HOME > 【外国人との体験談】 > 外国人と憧れの部下とのエッチに乱入したったwwwwwwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


外国人と憧れの部下とのエッチに乱入したったwwwwwwwww

関連体験談 :外国人職場部下乱交複数人妻OLアナル
小さなメーカーに勤めていたら、

外資に買われていきなり黒人の上司がやってきた。

だらだら外国で暮らしていた時に付いた英語力だけで入社した俺にとって、

良いか悪いかよくわからない展開だ。

やってきた上司(黒人なのでボブにしとく)は、

俺の貧弱な黒人へのイメージと違い、

「ヘイメ〜ン!!」とか「ファック!!」とか言わない

(当たり前か)物静かな男だった。

ボブは日本語は出来ないが、仕事は猛烈に出来る。

お得意先に行けば正座して酒を注ぐし、

落成式には半被を着て「バンジャーイ」とか言う。

会社で一番英語が出来るらしい俺は、

なんとなくボブの秘書みたいになってしまった。

デスクには家族の写真が飾ってあったが、

奥さんと子供はアメリカに残してきている。

綺麗な奥さんですね、と言うと

「サンキュー。バット・・」

と笑いながら面白くないジョークを俺に飛ばした。

もちろん外資に買われたわけだから、

仕事のやり方を変えられない奴はどんどん切られた。

その代わりキャリアも役職も関係なく、

良いアイデアはどんどん採用されるので、

一ヶ月もたつとやたら生き生きとした部署になっていた。

ボブが来てから一番仕事が増えたのが、

A子さんという30代前半の女性だった。

A子さんも英語が得意で、頭も良い、

小柄だけど結構美人という魅力的な人妻OLだったのだが、

以前は雑用ばかり言いつけられていた。

ボブ政権になってからはどんどん仕事を任され、

生き生きと仕事をしていた。

留学経験があるらしく、俺も比較的仲の良い方だったが、もちろんそれ以上の関係ではなく、スーツのスカートの形の良いお尻と、大きくは無いけど形の良さそうな胸を眺めているだけだった。

