HOME > 【人妻体験談】 > 同じアパートに住む奥さんにオナニーがバレたんだが、本当に最高な体験だ出来た
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


同じアパートに住む奥さんにオナニーがバレたんだが、本当に最高な体験だ出来た

関連体験談 :人妻オナニー痴女淫乱ローションキス手コキ年上
若い頃の実話の思い出です。

表は感じたまま書きつづります。

高校を卒業してまもなく一人暮らしを始めた。

風呂無しボロアパートの1階に部屋を借りた。

親元を離れて自由な暮らしを夢見たが、

彼女も出来ずAV鑑賞の毎日に満たされない欲求が膨らんでいった。

刺激を求めて近所を徘徊しても何かあるはずもなく、

アパートに戻り一人寂しく過ごしていた。

いつしか、同じ棟に住む平山さんという

50前後の女性にも性欲を感じてしまう有様で、

平山さんの自転車のサドルに触り

ちんこを勃起させる様な変質者ぶりだった。

隣の棟に木村さんという夫婦と

小学校1年生くらいの男の子の家族が住んでいて、

そこの奥さんが平山さんは仲が良いようで、

立ち話をしているところを見かけた。

木村さんの奥さんの方がはるかに若くて美人なのだが、性欲は向かなかったのが不思議だった。

ある朝、ゴミを捨てに行くと平山さんとすれ違った。

ゴミ捨て場には袋が2つ置いてあり、衝動的に手前の袋を持って来てしまった。

部屋に入りゴミ袋を開ける時は身震いするほど興奮した。

しかし、ゴミ袋の中から小学校の手紙が出てきてしまい、間違えて木村さんのゴミ袋を持って着てしまったことに気づいた。

残念な気持ちでゴミ捨て場に戻そうとしたが、バレてはいけないので袋を入れ替えることにした。

ガサガサと入れ替えていると怪しげな紙袋を発見、中を開けるとたくさんのティッシュと一緒に使用済みのコンドームが数個出てきた。

衝撃的だった。

当たり前だが、あの夫婦はセックスしてるんだと思い物凄く興奮してしまった。

その夜、木村さんが住んでいる棟をうろついてみた。

蚊取り線香の匂いがして、軒下には子供の海水パンツとバスタオルが干してあった。

すりガラスの向こうには蛍光灯の明かりとテレビの光がチラチラして団らんが伺えた。

「明かりが消えたらもう一度徘徊しよう」

そう思い部屋に戻り、向かいの部屋の様子をうかがう事にした。

11時過ぎに電気が消える、静かに近づき耳を澄ます、今にもいやらしい声が聞こえてきそうで股間が硬くなった。

木村さんの奥さんは中肉中背だが引き締まった感じの体で、少し目の小さい可愛い顔立ちだった。

「あの奥さんがセックスしてるかも」

そう思いスウェットのパンツに手を入れちんこをしごいた。

暗い部屋に青白い明かりがつき、テレビの音声が聞こえてきた。

「???」

なんだ?耳を済ますと、テレビの音に紛れた微かないやらしい声が聞こえる。

「んーーん、はぁ~~」

みたいな感じで、興奮が頂点に達してその場に射精してしまった。

「子供を寝かせてからテレビの音声でごまかしながらセックスするんだ」

そう想像した。

電気が消えた後にテレビがつく日は週に3回くらいあった。

その度に聞き耳を立てセンズリをした。

その日も部屋の明かりが消えて10分位経つとテレビがついた。

スウェット姿で近づき窓に耳を寄せた。

ガラッ!突然窓が開き

「こんばんは。」

ニコニコした奥さんがいた。

「あっ、こんばんは・・」

焦って返事をした。

「何してるんですか?」

疑いの眼差しで奥さんが話す。

「いや・・あの・・」

血の気が引いていった。

「人目が気になるから庭のほうに回ってよ。」

奥さんはそういうと部屋の明かりを点けた。

逃げたい気持ちが沸いたが、大事になるのを恐れて言われるとおり裏に回った。

「何してたの?」

厳しい口調で質問される。

「・・・・・」

「いつも来てたの知ってるのよ。

何してたのかしら?」

今度は冷ややかな口調。

「ごめんなさい・・」

全てばれてる様子、どうなるのだろう?警察とか呼ばれちゃうんだろうか?頭が真っ白になった。

「犯人逮捕って感じね、さぁ何してたのか白状してもらおうかな。」

薄っすらと笑みを浮かべて奥さんが聞いた。

「ごめんなさい・・・Hなことを・・・本当にごめんなさい・・」

謝るしかない。

「まあいいわ、上がりなさい。」

逃がさないとばかりに部屋に上げられた。

「さて、まずは何歳なの?」

「19です」

「平山さんの下着盗んだのもあなた?」

「いえ、そんなことはしません。」

とんだ濡れ衣だ。

「どんなことはするのかしら?」

見事に誘導されている感じ。

正直に全て話すことにした。

