HOME > 【人妻体験談】 > 【搾乳体験】産後で乳が張った姉ちゃんの母乳を搾り取ったったwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


【搾乳体験】産後で乳が張った姉ちゃんの母乳を搾り取ったったwwww

関連体験談 :人妻搾乳母乳おっぱい巨乳GWフェラ
GWの初日、実家から姉が遊びに(東京へ)来ました。

姉は26歳ですが、

昨年の夏に初の出産をしてから遊びに出掛ける余裕が無く、

今回の連休に思いっきり羽を伸ばす為に

子供と旦那を置いてやってきました。

夕方近く、マンションのインターホンが鳴り

大きなバックを抱えた姉がやって来ました。

姉と会うのは昨年の産後の病院以来です。

僕は驚愕と共に瞬間的に勃起してしまいました。

何故なら、姉のその巨大過ぎる胸に・・・

もともと姉は爆乳でした。

まだ実家で同居していた頃に

オナニーのネタに姉のブラを使っていた時に見たサイズは

既にIカップでした。

僕が重度の巨乳マニアになったのは、

姉の存在が影響していると確信しています。

姉はジャケットを着ていても、その爆乳は大きく主張し、巨乳に詳しく無い人には妊婦と間違われる筈です。

ジャケットを脱ぐと、白いブラウスからは薄らと黒くてゴツイ、黒いレースのブラジャーが透けて見え、胸元はブラウスのボタンが今にも弾け跳びそうで、ブラに納まりきれない巨大なオッパイが上下に2段の膨らみを作っていました。

姉は山咲千里似で、体のラインも普通か、やや細めです。

僕は姉のオッパイに気が行っている事を悟られないように雑談するのに必死でした。

姉が

「青山、渋谷辺りで見たい御店があるから、渋谷で夕御飯を食べよう」

と言うので、二人で出掛ける事にしました。

地下鉄に乗ると、電車はGWなのに変に混んでいました。

後から押されるままに、僕が姉の後ろに覆い被さるようなカタチで納まりました。

姉のお尻にチンポが当たり、勃起していると姉がもじもじしているので

「やばい!」

と思い離れようとしたら、実はそうではなく姉の左隣の男が右脇の下から左手の拳で、姉のオッパイを押したり手の甲で押し上げたりしているのです。

最初は僕も勃起しながら見ていましたが、だんだん腹が立ってきたのでその痴漢の後ろ髪を掴み僕の方に振り向かせ睨みつけました。

幸い大事にはならず、そいつは惚けながら次の駅で逃げる様に降りていきました。

姉は小さく

「ありがとう・・」

と言うと、今度は僕に抱きつくような体勢に変えました。

片手で胸を押さえ、もう片方の手でしがみ付かれると、姉の良い香と共に眼下には、僕の体と姉の片手によって押し上げられた巨大なオッパイがブラウスの胸元から隆起していました。

僕はもうそれだけで満足だったのですが・・・。

ショッピングを終えて、渋谷の居酒屋で夕飯にしました。

僕は理想である姉とデートしているようで、とても良い気分でした。

又、周りからの姉へ(巨乳へ)の視線にも優越感を持てました。

ただ余りの大きさに気持ち悪いと思う人もいるようですが、山咲千里似の綺麗な顔立ちとのアンバランスさが、何とも言えないエロさを出しています。

僕は、ひょっとしたらココで姉を酔わせて、マンションに戻ってから寝た姉の巨乳を揉みたい!と思っていたので僕は酒を薦めたのですが、姉は

「授乳期間中はね、アルコールはそんなに呑んじゃいけないの!」

と遠慮したために作戦は失敗に終わりました。

ところが・・・居酒屋で会計を終えてすぐに姉が

「ねぇ、ひーちゃん(僕)、帰りの電車も又混んでいるのかな?」

と聞くので、僕はここで初めて

「多分混んでいるけど、ひょっとしてさっきの痴漢とかの事・・・?」

と、その話題に触れました。

「ううん・・それもあるけど・・・」

僕が問い詰めると姉は、搾乳をすっかり忘れていたのでオッパイが張り過ぎて痛いので、今すぐにでも搾りたいらしいのです。

何故居酒屋のトイレで出さなかったのか聞くと・・・。

「搾乳器をひーちゃんのお部屋に忘れてきちゃったの。

おっぱいてね、ただ手で搾り出すとぴゅーぴゅー何処に飛んでいくか分からないから、外で出す時は絶対に搾乳器が必要なのぉ、どうしよう?あんなに混んだ電車に乗って押されたらおっぱい出ちゃうよ、タクシーじゃ時間掛かり過ぎるだろうし・・・」

僕は冗談で(東急文化村近くにいたので)

「この辺はすぐにラブホテルがあるけど、ちょっと休憩で入って出す?」

と言うと、なんと

「・・・うん、仕方ないからちょっと寄って行こう!どっち」

と予想外の返事が返ってきました。

もう僕は心臓がバクバクで破裂しそうでした・・・。

ホテルに入ると僕はベッドに腰掛け姉に

「テレビでも見てるから、バスルームで搾ってきなよ」



「うん、今御風呂にお湯いれる。

飛び散っちゃうからお湯の中で出すね」

と言って、湯船にお湯を入れると姉は僕の横に座りました。

「ひーちゃん、今日は色々とありがとう、最後までこんな面倒見てもらって。

痴漢にも助けて貰ったしね!」

「僕も痴漢から女の人を守るなんて初めてだったからスッゲー緊張したよ」

「・・・お姉ちゃんね、本当のこと言うと、あの時にお姉ちゃんのオッパイ触ってるの、ひーちゃんだと思ったの・・・」

(僕は焦りながら)

