HOME > 【女性視点体験談】 > バイブよりも太いオチンチンにビックリしちゃった女子大生
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


バイブよりも太いオチンチンにビックリしちゃった女子大生

関連体験談 :巨根バイブおもちゃ女子大生彼氏持ち浮気オナニー
いつものように大学の食堂で

昼食をいっしょにとっていた果歩と知子

毎度のようにくだらない事を知子が話し掛けるも

果歩は心ここに有らずといった様子

「果歩ぉ・・・果歩?・・・ちょっと、ねぇ果歩ぉ?」

「・・・・え?」

「どうしたのよ?昼間からボ~っとしちゃって。」

「う、ううん・・・別に、なんでもないよ・・・。」

「はぁ・・・あっ!わかった!友哉君とケンカでもしたんでしょ?」

「え?ち・・・ちが・・・」

結局昨日は友哉からメールの返事はなかった。

しかし、果歩の気持ちが暗くなっていたのは

それだけが原因じゃなかった。

『アッアッアッ・・・・アン・・・ぁ・・・ハァ・・・富田・・・さん・・・』

昨日、たまりに溜まっていた自分の欲求を開放した時、

頭の中で果歩は富田に抱かれていた。

そう、恋人の友哉ではなく、あのバイト先のオーナーである富田に。

自慰行為の後、ベッドの中でなんとも言えない罪悪感を感じ、涙を流した果歩。

頼りにしていた友哉がいなくなって、

すぐにこんな風になってしまった自分の弱い心が嫌だった。

このタイミングで友哉からメールが来なくなったのも、

そんな心に隙がある自分の責任ではないかと思ってしまうくらい

果歩はマイナス思考になっていた。

「ふ~ん・・・友哉君からメールが来なくなったかぁ。友哉君忙しいんじゃないの?」

「うん・・・たぶんそうだと思うんだけど・・・。」

「大丈夫よぉ、そんな心配しなくたって。あっそうだぁ!果歩、友哉君に電話してみたら?」

知子は明るい笑顔をつくってそう言った。

「電話・・・かぁ・・・うん、そうしてみようかな・・・。」

「きっと何かメールを送れない事情があったのよ。電話して声聞けば、すぐ安心よ。」

「うん、そうしてみる。ありがとう知子ちゃん。」

知子はいつも果歩をからかってばかりだが、

肝心なときにはいつも真剣に相談にのってくれたり励ましたりしてくれる。

そんな優しい知子と友達になれて本当によかったと、果歩は心の底から思っていた。

その日、雑貨屋さんのアルバイトを終え、自宅アパートの部屋に帰宅した果歩。

部屋に入り、すぐにパソコンの前に行きスイッチをつけた。

もしかして帰ってパソコンをチェックすれば

友哉からメールが届いていて、電話するまでもなく

自分は安心を得られるのではないかと、果歩は心のどこかで期待していたのだ。

メール返せなくってごめん、という友哉からのメール・・・

パソコンが立ち上がるのを今か今かと、焦りにも似た気持ちで待つ果歩。

「・・・・・・・。」

無言の果歩、TOPページに新着メールの文字は出てこなかった。

念のため、メール受信ボックスも確認してみる。

カチッ・・・・

マウスをクリックした音だけが部屋に響く。

「・・・メール・・・きて・・・ないや・・・。」

ため息のような声だけを発した果歩。

小さいようで大きな期待を抱いていた事で、

なんだかメールが来ていないのが余計にショックだった。

それと同時にさまざまな事が果歩の頭をよぎる。

友哉の身になにかあったんじゃ・・・という心配する果歩の心。

しかし、正直なところ果歩の心配はそれだけじゃなかった。

昨日の自分、頭の中でだけとはいえ、

友哉以外の男性と交わってしまった事で、

そのことが遠くにいる友哉に伝わってしまったのではないか・・・

そんな事は普通はありえないのだが、

どうしてもそんな風に思ってしまう果歩。

根拠もなにも無い事だが、とても悪い予感がしたのだ。

しかし、メールは来ていないから事の確認をするには電話をするしかない。

ベッドの上に座り、開いた携帯電話をじっと見つめる果歩。

友哉が無事であってほしいという気持ちが半分、

そして果歩自身の罪悪感からきている不安から開放されたいという気持ちが半分。

とにかく、いつも通りの友哉の声を聞けば、いろんな意味での安心が得られるのだ。

そんな期待と不安を胸に、果歩は携帯電話のボタンを押し始めた。

番号を押し終え、携帯電話を耳にあてる果歩。

プル・・・プルルルル・・・・プルルルル・・・・・

ドキドキ・・・

なにか受験発表の時のような、息の詰まるような思いだった。

(大丈夫・・・きっと知子ちゃんの言ってた通りになるよ・・・)

そう自分に言い聞かせながら友哉が電話に出るのをジッと待つ果歩。

早く友哉のあの声が聞きたい・・・。

プルルルル・・・・プルルルル・・・・

しかし、友哉はなかなか電話にでなかった。

オーストラリアと日本はそんなに時差は無いはずだから、

非常識な時間でもないはずだが。

(友哉・・・でないなぁ・・・もしかして寝ちゃったのかなぁ・・・・)

もちろんその可能性も十分あった。

(・・・でない・・・明日、もう一回掛けてみようかな・・・)