「下着を盗んだりはしません。

ただ、自転車触ったり、傘やほうきを触ったりしました。」

「どういうこと?何するの?ほうきがどうしたの?」

興味深く奥さんが聞いてきた。

「彼女の手で握るっていうか、おしりが触れるっていうか・・・興奮するんです。」

「フェチなんだね。

なるほど、じゃあ私の家では何してたの?」

「声を・・・・あのー・・・・愛し合っている時の様子を想像して・・・」

「ぷふっ。

綺麗な言い方ね。

愛し合ってか・・・・・・セックスでしょ?Hしてるところ考えてたんでしょ?」

「あ、はい・・・・」

この時気づいたが家の中には奥さんしかいない。

台所に目を向けたが誰もいない様子だった。

「誰もいないよ。

子供も主人も夏休みのキャンプに行ってるから。」

「えっ、じゃあ木村さん俺を捕まえるために・・・・電気消して・・」

「ミユキでいいよ。

そう、君が変態っぽいって平山さんから聞いてたから、最近Hの最中に通る人影が君だと予想してたの。

案の定正解。

でも、主人は知らないから安心して。」

「本当にごめんなさい。

許してください。」

次の展開が解らず謝るだけだった。

「君さあ、人に覗かれながらセックスする気持ちわかる?主人にも話そうかと思ったけど、なんていうのかな~?」

ミユキさんは何か言いたげだった。

「本当に申しません。

許してください。」

必死に謝った。

「いいわよ。

許してあげる。

誰にも言わないであげる。」

ミユキさんは笑顔でそう言ってくれた。

「19じゃしょうがないか~、ギラギラだよね~、早く彼女出来るといいんだろうけどね~。」

「大丈夫です、自分で処理しますから・・・平気です。」

許してもらいホッとして、強がってみた。

「どんなこと想像してオナニーするの?」

「特には・・なんていうか・・・・何かに興奮することがあるみたいで・・・・たとえば・・・女性が何かを握ってるところとか・・・」

「これくらいの大きさのものとか?」

そう言って、キンカンのビンを握って見せた。

その光景がエロくて股間がムズムズしてしまった。

「はい、握られてるとか想像するの好きみたいなんです。」

やばい、勃起してる。

「ポケットに何入れてるの?」

スウェットのポケットをさしてミユキさんが言った。

「いや・・・・あの・・・・ティッシュです。」

丸めたティッシュを出して言った。

「ふふっ、正直ね。

出そうと思って来たんだよね。

・・・・あれ??まだパンツ膨らんでるよ?」

勃起は完全に見つかってる。

「すみません。

さっきミユキさんがビンを握ったの見てたら・・」

「握ってあげようか。

いいわよ握ってあげても。」

ミユキさんはビックリする発言をした。

「どういうことですか?」

「別におちんちん握るのに抵抗なんてないよ。

正直に話してくれたから、ご褒美ってところかしら。

私もこれで安心できたし。」

「・・・まさか、お願いしますとか・・・・そんな・・・」

「なにゴチャゴチャ言ってるの。」

そう言ってミユキさんはパンツに手を入れてきた。

「あっ。」

声が出てしまう。

「初めてじゃないんでしょ?こんなに硬くしちゃって、見せてごらん。」

ミユキさんに握られたままちんこが顔を出した。

「綺麗なおちんちん。

プンプンって怒ってるみたい。」

ミユキさんの手が離れた。

勃起したちんこをさらけさらけ出して、これからどうしたらよいのだろうか?ミユキさんに誘われているんだろうか?頭が混乱して、ただ呆然としていた。

「君さあ、さっき愛し合ってるとか言ってたじゃない。

キスもしないで、パンツだけ下ろしてセックスするの。

やさしい言葉もきかなくなったなー、愛なんてどっか行っちゃた。

性欲のはけ口でしょ、まあ、私も気持ちいいけど、最近は一度のセックスで主人と君が逝っちゃてるんでしょ?どっちのおちんちんが入ってきても気持ちは一緒よ。」

難しい事を言われた。

理解できない。

「ごめんなさい」

そう言いながら彼女を引き寄せいきなり口づけをした。

「んん」

一瞬だけ抵抗され、彼女の舌が入って来た。

物凄い積極的なキス、舌を回すように絡めてくる、気がついた時には彼女が上になった形で寝かされていた。

「君もう我慢できないでしょ?いいよ、セックスしよっか。」

ミユキさんのOKサイン?いや、誘われてる?しかし、ちんこは爆発寸前でちょっとの刺激にも耐えられそうにない。

早いとか早漏とかやっぱり恥ずかしいことだと思い堪えた。

さいわいミユキさんがジーンズを脱ごうと離れた。

「俺、どうして良いか解らない。

かっこ悪いけどそんなに経験ないから上手くない出来ない・・・・」

怖気づいたのか言葉に出てしまった。

