HOME > 【男性視点体験談】 > すっぴんな彼女が四つん這いでアナル剥き出しにwwwwwwwwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


すっぴんな彼女が四つん這いでアナル剥き出しにwwwwwwwwwww

関連体験談 :すっぴん事故四つん這いアナル学生脅迫くぱぁ
彼女は芽依、まだ2年生の女子○生だ。

私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、

赤信号に気がつかず飛び出し、

私の車の側面に激突したことがきっかけだった。

自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、

私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。

彼女は、今時の女子○生という感じではなく、

黒髪ノーメイクですっぴんな真面目で地味な印象だった。

そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、

余計に地味に見えていた。

でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。

そこから、私の調教の日々が始まった。

今、ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、

アナルを剥き出しにしいてる。

私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

『ゴメンなさい!傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。

私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。

そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。

びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。

普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。

そして、私は彼女にバスタオルを渡し、ソファに座らせ、ホットココアを入れてあげた。

「本当にどこも痛くないかい?」

なるべく優しい口調で聞いたつもりだったが、彼女はすっかり萎縮していた。

そして、その日は日曜日だったので、彼女は制服ではなく私服で、本当に子供みたいに見えた。

「上着だけでも乾燥機にかけようか?」

私に言われて、『そ、そんな、平気です。大丈夫です』と、遠慮しまくる彼女。

私は、とりあえず上着と靴下だけでもと言い、彼女もそれに従った。

そして、上着と靴下を脱ぎ、自分で乾燥機に入れた彼女。

上着を脱いで、彼女が意外なほどふくよかな胸をしていることに気がついた。

そして、この時初めて私は彼女をまじまじと見た。

地味で幼い印象の彼女だが、少しメイクして、眼鏡を変えただけで化けそうだなと思った。

この時、私は悪い虫が騒ぎ始めていた。

私は、当時38歳で独身だった。飲食店をいくつか経営していて、どれもそれなりに上手く行っていたので、時間も金もあった。

そんな状況なので、女遊びは派手だったが、私の性癖は少し変わっていたので、ひとりの女性とさほど長続きしない感じだった。

もっとも、私の方が飽きるケースがほとんどだったが・・・。

『本当にゴメンなさい・・・どうしたらいいですか?』

泣きそうな顔で言う彼女。

私の加虐心を煽る顔だった。

「そうだね・・・アレだと、修理で40〜50万ってところだけど、保険は入ってるのかな?」と聞いた。

すると、真っ青な顔で、

『ご、50万ですか・・・保険は・・・入ってないです・・・』と、消えそうな声で言った。

「そうか・・・ご両親に私から話そうか?」

『そ、それだけは!ウチ、お母さんしかいないから・・・心配させちゃうし、そんなお金ないと思います・・・』

彼女は、すでに涙を流していた。

私は、ゾクゾクしながら、

「それは大変だね・・・でも、修理はしないとなぁ」と、さらに追い打ちをかけた。

『ゴメンなさい・・・でも・・・』

どうしていいのかわからない感じの彼女。

「彼氏とかには頼れないの?」

私は、どうせいないだろうと思いながら聞いたが、

『そ、そんな・・・言えないです・・・まだ、付き合ったばっかりだし・・・高校生だから・・・』と、泣き声で言う彼女。

私は、彼女に彼氏がいることに驚きながらも、さらに話を続ける。

「じゃあ、私の保険を使うとしても、警察には連絡しないとね。そうなると、お母さんには連絡は行ってしまうけど、まぁ、仕方ないんじゃないかな?」と、私がさらに追い詰めるようなことを言う。

