HOME > 【男性視点体験談】 > 淫乱な新人保険レディを性処理の道具のごとく犯した話
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


淫乱な新人保険レディを性処理の道具のごとく犯した話

関連体験談 :輪姦淫乱痴女複数生挿入中出し職場
ある日、いつもと違う生保レディが職場に訪れた。

昼休みを目掛けて、俺の唯一楽のしみ、

安眠を妨げる生保レディが正直ウザったく感じていた。

しかも、若い娘ならいざ知らず、

年配で無理に色気を演出した俺の部署担当の生保には

いささかウンザリしていた。

なので、いつも寝たフリを決め込んでいた。

一応、そのオバサン生保会社の保険に加入していたのだが・・・。

それがある日、違う女の子を連れて生保オバサンが訪れた。

「明日から担当が替わります・・・」

そう紹介された女の子は、ゆかりという。

「はじめまして、よろしくお願いします・・・」

濃紺のスーツに身を包んだその生保レディは、

控えめな笑みで俺に挨拶した。

運悪くこれから昼寝するぞ!という矢先に二人は現れ、しかも俺以外に事務所

には誰もいなかったので、俺が対応する羽目になってしまったのだ。

しかし、そのゆかりはおよそ生保レディには似つかわしくない、妙な色気を

持っていた。

彼女相手なら、昼寝せず適当に対応していた方が楽しいかも知れない。

そう考え、応接テーブルへ導いた。

テーブルを挟んだ二人掛けのソファへ腰を落とした二人だったが、オバサンは

ハンカチを膝に置き、スカートの中を覗かれないようガードした。

しかし、ゆかりはミニのタイトスカートにも関わらず、それをしなかった。

その時は、どういう意図か深く考えなかったが、今となっては・・・。

「今度、新しいお得なプランが発売されまして・・・」

オバサンは、早速テーブルの上にパンフレットを並べると、聞いてもいないの

に説明し始めた。

ゆかりは、その横で時々相槌を打ちながらパンフレットに視線を落としていた。

しかし、俺は・・・ゆかりの膝が正面にあり、スカートの中が見えそうで気が

気ではない。

(わざとやってんのか?こいつ・・・)