「だから、愛し合うんじゃなくて、セックスするんでしょ?すっきりしたいんでしょ?」

Tシャツの中に手を入れてブラジャーを外した。

「はあ」

なんだか解らない・・・けど、Tシャツ、パンティー姿のミユキさんは最高にセクシーだった。

「がんばりなよ。

上手い下手なんて関係ないから。」

慰め?そう言いながら、小さな箱を持って来て、俺の太股の上に腰を下ろした。

箱の中にはコンドームがいくつも入っていた。

なんだか変な感じ、俺完全に未熟者。

さらに箱の中には、ヤギの目とかぺぺなんて文字が見える。

ミユキさんはこんなの使っているのだろうか?想像で興奮してたらパンツを下ろされた。

「スキン使ってね。」

そういってコンドームをちんこに被せてきた。

「ごめんなさい。

もう駄目です。

出そうです。」

「えっ?もう・・・じゃあ出しちゃいな。」

そう言って、ちんこを上下にしごいてくれた。

あっという間の放出。

情けない思いだった。

しかし、ミユキさんは顔色を変えずティッシュでふき取り半立ちになったちんこにコンドームを付けた。

「布団出すね」

押入れから布団を出し、明かりを消した。

テレビの光が彼女を映す。

早くもちんこは勃起した。

いつもこの布団でご主人とセックスをしていて、その光景を想像しながらセンズリしてた俺。

なんだか、嫉妬のような変な感情が沸いてくる。

「いつもここでセックスしてたんですか?なんだか変な感情が出てくるんです。

ごめんなさい」

正直に伝えた。

「もしかしてヤキモチ?」

布団に入り彼女は言った。

そして俺の背中に手を回し、強引に布団に引き込んだ。

「そう。

いつもここでHしてるの。

どうしたの?仕方ないでしょ。

切なくなっちゃた?」

いつの間にかパンティーは脱がれて両足を広げて俺を抱える形になっている。

彼女の手がちんこを握り彼女自身に導いている。

「・・・・」

されるままにして彼女に抱きついた。

優しい手のしごきと、腰使いのせいで何もしなくてもちんこは彼女の中に入っていく。

ヌルッ、ヌルッと少しづつ飲みこまれていく。

彼女の手が離れた時、すべてが彼女の中に入った。

「いいよ、入ったよ。」

やさしい声に続き、彼女が腰を動かす。

ゆっくりと上下に動かす。

あわせるように腰を振ってみた。

「そうよ。

上手。

心配しなくてもちゃんと出来てるよ。

そのまま続けて。」

少しづつ彼女の息が荒れてくる。

感じてくれているのか?だんだん腰つきが早くなってくる。

「駄目です。

そんなに動いたら、気持ち良すぎます。」

しかし彼女の手は、俺の腰に回り強く引き寄せる。

「んんーん」

彼女の声が漏れた。

「う~~ん」

続いて声が聞こえる。

しかも耳元で。

ここで射精してはいけない。

気をそらそうと工夫した。

「ミユキさん素敵です。

ご主人に嫉妬します。」

とんでもない言葉を言ってしまった。

「あ~~ん、仕方ないでしょ、帰ってきたらまたセックスするわよ。

くやしい?」

ヌルヌルがちんこに絡みつく感じで締め付けられる。

「嫌です。

くやしいです。」

思い切って腰を振ったら、快感が頂点に達してそのまま放出してしまった。

そのまま彼女の上に身を任せていたら、やさしく頭を撫でてくれた。

「ごめんね、変なこと言っちゃって、傷つかないでね。」

そういってキスしてくれた。

今度は俺が舌を絡めてみた。

しかし、彼女はそっと離し、腰を引きちんこを抜いた。

「なんだかセックスして失恋したみたいな気持ちです。」

やりきれない感じが込上げてくる。

俺、ミユキさんのこと好きになってる。

「純情なんだね、私は10才も年上だよ。

子供もいるし、君が思ってるとおり、毎晩のように今みたいなことしてんだよ。

熱上げちゃだめよ。」

そう言いながら慣れた手つきでコンドームを外してくれた。

「そういわないでください。

やりきれなくなっちゃうから・・・」

なんだろう悔しい。

すげー悔しい。

どうすればいいんだ?

「今日は特別。

なんか特別な日。

オナニーしにきて、Hしたんだから」

そんなんじゃ割り切れない・・・くそー!

「ミユキさんはどうだったんですか?俺駄目でした?」

「君良かったよ。」

「そうじゃなくて、イッたんですか?やっぱり、下手だとイかないですか?」

「それは・・ちょっと早かったけど仕方ないじゃない。

経験積めば大丈夫よ。」

「それ、もっと悔しいです。

・・・・・さっきコンドームの箱になんかエロいの入ってたの見ちゃって、どんなことしてるんだろう?とか、経験積んだ男はどんなに凄いんだろう?とか・・・想像しちゃって、無性に自分が情けなくて・・・」

