HOME > 【人妻体験談】 > 嫁が知り合いの旦那に寝取られる様子を見て大興奮wwwwwwwwwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


嫁が知り合いの旦那に寝取られる様子を見て大興奮wwwwwwwwwwww

関連体験談 :寝取られ不倫浮気中出し生挿入パイパンフェラ口内発射
嫁のユキが、

バイト先のパン屋さんで知り合ったマコさんと仲良くなり、

マコさんの旦那のケイスケさんと4人で遊ぶことが多くなり、

ちょっとだけエッチな体験をするようになりました。

ただ、それもエスカレートしてしまって、

前回とうとうユキとケイスケさんがセックスをしてしまいました、、、

そうなるかも知れないと、

ここの所ずっと思っていて、

ユキとのセックスの時もケイスケさんの事を話したりしていました。

だけど、ある程度覚悟をしていても、

実際に目の前でユキが他人とセックスをしているのを見るのは、

言葉では言いあらわせないくらいの、

大きな衝撃でした。

だけど、本当に異常なくらいの興奮が僕を襲いました。

そして、ユキにも僕のそういった性癖が見透かされてしまって、

さらにエスカレートしていきそうな感じです。

今週末は、ユキとマコさんが入れ替わるという、

昔テレビであったラブちぇんという番組みたいなことをすることになっています。

ユキが、ケイスケさんと二人で土日の2日間を過ごすというのは、

想像するだけで嫉妬や焦燥感や心配で、冷静ではいられなくなります。

毎日のようにそれを想像して、勝手に興奮して盛り上がり、

ユキに襲いかかるのですが、

『ダメっ!マコさんに週末まで禁止って言われてるからw』

ユキが、僕の体をすり抜けながら、楽しそうに言います。

マコさんが、ユキのバイト先のパン屋さんに来たときにそう言ったらしいのですが、

僕は聞いていないので、ユキが勝手に言っているような気もしています。

それでもしつこく抱きしめると、

『浩くん、私のこと、好き?』

と、妙に真剣に聞いてきました。

「当たり前じゃん!大好きだよ!」

僕が即答すると

『マコさんのこと、好きになってなぁい?私への気持ち、薄まってなぁい?』

と、少し潤んだ目で言ってきました。

「ないよっ!そんな事絶対にない!」

『浩くんは・・・、アレしても、相手のこと、好きにならないの?』

「えっ!?それは・・・その時は少しはそう思うかも・・・」

『思っちゃダメだよ・・・マコさんとしてるときも、私だけを好きでいて・・・』

「わかった・・でも、そういうことを言うって事は、ユキもケイスケさんのこと・・・」

『へへw内緒wでも、浩くんは、私がケイスケさんのこと好きになった方が良いんでしょ?』

と、イタズラをする幼児のような顔で言いました。

「そんな・・ユキ・・ダメだよ、そんなの・・・」

僕は、一気に余裕がなくなって、

泣きそうな声で言いながらユキを抱こうとしました。

『へへwだ~~めwマコさんとの約束w』

楽しそうに言いながら、本当にさせてくれませんでした。

その後、二人でベッドに入って寝始めましたが、

興奮が収まらなくてなかなか眠れませんでした・・・

すると、ユキが布団に潜り込んできて、

僕の下を脱がせてくわえてくれました。

「ユキ、いいの?マコさんとの約束は?」

『エッチはしないよ!でも、浩くんのは出しとかないと、マコさんとしちゃうでしょ?』

「それは・・・ユキは?ケイスケさんと、するでしょ?」

『いいの?しなくても?w』

ユキが、ニヤニヤしながら聞き返してきました。

「そ・・・それは・・・して・・・欲しい・・・」

『変態w浩くん、心配じゃないの?したら、好きになっちゃうよ?』

「・・・じゃあ、止める・・・」

迷ってそう言いましたが、本心ではなかったです・・・

『ダメぇwケイスケさんとします。ケイスケさんと、二日間、いっぱいしちゃいますw』

満面の笑みで言うユキ。

「そ、そんなっ!!」

『そう言いながら、カチカチになったw浩くん、変態だねwでも、それも含めて、全部好きっ!』

「あ、ありがとう・・・」

『だから、予定通りにするねw』

「わかった・・・でも・・好きにならない?」

さっきユキが僕に言った言葉を、逆に僕が言いました・・・

『好きになった方が良いんでしょ?』

「・・・、うん・・・、」

『やっぱりwでも大丈夫・・・もう、ケイスケさんのこと好きだから・・・』

「えぇっ!!?」

『また固くなったw本当に、変態さんだなぁw』

そう言って、またフェラを始めてくれました。

ユキは、奥手で恥ずかしがり屋で、人見知りでした。

セックスも、恥ずかしがって積極的とはほど遠い感じでした。

それが、今は僕を言葉でイジメながら、積極的にフェラをしてくれています。

この変化は、ケイスケさん夫婦のおかげですが、

変化したことがよかったかどうかは答えが出せません・・・

あっという間にイキそうになり、

「ユキ・・ダメ・・イク・・・」

そう言って、ユキの口の中に放ちました。

ゴクンと喉を鳴らして飲み込んだ後、

『すっごくいっぱい出たねwケイスケさんのこと想像して、興奮しちゃったの?』

ニヤニヤしながら聞いてくるユキ。

「あぁ・・・」

