HOME > 【人妻体験談】 > アダルト業者に依頼して妻を寝取ってもらった話
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


アダルト業者に依頼して妻を寝取ってもらった話

関連体験談 :夫婦寝取らせ四十路熟女撮影動画ハメ撮りマンネリ
私45 歳、妻42 歳。今年で結婚生活6年目となります。

子供はおらず、夫婦二人でマンションに暮らしております。

妻は絢子と言います。

容姿は人並みですが、笑顔が可愛らしく、

また性格が明るくて周囲への気配りにも長けているので、

婚前はそれなりに男性にモテました。
 
性に関しては至ってノーマルですが、

決して奥手な方ではなく、結婚当初は週に2~3回励んだものです。

ただ、最近は多くの御夫婦と同様にマンネリ気味で、

夜の生活もかなり減っていました。

自分の寝取られ願望に気付いたのはある洋画を見たのがきっかけでした。

決して仲の良くない夫婦が旅行中に犯罪者に拘束され、

奥さんが縛られた夫の目の前で凌辱されるシーンがあるのですが、

野性的な男に肉体を貪られるうち、

普段から快く思っていない夫へのあてつけからか、

次第に快楽に身を委ね、遂には男と一緒に果ててしまうといった強烈な内容でした。

登場する女優を絢子に置き換えて妄想すると、自分でも驚くくらい興奮したのを今でも鮮明に覚えています。

ただ現実にそのような性癖や願望を妻に打ち明けられる訳もなく、その手のビデオやサイトを見て憂さ晴らしをする生活を送っていました。

ある晩、妻が就寝後、いつものように寝取られ系の掲示板を眺めていると、そこで興味を引く書き込みに出会いました。

それはアダルトビデオ製作会社のPR で、個人的に楽しむためのプライベートビデオ製作の売り込みでした。

その日はお酒が入り幾分気が大きくなっていたこと、また、長年の願望が鬱積していたこともあって、なかば勢いで応募しました。

当然、妻の合意はありませんので、話が進む可能性は限りなくゼロに近いことをよく認識した上でのことでした。

【どうせアドレスの収集が目的だ。返信なんて来ないさ】

そうたかをくくっていましたが、それから二日後、なんとその会社から返信が届きました。

私は胸の高鳴りを禁じざるを得ず、急いでメールをあけました。

冒頭は応募に対する御礼に始まり、会社概要や料金案内が書かれていました。

続いて早速具体的なプランが提案されていました。

彼らは、相手に内緒ということであれば、まずは普通のマッサージからスタートし、反応を見ながら次の展開を決定する方法を推奨し、男優の選定方針、場所や時間の設定、更には過去の失敗事例までも紹介し、俄然私の想像力を掻き立てると、最後はとにかくチャレンジしなければ何も進まない、と殺し文句で括っていました。