日本人としても小柄なA子さんとボブが話していると、まるで子供と大人のようだったが、A子さんはボブに対しても全然ものおじせず、ちゃきちゃき仕事をこなしていた。

黒人上司を迎えてから半年がたち、部内も何となく落ち着いてきたある日、俺はめずらしくボブに誘われ、バーに飲みに行った。

ジャケットを脱ぐと、シャツの上からでもわかるいかつい上半身と、日本人ではありえない脚の長さのボブと飲んでいると、どうしても周囲の注目が集まってしまう。

ナチョスを食べながら二人でビールを飲んでいると、ボブがいきなり

「お前はA子のことが好きなんじゃないか?」と英語で聞いてきた。

え?と思い奴を見ると、オフィスでは見たことの無い邪悪な笑いを浮かべて俺を見ている。

「いや、、綺麗な人だと思うけど、結婚してますよ」

「そうだな。

でも結婚している女でも、良い女だったらやりたくなるだろ?」

いつも上品な英語をしゃべるボブが、いきなり「chick」だの「bang」だのいい始めたのでびっくりした。

ボブに合わせてちょっと汚めの英語に変えながら、「だんなさんは真面目な公務員らしいよ」と言うと、「知ってるぜ」とボブが顔を更に邪悪にさせて言う。

勘の悪い俺もピンと来て、「やったのか?」と言うと、親指を立てて「あいつは本当のビッチだぜ。

」とにやにや笑い、「あと、お前があいつのケツを見ているのも知ってるぜ」とナチョスについたケチャップを長い舌で舐めながら言った。

俺の顔は真っ赤になった。

と同時に何か腹が立ってきた。

「A子さんは私の悪口を言ってるのか?」

と聞くと、「気になるのか?」と笑い、「まあ悪くは言ってないから安心しろ」と俺の肩を叩いた。

つまりA子さんはボブとやっているというわけだ。

日本人としても小柄なA子さんが、日本人としては背が高い方の俺より、頭一つでかいボブに責められている姿を想像すると、凄い勢いであそこが立ってきた。

もう一杯ビールを飲むと、ボブは、

「お前、A子とやりたいのか?」

と赤い舌で唇についた塩を舐めながら、バカにしたように顔を覗き込む。

「そりゃ、、、」

よし、とボブはいきなり、店を出た。

俺は慌てて金を払って追いかけると、店の外で電話をしている。

相手はたぶんA子さんだ。

「今日9時に俺のマンションに来る予定なんだ」

ボブは俺の肩に手を置いて、「お前は会社の連中に俺のやりたいことをきちんと伝えてくれたからな」、真面目な顔で言い、タクシーを捕まえ俺と一緒に乗り込んだ。

きっちり9時、ボブのマンションのインターフォンが鳴った。

俺はボブに言われたとおり、リビング備え付けの大きなクローゼットに入り、隙間から部屋を見ていた。

リビングでいきなりA子さんに抱きつくボブ。

嫌がるそぶりもなく音がするほどのキスをする。

「あなたの紹介してくれたニュージーランドの会社、あの値段で納得しそうだわ」

「さすがA子だね。



「シンガポールの出張、私も連れて行ってくれるの?」

「もちろん。

もともと君の仕事じゃないか。



キスとキスの合間に、仕事の話だ。

ただボブとA子さんの下半身は、隙間なくぴったりくっついている。

「A子。

今日は妙に興奮してるんだ。

朝、君のその新しいスーツを見てから今まで、ずっと、その、興奮しっぱなしさ」

ふふ、と英語っぽく笑うA子さん。

ボブはやる時には紳士的なようだ。

「その、、もうシャワーを浴びたから、、してくれないか、、ここで」

A子さんは、にっこり笑って、ボブのジーパンに上からあそこをゆっくりさすり始めた。

遠めにも大きく盛り上がっているのがわかる。

ありゃでかいぞ・・。

そのまま跪いたA子さんは、ゆっくりボブのジーパンを下ろした。

ボロッとボブのでかい奴が姿を現した。

すげえ、、ビールの小瓶くらいあるぞありゃ・・。

A子さんは舌を出して、先っぽをちろちろ舐め始めた。

両手で支えながら、殆ど上を向く形で裏筋を丁寧に舐めるA子さんを見て、俺は最高に興奮した。

ボブのあれはどんどん大きくなった。

殆ど天井を向いたものを、A子さんは根元から先までゆっくり舐め上げ、小さな口を大きく開けて、先っぽを咥えこんだ。

普段はどちらかと言うと冷たい感じのA子さんが、顔をでかいモノを咥えて言う姿を見て、俺は無意識にズボンの上からさすり始めた。

人妻の丁寧なフェラを充分楽しんだ後、ボブはA子さんに囁き、そのまま絨毯の上に仰向けに寝かせた。

ボブはゆっくりA子さんのストッキングを脱がせ、そのまま下半身だけ裸にした。

上半身はきっちりとしたスーツ、下半身は丸裸。

A子さんは自分から脚を開き、ボブはその間に顔をうずめ、音を立てて舐め始めた。

初めはか細く、だんだん大きな声を上げ始めたA子さん。

お尻の下に黒い大きな手を回し、A子さんの腰を持ち上げたボブは、ベロベロなめながら、時々俺の方を見てにやっと笑う。

ボブは少し乱暴にA子さんをひっくり返すと、四つんばいにしてそのままゆっくりでかいものを入れ始めた。

俺の方を見て、顔をゆがめるA子さん。

一瞬逃げようとするが、ボブがしっかり腰を掴んでいるのでまったく動けない。

「だんなさんより大きい?」

「・・・うん・・・」

「痛い?」

「だいじょう、、う、、ん・・あ・・」

ボブの動きに合わせて顔をしかめるA子さん。

ボブは俺の方を見て、ニヤニヤ笑いながらだんだん腰のスピードを上げていく。

A子さんの括れた腰と、突き出した白いお尻がエロい。

上半身がきっちりしたスーツなのもエロい。

A子さんの喘ぎ声の間隔が短くなり、一瞬と待ったかと思うと、なんともいえないエロイ叫び声をあげ動かなくなった。

ボブはゆっくりデカいものを引き抜くと、A子さんの顔の方に周り、頭を掴んでもう一度咥えさせた。

顔は良く見えなくなったが、うめきながらしゃぶっている様子は伺える。

ぺたんと尻を絨毯に落として、ショートカットの人妻の丁寧なフェラを楽しんでいた。

英語でゴニョゴニョ、「硬い・・」とか「口に出したいの?」とか笑いながら言うA子さんを見ながら、俺はクローゼットの中でズボンを下ろして、自分のものをゆっくりこすっていた。

すると突然、「出てこいよ」とボブが叫んだ。

A子さんもびっくりしたが俺もびっくりした。

ためらっていたら、「早く出てこい、今ならすぐ入れられるぞ!!」とボブが続けて叫ぶ。

思いきってクローゼットから、下半身裸で飛び出すと、A子さんは何が起こっているのかわからない顔で俺とボブを見て、逃げ出そうとしたが、ボブがでかい手でがっちり腰をつかんでいるので全く動けない。