『・・・それだけは・・・私、何でもします!お願いします!それだけは許して下さい!』

完全に泣きながら懇願する彼女。

私は、想像以上に上手く事が運び、自然と笑みがこぼれてしまった。

私は、ここまで来たらと回りくどいことは止め、ストレートに要求を伝えた。

この後、身体を自由にさせろと言うことを。

それを聞いた瞬間、彼女は言葉の意味がわからなかったようで、一瞬固まった。

そして、言葉の意味を理解した直後、顔を真っ赤にしてうつむいた。

『そ、そんなの、無理です・・・』

絞り出すように言う彼女。

私は、それならば警察に行くしかないねと言った。

すると、それだけは許して下さい、他のことなら何でもしますと言う彼女。

「どうして?だって、修理代50万円の変わりでしょ?キミに何か他のものはあるの?」

「50万円の価値のあるものがあるの?そもそも、キミを自由にすることだって、50万の価値はないんじゃないかな?」

「これは、私のせめてもの親切心だよ」と、私は一気にまくし立てた。

考える時間を与えてしまっては、実は私の方が不利な状況だと気がつかれてしまうので、私なりに必死だった。

彼女に知恵と勇気があれば、私は逮捕されるのを避けられない。

しかし、気の弱そうな母子家庭の彼女に、そんな知恵も勇気もなかったようだ。

『・・・わかりました・・・でも・・・い、入れるのは許して下さい・・・』

彼女は、真っ青な顔で言う。

でも、どこか観念したような顔だった。

「どうして?」

私は、身体を自由にすることを了承しながら、挿入は許してくれと言う意味がわからず、聞き返した。

『そ、それは・・・まだ・・・彼とも・・・』

言いづらそうな彼女。

私は、やっと理解した。

「まだエッチしてないの?彼、迫ってくるでしょ?」

彼女にそう聞くと、『・・・まだ付き合ったばかりですから・・・キスもしてないです・・・』と、泣き顔で言う彼女。

私は、彼女がまだ処女だと知り、どんどん妄想が膨らんでいった。

そして、前から考えていたある妄想を試してみようと思った。

「わかった。じゃあ、キスと膣に入れるのはなしにしてあげるよ。それでどうかな?」

私は、私が出来る一番の優しい顔で言ってみた。

すると、彼女は安心したようにうなずいた。

「じゃあ、シャワー浴びてきなさい。そして、服は全部乾燥機に入れて、バスタオル巻いておいで」

私は、怯えさせないように優しい口調で言い、新しいバスタオルを手渡した。

彼女は、しばらくうつむいたままだったが、意を決したように動き始めた。

彼女が浴室に行ったのを見計らい、私は準備を始めた。

寝室に行くと、部屋を間接照明だけにして、クローゼットの中のボックスを取り出し、中身を確認した。

その中身は、私の趣味のSMグッズが満載されていて、どれも使い込んだものばかりだ。

それを、使う予定の順番通りに取り出しやすいように並べていると、浴室の方でドアが閉まる音がした。

私がそちらに行くと、身体にタオルだけを巻き付けた彼女がいた。

ガチガチに緊張して、青白い顔になっている彼女。

さっき思った以上に、胸の膨らみが大きかった。

そして、全体的に少し肉付きが良さそうな身体は、垢抜けた感じがしない田舎っぽく健康的な感じだった。

でも、こんなにも素朴な女性と行為に及んだことがなかったので、私は妙にドキドキしていた。

汚してはいけないもの・・・

そんな聖女のような感じがする彼女を、私はこれからハードに調教していこうと思っていた。

「お待たせしました・・・」

蚊が鳴くような小さな声で言う彼女。

私は『そう言えば、名前は?』と聞いた。

『は、はい、芽依です・・・』と、怯えたように答える彼女。

「そんなに怯えないで。芽依ちゃんか、いい名前だね。大丈夫だよ。痛いことは絶対にしないし、処女もキスも奪わないから。ほら、オナニーだと思えばいいよ」

私は、にこやかに言う。

『わ、わかりました・・・』

顔どころか、耳まで真っ赤にしながら、そんな事を言う彼女。

「オナニーしてるんだ」

私が、ニヤけながら言うと、『そ、それは、その・・・』と、顔をさらに赤くしながら、慌てて言い訳をしようとして、より口ごもる彼女。

「そんなに恥ずかしがらなくてもいいよ。誰でもしてることだから。芽依ちゃんはどうやってしてるの?」

私が質問すると、『・・・指で・・・触ったりです・・・』