そう感じられずにはいられない。

合わせた太腿とスカートが作り出す逆三角形の隙間の奥・・・。

「じゃあ、ゆかりちゃん、続きをご説明して・・・」

オバサンの言葉に

「はい・・・」

と、可愛らしい声で答える。

「今回の商品の特徴は・・・」

ゆかりの説明に俺はは上の空だった。

スカートの奥に加えて、前屈みになったゆかりのブラウスの中の胸元がチラチ

ラ見えるのが気になる。

しかもそこそこバストがあるらしく、谷間がクッキリしていた。

俺は唾を飲み込んだ。

「いかがでしょうか?」

どうやらひと通り説明が終わったらしい。

俺はゆかりを前に妄想の世界に浸っていたので、その言葉に我に返る。

「えっ?あぁ・・・そう・・・」

「ちゃんと聞いてました?(笑)」

ゆかりは笑いながら俺にそう言った。

昼休みも残り5分を切り、二人は新しい生命保険商品の俺に対するシュミレー

ションプランと名刺を残し去っていった。

帰り際、ゆかりは

「今後、私が担当させていただきます。御用がありましたらいつでもお電話く

ださいね^^では、失礼します・・・」

と言い残し事務所を後にした。

就業時間が過ぎ、今日は早めに帰ろうとデスクを片付けていると、書類の下か

ら昼間のパンフレットと名刺が出てきた。

「ふ~ん・・・」

オバサンの名刺は捨て、ゆかりの名刺を手に取ると裏返してみた。

すると

『090○○○○○○○○ 保険以外のお話でも電話してくださいね』

と、妙な手書きが目に留まった。

こんな書き込みをする生保レディなんて今までで初めてだ。

会社を後にし、私有車に乗り込むと、俺はゆかりの携帯に電話してみた。

『昼間の保険のことで・・・』

そう切り出し、これから会う方向へ持っていこうと目論んでいたが

「これから会えません?」

そう言ってきたのはゆかりの方だった。

そこで会うことになった。

結局俺が車で迎えに行き、ゆかりを拾った。

生保レディのくせに保険の話を切り出すと

「そんな話いいじゃありませんか(笑)もうアフター5ですし・・・」

驚くことにゆかりはそう言った。

「じゃあなんで会ったの?」

「誰か会社の若い男の子紹介してくれませんか?」

「別にいいけど、保険の斡旋で?」

「それもひとつ・・・」

「他に何か目的でも?」

「それはこれから過ごす時間でわかりますよ(笑)」

明らかに妖しい雰囲気だ。

ひとまず食事しながら・・・と、考えていたプランが全て変更になり、話は早

い方向へと進む。

取り合えずドライブすることになった。

お互いのことを色々話し、ゆかりがどういう女性なのか見えてきた。

ゆかりは人妻だった。

そして、年齢は29歳。

「帰らなくて大丈夫なの?」

「平気、旦那には夜も営業ある、って言ってあるから(笑)」

「そうなんだ・・・いつもこんな風にお客さんを誘うのかい?」

「うぅん・・・気に入った人と若い男の子だけよ」

「じゃあ、俺は気に入られたんだ(笑)」

「そう^^」

特に目的地を決めていたわけではないが、気がつくと山道を走っていて、時々

デートで夜景スポットとして訪れるパーキングに車を停めた。

「素敵なところですね・・・わぁ~!綺麗!」

すっかり陽は落ちていたので、眼下に広がる街の光が綺麗だ。

「昼間、パンツ見えそうだったぜ(笑)」

「やっぱり気づきました?何となく視線感じてたからドキドキしちゃった」

「でも、ちゃんと保険の説明してたぜ」

「えっ?ぐだぐだでしたよ(笑)さては、真面目に聞いてないでしょ?」

「うん、ゆかりちゃんの胸元とスカートの奥が気になって・・・」

「やっぱり・・・」

「ドキドキ、イコール感じてたりして(笑)」

「ここが疼いちゃってたかな?」

そう言うと、ゆかりはスカートを上げた。

「ほら・・・ここ・・・」

そして、股間を指差す。

「どれどれ・・・この辺?」

俺はゆかりの股間に触れた。

「あんっ・・・そう、そこ・・・」

パンストの上から柔らかな恥丘をツンツン突付く。

「ここなんて一番疼く場所じゃない?」

クリトリスの辺りを擦った。

「いやんっ!どうしてわかるのっ?」

「経験だよ(笑)」

「大人の人のそういうところが好き(笑)若い男の強引さも堪らないけど」

「エロいんだね・・・旦那は知ってるの?」

「私がこんなにエッチなこと?・・・きっと、そうだと解ってると思うよ」

「心配しないか?」

「すごい、心配するよ(笑)知らないところでこんなことしてるんじゃない

か?って、想像してると思う」

「悪い女房だね」

「そう!私は悪いわよ(笑)超エッチだし」

「こういう作戦で営業成績上げてるんだろ」

「それが意外にそうでもないの・・・」

「だろうな(笑)」

そんな会話をしながらブラウスのボタンを全て外し終え、キャミソールを捲り

上げた。

ブラの中へ手を滑り込ませると、乳首は完全に勃起していた。

「こっちも相当感じてるね」

「うん・・・」

「シート倒せよ・・・」

ゆかりは言われたとおりシートを倒し、横になった。

「靴を脱いでシートの上に四つん這いになって」

言われたとおりにする。

俺はスカートを腰まで捲り上げると、パンストを引き下ろし、続いてパンティ

も下ろした。

「えっ?いきなり?」

ゆかりが驚いて振り返る。

「こういうの嫌いか?」

「うぅん・・・大好き(笑)」

パンストとパンティを片脚だけ抜き去る。

ブラのホックを外し、たくし上げると乳房が零れ落ちた。

垂れ下がる乳房を持ち上げるよう揉みしだく。

「あっ・・あんっ・・」

更にオマ○コに手を伸ばすと、溢れんばかりに濡れていた。

「はしたない女だな・・・旦那が家で待ってるのに(笑)」

「いやん・・・意地悪言わないで・・・」

「仕事のスーツのまま、車の中で四つん這いになったりして・・・」

「ぁああぁぁ・・・」

「契約取りたいのか?」

「は、はい・・・」

「それはどうかな?(笑)俺が新しい契約拒否ったら、ここで終わりか?」

「えっ!?・・・それはだめです・・・」

「どっちが?契約拒否が?」

「うぅん・・・エッチが(笑)」

「淫乱女!」

指を挿入。

「あーーーーっ!!」