『変態wでも、だ~~~い好き!!』

そう言って、抱きついてきました。

僕も、イッたとは言え興奮状態なので、ユキにまた襲いかかりました。

『ダメ!マコさんと約束したから。でも、浩くんのはもっと出しちゃう!マコさんと出来なくなるようにねw』

そう言うと、また僕のペニスをくわえてきました・・・

こんな感じで、毎日僕だけが一方的に搾り取られて、

2~3発抜かれる感じでした・・・

そしてとうとう前日になり、その日4回目のフェラ抜きをされた後、

『これだけ出しとけば、大丈夫かな?』

可愛らしい顔をかしげながら、ユキが言います。

「もう、一滴も残ってないよ・・・」

『ホント?じゃあ、明日は朝からケイスケさんといっぱいしちゃうけど、浩くんは出来ないねw』

「そ、そんな・・」

『あれれれれ?また大っきくなったよ?浩くんは、本物の変態になっちゃったんだねw』

と、楽しそうに笑いながら言うと、またパクッとくわえてきました・・・

そして、さすがに5発目なので、なかなかイキませんでしたが、

30分以上もくわえ続けてくれたので、結局搾り取られました・・・

そして、この日だけは、朝からキスもしてくれませんでした。

『ダメぇw明日ケイスケさんといっぱいするから、今はダメぇ~w』

こんな風にかわされて、泣きそうになりながら時間が過ぎていきました・・・

そして次の朝、朝食を食べていると、嫁が下着姿でリビングに入って来ました。

『浩くん、下着、これでいいかなぁ?』

そう聞いてくる嫁の下着は、スケスケのエロいものでもなく、いつものお気に入りのピンクのヒラヒラがいっぱいついた、可愛らしいヤツでした。

「うん・・可愛いよ・・」

『へへwケイスケさん、喜んでくれるかなぁ?』

意地悪く言うユキ・・

すると、ユキが服の上から僕のペニスを触ってきました。

『やっぱりカチカチw昨日アレだけ搾り取ったのに、油断も隙もないねw』

そう言いながら、僕の下を脱がせて、いきなりフェラを始めました。

リビングで、下着姿のユキにフェラされるのは、

今までにはなかった体験なので、興奮してあっけなくイキそうになりました・・

「ユキ、ダメ・・・出る・・」

すると、ペニスを口から出して、手コキでフィニッシュされました・・・

「ど、どうして?」

思わず聞くと

『だって、ケイスケさんとキスしたとき嫌がられちゃうでしょ?』

なんて言いました・・・

ショックと嫉妬で狂いそうになると、またユキがペニスを握ります。

『またカチカチwホント、浩くんは超弩級の変態だねw』

そう言って、またフェラをしてくれました・・・

出発前に、結局2発搾り取られて、ユキは満足そうに出かけました。

ユキは、玄関を出るときに、

『浩くん・・・マコさんのこと、絶対に好きになっちゃダメだからね!!』

と、子供のような顔で叫び、僕の口にチュッと短くキスをして出て行きました・・・

ユキは、エッチに・・そして少しビッチに変わってしまったと思っていましたが、

中身は変わっていないとわかり、少しだけ安心しました・・・

10分ほど経つと、インターフォンが鳴り、マコさんが入って来ました。

マコさんは、短いスカートのスーツっぽい格好で、年

上のエロい女上司といった感じの雰囲気でした。

『会いたかったよ~』

マコさんは、玄関に入るなり、僕に抱きついてキスをしてきました・・・

玄関で、口の中をマコさんの舌でグチャグチャにされながら、

そのまま押し倒されました。

そして、マコさんは着衣のままで僕のズボンを脱がしていきます。

あっという間にペニスを剥き出しにされて、くわえられました・・

『アレ?してもらったばかり?べちゃべちゃだよw』

「ごめんなさい・・ついさっき、マコさんとしないようにって、2回抜かれました・・・」

『ははwユキちゃん、可愛いわねwでも、カチカチだよw』

「それは・・マコさんがセクシーだから・・」

『ありがとw』

マコさんはそう言うと、そのまままたがってきました・・・

すると、僕のペニスがマコさんの軟らかい肉に直接触れました。

「パ、パンツは?」

驚いて聞くと、

『浩くんのこと考えたら、すぐに濡れて汚れちゃうから、穿いてこなかったよw』

言い終わると同時に、マコさんは一気に奥まで突っ込みました。

『グッ!あぁぁ・・これ・・やっぱ・・凄いぃ・・・いきなり奥まで・・・あぁっ!か、軽く・・イっちゃったよ・・』

マコさんが、美しい顔を歪めながら、息苦しそうに見える感じで言います。

いきなり、会って5分もしなうちにしてしまった・・・

しかも、いけないと思いながらも生で・・・

出来てしまったらどうしようということも心配ですが、

ユキも同じように生でケイスケさんにハメられていないかと思うと、

嫉妬で狂いそうです。

今頃、ユキも玄関で生ハメされているのかも知れない・・・

想像が想像を呼んで、どんどん悪い想像が大きくなります。

マコさんは、そんな事お構いなく全力で腰を振ります。

『おぉおっ!このチンポ好きぃ・・擦れてぇ・・あぁぁ・・あフゥあぁ・・・ヒィッ!ヒィッ!あヒッ!』

夢中で腰を振り、大きくあえぐマコさん。

ユキは、僕が喜ぶからケイスケさんとしているという感じが強いですが、

マコさんはどうなんだろう?