私は、バスタオルだけを巻いた彼女が、顔を真っ赤にして照れながらオナニーの話をするのを、興奮しながら聞いていた。

「何か見ながらするの?動画とか?それとも、官能小説とか?」

私がさらに質問をすると、『その・・・サイトとかです・・・』と、恥ずかしそうに言う彼女。

私は、これだけでも満足できるほど、彼女との会話に興奮していた。

「どういうサイト?ほら、そこ座って、ノートパソコン開いて教えてよ」

私は、リビングのテーブルに彼女を座らせ、MacBookを指さす。

『うぅ・・・そんな・・・恥ずかしです・・・』

恥ずかしそうに拒否する彼女。

「入れる以外はなんでもOKなんじゃなかったっけ?もう止める?」

私が、少し冷たい口調で言うと、

『ゴメンなさい!わ、わかりました!』と、慌ててパソコンを開いた。

そして、慣れた動きでブラウザを立ち上げ、検索窓にワードを入れる。

それはSM系のサイトで、私もたまに見るサイトだった。

そのサイトは、基本は画像掲示板で、緊縛プレイや野外プレイの過激な画像が投稿されるサイトだった。

「結構過激なの見てるんだね。私も投稿したことあるよ」と言った。

実際に、何度か露出プレイや拡張プレイの画像を投稿したことがある。

『えっ?そうなんですか?どういうのですか?』

さっきまでの、恥ずかしがって消えそうだった声ではなく、好奇心に満ちた声だった。

真面目な女性の方が、SMプレイにハマるというのは、私も過去の経験でわかっていた。

でも、こんなに若い彼女が、そういうものに興味を持っていることに、私はとても驚いた。

私はパソコンを操作して、私が投稿した画像を見せた。

『コレ・・・知ってます・・・』

私が見せたのは、股下ゼロセンチのマイクロミニスカートをはかせ、さらにオマンコにバイブを突っ込み、養生テープで留めた状態で街中を歩かせている画像だった。

それは、歩くたびに股間に突き刺さるバイブが見えてしまう、かなり過激なものだった。

実際に、プレイしているときも相当周りの視線を集めていた。

その時の女性は看護師で、とにかくエロい女だった。

他にも、彼女とは色々なプレイをしたが、彼女は結婚すると北海道に行ってしまい、音信不通になった。

「覚えてるって事は、芽依ちゃんもこうされたいって思ったってこと?」

『そ、それは・・・はい・・・でも、想像だけです!本当にされたいとは思ってないです!』

耳まで真っ赤にしながら、しどろもどろで言い訳する彼女。

でも、私は彼女には素質があるんだろうなと思っていた。

見た目からして、彼女は優等生で勉強も出来る感じがする。

頭が良い女性ほど、ハードなマゾになると私は思う。

「でも、想像しながらオナニーしてたんでしょ?」

「だったら、本当にやってみればいいのに。きっと、想像以上に凄いよ・・・」

『そんなの無理です!恥ずかしいです・・・。それに、見つかっちゃたら・・・』

少し大きな声で言う彼女。

恥ずかしさとか、緊張、おびえは、かなり弱くなってきたようだ。

「でも、この子も最初はそんな事言ってたけど、そのうち自分からせがみ始めたよ・・・」

私がそんな説明をすると、

『本当ですか?でも・・・』

「本当だよ。最初は、パンツをはかずにスカートで出歩くとか、おとなしいことしかしてなかったよ。」

「どう?それくらいなら出来そうでしょ?」

私は、少し話を脚色しながら言う。

実際は、その看護師の彼女は、初めからかなり過激な露出プレイを受け入れていた。

『それくらいなら・・・』

彼女は、すっかりと私のペースにはまって話をしている。

「じゃあ、今度試してごらん。きっと世界が変わるから」

私は、断言した。

『はい・・・』

芽依は好奇心に満ちた目で返事をした。

「じゃあ、ベッドに行こうか」

有無を言わせない雰囲気で言う私。

芽依は、黙ってうなずく。

そして、ベッドに移動して、芽依をベッドに座らせる。

間接照明の薄暗い寝室で、ベッドに座ったことで、緊張がぶり返したようにガチガチになっている芽依。

私は、ボックスの中からアイマスクを取り出し、

「恥ずかしいでしょ?これつければ恥ずかしくないから」と言いながら、彼女にアイマスクをした。

女性にアイマスクをする度にいつも思うが、目が隠れて口だけが出ている状態になると、妙になまめかしくて淫靡な感じになる。

それは、こんな素朴で色気もないような彼女でも同じだった。