「俺君!!何してるのよ、なにボブ!どういうこと?」

ボブは笑いながら、「君のお尻のファンだよ。

見られて喜んでただろ?」

「馬鹿なこと言わないで!!俺君!とにかく出て行って!!」

立ちすくむ俺にボブは、「早くしろよ。

もうおっ立ってんじゃないか。

抑えててやるから濡れているうちに入れちまえよ」と普段とは違うドスの利いた英語で叫ぶ。

俺は覚悟を決めA子さんの後ろに周り、必死でもがくA子さんの尻を掴んだ。

「ちょっと、俺君!!わけわからない!!、ふざけないで!!ボブ!!!」

俺はボブの顔を見ながら、A子さんのまだ濡れているあそこに先を当て、ゆっくり突っ込んだ。

「ちょ・・やめて、あ、うそ、、、、」

ボブのおかげでA子さんは充分濡れていた。

必死で逃げようとするA子さんが腰をもぞもぞするたびに、微妙に締まって気持ちいい。

「いやあ・・・」

A子さんはうめくが、俺は気持ちよすぎて何も考えられず、ただただ腰を振った。

ふと気付くと、ボブが携帯で写真を撮っている。

A子さんは顔を必死に背けるが、ボブの大きな手であごを捕まれ、バシャバシャ撮られている。

「薬飲ませてるから、中でだしてもいいぞ」とボブが言う。

A子さんは必死で首を振り、「俺君・・お願い・・・やめてえ・・」とすすり泣くが、俺はかまわず突きまくり、A子さんのお尻を掴んで中に出した。

「もう終わったのか。

じゃあ少し休んどけ」

とボブはぐったりしたA子さんを抱きかかえ部屋を出た。

少し冷静になった俺は、逃げたほうがいいのか、訴えられるのか、と急に心配になってきた。

一人残されたリビングで、とりあえずズボンを履こうとしていると、奥の方から、なにやらかすれた声と、ギシギシ言う音が聞こえてくる。

おそるおそるその部屋を覗くと、裸になったボブと、裸にされたA子さんが、ベッドの上でもつれ合っている。

大きく広げたA子さんの脚を両手で持ち、フア!!フン!!フン!!と気合を入れながら、ボブがリズミカルにA子さんに打ち込んでいる。

ボブが突く度に、想像通り大きくはないが形の良いA子さんの胸がゆれている。

A子さんは顔をのけぞらせ、、うわわ、、みたいな声をあげている。

真っ黒で巨大なボブと、真っ白でA子さんが絡んでいる姿は、何か現実に起こっていることではないみたいだ。

俺に気付いたボブは、「こっちにこい」と俺に言い、汗を流して腰を凄いスピードで振りながら、A子さんに俺のものをしゃぶるように言った。

俺がベッドに上がり、跪いてモノを口元に持っていくと、何の抵抗もなく先っぽを咥えて舌を這わせてきた。

いつもキビキビと動いているA子さんを思い出し、俺は以上に興奮した。

軽く耳を触ってもまったく嫌がらず、「ほらもっと気持ちよくさせてあげなよ。

じゃないと君も気持ちよくならないよ」と言い、腰の動きを止めると、「だめえ・・」

と言いながら俺のモノを深く咥える。

「俺君、気持ちいいっていってよ・・」と横向きの顔を動かして、舌を括れに這わせながら、焦点のあっていない涙目で俺に言う。

死ぬほど気持ちよかったが、調子にのった俺はボブに、「人妻のくせに下手だな。

あなたにはもっと丁寧にしたんじゃないのか?」と言うと、

「何?ねえA子。

僕の大事な部下をもっと気持ちよくさせてあげてよ。

そうじゃないと、、」と言って抜くそぶりをした。

「いや、、」とA子さんは腰を自分からボブに突き出し、「俺君これでどう・・・」

といいながら、根元から先までゆっくり舐め上げ、少し身体を起こして俺のモノを上からジュボジュボ激しく吸い始めた。



「どうだ?」

「凄い・・この人ダンナさんいるんだろ・・。

ビッチだな・・」

「だろ?」

聞こえているはずなのに、A子さんはただ俺のモノを咥えては動かし、外しては舐め、時々玉まで舐めてくれる。

「・・・・いきそうだ・・」

「早いな」とボブは笑い、じゃあ俺も一回出すか、久しぶりだし、と言いながら腰をまた大きく早く動かし始めた。

俺が先に口に出して、その後すぐボブがうめきながら中に出した。

職場でのしっかりしたA子さんと、ボブに嬲られているA子さんとのギャップに激しく萌えた俺は、仰向けになってお腹を激しく上下させながら、目をつぶってハアハア言っているA子さんを見ていると、また立ってきた。

おそるおそる胸をまさぐっても、A子さんは動くそぶりすら見せない。

完全に逝っちゃったようだ。

ボブが中に出す直前の腰の動きは、男の俺から見ても恐ろしく力強かった。

あんなパワフルに、しかも尋常じゃなくデカイものを出し入れされたら、もう他の男なんてカスみたいに思えるんじゃなかろうか。

こねこね柔らかい胸を触っていると、A子さんが顔だけ俺に向け、薄目を開け、何かいいたそうな顔をした。

素っ裸で、しぼんでもなお巨大なモノをブラブラさせたボブが、ビールを飲みながら部屋に入ってきた。

「なんだ俺、、以外にタフだな。

俺の前でやってみろよ」

と椅子に座ってニヤニヤしながら俺とA子さんを見ている。

俺はその言葉をきっかけに立ち上がり、A子さんに覆いかぶさった。

大きさでもテクでも全然かなわないが、美人の人妻とやれるのならそれで何か不満があるだろうか(いやない)

