HOME > 【処女体験談】 > バスケ部の後輩の処女を貰い、そのままお掃除フェラまでさせたったwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


バスケ部の後輩の処女を貰い、そのままお掃除フェラまでさせたったwww

関連体験談 :後輩学生キス処女初体験フェラお掃除フェラ
高校3年の時のお話し

当時、バスケットボール部に入っていた俺は

練習後も体育館の利用時間ギリギリまでシュート練習をしていた。

4月の終わりごろに1年生が入部してきて、

その1年生も何人かシュート練習で残っていた。

その中には女の子もいた。

その子の名は由紀ちゃんだ。

由紀ちゃんは今までバスケットの経験がなく

友達に誘われて入部したとの事だった。

毎日、友達と一緒にシュート練習をしていた。

「体育館を閉める時間が来たので利用している生徒は速やかに下校してください」

という放送が入ると、残っていた人は片付けをしてすぐに体育館を出る。

その後、体育館から少し離れた部室で

着替えて帰るというような毎日だった。

ある日、練習後のシュート練習に俺とその由紀ちゃんだけの時があった。

由紀ちゃんは自分が一番へただから

少しでもうまくなりたいと女子1人でも残っていた。

いつものように放送がなり片付けをして体育館を出た。

女子の部室と男子の部室は向かい合わせの場所だったので

そこまで一緒に歩いていった。

今まで「おはよう」とか「お疲れさん」など挨拶程度しかした事がなく、

ちゃんと話すのが初めてだった。

俺 「どう?バスケットは面白い?」

由 「はい、面白いです!でも、周りの人の足を引っ張ってばかりでなんか申し訳なくって..」

俺 「始めたばかりなんだから仕方ないよ。みんな最初は下手から始まるんだから。」

由 「はい」

俺 「でも、由紀ちゃんには正直驚いているんだよ」

由 「えっ、何でですか?」

俺 「だって、毎日毎日残ってシュート練習してるじゃん。普通、なかなかできる事じゃないよ」

由 「ちょっとでもみなさんに追いつきたいんです」

俺 「その気持ちは大事だけどあんまり無理しちゃ駄目だよ」

由 「はい、ありがとうございます」

そして部室に着き、着替えを始める。

着替え終わって部室を出ると、

女子部室の電気がまだついていたので外で待っていた。

そして、5分後由紀ちゃんも着替えを終え出てきた。

俺 「夜、1人じゃ危ないから家の近くまで送ろうか?」

由 「えっ、本当ですか?でも先輩の帰る時間が遅くなっちゃいますよ」

俺 「別にいいよ。帰って飯食って寝るだけだもん」

由 「じゃあお願いしていいですか?」

俺 「OK!」

由紀ちゃんは家から学校まで20分の距離ということで歩いて通学していた。

俺は自転車通学だったので、降りて自転車をおして一緒に帰った。

由 「あのー、先輩って彼女さんとかいるんですか?」

俺 「いないよ。ちょっと前までマナと付き合ってたけど別れたよ」

※マナは女子バスケ部の副キャプテンをしている子

由 「えー、そうだったんですか!全然知りませんでした」

俺 「お互い休みの日も部活で、デートできないし一緒にいる時間がつくれなくて」

由 「部活やってると付き合うのも大変なんですね」

俺 「そうだね。由紀ちゃんは彼氏いるの?」

由 「いませんよ。私、外見地味だし、男の人とお話しするの得意じゃないんで」

俺 「えっ?だって、俺としゃべってるじゃん!」

由 「先輩はなんか話しやすいっていうか緊張せずにいられるっていうか...」

俺 「それ、喜んでいいの?(笑)」

由 「はい、多分...」

そうこうしているうちに由紀ちゃんが住んでいるアパートに着いた。

由 「わざわざありがとうございました」

俺 「いえいえ。由紀ちゃんと話しできて良かったよ」

由 「お疲れ様です」

俺 「お疲れ!」

そういうと由紀ちゃんはアパートに入っていった。

何日か後に、再び由紀ちゃんと二人だけ残ってシュート練習する日があった。

時間が来ていつも通り部室で着替えていると

男子部室のドアをノックする音がした

俺 「誰ですか?」

由 「先輩、私です」

俺 「あっ、由紀ちゃん。どうかしたの?」

由 「先輩、今部室に1人ですよね?」

部室の外から少し小さな声でたずねてくる由紀ちゃん

俺 「そうだけど」