ゆかりが身をよじる。

「顧客のチンポ、何本ここに咥え込んだんだ?」

「わ、わかりませんっ!」

「そんなに大勢なのか」

「は、はい・・・」

蜜壺の中から掻き出すように指を出し入れしてやる。

ブチュブチュといやらしい音と共に、蜜が飛び散った。

「いやっ!そんなに激しくしたらだめっ!」

「客にそんな口きいていいのかな?」

「ご、ごめ・・・すみません!!」

「許せないな・・・」

「も、申し訳ございません。どんなお仕置きでも受けます」

「ドMだね(笑)」

「はい・・・」

その後、俺は後ろのシートへ移動し、下半身裸になった。

すると、ゆかりは勃起したものを美味しそうに頬張る。

「たくさん奉仕できたら、これを後ろの口に食べさせてやるからな」

「んぐぐ・・・んぷっ・・はい、お願いします」

たっぷり奉仕させ、陰茎がゆかりの唾液でドロドロになったので、後ろに回った。

しばらく挿入せず、亀頭を陰唇に擦って楽しんでいると

「お、お願いです!そんなに意地悪しないで早く挿入れてください!」

ゆかりが懇願するので、そのまま一気に挿入してやった。

さすがにこれで営業してるだけあって、ゆかりの中は心地よかった。

「おぉ・・・いいもの持ってるな(笑)」

「ありがとうございます・・・あっ!あっ・・・」

俺は激しくピストンし、ボリュームのある尻に白濁の液をぶちまけた。

ゆかりは、そのままシートに崩れ落ちた。

体を張っての営業(?)だし、説明された保険の中身もそこそこよかったの

で、更新してやることにした。

帰りの車の中で

「明日、契約してやるから書類持っておいでよ」

と、ゆかりに伝えた。

「本当?ありがとうございますっ♪」

「それと、若い独身も一人紹介してやるよ」

「わぁ!嬉しい♪♪」

最初待ち合わせた場所でゆかりを降ろした。

「それじゃ明日な」

「はい、必ず行きます!」

そう言ってゆかりは去って行った。

次の日、ゆかりは約束どおり昼休み一番にやってきた。

差し向かいで座ると、相変わらず無防備で昨日以上にスカートの中を見せて

サービスしてくれた。

昨夜のカーセックスを思い出し、股間の息子が疼き出す。

ひと通り保険の説明を再度受け、最後にサインをし印鑑を付いた。

「本当にありがとうございます!」

「約束だからな・・・」

「はい!」

ゆかりは、まだ何か言いたそうに満面の笑顔で俺を直視する。

「まだ何か?」

「もう!意地悪しないでください」

「わかってるよ・・・お~い!西村君!」

その西村という部下は年齢は29歳。

昨年から俺の下でスタッフとして働いていた。

西村には、事前にゆかりのことを話しておいてあった。

保険の勧誘で昼に訪れること、そして若い男が好きな淫乱であること・・・。

「はい、係長・・・」

西村が俺の隣に腰を下ろした。

俺はゆかりに西村を紹介してやった。

「後は二人でよろしく」

そう言うと席を外した。

俺は自分のデスクに座ると、寝たフリをした。

実は、今日は土曜日で会社に出勤したのは俺と西村の二人だけだった。

特に仕事が溜まっていたわけではない・・・わざわざゆかりのために出勤した

のだった。

二人は何やら顔をつき合わせて話し込んでいた。

所々聞こえてくる単語から察すると保険の話らしかった。

聞き耳を立てるつもりはなかったが、二人の会話が気になる・・・。

すると

「係長の睡眠の邪魔になるから、隣の会議室に行かないか?」

西村がそう提案していた。

薄目を開けて二人を見ると、静かに事務所を出て行った。

いよいよかな・・・?

静寂の事務所の中で俺はしばらくボーとしていた。

すると、遠くで”ガタンッ”と音が聞こえた。

俺は立ち上がった。

今いる事務所と会議室の間に給湯室があり、給湯室からそれぞれの部屋へ入る

ドアがある。

俺は事務所から給湯室へ静かに移動した。

そして、会議室のドアに耳を当て、中の様子を伺う。

「ちょ、ちょっと待って・・・ここじゃダメッ!」

ゆかりの声。

「何言ってんだよ、さっきから散々パンチラ見せやがって今更・・・」

どうやら二人は揉めているらしく、西村がゆかりを襲っているのは歴然だった。

「いやっ!やめて・・・」

ゆっくりドアのラッチ音が鳴らないよう、ドアノブを回し5センチほど隙間が

できるよう開いた。

中を覗く・・・。

すると、西村はネクタイを首から抜き、解かずにその輪でゆかりの両手を後ろ

手で縛り上げていた。

「いやだったらっ!」

ゆかりは本気で嫌がっているらしい。

おそらく突然襲われたことに混乱し驚いているのだろう。

「静かにしろっ!」

西村はゆかりをテーブルにうつぶせに押し倒し、タイトミニを腰まで捲り上げた。

「あっ!!」

「少し静かにしろよ!」

西村はポケットからハンカチを取り出すと、それを丸めてゆかりの口に押し込

んだ。

「んぐ・・・あぐ・・・んんん・・」

そして、パンストを両手で掴むと一気に左右に引き裂いた。

ビーーーーッ!!

「んーーーーー!!!」

(今日来る生保レディは簡単にやれるぜ・・・)

そう、西村に言っていたが、まさかここまでやるとは考えなかった。

正に強姦だ・・・。

「尻、モゾモゾ振りやがって・・・やられたいんだろ?淫乱女!」

罵声を浴びせている。

そしてパンティを掴むと一気に足首まで下ろした。

「んっ!!!」

昨夜は暗い車内でわからなかったが、ゆかりの尻は透き通るほど白く、ボ

リュームがあり、窓から入る日差しに照らされて輝いていた。

俺の息子がムクムク頭を上げる。

「エロな~お前(笑)」

西村はゆかりの後ろにしゃがむと尻を鷲掴んで左右に開き覗き込む。

「あーっ!堪んねぇ~!」

そして、尻に顔を埋めた。

激しく頭を振る西村。

「んふっ・・・あふんっ・・ん・・んんん・・・」

上半身の自由を奪われたゆかりは突っ伏したままテーブルの上で悶えた。

西村の激しい責めに、ゆかりの足は中に浮き、完全にテーブルに上半身に身を

横たえている。

やがて西村は立ち上がると、スラックスとパンツを脱ぎ、下半身裸になった。

驚くほど大きく立派なペニスが上を向いている。

(すげぇな・・・あいつ・・・)

