HOME > 【OLのHな体験談】 > 地方の美人女子アナを居酒屋でお持ち帰りしてマンぐり返しでおまんこペロペロ
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


地方の美人女子アナを居酒屋でお持ち帰りしてマンぐり返しでおまんこペロペロ

関連体験談 :居酒屋ナンパお持ち帰りマングリ返しクンニ美人女子アナ
混んでる居酒屋さんのカウンターで、女性4人組の隣に座りました。

30代くらいの4人とも綺麗な女性が、仲良くお酒を飲みながら、

時々笑い声はあがるものの、

大騒ぎすることもなく語り合ってる姿はおしゃれでした。

聞くともなく聞こえてくる話で、

何となくテレビやラジオのアナウンサーかレポーターさんのようで、

地元のテレビ局やラジオ局の番組名が時々出てきました。

4人揃うのは久しぶりらしく、4人が口を揃えて

「久しぶりだから楽しすぎて飲みすぎたぁ」

と言ってました。

僕が自分の伝票を持つタイミングと同時に、

4人の女性たちも会計に立った。

僕もすぐ後ろに並んでたんですけど、

酔っぱらいの2人組の割り込みにあい、

女性たちの会計からずいぶん遅れて店を出ることになってしまった。

できれば、4人のうちの誰かの後を付けてみよう、

と思ってただけに残念な気持ちで店を出ました。

「私、自転車だから」

とさっきの4人組のうちの一人が、3人を見送っている所だった。

3人のうちの一人は彼氏らしき人が車で迎えにきていて、

残りの2人はそれぞれ電車駅やバス停方向に別れていった。

ふと見るとさっきの女性が自転車置き場で、

車の鍵を自転車に差そうとして手こずっている。

「それ、違うと思います」

と横から声をかけた。

振り向いた女性は、小柄で色白で30歳くらいに見えた。

鍵を握っている手も色白でとっさに

「この手で握ってもらったら気持ちいいだろうなぁ」

と妄想を入れながら女性の手元を見つめた。

明らかに酔ってるんだろうけど女性は、

「本当だね、違うね」

と冷静に答え、カバンから、正真正銘の自転車の鍵を取り出し、

今度は僕にその鍵を見せながら、

「コレかな?」

と尋ねてそのまま、その鍵を僕に渡してきた。

僕は受け取った自転車の鍵で開けました。

鍵をもらう時、彼女は気にしていなかったけど、

彼女の指に僕の指が触れた。

渡す時はしっかり渡す振りをして、他の女の手の甲を左手で握り、

手のひらに鍵をのせた。

柔らかい手だった。

それだけで僕の股間のが固くなってました。

「ありがとう」

と、満面の笑みで僕にお礼を言ってくれた彼女は、めちゃめちゃかわいかった。

その後、

「酔っ払いは、自転車を乗れませんので押しながら歩いて帰りますね、ありがとう」

というので、

「心配だから送りますよ」

というと、上目遣いで嬉しそうな笑顔で

「ありがとう。でも悪いわ」

と言う。

「いえ、大丈夫ですよ。どうせこのまま帰るかもう少しウロウロするかだけだし」

「どっち方向?」

「こっちです」

と商店街を指差すと

「じゃあ、途中までお願いしま~す!こんなおばさんでごめんね」

とぺこりと頭を下げる。

胸元からのぞく白い乳房のこんもりとした膨らみに目が釘付けになる。

しばらく商店街を話しながら歩いてました。

彼女の名前は、よしおか真耶といい、

ラジオ番組のレポーターを長くやってたけど、

それを番組改編に合わせて卒業することにしたので、

他の仲間女性と飲んでいたということだった。

そういえば聞き覚えのある声、

ラジオ局のインターネットのホームページにも顔写真があったことを今思い出した。

美人だ。写真よりずっと美人だ。

ドキドキしてきた。

ジーパンの股間が痛い。

真耶さんが突然立ち止まる。

「さっきの車の鍵、ちゃんとカバンに戻したかな?」

そうつぶやくとそのまま、立ち止まり、

前カゴの中のカバンをゴソゴソしてたら、

バランスを崩して、ガッシャ~ンドンッ思いっきり、

お尻もちをついた真耶さん。

キレイ系の顔立ちなのに笑顔が可愛くてこんなドジもやる。

しかも色白で乳もそこそこあって、ケツもデカい。

「大丈夫ですか?」

と助けるフリをして、真耶さんに手を伸ばし、

差し出された手を握って引き起こす。