由 「ちょっと入ってもいいですか?」

俺 「えっ、何で?」

すると男子部室のドアが静かに開き始めた。

由 「男子部室ってこうゆう風になってるんですねー。思っていたより綺麗ですね。少し臭いますけど(笑)」

俺 「どうしたの」

由 「一度男子部室の中を見てみたかったんですよ」

そう言うと少し恥ずかしそうに由紀ちゃんが俺に背を向けた

俺 「ごめん、着替えるから外に出てもらっていいかな?」

由 「・・・」

俺 「由紀ちゃん?」

由 「先輩、実は私、先輩に大事なお願いがあるんです」

若干顔を赤らめてうつむきかげんで話し始めた。

由 「実は私今まで男の人と付き合ったことがなくて。それで、キスもしたことないんです。でも、クラスの女子はみんな付き合ったことがあるみたいで...。」

俺 「えっ、急にどうしたの?」

由 「先輩!お願いします。私とキスしてもらえませんか?」

いきなりのお願いに少し動揺する俺。すると由紀ちゃんが少しずつ近づいてきて

由 「私のファーストキスの相手になって下さい。お願いします」

そのお願いに意を決した俺は

俺 「本当に俺でいいの?」

由 「先輩がいいんです」

俺 「わかった。そしたら目をつむって」

由 「はい」

そしてゆっくりと由紀ちゃんの顔に近づき、唇を重ねた。

最初は2秒ぐらいで唇を離したがすぎに由紀ちゃんが俺の唇をうばった。

2回目は長く、おそらく30秒ぐらいだっただろう。

そのうち由紀ちゃんは舌を出してきたので、

正直驚いたが俺も舌を出し、舌同士を絡ませ始めた。

そんな濃厚なキスをしているうちに興奮した俺は、

あそこが反応してきた。

それに気づいた由紀ちゃんは

由 「先輩、ズボンが膨らんでますよ」

俺 「ごめん、興奮しちゃって」

由 「先輩、そのー...」

言葉に詰まる由紀ちゃん

俺 「ん?どうしたの?」

由 「先輩のおちんちん触らせてくれませんか?」

俺 「えっ?」

いつもはおとなしそうな由紀ちゃんからでた「おちんちん」発言に驚く俺

由 「駄目ですか?」

もうこうなったらいくとこまでいこうと決めた俺は

俺 「いいよ。そしたら由紀ちゃんがズボンを脱がせて」

由 「はい」

俺 「そしたら、パンツも脱がせて」

由 「はい」

いよいよ俺のあそこが由紀ちゃんの前に露になる

俺 「どうおちんちんを見た感想は?」

由 「なんか不思議な感じですね」

俺 「でもお父さんのおちんちんは子供の頃見たことあるでしょ?」

由 「ありますけどよく覚えてなくて...」

俺 「そっか、ちょっと触ってみる?」

由 「あっ、はい」

俺 「じゃあちょっと待ってて。汗かいた後だから綺麗に拭くね」

ぬれたタオルであそこを拭く姿をじっとみつめている由紀ちゃん

俺 「綺麗になったから触ってみてもいいよ」

由 「わかりました」

すると両手を出しゆっくりと俺のあそこに近づける。

その手は細かく震えていた

そして由紀ちゃんの両手が俺のあそこを包み込んだ

俺 「どう、感触は?」

由 「思ってたより硬いです」

俺 「それは今勃起してるからだよ。勃起は分かるよね?」

由 「はい」

俺 「じゃあさー、ゆっくりしごいてみる?しごくって分かる」

由 「いえ、わかりません」

俺は由紀ちゃんの手をとり俺のあそこをつかませた

俺 「ゆっくり上下に手を動かしてみて」

由 「こうですか?」

俺 「そう、そんな感じ。男の人はこうされると気持ちよくなるんだよ」

由 「先輩、気持ちいですか?」

俺 「うん、気持ちいいよ。でもすべりを良くしたほうがもっと気持ちいいからつばを垂らしてみようか?」

由 「えっ、いいんですか。汚いですよ」

俺 「大丈夫、みんなそうしてるんだよ」

由 「わかりました」

そういうと口の中の唾液を集めゆっくり俺のあそこに垂らし始める

俺 「そう、それでさっきみたいにしごいてみて」

由 「わかりました」

俺 「気持ちいいよ」

由 「そうですか、良かったです」

俺 「由紀ちゃんのおっぱい見てもいいかな?」

由 「えっ、恥ずかしいです」

俺 「由紀ちゃんだけ見せないのはずるいよー」

由 「でも私の凄く小さいんです」

俺 「大きさは気にしなくていいよ」

由 「でもー...」

少し困った様子の由紀ちゃん

俺 「じゃあ脱がせてあげるよ」

由 「わ、わかりました」

俺 「そしたら両手を上にあげて」

由 「はい」