少しいやいやをしたA子さんだが、身体に上手く力が入らないらしく、両脚を方に担ぎ、ふくらはぎから太ももまでぺろぺろ舐める俺に対して、まったく抵抗ができない。

「今度女房が日本にくるんだ。

で、俺と女房とA子と間抜けなダンナとで飯でも食おうと思ってな」

ぐびぐびビールを飲みながらボブが言う。

「そいつはひどいな。

A子さん、、。

ひどい奥さんですね」

A子さんは薄目で睨むが、俺が指を中に入れてくちゅくちゅかきまぜると、腰と上半身がびくっと動く。

「ずいぶん敏感ですね」

「・・・・」

ボブが笑いながら

「A子は素晴らしいよ。

セックスの楽しみ方をすっかり覚えてくれた。

仕事も優秀だけど、身体もすばらしい。

」と言った。

俺がしんぼうたまらなくなって、もう一度入れようとした瞬間

「ちょっとまて。

俺が先にやる」とのしのしベッドに近づいてきた。

少しむっとしたが、そもそもすべてボブのおかげなので、俺は文句も言えずベッドから降りた。

ボブはベッドに上がると、A子さんの身体の上で四つんばいになり、

「他の奴にやられている君も魅力的だ。

でも俺を一番気持ち良くしてくれよ。

俺の一番汚いところを君の可愛い舌で綺麗にしてほしいんだ」

とA子さんの耳元で囁いた。

A子さんはもぞもぞ体をずりさげ、ボブのでかいアレを舌を伸ばして軽く舐めて、黒くて引き締まった尻を、白い綺麗な手で抱えた。

そのまま後ろに抜けると、俺の存在をまったく無視して、よつんばいになったボブの尻に小さな顔を突っ込み、ぺろぺろ舐め始めた。

真面目な感じの人妻を、こんな風に変えてしまうボブの凄さに改めて感心しながら、黒い尻に両手添え、膝立ちで舌をちろちろ這わせるA子さんを見ながら、俺がダンナでこの光景を見たら自殺するな、いや逆に興奮するかも、と変に真面目になって考えた。