が、果歩がそう思って、電話を切ろうとした時だった。

プルルルル・・・・プル・・・ガザガザ・・・

突然コールする音が消え、電話が繋がったような音がした。

「・・・・あ・・・・もしもし?・・・・友哉・・・?」

『・・・・・・・・。』

「あれ・・・もしもし・・・友・・・」

『もしも~し!』

「え?」

やっと聞こえた声、それは日本語を話す女性の声だった。

『もしもしぃ?どちら様ですかぁ?』

一瞬頭がパニックになる果歩。

・・・あ、あれ、もしかして、番号間違えたのかな・・・

「・・・あ、あの・・・友哉の携帯・・・」

『あ~そうだよぉ、友哉の携帯だよぉ。あ、もしかしてあなた、日本の友哉の友達?』

やはりこれは友哉の携帯だった。

でも・・・どうして女の人が友哉の携帯にでるの・・・・

「・・・あ・・・あの・・・友哉は・・・・?」

「あ~ごめんねぇ、今友哉ちょっとシャワー浴びにいってるからさぁ、電話コール長かったからでちゃ・・・」

カチャ・・・

女性の言葉を最後まで聞かずに果歩は携帯電話を閉じた。

「・・・・・・・。」

バタっとベッドに倒れ天井を見つめる果歩。

友哉の声が聞きたかった・・・

・・・どうして・・・

「・・・・友哉・・・・・。」

なんとも言えない思いが胸の奥から込み上がってきて、大粒の涙が溢れてくる。

シーンと静まりかえった部屋の中で果歩のすすり泣く声だけが響いていた。

翌日・・・。

「・・・はぁ・・・・。」

ため息をつきながら自分の部屋でアルバイトに行くための準備をする果歩、

鏡のまえで身なりを整える。

鏡に映る自分の顔は前より少しだけ痩せて見えた。

この2日間まともな食事を摂れなかったのだ。摂れなかったというより、

ごはんが喉を通らなかったというべきか。

あれから2日間、果歩は大学とアルバイトを休んでいた。

友哉の携帯に電話したあの夜は、涙が枯れてしまうほど泣き続けた。

次の日、大学に行く時間になっても、

体と心が重く感じてとても行く気にはなれなかった。

知子は心配して電話を掛けてきてくれた、

果歩が涙声で『大丈夫だから』とだけ伝えると

『大丈夫じゃないでしょ』と言って、

その後果歩のアパートまでケーキを買って持ってきてくれた。

その時の知子はとても優しくて、一生懸命果歩を励ましてくれた。

そして土曜日の今日、知子の励ましのおかげで

少し元気を取り戻した果歩はトミタスポーツのアルバイトに行く事にしたのだ。

しっかりしなきゃと自分に言い聞かせる果歩、

それに、アルバイト先にもこれ以上迷惑をかけられない。

だけど・・・

あれから3日、友哉からは折り返しの電話どころか、メールの返事もない。

『今友哉ちょっとシャワー浴びにいってるからさぁ・・・』

あの時の女性の声、言葉が、思い出したくもないのに頭の中で何回も再生される。

浮気・・・

あの友哉が浮気なんて・・・

そう思うだけで、すぐ眼に涙が溜まってしまう。

グッと目を瞑り、その事を頭から必死に消そうとする果歩。

「もう・・・バイト行かないと・・・。」

溢れそうな涙をグッと堪えて、果歩は自宅アパートを出た。

「おぉ!果歩ちゃん!体調大丈夫かぁ?」

トミタスポーツに着いた果歩、スタッフルームの入り口付近で、

ここのスタッフで面接の時も同席していた山井に声を掛けられた。

「はい、もう大丈夫です。ご迷惑かけてすみませんでした。」

体調を聞かれたのは、

アルバイトを急に休んだ理由を風邪をひいたという事にしておいたためだ。

「そっかぁ、じゃもう普通にバイトの仕事今まで通りできるんだね?」

「はい、大丈夫です、もう完璧に治りましたから。」

「じゃあ、今日はプールの監視員の仕事頼んでいいかな?仕事内容は確かこのまえ富田さんに教えてもらったよね?」

「・・・監視員・・・ですか・・・。」

「うん、まぁほとんど座ってるだけだし、できるよね?」

「・・・は、はい・・・わかりました。」

確かに監視員の仕事は楽すぎるほど楽だ、しかし果歩は気が進まなかった。

「はぁ・・・またこれ着ないといけないんだぁ・・・。」

更衣室のロッカーの前で、ため息をする果歩。

手に持っているのは、

先日も身に着けた果歩の体には少しサイズが小さめの競泳用水着だ。

先日の事を思い出す果歩、

自分の身体に向けられる男性会員たちからの視線、そして富田。

富田の身体を見て、

淫らな想像をして水着に染みをつくってしまった自分自身のことを思い出す。

しかし、仕事を引き受けた以上、この水着を着ないわけにはいかない。

そう小さな覚悟を決め、果歩は身に着けている衣服を脱いでいった。

・・・やっぱり・・・

室内プールに出てきた果歩は、案の定、複数の男性会員達からの視線感じた。

嫌悪感ではない、しかし、とても恥ずかしかったのだ。

上はTシャツを着ているものの、下半身のハイレグ部分と、

水着が小さいために若干食い込んでしまっているお尻の部分、

男性会員達の視線は特にそこに集中している。

・・・やっぱこんなの恥ずかしいよぉ・・・

・・・早く監視台に座っちゃお・・・

監視台の椅子に座ってしまえば、下半身を見られることはほとんどない。

果歩は少し小走りぎみで監視台に向かった。

「あれ、果歩ちゃん?」

監視台に向かっていた途中、後ろから名前を呼ばれて果歩は振り返った。

「・・・あ、秋絵先輩?」

そこにいたのは、秋絵だった。しかも秋絵は水着姿、

水着は果歩の水着と同様の競泳水着のようだった。

「フフ・・・果歩ちゃん今日は監視員の係?」

「・・・あ・・・は、はい。」

果歩は秋絵の水着姿に見とれてしまっていた。

・・・すごい・・・秋絵先輩モデルみたい・・・それに・・・

それに秋絵のプロポーションからは、

女の果歩でもドキっとしてしまうような、

何か成熟した大人の女性の雰囲気のようなものを感じた。

「果歩ちゃん大丈夫?大学休んでたの・・・実は知子ちゃんに食堂で会ったからちょっと聞いちゃったんだけど・・・果歩ちゃん、友哉君との事で悩んでて休んでるって・・・。」