ケイスケさんも、間違いなく寝取られ性癖というタイプだと思いますが、

マコさんはケイスケさんを喜ばせるためだけにやっているのだろうか?

僕の目には、無心で快感をむさぼっている世に見えました。

ただ、ユキが同じように、自分の快感のためにケイスケさんにまたがって、

自ら腰を振っているところを想像したら、予兆もなくいきなり射精してしまいました。

こんな経験は初めてで、イキそうと思うまもなく、いきなりイキました・・

『ヒッあっっ!!熱いの出てるぅッ!!イクぅぅ・・』

僕の射精がきっかけで、マコさんもイッたようです・・・

あまりの快感に少しうめきながらいた僕でしたが、すぐに冷静になり

「ごめんなさいっ!いきなり中に・・・」

『ううん・・でも、ビックリしたwホント、いきなりだったねwでも、気持ち良かったwやっぱり浩くんのは凄いよw』

満面の笑みで言うマコさん。

「でも・・中で・・・大丈夫ですか?」

『正直に言うと、大丈夫じゃないよ。今日は受精出来る日。でも、それでもいいからって、アイツが言うからね・・・だから、いっぱい出してねw浩くんので妊娠したいなぁw』

冗談とも本気とも言えない顔で言うマコさん。

だけど、その言葉で興奮が倍増したのは間違いなくて、

玄関でグッタリするマコさんを無理矢理立たせると、

そのまま立ちバックではめました・・・

着衣のマコさんのスカートをまくり上げて、玄関ではめている・・・

非日常的な光景に、頭が痺れてきました・・・

夢中でガンガン腰を振ると、

すでにかなり下まで降りてきているマコさんの子宮に、

ガンガン当たるのがわかります。

『そうっ!それっ!あっ!ああっ!もっと!ひぐぅぅ・・強くッ!もっと!!ウゥあぁっっ!!お、お尻・・叩いてぇ・・』

背中をのけ反らせ、壁に手を付いてあえぐマコさん。

言われた通り、平手でお尻を軽く叩くと、

『ひぐぅ・・ダメっ・・もっと強くッ!!思い切り・・・叩いてぇぇ・・』

顔だけ振り返り、とろけた顔で言うマコさん。

僕は、マコさんのスカートを完全にまくり上げて、

キュッと形のいいお尻を思い切り平手で叩きました。

バッチーンと、叩いた僕が引くくらいの大きな音を立てると、

お尻が真っ赤に染まりました。

『うぐっっ!!あ、ひぃあぁ・・そう・・それ凄いぃ・・おチンポ好きぃ・・・もっと・・あぁ・・』

この乱れ様は、本当に驚かされます。

普段の、綺麗なセレブ妻といった感じのマコさんが、

半狂乱に近い感じであえいでいる姿は、エロ過ぎてクラクラします。

そしてそんな姿を見ると、僕がケイスケさんよりも、

深い快感を与えているという自信が湧き、

有頂天になりますが、もしかして今、

ユキもケイスケさんに僕よりも

大きな快感を植え付けられているのではないかと思うと、焦燥感で汗が出そうです・・

その焦燥感をぶつけるように、マコさんのお尻を何度も叩くと、

お尻全体が真っ赤に染まりました。

『イクっ!イクっ!!もっと!あ、あっ!強くしてぇっ!!』

マコさんは、叫びながら自分でも腰を振り始めました。

僕なりに全力で腰を打ちつけているつもりでしたが、マコさんの腰の動きの方が強いくらいで、思わず腰が引けそうになりました。

そして、朝から立て続けの4発目なのに、もうイキそうになりました。

「マコさん、ダメです・・イクっ!」

うめきながら、射精しました・・

だけど、マコさんは僕がイッても腰の振りを止めてくれませんでした。

くすぐったいのと、気持ち良すぎるのとで

「ダメ、止めて下さい・・アァァッ!!」

逃げようとしても、手でホールドして腰を振るマコさんに、

思わず叫んでしまいました。

本当にダメで、絶叫に近い声を出して、初めてマコさんが止めてくれました・・・

「浩くん、女の子みたいな声wそれにしても、いっぱい出たねw」

僕のペニスを抜くと、マコさんのアソコからドロッと白い精液が垂れてきました。

我ながら、朝から4回もイケた事に驚きましたが、

マコさんの乱れた着衣、まくれ上がったスカートからのぞく

真っ赤に腫れ上がったお尻、流れ出る白い精液を見て、

またすぐにしたくなってしまいました。

『ねぇねぇ、今日はずっとベッドにいよ?』

妙に可愛らしくそう言うと、マコさんは僕の手を引っ張って、寝室に向かいました。

そして寝室でお互いに全裸になると、ベッドに潜り込みました。

毎日ユキと寝るベッドに、マコさんと全裸で一緒に入っている・・・

ユキに対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ただ、同時にユキも今頃は・・・ケイスケさんと・・・