「な、なんでだよ!僕が姉ちゃんに痴漢するわけ無いだろ!」

「お姉ちゃんね、知っているの。

ひーちゃん昔はいつもお姉ちゃんの下着で一人エッチしていたでしょ?今日もずっとお姉ちゃんのオッパイ見ていたのも気付いていたんだから・・・」

「・・・、ごめんなさい。

でもね、姉ちゃんて僕の理想なんだよ。

顔もやさしい性格も、(オッパイも、と言おうとしましたが堪えました。

)」

(姉は見透かしたように)

「おっぱいもなんでしょ?」

「う、うん・・・それもある・・・」

湯船にお湯がはられた頃・・・。

「ねぇ、ひーちゃん、お姉ちゃんのオッパイ搾るの手伝って。

一緒に御風呂入ろう」

そう言うと姉は白いブラウスを恥ずかしそうに脱ぎ出しました。

見た事も無い巨大な黒いレースのブラジャーからは、上の方から乳房が零れ落ちそうに溢れていました。

スカートのウエストから贅肉が垂れる事も無く適度な肉付きがみごとなラインを作っています。

いよいよブラを外すと、巨大な洋梨のような真っ白いオッパイがヘソのちょっと上くらいまで垂れ下がりました。

乳輪も巨大で、直径がアルバムサイズのCDくらいで茶褐色、小指の第1関節くらいの乳首からは母乳が既に滴り落ちていました。

真っ白な肌と、色素の濃い乳輪が凄まじくエロかったです。

「お姉ちゃんのオッパイ気持ち悪い?お姉ちゃんの事嫌いになった?」

「そんな事ないよ!姉ちゃんとっても綺麗だよ!」

「??ひーちゃんひょっとして変態?」

と茶化されながらも、

「さぁ、ひーちゃんもお洋服脱ぎなさい」

と、姉はなぜか母親のような口調になっていました。

お互い裸になると、

「ひーちゃん、ちょっと凄い・・・ダメよ、こんなに大きくしちゃ!」

とびんびんに勃起したチンポを指先で摘まれると、もう射精しそうになるくらい感じてしまいました。

そして、いよいよ胸と股間を高鳴らせ(笑)、バスルームに向かいました。

そして姉との搾乳体験が始まるのです。

浴室に入ると、姉は手早く自分の体を洗うと、ぼぉ~としている僕に、

「ほら、ひーちゃんも洗ったげるからこっちに来なさい」

と言うと手を持って引き寄せました。

急いでいる所為か丁寧ではありませんでしたが、手際良く腕から首、耳裏、と洗ってもらいました。

胸から腰まできた時に、姉が少し前かがみになると今まで僅かにポタポタとだけ垂れていた母乳が、噴水のようにシャーと出てきました。

搾るどころか触ってもいないのに・・・姉は気付いていません・・・さっきから出続けている母乳が僕のチンポに降り注いでいる事に。

生暖かい母乳の感触が・・・もうヤバイ!と思っていると、駄目押しが来ました。

姉が僕の腰下からお尻の下辺りを洗おうとした時に、さっきからブラブラ揺れながら母乳を噴射していた姉の爆乳が・・・丁度乳首から押し当てるように僕の反り返ったチンポに圧し掛かりました。

一瞬チンポが乳房の中に覆われ減り込んでから、プルンッと飛び出た瞬間に僕は耐えきれずに射精してしまいました。

姉の顎から乳房にかけて僕の精子が大量にかかってしまいました。

「ごめんね、ごめんなさい・・・(焦・・・)」

慌てて僕が謝ると姉は・・・。

「も~!ひーちゃん!いけないなぁ、お姉ちゃんより先に出してどぉすんの、コラ!いけないチンチンね、もぉ」

と言うと、まだ精子の垂れている僕のチンポにキスすると、軽く精子を吸い出してくれました。

さぁ、次はいよいよ湯船での搾乳が・・・石鹸とザーメンを流し終えると、2人でバスタブに漬かりました。

「ひーちゃん、オッパイの出るとこみたいでしょ?」

と、姉は言うと向かい合わせになり、湯船の中でオッパイを搾り出しました。

湯船の中で母乳は激しい勢いで噴射し始め、お湯は一瞬にして乳白色に染まり、僕は初めて見る光景に只々興奮するばかりでした。

「ひーちゃんも絞ってみる?」

「う、うん・・」

僕は巨大なオッパイを両手で掴み引っ張り上げると、ぎゅうっと搾りました。

でも??