秋絵は心配そうな表情で果歩を見ながら言った。

「え・・・知子ちゃんが・・・?・・・はい・・・あの・・・ちょっと・・・」

その事を聞かれ、果歩の顔が少し曇る。

なんだか、こんな場所でも、

友哉の事を少しでも思い出すだけで泣きそうになってしまう。

「そっかぁ・・・私でよかったらいつでも相談のるからね、遠慮なく言ってね。」

「は、はい。ありがとうございます・・・。」

秋絵からそんな風に声を掛けてもらえたのは正直うれしかった。

知子にも励ましてもらったが、自分の中に何か詰まったような思いを、

果歩は誰かに吐き出したかったのかもしれない。

尊敬し、憧れている秋絵になら、

その詰まったものをすべて曝け出す事ができるような気がした。

そして秋絵なら、そのすべてを受け止めて、

いい答えを導きだしてくれる様な気もしたのだ。

「なになに?果歩ちゃん恋の悩みかい?」

「え!?」

突然聞こえた後ろからの男性の声。

いつの間にかすぐ後ろに来ていたその男性の声に

聞き覚えのある果歩は少しビックリして後ろに振り向いた。

「な~んだ、じゃあ果歩ちゃん休んでたのは風邪じゃなかったのかぁ」

その声の主は・・・先日同様、ビキニパンツの水着姿の富田だった・・・。

「え・・・・あ・・・すみません・・・あの・・・」

「ハハッ!いいのいいの!果歩ちゃんくらいの年頃は恋の悩みは多いもんだしねぇ。」

バイトの欠勤の理由が嘘だった事を正直に謝る果歩に対し、

富田はそんな事は気にしてないよ、といった感じの反応を見せた。

「そうかぁ、そういえば果歩ちゃん、彼氏と遠距離恋愛中だったもんなぁ。」

「・・・は、はい・・・」

果歩は一瞬富田の方を見たがすぐに目線を外して下に俯いてしまった。

プールからあがったばかりの、水の滴る富田の逞しい肉体を果歩は直視できない。

チラッと富田の身体を見ただけで、先日の自分の自慰行為を思い出してしまう・・・。

あの時、果歩は自分が富田に抱かれているシーンを想像して行為に及んだのだ。

そう、今目の前にいる富田の身体をオカズにしてオナニーをした。

あの夜の事を思い出すと、恥ずかしくて富田とまともに会話できそうにない。

下を向き顔を赤らめている果歩。

富田はそんな果歩の身体を上から下までジロ~っとイヤらしい細めた目で見つめる。

そして富田は秋絵の方を見ると、なにか目で合図を送った。

秋絵も富田のその合図に小さく頷く。

「ねぇ果歩ちゃん、今日バイト終ったらちょっと飲みにでも行かない?明日は学校もバイトもお休みでしょ?」

「え・・・飲みに・・・ですか・・・?」

「そうそう!こういう時はパァっと楽しくお酒を飲んで、ストレス発散した方がいいわ。ですよね?富田さん。」

秋絵は明るい表情でそう言い、富田のほうを見た。

「ハハッ!そうだよぉ!よし!今日は俺が奢る(おごる)よ!」

明るく振舞う富田と秋絵、果歩は自分を元気付けようと

ふたりが誘ってくれているのだと感じた。

「でも・・・そんな・・・なんか申し訳ないです・・・。」

しかし果歩は正直そんな気分ではなかった、

今日はバイトが終れば自分の部屋でまた一人で泣きたい気分だったのだ。

泣けば少しは気分がスッキリする。

嫌な事を忘れるためのお酒なんて、

果歩は今まで経験したことがなかったため、

なんだか気が進まなかったし、それで気分が晴れるなんて思えなかった。

「フフ・・・大丈夫よ、富田さんお金だけはたくさん持ってるから。」

「おいおい!お金だけってなんだよぉ!ハハッまぁ2人を奢るくらいの金は財布にあるけどなぁ。」

秋絵の言葉に対し富田は笑いながらそう言った。

「フフ・・・ね?果歩ちゃん、富田さんもそう言ってるし、どうかな?」

もうこうなってしまっては断るわけにはいかない。

「ホントに・・・いいんですか?」

「もちろん!」

富田が景気良くそう答える。

「じゃあ今日はいつもより早めに仕事あがって飲みに行くかぁ!」

「え・・・でも仕事・・・。」

早めにあがると言っても、

他のスタッフの方に迷惑が掛かるのではないかと、果歩は心配そうな表情だ。

「いいのいいの!オーナーの特権特権!ハハッ仕事は他の奴に任せればいいから!」

「富田さんホント仕事いいかげんですよねぇ。」

「いいんだよ!じゃあ、果歩ちゃん、いつもより一時間早くあがっていいから、着替えたら、スタッフルームで待ってろよな?」

「は、はい。」

・・・飲み会かぁ・・・

監視台の椅子に座る果歩、今日もこの仕事は相変わらず退屈だ。

ボ~っとプールを眺める。

そんな退屈すぎる時間、時計の針の動きが遅く感じる。

そんな時間を過ごすうちに、いつしか水色のプールを眺めていた果歩の視線は、

お客さんに泳ぎ方を指導している富田に向いていた。

『果歩ちゃんもずっと俺の身体見てたんだろ?』

ハっとして果歩は慌てて富田を見ていた視線を外した。

先日富田から言われた言葉を思い出したからだ。

どうしてだろう・・・無意識のうちに富田を見つめてしまっていた。

・・・今は友哉の事で頭がいっぱいなはずなのに・・・

恋・・・じゃない・・・

富田に対する果歩の思い。

それが単に性の対象として富田を見てしまっているという事に、

自分で果歩はしっかりとした自覚はなくても、

心のどこかでわかっていたのかもしれない。

友哉の事で心が疲れきってしまっているというのに・・・

そんな自分の気持ちに、先日の自慰行為の後と同じような罪悪感を感じる果歩。

富田さんは悪い人じゃない、というか富田さんはいい人だもの・・・

でも、富田を見て、変な気持ちになっている自分が、

まるで心の中で浮気をしてしまっているようで、自分で自分を許せなかった。

・・・でも・・・友哉は・・・友哉だって・・・

その日、富田と秋絵が提案してくれた飲み会、

メンバーは富田と秋絵と果歩、

そしてスタッフの中で特に富田と親しい山井の4人だった。

富田は居酒屋の個室を予約していてくれた。

その居酒屋は料理の値段はそこそこするようだったが、

味は申し分なく美味しかった。

そんな美味しい料理だから、自然とみんなお酒も進む。

富田 「さぁさぁ!今日は果歩ちゃんを励ます会なんだから、果歩ちゃん、さぁ飲んで飲んで!」

果歩 「あ・・・はい、ありがとうございます。」

秋絵 「富田さんあんまり果歩ちゃんに飲ませすぎちゃダメですよ。」

山井 「まぁまぁ、いいじゃん、俺果歩ちゃんが酔いつぶれるところ見てみたいし。」

果歩 「そ、そんな・・・だめですよ・・・」

富田主催のこの飲み会、果歩にとっては意外と楽しいものになっていた。

富田と山井の話は面白いものだったし、

秋絵が少し暴走気味の2人のブレーキ役になってくれている。

暗く落ち込んでいた果歩の心が、少しずつ晴れていくようだった。

友哉の事も、今は思い出すこともない。

果歩も楽しい気分でお酒が進む。これがアルコールの効果なのか、

飲めば飲むほど楽しく感じる。

富田のススメもあり、

果歩は今まで経験した事が無い程の速いペースでお酒を口にしていた。

コースで出されていた料理もすべて食べ終り、

デザートを口にしていた4人。

腕時計を見た富田が口を開いた。

富田 「さて、そろそろ次!二次会行こうか!」

果歩 「え・・・二次会ですか?」

山井 「そうそう、トミタスポーツの飲み会の二次会はいつも富田さんの部屋でって決まってるんスよね?」

富田 「ハハッそうだよ、俺の部屋なら酒もいっぱいあるしなぁ。」

果歩 「富田さんの部屋・・・ですか・・・?」

秋絵 「果歩ちゃん、私も行くから、二次会も富田さんの部屋でどう?」

果歩 「ん~っと・・・どうしようかな・・・」

秋絵 「明日は休みだし、今日はパァっとやりましょ?ね?」

山井 「そうそう!今日はなんたって果歩ちゃんが主役なんだから。」

確かに明日は休みだし、今はとても楽しい時間を過ごせている。

果歩はもう少しこの時間を味わいたいと感じていた。

果歩 「それじゃ・・・はい・・・いいですか?」

富田 「よ~し!果歩ちゃんからOK出たし、おい山井!タクシー呼べ!」

山井 「了解しましたぁ!」

威勢がいい男ふたり、その顔はニヤっとなんともイヤらしい表情をしていた。

この後の事を考えると2人は笑いを堪えることができなかったのだ・・・。

富田 「まぁ、適当なところに座ってくれよな。酒とつまみ持ってくるわ。」

盛り上がった居酒屋での飲み会の後、二次会として4人が向かったのは富田のマンションの部屋だった。

果歩 「わぁ~広い部屋ですねぇ!」

富田が住んでいるマンションは、まさに高級マンションと言っていい。

先日果歩が訪れた秋絵のマンション、

その部屋も高級感があり広々としていたが、

富田のマンションはそこ以上に豪勢で広い部屋だった。

山井 「ホント、うらやましいよなぁ。こんな所に住めるなんて。」

果歩 「本当ですね・・・。」

果歩は大きなソファに腰を下ろし、キョロキョロと辺りを見渡している。

部屋が広いだけじゃなく、置いてある家具も高級そうなものばかりだ。

富田 「ハハッ!でもまぁ、これはこれで、掃除とか大変なんだぜ。」

秋絵 「フフ・・・富田さんホントに自分で掃除してます?この前はお手伝いさんに頼んでるって言ってませんでした?」

富田 「ハハッ!まいったなぁ、秋絵ちゃん余計な事言わんでくれよぉ!」

やはりトミタグループの社長の息子であり、

トミタスポーツのオーナーでもあるのだから経済的に恵まれているのは当然だった。

こんな遊び呆けているような人間が、

このような恵まれた生活を送っていることに苛立ちを感じる人も多いはず。

しかしそんな富田の事を、お人好しの果歩は特に嫉んだりする事はなかった。

むしろ果歩の目には、

富田はトミタスポーツのオーナーとして立派に働いているように見えていたため、

尊敬のような気持ちさえあった。

最初の居酒屋に続き、二次会も富田が用意してくれたおいしいお酒とつまみ、

それに富田と山井の面白いトークで盛り上がっていた。

果歩も辛いことがあった反動なのか、

これまで飲んだことがないくらいお酒も進み、

頬をピンクに染め、富田と山井の話を聞きながら笑っていた。

・・・やっぱり参加してよかった・・・

秋絵先輩も富田さんもこうやって元気づけてくれて・・・やさしいなぁ・・・

果歩は心の中で富田や秋絵に感謝した。

今日は帰っても部屋でひとりで泣くだけだったはずが、

今はこんなにも楽しい気分でいられるのだから。

今この時間だけは嫌なことも忘れられる。

4人とも大分お酒を飲み終えて、盛り上がっていた時間から少し落ち着いて、

みんなソファに座りゆったりとした時間になった時、富田がふいに口を開いた。

富田 「それにしても、大変だよなぁ果歩ちゃんも、遠距離恋愛ってのは。」

果歩 「え・・・あ・・・はい・・・。」

突然富田にそんな事を言われ、友哉の事を思い出してしまい果歩の顔が少し沈む。

秋絵 「富田さん、そんな事言ったら果歩ちゃん嫌な事思い出しちゃうじゃないですかぁ。」

富田 「あ・・・あはは・・・あ~ごめんごめん!そんなつもりじゃなかったんだけど。」

富田はばつの悪そうな顔で慌てて謝った。

果歩 「い、いいんです・・・別にそんなお気遣いして頂かなくても・・・。」

秋絵 「フフ・・・あ、そうだぁ果歩ちゃん。彼との事、富田さんと山井さんにも相談してみたら?一応私達より恋愛の経験値はあるだろうし。」

山井 「ハハッ!一応じゃなくて、ありまっせ~経験値、特に富田さんは。そうっスよね?」

富田 「おうおう!果歩ちゃん、俺達でよかったら相談にのるぜ?恋愛相談なら馴れたもんだからさ。」

果歩 「・・・で、でも・・・そんな・・・。」

そんな事を言われても、

富田達に言ったところで状況が変わるとは思えなかったし、

せっかく楽しい飲み会を暗い雰囲気にしてしまうのではと、果歩は思った。

秋絵 「ねぇ果歩ちゃん、今日は果歩ちゃんを励ます会でもあるんだし、ここで思っていること全部言っちゃえばきっと気分も楽になるわよ、ね?富田さん達がしっかり受け止めてくれるわ。そうですよね?富田さん?」

「そうそう!誰にも言わずに悩みを溜め込んじゃうのはよくないぜ?」

確かにそうかもしれない・・・

ここで胸に詰まった苦しい思いを吐き出してしまえば

少しは楽になれるかもしれない・・・

アルコールが回っていたせいもあるかもしれないが、

果歩は誰かに今の自分の状況を擁護してもらいという気持ちになっていた。

こんなかわいそうな自分を慰めてほしいという弱い心に。

富田 「そうかぁ・・・彼氏の電話に女がねぇ・・・。」

山井 「いやぁマジこんな可愛い彼女がいるのに浮気とかありえないっスねぇその彼氏。」

秋絵 「私が知っている限り、友哉君はそんな事するような子には思えないだけどねぇ・・・。すごいマジメな子よね?友哉君って。」

果歩 「・・・・ハイ・・・私もそう思ってたんですけど・・・。」

友哉はそんな人じゃない・・・あの優しくてまじめな友哉がそんな事するはずがなかった・・・

そんな事するはず・・・

しかし、あの電話に出た女性・・・・あの言葉は・・・

『今友哉ちょっとシャワー浴びにいってるから・・・』

山井 「甘い!甘いなぁ~果歩ちゃんと秋絵ちゃんは、男なんてそんな美しい生き物じゃないんだぜ?」

富田 「・・・ハハッ・・・まぁなぁ。」

山井の言葉に富田はごもっともといった感じで頷いている。

山井 「どんだけ真面目そうな男でも溜まるもんは溜まるしねぇ・・・。」

果歩 「え・・・たまる・・・?」

富田 「ハハッ果歩ちゃん、果歩ちゃんだって男がある事をしないと溜まってちゃうモノがある事くらい知ってるだろ?」

果歩 「え・・・そ、それは・・・。」

もちろん、果歩もそれが何なのかは理解できたが、

恋愛相談のはずが突然の下の話に、果歩は顔を赤らめる事しかできなかった。

秋絵 「フフ・・・2人ともなんで急に下ネタなんですか?これは恋愛相談ですよ?」

言葉に詰まって困っていた果歩を見て、秋絵は男ふたりに言った。

富田 「ハハッ果歩ちゃん、恋愛の話と性の話は深く結びついてるんだよ?」

果歩 「・・・そう・・・なんですか・・・?」

果歩は富田の言っている意味がよくわからなかったのか、首を傾げている。

山井 「まぁさ、果歩ちゃん、男はあれが溜まってムラムラしているところに、セクシーな女とかが近づいてきたら、だいたいヤっちゃう可能性が高いんだよねぇ。」

富田 「残念ながら遠距離とかで彼女に会えない奴なんてとくにね。」

果歩 「そ・・・そんなぁ・・・。」

・・・そうなの?・・・男の人ってみんなそうなの・・・?