なんか俺カッコ悪い。

「ふーん。

そんなことなら試してみれば?自信つくんじゃない?」

あっさりとミユキさんが言った。

「どれ?ローションとか使ってみたいの?バイブ?でもこれ痛いから嫌いよ私は。

う~~ん?おちんちんに付けるやつ試す?」

そういって、ヤギの目と書かれた箱を出した。

「こんなものバッカみたいって感じよ、興奮するのは男の人だけじゃないの?やってみれば良いじゃない。」

そう言いながらピンク色のローションを手に取りちんこに塗りつける。

ヌルヌルした感触とやさしい刺激でまた勃起し始めた。

すばやくコンドームを付けられ、ちんこの根元にゴム製の付けまつげみたいなのが付けられた。

「メエーメエーの目に似てるでしょ?こんなの付けても何も変わらないのよ。」

そう言いながら背中に手を回してくれた。

「いいよ、好きなだけHしていいよ。」

やさしい口調に言われるまま彼女に覆いかぶさった。

さっきまで挿入してたところに再度ちんこを当てる。

すんなりと中に入っていった。

「んーーん」

さっきよりはるかに早い彼女の吐息。

奥に奥に突いてみた。

「ああ~、ううーーん」

息が荒れている。

ゆっくりゆっくりと奥に入れる。

だんだん彼女の腰が動きだしてしまった。

ローションのせいか滑らか過ぎて締まる感じがしない。

「んんん~~~~」

しかし、彼女の声が高くなった。

「やぁ~だ~・・・・やぁぁ~~だ~~。」

ミユキさんは不思議な言葉を繰り返し言った。

さっきまで遠慮してたTシャツをめくる。

形良いオッパイが現れた。

右手を乗せると彼女の手がその上に乗ってきた。

やわらかくて気持ちいい。

乳首に口をつけたとき、彼女の腰が激しく上下した。

「だめだ、出ちゃう。」

俺の言葉に彼女は大きくゆっくりと腰を振ってくれた。

物凄い快感のなかで射精した。

彼女が抱きしめる力を緩めてくれない。

ゆっくりと腰を引きちんこを抜いた。

「どうだった?何も変わらないでしょ?」

うつろな感じで彼女が聞いた。

・・・・・明らかに違う。

そう思った。

「最高でした。

ホント最高でした。

・・・・ヤギの目じゃないですよ、ミユキさん素敵でした。」

「ちゃんと私もいったよ。

でも、もう駄目。

これ以上は恥ずかしくなってきたから駄目。」

そういってシャツとジーンズを着てしまった。

「????どういうことですか?」

萎えたちんこにコンドームやヤギの目が付いたまま尋ねた。

「ヤバイって思ったの。

途中でヤバイって思ったの。

このままヤラレたら好きになりそうって思ったの。

好きになっちゃたら止められなくなっちゃうでしょ。

でも、オッパイ見られた時恥ずかしかったからまずいなって思ったの。

もうこれ以上は駄目って。」

「俺良かったの?」

「そうじゃなくて好きになりそうなの。

・・・だからこれっきりにしてね。

お願いだから。」

なんだか、経験豊富な人妻から、純真な女性になったような言い方だった。

「はい、ミユキさん家庭ありますからね、大事にしてください。

俺、ホント嬉しかったです。

最高です。

もう変質なことしません。

約束します。」

彼女に気持ちよく約束できた。

それから3日後くらいにご主人と子供が帰ってきて、その日のうちに電灯が消えてテレビの明かりがついた。

俺は自分の部屋でやっぱりミユキさんを想像してセンズリをした。

オススメエッチ体験談


フェラでイケなかった俺がヤリマン女にあっさりイカされた話

友達に見られながらセックスしてしまった修学旅行でのエロ体験

大型トラックの運転手してた俺が家出少女拾ってセックス旅行にwwwwwww


転勤先で子持ちの美脚人妻さんと中出しセックスできたンゴwwwwwwwww