汗ばんだTシャツを脱がせるとかわいいスポーツブラが出てきた

俺 「じゃあこれも取るよ」

由 「はい」

なぜか目をつむる由紀ちゃん。そうとう恥ずかしいようだ。

そしてついに由紀ちゃんのかわいいおっぱいが姿をあらわす。

おそらくBカップぐらいであろうそのおっぱいは、

本人が言うように大きさはないものの綺麗な形をしていた。

なにより乳輪の綺麗なピンク色に興奮した。

俺 「綺麗なおっぱいだね」

由 「そうですか、ありがとうございます」

俺 「触ってもいい?」

由 「いいですよ」

ゆっくりと由紀ちゃんのおっぱいを揉み始める。

由紀ちゃんは恥ずかしそうな顔で下を見ていた。

俺 「気持ちいい」

由 「は、はい」

俺 「乳首も触ってみようかな」

由 「は、はい」

乳首を触った瞬間、由紀ちゃんの体が一瞬ぶるっと震えた。

俺 「大丈夫?」

由 「大丈夫です」

俺 「ここ触られると気持ちいい?」

由 「は、はい」

次に乳首を舐めようかなーと思っていた瞬間。

「まだ残ってるのかー?」

部室の外から大きな声が聞こえてくる。

学校に常駐している警備員の声だ。

俺はパンツとズボンをあわてて履き、

由紀ちゃんもブラをつけTシャツを着る。

少しドアを開けて警備員を確認すると

俺 「すぐに帰りますから」

警 「わかった、電気は消して帰れよー」

俺 「はい、わかりました」

由紀ちゃんはドキドキしながら男子部室の物陰に隠れていた。

俺 「今日はもう帰ろうか?」

由 「はい」

俺 「続きはまた今度ね」

由 「はい、よろしくお願いします」

俺 「でも由紀ちゃんって結構大胆なんだね」

由 「凄く勇気を振り絞ったんで...」

恥ずかしそうに言う由紀ちゃんは今まで以上にかわいく見えた。

そしてお互い着替えを済ませ、由紀ちゃんをアパートまで送って帰った。

日曜日は体育館のコートを男子が1面、女子が1面使って練習ができる。

前回の出来事から2週間後の日曜日、

女子が男子より少し早く全体練習を終えた。

練習後も女子部員何人か残ってシュート練習をしていた。

女子の全体練習が終わって40分後位に男子の全体練習も終わった。

その頃には女子部員も由紀ちゃんともう1人の一年生しか残っていなかった。

男子部員も4人残ってシュート練習をしていた。

やがて次々に部員が帰り、

結局俺と由紀ちゃんの2人だけになった。

休日だから体育館の利用時間も気にせず出来た。

反対コートで練習していた由紀ちゃんのもとに行き、練習を手伝ってあげた。

俺 「ボール拾ってあげるよ」

由 「えっ、そんな、悪いですよ」

俺 「いいよいいよ休日なんだからのんびり出来るし」

由 「本当にいいんですか?」

俺 「うん、いいよ。じゃあ始めて」

由 「はい、よろしくお願いします!」

そういうと由紀ちゃんとの初めてマンツーマンでの練習が始まった。

俺 「由紀ちゃんストップ!シュート打つときにもうちょっとひざを曲げたほうがいいよ!」

由 「はい」

こんなアドバイスなどもまじえながらその後30分シュート練習をした。

俺 「そろそろ帰ろうか?」

由 「はい、わかりました」

俺 「それにしても最初の頃に比べるとだいぶ入るようになってきたね。毎日の練習の成果だね!」

由 「ありがとうございます。先輩にそう言ってもらえると嬉しいです」

2人で片づけをして、部室に向かった。

部室のドアを開けて中に入ろうとしたその時。

由 「あのー、先輩...」

俺 「何?」

由 「ちょっと言いにくいんですが...」

俺 「どうしたの?」

その時俺はなんとなくこの前の続きの事だろうと思った。

由 「ですからー...」

俺 「この前の事?」

由 「はっ、はい」

俺 「由紀ちゃん時間大丈夫?」

由 「はい、大丈夫です」

小さな声で答える由紀ちゃん。

俺 「じゃあ中に入って」

由 「はい、失礼します」

俺は由紀ちゃんを男子部室に招きいれた。

由紀ちゃんは体が小刻みに震えていて緊張しているのが目に取れた。

俺 「由紀ちゃん、2人とも汗かいているからシャワー浴びよっか?」

由 「はっ、はい」

俺 「先に俺浴びるからここで待ってて」

由 「分かりました」

この時間他の部活もしていないし、

警備員がくることもなかった為、俺は落ち着いていた。

シャワーを浴び終えた俺は由紀ちゃんにシャワーを浴びるように言った