さらに尻の下の太ももに手をやる。

柔らかい。なんていいにおい。

超スケベモード状態の僕なのに真耶さんは

「ごめ~ん。ありがとう」

だって。

真耶さんあなたのケツの感触忘れないよ。

それに乳首だけブラに邪魔されたけど、

引き起こす時に見えた乳の形も忘れない。

生で触らせてほしい。

もう理性が飛びそうだ。

なのに真耶さん。

「車の鍵、ちゃんと仕舞ってたわ。酔ってても私大丈夫みたいね」

「真耶さんって彼氏いるんですか?」

「イヤだぁ、なに突然」

「だって美人だし、可愛いから彼氏さんがうらやましいなあと思って」

「アハハハ。こんな酔っぱらいのおばさんをからかってどうするの?」

「イヤ本気でそう思ってるんです」

「アハハ、嬉しいぞ、若者。おばさんは嬉しい。おしり痛いけど」

いたずらっ子の顔で僕を見上げながら小声でそう言った。

自転車を押す真耶さんの力が抜けて行くのがわかる。

支えていないと千鳥足になる。

「真耶さん、自転車は僕が押すから」

「だいじょうぶよ、まだ」

という真耶さんから自転車を取り上げ僕が自転車を押した。

「ごめんね、ありがとう」

後ろからついてくる真耶さんが可愛い。

商店街を抜け、車も人の通りも少ない通りになったので、

真耶さんを荷台に載せて二人乗りすることにした。

後ろから回された真耶さんの手と腰の上に当たるブラと乳房の感触がたまらない。

「あの2つ先の信号の左に公園があって、その隣だから」

と真耶さんが指示する。

この状況が終わるのがつらい。

しかも雨が降り始めた。

あんなに天気よかったのに。

「夕立かなぁ、急げぇ!」

僕も自転車を必死で漕いだが、真耶さんのアパートに着く時にはびしょ濡れ。

そんな状況でも背中に当たる真耶さんの乳の感触に興奮している。

部屋の下の自転車置き場に自転車を置き、

二人でアパートの階段の踊り場に駆け込む。

「あぁ~あ、びっしょ濡れになっちゃったね」

と真耶さんが笑いながら話しかけてくれた。

踊り場の電気に照らされて見た真耶さんの笑顔は、やっぱり美人だ。

笑いながら空を見上げてる真耶さんの身体のラインがきっちり見える。

ブラも透けて、白いパンツもびしょびしょで濡れて

パンティーラインもはっきり見える。

カバンをハンカチで拭く真耶さんの身体を舐めるように見とれていた。

ハッと真耶さんが僕に振り返って

「シャワー浴びて帰りなさい。帰りに傘も貸してあげるから」

真剣に僕の帰りのことを心配してくれていて、

残念ながら誘っている感じではないことが理解できた。

二階建てのコーポタイプのアパートで、真耶さんの部屋は2階だった。

真耶さんが鍵を開けて扉を開いて入って行って電気を点けた。

男物の靴はない。

「さあ入って。靴と靴下を脱いだら、お風呂そっちね」

首からバスタオルをかけた真耶さんが、

僕にバスタオルを渡しながらバスルームに案内してくれた。

洗濯機の向かいに引き戸があって、

入ると更衣室兼洗面室になっていて、

ガラス扉の向こうがバスルームらしい。

濡れたジーパンが脱ぎにくかったけど、

とりあえず全部脱いでバスルームに入る。

女性もののボディソープやシャンプー類がきちんと整頓されて並んでいる。

男性ものは何もない。

真耶さんが毎日のように全裸で覗き込んでいる鏡に写る全裸の男。

女性一人の部屋で、女性の浴室で全裸でいるオレ。

その状況に痛いほどそそり立つ。

引き戸が開く音がして、ガラス戸の向こうから真耶さんの声が響く。

「ごめんね、女性ものしかないけど。石鹸やシャンプーとか自由に使っていいから」

「ありがとう」

声がうわずる。

すりガラス越しに、オレが脱いだ服を集める真耶さんの姿が見える。

ことガラスを開けば、

オレのそそり立つチンポを真耶さんに見せつけることができる。

と思った瞬間、すりガラスに横顔を近づけて

「お湯の温度調節とかわかる?」

「はい、わかります」

「じゃあ、ゆっくり温まってね」

そういうと、すりガラスの前から消えて引き戸を閉める音がした。

「よくある投稿とかでは、年上の女が開けて入ってきて身体を洗ってくれるんじゃないのかよ。そのままセックスするって書いてあるのをいっぱい読んだぜ。オレの場合は違うみたいだ」