私は携帯を手に取り、妻に煙草を買いに行くと告げて家を出ると、近くの公園で電話をかけました。

翌日の会社帰り、雑居ビルにある彼らのオフィスに寄ると、以後の展開は一気に進みました。

マッサージを施術する男性には、いかにも妻が好みそうなタイプを選びました。

風間さんという男性で年齢は38 歳、色黒でガッチリとした野性味の溢れる二枚目です。

担当者の評判も良く、特に普段の物腰の低さとセックスの激しさとのギャップが彼の一番の魅力だとことでした。

後日、都内の居酒屋で風間さんと直接二人で打ち合わせをすることになりました。

待ち合わせ場所に着くと、独特のオーラを携え、豪快にジョッキを仰ぐガッチリとした男性の後ろ姿が目に入りました。

私は他の客を見渡すまでもなく、すぐにそれが風間さんだと分かりました。

「風間さんですか?」

「はじめまして。

風間です。

この度は僕を選んでいただき光栄です。

さあ、おかけください」

私が着席すると、風間さんは店員を呼び止め、ビールを注文します。

ほどなくして店員が運んで来ると、小さく乾杯して二人で飲み始めました。

緊張がほぐれるまでは世間話でも、と考えていると、風間さんが先に口を開きました。

「では、まず奥さんの写真を拝見しても良いですか?」

いきなり本題に入り少し戸惑いましたが、私は持参した妻の写真を取り出しました。

「そんな美人ではないですが、私には勿体ないくらいの妻です」

少し気恥ずかしさを感じながらも手交すると、風間さんは写真を眺めながら頷きました。

「うん。

可愛らしいですね。

正直、僕のタイプです。

必ず旦那さんの願いを果たしてみせますよ」

リップサービスと分かっていても、妻を褒められて悪い気がする訳もなく、私は残っていたビールを一気に飲み干しました。

私はタバコをくわえ火をつけると、はやる気持ちをなだめるようにゆっくり煙をはきました。

「それで、具体的なプランをすりあわせたいのですが」

「奥さんには秘密と聞いてます。

大事なのは焦らないこと。

まずは旦那さんがお客さんという設定でスタートしましょう」

「場所はどうしましょう?」

「ご自宅です。

他の場所では理由づけがどうしても不自然になってしまいます。

不信感を抱かせないことが最優先です」

「わかりました。

風間さんの予定は?いつが良いですか?」

「善は急げです。

明日にしましょう。

平日は旦那さんも残業があるでしょうし」

「明日ですか?妻にはまだ何も話してませんし・・・」

「今日帰って話して下さい。

明日の夕方に伺います。

それとお願いがあります。

夕食を一緒に取れる流れにしてもらいたいのです」

「なかなかハードルが高いですね。

それこそ妻も不自然に思うのではないですか?」

風間さんは、ビールを片手に笑いながら答えました。

「ハハハ・・・旦那さん。

もともと富士山よりも高いハードルですよ。

それと・・・奥さんへの施術にたどり着けてはじめてスタートラインに立てると思って下さい。

焦らないのはそれからの話です。

それまではスピード感をもって物事を進めましょう。

無駄に費用がかさむだけですよ」

風間さんのもっともな指摘に私は頷かざるを得ませんでした。

千鳥足で帰宅すると妻がパジャマ姿で出迎えました。

「おかえりなさい。

あら、飲んできたの?」

「ああ、課長に誘われてね。

ほとんど部長の愚痴で終わったよ」

私はワイシャツを脱ぎながら横目で妻のお尻を眺めました。

その柔らかい膨らみを風間さんに鷲掴みにされる姿を想像し、鼓動が早くなります。

「明日なんだけどさ・・・」

「うん?何?お仕事?」

「いや、最近残業が多いせいか、肩こりが酷くてね。

同期の榊原がいい先生を紹介してくれたんだ。

突然の話で悪いけど、17 時に家に来ることになった」

一瞬動きを止めた妻の反応が気になります。

【やはり唐突すぎるか・・・】しかし、そんな心配をよそに、妻は笑顔で振り返りました。

「良かったね!最近遅かったし、疲れが溜まってるんだね。

上手な人だったら私もお願いしていい?最近体がだるい気がして」

予想外の返事に思わず声が裏返ります。

「もちろん!凄く巧いらしいから絢子も試してみなよ」

「うんっ!楽しみ!」

深夜、風間さんに帰宅後の妻とのやりとりを報告すると次のような返信がありました。

【メールありがとうございます。

思ったより警戒心がない奥さんで良かったです。

明日はこの調子で奥さんに施術するところまで持ち込みたいですね。

展開も早くなりそうです。

頑張ります】当日、妻は朝から家の掃除をし、お昼前には夕飯にリクエストしたカレーも出来ていました。

一通りの用事を済ませ、しばらく休憩すると、約束の1時間前には洋服に着替え、化粧を直し始めました。

私はそんな健気な妻を眺めながらわざとらしく言いました。

「聞いていないけど、多分、先生はお年寄りだよ。

そんなにお洒落しなくても大丈夫さ」

「そうだろうね。

イメージ的には白い髭をはやしたお爺ちゃんって感じかな?でも、相手が何歳でも綺麗にしておかないとね」

そういって微笑む姿が、いつにも増して愛しく思えました。

そして、ついに時計の針が17 時を指します。

直後にチャイムが鳴り、二人で玄関に向かいます。

扉を開けると、そこには爽やかな笑みを浮かべた風間さんが立っていました。

「こんばんわ。

風間と申します。

本日はお呼びいただきありがとうございます」

「お待ちしておりました。

高橋と申します。

こちらこそ、わざわざお越しいただきありがとうございます。

こちらは妻の絢子です」

妻は、あらかじめ抱いていた想像と異なり、若くてハンサムな男性の登場に驚いているようで、髪を触りながら恥ずかしそうに小さく会釈しました。

「さあ、お上がりください」

うつ向いたまま声を発しない妻に代わり、私は風間さんを部屋に通しました。

妻はそのまま台所に向かいお茶の準備に取り掛かりました。

その後、三人でお茶を飲みながら軽く雑談を始めます。

風間さんのジョークを交えた巧みな話術に、最初は緊張気味だった妻も次第にリラックスしてきたようです。

15 分ほど会話を楽しんだ後、風間さんが立ち上がりました。

「では、御主人。

早速マッサージを始めましょうか。

場所はどうしましょうか?」

「ええ、和室に布団を引いてますのでそちらでお願いします」

私は風間さんを和室に案内し襖を閉めました。

そして、布団の上にうつ伏せになると、風間さんが肩を揉み始めました。

半分芝居とは言え、隣室には妻が居るため、時折それらしく会話をしながら30 分が経過しました。

いい頃合いかなと考えていると、風間さんが無言でポンッ、ポンッと肩をたたき、妻の居るリビングを指差して頷きました。

何を言いたいのか理解した私は、一人で妻の元へ戻ります。

リビングでは、ソファーに座って読書していた妻が雑誌を置き、私の様子を伺いました。

「どう?肩こりは治った?」

「やっぱりプロだね。

全身が軽くなったよ。

風間さんに絢子のこともお願いしておいたよ」

「えっ?本当に?どうしよ・・・」

妻のやや困惑とも受け取れる表情を見て、私は敢えて清々と返しました。

「昨日、してもらいたいって言ってたから。

問題でも?」

「いや・・・特に問題は・・・」

一瞬、何か考え込む様子を見せた妻でしたが、すぐに明るい表情を浮かべて立ちました。

「じゃあ、行ってくる!」

そう言うと髪を直しながら、風間さんが待つ和室に向かいました。