唇が妙に強調され、セクシーな感じになり、年齢まで上がったように感じる。

そして、緊張で唇が乾くのか、しきりに舌で唇を舐めるので、余計にイヤらしく感じる。

私は、予告もなく彼女のタオルを外した。

『あっ!』

思わず漏れる声。

でも、それ以上何も言わない芽依。

芽依の裸体は、服の上から想像していたものよりも、成熟した大人に近かった。

くびれが少なくて、そこは幼児体型みたいだが、胸はDカップくらいはありそうだし、体脂肪も思ったよりは少なそうで、なかなかセクシーな身体だった。

閉じられた脚から覗く薄いへアは、手入れしたことがないようだったが、毛深いと言うほどではなかった。

タオルが外れた瞬間、一瞬胸を隠そうとした芽依だったが、結局そうしなかった。

大きめだけど、どこか固そうな感じもする乳房は、その頂点の乳首は薄いピンク色で、この年齢の時だけのレアな青い果実なのだと思う。

私は、中学高校と男子校で、部活のバスケットボールに打ち込みすぎて、女性と初めて交際したのは大学に行ってからだった。

なので、これくらいの年代の女性と、そういうことをしたことがない。

それが私には、コンプレックスみたいなものだった。

あの頃、女性と普通に交際して、普通に初体験をしていれば、私の性癖は歪まなかったのかもしれない。

私は何も言わず、そしてなにもせず、ただ彼女の体を見ていた。

すると、しばらく固まっていたように動かなかった芽依は、少しずつモジモジ動き始めた。

さらにそのまま放置すると、微妙に呼吸も荒くなってきた。

私は、そのタイミングで彼女の乳首をつまんでみた。

それも、痛みを感じるくらいに強く。

『ヒィッ!』

芽依は、ビクンと体を跳ねさせるようにして悲鳴を上げた。

ただ驚いただけかもしれないが、それにしては声に甘い響きが含まれていた。

私は、そのままつまむ力を強くしていく。

『ン、あ、あぁ・・・ヒィあぁ・・・』

相当強く摘まんでいるので、痛いはずだが、芽依は痛がる気配もなく、ただうめいていた。

つまんでいる未成熟の青い乳首は、つまんだときにはすでにカチカチだった。

そして、今それはさらに固くなり、石みたいになっていた。

私は、何も言わずに強くつまみ続け、芽依は声を出さず、身体をくねらすようにしながらうめき続けた。

そして私はつまむのを止め、芽依をベッドの中央に寝かせた。

乳首を責めたのが効いたのか、まったく無抵抗で、言われるままにベッドの中央に寝る芽依。

頬が紅潮し、呼吸も荒くなっている。

私は、仰向けで寝ている彼女を、気をつけの姿勢にする。

そして、脚だけ体操座りのようにさせ、足首と手首を革の拘束具で連結した。

すると、自然に脚がM字開脚の状態になる。

芽依は、必死で脚を閉じようとするが、どうしても足が開いて行ってしまう。

彼女のオマンコは、薄いへアの中で、鮮やかなピンク色をしていた。

そして、ヒダの中はすでに見てわかるほど濡れて光っていた。

私は、拘束されて強制的にM字開脚になっている芽依を見て、今まで感じたことのない程の興奮を覚えていた。

今までも、数多くの女性を一から調教したが、まるっきりの処女から調教したことは初めてだった。

彼氏のいる処女の女の子を、これから好きなように調教していける・・・そう思うと、私の胸は高鳴った。

私は、彼女のオマンコに顔を近づけ、そのまま舐め始めた。

熱くグチョグチョに濡れたオマンコに舌が触れると、少しアンモニア臭がした。

処女だと、洗い方がおろそかになるのかもしれない。

『ひぃあっ!ダ、ダメっ!汚いです!そんな所舐めちゃ、あぁっ!ダメぇ・・・ヒィあぁ・・・』

芽依は、慌てて私を押しのけようとするが、しっかりと手首を足首に拘束されているので、身動きが出来ない。

せめて脚を閉じようとするが、拘束されていて力が入らないようで、簡単に広げられてしまう。

私は、抵抗する彼女を無視して、ひたすらクリトリスを舐め続けた。

芽依のクリトリスは、日々のオナニーの影響か、少し大きめに感じた。

固くなったクリトリスを、私は持てるテクニックをすべて使って舐め続けた。

『ダメぇーっ!あ、あぁっ、ダメ・・・んっ!そんな・・・あぁっ!ンあぁっ!イヤァァ・・・』

必死で止めようとする芽依。

でも、声は完全に感じている声だ。

日々のオナニーで、性感はしっかりと発達しているらしい。

そして私も、夢中で舐めていた。

