HOME > 【童貞体験談】 > 大学の友達数人で温泉旅行行った結果⇒チンチン舐めてもらえたンゴwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


大学の友達数人で温泉旅行行った結果⇒チンチン舐めてもらえたンゴwww

関連体験談 :女子大生女友達旅行浴衣フェラ口内発射童貞初体験
僕(弘)が20歳のときの話です。

大学のサークルで仲良くなったグループで

男3人、女3人でリゾートホテルに泊まったときの話です。

リゾートホテルで楽しい一時を済ませ、

お風呂の後、浴衣姿で夕食を食べた後に、

ホテル内のバーに行こうという話になりました。

ところが女の子の一人の紗代ちゃんが見たいテレビがあるから

部屋に戻ると言い、部屋に戻ってしまいました。

僕もそんなにお酒が好きなわけではないし、

十分楽しんだことと、遊び疲れたこともあり、

同じく部屋で休むことにして仲間から離れました。

結局僕と紗代ちゃんを除いた4人で飲みに行きました。

僕は部屋に戻ったはいいけど、あまりの静けさに寂しくなり、

かといってお酒を飲みに行く気分でもないので、

紗代ちゃんの部屋にでも遊びに行こうと思い、

紗代ちゃんの部屋に向かいました。

部屋をノックするとすぐに紗代ちゃんがドアを開けてくれました。

「あら?どうしたの?」

「なんか一人で居てもつまんないし、紗代ちゃんと一緒にテレビでも見ようかと・・」

「あ~~、ちょうど良かった。

私も一人でテレビ見てたらむなしくなってきたのね。」

と言ってすんなり部屋に入れてくれました。

紗代ちゃんはとても明るく、

元気でいつも笑顔のかわいい女の子でした。

話していてもとても楽しく、

慣れた頃からは下ネタも全然OKという感じで、

ばんばん下ネタで盛り上がったりしていました。

部屋に入ると和室で既に布団が敷いてあり、

布団の上に座ってテレビを見ていた痕跡が。

僕も紗代ちゃんも風呂上りで浴衣姿でした。

紗代ちゃんが座っていたであろう場所から、

バッグを拾って少し奥に移動して座ったので、

僕は紗代ちゃんが座っていたであろう場所に、腰をかけました。

そこからはテレビの内容の話や大学の話で盛り上がり、

来て良かった・・と思わせる楽しい一時を過ごしました。

見ていた番組が終わり、

CMが続くと紗代ちゃんがキョロキョロしたかと思うと

「そっちか」と言って、

四つん這いで僕の方へ歩いてきたのです。

探していた物はテレビのリモコンでした。

リモコンは僕のすぐ横に落ちていたので、

言ってくれれば取るのに・・・。

と思いながら紗代ちゃんの行動を何気なく見ているとえ?・・・・。

ちょうど僕の目の前で止まって、

あと一歩進むのが惜しかったのか、

左手を伸ばしてリモコンを取ろうとしていたのです。

そのとき、浴衣の前が肌蹴て、

紗代ちゃんの生乳と乳首がモロに見えたのです。

あまりの突然の出来事に見てはいけない、

と思いましたが、紗代ちゃんの乳首から

目を離すことができませんでした。

あと一歩のところでリモコンに手が届かず、

5秒くらい紗代ちゃんの乳首を見続けていました。

紗代ちゃんはふと僕の目線に気付いたのか、

僕の方を見て「えっ?えっ?やだっ」

と言って自分の胸が見えている事に気付いたのです。

それでもリモコンが取りたかったのか、

優先順位を間違えたのか、

最後の一伸びをしてリモコンを掴むと胸元を押さえて元の体勢へ。

少しの間沈黙状態となり、胸元を押さえたまま

「見えた?」と聞いてきました。

「え?」僕はどう答えていいのかわからず

「ごめん・・・」と謝ってしまいました。

「もぉ~~~~~っ、私ってばか!本当にばか!」

と自分に腹が立ったようで、

可愛らしく自分にげんこつをしながら、

見られたことを悔やんでいるようでした。

「やっぱブラ外すんじゃなかった~」と更に・・・。

そして何とか普通の会話に戻りましたが、

僕の頭はさっき見た紗代ちゃんの乳首が

頭から離れることができませんでした。

そこでいつもの下ネタにもっていくことにしました。

「あのさぁ・・・」「なぁに?」

「紗代ちゃんの胸で思い出したんだけど・・・」

「そのことは忘れましょう(笑)」

「一つ聞いてもいい?」

「胸の話は聞きたくないけど聞くだけ聞いてみましょう(笑)」

「アダルトビデオでよく見るんだけど、女の人ってそんなに乳首感じるの?」

前から疑問に思っていたのです。

外泊の開放感からか、大胆ことを聞いてしまいました。

紗代ちゃんはニタニタしながら

「Hなビデオそんなに見るんだ?」と逆に質問してきました。

「そんなにって、たまにだよ」と答えると

「今アダルトビデオでよく見るって言ったじゃん」

「あっ」ついつい素の言葉が出てしまいました。

「いや、その・・・」

「それに弘くんって・・もしかして・・・」

その先の間がものすごく長く「なに?」と聞き返すと、

ちょっと言い辛そうに「Hの経験無いんだ?」と言ってきたのです。

突然そんなことを聞かれて動揺してしまい、

思わず「あるって」と嘘をついてしまいました。