俺 「次いいよ」

由 「あのー、女子部室から着替えとタオル持ってきますね」

俺 「あっ、そうだね」

一度女子部室に戻る由紀ちゃんの後姿を見て

俺のあそこはすでに勃ち始めていた。

由 「お待たせしました。じゃあシャワー浴びてきます」

俺 「うん。待ってるね」

シャワーを待っている間冷静さを保つのに必死だった。

そしてシャワーから出てきた由紀ちゃんは大きなバスタオルを巻いて出てきた。

俺はというと下はパンツ一丁、上は裸という状態だった。

俺 「じゃあここに座って」

由紀ちゃんをストレッチ用のマットの上に座らせた。

そして小さな声で由紀ちゃんは言う

由 「先輩、私初めてなんでよろしくお願いします」

俺 「うん、わかった」

まだ由紀ちゃんの体は小刻みに震えていた。

そんな由紀ちゃんのバスタオルをとりゆっくりと抱きしめた。

由 「先輩の体大きいですね」

俺 「由紀ちゃんの体は小さくてかわいいっ」

そしてゆっくりとキスを始める。

舌を絡ませながらそのいやらしい音が部室に響く。

俺は由紀ちゃんの耳や首筋をゆっくりと舐めてあげる。

由紀ちゃんは小さな声で感じていた

由 「うっー、あっー」

俺 「乳首舐めてもいい」

由 「...はいっ...」

するとさっきよりもさらに感じ始める由紀ちゃん。

目をつむり体をくねくねさせる。

俺 「気持ちい?」

由 「はっ、はい。気持ちいです」

そしていよいよ由紀ちゃんのまんこに手をかける。

明らかに顔を赤らめて恥ずかしがる由紀ちゃん。

俺 「ここ触られると気持ちい?」

由 「はっ、はい」

俺 「股を少し広げてみようか?」

由 「...恥ずかしい...」

俺 「大丈夫」

ゆっくりと股を広げると、綺麗なピンク色のおまんこが姿をあらわす。

毛は若干薄い感じだった。そしてねちょねちょした汁が光っていた。

俺 「由紀ちゃん、濡れやすいの?」

由 「わ、わかりません」

俺 「自分でここを触ったりするの?」

由 「はっ、はい。たまにします」

俺 「そうなんだ。由紀ちゃんってエッチだね」

由 「恥ずかしい...」

俺 「舐めてもいい?」

由 「えっ、はっ、はい」

クリやビラビラを音をたてながら舐めると

由紀ちゃんはさっきよりも大きな喘ぎ声をあげる

由 「あっー、あっー、せ、せんぱい」

俺 「どう、気持ちい?」

由 「はいっ、とっても」

どんどん濡れてくるまんこに我慢できなくなり

俺 「じゃあ今度は由紀ちゃんが俺のこと気持ちよくして」

由 「わかりました」

俺 「そしたら乳首から舐めて」

由 「はっ、はい」

その舌使いに俺は驚いた。

俺 「舐めるの上手だねー」

由 「そっ、そうですか?」

俺 「すげー気持ちいよ」

すると驚くことに由紀ちゃん自ら俺のあそこをパンツ越しに触ってきた。

由 「先輩のこの前みたいに硬くなってますね...」

俺 「うん、だって由紀ちゃんが可愛いんだもん」

由紀ちゃんは俺のパンツをゆっくり下ろし始めた

由 「触りますよ」

俺 「いいよ」

由紀ちゃんはこの前教えたとおりに俺のあそこをしごき始めた。

少しすると唾液をあそこに垂らしてしごく由紀ちゃん。

由 「先輩、どうですか?」

俺 「うん、気持ちよ」

由 「よかったっ」

俺 「フェラチオって知ってる?」

由 「おちんちんを舐めるんですよね?」

俺 「そう。やってみる?」

由紀ちゃんはギンギンになっている俺のあそこを静かに舐め始める。

その可愛い舐め方に凄く興奮する俺。

俺 「口を開けて咥えてみよっか?」

由 「はいるかなー?」

俺 「大丈夫。じゃあやってみて」

自慢じゃないが俺のあそこはそこそこのサイズである。

由紀ちゃんは口を大きく開けて俺のあそこを咥えた。

少し苦しそうな表情になった。

俺 「大丈夫?」

由 「はっ、はい」

俺 「そしたら口を上下させてみよっか」

ゆっくり上下運動をはじめる由紀ちゃんだが、

慣れてないせいか歯が俺のあそこにもろに当たる。

けどその頑張ってフェラしている由紀ちゃんをみてると、痛みなどは感じなかった。

俺 「どう、おちんちんのお味は?」

由 「石鹸の味がします」

俺 「そりゃー、シャワー浴びた後だからだよ(笑)」

由 「そっ、そうですねよ(笑)」

久しぶりに笑顔になる由紀ちゃん

俺 「じゃあ、いよいよ挿れてみよっか?」

由 「は、はい」

 

