怠期 ボーナス エロ動画 北海道 初夜 アラフィフ DJ チンカス 逆●漢 鼻フック  ぎっくり腰 イベント 帰省 割り切り スケベ椅子 パジャマ 一人暮らし イジメ 台湾人 添乗員 パワハラ 罵倒 黄金 飲● ファザコン 台湾  手術 スケスケ ムチムチ 女神 流出 ホットパンツ 韓国 遭遇 マイクロビキニ グラビアアイドル レオタード 喪女 M字 ブサメン 租チン 便秘 独身 弁護士 同期 彼女もち 新年会 ニーハイ マジックミラー 唾液 発見 隠撮 自転車 搾乳 キチガイ 目の前 写真 恋人交換 野菜 M性感 お姉さん 柔道部 ナプキン グラマー 竿付き 団地 仲居 新幹線 トラック  仁王立ち 上司の妻 ボクシング部 生徒の母 マラソン 流産 屈曲位 性感帯 エロなし エロゲー ロリ系 生保レディー 夫婦喧嘩 エロ本 エレベーター 左遷 露天 オーストラリア 俳優 ハワイ 姉の夫 ガムテープ 婚約者 回春 美尻 皮オナ ぱふぱふ 竹刀 タレント 小柄 苦痛 お見合い 貧乏 レ〇プ チャイナドレス  夫の同僚 黒髪 将棋部 免許 喪男 産婦人科 チアリーダー 臭い 出会い喫茶 ペニスバンド 即ハメ 現地妻 ペット 婚活 役員 女風呂 立ちション パパ友 バレー部 う●こ エロ漫画家 リア充 バキュームフェラ 盲腸 夫の兄 ハメ潮 ロープ ギター 主人 母子交換 M男 ご奉仕 ノロケ 元カノの妹 体育館 警察 ふたなり ブラチラ イメプレ エロ写メ 元嫁 言いなり オナペット 子作り マッチョ 知り合い 無修正 友達の父 ニート 唾液交換 スパッツ ソープ嬢 ボンテージ 集団 友達夫婦 エロ画像 ジョギング 友達の旦那 ホテトル 臭いフェチ  無精子症 ライブハウス 閉経 スポーツクラブ 上司の奥さん フィリピン人 腕枕 Fカップ 恐怖  先輩の奥さん 背面騎乗位 美女 従姉妹の娘 潔癖 フェス 弓道部 床上手 別荘 フツメン 女湯 ハプバー 電話中 隠しカメラ 金持ち ライブ 社長夫人 直穿き タイツ ペニクリ 姉妹●姦 三角関係 自虐 スカイプ  フィギュアスケート部 デルヘル ボディービル おもてなし 腰痛 プロレス マッサージ師 弟の妻 読者モデル 自慢 車検 鷲掴み ハイグレ ぢゃ性 ユルマン 禁欲 ハイボール 転校生 オリモノ ローライズ ワカメ 社長婦人 老婆 ムチ ローソク 靴なめ キス魔 自暴自棄 渋滞 早熟 70代 姉妹交換 むっちり 黒タイツ オプション 相部屋 母の妹 出合い系 大家 片思い ボーリング 腐敗 バレンタイン マリッジブルー 姉妹相姦 TV電話 クォーター ボディービルダー 出勤前 かりまん 出張ホスト カマトト 15P 阿鼻叫喚 まんぐり返し ドクター 人助け イカ臭い 興奮 生き別れ メガネ屋 婚約 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め キッチン ラノベ 健全 勇気 おへそ 恋人 エアロビクス 義理の娘 谷間 密会 中性 フタナリ パイチラ ポロリ インドネシア人 訪問販売 種違い 人参 全身リップ 性上位 気絶 パトロン 同伴 竿姉妹 近○相○ 韓国エステ パーカー 一気 焦らしプレイ 紳士 せどり 祖母 お花見 ピーナッツ 乱暴 ラブレター 先輩の妻 寝落ち 出禁 蟲姦 便器 カミングアウト リフレクソロジー 使用済み 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 辻本杏 介護職 ゴミ箱 塾講師 自尊心 星姦 企画 料理教室 地獄 我慢 背徳感 胸糞 妻の友人 ノルマ ブラック企業 長ネギ 宴会芸 共依存 オーディション ローカルテレビ メス豚 精液便所 バナナ バスタオル 吊り橋効果 おねしょ 保育園 バストアップ 悪酔い 寝起きドッキリ チキン 配信 チンピラ 宿題 神秘 嬢王様 お祝い 脱サラ 東京 正月明け 想定 失笑 儀式 体操部 絶縁 日系ブラジル人 バイブフェラ ブーツ 診察台 水泳教室 女子プロレスラー ぶっけけ アスリート女子 無臭 四つんばい 屈辱的 パラダイス IUD 男子禁制 乳がん 母子家庭 処理 汚物 伊豆 ちんぐり返し ケツ毛 洗濯バサミ 避妊リング オタク女子 キモメン 泥沼 性感エステ 草食系男子 口臭 シラフ 性○隷 バスケ バージン ハードセックス ランデブー 同性愛 上目遣い 助手 職権乱用 彼女の弟 目覚ましフェラ 近●相姦 介護 おあずけプレイ サランラップ 支配 射精管理 悲惨 号泣 看板娘 ファン ポッチャリ 主張 他人棒 ネットH  インフルエンザ 空家 お小遣い 音声 ギャル男 サーファー 狸寝入り 寝盗られ  夏フェス ニューカレドニア 歳下女子大生 元ヤン 筋肉フェチ ひとり暮らし 