HOME > 【人妻体験談】 > 小4の男の子の言いなりになって玩具にされる私たち主婦・・・
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


小4の男の子の言いなりになって玩具にされる私たち主婦・・・

関連体験談 :人妻浮気シ●タ複数キス射精年下
私は27歳の主婦で、31歳になる夫と暮らしています。

子供は6歳で今年小学校に入ったばかりになります。

私達は今都内の新興マンションに住んでいます。

こちらのマンションは比較的若年夫婦が多く、

私と同じくまだ20代~30代前半くらいの若い主婦が多くいました。

その主婦達の間で、

同じマンションに住む一人の男児が問題となっていました。

その子はまだ小学4年生ぐらいの子で、

どうも典型的な放置子のようです。

また母子家庭らしく、

その母親というのが特殊な仕事をしているようで大体が夜遅くに帰ってきたり

時には数日間家にも帰ってこないケースもよくあるようでした。

ただお金のほうはどうも子供が持つには多額の金額を与えられているようで、

コンビニで大量の弁当やお菓子を買い込んできたり

ピザや寿司なども宅配で頼んだりしているのを見たことがありました。

これだけでしたら非常にかわいそうな子だと思うのですが、問題となっているのはその子がとんでもないマセガキというか。

エロガキなのです。

最初は私達若い主婦を見かけると、隙を見て抱きついてきました。

正直自分の子供でもないので気持ちが悪かったのですが、その子の境遇は皆知っており、まだ子供のやることということで最初のころは私達も同情して頭をなでてあげたりしたのですが、それからどうも気をよくしてきたようでその内抱きついた拍子に胸やお尻を触ってきたり、挙句の果てに

「チューして!!」

という形でキスをせがんで来たりと露骨にいやらしいことをしようとしてくるようになりました。

さらにはどこで覚えたのか、

「お姉ちゃん達今日の下着何色?」

から始まり

「ねえ昨日の夜だんなと”えっち”したの?」

などと私達に会うたびにセクハラおやじも顔負けのセリフも言ってくるようになりました。

特に酷かったのは、この間私と仲のいい主婦友達である香織に向かって

「お姉ちゃん達はこのマンションの中でも特に美人だよね!僕気に入っているんだぁ。

ねぇ今から僕の部屋に遊びに来ない?そこで”えっち”なことを色々教えてよぉ。

お金ならたくさんあげるからさぁ。」

と財布から数枚の一万円札取り出しで私達の前でひらひらとさせ、挙句の果てに後背位でのセックスを連想させるような腰ふりまで見せてきました。

これにはさすがに私と香織も切れて

「 あんた、本当に一体今いくつなの!!気持ち悪い。



学校の先生やお母さんに言うよ!!」

と怒鳴りました。

ですがその子はまるで意も返さず 

「えへへへ。

怒った顔も美人だね。

僕ますます気に入っちゃった!こんな感じでいつか2人まとめて”えっち”なことしてあげるからね。」

とさらに激しく腰ふりをしながら私達に言いつけ、そのまま走り去っていきました。

私と香織は怒りを通りこして、逆に怖くなり、他の主婦仲間達と共に管理人を通してその子の母親に直訴しました。

母親はまだ子供のやることでしょっという感じで露骨にいやな顔をしましたが、管理人から

「このままですと退去いただくことになります。」

と言われ

「分かりました」

と言いました。

それからしばらくその子は母親に言われたのか、私達を見ても体を触ってこようとせず、またセクハラ発言もしなくなりました。

ただ未だに私達に対してじっとりとした視線を投げかけ 何を想像しているのか、もぞもぞと自分の股間を触っていることがありました。

これはこれで非常に気持ち悪いことなのですが、少なくとも無視していれば問題はありませんでした。

ただある日トラブルが起きました。

私と香織がフロアで話していると上の階から

「キャー!!!」

という叫び声が聞こえました。

急いで向かうと、最近越してきた若い主婦にその子が襲い掛かっていました。

その子は血走った目で

「お姉ちゃん!!お姉ちゃん。

!!」

と言いながらその主婦に抱きつき、服の中に手を入れて胸や下半身を触りまくっておりさらには顔にキスをしようとていました。

私と香織は

「あんた!!何してんのよ」

と2人かかりでその子を引き剥がそうとしました。

その子はまだ小学4年生とは言え、日ごろの不摂生な食事のせいか体系はかなり太っており大人の女性2人がかりでもなかなか離せませんでした。

ただその子は急に突然

「分かった!!分かったから!もうやめるから!!あっやめて!!うわぁ!!」

といったセリフを言ったかと思うと、自分からマンションの壁に向かって頭から突っ込みました。

それを見て私と香織、そして若い主婦が呆然としていると、その子は頭から若干血を流しながら起き上がり

「やめてって言ったのに、何するんだよぉ、、あっ頭から血が。



痛い、、痛いよぉ。

。」

と泣き声で言いました。

さすがに私と香織は

「だっ大丈夫??」

とその子に駆け寄ろうとしましたが、その子はいきなりすくっと立ち上がったと思うとさっきの泣き声が嘘のように、

「いーや!大丈夫じゃないよ。

ほら頭から血が出てるもん。

お姉ちゃん達やっちゃったね?これはれっきとした”ようじぎゃくたい”だよ!」

とあらかじめ用意していたのだろう絆創膏を取り出して頭に貼り付けながら私達を脅迫してきました。

その態度を見て私と香織はさっきまでのは演技だと気づきました。

「ねぇお姉ちゃん達、どう”せきにん”取るつもりなの?このこと学校の先生とか警察なんかにいったらお姉ちゃん達困るんじゃないの?」

と私と香織をニヤニヤ見ながら言いました。

そのセリフにもともと気が強いタイプの香織は切れて

「あんた!どこまで腐ったガキなの。

その性根をたたき直してあげる!」

とその子に向かっていきました。

するとその子は

「ふーん!そんな事言うんだ。

これなーんだ??」

とポケットからボイスレコーダを取り出し、そのまま再生を押しました。

ボイスレコーダの音声はところどころでうまくカットされており、まるで私と香織が理由もなくその子に暴力をふるったかのように録音されていました。

呆然とする私達をにやにや笑いながら、その子はまた追い討ちをかけるように言いました。

「このボイスレコーダと頭の傷があれば十分お姉ちゃん達を”ようじぎゃくたい”で訴えられるよ!おまけに僕のお母さんが結構すごい弁護士なんだぁ、これだけの証拠ああればほぼ確実だね」