「そのまま優しくしごいてくれないか・・」

黒人の図々しいお願いに怒りもせず、A子さんは左手を伸ばしてボブのモノを握り、ゆっくりしごき始めた。

ぐんぐん大きく硬くなるボブの黒棒。

「ああ、いいぞ、、。

君は本当に素晴らしい・・」

顔を上げてうめくボブ。

こいつはSなのかMなのか皆目わからん。

A子さんが腕を伸ばして両手でしばらくしごいていると、よし今度は僕の番だ、と言い、ボブが立ち上がった。

膝立ちのA子さんの、さっきまで自分の尻を舐めていた口にキスをし、(ここらへんが凄い点だなあ)彼女を4つんばいにさせると、同じようにお尻をベロベロ舐め始めた。

大きな手でがっしりA子さんの形の良いお尻を鷲掴みにして、長くて赤い舌を、おそらく奥までベロベロ舐めまくっている。

「ボブ、、。

君はいつもどのくらいA子さんと、その、ベッドで楽しむんだ?」

ボブはベロベロ舐めるのを続けながら、

「一晩中だ。

いや、朝には返さなきゃいけないから5,6時間かな。

ダンナさんは奥様が充実した仕事が出来て喜んでるらしいぜ。

ちゃんと朝ごはんまでつくってくれるらしい。

いい話だな」

A子さんは聞こえているのかいないのか、、お尻を突き出して、あ、、冷たい、、あ、、とか色っぽい声を出し続けている。

口はずっと半開きだ

さて、、とボブは顔をA子さんのお尻から離し、ごろんと仰向けになり、さあ、自分で入れてみて、、と言った。

A子さんはいわれるまま、のそのそ身体を起し、そのまま乗っかった。

お尻を完全にボブの腰に落とした時、一瞬顔がゆがんだように見えた。

下からゆっくり、リズミカルに腰を回すように突き上げるボブ。

A子さんは身体をのけぞらせ、高い声を上げる。

俺が呆然と見ていると、ボブがいきなり

「おい、お前の出番だ。

何のために俺がケツの穴を湿らせたと思ってるんだ。」

良くわからないまま、俺が立ち上がると、

「もうひとつあるだろ、A子には可愛い穴が」と俺を見ながら白い歯を向いた。

A子さんはさすがに驚き、

「だめ、、。

俺君お願いだからもうやめて、、」

とかすれた声で今度はしっかり俺を見て言ったが、ボブが下から突き上げるスピードを上げると、途端に余裕がなくなりまた喘ぎ始めた。

「知ってるか?A子はケツは初めてじゃないんだ。

いつだったか俺が試そうとすると、大きいのは無理、ってマジで泣くんだ。」

「そりゃ、、、無理だろ・・」

「そうか?でもその時、ケツは一度だけあるっていってたぜ。

カレッジの時らしいがな」

俺はオフィスで少し眉間に皺を寄せながら、パソコンに向っている凛々しいA子さんが、すでにアナル経験者であることに興奮した。

女っていうのは本当にわからない。

「A子さん、、、ダンナさんはご存知なんですか?」

俺の質問は無視だ。

少しむかついた俺は、ベッドに上がるとA子さんの後ろににじり寄った。

「俺、、お前もかなりのキチガイだな。

少しは遠慮したらどうだ。

人妻だぞ」

「俺のは小さいから大丈夫だろ」

俺の気配を感じたA子さんは、さすがに逃げようとしたが、またもボブにがっちり捕まれてまったく動けない。

それどころか下から突かれて腰を浮かす始末だ。

実は俺はアナル童貞だったのだが、ボブが下から突き上げてくれたおかげで

入れるべき穴がはっきり見える。

ボブに比べれば子どものようなものをキュッとしまった入り口にあて、ゆっくりじりじり突っ込んだ。

俺のものが入り始めると、それまでかすれ声だったA子さんがいきなり

「いや、、いやあーー、、いたい、、いやーーー」

と大声を上げた。

一瞬怯んだが、ボブがすぐに

「力を抜くんだ。

ほら、力を抜けば大丈夫・・。

彼のは小さいから・・」

俺は少し傷ついたが、あまりの締まりの良さに顔がにやけて仕方がない。

入れたまま動けずに膝立ちになったままでいると、

「おい、ボーっとするな。

いいか、俺の言うとおり動くんだ」

とあくまで冷静なボブ。

「わかったよ、、。でも俺は、、こういうの初めてだから。。」

と2人で人妻を前と後ろから突き刺したポーズで、

妙に冷静な会話になっっているのがおかしかった。

「まず俺が、ワン!」とボブが下から突き上げる。

A子さんがキャン、、という。

「次にお前が腰を動かせ、ゆっくりだぞ。

ほら、ツーーー」

と「――」の部分を少し長めにボブが俺に命令する。

俺は必死で腰を突き出した。

いやあ、、、とA子さんの声がまたかすれてくる。

「リズム感がないな。

もう一度いくぞ。

いいか、ワン」

ボブが下から突く。

「ツーー」

俺が後ろからゆっくりめに腰を出す。

「いいぞ、俺。

お前はあくまでもゆっくりだぞ。

ケツはデリケートだからな」

と真面目な顔をしていった後、

「いいかいA子。

君はもう今までの世界には帰れないくらい気持ちよくなれるよ。

力を抜くんだ。



とA子さんの小さな顔を両手で掴んで、低い声で囁いた。

俺はA子さんの綺麗な肩甲骨と、

細かく震えている白い肩を見ながら、突きまくりたい衝動を必死で抑えた。

「イエス、ワン」

「OK、ツーー」

ダメダメ、ノー、ノー、、

と叫ぶA子さんからは、もう抵抗するそぶりすら見られない。

ワン、ツーー、ワン、ツーーのリズムで動いていると、段々調子が合ってきた。

「はーーーーー。

ああーーーーー」

A子さんの声が段々異常なトーンになってきた。

「もうすぐだよ。

力が抜けてきたね。

A子、、よし、じゃあもう少し・・」

とボブは顔の汗をぬぐいもせず、

「俺。

お前はそのままだぞ。

いいか。

そのまま動け」

と大きな声で言うと、

「ツーー」のあと、「ワン・ツー」と腰の動きを倍にした。

テンポを完全に掴んだ俺は、そのあと「スリーーー」とゆっくり奥まで突くと、

「わかってるじゃないか!!その調子だ!!」

と白い歯をむき出しにしてボブは笑った。