俺は思わず息を呑んだ。

(ゆかりの奴、死んじゃうかもな・・・)

「おい、いつまでそこで横になってんだよ!」

西村はそう言うと、ゆかりの髪を掴んで体を起こした。

乱暴に立たせると、一瞬ゆかりは倒れそうになったが、それを支えそのまま頭

を押さえ付けてゆかりを膝間付かせた。

「大声出すなよ!」

ゆかりは2,3度頷いた。

口からハンカチを引き抜き、後頭部を掴んで股間へ引き寄せる。

「しゃぶれ!」

半泣きのゆかりは頬に涙を流しながら、小さな舌を精一杯伸ばして、西村のペ

ニスを舐め始めた。

「満遍なく舐めろよ・・・」

言われたとおりに奉仕するゆかりは、健気に見える。

根元から亀頭に掛け、丹念に何度も舐め上げる。

「よしよし・・・いいぞ、上手だ・・・」

西村は天を仰いだ。

「玉もな・・・」

ゆかりは背中を丸め、見上げるように玉をチロチロした。

「咥えろ・・・」

ゆかりは太い西村の破壊的なペニスを頬張る。

ジュプジュプ音を立て、頭を前後させるゆかりの口から涎が滴った。

西村の両手は、ゆかりの胸へ伸び、ジャケットを肩から落とすと、すかさずブ

ラウスの前を引き裂いた。

ボタンが床に飛び散る。

まるで後先を考えていない。

キャミソールを引っ張り上げ、ブラも強引に引き上げると、大きな乳房が零れ

落ちた。

それを滅茶苦茶に揉みほぐす。

乳首を摘んで前に引っ張る、抓る・・・やりたい放題だ。

「そろそろぶち込んでやるよ・・・」

その言葉を受けゆかりは、頭を激しく左右に振った。

どうやら奉仕までは我慢できても、挿入だけは嫌らしい。

「欲しくないのか?」

西村の言葉にゆかりは恐る恐る頷く。

「じゃあ、欲しくしてやるよ!」

西村はゆかりを床に押し倒し、すかさず腰を掴むと持ち上げた。

「んっ!!」

無理矢理、四つん這いにさせられたゆかりは、更に尻を持ち上げられ、西村の

方へ突き上げる格好になった。

後ろ手に縛られているから、かなり辛い体勢に見える。

それでも容赦しない西村は、両手を尻に伸ばした。

そして、躊躇なく指を挿入すると激しく掻き回す。

「んんっ!!んん・・・・んぐっ」

そして、もう片方の手はアナルに伸びた。

「ここの穴も好きなんだろ?」

ゆかりは床に頬を擦り付けるよう頭を左右に振る。

「嘘つけっ!お前のような女はここが特に好きなはずだ・・・」

そう言うと、唾液をアナルに垂らして潤滑油にすると、ゆっくり挿入した。

声の出せない絶叫を発するゆかり。

アナル処女だったのか?・・・。

「おっ!段々ここも緩くなってきたぞ」

西村の笑みは悪魔そのものだった。

やがて、ゆかりはようやくハンカチを吐き出した。

「やっ!やめっ!!」

「うるさっ!!」

西村の手の動きが速くなる。

「あっ!あ、あ、あ、あ、あ、あぁぁぁ・・・だめ・・・だめ・・・」

「何がダメなんだ?」

「出、出ちゃう・・・」

「潮でも吹きたくなったのか?」

「わかんないっ!おしっこ出そう!!」

「出せばいいだろ!」

「いやっ!お願い・・・もう許してっ!!」

「嫌だね・・・」

「だめーーーーっ!!」

そして、ゆかりは床にたっぷり潮を吹いた。

「あ~ぁ・・・会社の会議室汚しやがって・・・」

「・・・・・」

「俺もそろそろ我慢できなくなってきたからこいつを挿入れてやるぞ」

「嫌っ!!」

「逃げられたら許してやるよ」

その言葉を受け、ゆかりは這って逃げようとするが、両手の自由が利かないの

で思うようにいかない。

「無駄だよ、諦めろ」

西村はゆかりの尻を掴むと腰を押し当てた。

「ほら、当たってるのわかるか?今からこいつをぶち込んでやるからな」

「いやーーーーっ!!」

西村はペニスを握ると、膣口へ押し当てた。

ゆかりは尻を振って逃れようとするが、無防備な上に体の自由が利かない。

「行くぞーーー!!」

西村は腰を強く前へ押し出した。

「あっ!!!」

あんなに大きくても挿入ってしまうものなんだな・・・俺は感心した。

「いやっ!うっ!・・・あっあっあっ」

西村は激しくピストンした。

「だめっ!壊れちゃう!死んじゃう!!」

「おぉ・・・お前、なかなかいいじゃん!」

ゆかりの言葉など耳に入っていない様子で腰を振り続ける。