私と香織は母親が弁護士というそのセリフを聞いて、サーと血の気が引きました。

さっきから子供とは思えないようなことをまくし立ている理由が分かった気がしました。

「ねえ ”ようじぎゃくたい”で訴えたらお姉ちゃん達も困るでしょう?嫌ならさあ 今から僕の部屋に遊びにきてくれるなら訴えなくても良いよ、ね?簡単なことでしょう?」

と言ってきました。

私は呆然としながらそのセリフを聞いて

「私達を自分の部屋に連れ込んで、何をするつもりなの。

。」

と言いました。

その子は、それを聞いて急にとても子供とは思えない好色な笑みを浮かべて、

「いつか言ったでしょ!!2人まとめて”えっち”なことをしてあげるって! ちょうどお母さんも明日まで戻ってこないからじっくりとね。

 まずは服を脱いで大人の女の裸を見せてもらおうかなぁ。

それから。

げへっげへへへ」

その子は涎を流さんばかりで血走った目で私達を見ながら、例の激しい腰ふりを始めました。

大人の女に対して堂々と体を要求してくるその態度はとてもまだ小学4年生の子供とは思えませんでした。



私は本当に血の気が引き何もいえませんでしたが、香織のほうは

「あんたみたいななガキにそんなことされるわけないでしょ!訴えるなら訴えなさいよっ!」

怒りのあまり真っ赤になってプルプル震えながら言いました。

 ただ次にその子が言ったセリフが香織と私にとどめをさしました。

「お姉ちゃん達の子供って、僕と同じ○○小の一年だよね?しかも2人とも今年入ったばかりだ。

母親が”ようじぎゃくたい”で訴えられたりしたらその子達も入学早々かわいそうなことななっちゃうんじゃないの??」

とニヤニヤしながら言ってきました。

そのセリフを聞いてさすがの香織も悔しそうにしながらもうつむいてしまいました。

その様子を見たその子は私と香織に

「ねえ嫌でしょ?じゃあさ 今から僕の部屋に遊びに来るということでいい?それでぜんぶ解決するんだからさぁ」

と追い討ちをかけてきました。

私は小さくうなづかざるえませんでした。

香織も

「分かったわよ。

行けばいいんでしょ。」

と観念した様子で言いました。

それを聞いてその子は満面の笑みとなり

「やった!!ついにやったぞ!!へへっへへへ」

とうなだれた私達を見て高笑いを始めました。

それは年相応の本当に欲しいおもちゃを手に入れた子供のはしゃぎぶりでしたが、その表情はまるでセクハラおやじのごとくいやらしい笑みをうけべていました。

それからその子は私と香織が助けた若い主婦に向かって

「ああ お姉ちゃんは行っていいよ。

元々タイプじゃなかったし、本命はこっちの2人だったからね!」

と言いました。

その主婦は泣き顔を浮かべ、私と香織に向かって何べんも頭を下げながら立ち去りました。

それからその子は私達に

「じゃあそろそろ僕の部屋に行こうか、2人ともこっちにおいでよ。」

と手招きしました。

私と香織が指示に従うと、まるで自分の女とでもいうかのごとく強引に自分の両脇にたぐりよせ、腰に手を回してきました。

さらにその子の部屋に向っている道中は、スカート越しから私と香織のお尻をしつこく触ってきました。

その子は私が

「やっ、、」

と拒否反応を示したり、香織が

「このエロガキ。」

と真っ赤になって悔しがっているのを嬉しそうに見上げて

「お姉ちゃん達、2人まとめてこれからたっぷりと可愛がってあげるよ。

たっぷりとね。

。」

と舌なめずりをしながら言いました。

私と香織はその小学生4年生の子供の脅迫に屈服する形でその子の住む部屋まで連れて行かれました。

その子の家庭が住んでいる部屋ですが、私達の住むマンションの中でも特にグレードが高い部屋らしくリビングだけでも私達の部屋の倍以上あり、家具も高級なものが揃っていました。

どうもその子の母親がやり手の弁護士というのは本当の話のようです。

ただキッチンにはその子が食べたであろう弁当の箱や宅配ピザや寿司などの残骸などが大量に残されており広いリビングも乱雑に散らかっていました。

やはり母親は外出が多くほぼ放置児ということなのでしょう。



「何を見てるんだよ!僕の部屋はこっちだよ、さあ早行こうよ!!!」

その子はもうかなり興奮しているようで、顔を上気させ、

「はあはあはあ。

。」

と言いながら私と香織を強引に引っ張るような形で自分の子供部屋へと連れて行きました。

子供部屋へと入った瞬間、そのあまりの光景に私と香織は絶句しました。

その子の部屋も子供部屋とは思えないほど広く、真ん中にはとても子供が使用するものとは思えないような大きいベッドありました。

また特に異常な光景というのが、その子の部屋の床には大量に成人男性が見るようないかがわしい本やDVDなどが一面に散らかっており。

壁にも裸の女性が卑猥なポーズをとっているポスターなどが大量に張ってありました。

、さらにその部屋にある大型のTVにはすでになにかのAVが流れており、TVの中の複数の女性達のあえぎ声が部屋中に響き渡っていました。

とてもまだ小学4年生の子供部屋とは思えない異様な光景に私と香織は唖然とするしかありませんでした。

「へへへっ驚いた?」

その子は呆然としている私と香織に向かって自分の机に座りながら言いました。

「今流れているDVDってお姉ちゃん達のような若いお母さん達と”えっち”するものなんだよ!いわゆる若妻ものだね! ネットだと年齢偽れば購入できるしね!この日のために大量に購入してしっかりと予習しておいたんだよ。

偉いでしょ!それにあれも見て!」

その子は訳もわからないことを言ってさらに部屋に頓挫している大きなベッドを指差しました。

 