と苦笑いしながらつぶやく。

ボディソープを手に取っても身体に塗り付ける。

片手でマックスに勃起した陰茎を入念にこすリ洗う。

この部屋にはオレと真耶さんしかいない。

このまま出て行ったら真耶さんはどうするだろう。

自分で招き入れた男が全裸でチンポを勃起させて部屋に入ってくる。

オレのチンポを真耶さんが見る。

露出狂の犯罪者の気分が少しわかる。

「ああ、真耶さん」

ついついチンポを握ってこすってしまう。

ここで抜くのはもったいない。

出すのは真耶さんの口か膣の中だ。

絶対真耶さんの身体の中に出してやる。

もうすぐだ、もうすぐあの真耶さんの中にこれを入れてやる。

あれだけおっぱいを見せてくれたんだ。

部屋にも入れて風呂も貸してくれた。

悪くは思っていないはずだ。

頭の中が性欲でこれほどいっぱいになったことはない。

よし。

頭を洗っている間に、引き戸が開く音がした。

もしかして?と思ったが、やっぱりすぐ閉まる音がして足音が遠ざかった。

一通り身体を洗い終えてすりガラスを開けて洗面所に出ると、

さっき身体を拭いたバスタオルはなく、

新しく折り畳まれたバスタオルと、

さっきずぶぬれで脱いだはずのトランクスとTシャツが、

ほんのり温かくきれいに折り畳まれて置かれていた。

オレが風呂に入っている間に、

乾燥機で乾かしてアイロンでさらに乾かそうとしてくれたようだ。

どこまでいい女なんだろう。

だからやる。

このチンポでオレの女にする。

トランクスははかずに、腰からバスタオルを巻くだけにした。

チンポの裏がバスタオルにこすれて、

我慢汁がバスタオルについているのがわかる。

引き戸を開いて出ると、ドライヤーがオレのスニーカーに向けて、

熱風がいくように置かれている。

ここまでしてくれるのか。

キッチンの向こうに扉があってテレビの音がするので、リビングなのだろう。

そっと扉を開くと、アイロン台にオレのジーパンが置かれていて、

エアコンのそばにオレのサマージャケットが揺れている。

おそらくアイロンをかけた後にさらに乾かしてくれているんだろう。

白いTシャツとピンクのジャージに着替えた真耶さんが、

首にバスタオルをかけて立てて

スイッチを切ったアイロンを握ったまま居眠りをしていた。

ずっと見ていたいくらいかわいい。

白いTシャツをこんもり盛り上がらせた二つのふくらみが、

寝息とともにわずかずつ上下するのもいい。

生で見たい。

どんな色の乳首をしているんだろう。

コクン、となった真耶さんがうっすら目を開ける。

オレの顔をぼんやり見てパチンとはじけたように目を開いて

「あ、お風呂上がったんや。あったまった?」

「うん、ありがとう」

「いか~ん、寝てた。頭ボサボサでごめん」

と、言いながらキッチンに立つと

コーンスープの入ったカップを二つもって帰ってきた。

「ちょっと冷めたかな。あ、座って。片付いてないからあんまり周りは見ないように」

と笑いながら僕に1つ手渡す。

どこまでできた女なんだろう。

コイツが欲しい。

この女が絶対欲しい。

「あれ?私、Tシャツをバスタオルと一緒に置いてなかったっけ?」

自分のカップスープをテーブルに置いて、

バスルームに行こうとする真耶さんの左腕を掴み引き寄せて後ろから抱きしめた。

ハッと息を飲む真耶さん。

努めて落ちつこうとする声で

「どうしたん、どうしたん。ちょっと苦しいよ」

1m55cmくらいだろうか。

1m70cmのオレの腕ですっぽり収まる。

「好きだ、真耶さん。スゴく好きになった」

「どうしたん、びっくりするよ。離して、ネ、落ち着いて1回離して」

「好きだ。真耶さんが好きなんだ」

もがく真耶さんを抱きしめて後ろから耳たぶを軽く噛む。

念願の乳房に両手を置いてブラの感触と一緒に柔らかく両乳を揉み込む。

「いや、なにするの。やめて、ネ、お願いだからやめて」

オレの手の上から手を重ねて、

引きはがそうとするがこの乳からオレの手を剥がすのはオレの意思だけだ。

Tシャツをまくり上げてブラを外して

生で触る時までどっちかの手がこのおっぱいから離す気はないよ、真耶さん。

腰に巻いたタオルがもがく真耶さんの動きで足下に落ちたのがわかる。

真耶さんの薄手のジャージ越しにプリっとした尻の感触、

パンティーのラインまでチンポが感じ取っている。

オレの先走り汁が真耶さんのジャージに着々とすりつけられているのだ。

それにしてもなって柔らかい乳房だろう。

大きくはない。

小振りだがデカすぎるより真耶さんに似合っている。

この辺が乳首か。

見てやるぜ、よしおか真耶

このおっぱいも、乳首も。

「いや、お願い、やめて」

乳を揉まれてもすぐに堕ちて淫乱にならず、抵抗を続けるのもいい。