「さぁ・・・どこに出す?やっぱ中か?」

「えっ!!??だめだよっ!中は」

「いちいちうるさいな・・・じゃあ、中にやるからしっかり飲み込め」

「いやっ!だめっ!本当にお願い!!」

「大人しくしろよ・・・今、いいとこなんだから・・・逝きそうだ・・・」

「いやっ!」

「あぁ・・・出そうだ!逝く・・・逝くぞ!」

西村の腰の動きが尋常じゃないほど小刻みに前後する。

そして一瞬、止まった。

どうやら射精したらしい。

ゆっくり引き抜いては素早く突き刺す・・・そんな動きを何度かした。

そして、引き抜いた。

二人は床に崩れ落ちる。

一部始終を覗き見て、俺のペニスははちきれんばかりに勃起していた。

すると西村が起き上がり

「係長~!やっちゃいました(笑)」

と、叫んだ。

その言葉を切欠に俺は会議室へ入った。

俺を見て西村は照れ笑いを浮かべている。

「お前、ちょっとやりすぎじゃないのか?(笑)」

「えへへ・・・」

ゆかりは目に涙を一杯浮かべて俺を見上げると

「わ、私・・・何がなんだかわからないです・・・助けて・・・」

と言った。

「これが望みだったんでしょ?」

「こ、こんなこと・・・」

「俺も我慢できなくなっちゃったよ・・・」

そう言いながら俺もスラックスとパンツを脱ぎ捨てた。

「ほら・・・」

ゆかりは諦めの表情を浮かべている。

絶望と言っても過言ではない・・・。

「昨夜の車でのことも思い出したし、二人のセックス見て、もう限界なんだ」

そして、ゆかりを仰向けにすると両脚を抱え上げた。

西村のザーメンが蜜壺から流れ出ていたが、構わずそこ目掛けて挿入した。

「あんっ!!」

「嫌がっていながら、そんな色っぽい声出すんだな(笑)」

俺は愛撫もそこそこに、まるでゆかりを性処理の道具のごとく犯した。

やがて、若い西村はすぐ復活し、ゆかりの胸に吸い付いた。

そうして交互にゆかりを犯し続けた。

オススメエッチ体験談


未亡人な私が娘の元カレにご奉仕するようになったきっかけ

全裸でエロ本の自販機に通っていた私の露出癖の原体験

【寝取り体験】ゴルフ仲間の嫁の相談を聞き欲求を満たしてあげていますw

28才ですでに×3という職場の人妻と結婚したんだが・・・

じーちゃんがかーちゃんのパンティやブラジャーでシコってんの見ちまったあああw

いつもオカズにしていた女の子と週一で中出しセックスする関係にwwww

【レズ体験】女の子とエッチした私のエッチな思い出

友達の家で彼氏とするエッチってスリルがあってたまらないですwww

のど自慢大会に出場したら50歳で同い年の男性と知り合い不倫関係に

【愛人との体験談】セフレ人妻を寝取り離婚させ、別宅で初のSEXで3回射精した話を余すところなく報告

【高校時代の体験談】DQNに援交を紹介され3万で買った同級生のマンコの中のゴムの中に無事射精

【隣の巨乳奥さんとの体験談】自分の大きすぎるチンポで悩んでいることを相談してみた結果wwwww

【精通体験談】好きだった20歳女子大生のムチムチしたお尻を間近で見ながらの最高の精通

Tバックのパンティーが丸見えなだらしない友人の嫁

勤務時間中に地下書庫にて・・・

一応元カノ・・そんな女に誘われたら

オートキャンプ場で妻が別の男性とエッチしてた話

人妻になった元カノに中出しして妊娠させた

エッチな専務と給湯室で不倫エッチ

パンティずらしてクンニ、バイブ挿入で潮吹き

制服着せたまま中出しエッチ

【入院中にナースとエッチ】溜まっていた精子を全部ごっくん

お目当ての不動産屋さんとエッチができて最高な体験でした

パチスロで負けてる間に巨乳で可愛い妻がヤンキーと中出し浮気エッチをハメ撮りしていたらしい

友達と温泉旅行で・・・・・

起きたら同僚と妻がエッチしてた

妹とオナニーの見せ合いっこ

ゴミ箱の中に沢山のコンドーム・・・・

エッチのときに「パンティ」って言うと、すっごくエッチぃ気分になるよ

何度も女の子をイカせることが俺の最大の喜び

怖がりな姉と一緒に寝てたらエッチしたくなってきた

欲求不満な浮気エッチ

クンニされて潮吹き巨根でイク

巨乳な姉の敏感な乳首

取引先の男性とエッチして潮吹き

訪問ヘルパーの若い男に、何が起きたかもわからない早さで襲われた

会社の慰安旅行で、臨時職員の人妻さんに筆おろししてもらいました

同期同士で結婚した二人の嫁さん(巨乳)の方が俺に相談があると言ってきた

ベロベロに酔っ払った女の先輩をおぶって部屋まで上げたら欲情してしまって

40独男ですが、取引先の若手社員の嫁さんを不倫してます

姉の処女を奪い取って4年……すっかりと夫婦のようです

夫の趣味にうんざりしてる人妻教師のグチを聞いてあげたら、後は簡単でした

高校教師に童貞を卒業させてもらった後、ストーカーになった俺

妻のレズ浮気を認める代わりに…

若い男の子3人にハメ狂わされる悦び

姉のスクール水着姿が可愛すぎて

真っ昼間の会社で中出ししたがる会社の上司

夫ではトキメキがなくなっちゃったので出会い系に登録してみた

高3の妹の柔らかな太腿の感触

当時16歳だった従妹の処女をもらったエロ体験

モデル体型でDカップだった先輩に中出しセックス

幼馴染の女友達と初めての3Pセックス

気になっていたバツイチ姉さんのアナルを開発中

オススメエロ画像


五十嵐潤 スレンダーな長身アラフォー人妻のセックス画像 160枚

勃起したチンコが熱いから冷ます為に抜けるエロ画像寄せ集め 75枚

メガネかけた巨乳美少女の本能剥き出しハメ撮り画像 85枚

ベテラン女性オナニストさんの自慰行為画像 72枚


美波杏 ど痴女でど淫乱な人妻画像 83枚

浅田結梨(ゆーりん) キュートなFカップの巨乳美少女画像 200枚 その3

美月優芽 Gカップの爆乳美女画像まとめ 200枚

さとう愛理 Fカップのロリ巨乳画像 200枚

柳いろは Eカップの谷間がたまらないセクシー画像 200枚

おっぱいが大きくてオマンコが綺麗な素人美女のSEX画像 121枚

美咲あかり ピクピクイキまくる敏感美少女画像172枚

凰かなめ(おおとりかなめ)セクシーなヌード画像まとめ121枚

小西玲奈 ギャルの制服着衣セックス画像140枚

【三次元】心が躍るパンチラ画像詰合せ77枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ スカ●ロ 性●隷 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 妻の過去 無防備 妻の友達 ビキニ バレないように 二穴 オシ●コ 肉●器 ラッキースケベ 獣● トラウマ DQN 還暦 ママ友 上司の嫁  3P マット 土下座 バイアグラ お客 友達の妻 妻の姉 美容師 相互鑑賞 M字開脚 お盆 隠し撮り 性接待 剣道部 サッカー部 男の潮吹き 本気汁 地味 オナホ 再婚 イメプ 医師 ボーイッシュ 手錠 聖水 豊満 近所 4P 貝合わせ 近○相姦 美少女 クスコ 鑑賞 お局 素人 ギャップ テント ヘタレ 美術部 モテ期 兜合わせ マンスジ 花見 ドレス 脱衣 講師 メガネ ストッキング 新婚 ベランダ ゴルフ マニア 喧嘩 自撮り 顧問 神社 春休み 教育実習 性教育 愚痴 団地妻 夫の上司 チンぐり返し ノンケ プレゼント ボランティア 尾行 テニス 放置プレイ レ○プ アクメ 継母 ストレス ゴルフ場 SM 不妊症 回春マッサージ スカウト ヒッチハイク マンぐり返し 騎上位 友達の夫 相互オナニー メンズエステ オムツ 実家 接骨院 グラドル 逆痴● 染みパン アフター  先輩の母 避妊 アヘ顔 OL シングルマザー ハミ毛 リハビリ コテージ 金髪 釣り 背面座位 寝起き 遭遇 両親 唾液 イジメ 北海道 租チン 一人暮らし ぎっくり腰 チンカス ボーナス  キチガイ 性生活 隠撮  マイクロビキニ 添乗員 韓国 発見 ブサメン 拡張 喪女 罵倒 黄金 アラフィフ 恋人交換 マジックミラー 野菜 自転車 新年会 逆●漢 弁護士 飲● 姫初め 倦怠期 独身 レオタード 割り切り ファザコン 女神 帰省 M字 便秘 写真 目の前 友達の奥さん 小悪魔 彼女もち 挑発 首絞め エロ動画 搾乳 同期 スケベ椅子 パジャマ 流出 ホットパンツ ニーハイ パワハラ 手術 ムチムチ オーナー 台湾 スケスケ 台湾人 DJ グラビアアイドル 初夜 新幹線 小柄 エロゲー フェス ナプキン 臭い 回春 言いなり M性感 