「あれ??出ないよ。

さっきはあんなにでていたのに?」

姉は僕の手を取って、脇の下くらいの所へ持っていくと・・・。

「この辺から押し始めてね、押し出すようにして・・・そう、この辺(乳輪のちょっと上くらい)できゅっと搾ってごらん」

言われた通りにすると、僕がオッパイを湯船から持ち上げていた事もあり、母乳は激しく飛び散りました。

僕の顔、髪の毛、後の壁、天井にも届いていたかも。

「オッパイ飲んでもいい?」

「うん、いいよ」

僕は両手で右側のオッパイを抱え込むと、ひたすら母乳を吸い出しました。

その間、姉は

「ふふ、赤ちゃんみたいね」

と言いながら左側の搾乳をしていました。

僕はもう我を忘れて、母乳を飛び散らせながら両方の乳房を鷲掴みにすると、左右の乳首を合わせ一気に吸い、気が付くと

「姉ちゃん、好きだ・・・姉ちゃん、好きだ・・・」

と呟いていました。

姉は1度僕の顔を胸にぎゅっと押し付けた後、僕の顔を上に引き寄せディープキスをしてくれました。

「、(お姉ちゃんは)今夜はひーちゃんと一緒にいてあげるから、そんなに焦らなくてもいいのよ」

「ここで泊まっていくの?」

「うん!お姉ちゃんもオッパイも逃げないわよ。

(藁)」

オッパイは薄甘い感じで、決して美味しいものではありませんでしたが、それが姉の巨大な乳房から出ているものであるという事だけで満足でした。

気が付くと姉は僕のチンポを優しく撫でてくれていました。

僕は意を決して姉に・・・。

「姉ちゃん、あのね・・・ダメならいいんだけど・・・その・・・んんっと・・・」

「何よ、はっきり言ってごらん?」

「その・・・姉ちゃんのオッパイで、挟んでみたいんだけど・・・」

「挟む??・・・あぁ~!分かった、ひーちゃんパイズリの事いってるの?」

「うん・・・」

「まったくもお~、姉ねえちゃんのオッパイはオチンチンを挟む道具ではありません、男の子って如何してみんな(パイズリ)したがるのかな~?」

・・・沈黙・・・

「ひーちゃんそんなにしたい?」

「うん、したい。

でも姉ちゃんが嫌ならしなくてもいい」

「・・・分かった、してあげる。

上に乗っていいわよ」

そう言い姉はバスタブに寄り掛かると、両手でオッパイをぐっと持ち上げ挟みやすいようにしました。

ああ、憧れの姉ちゃんが、母乳を垂らしながら爆乳を持ち上げて僕を誘っている・・・。

こんな事が現実になるなんて、今思い出してもこの時の僕は興奮で頭に血が上り、目の焦点も定まっていなかった筈です。

(かなりの興奮状態にあったので、部分的に記憶が欠落していて、記憶をパズルの様に組み合わせながら書いています。

)僕がチンポを胸の谷間の下乳から挿しこもうとすると、姉は笑いながら亀頭を目掛けて母乳を噴射して遊んでいました。

母乳が尿道を直撃する度に、チンポがピクン!と反り返るのが面白いらしいのですが、僕はパイズリで思いっきり出したかったので、すぐにオッパイの中にチンポを隠してしまいました。

姉はゆっくり、優しく、僕のチンポを(扱くと言うより)さすってくれました。

チンポに絡まった母乳が爆乳との間で絶妙のぬめり感を出し、頭の上まで電気が走るような快感が襲いました。

「ひーちゃん、気持ちイイ?」

「姉ちゃん、ダメだよ・・・気持ち良過ぎてもうでちゃうよ!」

「もう、この子ったら!お姉ちゃんが飲んであげるから、さぁ、お姉ちゃんのお口に出しちゃいなさい」

姉はそう言うと、オッパイを更に僕の股間に押し潰し、僕の亀頭を露出させると、舌先で尿道をチロチロと数回舐めたかと思うと、亀頭を口に含み激しく吸い始めました。

僕は当然我慢できずに射精してしまいました。

余りの快感の所為で、僕の精子はドクドク、ドクドク、ドクドク・・・と止まる事無く射精し続けました。

姉は最初はゴクリと飲みこみましたが、2回目のゴクリは喉に絡まったらしくかなり苦しそうでした。

その時更に最後の精子がドクドクと出たために姉は咽込み、かなり苦しそうでした。

「ごぼ、げほ・・・げほ・・・う゜ぅ~」

姉は逆流した精子を苦しそうに吐き出していました。

(口と鼻から垂れる精子がオッパイに掛かり、それはそれでかなりエロかったのですが・・・)

「姉ちゃん、ゴメンネ・・・ゴメンネ・・・ゴメンネ・・・」

僕はひたすら謝り続けました。

すると姉は少し荒れた息遣いで、

「ひーちゃん、気持ち良かった?今度はひーちゃんがお姉ちゃんを気持ち良くしなさい。

いい、分かったかな?」

と言いベッドへ僕を引っ張って行きました。

・・・っと、その前に、バスルームを出ると姉は

「っさ、ひーちゃん体拭こうね~」

と言ってバスタオルで僕の体を拭いてくれました。

幼い頃に姉と一緒にお風呂に入っていた頃を思い出していました。

姉は髪をアップにまとめるとその上からタオルを巻き・・・さっと体を拭くとバスタオルを巻き2人でベッドに行きました。

ベッドの上で僕は姉にじゃれ付くようにオッパイにむしゃぶりついていました。

さっきあんなに母乳を搾り出したのに、おっぱいはどんどん溢れ続けていました。

僕が余りもおっぱいに執着し過ぎた所為か姉が、

「ねぇ、ひーちゃん?オッパイだけでいいの?今日はひーちゃんだけのお姉ちゃんなんだよ。

お姉ちゃんにもっと色んな事してもいいんだよ・・・」

と言ってきました。

実はさっきから姉の股間はぐしょぐしょでヌルヌルだった事に気付いてはいたのですが、もうちょっとこの爆乳で遊びたかった(だってこの先多分2度とこれだけデカイ爆乳には出会わないと思います。

)事と、少しいじめてみたかったのです。

「え?だって姉ちゃん、やっと(溜まっていた)おっぱいが出せて気持ち良かったでしょ?僕も姉ちゃんのオッパイ吸えて嬉しいよ」

「ひーちゃん、それだけでいいの?」

「・・・ふぅ~ん・・・(ちょっと意地悪な感じで)もっと気持ち良くなりたい人ー!はぁ~い手を上げてくださーい!」

姉は横に顔をそらし黙っていました。

僕は更に意地悪して・・・。

「SEXしたい人ー?はーぃ、いませんかぁ~?だったらしませんよー」

姉は顔を横に向けたまま小さく手を上げて

「・・・はい・・・したいです」

と小声で呟きました。

その声を聞いて僕は一気に両足を抱え上げ、姉にチンポを突き挿しました。

既にヌルヌルだったので、何の抵抗も無く挿入できました。

「きゃ!うっ・・・くふ、う・う~ん・・・はぁ・・・ひーちゃん、イイ、凄い、大きい」

姉は僕に抱きつき体を引き寄せると、狂ったように腰を振り出しました。

姉のマンコは入り口が吸盤の様に吸い付き中では亀頭を絞るように絞めつけ最高の快楽でした。

僕はその時、ある事に気付きました。

そう、ゴムするの忘れた!僕は正乗位で突きながら、ベッドの上の方にあるゴムに手を伸ばしました。

姉もそれに気付いたようで、姉が先にゴムを取ると素早く袋から取り出して僕のチンポに被せてくれました。

そして正乗位で1回終り(姉は2回逝ってました)、2回目に入り、姉を更に2回逝かせたのですが、僕がなかなか逝かないでいると、姉は突然マンコからチンポを抜いたかと思うと、ゴム引きぬき、