妻への(普通の)マッサージには風間さんも気合いが入ったようで、妻も大変満足した様子で戻ってきました。

待っている間、あり得ないと分かってても色々妄想しましたが、時々聞こえてくる妻の笑い声がすぐに現実に連れ戻しました。

その後出来レースですが、帰ろうとする風間さんにカレーを勧め、三人で晩御飯を食べました。

そして最後に

「駅まで送る」

との名目で、玄関で妻が見送る中、風間さんと二人で家を出ました。

「妻の反応はどうでしたか?」

「今日は普通のマッサージです。

間違っても変な所に触れないよう細心の注意を払いました。

でも、奥さんとの会話は弾みましたし、警戒心も低いようですので、最高の滑りだしでしょう」

「それは良かった。

今後はどのように?」

「今日のようなプロセスを隔週で2~3回繰り返しましょう。

信頼と親近感を更に高めて、その後の展開を優位に進めます。

ところで・・・奥さん・・・写真で見るよりも断然可愛らしいですね」

「いえいえ。

でも、風間さんのモチベーションが上がってくれれば、大変嬉しいのですが」

「それに、なんと言うか、男好きのする体ですね。

マッサージ中、無性にムラムラしました。

正直、抱きたくなりました」

「本当ですか!それなら、早く私の願いを達成して下さい!」

「任せて下さい。

一義的には旦那さんのためですが、僕、セックス狂なんで。

自分のためにも、全身全霊をかけて成功させます」

それから1ヶ月、この会話にあるプランを無事にクリアすることができました。

そしてその間、妻は風間さんへの好感度を劇的に深め、私抜きでも気軽に会話を楽しめる友人の様な関係にまで到達していました。

いよいよ、次のステップを試みる時がやって来ました。

その前日、風間さんと電話で話し合いをしました。

「風間さん、明日で5回目です。

そろそろ進展を・・・」

「そうですね、少し変化を加えましょう。

それに際して1点お願いがあります。

僕が到着する1時間前に急に出社しなければならなくなったことにして、奥さんと僕を二人きりにして下さい。

ちなみに今まで会社に泊まったことはありますか?」

「繁忙期はしょっちゅうです」

「それは良かった。

明日、奥さんへのマッサージを19 時目処に始めます。

その直前に『泊まりこみになる』と電話して下さい」

「わかりました。

やっと動きだしますね。

興奮してきました」

「僕もですよ。

ただ、あまり過度の期待はしないで下さい。

奥さんの反応如何で無理は控えます。

それと、明日は僕のカバンに隠しカメラを仕込みます。

内容を問わず、あとで旦那さんに映像をお渡しします。

最後に、奥さんはお酒を飲めますか?」

「強くないですが、好きですよ。

よく一緒に晩酌してます」

「では、出社する時、僕にビールを出すよう奥さんに指示しておいて下さい。

あとは僕が何とか飲ませます」

「酔わせてガードを下げるということですね」

「羞恥心を軽減するのが目的です。

無理矢理とかは全く考えていません。

旦那さんが見たいのはそんなレベルの低いものではないはずです」

「おっしゃるとおりです。

妻が自分の意思で股を開くところが見たい。

淫乱な妻の姿を・・・」

当日、私は朝から落ち着きませんでした。

しきりに時計を見ては、大して進んでいない時間にもどかしさを感じていました。

そして、風間さんの来訪に備え、妻がお化粧直しを始めた頃、17 時にセットした携帯のアラームがようやく音をたてました。

妻に聞こえるよう、大きめの声で一芝居うつと、急いで会社に行く準備をしました。

「悪いけどちょっと会社に行ってくる。

18 時に風間さんが来るけど、そんなに時間かからないと思う。

ビールとつまみを出して待っててもらってくれ」

「うん、わかった。

休みの日まで大変ね。

お仕事、頑張って!また状況を連絡してね」

「ああ、19 時ぐらいに連絡する。

それと、料金は前払いしてるから、万が一帰れない時は絢子だけでもマッサージしてもらって」

笑顔で頷いた妻は、玄関で無邪気に手を振りました。

私は駅までの道のりをゆっくり歩くと、電車に乗って三つ先の駅で下車しました。

近くのネットカフェに入店すると、時刻は17 時45 分を少し回ったところです。

飲み物を用意して、リクライニングシートに座ると、風間さんから『もうすぐ家に到着します。

19 時の電話、忘れずにお願いします』とメールが来ました。

その後の1時間は、日中など比較にならないほどの長い時間を過ごした気がします。

トゥルル・・・トゥルル・・・。

5回目のコールが鳴り終わる直前、妻がいつもの明るい声色で電話に出ました。

「はい、高橋です」

つい先程まで聞いていた声なのに、妙に愛しく、懐かしい気がしました。

「あっ・・・俺だけど。

風間さんは?ちゃんと来てる?」

「うん。

今、ビールを飲んでいらっしゃるわ。

私も少しいただいていたの。

血行が良くなって、治療の効果が上がるんですって」

風間さんの目論見はうまくいっているようです。

「そうか・・・それは良かった。

ところで、今日は会社に泊まり込みになりそうなんだ」

「えっ・・・?大丈夫なの?何かトラブルがあった?」

「いや、大したことじゃない。

心配しなくていい。

それより、風間さんにそう伝えて、絢子だけでもマッサージしてもらって」

「あ・・・、うん、わかった。

もし、帰れそうな時は連絡して」

「多分無理だけど、その時は連絡する。

じゃあ、仕事に戻るよ」

携帯を切ると、すかさず風間さんにメールを打ちました。

少しでも妻の様子を聞きたくて、我慢できませんでした。

【メールしてすみません。

ご指示通り、会社に泊まると伝えました。

妻もお酒を飲んでいるみたいですね。

どんな感じですか?頃合いみて返信下さい】20 分後、携帯から待ちに待ったメール受信音が鳴り響きました。

【奥さんは今、台所でお皿を洗われています。

ノリがいいですね。

ビールをお注ぎすると、グラスを空けてから差し出してくれます。

顔は真っ赤ですし、目もうるんでます。

僕のペースに付き合って、かなり無理されているのかも・・・。

まあ、酔えば酔うほど、これからの展開に期待できます。

事実、飲み始めてから奥さんの姿勢が崩れ、弛んだ胸元から黒いブラジャーが見え放題だし、たまにスカートが捲れて太ももを見せつけるし、誘われてるのかと勘違いしてしまいます。

今からマッサージです。

帰る時に僕からメールしますので、それまで旦那さんからは絶対に連絡しないで下さい】風間さんのメールに書かれた妻のだらしない姿が、映画に出てくる女郎のイメージと重なり、心臓が激しく鼓動を打ちました。

それから先はただひたすら風間さんのメールを待ちました。

20 時にはマッサージを始めているはずなのに、21 時をまわっても音沙汰ありません。

【もしかして・・・既に?いや・・・絢子に限ってそんなはずは・・・。

でも、相手が風間さんなら・・・】期待と、それを否定しようとする複雑な思いが、頭の中をグルグルと回ります。

そして、22 時15 分。

再び携帯が音を立てました。

【たった今、お宅を出ました。

ソフトですが、個人的には今後に期待できる内容だったと思います。

帰ったら今日のことを聞いてみて下さい。

奥さんのお話と後日お渡しする映像を比べてみてはいかがですか?では】風間さんの勿体ぶった報告に多少苛立ちを感じましたが、とにかく妻に元に帰りたくて、急いで電話しました。