変な想像ばかりが大きくなります。

『ねぇ、今ユキちゃんのこと考えてたでしょ?』

「え・・はい・・すいません・・」

『いいよ、謝らなくてもw私もアイツのこと考えてたから。』

「そうなんですか!?」

『そりゃね・・それなりに経験はあるけどさ・・・二人きりで2日間なんて、ちょっと・・・ね?』

マコさんが、さっきまでの淫乱痴女の顔から、

不安そうな少女の顔になりました・・・

「でも、それ言ったら、マコさんはどうなんです?もう2回も中出しされてるじゃないですかw」

『まぁ、そうだけどねwじゃあ、二日間は、お互いにパートナーのことは忘れて、楽しもっか?』

「はい・・よろしくお願いします。」

僕の返事と同時に、マコさんはキスをしてくれました。

『ユキちゃんも、こうやってキスしてるんだろうねw』

マコさんは、ニヤニヤしながら言いました。

「そんな事ないですって!何もなく終わるはずです・・・」

『浩くんは、何もなくていいの?』

「それは・・・もちろん、ない方がいいです!」

僕が答えると同時に、ペニスを握られました。

『嘘つきwあんなに出したのに、もうガチガチじゃんw』

そう言いながら、亀頭を指でこね回します・・・

「それは・・あぁ・・マコさん・・」

マコさんの指テクに、声が漏れました・・・

『アイツ、ユキちゃんのことマジで気に入ってるから、ヤバいかもよw』

「うぅ・・マコさんは、いいんですか?」

『そりゃね・・・イヤだけど・・仕方ないでしょ・・いいよ、私は浩くんとラブラブになるからw』

そう言って、さらにキスをしてきました。

マコさんの舌が口の中で暴れ回ると、背徳感もあってか興奮が高まりすぎて、もう我慢出来なくなりました。

マコさんに覆いかぶさろうとすると、

『ねぇ、私が浩くんに本気になったらどうする?』

マコさんが意味ありげに笑いながら言いました。

「え?・・・」

『じゃあ、ユキちゃんがアイツに本気になったらどうする?』

「ど、どうしたんですか?」

『聞いてみただけw』

そう言って、またキスをしてきました。

夢中でマコさんの舌を吸っていると、マコさんが一旦離れて

『今頃、ユキちゃんも夢中でキスしてるかもねwアイツ、キスは異常に上手いんだよw』

「そ、そんな・・」

ひどく狼狽してそう言うと、マコさんが僕のペニスを握りながら

『やっぱりw浩くんは完全に寝取られ好きねwカッチカチじゃんw』

そう言うと、ペニスをしごきながら乳首を舐めてきました。

思わず声を漏らすと

『可愛い声wユキちゃんも今頃そんな声あげてるのかなぁ?』

と、マコさんがいじめてきます。

マコさんの言葉で悪い想像が大きくなり、それで快感が増しているのは間違いない感じです。

『こうやって、ユキちゃんも乳首舐められて、いい声出してるんだろうなぁ~』

「あぁ・・」

泣きそうな声を出しながらも、興奮が大きくなりすぎて怖いくらいでした。

『ホラホラ、お汁いっぱい出てきてるwユキちゃんも、グチョグチョに濡れてるんだろうなぁ~』

この言葉責めと、手コキ、乳首舐めで、朝から数えて5回目の射精をしてしまいました・・・

『わっwすご~いwいっぱい出たw』

マコさんは、本当に楽しそうに言いました。

「マコさん、ユキ、やっぱりやられてますよね・・・」

イッて冷静になると、そんな事が気になって仕方ありませんでした。

『その方がいいんでしょ?w』

「それは・・・でも、何があったのか知らないのは嫌です・・ユキは、正直に教えてくれますかね?」

『ふ~ん・・何があったか、知りたい?』

「えっ!?わかるんですか!?」

『あちこちにボイスレコーダー仕込んでおいたw』

「マジですか!?」

『マジw鬼女の諜報力、舐めたら痛い目見るわよw』

ニヤけながら言うマコさん。

噂には聞いていたが、スパイみたいだと感心した・・・

『明日お開きになったら、メールに添付して送っておくよwメルアド教えてね。』

まさかの展開に、今からドキドキが止まらないです・・・

そして、その後はまったりとベッドで過ごしました。

本当に、トイレに行くときくらいしか移動せず、ずっとベッドの上でイチャイチャして過ごしました。