「さぁ、ひーちゃん来て」

と言って自ら挿入させました。

「ひーちゃん、もっと・・・もっと・・・お姉ちゃんと気持ち良くなろう!」

「姉ちゃんー!ダメだよ、出ちゃうよ。

気持ち良過ぎるよ。

姉ちゃーん!」

「ひーちゃん、出して、いいのよ、お姉ちゃんが何とかする、だからひーちゃん、出して、お姉ちゃんに出して、もっと気持ち良くして」

激しく腰を振り続けました。

もう(気持ち良さと何か吹っ切れた感じとで)僕も訳が分からなくなり、ひたすら姉の中に射精し続けました。

一番圧巻だったのは、正乗位、騎上位、など向かい合う体位すべてで姉の巨大な乳房を口に含みながら突きまくれた事です。

もう伸びる伸びる(藁)そして逝く瞬間は姉に母乳を噴射させながら一緒に逝きました。

もう朝まで6時間くらいハメ続けたと思います。

その代り、良く日マンションに帰ると姉は、

「ひーちゃん、お姉ちゃん・・・ちょっとヤリ過ぎたみたい・・・立てない・・・」

と腰にきてしまったみたいで、帰省も延期となりました。

その間また悪化すると悪いので挿入は控えましたが、搾乳は続けました(藁)別の週の話です。

姉がまた突然マンションに訪ねてきました。

手に荷物をいっぱい持って。

理由を尋ねると、どうも義兄(旦那)と喧嘩して出てきたようなのです。

姉は相当興奮していたらしく、部屋に入るなりいきなり

「抱いて頂戴」

と迫ってきました。

「姉ちゃん、いきなりどうしたんだよ。

ね、拙いんじゃない?いいの?」

僕は一応形ばかりの拒絶をしましたが、実は既にビンビンに勃起をしており、そしてカウパーもヌルヌルの状態でした。

「もう別れる・・・ね!ひーちゃん結婚しよ。

お姉ちゃんをお嫁さんにして」

「ば、馬鹿なこと言わないでよ・・・無理だよ・・・だって法律で・・・あ、あぁ」

僕の言葉を遮るように、姉は僕のペニスをズボンから引っ張り出して、即尺を始めたのです。

「ね、お姉ちゃん・・・」

「ひーちゃんが好き。

あなたの言う事なら何でも聞く・・・だから、ここに置いて。

ね、Hな言葉いっぱいいってあげる、尺八・・・」

「ね、姉ちゃん・・・あぁ・・・お、俺ぇ・・・もうケダモノになる」

「ひーちゃん、なって。

ね、お姉ちゃんの尺八気持ちいい?、ちんこいい?」

普段の上品な姉の言葉とは思えませんでした。

僕は燃え上がりました。

「ね、義兄さんにも毎日やってあげてるんでしょ?・・・あとどんな事するの?どんな言葉を吐くの?・・・たまらない・・・姉ちゃんマンコ見せて!」

「ん・・・いいわよ・・・待って・・・ん、ほらぁ、見える?お姉ちゃんのマンコ」

「うおぉ~・・・姉ちゃん・・・お、俺、もう出していい?・・・くっ姉ちゃん、あ!おっぱいも見せて・・・ね、そこに精子ぶっかけるから・・・ね、は、早くぅ」

姉がブラウスの前を開き、ブラジャーをずらした時に女性特有の優しい香り、そう母乳の香りが漂ってきました。

そして、その時が来ました。

「ね、姉ちゃん・・・あ!あぅ~!精子、精子浴びて・・・愛してるって言って」

「ひーちゃん、愛してる、お姉ちゃんはあなたの女よ・・・ね、精子頂戴!」

僕のチンポからは大量の精子が勢いよく噴出しました。

まず姉の両方の巨乳に浴びせ、そして腰を屈めて姉のマンコにもかけ、最後のほうの残り汁をやはり姉の顔になすりつけたのです。

先月末に法事があり実家に帰ってきました。

その法事の一週間前の事、姉からメールが・・・。

「お姉ちゃん指令!予定よりも1日早く帰ってきなさい」

ボクは当然察しがつきました。

実家に着くと、姉も予定より早く姪と到着していました。

旦那は仕事が忙しいから当日に来るとのこと。

夕食は一家団欒で外食しようということで、それまでの間、姪を母親に預けてボクと姉でショッピングに出掛けることにしました。



「ちょっと遠いけど伊勢丹まで行こうか?ひーちゃん車運転してよ」

ボク

「うん、どーせ暇だしいいよ」

車に乗ると、久しぶりに又姉と2人っきりになれて嬉しくて仕方ありませんでした。

今度は先回のように気を使う事も無く、まじまじと姉の巨乳を観察しました。

カーディガンの下では胸にフィットしたニットが大きく張り裂けそうに広がり、異様なアンバランスさの為に丈が足りずにヘソが見えそうでした。

「ちょっとひーちゃん、もう少し遠慮して見なさいよ!事故おこしちゃうわよ!(藁)」

「姉ちゃん、相変わらずスゴイおっぱいだね。

何カップ?」

「JかK・・・かな?もう少し落ちついたら正確に測ってオーダーするの。

・・・て、ひーちゃん。

もうおちんちんビンビンじゃないの、本当にもう~。

相変わらずひーちゃんも大きいコト(藁)」

・・・などとまだ続くのでした。

車を運転しながら、ボクは右手でひたすら姉の巨乳を揉み続けました。

でも、普通に世間話をしながらで、姉も嫌がる様子はなく、ごく普通に揉まれていました。

(wボクはもう犯りたくて仕方なく、適当な場所を探したのですが生憎見当たらず、結局伊勢丹に着いてしまいました。

立体駐車場に入ると、流石に平日と言う事もありガラガラに空いていたのですが、ボクはある事に気付いたのです!