「ワン・ツー」「スリーー」「ワン・ツー」「スリーー」・・・・

5回ほど繰り返したとき、A子さんが俺の方に倒れてきたので慌てて支えた。

生暖かい感触を膝に感じたので下を見ると、シーツにシミが広がっていく。

A子さんは失禁していた。

完全に力が抜けたA子さんは、もう動きに合わせてあうあういうだけだ。

ボブが腰を、俺が背中を持っていないと倒れてしまう。

一瞬かくんと首が後ろに倒れた時、完全に白目になっていて少し怖かった。

涙で化粧が落ちてぐちゃぐちゃだ。

そんな状態でも、ボブの、ストップの声で2人とも動きを止めると、腰が惰性でぐにゅぐにゅ動いているのがいやらしすぎる。

ほとんど失神しているA子さんを思う存分いたぶったあと、俺とボブはそれぞれの穴に出した。

動けなくなったA子さんを抱きかかえて、ボブはバスルームに行き、身体の隅々まで綺麗にあらってあげ、服も上手に着せ、俺に車のキーを渡して

「住所は、、彼女に聞け。

じゃあちゃんと送れよ。

その代わり明日は午後からでいいからな」と言うと、

A子さんに深いキスをして、おやすみ、と言って俺たちを追い出した。

ふらふらで信号であやうく寝そうになりながら、

俺はなんとかA子さんを家まで送った。

後部座席で目を閉じてぴくりとも動かなかったA子さんだったが、家が近くなると無表情で化粧を直し始めた。

人妻っていうのは恐ろしい。

ずっと無言だったA子さんは、車を降りる時、

「じゃあまた」

と言ってマンションに向った。

次の日いつもどおりに出社すると、ボブもA子さんも会社に来ていた。

普通どおりに働いている。

いつもより少しフェミニンなスーツを着たA子さんを見ていると、俺は激しく興奮した。

話に出ていたシンガポールの出張は、結局俺も着いていかされた。

ご丁寧に出張前、A子さんと旦那さん、ボブとボブの奥さんと食事もした。

ボブはあくまでも紳士で、

「A子さんと俺さんは、私が日本で仕事をするうえで欠かせない人物です。

ご主人には彼女を遅くまで働かせて本当に申し訳ない。

ただ、もうそろそろ新しい体制も軌道にのりはじめているので、ご夫婦で過ごす時間も取り戻せると思います。

」と話した後、奥さんの方を向き

「カレン、どちらかというと我が家のほうが問題だな」と紳士的な笑顔を見せた。

奥さんは、大丈夫よ、あなたが優秀なビジネスマンであることが私の幸せだもの、とか言ってキスをした。

俺はへらへら笑っていた。

英語がわからないA子さんの旦那さんも笑っていた。

その後のシンガポール出張は凄いことになった。

ボブは自分の部屋をセミスウィートにして、毎晩俺と2人でA子さんを嬲り捲った。

南国なのでアポは午後からが多く、殆ど朝まで2人であらゆる穴にいれまくり、全部の穴で出した。

ボブがシャワーを浴びている間、ホテルの窓ガラスに手をつかせて、立ちバックで責めたのが俺は一番興奮した。

あの晩と逆、ボブがアナルに、俺が下からあそこに、というのも試してみたが、A子さんのお尻はもうガバガバになってしまっていて、すんなり成功した。

一年ほど日本で過ごした後、ボブはアメリカに帰った。

A子さんはそのまま会社に残り、今ではボブがかつて居たポジションで働いている。

俺は海外担当を任され、出張ばかりで結婚も出来ない。

ある日出張を終え深夜のオフィスに帰ると、A子さんがまだ会社にいた。

俺が軽く頭を下げると、

「俺君。

ボブが出張で日本に来るって、来週」

と俺の顔を見ずに言った。

「あ、そうですか・・。」

と俺も目を合わせずに答えると、

「来週末、空けておいてね」とA子さんが言った。

俺はいろいろなことをいっぺんに思い出し、興奮してA子さんに

「その、、これから打ち合わせとか、、だめですか?」

と聞くと、A子さんは何も言わずに笑って頷いた。

オススメエッチ体験談


女子ばかりの私立に通ってた私のレズ体験

洗っていないチンコをフェラチオしてくれる風俗ギャルwww

私は中1のブラコン女子でお兄ちゃんとエッチしちゃいました


妻の友人と夢のハーレムセックスした最高の乱交体験談www

彼氏持ちの私が他の男の人とデートして観覧車キス・・・

ピンク色の美マン後輩OLを何度も昇天させたエッチ体験

Hカップの小太りなムッチリ中年熟女OLと風呂場で立ちバックしたったwww

優良な出会い系アプリを発見しましたwwwwww

他の男の臭いを漂わせながら朝帰りした妻・・・

青春時代の一生忘れられない悲惨なSEX撮影体験・・・

近所にあるショッピングセンターの非常階段が覗きスポットなんですwwwwww

同級生の目の前でストッキングをオカズに公開オナニー・・・

童貞と処女のイチャイチャ初体験セックス

全裸で美少女ボクサーとガチンコセックスした話

顔や体つき、オマンコの具合、あんな完璧な女は未だに見かけない。。。

ショートヘアの巨乳女性社員の全裸を隠し撮りしったwwwwwww

ベランダから人妻のオナニーが覗ける件wwwwwwwwww

女子大生に生中出しした俺のエッチな体験談

中学の教師してるんですが、若い子のマ○コ最高ですねwww

バイト先でオナニーしてたら見つかったんだけどその後がwww

少しタレ目の21歳らしい童顔娘をハメ倒したったwwwwwwwwww

9歳年上の兄の嫁を寝取ったときの話

セフレから久しぶりに連絡が来たんでもちろん生中セックスwww

同じマンションの人妻を中出し奴隷にしたったwww

派遣の子に送別会の帰りに迫って中出ししたったwww

彼女の友達に迫られたんで思わず中出ししちゃいましたwww

雇った従業員にモデルの依頼をして中出ししたったwwww

めちゃくちゃ綺麗な友人夫婦からスワッピングを申し込まれたwww

マッサージして貰っていて寝たふりしたら挿入生中出しされた・・・

妻の本当の姿、潜んでいた本性、メスの部分、どれも見れて最高に興奮出来ました

酔っぱらって歩いてたらナンパされて中出しされました・・・