その言葉に一瞬顔が強張った。その表情を見た俺は優しく抱きしめて、耳元で

俺 「大丈夫。ゆっくりするから」

由 「お願いします...」

俺 「じゃあゴムつけるね」

由 「はい」

そしていよいよ

俺 「大丈夫?挿れるよ!」

由 「はい」

俺のあそこが由紀ちゃんのまんこの中に入っていく。

俺 「痛くない?」

由 「ちょっと痛いです。でも、大丈夫です」

俺 「そう。すこしずつ動かしていくね」

由 「はい」

ぐっと目を閉じ、両手も握りこぶしになっている由紀ちゃん

俺 「気持ちい?」

由 「あんまり」

俺 「最初はそうなんだよ」

そういうと正乗位でゆっくりとピストン運動を繰り返す。

しだいに由紀ちゃんのまんこから血がにじみ始めた。

俺 「血がでてきたね」

由 「はい」

俺 「みんな最初はそうだから大丈夫だよ」

徐々に由紀ちゃんの力も抜けてきた

俺 「じゃあ体勢変えよっか」

由 「わかりました」

一度ぬいてから由紀ちゃんを四つんばいの体勢にさせバックを始めた

俺 「どう?」

由 「さっきとちょっと感触が違います」

そういうと小さな声で喘ぎ始めた

由 「うっ、うっ、うっ」

再び正乗位にもどしさっきよりも少し激しく突く。

由 「うっー、うっー、あっー、あっー 」

そして俺は絶頂に近づく

俺 「あっ、逝きそう」

由 「あっー、うっー」

俺 「あー、いくー」

由 「うっ、うっ、うっ、うっ」

絶頂に達した俺はゆっくりと由紀ちゃんのまんこから引き抜いてゴムを外した。

俺 「これが精子だよ」

由 「へぇー」

俺 「またおちんちん舐めてくれる」

由 「はいっ」

俺 「どんな味がする?」

由 「にっ、苦いです(笑)」

俺 「それが精子の味なんだよ」

そう言うと優しく由紀ちゃんを抱きしめキスをした。

俺 「どうだった」

由 「なんか、あっという間でした...」

俺 「これで大人の女性の仲間入りだね」

由 「先輩、ありがとうございました」

俺 「いいえー」

その後2人でシャワーを浴び、服に着替えて、

由紀ちゃんのアパートまで送って帰った。

1ヶ月位経った頃に、

由紀ちゃんには同級生の彼氏ができてとても幸せそうだった。

その様子を見た俺もなんだか嬉しくなってきた。

由紀ちゃんとはあれ依頼エッチはしていないが、

俺が卒業するまで仲良くした。

これが高校3年の時にあった俺の体験談である

長文失礼しました。

読みにくい箇所もあったかと思います。

読んで下さったみなさんありがとうございました。

オススメエッチ体験談


未亡人な私が娘の元カレにご奉仕するようになったきっかけ

全裸でエロ本の自販機に通っていた私の露出癖の原体験

【寝取り体験】ゴルフ仲間の嫁の相談を聞き欲求を満たしてあげていますw

28才ですでに×3という職場の人妻と結婚したんだが・・・

じーちゃんがかーちゃんのパンティやブラジャーでシコってんの見ちまったあああw

いつもオカズにしていた女の子と週一で中出しセックスする関係にwwww

【レズ体験】女の子とエッチした私のエッチな思い出

友達の家で彼氏とするエッチってスリルがあってたまらないですwww

のど自慢大会に出場したら50歳で同い年の男性と知り合い不倫関係に

【愛人との体験談】セフレ人妻を寝取り離婚させ、別宅で初のSEXで3回射精した話を余すところなく報告

【高校時代の体験談】DQNに援交を紹介され3万で買った同級生のマンコの中のゴムの中に無事射精

【隣の巨乳奥さんとの体験談】自分の大きすぎるチンポで悩んでいることを相談してみた結果wwwww

【精通体験談】好きだった20歳女子大生のムチムチしたお尻を間近で見ながらの最高の精通

Tバックのパンティーが丸見えなだらしない友人の嫁

勤務時間中に地下書庫にて・・・

一応元カノ・・そんな女に誘われたら

オートキャンプ場で妻が別の男性とエッチしてた話

人妻になった元カノに中出しして妊娠させた

エッチな専務と給湯室で不倫エッチ

パンティずらしてクンニ、バイブ挿入で潮吹き

制服着せたまま中出しエッチ

【入院中にナースとエッチ】溜まっていた精子を全部ごっくん

お目当ての不動産屋さんとエッチができて最高な体験でした

パチスロで負けてる間に巨乳で可愛い妻がヤンキーと中出し浮気エッチをハメ撮りしていたらしい

友達と温泉旅行で・・・・・

起きたら同僚と妻がエッチしてた