マコさんは、40歳には見えないくらい少女のように無邪気に笑い、かともうと、言葉責めをしながら僕を責めてきたりして、夕方までに何度もセックスをしました。

ユキに対する申し訳ないという気持ちも薄まって、恋人同士のようにイチャイチャしながら何度も愛し合いました。

そして、ユキ達も同じように愛し合っているのかな?と思いながら、嫉妬と焦燥感と、わき上がる興奮に戸惑っていました。

『そろそろ、夕ご飯にしようか?』

マコさんがさすがにちょっと疲れた顔で言いました。

朝からやりっ放しなので、疲れて当然だと思いました。

「はい、じゃあ、食べに行きましょうか?」

『作ってあげる!』

マコさんはそう言うと、ベッドから抜け出して、裸のままエプロンをしてキッチンに立ちました。

マコさんは料理教室をやっているだけあって、メチャメチャ美味しい料理を作ります。

そして、裸エプロンで料理をするマコさんを見て、朝からかれこれ7回はイッているにもかかわらず、欲情してしまいました・・・

たぶん、ユキがケイスケさんにやられているという絶望感が、僕の性欲をおかしくしているのだと思いました。

キッチンに滑り込み、後ろからマコさんに抱きつきました。

『へへw裸エプロンに興奮した?w』

「メッチャしましたw」

そして、愛撫も何もなく、そのまま立ちバックではめました。

ユキがいつも僕に料理を作ってくれる場所で、マコさんと生ハメセックスをしている・・・

背徳感がヤバかったです。

『うぅあぁ・・やっぱり凄いよ・・浩君のおチンポォ・・・子宮口にゴリゴリ来るよぉ・・・あっ!あっっ!ンあっ!!』

「気持ち良い?マコさん、ケイスケさんとどっちが良いですか!?」

『こっちぃ・・このおチンポの方が気持ち良いっ!!ケイスケのじゃ届かないところ、ゴリゴリするからぁ・・・あ、あぁっ!!浩くん!お尻叩いてぇっ!!』

その言葉に、自信がみなぎりました。

ケイスケさんよりも深い快感を与えている・・・

オスとして勝っている気持ちになりました。

これならば、きっとユキを取られないだろうと安心もしました・・・

そして、またマコさんの中にたっぷりと中出しをして、マコさんの手料理を食べ、一緒にお風呂に入って、一緒に抱き合って寝ました。

風呂でも、寝るときにも一回ずつして、結局朝から9回も射精しました・・・

もちろん新記録でしたが、ユキが同じようにセックスしまくっていると想像すると、興奮が振り切れて、寝息を立てているマコさんに寝バックでハメてしまいました・・・

『ん・・ん・・・、あ、あぁ・・浩くん?どうしたの?また興奮しちゃったの?』

寝ぼけていたマコさんが、正気に戻ると

『ユキちゃんも、何度もおねだりしているのかなぁ?』

『ユキちゃんも、生ハメされちゃってるかもねw』

『ユキちゃんも、中出ししてって叫んでるかもw』

こんな言葉にあおられて、またイッてしまいました・・・

「マコさん、避妊はホント大丈夫ですか?」

『だから、大丈夫じゃないってw思いっきり妊娠可能な日だよw』

「マジだったんですか?」

『うんwアイツが、浩くんに妊娠させて貰えって言ってたw』

「そ、そんな・・・」

『アイツ、種なしなんだ・・でも、子供が欲しいってずっと言ってて・・・浩くんだったら、本気でお願いしたいってさ・・・』

「え?」

思わず絶句する僕。

『だから、代理父w』

「ほ・・本気ですか?マコさんは、それで良いんですか?」

『浩くんだったら、全然ありw私ももう高齢出産どころか、ハイリスク出産になる歳だし、あいつの夢だしね・・だから・・お願いします。』

真面目にお願いをするマコさん。

「・・・、わかりました・・・でも・・ユキには内緒にして下さい・・・」

『もちろんwじゃあ、だめ押しでもう一回注いで欲しいなぁw』

と言いながら、フェラしてくれました。

そして、そのままセックスをしました。

妊娠させるつもりでのセックスは、不思議な感覚でした。

ユキとは、最近は避妊せずにセックスしています。そして、授かったら産もうという考えでした。なので、妊娠させるという明確な意思の元にやっているわけではありませんでした。