アルコールのせいで涙脆く(なみだもろく)なっていたのか、

果歩は男ふたりの言葉を聞いて目に涙を浮かべていた。

富田 「まぁ果歩ちゃんさ、果歩ちゃんはまだ若いんだし、何事も経験さ。今回の彼氏の事は残念だったけどさ。」

果歩 「・・・・・・・。」

富田 「女の子はいっぱい恋をしたり、いろんな経験して魅力的な大人の女になっていく訳だし。今回のことも、その一部だと思ったほうがいいよ、な?」

果歩 「・・・大人の・・・女性・・・・・・」

秋絵 「そうよ果歩ちゃん、恋も他のいろんな事もたくさん経験した方がいいわ。いい大人の女性になって、友哉君を見返すくらいにならないと。だから今回の事も、いい経験だと思ったほうがいいわ。」

果歩 「・・・でも・・・私は・・・友哉の事が・・・。」

友哉の事をそう簡単に忘れられることなど、今の果歩にはまだできるはずもなかった。

秋絵 「まだ無理して友哉君の事を忘れようとしなくていいの、時間を掛けてゆっくりでいいのよ、ゆっくり・・・。」

果歩 「・・・ハイ・・・。」

果歩は消え入りそうな小さい声で、悲しそうに返事をした。

山井 「そうそう!浮気してた彼氏の事なんてはやく忘れて、新しい幸せを見つけたほうがいいっしょ!」

果歩 「・・・新しい・・・。」

新しい幸せと言われてもピンと来なかった。

これは果歩にとって初めての失恋だったからかもしれない。

失恋の後の対処法を何も知らないのだ。

・・・新しい恋人を見つけるって事・・・?

・・・でも今はとてもそんな気分じゃ・・・

富田 「まぁとりあえず今日はさ、果歩ちゃんが早く彼氏の事を忘れる事ができるように俺達が協力するからさ。ささっ飲んで飲んで。」

そう言いながら富田は果歩の隣に座ると、

果歩が使っていたグラスに新たにお酒を注いだ。

果歩 「あっ、富田さん、もう私は・・・。」

もう結構飲んだ後だ。

今日の果歩はすでに今までにないくらいアルコールを摂取してしまっていた。

これ以上飲むのは少し怖い気がする・・・

富田 「いいじゃんいいじゃん、たまには・・・な?この酒うまいんだぜ?」

果歩 「じゃあ・・・後一杯だけ・・・。」

断れない性格の果歩、これだけ進められたら、

あと一杯くらいは飲まない訳にはいかない。

ゴク・・・ゴク・・・

富田 「お~いいねぇ!いい飲みっぷりだねぇ!」

グラスを口に運び、半分ヤケになった様に一気に入れられたお酒を飲み干す果歩。

もう今夜は・・・今夜だけは、

ここにいる先輩達に甘えてもいいかも・・・と果歩は思い始めていた。

・・・はぁ・・・熱い・・・なんだか体が熱くなってきた・・・

どうやら富田がさっき注いだお酒はアルコール度数がかなり高めのお酒だったらしい。

ちょっとだけ覚めかけていたアルコールが再び効き始め、

頬がさらにピンクになっていく果歩。

秋絵 「フフ・・・でもねぇ果歩ちゃん・・・女の子にはまだ果歩ちゃんが知らないような幸せがいっぱいあるのよ。」

富田とは反対側の果歩の隣に座った秋絵が

ポ~っとアルコールが回ってきている果歩に話しかけた。

果歩 「・・・私がまだ知らない幸せ・・・・ですか・・・?」

ボ~っとする頭で考えてみても秋絵の言っている意味がよくわからなかった果歩。

その時、秋絵は何やら怪しい笑みを浮かべて、

果歩に気付かれないようにして山井に目で合図を送った。

山井はその合図を確認すると、ニヤっと笑い口を開いた。

山井 「そういや、彼氏の事は置いておいても、果歩ちゃんは大丈夫なの?」

果歩 「・・・え?・・・大丈夫って何がですか?」

富田 「ハハッ、そうだよなぁ・・・果歩ちゃんも女の子とはいえ、年頃だもんなぁ。」

富田と山井がニヤニヤと笑みを浮かべているが、

果歩はその意図する事が何なのかサッパリわからない。

山井 「果歩ちゃんもさ、彼氏と遠距離ってことは、いろいろと溜まってんじゃないのぉ?」

果歩 「えっ?・・・・」

富田 「ずっとしてないんじゃ・・・溜まってるんだろ?果歩ちゃんも。」

果歩 「え?え?・・・な、なに言い出すんですか2人とも・・・。」

男ふたりの質問の意味がわかった果歩は、カァっとピンク色だった顔色を赤色に変えて言った。

というか、こんな質問は普通、

男性が女性に面と向かって言うことではないと思った。

秋絵 「フフ・・・ちょっと2人とも質問がストレートすぎますよ。」

困り果てる果歩をフォローするように秋絵が富田と山井に言った。

山井 「ハハッごめんごめん・・・でもさ、実際問題あるだろ?果歩ちゃんだってムラムラする事。」

果歩 「・・・そ・・・それは」

正直者で嘘をつけない性格の果歩は、そんな事ありませんとは言えずに言葉に詰まってしまう。

富田 「清純で可愛い果歩ちゃんも人間だもんなぁ・・・果歩ちゃんがそういう時どうやってムラムラを処理してんのか興味あるわぁ!」

果歩 「と・・・富田さん」

あまりに直接的な富田の言葉にもう恥ずかしくてしかたない様子の果歩。

いや恥ずかしいと言うより、もうこれはセクハラのようなものだ。

しかしここで、今まで男ふたりの下ネタから果歩を守ってくれていた秋絵が信じられない言葉を口にする。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん・・・果歩ちゃんはムラムラしたらバイブオナニーで処理してるんだよねぇ?」

果歩 「あっ秋絵先輩!!?」

果歩は自分の耳を疑った。

秋絵が今言った事、あの事は心を許した女の子同士の秘密だったはず。

秘密だったはずというか、常識的に暗黙の了解で秘密のはず。

山井 「うっわ~マジ!?果歩ちゃんバイブ使ってんの!?」

富田 「ハハッていうか、果歩ちゃんがオナっちゃてるって事実だけでなんかすごいな。」

果歩 「え?・・・あ・・・あ・・・あの・・・・。」

もう恥ずかしいどころではない。

それにアルコールで意識ボーっとしているのもあり、思考もうまく回らない。

パニック状態の果歩は富田と山井に何を言われても返す言葉が見つからなかった。

秋絵 「これだけ可愛い果歩ちゃんも人の子だものね、いいのよ果歩ちゃん、それぐらいの事は女の子でもほとんどの子はしてるわ。」

果歩 「秋絵先輩・・・でも・・・どうして・・・?」

・・・どうして富田さんと山井さんの前でそんな事・・・

秋絵 「フフ・・・ごめんね、果歩ちゃん。でもね、果歩ちゃんが大人の女性に一歩近づくにはこういう勉強も必要なのよ?」

果歩 「・・・秋絵先輩・・・よく言ってる意味が・・・勉強って・・・?」

秋絵 「だからね、女の子だってエッチな勉強は少しはしないとね。男の子が逃げてっちゃうのよ。」

果歩 「・・・でも・・・私は・・・。」

秋絵 「友哉君がなぜ浮気しちゃったのかはわからないけど、これからのために果歩ちゃんはもう少し知識と経験を増やしておいた方がいいと思うわよ?」

果歩 「そんな事・・・言われても・・・。」

確かに同年代の周りの子と比べれば果歩はそういった事の知識も経験も少なかった。

・・・でも・・・だからって・・・私がそんなだから友哉は他の女の子と?・・・そんな・・・・

秋絵 「幸いここにいるお二人さんは、知識も経験も豊富だしね。」

富田 「よ~し果歩ちゃん!俺達で良かったらいくらでも協力するぜ?なぁ山井?」

山井 「もちろんっスよ!果歩ちゃんのためなら何でもするって。」

そう言って果歩に詰め寄ってくる男ふたり。

果歩 「えっ!?・・・ちょ、ちょっと!待ってください!」

果歩は反射的に逃げるようにソファの背もたれの方に身体を引いた。

話が想像もしてなかったあらぬ方向へ進み始めて、

果歩の頭の中はさらにパニック状態になっていた。

果歩 「あの・・・なんか・・・話が変な方向にいってません?」

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、もしかして果歩ちゃんは友哉君と付き合っていてもこういった事は全部受身だったんじゃない?」

果歩 「・・・それは・・・・。」

そう言われれば、友哉との交わり時はすべて友哉に任せて、

友哉の言う通りにしていただけだった。

しかしそれは、果歩は知識も経験もなく、

恥ずかしがり屋でもあったため仕方がなかった事かもしれない。

富田 「ハハッなるほどね、果歩ちゃんは彼氏にまったく自分の気持ちを解放していなかったって事だな?それじゃ彼氏さんがちょっと気の毒だなぁ。」

果歩 「・・・・解放って言われても・・・。」

なんだかこれでは果歩が性に疎いせいで友哉が浮気したんだと言われているようだ。

山井 「男ってのは相手に気持ちよくなってもらってなんぼだからなぁ・・・果歩ちゃんが気持ちを解放してくれなかったら・・・彼氏の気持ちも盛り上がらないよなぁ。」

果歩 「・・・そんな事言われても・・・。」

確かに友哉の前で果歩はそんなに乱れた姿を見せた事はない。

秋絵にもらったバイブレーターでのオナニー。

あの時のような興奮は友哉との性交で感じた事はない。

・・・でも、それって私が悪いの?