「あのベッドもいつかお姉ちゃん達と”えっち”なことをするためにわざわざネットで購入したんだ。

すごいでしょ!羽毛の特注高級ベッドだよ。

これから3人で”えっち”なことするには十分すぎる広さだよ!」

その子はにやにやしながら、言いました。

立ち尽くしている私と香織をあの好色な笑みで見つめながら 

「じゃあそろそろ始めてもらおうかな。

。」

とリモコンを操作すると、自動で部屋のドアのロックがかかり、さらに窓のカーテンが一斉に閉まり、完全に外部と完全に遮断するような形にになりました。

「すごいでしょ!これもこの日のためにネットで発注してつけてもらったんだ。

おまけに壁も防音だよ! お母さんにはまあ勉強に集中したいからと嘘を言ってね!  これでお姉ちゃん達が今からどんなに大きな”あえぎ声”を出してもこの部屋から外には漏れないからね。

。」

と言ってきました。

私はその子が言っている意味が分からず。

「これから何をするつもりなの?」

と聞くとその子は怒ったような表情を浮けべ、自分の机をバーンと叩いて言いました。

 

「さっき言ってるでしょ!!”えっち”なことをしてやるって! まずは服を脱いで裸になるんだよぉぉ!僕に大人の女の裸をじっくり見せて興奮させるんだ!さあ2人とも早く脱げよ!!」

興奮状態からかその子は

「はあはあ」

いいながら私達に言いました。

香織はそれに対して  

「あんた自分で言っている意味分かってるの!私達があんたみたいなクソガキに裸を見せるわけないでしょ!!」

と怒鳴りました。

その子はそのセリフを聞いて逆に冷静になったようで、またニヤついた笑みをしながらおもむろに例のボイスレコーダを取り出しました。

   

「そちらこそそんなセリフを僕に言っていいの?なんなら今すぐにでもこのボイスレコーダをお姉ちゃん達の実名入りでネットに流してもいいんだよ、”他人の子供にようじぎゃくたいした親”とかいうタイトルでね!」

それを聞いて私と香織はまたうなだれるしかありませんでした。

   

「へへへ分かった?じゃあ服を脱いで裸になってもらおうかなぁ。

おっとすぐに脱いじゃだめだよ!”すとりっぷ”するように僕をじっくり焦して挑発しながら脱いでいくんだ。」

本当にどこからそのような変態的なセリフが出てくるのかと思いましたが、私と香織はその子の指示通り目の前でゆっくりと服を脱いでいくしかありませんでした。

その時多分その場に第3者にあたる人が見ていたら、異常な光景だったと思います。

子供部屋で机に座っているまだ小学生4年の子供の目の前で、二人の大人の女性が言われるがまま服を脱ぎながら挑発するように肌を晒していく様は当事者である自分にとっても、とても現実のものという実感が沸きませんでした。

その子は

「すげー!へへへ!すげーや。」

と小声でぶつぶつ言いながら、ぎらぎらした目で、ためらいながら服を脱いでいく私達を見つめていました。

私達は着ていた上着とスカート、ストッキング等を脱いでいき、とうとうブラジャーとパンティーだけの下着姿をその子の前にさらしました。

私達は共にまだ若い主婦ということだけあり、その日も私は紫色、香織は黒色のかなり過激な下着を着けていました。

ただ少なくともこれは夫だけに見せるためのもので、とてもこんな子供に見せることになるとは私も香織も思いませんでした。



その子は先ほど以上に血走った目で私達の下着姿を見つめ、盛りのついた犬のように

「はあはあ」

言いながら

「すげぇーすげぇー!大人の女の生ブラジャーに生パンティーだぁ。

しかもすげぇーエロい。

たまんないよぉ」

と顔を真っ赤にして、本当の犬のように舌を出し前のめりになりながら自分の股間を激しくさすっていました。

香織は

「さあもうしっかり見たでしょう。



クソエロガキ!これで終わりだからね!」

とさっさと脱いだ服を着始めようとしました。

それを見たその子はまた机をバーンとたたきながら大声で

「何を言ってるんだよ??? まだ肝心なところを見せてないじゃない!!! 2人ともまずは上のブラジャーをとれよぉ。

”おっぱい”だょぉ。



そのでかい”生おっぱい”を僕に見せつけてよぉぉ。

。」

と私と香織の胸を指差し、股間をさすりながらうっとりとしたいやらしい表情を受かべて言いました。

「っ。」

香織はまた怒りの表情を浮かべましたが、私は香織の肩に手を置き、もうこれ以上は無駄という形で香織を諭しました。

私と香織は言われるがままブラジャーを取りましたが、2人ともさすがに抵抗があり胸の部分は腕で隠したままでした。



しかしその子の

「何恥ずかしがってんだょぉぉ。

 肝心なところが見えないじゃない!はやくその腕をどかせよぉおお!」

と命令され、ついにおっぱいを全てそのエロガキの前にさらしました。

その子はそれを見て、また例のように犬のように

「はあはあはあ」

と息遣いをしながら。

「”おっぱい”だぁ、本物の大人の女の”生おっぱい”だぁぁ、エロい!エロすぎだよぉぉ!! しかも巨乳で4つもある。

これすべて僕の自由にしていいんだぁ。

!!」

と上ずった声で言いました。

私はもちろん香織も羞恥心から何も言えず黙ってその屈辱に耐えるしかありませんでした。

その後その子はあえて私達の裸体から目をそらし、

「はぁはぁはぁ」

と興奮していた息を整えると 若干冷静を取り戻したようで、やや低い声で言ってきました。

「パンティーはまだ脱がなくて良いよ。

本当の”肝心なところ”は自分で脱がして見たほうが興奮するからね。

さあ2人ともそのままそこのベッドに横になれ!今からたっぷりと可愛がってあげるからね。

。」

と部屋の真ん中にある大きなベッドを指差して、私と香織に横たわるように指示しました。

私達はその子の言われるがまま、私達と”SEX"するためだけに購入したという特注のベッドにパンティーだけの姿で横になりました。



その子は自分の机からおもむろに立ち上がり、今まで以上に興奮しているような

「はあはあはあ」

という激しい息遣いをしながらベッドに近づいてきました。

ついにはベッドに上にあがこみ、横たわっているパンティーのみの私と香織の裸を見下ろしてきました。

その顔はとてもまだ小学4年生の子供とは思えない、大人の男以上の醜悪でいやらしい表情を浮かべていました。

その光景を他の人が見た場合、まさに異常といえるでしょう。

部屋の床一面に成人男性のいかがわしい本やDVDが散漫されており大型TVにはAVが映し出され、女性のあえぎ声が充満しているその部屋はまぎれもなくまだ10歳にも満たない小学4年生の子供の部屋でした。