「ねぇ、ひーちゃんここ空いてるよ、入れないの?」

「1番上まで行こうよ」

「え~なんでよ?」

最上階に着くと、案の定車が2~3台はあるものの人の気配はまるでありませんでした。

「ひーちゃん、何もこんな所まで来なくても?」

「姉ちゃん、ここでしよう!」

ボクはそう言って両手で巨乳を鷲掴みにすると、姉にキスしました。

姉は少し驚いた様で・・・。

「・・・ちょ、ちょっと、ひーちゃん待って、後でホテルに行ってあげるからそれまで我慢しなさい」

「だってぇ~、姉ちゃん見てるとチンチンこんなになっちゃって、このままじゃ外に出れないよ」

「それじゃお口でしてあげるからすぐに出しちゃいなさい」

「やったー、舐めて舐めて!」

ボクは車のシートを後ろまで下げて寝かし、姉に口でしてもらいました。

姉はいきなり口と同時に激しく手コキを始めて、抜きに掛かりました。

「さあ、早く逝っちゃいなさい」

「姉ちゃん、ブラ外して。

おっぱい揉みたい。

そしたらすぐに逝くから」

「しょうがないわね、それじゃおっぱいでする?」

そう言われパイズリされると、ボクはすぐに逝ってしまいました。

デパートの中に入ってからしばらくは、黙って姉のショッピングに付き合いました。

所が、レディースブランドのコーナーで姉がコートを試着していた時に店員がボクに、

「ご主人さま、奥さまは何ヶ月ですか?」

「え??」

「ええ??妊娠されて・・・え?あの・・お腹が・・・」

「胸ですよ・・・」

「あ、ああ・・あの、済みませんでした」

と顔を赤らめて謝っていました。

姉も平静を装っていましたが、内心怒っているのがボクには分かりました。

しかし、姉のあの巨大なおっぱいが妊婦にまで間違われる事や、ボクが旦那に間違われた事、など嬉しい事ばかりでした。

この時ボクは、もっと姉のおっぱいを色んな人達にアピールしたい(自慢したい)と思い、姉にチョット意地悪する事にしました。

一通り買い物が終わると、ボクはメンズ衣類売り場でレザーサスペンダー2組、ベルト2組を買いとりあえず車に戻りました。

誰もいない駐車場の屋上で、姉と2人でトランクに荷物を詰めているとき・・・。

「ねぇ姉ちゃん、さっきね・・・姉ちゃん用にちょうど良いかわいいブラジャーがあったから買っちゃった!」

「え~、そんなのあったぁ?合うサイズ無かったはずだけどなぁ?」

「正確にはブラじゃないんだけど・・・今ここで付けてみてよ!」

「嫌よぉ~、後でホテルに行ったら付けてあげるから・・・」

しかしボクは返事を待たずに、一気に姉の服を脱がしました。

「ちょ、ちょっと、ひーちゃん、分かったから乱暴はやめなさい。

お姉ちゃん着けて上げるから、これ以上乱暴すると本当に怒るわよ!」

ボクはさっき買ったサスペンダーを取り出しました。

まず、普通にサスペンダーを付けるように姉のチノパンの後方にワニ口で挟み、上から前方へと回すのですが、そのまま下に下げるのではなく外側からおっぱいを包むように内側に回し、胸元でクロスさせ、そのまままた後に返しました。

メンズのかなり長い物を買ったので長さは足りました。

もう一つは後から肩に回して首元でクロスさせ、おっぱいのしたで再びクロスさせおっぱいを挟み込む様にしました。

この時点でかなりエロいのですが、最後にベルト2本を連結させおっぱいの上下を挟み込む用に脇の下に回しました。

「ちょと何よ!これ!?、まるでSMじゃない。嫌よこんなの」

「姉ちゃん、お願い!後はホテルに行くだけだからさ、それまで付けて。

御願い」

困っている姉を尻目にボクは洋服を持ってさっさと車に乗り込みました。

姉も渋々助手席に乗り込み、その上からニットを着ました。

もうその姿と言ったら・・・今思い出してもニヤケテしまうくらい“凄い!”です。

縛られてパンパンに腫れ、水平方向に飛び出したおっぱいはタバコを縦に2箱分くらい飛び出し、真横からそのまま握れてしまうのです!