姉御肌で巨乳な元同僚の人妻さんのビラビラを目撃wwwwwwww

会社の売り上げは下がってるけど、社長の性欲処理をする私のボーナスはアップwww

他の男にフェラして顔射されてる彼女が映ってる動画発見wwwwwwww

後悔・嫉妬・興奮・・・。色んな感情が混ざった伊豆旅行体験

ノルマ達成のために身体を売る女性行員とのセックス体験

友達に見られながらセックスしてしまった修学旅行でのエロ体験

夫の弟と関係を持ってしまったために言いなりになってしまう情けない私の話

妻がAVに出演して大量のザーメンを中出しされていた話

兄貴の嫁さんがオレと兄貴を間違えてセックス誘って来たからそのままヤッちまった話

淫乱な新人保険レディを性処理の道具のごとく犯した話

父兄会の役員で行った慰安旅行で野球拳。口止め料代わりにフェラする妻・・・

ヤンキーだった女に「オマンコ気持ちイイの」とか言わせる喜びったらねぇ・・・最高なんですよww

先輩に寝取られた妻が中出し&痙攣。。。それに興奮する自分って・・・

バイト先の旅館の女将さんがヤクザ風の男二人にムリヤリ犯されてるのを目撃した話

自虐プレイを楽しむ私の危険で変態的なオナニー体験談

【野外露出体験】何も持たずにハダカで歩いてきたんで報告します。

【スワッピング体験】知らない夫婦と妻を交換してセックスした話

露天風呂でオマンコ披露w初めてのアナルに挑戦したけど痛かったですwww

幼馴染のねーちゃんのパンチラみてたら幼馴染にばれて、手と口で抜いてもらった話

後輩のPCを見たらエロフォルダがw女友達のハメ撮り画像いっぱいwwwwwwww

W不倫で最高のエッチ♪もう旦那とのSEXは受け入れられません・・・

駅での思わぬ出会いは18歳短大生でした

ゴツゴツした体格の彼はあそこも硬かった出会い系体験談

恥ずかしいのですが私の男性経験は主人だけでした

「家に帰りたくない。何処かに連れて行って・・・」と懇願するパートの女性

新人研修の打ち上げで人事部長に抱かれました

新婚旅行に行ったら処女を外人に奪われた話

私は昔から大の熟女好きです

妻の友達と3Pをした時の思い出

彼女は調教されてM女だった

コスプレ、ハメ撮り、何でもありなセフレ主婦

たまには乗られてみようと思い、そうなるように持ち込んでみた

垣根越しにお隣の旦那と逢引

見た目はお嬢様なのに性欲が強い出張先の黒髪OL

私の秘書でもある部下の妻に罠をかけて・前編

私の秘書でもある部下の妻に罠をかけて・後編

ドSな元妻と3年ぶりにセックスして離婚を悔やんだ

ぽちゃの人妻と姫はじめ

個室居酒屋でドMな奥さんに中出し

ビッチな彼女のおかげでお嬢様の処女をいただけた

会ったばかりの男に中出しさせる24歳の妊婦

従妹と結婚することになった大好きだった先輩

一度だけSMを体験してみたい、リクエストに応えて

隣に住むハーフの人妻と初体験

採用した人妻に一目惚れされ、やりまくったあげく・・・

取引先の人妻パートさんと倉庫でエッチ

温泉旅行で、俺の友人の巨根でいきまくった妻に興奮

バイト仲間の女の子をお持ち帰りしたら、すごい名器だった

ノーパンノーブラの妻がレンタルビデオ店でジロジロ見られて・・・

飛行機が欠航になったおかげで、バツイチ熟女と一発できた

結婚式に行く姉のパーティドレス姿に欲情して・・・

オススメエロ画像


愛音まりあ 絶対的美少女の自撮り&セックス画像 146枚

溜まった子種汁を少し減らすための三次元エロ画像寄せ集め 75枚

巨尻ギャルのハメ撮り顔射セックス画像まとめ 73枚

溢れ出たマン汁を逃さないクンニ画像まとめ 72枚


佳苗るか 美尻でDカップ美乳なロリカワ美少女画像 200枚 その2

更年期で勃ちにくいから勃ちやすい三次元エロ画像寄せ集め 75枚