「あっ、もしもし、俺だけど」

「あなた~?電話待ってた~。

お仕事どう?やっぱり泊まり?」

「いや、それが予想外に早く終わって。

今から後片付けして、退社するよ。

風間さんは?」

「うん・・・帰ったよ・・・」

「そうか・・・そうだよな。

また後で話を聞かせて。

取り敢えず急いで帰るから」

はやる気持ちを抑え、時間を調整しながら、家路につきます。

玄関では妻が艶っぽいネグリジェ姿で出迎えてくれました。

遅い晩御飯をとり、風呂に入ってさっぱりすると、ソファーで本を読む妻にいよいよ今日のことを尋ねてみました。

「そう言えば・・・風間さんって何時に帰ったの?」

「えっ?そうね・・・あなたから電話が来る少し前かな・・・」

「ほう・・・ずいぶん長く居たんだね。

そんなに遅くまで何してたの・・・?」

「おしゃべりをしながら・・・マッサージしてもらってた・・・」

「じゃあ、いつもより念入りにやってもらえたんだ?」

この時、一瞬だけ妻が羞恥の表情を浮かべたように見えました。

嫉妬した私は、さらに意地悪な質問をしてみたくなりました。

「普段と同じようなマッサージだったんだよね?」

「えっ?普段と・・・?うん・・・そうだね・・・。

多分・・・」

思惑どおり、髪を触りながら動揺しています。

やはり、風間さんの報告にあったように、妻にそうさせる何かがあったことは確実のようです。

「んっ?多分って?」

「実はビールを飲みすぎちゃったみたいで・・・、その・・・あんまり覚えてないの・・・」

「そんな酔ってたんだ?でも、電話した時には、しっかりと受け答えしてたよ?」

「でも・・・途中からだんだん・・・酔いも覚めてきたし・・・」

不自然さが増していく返答に、妻が何かを隠そうとしていると確信しました。

しかし、これ以上の追求は今後に悪影響を及ぼしかねないと思い、グッと言葉を飲み込みました。

【絢子・・・隠そうとしても無駄だよ・・・。

風間さんに何をされ、君がどう反応したのか、その全てが記録されているのだから】私は心の中で、妻にそう語りかけました。

翌日、終業のチャイムと同時に退社すると、製作会社のオフィスで映像を受けとり、急いでネットカフェに向かいます。

個室に入り、注文したビールを一気に飲み干すと、耳にヘッドホンをあて、震える指先で再生ボタンを押しました。

モニターには、テーブル越しに向き合って座る妻と風間さんをほぼ真横の位置から捉えたカットが映し出されました。

「・・・ご主人、お忙しいんですね。

どうしましょう?また次の機会にしましょうか?」

どうやら、会社に泊まる旨を妻に電話した直後のようです。

「大丈夫です!主人には、私だけでもマッサージをしてもらうよう言われてますから」

「そうですか。

せっかくお邪魔したことですしね。

じゃあ、この缶を空けたら始めましょう。

さあ、もう一杯どうぞ」

「あっ・・・どうもすいません・・・先生にお出ししたビールを私がこんなに飲んでしまって・・・」

「いえいえ、お顔に似合わず飲みっぷりが素敵ですよ・・・。

ところで・・・今日は少し変わったマッサージをしてみませんか?」

「えっ・・・?変わった・・・?」

「ええ・・・女性に大人気なんです。

リラクゼーション効果も高くて気持ちいいですよ。

旦那さんもいないし・・・どうでしょう?」

風間さんが少し身を乗り出し、妻の顔をジッと見つめます。

「あのう・・・、主人がいないことと、そのマッサージ・・・なにか関係があるんですか?」

「ええ・・・まずは普段よりも施術の時間が長いこと。

それと旦那さんがいらっしゃる時だと、何となく気恥ずかしいかも・・・」

「気恥ずかしい・・・ですか?え~、なんだろうな~」

妻は手の平を頬にあて、何か考え込む様子を見せています。

そして次の瞬間、風間さんを挑発するかのような台詞を口にします。

「もしかして・・・露出が高めとか?な~んて、私ったらすっかりおばちゃんの発言ですね」

風間さんの表情が一瞬だけ真剣になったように見えます。

「ハハッ・・・もし奥さんが望むなら・・・僕は裸でも構いませんよ」

「本当ですか?じゃあ、風間さんのヌード見せて下さいね。

あっ・・・裸になるのは私の方か」

「そうですよ。

まあ、冗談はさておき・・・もし奥さんに合わなければ途中でやめます。

まずは、試してみませんか?」

「そうですね・・・わかりました・・・。

せっかくだから、お願いします。

ここ、片付けちゃいますね」

妻は立ち上がると、テーブルの皿を台所に運んでいきます。

風間さんはすかさず携帯を手に取りメールを打ち始めました。

この時間軸は、確かに私が受け取った報告内容と合致します。

続いて、カメラを仕込んだバックを隣の和室に運ぶと、布団の斜め前方に配置します。

アングルを調整しているのか、画面が数回、ガサガサッと乱れます。

「奥さんっ!ちょっと準備しますから!お呼びするまでそのまま後片付けを続けて下さい」

台所の妻から返事らしきものが聞こえてくると、風間さんは布団の脇にアロマキャンドルを設置しました。

続いて電気マッサージ機と浴衣をキャンドルのそばに置くと、妻を呼びに和室を離れます。

暫くの間、隣のリビングから二人の会話が聞こえた後、風間さんが妻を連れて戻ってきました。

「わぁ、いい匂い!!これって、アロマですよね?ステキ~!」

「リラックスできるでしょ?女性は好きな方が多いですね。

では・・・電気を消しましょう」

「えっ?電気消すんですか?」

「はい・・・。

マッサージに集中して頂くため、キャンドルの灯りだけにします・・・」

妻は右手でパタパタと顔を扇ぎ、やや狼狽えた様子を見せます。

しかし、風間さんはさも当たり前かのように、淡々と消灯スイッチを押しました。

暗闇の中、淡いオレンジ色の光が二人を映し出すと、辺りは急速に妖艶なムードに包まれます。

そのまま抱き合って、互いの体を貪り始めたとしても、何も不思議ではありません。

奇妙な静寂が立ち込める中、風間さんが囁くように促しました。

「じゃあ・・・、奥さん・・・浴衣に着替えて・・・。

僕も・・・ラフな格好させてもらいますね・・・」

「はっ・・・はい・・・この浴衣ですよね・・・。

風間さんのは・・・?主人の服で宜しければお貸ししますよ?」

「僕は短パンとΤシャツを持って来てますから・・・」

そういうと風間さんは、いきなり妻の目の前でズボンを下げました。

真っ赤なブリーフの前方部は、遠目にもわかるほど、大きく隆起しています。

妻は咄嗟に目をふせ、それを見ないように気を使います。

風間さんはそんな妻の反応を楽しむように、ゆっくりと浴衣を拾い上げると、わざとらしく一歩前に踏み出しました。

逃げ場を失った妻の視線は、彼の盛り上がった股間に、しっかりと固定されています。

「さぁ・・・奥さんも着替えて下さい。

体が楽になりますよ・・・」

「はい・・・。

あのう・・・ここでですか?」

「ええ・・・奥さんは。

僕はリビングに行きますから・・・。

終わったら声かけて下さいね」

「わかりました・・・。

それと・・・どこまで身につけてて大丈夫ですか?その・・・下着とか・・・」

「あぁ・・・お任せします。

奥さんのお好きなようにどうぞ・・・。

まあ・・・出きるだけ薄着の方が効果は上がりますけどね」

風間さんは妻に浴衣を手渡すと、カバンから短パンを取り出して、隣の部屋に向かいました。

襖が閉まるのを確認した後、妻はその場でシャツを脱ぎました。

白い柔肌に映える黒のブラジャーが露になると、続いてスカートのホックを外しストリッパーのようにゆっくりと下ろします。

黒のランジェリー姿になった妻は、そのまま鏡の前に移動し、自分の体をじっと見ます。

髪を直したり、ブラジャーの位置をずらしたりと身だしなみを整えます。

そして、浴衣を羽織り、帯を締めて画面上から消えると、風間さんを和室に招き入れました。

再び現れた風間さんは、短パンにТシャツの軽装で、いよいよ妻のマッサージに取り掛かります。

布団の上でうつ伏せになった妻の背中に風間さんが跨がります。

「では、始めますね。

まずは普段と同じように体全体をほぐします。

リラックスして下さい」

「はい・・・宜しくお願いします」

風間さんの手が妻の肩をゆっくりと揉み始めます。

肩を中心に、首や二の腕など周辺の凝りも丹念にほぐし終えると、今度は背中から腰に向けて指圧していきます。