ユキともしていない本気の子作りセックスを、こうやってマコさんとするのは、申し訳ない気持ちも大きいですが、背徳感で興奮がおかしなくらい高まりました。

「あぁ・・イキそう・・マコさん、イキそうです・・」

『イッてっ!!中でッ!受精させてっ!!アァッ!!!イクっ!!浩くんの子種で、孕ませてっっ!!!』

そのマコさんの言葉で、限界が来てイキました・・・

中出しを受けながらイクマコさん・・・

気のせいでしょうが、妊娠させた手応えがありました・・・

さすがに疲れもあってか、そのままもつれ合うような体勢のまま眠りに落ちました。

朝起きると、マコさんが朝食とコーヒーを用意してくれていました。

朝から、かなりこった料理で、美味しくて驚きました。

ユキの朝食も美味しいのですが、ちょっと次元が違う感じでした。

『ホントにキミは、作りがいがある子だよwそれだけバクバク食べてくれると、幸せだよw』

マコさんは、とても穏やかな顔で微笑みながら、僕が食べるのを見ていました。

「いや、マジで美味いです。ケイスケさんが羨ましいです。」

『ユキちゃんだって、かなり上手になったでしょ?』

「はい!マコさんのおかげです。」

『ねぇ、今日はデートしよっか?』

「いいですね!どこ行きましょうか?」

『なんか、イルカが見たいw』

マコさんのこの言葉で、八景島に行くことにしました。

マコさんは、子供のように無邪気にはしゃぎ、凄く楽しいデートでした。

手を繋いで歩き、観覧車でキスをして、ラブホテルでセックスをしました。

ラブホテルなんて、超久しぶりでしたが、

凄く新鮮で近所のことも気にせずに、

思い切りマコさんも叫べましたし、僕もガンガン責められました。

そして、一旦自宅に戻りました。

『本当に今日は楽しかったよ!浩くん、またデートしてね!!』

「こちらこそ!メチャ楽しかったです!またよろしくお願いします!」

そしてマコさんは、僕に抱きついて濃厚なキスをしたあと

『じゃあね、パパw』

と言って、絶句する僕を置き去りにして出て行きました・・

ユキがどうなっているのか心配しながらも、

マコさんと思い切り楽しんでしまった自分に、

多少の嫌悪感を抱きながら待っていると、ユキが帰ってきました・・・

玄関に飛んでいくと、ユキが笑顔で

『浩くん、ただいまっ!!』

と、元気よく言ってくれた。

僕は、人生で一番と言ってもいいくらいの激しい欲情をして、

ユキに抱きついてキスをしました。

目を大きく開いて驚くユキにかまわず、荒々しく舌を突っ込み、

大きな胸をまさぐり、スカートをまくり上げていきました。

すると、パイパンのユキのアソコが丸見えになり、シ

ョーツを穿いていないことに気がつきました・・・

「こ、これ・・なんで・・・」

『ごめんなさい・・汚れちゃったから・・・』

どうして汚れたとか、理由も聞かずに狂ったようにユキをバックの体勢にして、

脱ぐのももどかしくペニスを取り出すと、一気に挿入しました。

『アうぅっ!浩くん・・・アアッ!ちょっと・・怖いよぉ・・・』

少し怯えたようなユキ。

だけど、ショーツが汚れたという言葉に、

最悪な想像が広がって、ほとんどレいプのようにユキを犯しました。

「ユキっ!ケイスケさんと、したんだろっ!?」

そう言いながら、むちゃくちゃに腰を振りました。

『アアッ!ヒィあっ!アッ!浩くん・・ごめんなさいぃ・・・』

ごめんなさいという言葉に、絶望感が強くなり、

同時に信じられないくらいの興奮が僕を襲いました。

「ユキっ!中に出すぞっ!イクっ!!」

叫ぶように言うと、ユキの中に思い切り射精しました・・・

『ヒィあぁ・・・浩くん・・・』

うめきながら床にへたり込むユキ・・・

ユキをお姫様抱っこにして、寝室まで運び、ベッドに寝かせました。

『浩くん・・怒ってるの?』

不安げに聞いてくるユキ。

「・・・ケイスケさんと・・・したんだ?」

イッて冷静になったのと、

自分もマコさんと散々したことを思いだし、急に弱気になりました。

オススメエッチ体験談


母と主人のセックスを覗きながら変質者に犯され孕まされた私

事務員さんとお互いの性器を弄りあい、交互に布団に潜り、朝まで・・・

スタイルが良い三十路の人妻の感度が抜群によかった件www


マグロな今カノとスケベな元カノだったら・・・

友達のカーチャンのパンツパクったらバレてセックス出来た件

旅館で働く俺が女子大生にいたずらした話

親子丼できる家庭教師のバイトが激アツwwwwwwwwww

バイト仲間で海に行って、ハミ毛フェチになった俺www

嫁の姉ちゃんがイビキかきながら寝てたから悪戯したったwww

昔から知ってる弟の友達と肉体関係を持ってしまいました。。。

社会人のバトミントンサークルで仲良くしている子の旦那さんとエッチwww

かなり重度のシスコンだった俺が姉ちゃんとセックスした日の話

好きだった女の子とのエッチで童貞卒業した俺は幸せでしたwww

バレーボールチームのボランティアコーチをしてる僕が人妻に悪戯された話

退院後に人妻の子持ち痴女ナースとセックスした話

ナースの私が夜勤中に仮眠室でこっそりエッチしちゃった話

団地妻の私は近所に住んでいる男性とエッチしてセックスレスを解消♪♪♪

AVの撮影クルーに出くわして付いていった結果www

長期の研修で出会った彼に優しく、本当に優しく処女を卒業させてもらいました

誕生日にしたお願いを叶えてくれた彼女との話

【ビッチ】彼氏がいるのにコンパで友達に見られながら逝ってしまいました・・・

【出禁】カラオケ店にセフレと行って羽目をはずしすぎた結果・・・

【M男】僕がかわいい女の子を見ても勃起しなくなった理由・・・

人妻ですが、若くてたくましい家庭教師にイカされまくってます

未亡人の私は、初七日もすんでいないのに夫の友人と本気SEXしてます

人妻ですが、整体をお願いしたのに性感マッサージされちゃいました

義妹と浮気してたら義母に問い詰められて、ついでに義母も私の虜にしてやりました

娘の制服を着てテニスコーチと不倫SEXしてる妻に、超興奮している私

不倫SEXする妻の、私には見せないセクシーなイキ顔に興奮

口も膣穴も使って体当たりで介護する妻に、老人達はメロメロです

夜の学校で

女友達にゲイバーに連れて行かれ、なぜかレズプレイに

夫よりも屈強な叔父のペニスに狂う私

42歳の私が新入社員の彼とカーセックス

2泊連続で複数から同時に犯された思い出

ジャージ越し

卒コンで泥酔の女の子

超泥酔女と男友達

友達のかーちゃんを寝取ったエッチ体験談

最高にDQNな筆下ろし

お気に入りの後輩が、フラれたと告白してきたので抱いたら処女だった

彼が生で入れたままイキそうだと言ったので、アナルに入れてもらった

妻は、私の治療の為に大学教授にマゾ調教されていた

アメリカ人の彼は、ルームサービスが来ても構わずセックスを続けました……

同僚の真っ白な腰[前編]

同僚の真っ白な腰[後編]

女2人で飲んでいて、男性3人に声をかけられて乱交になりました

最初で最後の年上の人妻

夫が出張先で事故に遭い、大変なときに夫の同僚に寝取られました

受付嬢の妹と月に一度の中出し相姦日をエンジョイ!