Tシャツをまくり上げ右手を侵入させた。

さらに真耶さんの抵抗が増す。

かまわずお腹を撫でてブラの上から乳房に手が届く。

「いやぁ、ダメよ、やめて」

Tシャツとは違う感触を右手で楽しんだ後、首筋に下を這わせてみる。

クッと首を縮める真耶さん。

髪の香りもいい。

「いや、いや、イヤ、お願いやめてぇ」

真耶さんの抵抗を無視してブラの中に手を差し込んだ。

そのままブラを押し上げると右の乳房がTシャツの下に出てきた。

後ろから覗き込むと首もとからブラの向こうに乳首がある。

ピンクではないけれど。

薄茶色の小粒のきれいな形の乳首だ。

これでいい。

真耶の乳首はこれがいい。

柔らかい生乳を揉む。

いつまでも揉んでいたい。

真耶さんの抵抗は続いている。

両手でオレの右手を人降ろそうとするが、

この乳房の感触が良いせいで右手が離れないんだよ、真耶さん。

乳首に人差し指を当ててみる。

真耶さんが全身でビクンとなって後ろに下がる。

「やめて、お願いだからもうやめて、ね」

首を激しく振りながら抵抗する。

かまわず右手で左の乳房もブラからつかみ出す。

Tシャツの首元からブラで真耶さんの乳首が見えなくなった。

真耶さんの両手ほオレの右手にかかりきり。

左手がジャージの中に行く。

慌てたように左手の侵入に抵抗する。

そのまましゃがみ込んでしまった。

素早く真耶さんの前に回り込む。

チンポはさっきからマックスで勃ってる。

真耶さんの目がオレのチンポを捉えた。

そのままオレは真耶さんにのしかかった。

両拳をあごの前置いて顔を横に背ける真耶さん。

真耶さんのお腹の上に座り、

真耶さんの両手を握って左右に開いて身体を重ねた。

自分で隙間を作って真耶さんのTシャツをまくり上げて行く。

足をバタバタさせながら抵抗する真耶さんの足を足でおさえ、

一気にTシャツを真耶さんの顔までまくり上げる。

ブラも首までずり上げると。

きれいな二つの乳房がオレな目の前にさらけ出された。

きれいだ。

しばらく見とれてしまった。

「いやぁ、恥ずかしい。もうやめて。お願いだから」

Tシャツに両手の動きを邪魔されてもがく真耶さんがオレに懇願する。

最高だ。

いい声だよ真耶さん。

乳房を軽く掴むと、また全身で反応する。

たまらない。

真耶さんの裸のお腹の上に直に座って、

真耶さんの右乳房を揉みながら胸を眺めた。

陰嚢が真耶さんのすべすべの肌に触るのが気持ちいい。

まくり上げられたTシャツに、

顔と両腕の自由を奪われた真耶さんは、

両腕で胸を隠そうとするが、

オレは左手で両手首を持って頭の上にバンザイさせるように押さえ込んだ。

腋毛の処理も完璧だ。ポツポツの痕もない。いい女だ。

Bカップくらいだろうか。

それほど大きくはない乳房が、上げられた腕に引き上げられて、

乳暈の形もわずかに楕円形に伸びている。

白い肌に映えてそれもそれで色っぽい。

「やめて。もうお願いだから、思いとどまって。ねえお願い」

泣くようにつぶやきながら、

足をバタバタさせて、真耶さんは抵抗を続けている。

オレの方が落ち着いてきた。

よく見ると、真耶さんの左の乳房の上にある乳暈の真ん中あたりが

若干濃くなっている。

その色の違いまでわかるようになった。

もがく真耶さんの動きで乳房がゆれ、

乳首が逃げ惑うので焦点を合わせにくいが、

右の乳首は出ているのに、左の乳首は埋まったままだ。

そっと左の乳房を右手で掴んで、人差し指を乳首に触れさせる。

電気でも走ったかのように真耶さんがビクンと身体を動かして、

乳房ごと乳首が人差し指から逃げた。

そのまま手を真耶さんの胸を撫でるように、右の乳房に移動させる。

イヤイヤをするように身体をよじる真耶さんの反応が可愛い。

右の乳房を掴むとまたビクッとなる。

乳首をつまむと腰を引いて逃げようとする。

脇腹に生チンポをこすりつけるような状態で、

片足で真耶さんの腰から足を抑えてるオレの身体が重いから動くに動けないのに。

乳首をつまむと

「いや、やめて、はずかしい」

乳首はまだ柔らかいままだ。

感じて勃っているわけではない。

簡単にコリコリになるのも悪くはないけれど、

オレが思う彼女にしたいいい女の条件は、簡単に堕ちない真耶さんのような女だ。

右の乳首をつまみながら、左乳房の先に埋もれた乳首を隠す乳暈に吸い付いた。

ビクンとなった真耶さんの動きで、口から乳暈が逃げた。

乳房を舐めながら舌を出して乳暈を追う。

「いや、やめて、きたないよ、はずかしい」

を連発する真耶さん。

オレは左手で左の乳房を掴み、

口の中に真耶さん乳暈を捉えて、

舌で乳首があるはずのところを入念に転がした。