処女の少女の蜜は、不純物が混じっていないように思えて、美味だった。

私は、さらに包皮を剥き、剥き出しになったクリトリスを舐め続ける。

芽依は拘束されたまま、体をのけ反らせるようにする。

そのまま、5分、10分と舐め続けると、

「ひゃんっ!あっ!あっ♡んンッ♡それ、あぁっ!き、気持ちイイぃ・・・ン」

「あぁっ!ダメぇっ!こんな、あぁっ!あーっ!!気持ちいいよぉっ!」と、気持ちよさそうにあえぎ始めた。

もう、抵抗する気持ちも消えたのか、脚もだらしなく開脚状態になっている。

私は、頃合いだなと思い、クリトリスを舐めながら、芽依の両乳首をつまんだ。

「んンッふぅぅんっ!!あぁっ!あーっ!こんなの、うぅうあぁっ!!ひぃあぁーっ!!」と、全身を震わせるようにして叫んだ。

私は、芽依がグッタリとしたので、舐めるのを一旦止めた。

そして、「イケた?」と、彼女にストレートに聞いた。

「わ、わかんないです・・・でも、真っ白になりました・・・」

少しろれつが回らないような口調で言う芽依。

「オナニーの時は、彼のことは想像しないの?」

私は、あえて彼氏のことを言ってみた。

『そ、それは・・・少しだけ・・・』

「今は?彼のこと想像しながらイッたの?」

「し、してないです・・・か、彼のことは、言わないで下さい・・・お願いします・・・」

芽依は、彼に対して罪悪感を感じている様子だ。

「そうだよね。彼以外の男に舐められてイクなんて、最低だもんね」

私は、煽るように言う。

「イヤァ・・・言わないで・・・お願いします・・・ゴメンなさい・・・」

泣きそうな声で言う芽依。

最後のゴメンなさいは、彼氏に向けて言った言葉だと思う。

「彼の名前は?」

私は無視をして、さらに話を続ける。

「い、言えないです・・・」

「じゃあ、止めようか?警察に電話するよ」

電話など、この状況に至っては出来るはずもないのだが、私は強気でそう言った。

「それだけは・・・うぅ・・・。貴弘さんです・・・」

「じゃあ、次イク時は、貴弘さんゴメンなさい、他の人でイキますって言いなさい」と、冷たく命令した。

「・・・わかりました・・・」

観念したように、小さな声で言う芽依だった。

オススメエッチ体験談


教育実習で来ていた女子大生とセックスした思い出

処女の女子大生とキャンプ場でセックスしたったwwwwwwwwww

同じ職場の美人な先輩社員をセフレにして調教したったwww


外国人と憧れの部下とのエッチに乱入したったwwwwwwwww

新米教師の僕が生徒の処女をもらった時のエロ体験

パチ屋で知り合った美女と最高の3Pwwwwwwwwww

誰かに見られているかもしれないスリルに興奮しちゃいます。。。

ウブだと思っていた生徒に押し倒されて・・・

友達の彼女はヤリマンビッチですwwwwwwwww

乱交をしたら自分が淫乱女だということに気が付きましたwww

ナンパしてきた男性とカーセックスして興奮しちゃいました

初めて同士で3Pして、その後セフレになりましたwww

居酒屋で知り合った看護師さんとしばらくセフレになっていましたwww

職場の後輩にカラオケで襲われてエッチしちゃいましたwww

職場の忘年会で後輩とエッチしたのですが・・・

外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

義兄とのSEXを断れず中出しされる押しに弱いエッチな私。。。

初めてのソープでスケベ椅子プレイした童貞のおはなし

Hな悪戯をしてくれる産婦人科医で妻がオマンコ丸出しwww

エロいクイックマッサージで可愛いお客さんに手マンwww

引きこもりになった妹にSEX治療をして社会復帰させる俺www

美脚でミニスカが似合う女友達に一気に挿入wwww

高三年の時、母の淫らな秘密を知ってしまった・・・

変態主婦の私は毎日、息子と主人に愛されてます

女子ばかりの私立に通ってた私のレズ体験

洗っていないチンコをフェラチオしてくれる風俗ギャルwww

私は中1のブラコン女子でお兄ちゃんとエッチしちゃいました

妻の友人と夢のハーレムセックスした最高の乱交体験談www

彼氏持ちの私が他の男の人とデートして観覧車キス・・・

ピンク色の美マン後輩OLを何度も昇天させたエッチ体験

Hカップの小太りなムッチリ中年熟女OLと風呂場で立ちバックしたったwww