編みタイツ メタボ 校長 カナダ 芸能事務所 同期の妹 彼女の父 発熱 顔舐め バット 引き籠もり カウンセラー 乳首舐め パリ  頬ずり 虐め 山岳 ジジイ シックスナイン 実験 旦那の弟 台所 友達の叔母 チクニー 乳コキ スナックのママ 狭射 ハイレグ 性同一性障害 サイクリング ネイリスト 生理不順 ごっkん プリクラ  軽蔑 SNS 悶絶 チア部 吹雪 恋愛禁止 シンママ 社員 生本番 兜合せ 録音 逆セクハラ カツアゲ 交尾 日焼け 芸能 男湯 試験 公認 限界 会長 牛乳 ハシゴ 後輩の男友達  美少年 壁ドン ジーパン 後輩の妻 倒産 無礼講 新婚初夜 控え室 仕事 穴あきパンティ  ママ 同時イキ 親切 セリクラ マンカス 股間 染み 半陰陽 マンコ 胸毛 風習 中だし 10P 飛行機 塩対応 ニーソ 貸切 万馬券 ゴーヤ 彼氏交換 不妊治療 従姉妹の彼氏 トップレス すっぴん ボクサー 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン アメフト部 B専 正座 バレーボール部 イメチェン オナネタ 娘の夫 絶叫 彼女不倫 おままごと t乱交 パプニングバー 先輩のセフレ セフレの友達 立ち合い AV 騎馬戦 GW CA 義理兄  輪● jk 彼氏の妹 3穴 仲直り アナル責め 屋台 パーティー 露出b 年越し 旦那の同僚 プレハブ ハイキング セレブ 玉舐め 近親相●姦 全盲 妹夫婦 義息子 チアガール 百合 OB 兄の娘 兄弟 先輩の婚約者 断捨離 リンチ こたつ ブルセラ 2ch 別居 友達の家 従兄弟の嫁 スクール水着 新婦 ストリッパー トレーニング 行水 ポニーテール 心身 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 指フェラ 予備校 研修 社長の息子 サンタ スノボー 婿 バドミントン部 彼女の過去 テレビ スロベニア人 妊活 読モ 密室 卓球部 アレルギー トルコ おっぱいアナル ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ W不倫 同僚の妹 延長 書道部 相撲 息子の先輩 森ガール 婚前 逆ギレ 近親○姦 不満 女優 ポカリ 母子○姦 ニュージーランド人 ケジメ アメリカ 出会い 馬鹿 プラトニック 小説風 バンガロー SMクラブ 年始 ウェディングドレス 生意気 カンボジア 初潮 スノーボード 排泄 チーママ 下品 貯金 サクラ 音信不通 ペンション ダブルブッキング 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 摘発 キュウリ コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 アイマスク シングルファザー 娘の担任 元旦 セカンドバージン 中継 テニススクール 部室 シミ付き 処女初体験 コーヒーショップ バンコク インモラル サプライズ レディース 暴発 恨み 報告 敬語 自棄酒 苦情 婚活サイト セミプロ フェラテク 本気 不潔 検査 お清め ソフトテニス部 喘息 マンション 制裁 フィジー 武勇伝 交換  利子 寄付 アナルファック 廃墟 サドル 大学受験 リンパ 飲酒 留守番  白髪 腐れ縁 初対面 事務 色弱 エクササイズ キャットファイト セックス依存性 保護 くじ引き 賞品 ホームセンター ボクシングプレイ 通勤 セフレ交換 27P 出前 角オナニー お化け屋敷 整体師 パンパン 姉の同級生 収集 コレクション 鮫肌 友人の嫁 同い年  スワッピングクラブ 自縛 マジキチ けじめ サスペンダー ぼったくり お店 狂気 ヘルパー 監視 逆玉の輿 オン欄 twitter ガーゼ レディコミ ガン 肩書き  介護士 フィリピンパブ MオンナS男 添い寝 図書委員 委員会 美容院 ハダカ 宿直 憧れ 精液検査 退職 おなら 無抵抗 アダルトグッズ インテリ 知的 チン蹴り 人間不信 覚醒 GloryHole テスト勉強 ビーチボール タトゥー 犬プレイ 食事 出血 夫の従兄弟 伏せバック 医学部 友達の兄 シンガポール 眼鏡 不眠症 運動会 ボクっ娘 バニーガール Skype ジャージ 娘の元カレ 浮気相手 叔母さん バツ2 謝罪 女店主 ラーメン屋 男子校 オジサン おなべ シ○タ 脚フェチ 半勃ち ヤンママ 白ギャル 腋毛 レストラン 上級生 精神科医 セックス依存症  クリーニング 下宿 パフパフ 足ピン 看護学生 猫耳 貸出 で四つん這い テニスコート 鍋パ 寝顔 キャッチ 葬式 カレー屋 帰国 貧乏神 白衣 ハローワーク コスプレ巨乳 

フリーエリア