「んんんん~ん、いやぁ、やめて」

と、思いっきり身体をのけぞらせて抵抗する真耶さんを、片足で抑え込む。

オレの胸に当たる右の乳首が心なしか固くなってきた気がする。

舐める舌に少しずつ当たるものが出てきた。

感じ始めてくれたのかと思って嬉しくなった。

オレのものだ。

この乳と乳首は今オレが支配している。

それでも真耶さんの声のトーンは変わらない。

相変わらず嫌がる声だ。

それでも左の乳暈がオレの舌に段差を付けて当たるようになった。

迷わず軽く歯を立てた。

その瞬間真耶さんはビクンとなって、

「イヤだぁー、やめて、お願い!」

一段と声を上げてのけぞって逃げようとしたので、

左手を真耶さんの両手首から放し、

両手で両乳房を掴んで左の乳首を重点的に吸った。

その間、右足の親指に真耶さんのジャージの前を引っかけ、

一気に蹴落としたが、白いパンティーが見える程度で止まった。

「両手でいかなきゃ無理かな」

そう思いながら、乳房をしゃぶりながら足でジャージを引き下ろしてみる。

真耶さんはTシャツから腕を抜こうと必死になっていたが、

あわてて足をばたつかせた

オレは真耶さんの身体の上から降りて足下に回り込んだ。

不意に身体の自由が利く真耶さんは、

小振りの乳房を隠すようにうつぶせに身体を反転させて逃げようとしました。

ところがこの体勢は、オレには好都合でジャージを脱がせやすくなった。

ジャージとパンティーのゴム部を一緒に掴んで引き下ろした。

腰の張り具合がわかるほど、いったん広がって太ももから膝までは一気に下がった。

足をバタバタさせる真耶さんの片足からジャージを引き抜き、もう片足に残す。

乾いたパンティーに履き替えられていたことに気づいたオレは、そんな状況の中でも

「さっきまで見ず知らずだった男が

シャワーを浴びている間に濡れたパンティーを脱いでいたんだ」

と思いつくと、またチンポに力が入っていく。

ばたつく両足の付け根には、綺麗な白い尻の小山が二つ並んでいる。

真耶さんの抵抗は、小柄の女性にわりになかなかの力だったが、

尻の肉を鷲掴みにして広げると

「いやぁ!恥ずかしい!見ないでぇ!」

と声を上げたて身体中で抵抗したが、白い尻の感触も最高だったし、

その割れ目の奥にひっそりとたたずむくすんだピンクのすぼまりも可愛かった。

その肛門の下奥に、女性器の割れ目の端が見えた。

そっと後ろから指を入れてみるが濡れていない。

「いたい。恥ずかしい!やめて!」

真耶さんがうつぶせで懇願している。

強引に真耶さんの身体を裏返して、

仰向けにすると小振りの乳房が薄茶色の小さな乳首をゆらしながら現れた。

また片方の乳首が埋もれている。

が今は、淡い三角形でかげりを作った陰毛の下の割れ目を見たい気持ちが勝っている。

真耶さんの両足の間に身体を入れて、

真耶さんの両膝の裏を掴んで一気に折り曲げると、

真耶さんは胸に両膝をつけられた状態で、身動きが取れなくなった。

いわゆるマングリ返しってヤツ。

オレの目の前に柔らかい黒い陰毛で割れ目の先端を彩った、

まだ陰肉の皮をかぶった女性器と、

さっき別の角度で見せてもらった肛門をばっちり見せてもらった。

「いやぁぁぁ、見ないでぇ!はずかしいぃ」

身体の自由が利かない状態で、もがけばもがくほど、

オレの目の前にある白い尻をただ振っているだけになる。

濡れていない女性性器に口を付けた。

真耶さんはクンっと尻を振って、

オレの口から性器を逃がそうとしたがすぐに追いついて舌を差し込んだ。

「ヤダ、汚い、汚いからやめて、お願い恥ずかしい!」

薄い塩味、匂いはほんの少しお○っこに似てる、

というよりそのものだろうけど、臭いというものではなく、

むしろあれだけ自転車を押して歩いて帰って、

オレの服を乾かしたりしている間にションベンしたとしても、

そんな匂いがしないのに勝手に感動していた。

乳を揉まれても濡れていない所も気に入った。

裏を返せば、他の男には簡単に身体を開かない女ってことだ。

ひたすら舐めた。

時々肛門も舐めた。

その反応がいいので、性器に鼻を突っ込んで肛門を執拗に舐めた。

舌を差し込もうとしたがなかなかすぼまりのガードは固かった。

それでもオレの鼻を包む陰唇の様子が少し変化してきた。

唇を女性器に移すとフードから少し小さな白い突起が顔をのぞかせ始めていた。

「ああぁ、きたないのに、もうやめてお願いだから」

そんな声は無視してオレは舐め続けた。

舌を入れるとオレの唾液で濡れていただけの性器が少し湿った感じになっている。

そのまま舐め続けると明らかに真耶さんの声が変わった。

「ィヤン、やめてお願い、ん、ん、ん」

完全に顔を出した真耶さんの突起を舐め続けると、