「ひーちゃん、今は揉まないで、おっぱい(母乳が)出ちゃう」

既に乳首の先端からはセーター越しに母乳が滲んでいました。

さて、ボクはこのままホテルに行くわけも無く・・・。

オススメエッチ体験談


人妻デリヘル使ったら知り合いの奥さん登場w棚ボタエッチ最高っすw

匂いフェチの俺がデリヘル嬢のパンツの匂い嗅がせてもらった話

ムカつく従姉のオナニー目撃して弱みにつけ込みやりたい放題の変態セックス

ゲーマーで美巨乳な彼女の母親とベロチューしながら膣内射精w

教え子の処女を貰い、今でチンコをしゃぶり続けるエッチな女にした話

モデルのスカウトに騙されてAVに出演し、中出しされてしまった私・・・

手首をポッキリ骨折してしまった俺が姉の手コキで手フェチになってしまった件w

Gカップ爆乳な派遣社員の私が仕事でミス・・・屈辱の性処理係に・・・

旅行先で巨乳な彼女が目の前で寝取られ号泣する俺氏・・・

年の離れたデブな姉ちゃんとセックスしたら涯で最高のパートナーになった話

妻を寝取らせ妊娠!さらに他の男にも抱かれ肉便器に成り下がる妻の話

大学の可愛い後輩のフェラテクに悶絶w放出したザー汁を全部飲み干しました

旦那が単身赴任中に疼いた体を上司に壊れそうな程激しく突かれ3Pにハマった話

純情だと思ってた職場の後輩がけっこうエロくてパイパンにしてって言われたから

出会い系で連れた女性がスイミングスクールのインストラクターで凄く興奮した話

初めてセックスした元彼に再会して不倫・生でエッチして中出し許しちゃいました

インポな俺が妻を満足させたくて会社の部下に妻を抱かせたエロ体験

彼女が元カレにスパンキングされて喘ぐセックス中の声を電話で聞いた話

主人に嘘をついて不倫旅行へ行ってきた私のエッチ体験

夏休みに実家に帰ったらネーチャンの友達とヤレたからwwwwwwwwww

なかなか出会いのない職場で知り合った女性とドピュドピュ中出しセックス!