色黒で細身の人妻に童貞を奪われた19の時のH体験談

夜のプールで女子大生インストラクターに生挿入体験談

数学の先生にお尻を平手打ちされてイッたドMな私

俺の言うことならなんでも聞く30歳手前のドM処女

オススメエロ画像


笹倉杏 Hカップ美女の自撮り&セックス画像 200枚

インポ気味だからテストをするための三次エロ画像寄せ集め 75枚

【SM】ドMギャルにお仕置き!緊縛セックス画像 145枚

異常なエロさを醸し出す編みタイツ画像 72枚


さくらみゆき Cカップ美女の自撮り&セックス画像 200枚

今夜をゆっくりと満喫できるオナニー用エロ画像寄せ集め 75枚

小顔な素人OLさんが局部を惜しげもなく晒す画像 181枚

性欲が増す黒い下着を身につけたセクシーなお姉さん画像 72枚

アダルトグッズ使用中のエロ画像 78枚

男のアナルを舐めまくる痴女画像まとめ 72枚 その2

枕にしたい桃尻エロ画像詰合せ 72枚

思わずヨダレが出ちゃう素敵な三次元おっぱい画像 72枚

男根を挑発するために存在する素敵なおっぱい画像 72枚

マンコの天井をカリ太チンコでゴリゴリ擦る正常位画像 72枚

凄く可愛い阿婆擦素人ギャルとのハメ撮り画像60枚

スタイル抜群!美乳美尻な韓国人美女のエロ画像 70選

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 シ●タ 逆レ●プ ビキニ 無防備 妻の過去 妻の友達 バレないように オシ●コ 獣● 二穴 肉●器 ラッキースケベ DQN トラウマ 還暦 ママ友 お客 上司の嫁 マット 妻の姉 土下座 バイアグラ 相互鑑賞 剣道部 M字開脚 友達の妻 サッカー部 隠し撮り  美容師 お盆 性接待 地味 イメプ 本気汁 メイド オナホ 3P 男の潮吹き 聖水 キメセク 再婚 姉の彼氏 手錠 クスコ 鑑賞 豊満 お局 近○相姦 素人 近所 ボーイッシュ 医師 美少女 貝合わせ ヘタレ ギャップ マンスジ メガネ 講師 新婚 自撮り 兜合わせ 脱衣 モテ期 マニア テント 美術部 顧問 ベランダ ノンケ 尾行 ドレス ストッキング 性教育 レ○プ チンぐり返し プレゼント 春休み アクメ 愚痴 団地妻 喧嘩 テニス 教育実習 後輩の彼女 神社 夫の上司 ゴルフ タンポン ボランティア デリヘル嬢 友達の夫 金髪 実家 SM 回春マッサージ 4P 避妊 ゴルフ場 騎上位 メンズエステ ハミ毛 背面座位 スカウト 不妊症  継母 放置プレイ コテージ 花見 マンぐり返し アフター 先輩の母 逆痴● 相互オナニー アヘ顔 釣り 接骨院 グラドル 染みパン オムツ ストレス シングルマザー リハビリ ヒッチハイク OL パジャマ スケベ椅子 拡張 倦怠期 黄金 罵倒 弁護士 鼻フック 独身 寝起き 一人暮らし エロ動画 自転車 北海道 マイクロビキニ  同期 ぎっくり腰 写真 オーナー イベント 女神 割り切り レオタード ファザコン パワハラ マジックミラー 手術 首絞め チンカス ホットパンツ 流出 アラフィフ 挑発 恋人交換 新年会 台湾人 小悪魔 彼女もち 韓国 ボーナス  姫初め 租チン 台湾 ムチムチ 性生活 逆●漢 ニーハイ DJ  便秘 キチガイ スケスケ 発見 添乗員 遭遇 隠撮 野菜 喪女 初夜 帰省 M字 友達の奥さん 唾液 グラビアアイドル ブサメン 目の前 ガムテープ スポーツクラブ 元カノの妹 立ちション 新幹線 回春 生保レディー オーストラリア 姉の夫 閉経 背面騎乗位 左遷 俳優  エロゲ 社長夫人 リア充 バキュームフェラ 皮オナ 免許 ロリ系 ライブハウス フェス スカイプ 男性恐怖症 パパ友 グラマー 苦痛 バレー部 上司の奥さん 役員 仁王立ち エロ本 弓道部 上司の妻 美尻 黒髪 恐怖 団地 ペニスバンド エレベーター エロ写メ 仲居 言いなり 屈曲位 竿付き 産婦人科 小柄 う●こ 露天 先輩の奥さん ペット レ〇プ 貧乏 ぱふぱふ 臭い Fカップ スパッツ 知り合い 無修正  両親 ボクシング部 チアリーダー 体育館 タイツ 唾液交換 将棋部 柔道部 M性感 自虐 飲● 主人  姉妹●姦 別荘 子作り 友達夫婦 友達の旦那 エロ画像 直穿き エロゲー 母子交換 流産 ナプキン 婚活 M男 出会い喫茶 イメプレ 喪男 潔癖 警察 フィリピン人 性感帯 ニート ハプバー 床上手 フツメン 友達の父 電話中  臭いフェチ ボンテージ ハワイ オナペット 即ハメ タレント 夫婦喧嘩 腕枕 ホテトル イジメ 女湯 夫の同僚 隠しカメラ ハメ潮 ジョギング マラソン 現地妻 エロなし ペニクリ 無精子症 エロ漫画家 金持ち ロープ 盲腸  婚約者 チャイナドレス ご奉仕 元嫁 ブラチラ ふたなり 集団 トラック 三角関係 マッチョ お姉さん ギター 竹刀 夫の兄 ライブ ノロケ 搾乳 お見合い ユルマン インフルエンザ 70代 マッサージ師 ぶっけけ 老婆 社長婦人 麦茶 アスリート女子 読者モデル 興奮 無臭 転校生 ボーリング 女子プロレスラー ボディービルダー 出勤前 片思い 大家 腐敗 出合い系 相部屋 母の妹 人助け イカ臭い 