息づかいが荒くなり、オレのあごに当たる陰唇も柔らかく濡れた感じで、

明らかにオレの唾液ではない体液でヌルヌルし始めた。

真耶さんも慌て始めてる感じの声になってきた。

さらに腰を振って逃げようとする動きが強くなってきたがかまわず、

完全に姿を現したクリトリスを舐め続けると

「いやぁ、ダメぇ!ダメだよ!あ、あ、あ、あお願い止めぇ、てぇん、あああっぁ」

カクカクカクっと腰を振って、

しばらくオレの口に性器を押し付けたかと思うと、

握ってた太ももも顔を押し付けていたお腹も、

少しけいれんしながら全体の力が抜けていくのがわかった。

逝ったんだ。

そう思うとまた一気に興奮してきた。

小振りのきれいな白い二つの小山をのせた胸を大きく上下させながら、

ぐったりしたままの真耶さん。

白く細くくびれた足首にジャージと

白いパンティーを引っ掛けたまま、両足を降ろす。

脱げかけたままのTシャツも脱がせた。

汗で髪をほっぺたに貼付けて、涙でぐしゃぐしゃになった美形の顔が現れた。

改めて見ても可愛い。

けだるそうに

「いやぁん」

と言いながら、身体をくの字に曲げてオレの視線から逃れようと横に向けた。

背中から腰のくびれのライン、白い尻の間に入る割れ目もきれいだ。

もう一度仰向けにして両足を割って身体を入れる。

十分に濡れそぼった真耶さんのオマンコにチンポの先をあてがうと、

真耶さんは弱々しくイヤイヤをしてみせた。

ハッとした顔も色っぽい。

「真耶、オレのチンポをじっくり味わえ」

頭の中でこんな美人とできる幸せを満喫しながら叫びながらねじ込んだ。

「んんんん、いやぁぁぁぁ!」

白いあごを突き出して真耶さんはずり上がって逃げようとしたが、

オレが肩を抑えてさらに突き込んだ。

キツいオマンコだ。

乳房を揉みながら耳たぶを軽く噛んだ。

真耶さんは逃げようと暴れるが、身体に力が入らないようだ。

涙でぐじゃぐじゃになった目元をキツく閉じて

何かに耐えている真耶さんがスゴく色っぽくて見とれてしまった。

その間、オレのチンポをキュッキュッと言う感じで

絞めてくるオマンコの感触がたまらなく気持ちよくて、

じっと身体を重ねてその感触を味わった。

オススメエッチ体験談


高校のマラソン大会でクラスで一番可愛い女の子とセックスした話

色気のある上司の奥さんを脅して生姦した話

パンティストッキングに無性に性欲を感じる性癖になったキッカケ


主婦の私が大学生に告白されて、彼の虜に・・・

親友という関係だった彼の相談に乗った結果、浮気してしまいました。

30歳を過ぎて童貞卒業したから感想を書くwww

コンビニでチンコ露出をしてきたから報告する

友達の元カノと結婚した結果、結婚後も関係を持ってたって話

俺のオナニーを目撃した姉ちゃんが夢中でチンコ舐めだしたから

お兄ちゃんと彼女さんとのセックスを聞いて興奮しちゃって処女を捧げちゃいました

終電を逃した彼氏持ちの後輩OLを家に泊めた結果、生マンコを堪能www

ツンデレ女上司と新米な俺が社内恋愛の末、結婚することにwww

男子よりも女子のほうが多い同窓会で同級生にノリで中出ししたら超怒られたンゴw

素人っぽい人妻風俗嬢が素股からの生本番wwwwwwwww

潮吹き昇天する超敏感な四十路のバツイチ熟女とのエロ体験

ドMで濡れやすい五十路熟女がチンコをなめまわしてくる件

同じクラスの女の子が塾の授業中に鉛筆でオナニーしてたンゴwwwwwwww

妻が温泉旅行先で浮気・・・アナル付近に射精させられてたんだが・・・

整形手術でしゃくれを治した女の子を童貞オタクの俺がイカせた話

私の四十路熟女妻をアルバイト君に寝取らせた話

3泊4日の沖縄旅行で妻がAV出演・・・・・・・・

寝てる間に友達に寝取られた彼女・・・キレたらチンポが小せーって逆ギレされた話

スイミングクラブでバイトしてたらヤリチンが人妻とセックスしてるのを目撃www

超ドMな妻と友達の前で尻丸出しの見せつけセックス

夫婦のセックスに同僚を誘って3Pwww思う存分に変態プレイを堪能wwwww

アダルト業者に依頼して妻を寝取ってもらった話

【初体験】好きな人に迫られて公園のトイレで処女を捧げた結果・・・

【男の娘】小坊の時、ふざけて女装してゲーセンでゲームしてたらナンパされた結果

【制裁】妻の浮気に気付いたヘタレな俺が逆上して強引にアナル処女を奪った結果

【寝取られ】妻の寝言で浮気が発覚→息子ほどの年の男にアナルまで調教されていた

【復讐】高校時代にイジメられてやめていったビッチとデリヘルで再会した結果

【不倫】Dキスもフェラも初めてのお嬢様熟女(43)とセックスした結果

今までに最高のSEXは嫁の友達とのSEX!