またなによりも異常なのはその部屋の中央に頓挫しているベッドには、パンティーだけの裸の女性2人が横たわっておりその横たわる女性達の上にまたがっておっぱいを鷲づかみなどして愛撫を加えているのはその部屋の主といえる小学生4年生の子供なのです。



そのエロガキは横たわる私と香織の両方のおっぱいをもみしだきながら、私達を見下ろし

「すげぇ。

やわらかい。



すげぇえやわらかいょぉぉ これが大人の女のおっぱい。

たまらないょぉぉ」

等と

「はあはあはあ」

と顔を上気させ、血走った目でさらに激しくもみしだいてきました。



ですがやはり子供なのでしょう。

それは本能のまま扱うのみでとても愛撫と呼べない乱雑なものでした。

「痛っ痛いやめて。

。」



「ちょっやめっ痛いったらぁ!!」

と私と香織がいくら悲鳴を上げても、

「へへへっいいのか?いいのかょぉぉ」

とまるで意にかえさず、さらには我慢できなくなったのか私の乳首に吸い付いてきました。

そこでも本能のままむさぼりつくように私の乳首を乱雑にかんだりし、私は

「痛いっ!痛、もういやぁあ!!」

と悲鳴をあげるのみでした。

見かねた香織が私からその子を引き剥がすために起き上がろうとしたところ、

「きゃっ」

と悲鳴を上げました。

その子は私の胸に吸い付きながら、右手では香織のパンティの上から”アソコ”に激しい愛撫を加えていました。

その動きも乱雑かつかなり激しいもので、その子は

「ほらっここかぁ。



へへへっここなんだろぉお」

と言って香織を攻め立てましたが香織は

「痛った!!痛い!痛いんだよこのエロガキ!!」

とついにはにはその子を突き飛ばしました。



その子は突き飛ばされベッドの下に落ちました。

香織は”しまった。

”という表情を浮かべました。

しかしその子はまったく意もかえさないように立ち上がり、ベッドの上の私達を見てニヤニヤ笑みを浮かべながらこう言いました。

「えへへへっお姉ちゃん達の裸があんまりエロいから。

ついやっちゃた! せっかくだからこの日の為に予習してきた”てくにっく”を試さないとね。



 最後にはお姉ちゃん達のほうから

「もっとして。

。」

とか

「もう我慢できない”えっち”してっ。」

 って僕に”おねだり”させるようにするんだ。

。」

私と香織はそのセリフを聞いて、背筋が凍る思いがしました。

その子はすばやくベッドの上にあがり、

「きゃっ」

私と香織が悲鳴を上げるまもなくまた襲い掛かってきました。

その子は先ほどと同じくまた私の乳首に吸い付き、右手では香織のおっぱいをもみしだき始めました。

ただ先ほどとはうって変わって、吸い方は私の乳首をソフトに、”ちゅちゅ”という音を立てながら嘗め回してきました。

また右手のほうも香織のおっぱいをやさしくもみながら、時節乳首を指で転がして刺激を与えているようでした。

それは初めての、しかも子供がするとは思えないような愛撫で、私と香織は徐々にに息が弾んできてしまいまいた。

その子の舌の表面は少しざらつきがあるようで、なめる度に乳首に適度な刺激が加わり、そのたびに私は思わず

「あっ、、あっ、ん。」

と声が出てしまうのをこらえていました。

また横で一瞬

「あっ!!」

という香織の悲鳴を聞き、見ると その子の右手は香織のおっぱいから離れ、パンティの上から”あそこ”を摩っているようでした。

その触り方も先ほどとは違い大人の男がするような愛撫となっており、香織は顔を上気させながら、堅く目を閉じ快感を堪えているようでした。

その子は私の乳首から口を離し、私と香織をニヤニヤ見下ろしながらこう言いました。

「えへへへっ、どう僕の”てくにっく”は?? お姉ちゃん達 顔真っ赤になってきたよ。

感じてきちゃったんだぁ。

 さあ次は交代だよ。」

今度は先ほどと逆に香織の乳首に吸い付き、左手で私のおっぱいをもみしだきはじめました。

そういった感じでその子は一方で乳首に吸い付き、もう一方の手で私達の体全体を愛撫してくるといったことを交互に行いました。

しかも徐々にににうまくなってきているようで、私と香織は心では嫌がりながらも、体に与えれれる快感によって

「あっあん。

やっ。」

と声が出始めてしまいました。

「ねぇお姉ちゃん。



”ちゅー”しようよ。

声を出しているお姉ちゃんの口。

すごいエロくて僕たまんなくなっちゃった。

僕の初めての”ふぁーすときす”受け取ってよぉお!!」

愛撫を続けながら急にその子は、私に対してこう言い、私の顔に自分の口を近づけてきました。



「いっいや!!」

と私は顔を背けようとしましたが、

「だーめ!!」

とその子に強引に顔を向けられキスをさせられました。

しかもどこで覚えたのか、その子はディープキスをしようと私の口の中に舌を入れてきました。

「んっんん。」

と私は口の中で抵抗しますが、その子は強引に口をこじあけ私の舌に舌を絡めてきました。

とても初めてのキスとは思えませんでした。

その子はディープキスをしながらも、片手では私の体を愛撫しつづけており、私はなんともいえない甘くしびれたような快感に襲われていまいました。



どれぐらいたったのでしょうか?私は

「美っ美紀。」

と隣で私の名前を呼ぶ声を聞き、我に返りました。

見ると香織が唖然とした表情で私達を見ていました。

その子は”ぷはぁあ”という音を立てて、私から口を離し、私に向かってこう言いました。

「えへへへっお姉ちゃん。

どう?僕の”ふぁーすときす”は?気持ちよかった?気持ちよかったんだよね? だってお姉ちゃんすごく”えっち”な顔してるもん。

。」

私はそれを聞き、羞恥心でいっぱいになりました。

「さあ、次はこっちのお姉ちゃんと”ちゅー”しようかなぁ!!!」

とその子は、今度は隣の香織にキスしようと襲い掛かりました。

「やだっやめなさいっ!!いやっ」

香織は私のときと同じく強引にキスしようとするその子に激しく抵抗しましたが、その子は

「いいのかょぉ ”ようじぎゃくたい”で訴えるぞ!!」

と言い放ちました。

それを聞いて一瞬抵抗をやめた香織の隙をつき、強引に口を重ねてきました。

「んー!!!んっんー!」

香織は必死で進入してくる舌を拒んでいるようでしたが、その子は片手で香織の乳首をつねり、

「あっ」