妹とオナニーの見せ合いっこ

ゴミ箱の中に沢山のコンドーム・・・・

エッチのときに「パンティ」って言うと、すっごくエッチぃ気分になるよ

何度も女の子をイカせることが俺の最大の喜び

怖がりな姉と一緒に寝てたらエッチしたくなってきた

欲求不満な浮気エッチ

クンニされて潮吹き巨根でイク

巨乳な姉の敏感な乳首

取引先の男性とエッチして潮吹き

訪問ヘルパーの若い男に、何が起きたかもわからない早さで襲われた

会社の慰安旅行で、臨時職員の人妻さんに筆おろししてもらいました

同期同士で結婚した二人の嫁さん(巨乳)の方が俺に相談があると言ってきた

ベロベロに酔っ払った女の先輩をおぶって部屋まで上げたら欲情してしまって

40独男ですが、取引先の若手社員の嫁さんを不倫してます

姉の処女を奪い取って4年……すっかりと夫婦のようです

夫の趣味にうんざりしてる人妻教師のグチを聞いてあげたら、後は簡単でした

高校教師に童貞を卒業させてもらった後、ストーカーになった俺

妻のレズ浮気を認める代わりに…

若い男の子3人にハメ狂わされる悦び

姉のスクール水着姿が可愛すぎて

真っ昼間の会社で中出ししたがる会社の上司

夫ではトキメキがなくなっちゃったので出会い系に登録してみた

高3の妹の柔らかな太腿の感触

当時16歳だった従妹の処女をもらったエロ体験

モデル体型でDカップだった先輩に中出しセックス

幼馴染の女友達と初めての3Pセックス

気になっていたバツイチ姉さんのアナルを開発中

オススメエロ画像


五十嵐潤 スレンダーな長身アラフォー人妻のセックス画像 160枚

勃起したチンコが熱いから冷ます為に抜けるエロ画像寄せ集め 75枚

メガネかけた巨乳美少女の本能剥き出しハメ撮り画像 85枚

ベテラン女性オナニストさんの自慰行為画像 72枚


美波杏 ど痴女でど淫乱な人妻画像 83枚

浅田結梨(ゆーりん) キュートなFカップの巨乳美少女画像 200枚 その3

美月優芽 Gカップの爆乳美女画像まとめ 200枚

さとう愛理 Fカップのロリ巨乳画像 200枚

柳いろは Eカップの谷間がたまらないセクシー画像 200枚

おっぱいが大きくてオマンコが綺麗な素人美女のSEX画像 121枚

美咲あかり ピクピクイキまくる敏感美少女画像172枚

凰かなめ(おおとりかなめ)セクシーなヌード画像まとめ121枚

小西玲奈 ギャルの制服着衣セックス画像140枚

【三次元】心が躍るパンチラ画像詰合せ77枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 性●隷 おし●こ 痴● 父子●姦 全裸 スカ●ロ 安全日 ビキニ 逆レ●プ 無防備 勃起 画像 シ●タ オシ●コ 妻の友達 DQN バレないように 妻の過去 二穴 肉●器 トラウマ 還暦 獣● ママ友 友達の妻 剣道部 M字開脚 隠し撮り 相互鑑賞 花火 妻の姉 お盆 イメプ 男の潮吹き バイアグラ 土下座 本気汁 マット 聖水 サッカー部 お客 キメセク 3P 美容師 近○相姦 オナホ 姉の彼氏 貝合わせ メイド 豊満 美少女 リスカ 性接待 上司の嫁 クスコ ラッキースケベ 再婚 手錠 自撮り ギャップ 講師 テント 新婚 地味 兜合わせ 近所 鑑賞 ヘタレ お局 マンスジ 酒池肉林 穴兄弟 ボーイッシュ 素人 神社 アクメ  ボランティア ドレス 愚痴 後輩の彼女 ノンケ ベランダ 美術部 性教育 チンぐり返し レ○プ プレゼント 団地妻 モテ期 医師 デリヘル嬢 背面座位 性感マッサージ メガネ タンポン ゴルフ 相互オナニー マニア 騎上位 脱衣 顧問 リハビリ 不妊症 アヘ顔 喧嘩 花見 スカウト ハミ毛 4P 釣り 春休み 教育実習 SM 染みパン 避妊 金髪 尾行 接骨院 アフター  逆痴● ストレス 放置プレイ テニス メンズエステ 性生活 弁護士 マイクロビキニ 見せ合い ムチムチ ギャルママ マジックミラー  台湾人 手術 オーナー アラフィフ 租チン 台湾 一人暮らし 膝枕 先輩の母 ニーハイ 寝起き 逆●漢 独身 ホットパンツ 流出 OL シングルマザー 小悪魔 恋人交換 キチガイ 彼女もち 美人局 唾液 罵倒 ゴルフ場 添乗員 コテージ ボーナス ケンカ 黄金 写真 パジャマ 回春マッサージ 友達の奥さん マンぐり返し 首絞め 初夜  ストッキング M字 北海道 発見 パワハラ 友達の夫 ブサメン 目の前 イベント ぎっくり腰 