風俗にいた女友達・・・

妻の友達に誘われてスワッピングしたら・・・

温泉旅行で仲良くなった学生と貸切露天風呂H体験談

彼氏のいるサークルの新入生に中出し

嫁には絶対に言えない秘密

妻はしばらく失神したままで腰を痙攣させていた

離婚した元妻の妹と偶然再会して…

クリーニング屋でバイトをしてた頃に出会った30歳のOL

パイパンM女な私が感じまくったクンニと手マン

スパンキングが好きなS女とアダルトショップで出会った話

いとこの沙織のおまんこは最高の味です

離婚して自暴自棄になった人妻

ずっと思っていた母とついに・・・

フェラ好きの熟女に精気まで吸い取られそうです

スワッピングで妻を奪われそうになった危ない体験

処女なのに性欲旺盛なバイトの女子大生

ホテヘルで出会った42歳の人妻と、不倫SEXしまくってる

一見おしとやかで清楚系のクラスのヤリマン女子に筆おろししてもらった

生ハメOKのピンサロ嬢に中出しし続けた結果・・・・・・・・・・・・

【不倫】同じアパートの奥さんに昼ご飯を作ってもらった結果→デザートは・・・

オススメエロ画像


月野ゆりあ プライベートで自縛、自撮りしちゃう変態なドM美少女画像 200枚

休日出勤だった俺を癒す三次元エロ画像寄せ集め 75枚

遠藤佳恵 ムッチリした美人人妻の不倫セックス画像 49枚

男のアナルを舐めまくる痴女画像まとめ 72枚


永井みひな ドスケベなパイパン美少女画像 200枚

深美せりな バスト98cm、Iカップのムッチリ爆乳美女画像 200枚

葵千恵 超美乳なスレンダー美熟女画像 193枚

江奈るり エッチなBカップ美少女のセックス画像 200枚

熊倉しょうこ 天真爛漫なFカップの美巨乳美女 91枚

真心実 むっちりした太もも美少女のセックス画像 199枚

清楚に見えて実はドMなスケベ素人女子121枚

神谷まゆ 美乳美少女のS級ヌード画像124枚

スタイル抜群な美人CAさんのヌード画像まとめ69枚

鎌田奈津美(かまたなつみ)セクシー画像まとめ133枚

岸明日香(きしあすか)爆乳グラドルのセクシー画像151枚

伊藤えみ(いとうえみ)セクシー画像まとめ 109枚

通野未帆 エロカワ美少女のブルマ、スク水&SEX画像145枚

お尻が綺麗な浴衣美人との着衣セックス145枚
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 シ●タ 逆レ●プ ビキニ 無防備 妻の過去 妻の友達 バレないように オシ●コ 獣● 二穴 肉●器 ラッキースケベ DQN トラウマ 還暦 ママ友 お客 上司の嫁 マット 妻の姉 土下座 バイアグラ 相互鑑賞 剣道部 M字開脚 友達の妻 サッカー部 隠し撮り  美容師 お盆 性接待 地味 イメプ 本気汁 メイド オナホ 3P 男の潮吹き 聖水 キメセク 再婚 姉の彼氏 手錠 クスコ 鑑賞 豊満 お局 近○相姦 素人 近所 ボーイッシュ 医師 美少女 貝合わせ ヘタレ ギャップ マンスジ メガネ 講師 新婚 自撮り 兜合わせ 脱衣 モテ期 マニア テント 美術部 顧問 ベランダ ノンケ 尾行 ドレス ストッキング 性教育 レ○プ チンぐり返し プレゼント 春休み アクメ 愚痴 団地妻 喧嘩 テニス 教育実習 後輩の彼女 神社 夫の上司 ゴルフ タンポン ボランティア デリヘル嬢 友達の夫 金髪 実家 SM 回春マッサージ 4P 避妊 ゴルフ場 騎上位 メンズエステ ハミ毛 背面座位 スカウト 不妊症  継母 放置プレイ コテージ 花見 マンぐり返し アフター 先輩の母 逆痴● 相互オナニー アヘ顔 釣り 接骨院 グラドル 染みパン オムツ ストレス シングルマザー リハビリ ヒッチハイク OL パジャマ スケベ椅子 拡張 倦怠期 黄金 罵倒 弁護士 鼻フック 独身 寝起き 一人暮らし エロ動画 自転車 北海道 マイクロビキニ  同期 ぎっくり腰 写真 オーナー イベント 女神 割り切り レオタード ファザコン パワハラ マジックミラー 手術 首絞め チンカス ホットパンツ 流出 アラフィフ 挑発 恋人交換 新年会 台湾人 小悪魔 彼女もち 韓国 ボーナス  姫初め 租チン 台湾 ムチムチ 性生活 逆●漢 ニーハイ DJ  便秘 キチガイ スケスケ 発見 添乗員 遭遇 隠撮 野菜 喪女 初夜 帰省 M字 友達の奥さん 唾液 グラビアアイドル ブサメン 目の前 ガムテープ スポーツクラブ 元カノの妹 立ちション 新幹線 回春 生保レディー オーストラリア 姉の夫 閉経 背面騎乗位 左遷 俳優  エロゲ 社長夫人 リア充 バキュームフェラ 皮オナ 免許 ロリ系 ライブハウス フェス スカイプ 男性恐怖症 パパ友 グラマー 苦痛 バレー部 上司の奥さん 役員 仁王立ち エロ本 弓道部 上司の妻 美尻 黒髪 恐怖 団地 ペニスバンド エレベーター エロ写メ 仲居 言いなり 屈曲位 竿付き 産婦人科 小柄 う●こ 露天 先輩の奥さん ペット レ〇プ 貧乏 ぱふぱふ 臭い Fカップ スパッツ 知り合い 無修正  両親 ボクシング部 チアリーダー 体育館 タイツ 唾液交換 将棋部 柔道部 M性感 自虐 飲● 主人  姉妹●姦 別荘 子作り 友達夫婦 友達の旦那 エロ画像 直穿き エロゲー 母子交換 流産 ナプキン 婚活 M男 出会い喫茶 イメプレ 喪男 潔癖 警察 フィリピン人 性感帯 ニート ハプバー 床上手 フツメン 友達の父 電話中  臭いフェチ ボンテージ ハワイ オナペット 即ハメ タレント 夫婦喧嘩 腕枕 ホテトル イジメ 女湯 夫の同僚 隠しカメラ ハメ潮 ジョギング マラソン 現地妻 エロなし ペニクリ 無精子症 