優良な出会い系アプリを発見しましたwwwwww

他の男の臭いを漂わせながら朝帰りした妻・・・

青春時代の一生忘れられない悲惨なSEX撮影体験・・・

近所にあるショッピングセンターの非常階段が覗きスポットなんですwwwwww

同級生の目の前でストッキングをオカズに公開オナニー・・・

童貞と処女のイチャイチャ初体験セックス

全裸で美少女ボクサーとガチンコセックスした話

顔や体つき、オマンコの具合、あんな完璧な女は未だに見かけない。。。

ショートヘアの巨乳女性社員の全裸を隠し撮りしったwwwwwww

ベランダから人妻のオナニーが覗ける件wwwwwwwwww

女子大生に生中出しした俺のエッチな体験談

中学の教師してるんですが、若い子のマ○コ最高ですねwww

バイト先でオナニーしてたら見つかったんだけどその後がwww

少しタレ目の21歳らしい童顔娘をハメ倒したったwwwwwwwwww

9歳年上の兄の嫁を寝取ったときの話

セフレから久しぶりに連絡が来たんでもちろん生中セックスwww

同じマンションの人妻を中出し奴隷にしたったwww

派遣の子に送別会の帰りに迫って中出ししたったwww

彼女の友達に迫られたんで思わず中出ししちゃいましたwww

雇った従業員にモデルの依頼をして中出ししたったwwww

オススメエロ画像


香椎りあ Fカップ巨乳の美人お姉さん画像 160枚

キンタマが枯れ果てちゃう三次元エロ画像寄せ集め 75枚

マン汁ダクダクのパイパン人妻のセックス画像 51枚

質感を楽しみながらセックスしたいエッチな水着画像 61枚


瀬戸すみれ 美肌なGカップお姉さんのエッチな画像 137枚

三次元 抜きすぎて精子が足りなくなるエロ画像寄せ集め 75枚

フェロモン半端ないスレンダーなEカップのTバックお姉さんのハメ撮り画像 51枚

三次元 思わずドキッてしちゃうJKのパンツ画像まとめ 32枚

木実らん ロリカワ美少女のエッチな画像まとめ 113枚

今すぐシコリたい人のための三次エロ画像寄せ集め 75枚

どS面接に挑むどMなパイパン美少女のハメ撮り画像 51枚

素人さんのリアルな自撮りオナニー画像 51枚 その2

君島みお スレンダーなFカップ美乳美女のエッチな画像 161枚

月曜日からついつい夜ふかししちゃう自慰専用エロ画像寄せ集め 75枚

ご奉仕好きな彼女のフェラとパイズリが最高にエロいラブラブなハメ撮り画像 51枚

素人さんのリアルな自撮りオナニー画像まとめ 51枚 その1

夏海花凛 童顔な美乳(Dカップ)美少女のセックス画像 200枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 妻の過去 無防備 妻の友達 ビキニ バレないように 二穴 オシ●コ 獣● 肉●器 ラッキースケベ DQN トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 バイアグラ マット 土下座 友達の妻 お客 妻の姉  隠し撮り 相互鑑賞 サッカー部 M字開脚 性接待 剣道部 美容師 お盆 オナホ 地味 本気汁 3P イメプ 再婚 男の潮吹き 医師 聖水 ボーイッシュ 手錠 お局 クスコ 美少女 近○相姦 貝合わせ ギャップ 豊満 素人 鑑賞 近所 ヘタレ マニア 新婚 美術部 花見 ベランダ 喧嘩 講師 顧問 テント モテ期 ドレス メガネ マンスジ ストッキング 兜合わせ 自撮り 脱衣 レ○プ ノンケ アクメ 神社 性教育 プレゼント 夫の上司 尾行 春休み 愚痴 ボランティア チンぐり返し テニス ゴルフ 教育実習 放置プレイ 団地妻 避妊 釣り 逆痴●  継母 金髪 アフター SM ゴルフ場 4P ハミ毛 コテージ ヒッチハイク 背面座位 マンぐり返し 先輩の母 友達の夫 アヘ顔 回春マッサージ オムツ 騎上位 スカウト 不妊症 グラドル メンズエステ ストレス リハビリ 相互オナニー 実家 シングルマザー OL 染みパン 接骨院 スケスケ ムチムチ 台湾 初夜 ボーナス チンカス 友達の奥さん オーナー 小悪魔  姫初め 遭遇 倦怠期 新年会 性生活 レオタード 両親 パワハラ 弁護士 喪女 寝起き 独身 一人暮らし 黄金 恋人交換 流出 拡張 マジックミラー ファザコン ホットパンツ 挑発 スケベ椅子 エロ動画 パジャマ アラフィフ 女神 台湾人 帰省 