グラビアアイドル グラドル チンカス 実家 鼻フック ジョギング 団地 別荘 ロープ 攻略法 スケベ椅子 先輩の奥さん 上司の奥さん エロ動画 婚約者 バレー部 帰省 非処女 エロゲー エロ写メ 黒髪 美尻 唾液交換 役員 パパ友 集団 ハメ潮 夫の兄 社長夫人 グラマー 左遷 生保レディー 新幹線 ガムテープ 弓道部 スカイプ ペニスバンド 金持ち 地雷 ペニクリ 言いなり 姉の夫 スロット ギター 回春 M性感 挑発 フェス スパッツ 貧乏 屈曲位 レ〇プ 夜勤 小柄 DJ 閉経 ファザコン ホテトル  背面騎乗位 オーストラリア ご奉仕 電話中 スポーツクラブ 主人 立ちション 仁王立ち 皮オナ エロ画像 ぱふぱふ 苦痛 ハワイ 免許 即ハメ バキュームフェラ  自転車 隠しカメラ イジメ 三角関係 トラック 倦怠期 上司の妻 ふたなり お姉さん 隠撮 エロ本 男性恐怖症 ノロケ 直穿き 便秘 自虐 夫婦喧嘩 両親 震災 ライブ 女湯 ヒッチハイク エロゲ Fカップ 臭いフェチ 韓国 ライブハウス 恐怖 新年会 無精子症 元カノの妹 エロ漫画家 M男 性感帯 姫初め ハプバー 出会い喫茶 オムツ 竿付き 床上手 現地妻 拡張 ナプキン 子作り 喪男 将棋部 ロリ系 喪女 婚活 体育館 流産 野菜 露天  夫の同僚 女神 潔癖 フツメン 竹刀 タレント 盲腸 チアリーダー 臭い 柔道部 フィリピン人 警察 神秘 悪酔い バイブフェラ バストアップ 汚物 出勤前 割り切り 儀式 母子家庭 バレンタイン 処理 診察台 大家 片思い 嬢王様 ボーリング 四つんばい 保育園 屈辱的 出合い系 マギー 母の妹 失笑 ボディービルダー 腐敗 はしご フィギュアスケート部 ブーツ おもてなし プロレス 腰痛 夫の上司 体操部 無臭 IUD 読者モデル インフルエンザ ぶっけけ  日系ブラジル人 興奮 絶縁 男子禁制 マッサージ師 デルヘル ボディービル 宿題 アスリート女子 姉妹相姦 チキン TV電話 乳がん クォーター 寝起きドッキリ パラダイス マリッジブルー  女子プロレスラー 交換条件 弟の妻 配信 チンピラ メガネ屋 水泳教室 二次エロ画像 キモメン 長ネギ 宴会芸 バナナ 我慢 地獄 胸糞 背徳感 料理教室 バスタオル 俳優 企画 星姦 蟲姦 ローカルテレビ オーディション 精液便所 メス豚 共依存 ブラック企業 ノルマ フタナリ パイチラ 既婚 中性 おへそ 無料 マイナー 勇気 密会 谷間 お花見 ピーナッツ 妻の友人 義理の娘 エアロビクス 恋人 フェイスブック 治し方 便器 カミングアウト 擬似レイプ 相互 オキニ タダマン 帰宅 地雷女 麦茶 泳げ鯛焼き君 逆プロポーズ プロゴルファー 洗脳 ふぇら 同情 ティッシュ 偶然 アスリート 雌犬  処女膜 ヤリ目 リフレクソロジー 使用済み ゴミ箱 先輩の妻 ラブレター 出禁 寝落ち 乱暴 塾講師 自尊心 流行 たまごっち びっぷら 美肌 沖田杏梨 介護職 辻本杏 飯岡かなこ ネパール人 テクニック 他人棒 主張 看板娘   号泣 おねだり ネットH ファン ポッチャリ オタク女子 ケツ毛 洗濯バサミ 草食系男子 性感エステ 職権乱用 助手 泥沼 マナー 悲惨 仲居 ちんぐり返し 新歓コンパ 伊豆 東京 正月明け お祝い 脱サラ サランラップ 支配 婚約 目覚ましフェラ 近●相姦 彼女の弟 介護 射精管理 おあずけプレイ エレベーター ボルチオ 人助け せどり 祖母 紳士 近○相○ 竿姉妹 訪問販売 種違い 人参 焦らしプレイ 韓国エステ ラノベ 健全 脇舐め キッチン ポロリ パーカー 一気 インドネシア人 全身リップ 友達夫婦 ランデブー ハードセックス マッチョ 上目遣い 同性愛 避妊リング 口臭 シラフ 性○隷 バスケ 同伴 性上位 友達の旦那 パトロン 気絶 バージン おねしょ 吊り橋効果 想定 マンション 逆セクハラ 後輩の妻 カツアゲ 交尾 日焼け 倒産 継母 半陰陽 マンコ 胸毛 風習 中だし 録音 兜合せ 腕枕 男湯  美少年 壁ドン 芸能 生本番 恋愛禁止 吹雪 シンママ 社員 10P 飛行機 セリクラ 親切 マンカス ママ  同時イキ チア部 カナダ 芸能事務所 同期の妹 悶絶 新婚初夜 無礼講 ニーソ 塩対応 貸切 万馬券 ブラチラ 元嫁 染み 控え室 仕事 穴あきパンティ 股間 ジーパン 後輩の男友達 自縛 介護士 マジキチ けじめ サスペンダー フィリピンパブ 