と香織が叫んだすきに強引に舌を口に入れてきました。



その子は多分キスの才能があるのでしょうか。



香織は最初はなんとかその子を引きはがさそうとしていましたが、ディープキスと体に与えられている愛撫のせいで徐々にに抵抗は弱まっていき今では私の時と同じく

「んっ。

んっ、、ちゅるちゅう」

とその子のなすがままとなってきていました。

その子の右手は香織のパンティ越しにアソコをくりくり弄っていました。

その子は時々口を離し、

「あっあっあっ。

。」

と目を閉じ快感で声をもらしている香織の顔をいやらしい笑みを浮かべて見下ろし、舌なめずりした後、また口を重ねていきました。

私はその子と香織が絡みあっているその光景を、まるで現実感がない気持ちで見ていました。

まだ小学生4年生の子供が裸の大人の女に覆いかぶさりディープキスと愛撫で弄んでいる光景はとても倒錯的でした。



私もいつもまにか、自らおっぱいをもみしだき、パンティ越しにアソコを触り、

「んっんっ」

と声をあげてしまっていました。

特に私のアソコはこれまでにないほど濡れていました。



その子は長い間、香織とのキスを楽しんでからおもむろに口を離しました。

「はぁああ」

口を離した二人の間には、唾が長い糸を引いていました。



香織は私が見たことないような恍惚とした表情を浮かべていました。

その子は香織をにやにやしながら見下ろし、再度 目を閉じ、まだ快感に酔いしれているような香織の頬あたりに”ちゅっ”とキスをした後、おもむろに隣の私を見て言いました。

「お姉ちゃん、、また”ちゅー”して欲しくなったの??」

 

「え。

。」

 

「だってお姉ちゃん。

今ものすごくして欲しそうな”えっち”な顔しているよ。

おまけにそんなところいじりながらさぁ。

。」

といやらしい笑みを浮かべて私の”アソコ”を指差しました。



  私はあまりの羞恥心で顔を真っ赤にしてうなだれました。

  

「して欲しいんでしょ。

。」

とその子はニヤニヤ笑いながらまた私に覆いかぶさり、私のおっぱいをもみしだきながら、羞恥心で真っ赤になっている私の頬に

「ちゅっちゅ」

とキスしてきました。

 

「んっんっ。

ゃ。

。」

私は思わず声を漏らしました。



 

「して欲しいなら。

自分で舌を出して、

「”ちゅー”して。

。」

って”おねだり”しなよ。」

私はいやいやをするように首を振りました。

しかしその子が私のぐちょぐちょになったパンティの上からアソコをしごき始めると、

「あっあっあっあ・・・」

と声が漏れ、甘くしびれたような快感に襲われていまいました。

その子はまるで焦らすかのように 声を漏らしている私の口をちょうど外す形で顔中をキスながら言いました。

 

「ねえっ”ちゅーしようよ。



もっと気持ちよくしてあげるからさぁ。

はやく”おねだり”しなよ。」

 私はもうなにも考えられず、その声にしたがい、口から少し舌をだして

「”ちゅー”。

 して。

。」

とその子に”おねだり”してしまいました。

  それを聞いたその子は

「げへへへへ」

と好色な顔を浮かべた後、舌なめずりをして私の口をむさぼり始めました。

 その子の激しいディープキスと愛撫で 私は無意識のうちに、大人の男性にするようにその子に首に手を回してしまってしまい、悩ましい鼻息を漏らしながらその子の舌に答えていました。

隣では香織が

「あん、、んっ。

んっ」

と私とその子の絡みを恍惚とした表情で見ながら、おっぱいとパンティ越しにアソコを触っていました。

その子はその後も私と香織を愛撫とキスで攻め立てました。

今その子はベッドの上で横たわり。

一通りの愛撫から開放され

「はあはあ」

と呼吸を荒くしている私と香織を見下ろしながら言いました

「おねえちゃん達、もうパンティがぐちゃぐちゃになってるよ。

そんなに気持ちよかったんだ。



じゃあそろそろ本命の”アソコ””を見せてもらおうかなぁ。」

そう言うとその子は私と香織のパンティに手をかけて徐々ににおろし始めました。



私と香織はその子の激しい愛撫により体に力が入らず、、何の抵抗もできませんでした。

その子はある程度パンティを下ろした後、いきなり私と香織の両足をぐいっと持ち上げたと思うと、自分の両肩にそれぞれかけました。

「きゃっ」

と悲鳴を上げる私と香織にその子は言いました。

「へへへっびっくりした!? パンティを脱がすときはこの格好で脱がすと決めてたんだ。



”アソコ”とお尻とおっぱいが一遍に見れるし、なによりこの綺麗な大人の女の脚を通してパンティーを脱がしてくのがすげえエロいからねぇ。」

そういってその子は両肩にかけている私と香織の脚をなでなでし、、太ももあたりをぺろぺろと舐めながら言いました。

あまりに変態ちっくな行為に、私達は苦悶の顔をし、香織は

「この変態エロガキ。

。」

と言い放ちました。

その子はそれを聞いて

「えへへへへ。

。」

と逆に好色な顔を浮かべて

「さあ、続きをしようかなぁぁ」

と再び私と香織のパンティに手をかけ脱がしはじめました。

その子はこれまで以上に好色な笑みをうかべ、、

「はあはあはあ」

と荒い息をしながら

「脱げるよぉおお、へへへへ。

パンティ脱げちゃうよぉお。」

とうわ言のようにつぶやきながら、太ももからふくろはぎへとゆっくりとパンティを脱がしていきました。

その子の目にはもうすでに裏ももの付け根部分に私達の”アソコ”が完全に見えており、

「”アソコ”だぁぁ。

へへっへ。

大人の女の”生アソコ”が僕の目の前にあるぅぅう」

とぎらぎらした目で見つめていました。

その子は完全に脱がしたパンティを私たちの片足首にそれぞれ引っ掛けると、肩に担いでいる私達の両足をそれぞれガバッと開けました。

「きゃっ」

と私たちは悲鳴を上げましたが、その子はそのままのポーズを維持するように命令しました。

私たちはいわゆる正上位で股を広げている形のポーズで、その子の前に”アソコ”をさらしていました。



完全に裸になった大人の女が2人も 自分の目の前で股を広げて”アソコ”をさらしている光景は、いくらとんでもないエロガキとはいえ小学4年の子供には刺激が強かったのでしょう、、その子は私達を食い入るように見ながら、