チンコ咥えたままオナニーするエッチな貧乳素人さんのハメ撮り画像 105枚

たとえ蒸れてたとしても顔をうずめたい美尻画像 72枚

宮崎あや 巨尻で美乳な黒髪の美少女画像 200枚

涼川絢音 キュートなEカップ美少女画像 200枚その3

蓮実クレア ドスケベFカップ美女の画像 200枚

長瀬茜 Eカップのグラマラス美女画像 141枚

竹内真琴 エッチな猫好き微乳お姉さん 156枚


関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 痴● 全裸 父子●姦 スカ●ロ 安全日 シ●タ ビキニ 無防備 逆レ●プ バレないように 妻の過去 妻の友達 オシ●コ 獣● DQN トラウマ 肉●器 二穴 ラッキースケベ 還暦 ママ友 お客 バイアグラ 土下座 マット サッカー部 剣道部 友達の妻 お盆 妻の姉 M字開脚 隠し撮り  相互鑑賞 美容師 3P 本気汁 男の潮吹き 上司の嫁 地味 イメプ 性接待 オナホ キメセク 聖水 メイド 手錠 ボーイッシュ 近所 貝合わせ リスカ 再婚 近○相姦 姉の彼氏 美少女 お局 医師 クスコ 豊満 兜合わせ ベランダ 脱衣 モテ期 穴兄弟 メガネ マニア 鑑賞 素人 美術部 ギャップ 顧問 マンスジ 講師 新婚 ヘタレ テント 自撮り 後輩の彼女 神社 喧嘩 ノンケ 春休み タンポン 愚痴 アクメ レ○プ 団地妻 性教育 プレゼント デリヘル嬢 尾行 チンぐり返し ストッキング ゴルフ ドレス 教育実習 ボランティア 接骨院 SM スカウト 背面座位 染みパン アフター 不妊症 釣り 先輩の母 騎上位  ストレス 逆痴● リハビリ ハミ毛 テニス アヘ顔 メンズエステ 実家 金髪 放置プレイ 回春マッサージ OL シングルマザー 花見 避妊 グラドル 相互オナニー 4P 恋人交換 写真 遭遇 姫初め マジックミラー オーナー 目の前 グラビアアイドル 台湾人 友達の奥さん 挑発 罵倒 性生活 ニーハイ チンカス 弁護士 首絞め 独身 初夜 継母 帰省 黄金 流出 北海道 一人暮らし  エロ動画 拡張 パワハラ スケベ椅子 アラフィフ ボーナス 逆●漢 台湾 DJ 寝起き 倦怠期 ホットパンツ パジャマ スケスケ ぎっくり腰 小悪魔 手術 ムチムチ 喪女 オムツ コテージ 発見 隠撮 マンぐり返し 唾液 租チン 便秘 鼻フック ブサメン 添乗員 ヒッチハイク キチガイ  ゴルフ場 見せ合い M字 自転車 彼女もち イベント マイクロビキニ 友達の夫  貧乏 即ハメ 生保レディー オーストラリア 新幹線 フェス 直穿き 小柄 タイツ リア充 ボクシング部 夫婦喧嘩 エレベーター パパ友 役員 イメプレ 苦痛 元カノの妹 M男 将棋部 背面騎乗位 ペット 婚活 屈曲位 黒髪 社長夫人 恐怖 Fカップ エロゲー お姉さん トラック 出会い喫茶 美尻 ライブ ナプキン レ〇プ 自虐 バキュームフェラ ジョギング エロ写メ 言いなり 上司の妻 ロープ 左遷 唾液交換 俳優 ガムテープ  婚約者  先輩の奥さん エロなし チアリーダー 柔道部 上司の奥さん マラソン バレー部 フツメン 床上手 流産 姉の夫 M性感 別荘 ライブハウス 女湯 エロ漫画家  ペニスバンド 団地 姉妹●姦 臭い グラマー 割り切り 弓道部 ホテトル 皮オナ スパッツ 搾乳 ぱふぱふ ギター 産婦人科 夫の兄 回春 立ちション 韓国 喪男 ハワイ 体育館 盲腸 男性恐怖症 フィリピン人 仁王立ち エロ画像 ふたなり ご奉仕 潔癖 友達の旦那 警察 新年会 エロゲ 女神 現地妻 オナペット  無精子症 隠しカメラ マッチョ スポーツクラブ 電話中 ハプバー 三角関係 イジメ レオタード 免許 腕枕 集団 ノロケ 無修正 お見合い