オーストラリア ペット 露天 先輩の奥さん 上司の奥さん ボクシング部 婚約者 唾液交換 リア充 ギター バレー部 貧乏 レ〇プ ホテトル 美尻 夫の兄 生保レディー 別荘 社長夫人 パパ友 エロ写メ 黒髪 役員 弓道部 産婦人科 フツメン マッチョ 集団 ご奉仕 友達の旦那 友達夫婦 体育館 子作り ハメ潮 金持ち 屈曲位 エレベーター 仲居 背面騎乗位 閉経 ペニクリ スカイプ ハプバー 電話中 俳優 皮オナ 立ちション 苦痛 ライブハウス 恐怖 Fカップ 即ハメ お姉さん フィリピン人  潔癖 警察 トラック 性感帯 団地 グラマー エロ本 ハワイ 免許 無精子症 ノロケ ライブ オナペット スポーツクラブ 仁王立ち 将棋部 婚活 喪男 竹刀 チャイナドレス タレント 夫の同僚 夫婦喧嘩 エロ漫画家 ロープ ジョギング 竿付き  ガムテープ ペニスバンド 姉の夫 床上手 流産 バキュームフェラ ぱふぱふ 上司の妻  チアリーダー 柔道部 出会い喫茶 スパッツ イメプレ マラソン エロ画像 従姉妹の娘 美女 ふたなり 生徒の母 う●こ 母子交換 知り合い M男 無修正 エロなし 直穿き 主人  お見合い  自虐 姉妹●姦 女湯 元嫁 ブラチラ タイツ 盲腸 現地妻 彼氏交換 三角関係 元カノの妹 ボンテージ ソープ嬢 左遷 臭いフェチ 腕枕 隠しカメラ ロリ系 女風呂 ニート 友達の父 トレーニング サランラップ 前立腺マッサージ ストリッパー 下ネタ 研修 心身 ポニーテール 新婦 ちんぐり返し スクール水着 伊豆 東京 台所 職権乱用 おっぱいアナル 助手 脱サラ 旦那の弟 ゴーヤ ブルマー ファン 指フェラ トルコ ポッチャリ 行水 おあずけプレイ 兄の娘 号泣 百合 兄弟 主張 こたつ 悲惨 ブルセラ ネットH OB 断捨離  別居 2ch 他人棒 お祝い 先輩の婚約者 アナルうんこ 看板娘 再従兄弟 ハゲ 射精管理 リンチ 介護 従兄弟の嫁 友達の家 近●相姦 予備校 目覚ましフェラ 彼女の弟 婚約 支配 神秘 アスリート女子 性同一性障害 狭射 サイクリング ぶっけけ 興奮 インフルエンザ ネイリスト ハイレグ 無臭 SNS ブーツ 診察台 ごっkん 生理不順 女子プロレスラー 水泳教室 バイブフェラ マッサージ師 パリ メガネ屋 弟の妻 ボディービル マリッジブルー 歳下女子大生 TV電話 姉妹相姦 元ヤン デルヘル 腰痛 ニューカレドニア 読者モデル 乳首舐め おもてなし 夏フェス プロレス フィギュアスケート部 四つんばい 屈辱的 バストアップ 悪酔い 頬ずり 保育園 寝起きドッキリ チンピラ 宿題 チキン シックスナイン W不倫 儀式 体操部 想定 失笑 友達の叔母 実験 チクニー 嬢王様 配信   パラダイス IUD 乳がん 軽蔑 処理 汚物 母子家庭 男子禁制 プリクラ 日系ブラジル人 絶縁 虐め 山岳 ジジイ スナックのママ 乳コキ 正月明け 書道部 ピーナッツ 全盲 近親相●姦 玉舐め 妹夫婦 セレブ エアロビクス 義理の娘 お花見 妻の友人 ノルマ 地獄 我慢 アナル責め 屋台 料理教室 ブラック企業 胸糞 背徳感 ハイキング 恋人 勇気 おへそ 中性 フタナリ マイナー 彼女交換 テクニック ネパール人 無料 セフレの友達 パイチラ パーティー 谷間 露出b 年越し 密会 立ち合い プレハブ 旦那の同僚 長ネギ 宴会芸 彼氏の妹 リフレクソロジー jk 飲酒 3穴 先輩の妻 輪● 仲直り ラブレター 彼の家 6P 自尊心 介護職 辻本杏 塾講師 ゴミ箱 7P 長文 使用済み  騎馬戦 共依存 オーディション ローカルテレビ 企画 メス豚 精液便所 バナナ バスタオル 義理兄 CA 星姦 出禁 寝落ち 乱暴 カミングアウト AV 蟲姦 便器 GW 刑務所 ソーセージ 密室 ハードセックス 読モ 性○隷 ランデブー テレビ 同性愛 上目遣い 彼女の過去 バスケ 妊活 義息子 気絶 パトロン 吊り橋効果 チアガール バージン スロベニア人 おねしょ サンタ シラフ 草食系男子 キモメン オタク女子 延長 クォーター 性感エステ 息子の先輩 泥沼 相撲 ケツ毛 アレルギー 避妊リング 社長の息子 口臭 スノボー 婿 卓球部 洗濯バサミ バドミントン部 娘の夫 オナネタ すっぴん 