意を尽くしたソフトなマッサージとジョークを交えた巧みな会話術で妻を心身ともにリラックスさせ、本音を引き出すムードを作り上げていきます。

マッサージ開始から20分、風間さんが会話の内容に変化をくわえます。

妻を仰向けにすると、鎖骨付近を指圧しながら、優しく語りかけました。

「奥さん・・・浴衣がお似合いですよ。

旦那さんが見たら、きっと惚れ直すでしょうね・・・」

「いえ・・・そんな・・・。多分・・・主人はあまり興味ないと思います。結婚生活も長いですし・・・」

「もし、それが本当だとしたら・・・勿体ないですね。妻は照れ笑いしながらも、ジッと風間さんを見つめます。

「フフッ・・・もちろんいいですよ。

優しいし・・・マッサージ上手だし・・・それにカッコいいし・・・」

「冗談だと思ってるでしょ?結構マジですよ。奥さんはそれくらい魅力的です。独身の時はモテたんじゃないですか?」

「いや、全然ですよ」

「ハハハッ・・・そんなこと言って・・・まんざらでも無さそうなお顔してますよ。旦那さんも居ないし・・・、白状して下さい。僕のライバルが過去に何人いるのか」

「エエ~どうしよう・・・。じゃあ・・・予想してみて下さい」

「そうですね・・・お付き合いされた男性は・・・5人かな?どう?」

「ブ~。不正解です。はい、もう終わりで~す!」

「そうか・・・それ以上なんですね。

なんか嫉妬してきました。

そんなたくさんの男性に・・・」

「フフ・・・もう・・・風間さんったら。私、何も言ってませんよ~」

妻が会話に気を取られている内に、風間さんの手が浴衣の襟を徐々に開いていきます。

「じゃあ、せめてヒント下さい。実は二桁ですか?」

「エッ・・・?う~ん、どうしよう・・・。それってお付き合いした人の数ですよね?」

「そうそう・・・僕のライバルの人数。

あぁ~元カレ達が憎いっ!」

「フフフッ・・・風間さんって面白いですね。わかりました。主人には内緒にして下さいよ?」

「もちろんです。僕と奥さんだけの秘密にしましょう」

「なんか・・・恥ずかしいですね・・・。さっきの予想の・・・3倍かな」

「なるほどね・・・。奥さんみたいに素敵な方ならそれぐらい当然です。でも、少し腹が立ちますね・・・。ちょっと失礼しますよ」

風間さんは鎖骨の下を擦りながら大胆に襟元を広げます。

妻は確実にブラジャーが露出したことに気づいていますが、嫌がる素振りを見せません。

「僕の経験上、女性は多くの男に愛された方が綺麗になるんですよ。

だから、奥さんの肌はこんなにツヤがあるんです」

白い胸元を風間さんの指先が軽く撫でると、妻の下半身がビクッ!と浮き上がります。

「アッ・・・そんなこと・・・ンッ・・・無いです。

40・・・過ぎましたし・・・」

その反応を見た風間さんは一気にエスカレートしていきます。

「奥さん・・・今・・・凄く綺麗ですよ。

ちょっと目をつぶって・・・。

特別なマッサージしてあげるから」

何か期待しているかのように体をモジりながら、妻はそっと両目を閉じます。

「目は・・・つぶりましたね・・・?」

風間さんは、まるで妻にキスするかのように顔を近づけて、小さく語りかけます。

妻は無言でうなずくと、体を緊張させ、背筋を伸ばします。

「僕が見えない方がマッサージに集中できますからね・・・」

風間さんは、ブラジャーの肩紐に人差し指を掛け、ゆっくりと妻の両肩から抜いていきます。

妻は、その意図する所に気づいているはずですが、目を閉じたままジッとしています。

「さあ・・・奥さん・・・軽く背中を持ち上げて下さい・・・」

妻は促されるままに背中の重力を解放します。

次の瞬間、風間さんは両腕の筋肉を隆起させ、勢いよくブラジャーをズリ下げました。

『アッ・・・ッ・・・ダメッ・・・』妻の囁きと共に、真っ白な乳房が丸出しになります。

「あぁ・・・奥さん・・・綺麗なカラダ・・・してるじゃないですか・・・」

風間さんは妻の乳房を舐めまわすように凝視します。

「ィャッ・・・恥ずかしい・・・」

妻は首を振りながら、両手で顔を覆います。

しかし、その反応とは裏腹に、妻のやや黒ずんだ乳首はピンッと勃っています。

風間さんは目を血走らせ、無言で乳房を揉み始めます。

妻の下半身がクイッ・・・クイッ・・・と小さく持ち上がります。

「あぁ・・・奥さん・・・体の力を抜いて下さいね」

風間さんは妻の乳房を責めながら、浴衣を完全に剥ぎ取り、更にはパンティーに手を掛けます。

「ダメッ・・・それは・・・ダメッ・・・」

妻はパンティーを掴む風間さんの右手に気づくと、流石に抵抗する素振りでグッと膝を閉じます。

風間さんは一旦は手を離しますが、妻の本音を見透かしたように、今度は五指を駆使し、クロッチ部に刺激を与えます。

「アッ・・・アッ・・・ダメッ・・・」

「奥さん・・・勘違いしないで下さい・・・これはマッサージですよ・・・」

「でも・・・ンッ・・・恥ずか・・・しい」

敏感な部分を繊細に弄ぶ風間さんの卓越した指使いに、妻は苦悶の表情を浮かべて、腰をモジモジと動かします。

「ほら・・・奥さん・・・体が熱くなってきましたね・・・。

マッサージの効果が出てますよ・・・」

妻の耳元でそう囁くと、風間さんの左手はゆっくり円を描きながら乳房の中心に向かいます。

そして、こげ茶色の大きな乳輪に達すると、焦らすようにその外周を爪でなぞります。

しっかりと閉じられていたはずの妻の両膝は、いつしかだらしなく半開きになっています。

風間さんは、湿り気を帯びてきたクロッチをニヤニヤと眺めながら、意地悪なセリフで妻の羞恥心を煽ります。

「奥さん・・・汗が凄いですね。

ここ・・・湿ってきましたよ・・・」

「エエッ・・・?ヤダァ・・・私・・・」

「熱が逃げて体が冷えますから、これ取りますよ?」

風間さんは再度パンティーに手を掛けると、今度は有無を言わさず一気にズリ下げました。

「アアッ!・・・イヤッ!・・・ちょっ・・・恥ずか・・・しいッ!」

深々と生い茂る陰毛が露になると、妻は頬を真っ赤に染め、慌てて膝を閉じようとします。

その瞬間、風間さんはそれまで一度も触れることなく焦らしてきた妻の乳首をピンッ・・・ピンッと数回弾きました。

「アッ・・・!!・・・アッ・・・!!」

妻の腰がビクン・・・ビクン・・・と持ち上がると、風間さんはその動きに合わせ更にパンティーをズリ下げ、一気に抜き去ります。

「ァァァァ~!見ないで~!」

妻は咄嗟に両手で陰部を覆いますが、風間さんはその手を力強く握りしめると、優しい口調で諭しながらゆっくりと外します。

「奥さん・・・恥ずかしがらないで・・・とっても綺麗な体してるじゃないですか・・・。

そのままおとなしく・・・マッサージに集中して・・・」

妻は肩で息をしながら小さくうなずくと、風間さんに促されるまま再び陰部を露出させます。

風間さんが電気マッサージ器を手に取りスイッチを入れると、辺りにヴィーンという妖しい振動音が響きます。

「奥さん・・・大丈夫ですよ。これ・・・とっても効くんです」

風間さんは電マを右肩にあてると、同時に左の乳首を摘まみます。

妻の腰が自然にクイッ・・・クイッ・・・と持ち上がります。

「どうですか・・・奥さん?気持ち・・・良さそうですね」

「はい・・・ッ・・・気持ち・・・ィィ・・・」

「よし・・・いい感じですね。やっと体だけでなく心もハダカになっていただけたようですね。今からは遠慮なく、本当の奥さんを出して下さいよ」

これから風間さんのマッサージが本格化しようとしたその時、私の携帯電話からメール受信音が鳴り響きました。

映像を一時停止し、メールを確認します。

受信した時になんとなく予感はしましたが、やはり発信者は風間さんでした。

【こんばんわ。奥さんのスケベな映像、どうでしたか?高橋さんの驚きと興奮を倍増させるために、当日の報告でソフトなんて嘘つきましたが、どうかご容赦下さい。高橋さんの奥さんが特別なのではなく、僕の経験上、オンナという生き物はみんなスケベなのです。また、今後のことも含めて色々と話しましょう。では】

読み終えた私は、にわかにメールの意味が分かりませんでした。

・・・驚き?・・・ソフト?・・・嘘?・・・妻が特別なのではない?・・・・・・みんなスケベ・・・?それまで私は今までにない興奮を味わう一方、どこか安心して映像を見ていました。