ブラチラ ハメ潮 主人 性感帯 チャイナドレス ロリ系 う●こ 金持ち 夫の同僚 ニート ペニクリ 臭いフェチ ボンテージ ファザコン スカイプ エロ本 竹刀 元嫁 両親 友達の父 子作り タレント 閉経 野菜 露天 竿付き フィギュアスケート部 プロレス 鷲掴み 夫の上司 寝落ち 星姦 乱暴 オキニ 相互 転校生 蟲姦 オリモノ 腰痛 ローライズ 便器 デルヘル 興奮 インフルエンザ ぶっけけ 擬似レイプ カミングアウト ハイボール アスリート女子 マッサージ師 出禁 おもてなし 帰宅 読者モデル タダマン ワカメ 禁欲 麦茶 腐敗 ドクター 生き別れ 自慢 イカ臭い まんぐり返し 流行 片思い びっぷら 出張ホスト たまごっち ボーリング 使用済み 沖田杏梨 介護職 飯岡かなこ 辻本杏 出勤前 ボディービルダー ゴミ箱 塾講師 自尊心 美肌 ヤリ目 大家 ラブレター TV電話 クォーター バレンタイン 相部屋 姉妹相姦 ボディービル 弟の妻 メガネ屋 マリッジブルー 先輩の妻 人助け カマトト 地雷女 処女膜 かりまん 母の妹 15P 出合い系 阿鼻叫喚 リフレクソロジー オプション 地獄 ネパール人 助手 テクニック 職権乱用 ポッチャリ ファン 無料 泥沼 性感エステ ケツ毛 洗濯バサミ オタク女子 キモメン 草食系男子 脇舐め 看板娘 主張 密会 号泣 パイチラ 悲惨 近●相姦 婚約 目覚ましフェラ ネットH  勇気 マイナー 他人棒 おへそ フタナリ 中性 健全 ラノベ 気絶 パトロン せどり 祖母 紳士 吊り橋効果 焦らしプレイ 同伴 性上位 種違い 竿姉妹 訪問販売 近○相○ 友達夫婦 全身リップ 韓国エステ パーカー シラフ インドネシア人 同性愛 口臭 避妊リング キッチン ポロリ 上目遣い 一気 バージン おねしょ バスケ 性○隷 ランデブー ハードセックス 彼女の弟 介護 日系ブラジル人 絶縁 バナナ バスタオル 男子禁制 パラダイス IUD 宴会芸 長ネギ 寝起きドッキリ 保育園 チキン 宿題 配信 チンピラ 乳がん 母子家庭 オーディション バイブフェラ 共依存 水泳教室 女子プロレスラー 無臭 ローカルテレビ ブーツ メス豚 処理 汚物 精液便所 屈辱的 診察台 四つんばい バストアップ 悪酔い ちんぐり返し ピーナッツ サランラップ 仲居 伊豆 脱サラ 東京 お花見 義理の娘 恋人 谷間 おあずけプレイ 射精管理 エアロビクス 支配 お祝い 妻の友人 背徳感 嬢王様 料理教室 神秘 我慢 人参 胸糞 ブラック企業 想定 正月明け ノルマ 体操部 失笑 儀式 企画 サドル チア部 悶絶 同時イキ 親切 セリクラ 同期の妹 芸能事務所 彼女の父 校長 メタボ カナダ マンカス ママ 染み 股間 塩対応 ニーソ 貸切 穴あきパンティ 仕事  新婚初夜 無礼講 控え室 発熱 知り合い 歳下女子大生 夏フェス 元ヤン 筋肉フェチ  ニューカレドニア 乳首舐め 性同一性障害 サイクリング ネイリスト パリ ソープ嬢 寝盗られ 顔舐め 編みタイツ バット 引き籠もり カウンセラー ひとり暮らし 狸寝入り 音声 お小遣い ギャル男 サーファー 万馬券 飛行機 婚前 森ガール 憧れ 精液検査 退職 牛乳 会長 ハシゴ 公認 試験 限界 おなら 宿直 アダルトグッズ 無抵抗 ビーチボール タトゥー 犬プレイ 美容院 委員会 ハダカ 添い寝 MオンナS男 図書委員 後輩の男友達 ジーパン 後輩の妻 倒産 逆セクハラ カツアゲ 交尾 中だし 風習 10P マンコ 半陰陽 胸毛 日焼け 録音 男湯 芸能  美少年 壁ドン 生本番 社員 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 シンママ 母子交換 狭射 サンタ 彼女の過去 