「はっはっはっ」

と荒い息を吐いたかと思うと、」

一瞬

「うっ」

と前のめりになり、

「はあはあはあ。

。」

と息を整えました。

ズボンの股間が染みになっているのを見るとどうやら射精してしまったようです。

それでもその子は

「へへっへへっへ」

といいながら、なれた手つきでポケットからティッシュ取り、ズボンに手をっ込んで拭き始めました。

「お姉ちゃん達の”アソコ”があんまりにもエロいから思わず”しゃせい”しちゃったよ。

 まあいいや。

一度出したほうがじっくりとできるからね。」

と相変わらずにやつきながら、私達に言いました。

「それに見て!!」

といきなりズボンを下ろしました。

私と香織は思わず目を見張りました。

まだ精液にまみれているその子のペニスは、若干包茎がかっていますが、しっかりと勃起しており、なによりそのサイズはまだ子供とは思えない大きさでした。

「へへへ、どう僕の”ちんこ”は?結構大きいでしょ。

よくトイレなんかで隣の大人の男と比べるけど、大体は勝っているんだぁあ!!」

と言いました。

それからその子は、下半身を丸出しにしたまま、好色な笑みを浮かべて

「じゃあ、”アソコ”でじっくりと遊ばせてもらおうかなぁぁ」

と、私と香織の”アソコ”を触ろうと手を伸ばしてきました。

私と香織は半ばあきらめたようにその子の前で再び股を広げました。

オススメエッチ体験談


母と主人のセックスを覗きながら変質者に犯され孕まされた私

事務員さんとお互いの性器を弄りあい、交互に布団に潜り、朝まで・・・

スタイルが良い三十路の人妻の感度が抜群によかった件www


マグロな今カノとスケベな元カノだったら・・・

友達のカーチャンのパンツパクったらバレてセックス出来た件

旅館で働く俺が女子大生にいたずらした話

親子丼できる家庭教師のバイトが激アツwwwwwwwwww

バイト仲間で海に行って、ハミ毛フェチになった俺www

嫁の姉ちゃんがイビキかきながら寝てたから悪戯したったwww

昔から知ってる弟の友達と肉体関係を持ってしまいました。。。

社会人のバトミントンサークルで仲良くしている子の旦那さんとエッチwww

かなり重度のシスコンだった俺が姉ちゃんとセックスした日の話

好きだった女の子とのエッチで童貞卒業した俺は幸せでしたwww

バレーボールチームのボランティアコーチをしてる僕が人妻に悪戯された話

退院後に人妻の子持ち痴女ナースとセックスした話

ナースの私が夜勤中に仮眠室でこっそりエッチしちゃった話

団地妻の私は近所に住んでいる男性とエッチしてセックスレスを解消♪♪♪

AVの撮影クルーに出くわして付いていった結果www

長期の研修で出会った彼に優しく、本当に優しく処女を卒業させてもらいました

誕生日にしたお願いを叶えてくれた彼女との話

【ビッチ】彼氏がいるのにコンパで友達に見られながら逝ってしまいました・・・

【出禁】カラオケ店にセフレと行って羽目をはずしすぎた結果・・・

【M男】僕がかわいい女の子を見ても勃起しなくなった理由・・・

人妻ですが、若くてたくましい家庭教師にイカされまくってます

未亡人の私は、初七日もすんでいないのに夫の友人と本気SEXしてます

人妻ですが、整体をお願いしたのに性感マッサージされちゃいました

義妹と浮気してたら義母に問い詰められて、ついでに義母も私の虜にしてやりました

娘の制服を着てテニスコーチと不倫SEXしてる妻に、超興奮している私

不倫SEXする妻の、私には見せないセクシーなイキ顔に興奮

口も膣穴も使って体当たりで介護する妻に、老人達はメロメロです

夜の学校で

女友達にゲイバーに連れて行かれ、なぜかレズプレイに

夫よりも屈強な叔父のペニスに狂う私

42歳の私が新入社員の彼とカーセックス

2泊連続で複数から同時に犯された思い出

ジャージ越し

卒コンで泥酔の女の子

超泥酔女と男友達

友達のかーちゃんを寝取ったエッチ体験談

最高にDQNな筆下ろし

お気に入りの後輩が、フラれたと告白してきたので抱いたら処女だった

彼が生で入れたままイキそうだと言ったので、アナルに入れてもらった

妻は、私の治療の為に大学教授にマゾ調教されていた

アメリカ人の彼は、ルームサービスが来ても構わずセックスを続けました……

同僚の真っ白な腰[前編]

同僚の真っ白な腰[後編]

女2人で飲んでいて、男性3人に声をかけられて乱交になりました

最初で最後の年上の人妻

夫が出張先で事故に遭い、大変なときに夫の同僚に寝取られました

受付嬢の妹と月に一度の中出し相姦日をエンジョイ!