バトミントンサークルで友達の旦那に中出しされてしまいました

結婚式でベロベロに酔っ払った子を送り・・・

アメフト部のミラクルチンポにメロメロwwwwwwwwww

婚約中なのに親友の彼氏に中出しされてしまいました・・・

元カノにしたアナル責めが今でも忘れられないwwwwwwwwww

普段のハスキーボイスがいきなりエロい甘え声で淫語連発する淫乱女にwww

飲み会をきっかけにギャルをお持ち帰りしてセックスした話

泥酔している女子大生に声かけてチンコハメたったwww

元カノに誘われて現彼氏と3Pしてきたwww

合コンで知り合った女とエッチしたらかなりエロかった件www

出会い系で知り合ったかなりエロい女とのカーセックス体験談

処女マンコの締め付けが半端なかった件wwwwwwwwwwww

生徒に処女を奪われてからエッチにハマっちゃいましたwww

処女だったサークルの後輩の女の子とエッチしましたwww

新婚の同僚と不倫エッチしちゃいましたwwwwwwwwww

人の彼女に手を出す事が辞められませんwwwwwwwwww

チャットで知り合った真面目というか知的な感じの娘とセックス

婚約中の彼氏がいるバイト先の女性に中出ししちゃいましたw

理性に勝てず友達の友達の巨乳ちゃんに手を出した結果www

出会い系で知り合ったナースとしたエッチは最高でしたwwwwwww

彼氏がいるのに友達にエロいことをされちゃいました・・・

ナンパしていた男性とエッチしちゃいました。今は付き合っていますwww

18歳の処女に生挿入wwwwwwwwwwww

オススメエロ画像


君島みお スレンダーなFカップ美乳美女のエッチな画像 161枚

月曜日からついつい夜ふかししちゃう自慰専用エロ画像寄せ集め 75枚

ご奉仕好きな彼女のフェラとパイズリが最高にエロいラブラブなハメ撮り画像 51枚

素人さんのリアルな自撮りオナニー画像まとめ 51枚 その1


夏海花凛 童顔な美乳(Dカップ)美少女のセックス画像 200枚

日曜日のオナニー用おかずエロ画像寄せ集め 75枚

エッチなことに好奇心旺盛な美人人妻のハメ撮り画像 51枚

三次元 たまらなくエロい濡れたお尻画像まとめ 100枚

ひなみれん 色白で童顔なFカップ美少女の自撮り&セックス画像 73枚

溜まったザーメンを定期的に抜くためのエロ画像寄せ集め 75枚

エッチしたくてたまらない積極的なCカップ美少女のセックス画像 51枚

三次 乳首が透けてるお姉さんのエロ画像 95枚

阿部乃みく 黒髪ショートのちっぱい(貧乳)美少女 103枚

股間が疼いちゃう三次元エロ画像寄せ集め 75枚

イケメン患者を誘惑する人妻ナース画像 51枚

三次 渾身の美乳画像まとめ 74枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ バレないように オシ●コ 二穴 ラッキースケベ 獣● DQN 肉●器 トラウマ 還暦 上司の嫁 ママ友 お客  バイアグラ マット 土下座 妻の姉 サッカー部 性接待 相互鑑賞 お盆 友達の妻 美容師 剣道部 M字開脚 隠し撮り オナホ 3P イメプ 地味 本気汁 メイド 再婚 男の潮吹き キメセク 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 姉の彼氏 貝合わせ お局 近所 ギャップ 鑑賞 近○相姦 クスコ 豊満 素人 美少女 マンスジ ベランダ ヘタレ モテ期 顧問 花見 脱衣 ドレス メガネ 新婚 テント 兜合わせ 自撮り 講師 マニア 美術部 春休み タンポン テニス 教育実習 チンぐり返し プレゼント レ○プ 性教育 夫の上司 ノンケ 神社 尾行 ストッキング デリヘル嬢 喧嘩 アクメ ボランティア ゴルフ 団地妻 愚痴 マンぐり返し ストレス 騎上位 友達の夫 金髪 リハビリ 背面座位 相互オナニー アフター 4P メンズエステ SM 避妊 ゴルフ場 放置プレイ スカウト 実家 アヘ顔 回春マッサージ ヒッチハイク OL シングルマザー 継母 ハミ毛 不妊症 染みパン 接骨院 グラドル  逆痴● 釣り オムツ 先輩の母 コテージ 台湾人 黄金 野菜 韓国 写真 北海道 租チン 帰省 恋人交換 イベント 罵倒 レオタード 倦怠期 ブサメン  新年会 姫初め 目の前 オーナー エロ動画 喪女 DJ マジックミラー 逆●漢 小悪魔 発見 ニーハイ ぎっくり腰 一人暮らし 自転車 ファザコン 独身 台湾 鼻フック 便秘 初夜 スケスケ ムチムチ 同期 マイクロビキニ 挑発 ボーナス 飲●  彼女もち アラフィフ 弁護士 寝起き 割り切り チンカス 搾乳 遭遇 M字 添乗員 拡張 性生活 スケベ椅子 友達の奥さん キチガイ 女神 パワハラ パジャマ ホットパンツ 隠撮 唾液  グラビアアイドル 流出 手術 首絞め タレント 仲居 ペット エロ本 団地 エレベーター 臭い ハワイ パパ友 竿付き スポーツクラブ 役員 仁王立ち 美尻 黒髪 露天 屈曲位 免許 将棋部 婚約者  エロゲー 上司の妻 バキュームフェラ バレー部 ナプキン 出会い喫茶 流産 唾液交換 チアリーダー 喪男 柔道部 ボクシング部 別荘 夫の兄 エロ漫画家 スパッツ 夫婦喧嘩 ギター ライブ エロ写メ 上司の奥さん 先輩の奥さん ぱふぱふ 両親 言いなり 床上手 フツメン 小柄 フェス オーストラリア リア充 生保レディー 新幹線 無精子症 貧乏 ペニスバンド グラマー チャイナドレス 竹刀 レ〇プ 社長夫人 ホテトル ロープ  ジョギング オナペット M性感 回春 ノロケ 姉の夫 弓道部 婚活 産婦人科 ガムテープ 夫の同僚 ロリ系 知り合い 皮オナ 無修正 子作り 友達夫婦 体育館 立ちション エロなし 左遷 友達の父 ニート 友達の旦那 姉妹●姦 ブラチラ ライブハウス 集団 Fカップ マッチョ 元嫁 エロ画像 苦痛 主人 う●こ ハプバー ボンテージ 警察 潔癖 トラック イメプレ 女湯 直穿き 自虐  性感帯 タイツ 元カノの妹 お姉さん  生徒の母 電話中 臭いフェチ マラソン 即ハメ 従姉妹の娘 M男 母子交換 フィリピン人 ふたなり 俳優 お見合い ペニクリ 金持ち 閉経 隠しカメラ ハメ潮 美女 スカイプ イジメ 現地妻  エロゲ 盲腸 三角関係 背面騎乗位 腕枕 恐怖 ご奉仕 妻の友人 義理の娘 片思い 大家 ノルマ ブラック企業 ハイグレ お花見 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 車検 ボーリング ピーナッツ 流行 たまごっち 出合い系 姉妹相姦 フタナリ びっぷら TV電話 パイチラ ヤリ目 処女膜 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 地雷女 密会 クォーター 胸糞 ユルマン ぢゃ性 母の妹 恋人 腐敗 谷間 70代 バレンタイン 老婆 社長婦人 エアロビクス 人助け 星姦 企画 ワカメ 蟲姦 便器 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 阿鼻叫喚 カミングアウト 相部屋 使用済み 先輩の妻 転校生 リフレクソロジー オプション オリモノ ラブレター 出禁 寝落ち ローライズ 乱暴 15P カマトト 地獄 イカ臭い 介護職 我慢 自慢 料理教室 背徳感 辻本杏 ボディービルダー 禁欲 出勤前 生き別れ ドクター バナナ 塾講師 かりまん バスタオル ゴミ箱 宴会芸 ハイボール まんぐり返し 長ネギ 自尊心 出張ホスト 鷲掴み マッサージ師 正月明け ランデブー ハードセックス 想定 儀式 体操部 お祝い 上目遣い シラフ 口臭 東京 同性愛 脱サラ 失笑 性○隷 同伴 神秘 性上位 悪酔い 保育園 バストアップ パトロン 気絶 バージン バスケ おねしょ 嬢王様 吊り橋効果 避妊リング 伊豆 彼女の弟 婚約 主張 介護 ファン 看板娘 他人棒 目覚ましフェラ 悲惨 姉妹交換 ネットH  近●相姦 ポッチャリ おあずけプレイ オタク女子 キモメン サランラップ ケツ毛 洗濯バサミ ちんぐり返し 草食系男子 性感エステ 射精管理 職権乱用 支配 助手 泥沼 寝起きドッキリ チキン ぶっけけ キッチン ラノベ インフルエンザ 健全 興奮 アスリート女子 ポロリ 水泳教室 バイブフェラ 女子プロレスラー 無臭 インドネシア人 号泣 脇舐め マイナー 腰痛 デルヘル ボディービル おへそ 勇気 プロレス フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル テクニック ネパール人 無料 一気 ブーツ 人参 種違い 竿姉妹 近○相○ 祖母 せどり 日系ブラジル人 絶縁 チンピラ 宿題 配信 全身リップ 訪問販売 紳士 男子禁制 パーカー 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 汚物 母子家庭 IUD 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス 乳がん 中性 お化け屋敷 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ サーファー ギャル男 ハイレグ 生理不順 狭射 性同一性障害 サイクリング ごっkん SNS スナックのママ プリクラ  軽蔑 ネイリスト パリ ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ 元ヤン 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 歳下女子大生 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ 乳コキ ジジイ バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 娘の夫 義息子 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ アメフト部 ボクサー 露出b ハイキング パーティー 年越し 旦那の同僚 セレブ 妹夫婦 屋台 玉舐め 近親相●姦 全盲 プレハブ 立ち合い 従姉妹の彼氏 主人の友達 不妊治療 トップレス すっぴん 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ バドミントン部 卓球部 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 行水 彼氏交換 頬ずり シックスナイン  虐め 山岳 実験 チクニー ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の叔母 友達の家 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 自棄酒 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ 渋滞 早熟 黒タイツ 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 敬語 恨み 整体師 アナル責め 27P セフレ交換 賞品 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 くじ引き ホームセンター 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 本気 フェラテク ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 むっちり 

フリーエリア