友哉にまかせっきりだったから・・・?

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃんは友哉君にフェラチオもしてあげた事ないんだよね?」

果歩 「・・・ハイ」

フェラチオ、男性器を口に含んだり舌で刺激したりする行為。

果歩は知識としては知っていても実際に友哉にしてあげた事はなかった。

それは友哉から頼まれたこともなかったし、

もちろん恥ずかしがりやの果歩から積極的に行為に及ぶことなどあるはずがなかった。

しかし、果歩の本心では、フェラチオに興味がないわけではなかった。

それどころか先日、果歩は男根の形を模ったバイブレーターをまるで

フェラチオをするように口に含んで舐めていたのだから。

山井 「え~マジ?果歩ちゃん彼氏にフェラしてあげたことないの!?あ~そりゃ彼氏かわいそうだわぁ!」

富田 「今時フェラチオしないカップルなんて珍しいよなぁ?」

果歩 「・・・そ・・・そうなんですか・・・。」

なんだかさっきから果歩は自分ばかり責められているようで、

今にも泣きそうであった。

しかしその一方で、富田達が言うとおり、

性に消極的な自分に友哉は不満を抱いていたのかもしれない、

と思うようになっていた。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、じゃあ果歩ちゃんのこれからの恋愛生活のためにも、ちょっとここで練習してみない?」

果歩 「練習・・・ですか・・・?」

秋絵 「そう、フェラチオの練習をね。」

怪しい笑みを浮かべながら言われた秋絵の言葉に、

アルコールでボ~っとした頭で少し考え、

その意味を理解した時、果歩の身体は熱くなったのだった・・・。

山井 「よ~し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」

山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。

果歩 「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。」

山井 「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。」

急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。」

果歩 「秋絵先輩・・・そんな事言われても・・・。」

果歩が困惑するのは当然だ、

憧れの先輩である秋絵の提案とはいえ、

フェラチオという行為を彼氏でもない男性相手にするなんて。

富田 「そうだ秋絵ちゃん、まずは秋絵ちゃんがお手本を見せてあげればいいんじゃないか?」

果歩 「え・・・?」

秋絵 「う~ん、そうですね。それじゃ果歩ちゃん、私がするの見ていてくれるかしら?」

果歩 「・・・秋絵先輩が・・・するのをですか・・・。」

秋絵 「そうよ、見るだけならいいよね?」

果歩 「・・・でも・・・・。」

富田 「ハハッ果歩ちゃんは純情だなぁ、まぁ見るだけなんだからさ。な?経験経験!」

果歩 「見る・・・だけですか・・・?」

富田 「そうそう!見るだけ見るだけ!」

果歩 「・・・・・・。」

見るだけ・・・普通なら他人がフェラチオする所を見るなんて

それだけでも異常なことかもしれない。

しかし、先に果歩自身がフェラチオの練習をするという話から、

秋絵がフェラチオをするのを見るだけという話に

ハードルが下がったためだろうか、

果歩の心の中は見るだけならいいかな、

という気持ちが芽生え始めていた。

そして果歩は自分の身体に起きている変化にも気がつき始めていた。

また、おまんこが熱くなってきちゃってる・・・

それはアルコールのせいだけではなかった。

先日、秋絵の部屋でAVを見た時と同じ、

あのなんとも言えない身体の奥から湧き上がってくるムラムラ感を、

今再び果歩は感じ始めていたのだ。

憧れの女性である秋絵がするフェラチオ。

性に対する好奇心にも似た気持ちが果歩のガードを下げようとしていた。

秋絵 「フフ・・・それじゃ果歩ちゃん、よく見ててね。」

黙ったままでも、嫌ですとは言わない果歩。

秋絵は果歩のその反応をOKサインと判断したようだ。

山井 「ハハッじゃあ秋絵ちゃん、よろしくお願いしま~す。」

山井は秋絵の前に仁王立ち、秋絵は膝立ちで、

顔はちょうど前に山井の股間がくる位置だ。

果歩はそんな2人のすぐ横のソファに富田と共に腰を掛けている。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、この前のAVと違ってモザイクなしだからね。」

果歩 「・・・・・秋絵先輩・・・。」

秋絵は山井のベルトに手を掛け、カチャカチャと音を鳴らしながら外してく。

富田 「へぇ・・・果歩ちゃんAV見たんだ?バイブでオナニーするわAV見るわ、果歩ちゃんって意外とスケベなんだな?」

果歩 「そ!そんな事・・・・・ないです・・・。」

隣に座る富田からの言葉に果歩は自信無さげにそれを否定し、恥ずかしそうに俯いた。

秋絵はそんな果歩の様子を見て笑みを浮かべながら山井のズボンを下ろしていく。

山井 「よいしょっと・・・。」

ズボンを下ろされた山井は脚からズボンを抜き、

秋絵は山井が脱いだそのズボンをソファに畳んで置いた。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、ちゃんとこっち見てて。」

果歩 「・・・・・。」

下に俯いていた果歩は、秋絵の言葉で顔を上げ、二人の方を向いた。

そこには下半身がボクサーパンツ姿の山井と、

そのパンツに指を掛けた状態の秋絵の姿。

無意識のうちに山井の股間に目がいってしまう果歩。

山井のボクサーパンツの中心は大きく膨らんでいた。

一目見ただけでその中に入っている物の質量が

途轍(とてつ)もなく大きい物である事がわかる。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、これ見たらビックリするわよ。」

果歩はその言葉を聞き、恥ずかしいのか再び下に俯いてしまう。

富田 「あ、そうか、果歩ちゃん彼氏意外のチンポ見るの初めてか?」

秋絵 「果歩ちゃん、私があげた小型バイブでも大きいってビックリしてたもんね。」

山井 「ハハッマジ?じゃあ果歩ちゃんの彼氏のって・・・」

友哉としか経験がなかった果歩にとって、

確かにあのバイブはとても大きなサイズに感じられた。

しかし、秋絵の言葉を聞いていれば

おそらく山井のパンツの中に納まっているものは

それ以上の大きさなんだと容易に想像できた。

富田 「まぁまぁ、とりあえず果歩ちゃん、しっかり山井のチンポ見てやってよ。これも大人の女性になるための経験のひとつだと思ってさ。」

もはや大人の女性になる事と山井の性器を見ることが

どう関係するのか理解できない果歩であったが、

今の果歩は恥ずかしがりながらも、

頭の中では山井のパンツの中の物が気になって仕方なかった。

経験の少ない果歩にとって、

友哉以外の男性器は興味がないと言えば嘘になる。

どんな形をしてるんだろう・・・

どんな色をしてるんだろう・・・

富田 「果歩ちゃんも恥ずかしいかもしれないけど下半身曝け出す山井はもっと恥ずかしいんだからね。ほら、ちゃんと見てあげてくれよ。」

山井 「果歩ちゃん、俺果歩ちゃんのために恥ずかしいけど耐えてみせるよ!」

冗談っぽく言う山井の言葉に、顔を赤くしながらもクスっと笑ってしまう果歩。

それは最初拒否反応を見せていた果歩が、

この状況に少し打ち解けてきた証拠なのかもしれない。

そして果歩は再び目線を山井の股間に向けていた。

秋絵 「フフ・・・じゃあパンツ下ろすよぉ・・・。」

ゴク・・・・・

思わず生唾を飲み込んでしまう果歩。

恥ずかしがりながらも何かを期待するかのような果歩の様子を、

隣に座っている富田はニヤニヤと笑みを浮かべながら眺めていた・・・。

スル・・・・

山井のボクサーパンツに掛けた手をゆっくりと下げていく秋絵。

まず見えたのはチリチリと生い茂る山井の陰毛。

山井の陰毛が見えた時点で速くなっていた果歩の心臓の鼓動はさらに加速する。

ドキドキドキドキ・・・・

さらに秋絵の手は止まることなくパンツを下ろしていく。

そして・・・

ブルンッ

窮屈に収まっていたソレは今秋絵の手により解放されたのだ。

ついにその全容を現した山井の肉棒。

そしてそれを目の当たりにした果歩は目を丸くして思わず両手で口を覆った。

あまりの驚きに言葉を失う果歩。

富田 「どう?果歩ちゃん、山井のチンポは。」

その形、色、大きさは経験の少ない果歩にとってはあまりに衝撃的で、

そして何よりその見た目は物凄く卑猥な感じがした。

まだ勃起していないのであろう肉棒はダランと下を向いているものの、

その大きさには初めて見た女性、いや男性であっても驚くだろう。

長さはともかく、太さは勃起していないにも関わらず、

すでに先日果歩を絶頂に導いたバイブレーターの太さを遥かに凌いでいた。

果歩 「すごい・・・ですね」

とにかく、果歩が唯一知っている友哉のアレとは

比べ物にならないほどの大きさであることは確かだった。

富田 「ハハッおい山井!果歩ちゃんがすごいですねだってよ!」

山井 「いやぁ果歩ちゃんにそう言ってもらえて脱いだ甲斐があるよぉ!」

男達が笑っている間も果歩の目は伏せ目がちでも山井の股間をジッと見つめていた。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、山井さんのコレね、ほら、まだ勃起してないでしょ?」

秋絵の言葉に小さく頷く果歩。

普段の大人しい果歩を知ってる者からすれば、

勃起という言葉を果歩が理解していること自体、なにかとてもイヤらしい事のように感じてしまうかもしれない。

秋絵 「果歩ちゃん、山井さんのこれが大きくなったとこ見てみたい?」

果歩 「え・・・・それは・・・。」

見てみたかった。

もはや自分がそれを望んでいる事を否定できない果歩。

しかしそれを言葉にしてお願いするのは

恥ずかしがり屋さんの果歩にとってはあまりに酷だった。

富田 「どうだい果歩ちゃん?果歩ちゃんが見たいって言わないと山井のビンビンに勃起したチンポ見れないよ?」

ビンビンに勃起したチンポ・・・

富田の言葉を聞いただけでも果歩はオマンコはカァっと熱くなる。

ドク・・・ドク・・・と身体の芯が熱く、

そしてその熱はオマンコに集まってきている。

先日のようなムラムラ感、オナニーを我慢できないようなムラムラ感。

そして今、そのムラムラ感によって我慢できなくなっている事。

それはあの言葉を口にして秋絵と山井にお願いする事だった。

その言葉を言わなければ先に進まない。

・・・見たい・・・

果歩はもはや自分のその欲求を抑えることができない程になっていた。

果歩 「・・・・・見たい・・・・です・・・。」

果歩は顔を真っ赤にしてそう小さく呟いた。

私・・・何言ってるんだろう・・・

アルコールと非日常的な状況に興奮した状態の頭で

果歩はボンヤリとそんな事を考えていた。

富田 「おい山井!果歩ちゃんがお前のチンポが勃起したとこ見たいだってよ!」

山井 「ハハッ果歩ちゃんも段々ノッてきたっスねぇ!果歩ちゃんが見たいなら仕方ない、秋絵ちゃん頼むわぁ。」

秋絵 「フフ・・・じゃあね果歩ちゃん、今から大きくするからね。そこで見ててね。」

秋絵はそう言って、しなやかな手を山井の股間にもっていき、

その極太の肉棒をギュッと軽めに握った。

すると山井の肉棒は早々にムクムクと膨らみ始めた。

秋絵 「フフ・・・すごい反応いいですね山井さん。」

山井 「そりゃ果歩ちゃんに見られてるんだから興奮するよぉ。」

徐々に頭を上げ始めた肉棒を今度は上下に扱き始める秋絵。

秋絵手の動き、それは果歩にとっては物凄くイヤらしさを感じるものだった。

上下にピストンさせる手の動き、性運動そのものの動きがなんだかとても淫らな感じがしたのだ。

そしてしばらく秋絵の手コキによって刺激された

山井の男性器は逞しく勃起したのであった。

果歩 「・・・・・・・。」

通常の状態の大きさにも驚いていた果歩にとっては、

勃起した山井の肉棒の姿は信じれない程の物だった。

自分の目を疑うとはこの事だ。

長さも太さも先程とはまったく違う、別物だった。

その男性器の真の姿を目にした果歩の身体はさらに熱くなった。

秋絵 「・・・・どう?果歩ちゃん、大きくなったでしょ?・・・って、フフ・・・果歩ちゃん、お口が開いてるよ。」

果歩 「あっ・・・・」

果歩は秋絵の言葉に慌てて口を閉じた。

富田 「ハハッ、果歩ちゃんもう山井のチンポに夢中だねぇ。」

果歩 「富田さん・・・。」

顔を赤くするだけで何も言えない果歩。

今の果歩の頭は今までには無い程の興奮を感じていた。

あんな大きなもの、おまんこに入れられたどうなっちゃうんだろう・・・

などということまで果歩は考えてしまっていたのだから。

小型のバイブレーターでもあの圧迫感だった事を考えると少し怖くもあった。

ふとそんな事を考えていた果歩の前に富田が立ち上がった。

丁度ソファに座る果歩の目の前に富田の股間があるという位置だ。

富田 「じゃあ、山井だけってのもなんだし、果歩ちゃん、俺のチンコも見てみないか?」

果歩 「え・・・・・・?」

富田 「え?じゃなくて果歩ちゃん見たいんだろ?俺のチンポも。」

果歩 「わ、私は・・・あの・・・。」

富田 「だってよ、果歩ちゃん監視台の上から俺のココ、ずっと見てたしよ。興味あるんだろ?見てみたいんだろ?」

果歩 「・・・富田さん・・・。」

監視員の仕事をしていた時の果歩の心中をズバリ当てられ、

何も言えないで赤面する果歩。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、いいじゃない。私が山井さんにするのを見ながら富田さんので練習すれば。」

果歩 「れ、練習なんて・・・でも・・・。」

富田 「まぁ練習するかどうかはとりあえず俺のを見てからにすればいいさ。」

そう言って富田は果歩の目の前でベルトに手を掛けた。

カチャカチャ・・・

果歩 「え・・・あの・・・。」

果歩が動揺してる間にも手早くベルトを外し、続いてズボンを脱ぎ始める富田。

バサッ・・・・

脚からズボンを抜き去り、下半身パンツ姿になった富田は

まるでその姿を果歩に見せ付けるかの様に腰に両手をあて仁王立ちになった。

突然の事に思わず一瞬顔を背ける果歩だったが、富田の下半身から漂う、

不気味かつ何か果歩を引き付けるような雰囲気に、恐る恐る目を向けてしまう。

トミタスポーツのプールでトミタの水着姿を見た事はあったものの、

今改めて見る富田の下半身は、果歩の火照った身体をさらに熱くさせた。

ガッチリとした冨田の下半身、山井も逞しい身体をしていたが、

富田の方が大きな筋肉がついていてより力強く果歩は感じた。

そしてやはり何より果歩の目を引いたのは、富田の股間部分だった。

ビキニタイプのブリーフ、

その中心の膨らみは先に見た山井のものよりも

大きいのではないかと思わせる程のものだ。

富田 「じゃあ、あとこれは果歩ちゃんに脱がせてもらおうかなぁ。」

富田はそう言って自分のパンツを指さした。

果歩 「私が・・・ですか・・・?」

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、富田さんの窮屈そうなソレ、可哀相だから早く解放してあげて。私からもお願いするわ。」

果歩 「秋絵先輩・・・。」

富田 「頼むわぁ果歩ちゃ~ん。」

普段の果歩ならこんな事は断固拒否しただろう・・・

いや、少なくとも以前の果歩なら、この部屋を飛び出して逃げてしまったに違いない。

当然だ、付き合っている彼氏がいるのにこんな事をするわけがない。

だいたい、彼氏以外の男の部屋にあがる事自体なかったはずだ。

しかし、今の果歩は違った。

友哉との関係には暗雲が立ち込めている。

友哉の浮気・・・

そのあまりにショッキングな出来事に果歩は半分自暴自棄になっていた。

今夜はその出来事を無意識のうちに自分の記憶から消そうとしたのか、

アルコールを今までにないくらい摂取してしまった。

それに加え、先日、秋絵から渡された大人の玩具を使い

人生で初めての性的快感を経験した果歩。

今まであまりに無垢だった果歩、

性に対する好奇心がここに来て急激な加速を始めていた。

富田 「な?果歩ちゃんいいだろそれくらい。」

少し考えた後、果歩は小さく頷いたのであった。

この時点で果歩の頭の中では

〝今夜くらいは羽目を外していいのかな・・・〟

と思い始めていたのかもしれない。

恥ずかしがりながらも頷いてOKのサインを出した果歩の様子を見て

ニヤっと笑みを浮かべた富田。

富田 「じゃあ、頼むわ果歩ちゃん。」

富田はそう言ってソファに座る果歩にさらに近づいた。

果歩 「・・・・・ハイ・・。」

果歩もソファに深く座っていた体勢から少し前にのりだし、

山井と秋絵と同じように、果歩の丁度目の前に富田の股間がくる体勢になった。

そして少し間をあけた後、ゆっくりと手を富田の腰に持っていく果歩。

一瞬、間違った道に足を踏み入れてしまうような気持ちになった果歩だが、

今の果歩にはそれにブレーキを掛けることなどできなかった。

真っ白な綺麗な手でブリーフの両端を掴んだ果歩は、

上を向き表情を伺うように富田の顔を見た。

富田 「そう・・・いいよ、そのまま下に下ろして。」

富田の言葉に小さく頷いた果歩は、一呼吸置いて、

ブリーフをゆっくりと下げていった。

見たい

夢にまで出てきた、富田のペニス。

そして今、現実の世界で果歩の目の前にその姿を現したのだった。

オススメエッチ体験談


ナンパしたら逆に弄ばれてアナルにまで指つっこまれたエロ体験

酔っ払った勢いで予備校講師の男性を家に連れて帰りエッチしちゃった話

童貞だった俺。憧れの人妻が初体験で生ハメ中出しセックスさせてくれた話

妹とアナルセックスまでしてしまった話って需要ある?