北海道 首絞め グラビアアイドル ぎっくり腰 罵倒 写真 目の前 イジメ 逆●漢  DJ ニーハイ 割り切り 手術 韓国 飲● 彼女もち 添乗員 キチガイ 発見 M字 野菜 租チン 便秘 マイクロビキニ 自転車 隠撮 ブサメン イベント 唾液 同期 搾乳 生保レディー 社長夫人 従姉妹の娘 ロープ 新幹線 竿付き オーストラリア リア充 フツメン トラック お姉さん 産婦人科 柔道部 チアリーダー 弓道部  団地 流産 床上手 小柄 警察 パパ友 役員 エロなし ペニスバンド 潔癖 臭い 露天 生徒の母 ペット 黒髪 美尻 左遷 姉の夫 フェス マラソン 貧乏 レ〇プ グラマー 回春 性感帯 ガムテープ M性感 エロゲー ライブハウス ナプキン 出会い喫茶 喪男 ボクシング部 エロ本 夫の兄 ギター 無精子症 美女 別荘 婚活 Fカップ 免許 タレント 女風呂 スポーツクラブ 仁王立ち 夫の同僚 チャイナドレス 恐怖 将棋部 ハワイ 竹刀 ホテトル ノロケ 婚約者 ぱふぱふ エロ漫画家 バレー部 立ちション う●こ 唾液交換  上司の妻 バキュームフェラ 仲居 皮オナ 夫婦喧嘩 エロ写メ 言いなり  スパッツ オナペット 苦痛 お見合い 俳優 先輩の奥さん 上司の奥さん ライブ 即ハメ ジョギング 友達夫婦 現地妻 イメプレ エロ画像 直穿き 背面騎乗位 ペニクリ 隠しカメラ 子作り ふたなり 元カノの妹 友達の父 友達の旦那 ソープ嬢 自虐 スカイプ 姉妹●姦 盲腸 ニート 主人  ブラチラ 屈曲位 ご奉仕 三角関係 ハメ潮 集団 ハプバー 体育館 フィリピン人  タイツ 母子交換 ロリ系 金持ち 腕枕 マッチョ M男 閉経 ボンテージ 元嫁 知り合い エレベーター 臭いフェチ 無修正 電話中 女湯 15P カマトト 蟲姦 出禁 カミングアウト かりまん 相部屋 同伴 便器 泥沼 性感エステ 阿鼻叫喚 出張ホスト イカ臭い 精液便所 ポッチャリ ボーリング メス豚 共依存 バスタオル バナナ 長ネギ 我慢 大家 片思い 宴会芸 オーディション 職権乱用 星姦 性上位 自慢 生き別れ ドクター 助手 人助け ローカルテレビ ボディービルダー 企画 出勤前 まんぐり返し オタク女子 上目遣い 自尊心 バージン 介護職 ランデブー 辻本杏 塾講師 ゴミ箱 おねしょ シラフ 同性愛 使用済み 姉妹交換 むっちり 黒タイツ 靴なめ ハードセックス キス魔 自暴自棄 美肌 沖田杏梨 ムチ 渋滞 早熟 飯岡かなこ バスケ ローソク 口臭 吊り橋効果 パトロン ワカメ 母の妹 ハイボール 禁欲 ラブレター ローライズ オリモノ 乱暴 草食系男子 オプション 転校生 キモメン 先輩の妻 鷲掴み 気絶 洗濯バサミ 老婆 避妊リング 70代 社長婦人 ユルマン リフレクソロジー ケツ毛 車検 ハイグレ ぢゃ性 寝落ち 姉妹相姦 マイナー 無料 勇気 おへそ 近●相姦 絶縁 配信 チンピラ 保育園 バストアップ 寝起きドッキリ チキン 宿題 日系ブラジル人 中性 祖母 号泣 IUD パラダイス  ネットH 紳士 男子禁制 フタナリ 悲惨 パーカー 韓国エステ 焦らしプレイ 悪酔い 目覚ましフェラ 支配 東京 脱サラ 脇舐め 一気 射精管理 インドネシア人 ポロリ 健全 ちんぐり返し キッチン 伊豆 サランラップ お祝い おあずけプレイ コスプレ巨乳 テクニック 彼女の弟 神秘 婚約 ネパール人 嬢王様 介護 想定 正月明け 体操部 儀式 失笑 乳がん 性○隷 ノルマ 腰痛 デルヘル ボディービル メガネ屋 弟の妻 プロレス フィギュアスケート部 読者モデル 看板娘 ピーナッツ おもてなし 妻の友人 マリッジブルー ブラック企業 種違い 料理教室 腐敗 訪問販売 全身リップ 出合い系 背徳感 バレンタイン ラノベ ファン 胸糞 TV電話 クォーター マッサージ師 興奮 ブーツ 密会 バイブフェラ 他人棒 女子プロレスラー 水泳教室 診察台 四つんばい 汚物 母子家庭 処理 パイチラ 屈辱的 谷間 無臭 お花見 アスリート女子 人参 ぶっけけ インフルエンザ 義理の娘 エアロビクス 近○相○ せどり 竿姉妹 主張 恋人 地獄 腐れ縁 音声 寝盗られ お小遣い ギャル男 サーファー  筋肉フェチ ニューカレドニア 乳首舐め 夏フェス 歳下女子大生 元ヤン 狸寝入り ひとり暮らし 校長 彼女の父 メタボ カナダ 芸能事務所 発熱 