風間さんがどんなに優れたオスであっても、妻はマッサージを許容したに過ぎず、交尾という夫婦間にだけ許された神聖な営みを凌駕することはない。

そんな優位性に安心していたからでした。

しかし、メールのキーワードから私の脳ミソがくだした解釈は、《妻は風間さんと交尾した》という想定外の出来事でした。

それを理解した瞬間、私は全身の血液が逆流するような感覚を覚え、思わず映像の停止ボタンを押し、そのままディスクを取り出してしまいました。

オススメエッチ体験談


不倫旅行行ったら若いカップルと乱交セックスできたんだがwwwwwwww

ノープラで患者を誘惑するド痴女な女子歯科医wwwwwwww

バイトしていた紳士服売り場のおねえさんとよく試着室でセックスしてた話


出会い系で知り合った家出少女に中出ししたら初めてだったらしい・・・

妻がブルマを着用し不倫セックス・・・ハメ撮り画像にハメ撮り動画・・・

妻がブルマを着用し不倫セックス・・・ハメ撮り画像にハメ撮り動画・・・その2

妻のハメ撮り写真を投稿写真やネットで公開してます。

昔あった寝取られ?に近い僕の体験談

Eカップの爆乳ぽっちゃり派遣社員と耐久セックスしたタフな絶倫エロ体験

昔、職場で仲良かった同僚の女性に大量のザーメンを顔射したエロ体験

他人の妻を寝取って肉便器にするのって罪悪感もあるけどやめられないwww

自虐プレイを楽しむ私の危険で変態的なオナニー体験談

露天風呂でオマンコ披露w初めてのアナルに挑戦したけど痛かったですwww

生まれて初めて好きな人を裏切り調教されて感じる私はたぶんドM・・・

ヤンキーだった女に「オマンコ気持ちイイの」とか言わせる喜びったらねぇ・・・最高なんですよww

教師志望の女子大生とエッチな体験談

友達の女に中出ししてしまいました

私が興奮するために可愛い妻を部下に抱かせてみました

スポーツジムの出会いから本気になってしまった人妻です・・・

結婚前に従姉弟とノーパンデートして、我慢できずエッチしちゃった

片思いしてた子のハメ撮り動画で何回も抜いた

タマもアナルも舐めてくれた経験豊富な短大生

ちょっと気になる男友達と二人きりで飲むはずが・・・。

赴任先で態度のデカいバイト女子に中出し調教

酔い潰れた美人OLに中出ししたら妊娠した

クラスで一番可愛くてEカップだった娘との初H体験談

寝てるフリでヤらせてくれた17歳の姉との姉弟相姦体験談

お酒の力で友達と4Pしちゃった乱交体験告白

主人が単身赴任中に義兄としてしまったHな体験談

女子大生の彼女よりも気持ちよかった彼女のお母さん

イクたびに脚がピーンってなっちゃって・・・。

部下のOLにカニ挟みされて・・・後悔の中出し

異動前の若い女性教師に捧げた童貞喪失の思い出

奉仕上手な都合のいい女との実体験

【キチ兄】勝手に酔い潰れた妹(処女)を脱がしてデジカメ撮影してた結果・・・・

【初体験】かくれんぼで友人の姉ちゃん(DQN)と押入れに隠れた結果・・・

【年収200万】社畜ワイ、金持ちの友達にBMW借りて同窓会に行った結果・・・

【衝撃体験】姉の裸が見たすぎて思い切って頼んでみた結果・・・

【黒歴史】性にオープンな両親を見て育った俺と妹3人の末路・・・・

泥酔した生意気な同期女を同僚と送ってイタズラ→アナル撮影までした結果・・・

【性的イジメ】中1で美少女だった憧れの子がヤンキーと付き合った結果・・・・

【唖然】錠前破りのスキルを身に着けた友人と下着泥に精(子)を出していた結果

【寝取られ】水泳部補欠の俺が美人マネージャーをエースのチャラ男に奪われた結果

【フェラ】同窓会で王様ゲーム→同級生女子に”1分間アソコを舐められた”結果・・・

ひと晩に15発も中出しされた若かりし頃の過ち

素股のふりして23歳の人妻デリ嬢に生中出し

彼氏持ちの女友達に土下座してエッチを頼んだら

若い頃とは味わいの違う、熟年同士のW不倫

クリーニング屋の店員とエッチしたが嫉妬深くなってめんどくさい

夫以外の人から種付けされた

つい最近離婚をして実家に戻った女房の妹と…

結婚6年目のだめな妻です

興味本位で女装子とセックスした結果wwwwwwwwwwwww

オススメエロ画像


小松美柚羽 超敏感なつるぺたAカップ女子大生のセックス画像 151枚

チンチンを扱くのに必要不可欠な三次元エロ画像寄せ集め 75枚

マジで美人なスレンダーお姉さんの激エロセックス画像 61枚

砂浜で裸になってマンコに砂入っちゃうんじゃない?って心配になるエロ画像 72枚


桜井彩(さくらいあや) Hカップの爆乳美尻美女画像 200枚 その2

かなで自由 エッチなGカップ美少女画像 200枚その1

おぐりみく Cカップのスレンダーな清楚系美少女画像 200枚

吉澤友貴 ムチっとしたEカップお姉さん 200枚

美脚でパイパンな極上お姉さんのセックス画像 97枚

中山エリス 瞳が綺麗な天然美少女156枚

佐月麻央 可愛くてエッチなお姉さん画像132枚

お漏らししまくる童顔なドM美少女のハメ撮り画像109枚

寺田ちひろ(てらだちひろ)エロカワ画像まとめ109枚

浜田由梨(はまだゆり)画像まとめ 140枚

愛音まひろ 黒髪のロリ系桃尻娘のSEX画像116枚

仁藤みさき Hカップグラドルのセクシーでカワイイ画像113枚