【お持ち帰り体験】友人の結婚式の3次会で仲良くなった女の子が泥酔したから・・・

セックスレスなムチムチボディの隣の奥さんとが不倫セックス気持ちよかった件

嫌がっていた妻が3Pの快楽に溺れて乱れ狂った件

17歳の子持ち人妻ギャルとの中出しセックスしたエッチ体験

三十路の独身先輩女性2人と3人でHした話

エッチが大好きだった教育実習生の先生とのエロ体験

40代後半で熟女な私が初めて浮気した話

泥酔している人妻を助けたら舌使いがセクシーなドスケベな女だった話

同じマンションに住む美乳でスレンダーな若妻とセックスしたら相性抜群で今でも不倫関係

一人旅したら30代の子持ちの人妻と生でセックス出来た件

入院中に仲良くなった年下の人妻の口の中に大量射精したフェラチオ体験

大学の男友達3人と連続中出しセックスしちゃった私のエッチ体験

田舎に住む俺が姉貴に筆おろししてもらった時の話

【キメセク体験】極上のセフレを逃した件

出会い系で知り合った同い年の女の子との初めての中出し体験!

妻がパイパンにwww夏祭りで寝取られていることが発覚wwwwww

出会い系で知り合った看護学生のオマンコ舐め舐め中出しセックス!

パート事務員の募集で来た近所の主婦はM字開脚でチンコをオネダリするユルマン女

酔っ放った3つ上の姉にチンコを弄ばれてセックスまでしちゃった話

逆ナン旅行を楽しむ痴女な私のエッチ体験

Mっ気が強い帰国子女の彼女のヌードを撮影したんだが・・・

最近まで私達は平凡な夫婦だったんですが、妻が働くようになった結果・・・

【体験談】義母との同居で起きた恥ずかしかった話

【洋物エロ話】総武線沿いのコスパ最強の風俗でモデル並のプロモーションのチャイと合体www

妻の妊娠中に、子持ちの従姉に手コキで抜いてもらった話

修学旅行でハーレムになった話

パート先の店長に玩具にされた話

【体験談】妻が義弟の前でレ〇プされた話を聞きました

サイトで知り合いセフレ関係になった彼女の話

【洋物エロ話】片言の日本語が可愛い中国人が僕の初めての外人との初体験だった

何人もの性欲旺盛で淫乱な奥さんと関係を持っている話

復縁を迫る元カノにイカされまくった話

【洋物エロ話】綺麗なロシア系巨乳白人2人と日本男児が出会って即セックスwww

SNSで知り合った短大生とセックスまで持ち込んだ話

【自動車ディーラー体験談】告白してきた同僚と展示車の中で潮吹き散らしから生中出しSEX〈後編〉

【体験談】母への性感帯マッサージを整体師の友達に頼みました

【体験談】ビデオテープには先輩の奥さんの不倫現場が写っていました

地方で出会った人妻とセックス三昧だったエロ体験

【体験談】寝取られ願望が叶った瞬間

【体験談】大好きな彼と付き合って初めてエッチした時の思い出

卒業旅行のオーストラリアで体験した無邪気な乱交

【体験談】エッチした熟女はかなりの淫乱女でした

【体験談】スタイル抜群の元上司の奥さんとお店でエッチしました

スーパーのトイレで欲求不満の女性と初体験

【体験談】友達がいる隣の部屋で友達の妹と初エッチしました

【体験談】耳舐め手コキしてくる淫乱妻(31)の底なし性欲

出会いカフェで出会った20歳の学生とのエッチ体験談

【体験談】妻がバイト先で調教されている事がわかりました

【妹との体験談】「近親〇姦するよ」と言い生のチンポを挿入「いやあああ!」と悲鳴を上げて仰け反った

オススメエロ画像


深美せりな バスト98cm、Iカップのムッチリ爆乳美女画像 200枚

ムラムラした気持ちを無理やり抑えるオナニー用エロ画像寄せ集め 75枚

穴あきホットパンツで露出しちゃう変態な素人お姉さん画像 73枚

三次元 お姉さんがパンツ脱ぎかけてる画像まとめ 72枚

浅田結梨(ゆーりん) キュートなFカップ美少女画像 200枚 その2枚

すぐ射精しちゃいしうになるエッチな画像寄せ集め 75枚

可愛い美少女JKのちょっとエッチな画像 84枚

エロ過ぎて勃起不可避なコスプレ画像まとめ 72枚

彩奈リナ(七原あかり) Hカップ美女の自撮り&SEX画像その2

チンコが勃起しすぎて痛くなる三次元エロ画像寄せ集め 75枚

大量射精不可避な3次元エロ画像寄せ集め 75枚

ムラムラして寝れない夜にオススメのエロ画像寄せ集め75枚

稲見亜矢(いなみ あや)童顔美少女のセックス画像まとめ156枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグ

近親●姦 レ●プ 三十路 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 父子●姦 痴● 性●隷 全裸 夫婦交換 安全日 友達の母 スカ●ロ 逆レ●プ 勃起 画像 無防備 オシ●コ ビキニ シ●タ DQN 妻の友達 二穴 オタク バレないように トラウマ インストラクター 喘ぎ声 ママ友 肉●器 獣● 妻の過去 還暦 友達の妻 M字開脚 隠し撮り お盆 剣道部 バイアグラ マン毛 聖水 花火 イメプ 妻の姉 マット 本気汁 相互鑑賞 クスコ メイド 姉の彼氏 リスカ サッカー部 土下座 豊満 貝合わせ 男の潮吹き お客 美少女 近○相姦 マン汁 お局 3P 質問ある? テント 素人 兜合わせ ラッキースケベ オナホ 鑑賞 美容師 再婚 ボーイッシュ マンスジ ギャップ 酒池肉林 性接待 地味 デリヘル嬢 ヘタレ  愚痴 チンぐり返し ドレス 上司の嫁 講師 神社 美術部 レ○プ キメセク アクメ 手錠 ベランダ 社長 穴兄弟 性教育 自撮り ボランティア 後輩の彼女 ヤンデレ ノンケ アフター リハビリ アヘ顔 マザコン マニア 相互オナニー テニス 教育実習 花見 プレゼント 新婚 逆痴● スカウト ゴルフ 顧問 避妊 医師 モテ期 金髪 騎上位 メンズエステ メガネ 釣り PTA ストレス 春休み 背面座位 不妊症  染みパン タンポン 性感マッサージ 美人局 放置プレイ アラフィフ 回春マッサージ オーナー 添乗員 一人暮らし SM 鼻フック 目の前 ホットパンツ ニーハイ 寝起き ゴルフ場 手術 ムチムチ ストッキング スイミング VIPPER 性生活 マンぐり返し ケンカ コテージ M字 ギャルママ 写真 見せ合い 首絞め シングルマザー キチガイ マイクロビキニ 脱衣 弁護士 尾行 チンカス 接骨院 恋人交換 イベント ハミ毛 OL 罵倒 発見 黄金 4P ブサメン 租チン 実家  団地妻 逆●漢 パジャマ 友達の奥さん パワハラ 喧嘩 マジックミラー 膝枕 北海道 ボーナス 夜勤 M性感 ヒッチハイク ハメ潮 ご奉仕 非処女 ガムテープ ジョギング 姫初め スポーツクラブ 社長夫人 生保レディー 免許 DJ 独身 ロープ 先輩の母 倦怠期 集団 回春 弓道部 姉の夫  仁王立ち 小悪魔 友達の夫 エロ画像 女湯 自虐 スケベ椅子 M男 エロ写メ 言いなり ナプキン エロゲ 男性恐怖症 屈曲位  エロゲー エロ動画 グラマー 別荘 団地 ペニスバンド 夫の兄 スパッツ ホテトル ギター 挑発 出会い喫茶 オムツ スカイプ バレー部 子作り ペニクリ 金持ち 直穿き 主人 タレント 夫の同僚 ファザコン 初夜 喪男 台湾 先輩の奥さん 上司の奥さん BBA 帰省 閉経 喪女 婚活 唾液交換 新幹線 新年会 夫婦喧嘩 韓国 攻略法 震災 臭い 皮オナ 自転車 流産 パパ友 オーストラリア 床上手  フィリピン人  盲腸 唾液 チアリーダー 警察 立ちション 竿付き 流出 無精子症 潔癖 恐怖 露天 柔道部 拡張 性感帯 ライブ 筋トレ ロリ系 役員 レ〇プ 貧乏 ぎっくり腰 隠撮 即ハメ 三角関係 お姉さん グラビアアイドル ハワイ 野菜 フェス 小柄 地雷 バキュームフェラ 新妻 上司の妻 ライブハウス グラドル 臭いフェチ 美尻 近所 苦痛 エロ本 黒髪 電話中 ハプバー スロット フツメン Fカップ 体育館 エロ漫画家 両親 麦茶 ティッシュ おもてなし フィギュアスケート部 嬢王様 ふぇら ダンス 弟の妻 ボディービル 同情 デルヘル 脱サラ メガネ屋 地雷女 ぱふぱふ 東京 マリッジブルー お祝い 正月明け 体操部 ハブニングバー 儀式 失笑 洗脳 腰痛 夫の上司 着信拒否 読者モデル 想定 プロレス 悪酔い 日系ブラジル人 プロゴルファー 相互 ブーツ 絶縁 擬似レイプ バイブフェラ アスリート タダマン リベンジポルノ 診察台 四つんばい 処理 母子家庭 オキニ 汚物 乳がん パラダイス 男子禁制 屈辱的 IUD 逆プロポーズ 水泳教室 女子プロレスラー 治し方 アスリート女子 泳げ鯛焼き君  筋肉痛 神秘 興奮 インフルエンザ 偶然 ぶっけけ バストアップ 雌犬 配信 タイ 無臭 帰宅 チンピラ 宿題 保育園 寝起きドッキリ チキン マッサージ師 主張 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め ゴミ箱 使用済み マナー 勇気 おへそ  密会 トラック おねだり パイチラ 中性 フタナリ 健全 ラノベ せどり 塾講師 新歓コンパ 自尊心 近○相○ 人参 竿姉妹 祖母 紳士 インドネシア人 ポロリ キッチン 一気 パーカー 焦らしプレイ 韓国エステ 谷間 恋人 オーディション ローカルテレビ 企画 共依存 メス豚 俳優 精液便所 星姦 蟲姦 リフレクソロジー 乱暴 ラブレター 寝落ち 出禁 便器 カミングアウト バスタオル バナナ ピーナッツ 既婚 妻の友人 お花見 義理の娘 ボルチオ エアロビクス ノルマ ブラック企業 我慢 長ネギ 宴会芸 地獄 料理教室 胸糞 背徳感 種違い 訪問販売 ネットH  他人棒 背面騎乗位 二次エロ画像 フェイスブック マギー 号泣 たまごっち はしご 美肌 ファン ポッチャリ 看板娘 流行  先輩の妻 悲惨 料金 サランラップ ヤリ目 びっぷら 親族 ちんぐり返し 伊豆 仲居 支配 射精管理 婚約 目覚ましフェラ 近●相姦 彼女の弟 介護 おあずけプレイ エレベーター 職権乱用  介護職 バージン おねしょ バスケ 性○隷 マッチョ 辻本杏 吊り橋効果 気絶 友達の旦那 友達夫婦 全身リップ 性上位 同伴 パトロン 姉妹相姦 ハードセックス ランデブー 草食系男子 キモメン オタク女子 性感エステ 泥沼 助手 交換条件 ケツ毛 洗濯バサミ 同性愛 上目遣い 飯岡かなこ 沖田杏梨 シラフ 避妊リング 口臭 処女膜 社長婦人 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 台湾人 芸能 男湯 腕枕  限界 会長 退職 現地妻 おなら 宿直 ハダカ 精液検査 憧れ 牛乳 森ガール 女神 婚前 生本番 社員 胸毛 ふたなり 風習 中だし 継母 半陰陽 マンコ 万馬券 ブラチラ 飛行機 10P 倒産 後輩の妻 隠しカメラ 恋愛禁止 吹雪 シンママ イジメ 兜合せ 録音 逆セクハラ カツアゲ 交尾 日焼け 添い寝 MオンナS男 肩書き ガン  ガーゼ twitter レディコミ お店 友人の嫁 鮫肌 同い年 ぼったくり ペット ヘルパー 狂気 足ピン パフパフ 看護学生 クリーニング  下宿 夫の従兄弟 監視 逆玉の輿 オン欄 出血 収集 コレクション 犬プレイ タトゥー 食事 テスト勉強 GloryHole ビーチボール アダルトグッズ 図書委員 委員会 美容院 無抵抗 知的 インテリ けじめ マジキチ サスペンダー スワッピングクラブ  自縛 介護士 チン蹴り 人間不信 覚醒 フィリピンパブ 貸切 ニーソ 虐め  山岳 ジジイ 乳コキ 便秘 タイツ チクニー 友達の叔母 実験 シックスナイン 頬ずり スナックのママ プリクラ ハイレグ 生理不順 狭射 母子交換 性同一性障害 ごっkん SNS  軽蔑 イメプレ 元カノの妹 姉妹●姦  再従兄弟 アナルうんこ ハゲ 従姉妹の娘 指フェラ 従兄弟の嫁 友達の家 彼女もち 生徒の母 マラソン 先輩の婚約者 搾乳 心身 彼氏交換 同期 ゴーヤ 旦那の弟 台所 行水 トレーニング ポニーテール 新婦 スクール水着 ストリッパー サイクリング ネイリスト 悶絶 同期の妹 チア部 同時イキ 親切 芸能事務所 カナダ 無修正 彼女の父 校長 メタボ セリクラ マンカス 股間 穴あきパンティ 染み 元嫁 塩対応 仕事 控え室 ママ  新婚初夜 無礼講 発熱 知り合い 友達の父 元ヤン ニート 筋肉フェチ  歳下女子大生 ボンテージ パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス ソープ嬢 寝盗られ 顔舐め 編みタイツ バット 引き籠もり カウンセラー ひとり暮らし 狸寝入り 音声 お小遣い ギャル男 サーファー レストラン 腋毛 自棄酒 敬語 竹刀 チャイナドレス 苦情 恨み 将棋部 検査 不潔 セミプロ 婚活サイト 報告 お清め ソフトテニス部 喘息 マンション 制裁 フィジー 武勇伝 交換  利子 寄付 アナルファック 廃墟 本気 フェラテク 白髪  セックス依存性 保護 出前 留守番 リンパ キャットファイト 初対面 腐れ縁 空家 角オナニー お化け屋敷 ボクシング部 ボクシングプレイ 通勤 大学受験 サドル ホームセンター くじ引き 整体師 27P セフレ交換 賞品 コスプレ巨乳 自暴自棄 まんぐり返し 遭遇 ドクター 生き別れ 自慢 出張ホスト かりまん オナペット ノロケ 阿鼻叫喚 15P カマトト イカ臭い 人助け 腐敗 出合い系 割り切り バレンタイン クォーター 母の妹 大家 出勤前 ボディービルダー ボーリング 片思い 相部屋 レオタード むっちり 黒タイツ 姉妹交換 70代 老婆 早熟 渋滞 キス魔 靴なめ ムチ ローソク 兄弟 ユルマン ローライズ ワカメ オリモノ 転校生 オプション ハイボール 禁欲 ぢゃ性 ハイグレ 車検 鷲掴み エクササイズ 色弱 おなべ 産婦人科 シ○タ 脚フェチ 半勃ち 浮気相手 娘の元カレ 伏せバック 医学部 友達の兄 シンガポール 眼鏡 オジサン 男子校 コスプレイヤー パンパン メガネっ娘 悪臭 アイマスク 姉の同級生 ラーメン屋 バツ2 叔母さん 謝罪 女店主 不眠症 運動会 貧乏神 帰国 白衣 リア充 ハローワーク 貸出 猫耳 上級生 精神科医 セックス依存症  カレー屋 葬式 ボクっ娘 ヤンママ バニーガール Skype ジャージ 白ギャル キャッチ テニスコート で四つん這い 鍋パ 寝顔 キュウリ 摘発 ポカリ 女優 小説風 バンガロー 排泄 不満 逆ギレ ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 スケスケ チーママ 下品 カンボジア 生意気 レディース 暴発 事務 ウェディングドレス SMクラブ 貯金 スノーボード 初潮 年始 プラトニック 馬鹿 コーヒーショップ 娘の担任 バンコク インモラル サプライズ シングルファザー 社長の娘 ダブルブッキング ペンション 保護者会 サッカー少年団 処女初体験 シミ付き サクラ 音信不通 アメリカ ケジメ 出会い 部室 テニススクール セカンドバージン 元旦 中継 婚約者 TV電話 

フリーエリア