海でナンパしたらドスケベな女神が釣れたンゴwwwwwwwwwww

マッサージが気持ちよくてマンコがヌルヌルwオチンチン受け入れちゃいました

主人が早漏でセックスが淡白だからオナニーがやめられないんです。。。

セックスが上手い大学の先輩の前で便利な女を装ってセフレ関係にwww

女子大生の時に家庭教師のバイトで教えてた男の子にはめられた話

可愛くて天然を装った計算高い幼馴染を助けてたら修羅場に巻き込まれた件

人生初チンコが介護施設のおじいさんじゃ嫌という妹と・・・

リストラされた弟と同居したらイタズラされちゃった私のエッチ体験

一人暮らしを始めた頃、私の露出への願望はエスカレートしていきました

妻が浮気?会社休んで監視したらニューハーフに寝取られてたんだがwww

五十路熟女の私が年下の若い男性の虜になったエッチ体験

同級生の母親と顔射セックスしたったwwwwwwwwww

サークル仲間に付き合ってることを内緒にしてた彼女がゲーム感覚でヤラれた話

新社会人の妹にマッサージした結果⇒アナルに指入れながらの兄妹セックスwww

オナニーばっかりしてたパイパンの私は先生に処女を奪われ・・・

欲求不満で淫乱なパイパン事務員さんと職場で淫語セックスwwwwwwww

妻以外の女性とSEXの体験がなかった僕が金髪の巨乳白人女性と不倫した話

中出しOKな可愛い彼女が他の男とセックスする姿が見たいw

OLの私がお兄ちゃんと狂ったようにセックス!ションベン飲み干しましたwww

従姉妹に妻のパイパンがバレて、何故か3Pでアナルセックスすることにwww

【洋物エロ話】もう黒人との激しいエッチしか満足できないのかな。。。

【洋物エロ話】僕の彼女は、外人にアナルを開花されました

出会い系使って人妻を妊娠させちゃったときの話

サイトで知り合った可愛い人妻に中出ししまくり孕ませたSEX話

おっぱいナースの和香ちゃんとのピストンセックスエロ話

部活の後輩に「中で出してっ!」って言われた時の話

妻が他人に見られイタズラされる姿を見て異常な興奮を覚えた話

PCの修理費を体で払ってもらった話

【洋物エロ話】ブラジルワールドカップでの最高のエロ思い出

姉に上目遣いでお願いされてセックスしちゃった話

乱交パーティーに誘われて参加した時の壮絶な話

オススメエロ画像


渡辺千紗 むっちりした太ももがエロイBカップのパイパン美少女 151枚

夏バテ気味のチンコが復活する三次元エロ画像寄せ集め 75枚

閲覧注意な素人さんのアブノーマルなSMプレイ画像 97枚

幸せな気持ちになれるおっぱい画像詰合せ 72枚


小川桃果 むっちりFカップ美女の自撮り&SEX画像 200枚

明日から仕事なのに夜更かししてオナニーにしまくる三次元エロ画像寄せ集め 75枚

黒髪素人娘の悶絶ハメ撮りセックス画像 121枚

股を広げて無言でチンコを要求するM字開脚画像 72枚

江奈るり エッチなBカップ美少女のセックス画像 200枚

せっかくの連休なのにオナニーばっかしちゃうエロ画像寄せ集め 75枚

野本ゆう 感度が良い微乳素人さんのハメ撮り画像 157枚

ココロが踊る制服美少女のパンツ画像まとめ 72枚

夏希結愛 性欲が強い淫乱美熟女画像 200枚

海の日でマンゴーの日だから外でハメたくなるエロ画像寄せ集め 75枚

【素人】スレンダー美女のオナニー&顔射セックス画像 97枚

強く押し付けられたいおっぱいの谷間画像まとめ 72枚

唯川みさき ドスケベなグラマラス美女画像 200枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

近親●姦 レ●プ 三十路 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 父子●姦 痴● 性●隷 全裸 夫婦交換 安全日 友達の母 スカ●ロ 逆レ●プ 勃起 画像 無防備 オシ●コ ビキニ シ●タ DQN 妻の友達 二穴 オタク バレないように トラウマ インストラクター 喘ぎ声 ママ友 肉●器 獣● 妻の過去 還暦 友達の妻 M字開脚 隠し撮り お盆 剣道部 バイアグラ マン毛 聖水 花火 イメプ 妻の姉 マット 本気汁 相互鑑賞 クスコ メイド 姉の彼氏 リスカ サッカー部 土下座 豊満 貝合わせ 男の潮吹き お客 美少女 近○相姦 マン汁 お局 3P 質問ある? テント 素人 兜合わせ ラッキースケベ オナホ 鑑賞 美容師 再婚 ボーイッシュ マンスジ ギャップ 酒池肉林 性接待 地味 デリヘル嬢 ヘタレ  愚痴 チンぐり返し ドレス 上司の嫁 講師 神社 美術部 レ○プ キメセク アクメ 手錠 ベランダ 社長 穴兄弟 性教育 自撮り ボランティア 後輩の彼女 ヤンデレ ノンケ アフター リハビリ アヘ顔 マザコン マニア 相互オナニー テニス 教育実習 花見 プレゼント 新婚 逆痴● スカウト ゴルフ 顧問 避妊 医師 モテ期 金髪 騎上位 メンズエステ メガネ 釣り PTA ストレス 春休み 背面座位 不妊症  染みパン タンポン 性感マッサージ 美人局 放置プレイ アラフィフ 回春マッサージ オーナー 添乗員 一人暮らし SM 鼻フック 目の前 ホットパンツ ニーハイ 寝起き ゴルフ場 手術 ムチムチ ストッキング スイミング VIPPER 性生活 マンぐり返し ケンカ コテージ M字 ギャルママ 写真 見せ合い 首絞め シングルマザー キチガイ マイクロビキニ 脱衣 弁護士 尾行 チンカス 接骨院 恋人交換 イベント ハミ毛 OL 罵倒 発見 黄金 4P ブサメン 租チン 実家  団地妻 逆●漢 パジャマ 友達の奥さん パワハラ 喧嘩 マジックミラー 膝枕 北海道 ボーナス 夜勤 M性感 ヒッチハイク ハメ潮 ご奉仕 非処女 ガムテープ ジョギング 姫初め スポーツクラブ 社長夫人 生保レディー 免許 DJ 独身 ロープ 先輩の母 倦怠期 集団 回春 弓道部 姉の夫  仁王立ち 小悪魔 友達の夫 エロ画像 女湯 自虐 スケベ椅子 M男 エロ写メ 言いなり ナプキン エロゲ 男性恐怖症 屈曲位  エロゲー エロ動画 グラマー 別荘 団地 ペニスバンド 夫の兄 スパッツ ホテトル ギター 挑発 出会い喫茶 オムツ スカイプ バレー部 子作り ペニクリ 金持ち 直穿き 主人 タレント 夫の同僚 ファザコン 初夜 喪男 台湾 先輩の奥さん 上司の奥さん BBA 帰省 閉経 喪女 婚活 唾液交換 新幹線 新年会 夫婦喧嘩 韓国 攻略法 震災 臭い 皮オナ 自転車 流産 パパ友 オーストラリア 床上手  フィリピン人  盲腸 唾液 チアリーダー 警察 立ちション 竿付き 流出 無精子症 潔癖 恐怖 露天 柔道部 拡張 性感帯 ライブ 筋トレ ロリ系 役員 レ〇プ 貧乏 ぎっくり腰 隠撮 即ハメ 三角関係 お姉さん グラビアアイドル ハワイ 野菜 フェス 小柄 地雷 バキュームフェラ 新妻 上司の妻 ライブハウス グラドル 臭いフェチ 美尻 近所 苦痛 エロ本 黒髪 電話中 ハプバー スロット フツメン Fカップ 体育館 エロ漫画家 両親 麦茶 ティッシュ おもてなし フィギュアスケート部 嬢王様 ふぇら ダンス 弟の妻 ボディービル 同情 デルヘル 脱サラ メガネ屋 地雷女 ぱふぱふ 東京 マリッジブルー お祝い 正月明け 体操部 ハブニングバー 儀式 失笑 洗脳 腰痛 夫の上司 着信拒否 読者モデル 想定 プロレス 悪酔い 日系ブラジル人 プロゴルファー 相互 ブーツ 絶縁 擬似レイプ バイブフェラ アスリート タダマン リベンジポルノ 診察台 四つんばい 処理 母子家庭 オキニ 汚物 乳がん パラダイス 男子禁制 屈辱的 IUD 逆プロポーズ 水泳教室 女子プロレスラー 治し方 アスリート女子 泳げ鯛焼き君  筋肉痛 神秘 興奮 インフルエンザ 偶然 ぶっけけ バストアップ 雌犬 配信 タイ 無臭 帰宅 チンピラ 宿題 保育園 寝起きドッキリ チキン マッサージ師 主張 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め ゴミ箱 使用済み マナー 勇気 おへそ  密会 トラック おねだり パイチラ 中性 フタナリ 健全 ラノベ せどり 塾講師 新歓コンパ 自尊心 近○相○ 人参 竿姉妹 祖母 紳士 インドネシア人 ポロリ キッチン 一気 パーカー 焦らしプレイ 韓国エステ 谷間 恋人 オーディション ローカルテレビ 企画 共依存 メス豚 俳優 精液便所 星姦 蟲姦 リフレクソロジー 乱暴 ラブレター 寝落ち 出禁 便器 カミングアウト バスタオル バナナ ピーナッツ 既婚 妻の友人 お花見 義理の娘 ボルチオ エアロビクス ノルマ ブラック企業 我慢 長ネギ 宴会芸 地獄 料理教室 胸糞 背徳感 種違い 訪問販売 ネットH  他人棒 背面騎乗位 二次エロ画像 フェイスブック マギー 号泣 たまごっち はしご 美肌 ファン ポッチャリ 看板娘 流行  先輩の妻 悲惨 料金 サランラップ ヤリ目 びっぷら 親族 ちんぐり返し 伊豆 仲居 支配 射精管理 婚約 目覚ましフェラ 近●相姦 彼女の弟 介護 おあずけプレイ エレベーター 職権乱用  介護職 バージン おねしょ バスケ 性○隷 マッチョ 辻本杏 吊り橋効果 気絶 友達の旦那 友達夫婦 全身リップ 性上位 同伴 パトロン 姉妹相姦 ハードセックス ランデブー 草食系男子 キモメン オタク女子 性感エステ 泥沼 助手 交換条件 ケツ毛 洗濯バサミ 同性愛 上目遣い 飯岡かなこ 沖田杏梨 シラフ 避妊リング 口臭 処女膜 社長婦人 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 台湾人 芸能 男湯 腕枕  限界 会長 退職 現地妻 おなら 宿直 ハダカ 精液検査 憧れ 牛乳 森ガール 女神 婚前 生本番 社員 胸毛 ふたなり 風習 中だし 継母 半陰陽 マンコ 万馬券 ブラチラ 飛行機 10P 倒産 後輩の妻 隠しカメラ 恋愛禁止 吹雪 シンママ イジメ 兜合せ 録音 逆セクハラ カツアゲ 交尾 日焼け 添い寝 MオンナS男 肩書き ガン  ガーゼ twitter レディコミ お店 友人の嫁 鮫肌 同い年 ぼったくり ペット ヘルパー 狂気 足ピン パフパフ 看護学生 クリーニング  下宿 夫の従兄弟 監視 逆玉の輿 オン欄 出血 収集 コレクション 犬プレイ タトゥー 食事 テスト勉強 GloryHole ビーチボール アダルトグッズ 図書委員 委員会 美容院 無抵抗 知的 インテリ けじめ マジキチ サスペンダー スワッピングクラブ  自縛 介護士 チン蹴り 人間不信 覚醒 フィリピンパブ 貸切 ニーソ 虐め  山岳 ジジイ 乳コキ 便秘 タイツ チクニー 友達の叔母 実験 シックスナイン 頬ずり スナックのママ プリクラ ハイレグ 生理不順 狭射 母子交換 性同一性障害 ごっkん SNS  軽蔑 イメプレ 元カノの妹 姉妹●姦  再従兄弟 アナルうんこ ハゲ 従姉妹の娘 指フェラ 従兄弟の嫁 友達の家 彼女もち 生徒の母 マラソン 先輩の婚約者 搾乳 心身 彼氏交換 同期 ゴーヤ 旦那の弟 台所 行水 トレーニング ポニーテール 新婦 スクール水着 ストリッパー サイクリング ネイリスト 悶絶 同期の妹 チア部 同時イキ 親切 芸能事務所 カナダ 無修正 彼女の父 校長 メタボ セリクラ マンカス 股間 穴あきパンティ 染み 元嫁 塩対応 仕事 控え室 ママ  新婚初夜 無礼講 発熱 知り合い 友達の父 元ヤン ニート 筋肉フェチ  歳下女子大生 ボンテージ パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス ソープ嬢 寝盗られ 顔舐め 編みタイツ バット 引き籠もり カウンセラー ひとり暮らし 狸寝入り 音声 お小遣い ギャル男 サーファー レストラン 腋毛 自棄酒 敬語 竹刀 チャイナドレス 苦情 恨み 将棋部 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 お清め ソフトテニス部 喘息 マンション 制裁 フィジー 武勇伝 交換  利子 寄付 アナルファック 廃墟 本気 フェラテク 白髪  セックス依存性 保護 出前 留守番 リンパ キャットファイト 初対面 腐れ縁 空家 角オナニー お化け屋敷 ボクシング部 ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル ホームセンター くじ引き 整体師 27P セフレ交換 賞品 コスプレ巨乳 自暴自棄 まんぐり返し 遭遇 ドクター 生き別れ 自慢 出張ホスト かりまん オナペット ノロケ 阿鼻叫喚 15P カマトト イカ臭い 人助け 腐敗 出合い系 割り切り バレンタイン クォーター 母の妹 大家 出勤前 ボディービルダー ボーリング 片思い 相部屋 レオタード むっちり 黒タイツ 姉妹交換 70代 老婆 早熟 渋滞 キス魔 靴なめ ムチ ローソク 兄弟 ユルマン ローライズ ワカメ オリモノ 転校生 オプション ハイボール 禁欲 ぢゃ性 ハイグレ 車検 鷲掴み エクササイズ 色弱 おなべ 産婦人科 シ○タ 脚フェチ 半勃ち 浮気相手 娘の元カレ 伏せバック 医学部 友達の兄 シンガポール 眼鏡 オジサン 男子校 コスプレイヤー パンパン メガネっ娘 悪臭 アイマスク 姉の同級生 ラーメン屋 バツ2 叔母さん 謝罪 女店主 不眠症 運動会 貧乏神 帰国 白衣 リア充 ハローワーク 貸出 猫耳 上級生 精神科医 セックス依存症  カレー屋 葬式 ボクっ娘 ヤンママ バニーガール Skype ジャージ 白ギャル キャッチ テニスコート で四つん這い 鍋パ 寝顔 キュウリ 摘発 ポカリ 女優 小説風 バンガロー 排泄 不満 逆ギレ ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 スケスケ チーママ 下品 カンボジア 生意気 レディース 暴発 事務 ウェディングドレス SMクラブ 貯金 スノーボード 初潮 年始 プラトニック 馬鹿 コーヒーショップ 娘の担任 バンコク インモラル サプライズ シングルファザー 社長の娘 ダブルブッキング ペンション 保護者会 サッカー少年団 処女初体験 シミ付き サクラ 音信不通 アメリカ ケジメ 出会い 部室 テニススクール セカンドバージン 元旦 中継 婚約者 TV電話 

フリーエリア