出張ホスト かりまん 15P カマトト まんぐり返し ドクター 阿鼻叫喚 自慢 生き別れ オプション バレンタイン 車検 デルヘル ボディービル 弟の妻 ハイグレ 腰痛 ぢゃ性 フィギュアスケート部 プロレス 鷲掴み メガネ屋 ローライズ TV電話 オリモノ クォーター ワカメ ハイボール マリッジブルー 禁欲 姉妹相姦 おもてなし 近●相姦 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め キッチン ラノベ 健全 勇気 おへそ 恋人 美肌 エアロビクス 谷間 密会 中性 フタナリ パイチラ ポロリ インドネシア人 訪問販売 種違い 人参 全身リップ 性上位 気絶 パトロン 同伴 竿姉妹 近○相○ 韓国エステ パーカー 一気 焦らしプレイ 紳士 せどり 祖母 義理の娘 お花見 寝落ち 乱暴 ラブレター 出禁 カミングアウト 星姦 蟲姦 便器 先輩の妻 リフレクソロジー 辻本杏 飯岡かなこ 沖田杏梨 介護職 自尊心 使用済み ゴミ箱 塾講師 企画 ローカルテレビ 背徳感 料理教室 地獄 胸糞 ブラック企業 ピーナッツ 妻の友人 ノルマ 我慢 長ネギ メス豚 共依存 オーディション 精液便所 バスタオル 宴会芸 バナナ 吊り橋効果 おねしょ 神秘 嬢王様 失笑 悪酔い バストアップ チキン 寝起きドッキリ 保育園 儀式 体操部 東京 伊豆 ちんぐり返し 脱サラ ヤリ目 想定 正月明け お祝い 宿題 チンピラ 処理 汚物 母子家庭 屈辱的 四つんばい バイブフェラ ブーツ 診察台 乳がん パラダイス 地雷女 処女膜 配信 絶縁 日系ブラジル人 IUD 男子禁制 びっぷら サランラップ オタク女子 ケツ毛 洗濯バサミ キモメン 草食系男子 流行 泥沼 性感エステ 避妊リング 口臭 性○隷 バスケ バージン ハードセックス ランデブー シラフ 同性愛 上目遣い 助手 たまごっち 婚約 目覚ましフェラ 悲惨 彼女の弟 介護 支配 射精管理 おあずけプレイ 号泣 ネットH ファン ポッチャリ 職権乱用 看板娘 主張  他人棒 水泳教室 27P 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り サーファー ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ ギャル男 お小遣い 生理不順 ごっkん ハイレグ 狭射 性同一性障害 SNS 軽蔑 乳コキ スナックのママ プリクラ  サイクリング ネイリスト  筋肉フェチ ソープ嬢 寝盗られ 音声 元ヤン 歳下女子大生 パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ ジジイ 山岳 正座 バレーボール部 イメチェン オナネタ 娘の夫 絶叫 彼女不倫 おままごと t乱交 パプニングバー 先輩のセフレ 義息子 チアガール 社長の息子 サンタ スノボー 婿 バドミントン部 彼女の過去 テレビ スロベニア人 妊活 読モ 密室 B専 アメフト部 年越し パーティー 美女 旦那の同僚 プレハブ 露出b ハイキング 近親相●姦 全盲 妹夫婦 セレブ 立ち合い セフレの友達 不妊治療 従姉妹の彼氏 トップレス すっぴん ボクサー 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン 卓球部 アレルギー ポニーテール 心身 新婦 スクール水着 ストリッパー 指フェラ 従姉妹の娘 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ トレーニング 行水 シックスナイン 実験 頬ずり  虐め チクニー 友達の叔母 彼氏交換 ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の家 先輩の婚約者 トルコ おっぱいアナル ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ W不倫 同僚の妹 延長 書道部 相撲 息子の先輩 研修 予備校 百合 OB 兄の娘 兄弟 生徒の母 断捨離 リンチ こたつ ブルセラ 2ch 別居 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番  廃墟 交換 マンション 喘息 アナルファック 寄付 苦情 お清め ソフトテニス部 利子 制裁 フィジー 渋滞 ローソク 早熟 黒タイツ むっちり ムチ 靴なめ 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 キス魔 自棄酒 敬語 整体師 お化け屋敷 セフレ交換 賞品 くじ引き 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 ホームセンター ボクシングプレイ セミプロ 検査 婚活サイト 報告 恨み 不潔 本気 通勤 大学受験 サドル フェラテク サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 姉妹交換 

フリーエリア