覚醒 知的 GloryHole インテリ チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ  お店 ペット レディコミ ガン 肩書き ぼったくり 同い年 コレクション 収集 鮫肌 友人の嫁 テスト勉強 食事 婚前 森ガール 憧れ 精液検査 退職 牛乳 会長 ハシゴ 公認 試験 限界 おなら 宿直 アダルトグッズ 無抵抗 ビーチボール タトゥー 犬プレイ 美容院 委員会 ハダカ 添い寝 MオンナS男 図書委員 メタボ 校長 指フェラ 従姉妹の娘 搾乳 心身 ポニーテール ハゲ 再従兄弟 先輩の婚約者 マラソン 友達の家 従兄弟の嫁 アナルうんこ 新婦 スクール水着 台所 旦那の弟  姉妹●姦 友達の叔母 ゴーヤ 彼氏交換 ストリッパー トレーニング 行水 同期 生徒の母 兄弟 おっぱいアナル W不倫 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 同僚の妹 息子の先輩 アレルギー 延長 書道部 相撲 下ネタ 研修 OB 断捨離 エロなし 百合 兄の娘 リンチ 別居 予備校 こたつ ブルセラ 2ch チクニー 実験 ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ ニート ボンテージ 歳下女子大生 元ヤン 友達の父 ギャル男 サーファー 知り合い カウンセラー 発熱 無修正 彼女の父 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め 夏フェス ニューカレドニア 乳コキ ジジイ スナックのママ プリクラ  山岳 虐め シックスナイン 頬ずり タイツ  軽蔑 イメプレ サイクリング 性同一性障害 ネイリスト パリ 乳首舐め 母子交換 狭射 SNS ごっkん 生理不順 ハイレグ  ガーゼ ボクシングプレイ ホームセンター ボクシング部 通勤 大学受験 くじ引き 賞品 お化け屋敷 角オナニー 整体師 27P セフレ交換 サドル フェラテク 敬語 恨み 自棄酒 チャイナドレス 苦情 報告 婚活サイト 本気 不潔 検査 セミプロ 出前 保護 ウェディングドレス SMクラブ 生意気 カンボジア レディース 年始 初潮 チーママ 下品 貯金 スノーボード 暴発 事務 留守番 リンパ  白髪 セックス依存性 空家 腐れ縁 色弱 エクササイズ キャットファイト 初対面 お清め ソフトテニス部 ローライズ ワカメ オリモノ 転校生 オプション ハイボール 禁欲 ぢゃ性 ハイグレ 車検 鷲掴み レオタード 相部屋 まんぐり返し 遭遇 ドクター 生き別れ 自慢 出張ホスト かりまん オナペット 阿鼻叫喚 15P カマトト ユルマン 社長婦人 喘息 卓球部 制裁 フィジー 武勇伝 交換  利子 寄付 アナルファック 廃墟 コスプレ巨乳 自暴自棄 むっちり 黒タイツ 姉妹交換 70代 老婆 早熟 渋滞 キス魔 靴なめ ムチ ローソク 排泄 バンガロー 白ギャル キャッチ ヤンママ ボクっ娘 バニーガール 寝顔 鍋パ カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い Skype ジャージ 娘の元カレ 眼鏡 浮気相手 産婦人科 おなべ シンガポール 友達の兄 運動会 不眠症 医学部 伏せバック リア充 白衣 夫の従兄弟 出血 下宿 パフパフ 足ピン オン欄 逆玉の輿 twitter ヘルパー 狂気 監視 看護学生 クリーニング 猫耳  貸出 帰国 貧乏神 セックス依存症 精神科医  レストラン 腋毛 上級生 シ○タ 脚フェチ 部室 テニススクール 音信不通 サクラ アメリカ 中継 元旦 サプライズ 処女初体験 シミ付き セカンドバージン ケジメ 出会い 不満 逆ギレ 女優 ポカリ 小説風 スケスケ 近親○姦 馬鹿 プラトニック ニュージーランド人 母子○姦 インモラル バンコク ラーメン屋 女店主 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー 謝罪 叔母さん 半勃ち オジサン 男子校 バツ2 メガネっ娘 悪臭 社長の娘 サッカー少年団 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 保護者会 ペンション アイマスク キュウリ 摘発 ダブルブッキング イカ臭い 

フリーエリア