社長の息子 スノボー 婿 テレビ 密室 チアガール スロベニア人 妊活 読モ バドミントン部 卓球部 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 義息子 娘の夫 従姉妹の彼氏  不妊治療 トップレス すっぴん 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン ボクサー アメフト部 バレーボール部 絶叫 正座 イメチェン オナネタ 彼女不倫 先輩のセフレ B専 おままごと t乱交 パプニングバー 下ネタ 研修 チクニー 友達の叔母 実験 シックスナイン 頬ずり 台所 旦那の弟 行水 同期 彼氏交換 ゴーヤ  虐め SNS 軽蔑 ごっkん 生理不順 ハイレグ  プリクラ 山岳 ジジイ 乳コキ スナックのママ トレーニング ストリッパー OB 断捨離 百合 兄の娘 兄弟 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch 生徒の母 先輩の婚約者 心身 指フェラ ポニーテール 新婦 スクール水着 従姉妹の娘 ハゲ 友達の家 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 食事 テスト勉強 レディース カンボジア 暴発 事務 色弱 生意気 ウェディングドレス スノーボード 初潮 年始 SMクラブ エクササイズ キャットファイト セックス依存性 白髪 保護 出前 角オナニー  留守番 初対面 腐れ縁 空家 リンパ 貯金 下品 サクラ 音信不通 アメリカ ケジメ 出会い 部室 テニススクール シミ付き セカンドバージン 元旦 中継 馬鹿 プラトニック 小説風 ポカリ バンガロー 排泄 チーママ 女優 不満 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 逆ギレ お化け屋敷 整体師 コスプレ巨乳 武勇伝 自暴自棄 キス魔 靴なめ フィジー 制裁  交換 マンション 喘息 ムチ ローソク 社長婦人 老婆 ユルマン ぢゃ性 ハイグレ 70代 姉妹交換 渋滞 早熟 黒タイツ むっちり 廃墟 アナルファック 大学受験 通勤 セフレの友達 フェラテク 本気 ボクシングプレイ ホームセンター 27P セフレ交換 賞品 くじ引き 不潔 検査 お清め 苦情 ソフトテニス部 利子 寄付 自棄酒 敬語 セミプロ 婚活サイト 報告 恨み 処女初体験 サプライズ 夫の従兄弟 出血 下宿 パフパフ 足ピン オン欄 逆玉の輿 twitter ヘルパー 狂気 監視 看護学生 クリーニング 貸出 猫耳 帰国 貧乏神 白衣 セックス依存症 精神科医  レストラン 腋毛 上級生 ガーゼ  介護士 フィリピンパブ 自縛 マジキチ けじめ 覚醒 人間不信 GloryHole 知的 インテリ チン蹴り サスペンダー スワッピングクラブ お店 ぼったくり レディコミ ガン 肩書き 同い年 友人の嫁  コレクション 収集 鮫肌 ハローワーク カレー屋 パンパン 姉の同級生 コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 ラーメン屋 女店主 男子校 バツ2 叔母さん 謝罪 アイマスク キュウリ 娘の担任 シングルファザー コーヒーショップ バンコク インモラル 社長の娘 サッカー少年団 摘発 ダブルブッキング ペンション 保護者会 オジサン 半勃ち ヤンママ 白ギャル ボクっ娘 バニーガール Skype キャッチ 寝顔 葬式 テニスコート で四つん這い 鍋パ ジャージ 運動会 浮気相手 娘の元カレ おなべ シ○タ 脚フェチ 眼鏡 シンガポール 不眠症 医学部 伏せバック 友達の兄 車検 

フリーエリア