エロ漫画家 金持ち ロープ 盲腸  婚約者 チャイナドレス ご奉仕 元嫁 ブラチラ ふたなり 集団 トラック 三角関係 マッチョ お姉さん ギター 竹刀 夫の兄 ライブ ノロケ 搾乳 お見合い ユルマン インフルエンザ 70代 マッサージ師 ぶっけけ 老婆 社長婦人 麦茶 アスリート女子 読者モデル 興奮 無臭 転校生 ボーリング 女子プロレスラー ボディービルダー 出勤前 片思い 大家 腐敗 出合い系 相部屋 母の妹 人助け イカ臭い 出張ホスト かりまん 15P カマトト まんぐり返し ドクター 阿鼻叫喚 自慢 生き別れ オプション バレンタイン 車検 デルヘル ボディービル 弟の妻 ハイグレ 腰痛 ぢゃ性 フィギュアスケート部 プロレス 鷲掴み メガネ屋 ローライズ TV電話 オリモノ クォーター ワカメ ハイボール マリッジブルー 禁欲 姉妹相姦 おもてなし 近●相姦 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め キッチン ラノベ 健全 勇気 おへそ 恋人 美肌 エアロビクス 谷間 密会 中性 フタナリ パイチラ ポロリ インドネシア人 訪問販売 種違い 人参 全身リップ 性上位 気絶 パトロン 同伴 竿姉妹 近○相○ 韓国エステ パーカー 一気 焦らしプレイ 紳士 せどり 祖母 義理の娘 お花見 寝落ち 乱暴 ラブレター 出禁 カミングアウト 星姦 蟲姦 便器 先輩の妻 リフレクソロジー 辻本杏 飯岡かなこ 沖田杏梨 介護職 自尊心 使用済み ゴミ箱 塾講師 企画 ローカルテレビ 背徳感 料理教室 地獄 胸糞 ブラック企業 ピーナッツ 妻の友人 ノルマ 我慢 長ネギ メス豚 共依存 オーディション 精液便所 バスタオル 宴会芸 バナナ 吊り橋効果 おねしょ 神秘 嬢王様 失笑 悪酔い バストアップ チキン 寝起きドッキリ 保育園 儀式 体操部 東京 伊豆 ちんぐり返し 脱サラ ヤリ目 想定 正月明け お祝い 宿題 チンピラ 処理 汚物 母子家庭 屈辱的 四つんばい バイブフェラ ブーツ 診察台 乳がん パラダイス 地雷女 処女膜 配信 絶縁 日系ブラジル人 IUD 男子禁制 びっぷら サランラップ オタク女子 ケツ毛 洗濯バサミ キモメン 草食系男子 流行 泥沼 性感エステ 避妊リング 口臭 性○隷 バスケ バージン ハードセックス ランデブー シラフ 同性愛 上目遣い 助手 たまごっち 婚約 目覚ましフェラ 悲惨 彼女の弟 介護 支配 射精管理 おあずけプレイ 号泣 ネットH ファン ポッチャリ 職権乱用 看板娘 主張  他人棒 水泳教室 27P 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り サーファー ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ ギャル男 お小遣い 生理不順 ごっkん ハイレグ 狭射 性同一性障害 SNS 軽蔑 乳コキ スナックのママ プリクラ  サイクリング ネイリスト  筋肉フェチ ソープ嬢 寝盗られ 音声 元ヤン 歳下女子大生 パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ ジジイ 山岳 正座 バレーボール部 イメチェン オナネタ 娘の夫 絶叫 彼女不倫 おままごと t乱交 パプニングバー 先輩のセフレ 義息子 チアガール 社長の息子 サンタ スノボー 婿 バドミントン部 彼女の過去 テレビ スロベニア人 妊活 読モ 密室 B専 アメフト部 年越し パーティー 美女 旦那の同僚 プレハブ 露出b ハイキング 近親相●姦 全盲 妹夫婦 セレブ 立ち合い セフレの友達 不妊治療 従姉妹の彼氏 トップレス すっぴん ボクサー 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン 卓球部 アレルギー ポニーテール 心身 新婦 スクール水着 ストリッパー 指フェラ 従姉妹の娘 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ トレーニング 行水 シックスナイン 実験 頬ずり  虐め チクニー 友達の叔母 彼氏交換 ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の家 先輩の婚約者 トルコ おっぱいアナル ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ W不倫 同僚の妹 延長 書道部 相撲 息子の先輩 研修 予備校 百合 OB 兄の娘 兄弟 生徒の母 断捨離 リンチ こたつ ブルセラ 2ch 別居 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番  廃墟 交換 マンション 喘息 アナルファック 寄付 苦情 お清め ソフトテニス部 利子 制裁 フィジー 渋滞 ローソク 早熟 黒タイツ むっちり ムチ 靴なめ 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 キス魔 自棄酒 敬語 整体師 お化け屋敷 セフレ交換 賞品 くじ引き 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 ホームセンター ボクシングプレイ セミプロ 検査 婚活サイト 報告 恨み 不潔 本気 通勤 大学受験 サドル フェラテク サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 姉妹交換 

フリーエリア