全力で奉仕してくれる激カワなドMメイド画像73枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

近親●姦 レ●プ 三十路 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 父子●姦 痴● 性●隷 全裸 夫婦交換 スカ●ロ 友達の母 安全日 勃起 逆レ●プ 画像 オシ●コ 無防備 ビキニ DQN シ●タ 妻の友達 二穴 バレないように オタク トラウマ インストラクター 肉●器 喘ぎ声 妻の過去 獣● ママ友 還暦 友達の妻 M字開脚 隠し撮り お盆 マン毛 バイアグラ 剣道部 イメプ 聖水 相互鑑賞 花火 マット 本気汁 妻の姉 貝合わせ メイド 姉の彼氏 クスコ リスカ お客 男の潮吹き 豊満 土下座 サッカー部 美少女 近○相姦 マン汁 オナホ 酒池肉林 兜合わせ ギャップ テント 再婚 お局 3P ラッキースケベ ボーイッシュ 美容師 質問ある? マンスジ 素人 鑑賞 社長 講師 デリヘル嬢 性教育 ベランダ 神社 ドレス アクメ レ○プ 美術部 手錠 性接待 上司の嫁 愚痴 キメセク ヘタレ 自撮り チンぐり返し ヤンデレ  ボランティア 後輩の彼女 穴兄弟 地味 金髪 相互オナニー 釣り 性感マッサージ 避妊 マザコン アフター 背面座位 プレゼント 顧問 テニス 染みパン 騎上位 メンズエステ アヘ顔 花見 ストレス  逆痴● PTA 新婚 タンポン スカウト 不妊症 春休み リハビリ モテ期 ノンケ メガネ マニア 教育実習 医師  目の前 放置プレイ 写真 オーナー 喧嘩 マイクロビキニ アラフィフ ケンカ 手術 チンカス キチガイ ボーナス ギャルママ 尾行 逆●漢 租チン 脱衣 コテージ 実家 弁護士 団地妻 北海道 パジャマ VIPPER スイミング OL マジックミラー 恋人交換 回春マッサージ ゴルフ 一人暮らし パワハラ 寝起き ハミ毛 美人局 性生活 M字 ムチムチ ニーハイ 友達の奥さん シングルマザー ストッキング 首絞め 添乗員 イベント マンぐり返し ホットパンツ 接骨院 発見 ブサメン 4P 黄金 罵倒 見せ合い 鼻フック SM 膝枕 ゴルフ場 Fカップ 自虐 屈曲位 臭いフェチ 挑発 先輩の奥さん グラドル 韓国 言いなり 台湾 エロ写メ 夫の兄 エロ動画 団地 主人 ギター ホテトル 恐怖 スケベ椅子 スパッツ 姫初め 初夜 ファザコン ご奉仕 直穿き ハメ潮 M性感 夜勤 ヒッチハイク 集団 苦痛 回春 三角関係 小悪魔 唾液交換 夫婦喧嘩 新妻 ライブハウス ライブ バレー部 スカイプ 金持ち ぎっくり腰 ペニクリ エロ漫画家 閉経 グラマー ハワイ ジョギング フツメン 床上手 流産 スポーツクラブ ロープ 倦怠期 ガムテープ  仁王立ち 友達の夫 近所 隠撮  上司の妻 バキュームフェラ 無精子症 柔道部 エロ本 筋トレ 新年会 チアリーダー 両親 姉の夫 弓道部 ナプキン 出会い喫茶 喪男 BBA エロゲー グラビアアイドル 別荘 ペニスバンド 女湯 帰省 婚活 エロゲ M男  男性恐怖症 タレント 夫の同僚 喪女 エロ画像 震災 オムツ 独身 上司の奥さん 臭い 皮オナ 唾液 地雷 露天 お姉さん 先輩の母 黒髪 新幹線 美尻 性感帯 子作り 貧乏 警察 生保レディー DJ 竿付き 社長夫人 潔癖 ロリ系 スロット 体育館 拡張 ハプバー 自転車 野菜 小柄  攻略法 フェス パパ友 即ハメ 役員 レ〇プ 盲腸 流出 フィリピン人 電話中 立ちション 非処女 IUD パラダイス マイナー 屈辱的 乳がん 治し方 処理 汚物 無料 母子家庭 ネパール人 泳げ鯛焼き君 帰宅 処女膜 保育園 バストアップ 寝起きドッキリ フェイスブック マナー 料理教室 悪酔い 筋肉痛 ラノベ タイ たまごっち 健全 チキン 宿題 日系ブラジル人 地雷女 脇舐め 麦茶 テクニック 絶縁 ヤリ目 チンピラ 配信 リベンジポルノ びっぷら 男子禁制 勇気 腰痛 プロレス 夫の上司 エアロビクス 義理の娘 偶然 ボルチオ  読者モデル ブラック企業 谷間 おもてなし フィギュアスケート部 恋人 ティッシュ お花見 マリッジブルー ピーナッツ 同情 既婚 姉妹相姦 ぱふぱふ メガネ屋 妻の友人 洗脳 ノルマ デルヘル ボディービル 弟の妻 ふぇら トラック 雌犬 パイチラ バイブフェラ 水泳教室 おねだり 無臭 女子プロレスラー フタナリ 中性 診察台 四つんばい 擬似レイプ ブーツ おへそ キッチン 背徳感 相互 インフルエンザ ぶっけけ 興奮 プロゴルファー マッサージ師 アスリート 逆プロポーズ アスリート女子  オキニ ハブニングバー 胸糞 密会 タダマン 体操部 職権乱用  ポッチャリ 乱暴 ファン バスタオル 助手 寝落ち パトロン 交換条件 泥沼 出禁  バナナ 同伴 友達夫婦 先輩の妻 リフレクソロジー 全身リップ  二次エロ画像 他人棒 ラブレター 性上位 看板娘 主張 はしご 友達の旦那 性感エステ 気絶 上目遣い バスケ 同性愛 星姦 シラフ メス豚 性○隷 企画 ハードセックス マッチョ 共依存 ローカルテレビ ランデブー 口臭 蟲姦 ケツ毛 吊り橋効果 カミングアウト オタク女子 草食系男子 キモメン 俳優 洗濯バサミ 精液便所 便器 避妊リング バージン おねしょ ネットH 背面騎乗位 伊豆 仲居 沖田杏梨 焦らしプレイ パーカー 韓国エステ ちんぐり返し 飯岡かなこ 新歓コンパ サランラップ 祖母 ダンス 紳士 東京 脱サラ 美肌 嬢王様 一気 流行 ポロリ インドネシア人 失笑 儀式 お祝い 着信拒否 正月明け 想定 オーディション 辻本杏 介護職 近●相姦 人参 竿姉妹 目覚ましフェラ 近○相○ 長ネギ 悲惨 種違い 号泣 マギー 料金 宴会芸 訪問販売 婚約 彼女の弟 支配 射精管理 せどり 塾講師 地獄 自尊心 ゴミ箱 おあずけプレイ 介護 親族 我慢 使用済み エレベーター 神秘 社長婦人 ハシゴ 後輩の男友達 公認 試験 限界 ジーパン 壁ドン 男湯 台湾人 腕枕  美少年 会長 牛乳 おなら 退職 宿直 ハダカ 添い寝 現地妻 精液検査 森ガール 女神 婚前 憧れ 芸能 生本番 風習 胸毛 中だし 継母 倒産 ふたなり 半陰陽 ブラチラ 飛行機 10P マンコ 後輩の妻 逆セクハラ 吹雪 隠しカメラ シンママ イジメ 社員 恋愛禁止 兜合せ カツアゲ 交尾 日焼け 録音 MオンナS男 図書委員  肩書き ガーゼ twitter ヘルパー ガン レディコミ 同い年 友人の嫁 ぼったくり ペット お店 狂気 監視 看護学生 足ピン クリーニング  レストラン パフパフ 下宿 逆玉の輿 オン欄 出血 夫の従兄弟 鮫肌 収集 食事 犬プレイ テスト勉強 GloryHole 知的 タトゥー ビーチボール 委員会 美容院 無抵抗 アダルトグッズ インテリ チン蹴り サスペンダー けじめ スワッピングクラブ  コレクション マジキチ 自縛 人間不信 覚醒 フィリピンパブ 介護士 万馬券 貸切 虐め  山岳 ジジイ 乳コキ 便秘 タイツ チクニー 友達の叔母 実験 シックスナイン 頬ずり スナックのママ プリクラ ハイレグ 生理不順 狭射 母子交換 性同一性障害 ごっkん SNS  軽蔑 イメプレ 元カノの妹 姉妹●姦  再従兄弟 アナルうんこ ハゲ 従姉妹の娘 指フェラ 従兄弟の嫁 友達の家 彼女もち 生徒の母 マラソン 先輩の婚約者 搾乳 心身 彼氏交換 同期 ゴーヤ 旦那の弟 台所 行水 トレーニング ポニーテール 新婦 スクール水着 ストリッパー サイクリング ネイリスト チア部 悶絶 同時イキ 親切 セリクラ 同期の妹 芸能事務所 彼女の父 無修正 校長 メタボ カナダ マンカス ママ 染み 股間 元嫁 塩対応 ニーソ 穴あきパンティ 仕事  新婚初夜 無礼講 控え室 発熱 知り合い 友達の父 元ヤン ニート 筋肉フェチ  歳下女子大生 ボンテージ パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス ソープ嬢 寝盗られ 顔舐め 編みタイツ バット 引き籠もり カウンセラー ひとり暮らし 狸寝入り 音声 お小遣い ギャル男 サーファー 腋毛 上級生 竹刀 自棄酒 チャイナドレス 苦情 お清め 敬語 恨み セミプロ 検査 婚活サイト 報告 将棋部 ソフトテニス部 利子 制裁 喘息 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 マンション 交換 寄付 アナルファック 廃墟  不潔 本気 セックス依存性 白髪 保護 出前 角オナニー  留守番 初対面 腐れ縁 空家 リンパ お化け屋敷 整体師 通勤 ボクシング部 大学受験 サドル フェラテク ボクシングプレイ ホームセンター 27P セフレ交換 賞品 くじ引き 自暴自棄 キス魔 まんぐり返し 遭遇 ドクター 生き別れ 自慢 出張ホスト かりまん オナペット ノロケ 阿鼻叫喚 15P カマトト イカ臭い 人助け 腐敗 出合い系 割り切り バレンタイン クォーター 母の妹 大家 出勤前 ボディービルダー ボーリング 片思い 相部屋 レオタード 免許 むっちり 姉妹交換 70代 老婆 黒タイツ 早熟 靴なめ ムチ ローソク 渋滞 兄弟 ユルマン ローライズ ワカメ オリモノ 転校生 オプション ハイボール 禁欲 ぢゃ性 ハイグレ 車検 鷲掴み キャットファイト エクササイズ おなべ 産婦人科 シ○タ 脚フェチ 半勃ち 浮気相手 娘の元カレ 伏せバック 医学部 友達の兄 シンガポール 眼鏡 オジサン 男子校 コスプレイヤー パンパン メガネっ娘 悪臭 アイマスク 姉の同級生 ラーメン屋 バツ2 叔母さん 謝罪 女店主 不眠症 運動会 オーストラリア 貧乏神 白衣 リア充 ハローワーク 帰国 貸出 精神科医 セックス依存症  猫耳 カレー屋 葬式 ボクっ娘 ヤンママ バニーガール Skype ジャージ 白ギャル キャッチ テニスコート で四つん這い 鍋パ 寝顔 キュウリ 摘発 小説風 ポカリ バンガロー 排泄 チーママ 女優 不満 母子○姦 ニュージーランド人 近親○姦 スケスケ 逆ギレ 下品 貯金 レディース カンボジア 暴発 事務 色弱 生意気 ウェディングドレス スノーボード 初潮 年始 SMクラブ プラトニック 馬鹿 コーヒーショップ 娘の担任 バンコク インモラル サプライズ シングルファザー 社長の娘 ダブルブッキング ペンション 保護者会 サッカー少年団 処女初体験 シミ付き サクラ 音信不通 アメリカ ケジメ 出会い 部室 テニススクール セカンドバージン 元旦 中継 婚約者 TV電話 

フリーエリア