一気 トップレス インドネシア人 ボクサー パーカー 紳士 焦らしプレイ 韓国エステ 不妊治療 ポロリ 押入れ 脇舐め トライアスロン 主人の友達 従姉妹の彼氏 キッチン ラノベ 健全 祖母 アメフト部 絶叫 全身リップ 彼女不倫 訪問販売 バレーボール部 正座 同伴 性上位 イメチェン 種違い 先輩のセフレ せどり おままごと B専 t乱交 パプニングバー 人参 竿姉妹 近○相○ 同僚の妹 寝盗られ メガネっ娘 悪臭 アイマスク キュウリ コスプレイヤー パンパン 女店主 ラーメン屋 姉の同級生 摘発 限界 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 社長の娘 サッカー少年団 ダブルブッキング ペンション 保護者会 謝罪 叔母さん 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 婚前 憧れ シンガポール 伏せバック 精液検査 友達の兄 おなべ 森ガール オジサン 男子校 バツ2 会長 半勃ち シ○タ 脚フェチ 牛乳 バンコク インモラル 逆ギレ 不満  男湯 美少年 近親○姦 プラトニック ニュージーランド人 母子○姦 芸能 女優 チーママ 下品 貯金 排泄 バンガロー ポカリ 小説風 生本番 壁ドン 馬鹿 中継 試験 テニススクール 元旦 セカンドバージン サプライズ 処女初体験 シミ付き 部室 公認 後輩の男友達 ジーパン 出会い ケジメ アメリカ 音信不通 サクラ ハシゴ 医学部 不眠症 twitter テスト勉強 ヘルパー 狂気 ガーゼ  レディコミ ガン 肩書き 監視 食事 下宿 パフパフ 足ピン 夫の従兄弟 出血 逆玉の輿 犬プレイ オン欄 お店 GloryHole サスペンダー スワッピングクラブ  覚醒 けじめ 介護士 自縛 マジキチ コレクション 収集 同い年 知的 ぼったくり 友人の嫁 インテリ 人間不信 チン蹴り 鮫肌 看護学生 クリーニング 葬式 テニスコート で四つん這い 鍋パ おなら カレー屋 ハダカ ハローワーク 宿直 寝顔 キャッチ 退職 ジャージ 運動会 Skype バニーガール 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 添い寝 MオンナS男 ビーチボール アダルトグッズ 精神科医 上級生 タトゥー  レストラン 腋毛 セックス依存症 無抵抗 貧乏神 図書委員 白衣 帰国 委員会 猫耳 美容院 貸出 社員 シンママ ハイグレ 車検 親切 同時イキ ぢゃ性 ユルマン 70代 老婆 社長婦人 鷲掴み チア部 ローライズ オリモノ 芸能事務所 ワカメ 同期の妹 禁欲 悶絶 ハイボール セリクラ マンカス 無礼講 自暴自棄 キス魔 靴なめ コスプレ巨乳 武勇伝 制裁 控え室 フィジー ムチ ローソク  ママ 姉妹交換 むっちり 黒タイツ 新婚初夜 渋滞 早熟 転校生 オプション 狸寝入り ボーリング サーファー ギャル男 ひとり暮らし 編みタイツ 人助け 出勤前 ボディービルダー お小遣い 音声  腐敗 筋肉フェチ 出合い系 母の妹 片思い 大家 フィリピンパブ 顔舐め バット 阿鼻叫喚 15P カマトト 彼女の父 校長 カナダ メタボ 相部屋 発熱 かりまん 自慢 引き籠もり イカ臭い 生き別れ ドクター 出張ホスト カウンセラー まんぐり返し 喘息 マンション セックス依存性 保護 出前 角オナニー 白髪 録音 兜合せ 留守番  お化け屋敷 整体師 ホームセンター ボクシングプレイ 交尾 くじ引き 賞品 27P 日焼け セフレ交換 恋愛禁止 リンパ 生意気 カンボジア レディース ウェディングドレス SMクラブ スノーボード 初潮 年始 暴発 吹雪 初対面 腐れ縁 空家 キャットファイト エクササイズ 事務 色弱 グアム 通勤 大学受験 塩対応 苦情 お清め ソフトテニス部 ニーソ 貸切 飛行機 自棄酒 万馬券 利子 寄付 交換 穴あきパンティ 仕事  廃墟 アナルファック 染み 股間 敬語 10P 検査 逆セクハラ 後輩の妻 不潔 本気 カツアゲ サドル フェラテク 倒産 セミプロ 半陰陽 マンコ 恨み 胸毛 報告 中だし 風習 婚活サイト バレンタイン 

フリーエリア