色黒で細身の人妻に童貞を奪われた19の時のH体験談

夜のプールで女子大生インストラクターに生挿入体験談

数学の先生にお尻を平手打ちされてイッたドMな私

俺の言うことならなんでも聞く30歳手前のドM処女

オススメエロ画像


笹倉杏 Hカップ美女の自撮り&セックス画像 200枚

インポ気味だからテストをするための三次エロ画像寄せ集め 75枚

【SM】ドMギャルにお仕置き!緊縛セックス画像 145枚

異常なエロさを醸し出す編みタイツ画像 72枚


さくらみゆき Cカップ美女の自撮り&セックス画像 200枚

今夜をゆっくりと満喫できるオナニー用エロ画像寄せ集め 75枚

小顔な素人OLさんが局部を惜しげもなく晒す画像 181枚

性欲が増す黒い下着を身につけたセクシーなお姉さん画像 72枚

アダルトグッズ使用中のエロ画像 78枚

男のアナルを舐めまくる痴女画像まとめ 72枚 その2

枕にしたい桃尻エロ画像詰合せ 72枚

思わずヨダレが出ちゃう素敵な三次元おっぱい画像 72枚

男根を挑発するために存在する素敵なおっぱい画像 72枚

マンコの天井をカリ太チンコでゴリゴリ擦る正常位画像 72枚

凄く可愛い阿婆擦素人ギャルとのハメ撮り画像60枚

スタイル抜群!美乳美尻な韓国人美女のエロ画像 70選

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 全裸 痴● 父子●姦 スカ●ロ 安全日 シ●タ ビキニ 無防備 逆レ●プ オシ●コ 妻の友達 バレないように 妻の過去 獣● DQN 二穴 肉●器 トラウマ 還暦 ママ友 ラッキースケベ バイアグラ お客 土下座  隠し撮り 妻の姉 友達の妻 お盆 相互鑑賞 M字開脚 マット 剣道部 サッカー部 上司の嫁 イメプ 3P 男の潮吹き 本気汁 性接待 美容師 キメセク 聖水 オナホ 地味 メイド 医師 姉の彼氏 クスコ ボーイッシュ 豊満 近○相姦 手錠 リスカ 近所 貝合わせ 再婚 美少女 お局 テント 自撮り マンスジ 顧問 ギャップ 脱衣 新婚 素人 メガネ 鑑賞 ヘタレ 穴兄弟 モテ期 兜合わせ 講師 ベランダ マニア 美術部 タンポン チンぐり返し プレゼント ゴルフ 愚痴 教育実習 ストッキング レ○プ ボランティア ノンケ アクメ 後輩の彼女 尾行 デリヘル嬢 神社 春休み 喧嘩 ドレス 性教育 団地妻 OL SM 金髪 アヘ顔 騎上位 アフター リハビリ 接骨院 実家 染みパン スカウト ハミ毛 背面座位 不妊症 ストレス 相互オナニー 4P 釣り 花見 メンズエステ テニス 避妊 グラドル 逆痴● シングルマザー  先輩の母 放置プレイ 回春マッサージ コテージ 首絞め キチガイ 姫初め 租チン 見せ合い マンぐり返し 拡張 北海道 罵倒 オーナー  スケベ椅子 小悪魔 エロ動画 逆●漢 台湾人 手術 DJ 目の前 写真 流出 ホットパンツ 継母 黄金 パジャマ パワハラ アラフィフ 帰省 初夜 マイクロビキニ グラビアアイドル マジックミラー 彼女もち 寝起き 自転車 ゴルフ場 一人暮らし 発見 ブサメン 遭遇 恋人交換 弁護士 オムツ ボーナス M字 喪女  ニーハイ 便秘 ぎっくり腰 独身 チンカス ヒッチハイク 倦怠期 鼻フック 唾液 性生活 友達の夫 スケスケ ムチムチ 友達の奥さん 隠撮 添乗員 イベント 台湾 無精子症 竹刀 レオタード 貧乏 ノロケ 閉経  免許 小柄 新年会 婚活 将棋部 ライブ チャイナドレス ハワイ ファザコン フェス エレベーター 役員 オナペット 屈曲位 美尻 仁王立ち 挑発 黒髪 喪男 パパ友 背面騎乗位 ペット 夫の同僚 タレント スポーツクラブ 逆プロポーズ 両親 レ〇プ 社長夫人 上司の奥さん 柔道部 先輩の奥さん M性感 チアリーダー エロ本  産婦人科 言いなり お見合い 回春 臭い 唾液交換 ジョギング 婚約者 フツメン バレー部 ロープ  流産 姉の夫 床上手 ガムテープ エロ写メ 上司の妻 ボクシング部 生保レディー エロ漫画家 別荘 新幹線 エロゲー 出会い喫茶 ナプキン 夫婦喧嘩 リア充 団地 割り切り アスリート 弓道部 スパッツ バキュームフェラ ホテトル ギター ぱふぱふ グラマー 夫の兄 ペニスバンド オーストラリア 男性恐怖症 電話中 イメプレ マッチョ ハプバー イジメ 三角関係 隠しカメラ エロ画像 腕枕 エロなし 女神 ご奉仕 現地妻 左遷 盲腸  元カノの妹 フィリピン人 苦痛 即ハメ 立ちション 野菜 皮オナ 女湯  元嫁 姉妹●姦 自虐 子作り タイツ 俳優 直穿き 搾乳 友達の旦那 ふたなり 体育館 主人 無修正 集団 ニート 金持ち ペニクリ 性感帯 M男 潔癖 警察 友達の父 スカイプ エロゲ 露天 竿付き う●こ 臭いフェチ ボンテージ トラック ロリ系 韓国 ハメ潮 お姉さん ライブハウス 恐怖 Fカップ 妻の友人 母の妹 ノルマ 谷間 フタナリ メガネ屋 読者モデル デルヘル ボディービル マッサージ師 腰痛 エアロビクス 恋人 大家 夫の上司 ブラック企業 片思い パイチラ 弟の妻 バレンタイン 義理の娘 クォーター TV電話 オキニ フィギュアスケート部 お花見 マリッジブルー ヤリ目 出合い系 プロレス おもてなし 密会 ピーナッツ 腐敗 姉妹相姦 バスタオル 阿鼻叫喚 15P 相部屋 使用済み 塾講師 ゴミ箱 カマトト リフレクソロジー 出張ホスト 乱暴 ラブレター かりまん 先輩の妻 プロゴルファー 自尊心 沖田杏梨 ワカメ ハイボール 美肌 たまごっち 流行 ローライズ オリモノ 介護職 オプション 辻本杏 転校生 飯岡かなこ まんぐり返し 寝落ち 興奮 バナナ 精液便所 メス豚 共依存 ボディービルダー 宴会芸 長ネギ 料理教室 背徳感 地獄 ボーリング 我慢 オーディション ローカルテレビ 出禁 カミングアウト 自慢 生き別れ ドクター 便器 イカ臭い 出勤前 企画 人助け 星姦 蟲姦 胸糞 健全 サランラップ ハードセックス 性○隷 ちんぐり返し 伊豆 仲居 ランデブー 上目遣い 避妊リング 支配 口臭 シラフ 同性愛 バスケ バージン パトロン 正月明け 同伴 想定 体操部 性上位 お祝い 気絶 東京 おねしょ 吊り橋効果 脱サラ タダマン 洗濯バサミ 射精管理 ファン 看板娘 ポッチャリ 悲惨 地雷女 職権乱用 号泣 麦茶 主張 禁欲 びっぷら  ネットH 助手 近●相姦 草食系男子 性感エステ キモメン オタク女子 おあずけプレイ ケツ毛 泥沼 介護 目覚ましフェラ 処女膜 婚約 彼女の弟 帰宅 儀式 失笑 ブーツ 一気 インドネシア人 ポロリ ラノベ キッチン 診察台 四つんばい 母子家庭 パーカー 汚物 処理 屈辱的 バイブフェラ 水泳教室 勇気 マイナー アスリート女子 ぶっけけ 中性 おへそ 無料 ネパール人 他人棒 女子プロレスラー 無臭 脇舐め テクニック 乳がん 韓国エステ バストアップ 悪酔い 保育園 寝起きドッキリ 宿題 チキン 種違い 神秘 嬢王様 友達夫婦 擬似レイプ 全身リップ 訪問販売 チンピラ 配信 紳士 祖母 焦らしプレイ 男子禁制 パラダイス IUD 日系ブラジル人 絶縁 竿姉妹 人参 相互 近○相○ せどり インフルエンザ 不潔 親切 同時イキ セリクラ マンカス ママ チア部 悶絶 メタボ カナダ 芸能事務所 同期の妹  新婚初夜 ニーソ 塩対応 貸切 万馬券 ブラチラ 染み 股間 無礼講 控え室 仕事 穴あきパンティ 校長 彼女の父 筋肉フェチ 元ヤン  ソープ嬢 寝盗られ 歳下女子大生 夏フェス ネイリスト パリ 乳首舐め ニューカレドニア 音声 お小遣い 引き籠もり バット カウンセラー 知り合い 発熱 顔舐め 編みタイツ ギャル男 サーファー 狸寝入り ひとり暮らし 飛行機 10P 憧れ 婚前 精液検査 退職 おなら 森ガール 牛乳 公認 試験 限界 会長 宿直 ハダカ ビーチボール アダルトグッズ タトゥー 犬プレイ 食事 無抵抗 美容院 添い寝 MオンナS男 図書委員 委員会 ハシゴ 後輩の男友達 逆セクハラ 後輩の妻 カツアゲ 交尾 日焼け 倒産 中だし マンコ 半陰陽 胸毛 風習 録音 兜合せ  男湯 美少年 壁ドン ジーパン 芸能 生本番 恋愛禁止 吹雪 シンママ 社員 サイクリング 性同一性障害 婿 スノボー バドミントン部 卓球部 アレルギー 社長の息子 サンタ 読モ 密室 テレビ 彼女の過去 延長 書道部 前立腺マッサージ ブルマー 下ネタ 研修 予備校 トルコ おっぱいアナル 相撲 息子の先輩 同僚の妹 W不倫 妊活 スロベニア人 すっぴん トップレス ボクサー アメフト部 B専 不妊治療 従姉妹の彼氏 トライアスロン 押入れ 主人の友達  おままごと t乱交 オナネタ イメチェン 娘の夫 義息子 チアガール 正座 バレーボール部 パプニングバー 先輩のセフレ 彼女不倫 絶叫 こたつ ブルセラ シックスナイン 実験 頬ずり  虐め チクニー 友達の叔母 彼氏交換 ゴーヤ 旦那の弟 台所 山岳 ジジイ 生理不順 ごっkん ハイレグ 狭射 母子交換 SNS 軽蔑 乳コキ スナックのママ プリクラ  同期 行水 兄弟 兄の娘 生徒の母 マラソン 先輩の婚約者 百合 OB 2ch 別居 リンチ 断捨離 友達の家 従兄弟の嫁 新婦 ポニーテール スクール水着 ストリッパー トレーニング 心身 指フェラ アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 従姉妹の娘 テスト勉強 GloryHole 暴発 レディース 事務 色弱 エクササイズ カンボジア 生意気 初潮 年始 SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト 初対面 保護 セックス依存性 出前 角オナニー お化け屋敷 白髪  腐れ縁 空家 リンパ 留守番 スノーボード 貯金 アメリカ サクラ ケジメ 出会い 馬鹿 音信不通 部室 セカンドバージン 元旦 中継 テニススクール プラトニック ニュージーランド人 バンガロー 小説風 排泄 チーママ 下品 ポカリ 女優 母子○姦 近親○姦 逆ギレ 不満 整体師 27P 自暴自棄 コスプレ巨乳 キス魔 靴なめ ムチ 武勇伝 フィジー 交換 マンション 喘息 制裁 ローソク 渋滞 ユルマン 社長婦人 ぢゃ性 ハイグレ 車検 老婆 70代 早熟 黒タイツ むっちり 姉妹交換  廃墟 サドル 大学受験 フェラテク 本気 ソーセージ 通勤 ボクシングプレイ セフレ交換 賞品 くじ引き ホームセンター 検査 セミプロ ソフトテニス部 お清め 利子 寄付 アナルファック 苦情 自棄酒 婚活サイト 報告 恨み 敬語 シミ付き 処女初体験 下宿 夫の従兄弟 パフパフ 足ピン 看護学生 出血 オン欄 ヘルパー 狂気 監視 逆玉の輿 クリーニング  帰国 貸出 貧乏神 白衣 ハローワーク 猫耳 セックス依存症 レストラン 腋毛 上級生 精神科医 twitter ガーゼ 自縛 介護士 マジキチ けじめ サスペンダー フィリピンパブ 覚醒 知的 インテリ チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ  レディコミ お店 ガン 肩書き  ぼったくり 同い年 コレクション 収集 鮫肌 友人の嫁 カレー屋 葬式 コスプレイヤー パンパン メガネっ娘 悪臭 アイマスク 姉の同級生 ラーメン屋 バツ2 叔母さん 謝罪 女店主 キュウリ 摘発 コーヒーショップ 娘の担任 バンコク インモラル サプライズ シングルファザー 社長の娘 ダブルブッキング ペンション 保護者会 サッカー少年団 男子校 オジサン ボクっ娘 ヤンママ バニーガール Skype ジャージ 白ギャル キャッチ テニスコート で四つん這い 鍋パ 寝顔 運動会 不眠症 おなべ 浮気相手 シ○タ 脚フェチ 半勃ち 娘の元カレ 眼鏡 医学部 伏せバック 友達の兄 シンガポール 鷲掴み 

フリーエリア