カウンセラー 編みタイツ 顔舐め バット 引き籠もり パリ ネイリスト 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 ジジイ 乳コキ ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 同期の妹 悶絶 恋愛禁止 兜合せ 吹雪 シンママ 社員 録音 日焼け 後輩の妻 逆セクハラ カツアゲ 交尾 生本番 芸能 公認 ハシゴ 試験 限界 会長 後輩の男友達 ジーパン 男湯  美少年 壁ドン 倒産 中だし 新婚初夜  無礼講 控え室 仕事 ママ マンカス チア部 同時イキ 親切 セリクラ 穴あきパンティ 股間 マンコ 10P 半陰陽 胸毛 風習 飛行機 万馬券 染み 塩対応 ニーソ 貸切 彼氏交換 行水 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ ボクサー アメフト部 バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 立ち合い プレハブ 騎馬戦  AV GW CA 輪● 仲直り 飲酒 jk 彼氏の妹 3穴 義理兄 アナル責め 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 娘の夫 義息子 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 先輩の婚約者 友達の家 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 研修 下ネタ サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ バドミントン部 卓球部 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 牛乳 森ガール 近親○姦 母子○姦 逆ギレ 不満 女優 ニュージーランド人 プラトニック アメリカ サクラ ケジメ 出会い 馬鹿 ポカリ 小説風 年始 初潮 SMクラブ ウェディングドレス 生意気 スノーボード 貯金 バンガロー 排泄 チーママ 下品 音信不通 部室 ダブルブッキング 摘発 ペンション 保護者会 サッカー少年団 キュウリ アイマスク パンパン コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 社長の娘 シングルファザー セカンドバージン シミ付き 元旦 中継 テニススクール 処女初体験 サプライズ 娘の担任 コーヒーショップ バンコク インモラル カンボジア レディース 報告 婚活サイト 恨み 敬語 自棄酒 セミプロ 検査 サドル フェラテク 本気 不潔 苦情 お清め マンション 交換 喘息 制裁 フィジー  廃墟 ソフトテニス部 利子 寄付 アナルファック 大学受験 通勤 空家 彼の家 リンパ 留守番  初対面 キャットファイト 暴発 事務 色弱 エクササイズ 白髪 セックス依存性 賞品 セフレ交換 くじ引き ホームセンター ボクシングプレイ 27P 整体師 保護 出前 角オナニー お化け屋敷 姉の同級生 ラーメン屋 コレクション  収集 鮫肌 友人の嫁 スワッピングクラブ サスペンダー 介護士 自縛 マジキチ けじめ 同い年 ぼったくり ヘルパー twitter 狂気 監視 逆玉の輿 ガーゼ  お店 レディコミ ガン 肩書き フィリピンパブ 覚醒 添い寝 ハダカ MオンナS男 図書委員 委員会 宿直 おなら 婚前 憧れ 精液検査 退職 美容院 無抵抗 知的 GloryHole インテリ チン蹴り 人間不信 テスト勉強 食事 アダルトグッズ ビーチボール タトゥー 犬プレイ オン欄 出血 医学部 不眠症 伏せバック 友達の兄 シンガポール 運動会 ジャージ ヤンママ ボクっ娘 バニーガール Skype 眼鏡 娘の元カレ バツ2 男子校 叔母さん 謝罪 女店主 オジサン 半勃ち 浮気相手 おなべ シ○タ 脚フェチ 白ギャル キャッチ レストラン  腋毛 上級生 精神科医 クリーニング 看護学生 夫の従兄弟 下宿 パフパフ 足ピン セックス依存症 猫耳 テニスコート 葬式 で四つん這い 鍋パ 寝顔 カレー屋 ハローワーク 貸出 帰国 貧乏神 白衣 武勇伝 

フリーエリア