何故か童貞が恥ずかしいことだと認識していたので、

格好つける意味で言ってしまったのです。

ところが

「うそだ?(笑) だってHの経験があったら聞かなくてもわかるでしょ?(笑」

と突っ込んできました。

「本当だってば(笑)」と嘘を突き通そうとしていると、

僕の正面に顔を持ってきて目を合わせ

「お姉さんに本当のことを言ってごらん」と言ってきた。

こんな間近で見る紗代ちゃんはとても可愛くて、

魔法でもかけられたみたいに、

「ごめんなさい、うそついてました。

」と本当の事を言ってしまいました。

紗代ちゃんはニコニコしながら

「そんなことで嘘つかなくてもいいのに~(笑)」

くやしいけど憎めない。

「っていうか、質問したのは僕だぞ(笑) さぁ答えろ!すぐ答えろ!」

と問い詰めると「男の人だって感じるじゃん~」と言ってきた・・・。

「男は感じないって!さぁ答えろ!(笑)」「うそ?感じるでしょ?」

「やられたことないけど・・多分感じないと思う。」

「ふ~ん・・・」

「そうじゃなくて紗代ちゃんはどうなの?(笑)なかなか答えてくれませんでしたが、ついに「どうなんでしょうね~・・敏感ではあるよね」

と答えてくれました。

「どうなんでしょうね~って・・、ちょっと試してみてもいい?」

と迫ってみました。

「ばっかじゃないの?そんなこと頼んで、どうぞって言う人いるわけないでしょ(笑)」

という答えでしたが、

部屋に二人きりということから大胆にも紗代ちゃんに、

ひっつくぐらい近寄って耳元で

「ちょっとだけ」と言ってみました。

紗代ちゃんはそれだけ近寄っても逃げることなく

「だぁ~め」と笑顔で言うだけでした。

その後もお願いしましたがなかなか「うん」とは言わず、

諦めようと最後に冗談交じりで、

「俺の乳首も弄っていいから」と言ってみました。

笑いながら断られるのは、目に見えていましたが、

紗代ちゃんは少し無言になって

「ん~~~~~・・」と言った後、

なんと「その条件飲んだ!」と言ってきたのです。

「えっ?うそっ?まじでっ?」とびっくりして聞くと

「私もちょっと男の人の・・・興味あるかな・・」と言ってきたのです。

頭の中は「やったぁーーーーー!!!!!」

と歓喜の声を挙げていました。

「そんじゃぁ、さっそく・・」

と浴衣の上から紗代ちゃんの胸を掴むと

「やわらかい・・・・」

そうです。

紗代ちゃんはブラジャーをしていなかったので、

布越しにものすごくやわらかい、

紗代ちゃんの乳房を感じることができたのです。

初めて触る女性の胸に感動して、

しばらく揉んでいました。

そして突然思い出したかのように浴衣の上から乳首を摘むと、

「んっ」紗代ちゃんは声を漏らしながら俯きました。

感じてる?そう思いながら3~4回乳首を摘んだまま

グリグリと弄ると一旦手を離し、

浴衣の中へ手へ、忍び込ませました。

そして手を進めると紗代ちゃんの生乳にたどり着いたのです。

こんなに柔らかいのかよ・・・

と感動して生乳を揉み、

そして生の乳首を指で摘みました。

「んんっ」僕の腕を掴みながら更に前のめりになります。

3本の指で乳首を弄り続けていると、

紗代ちゃんはどんどん前のめりになっていき、

うずくまってるような体勢になって、

顔が全く見えなくなりました。

尚も乳首を弄りながら「気持ちいいの?」と聞いてみると、

「くすぐったい」と小声で返しながらも時折声を漏らし、

身体をピクンとさせて反応させる。

僕の手は紗代ちゃんの体に埋まった状態で弄りにくくなったので、

上体を起こさせました。

尚も3本の指で紗代ちゃんの乳首を弄り続けていると、

紗代ちゃんは上体を、

僕にもたれるように寄りかかり、

僕の肩に顔をつけていました。

紗代ちゃんの横に座っているのだが、

顔を僕の方に向けて肩につけているので顔だけ見ると、

向き合っている状態となり、

紗代ちゃんの顔を見ることはできませんでした。

でも、紗代ちゃんの顔と僕の耳の位置が近い為、

時折漏れる「んっ」という声や、

「はぁはぁ」と荒くなった息がモロに聞こえるようになりました。

紗代ちゃんの目から、手の動きが視界に入らないのをいいことに、

紗代ちゃんの胸元を見ながら手を浮かせました。

感動です。

紗代ちゃんの生乳がモロに見えています。

紗代ちゃんの乳首を見ながら、紗代ちゃんの乳首を弄っているのです。

僕のちんちんはパンツの中で爆発しそうでした。

しばらく紗代ちゃんの乳首を見ながら乳首を弄り続け、

一か八かで紗代ちゃんをゆっくりと、寝かせようとしました。

何の抵抗もなく、なすがままに仰向けに寝かせることができました。

そして浴衣の帯を解きにかかります。

心臓の鼓動が激しく、紗代ちゃんに聞こえているのでは?

というくらいでした。

浴衣の帯を解くと浴衣を両方に肌蹴けさしました。

感無量でした。

紗代ちゃんの上半身の裸、当然乳房や乳首も見え、

下半身に目をやると、白のパンツ・・・

更に下は綺麗な太ももから脚の先まで

はっきりと見ることができました。

女性の身体を間近でこんなにはっきりと見たのは初めて、

しかも可愛い紗代ちゃんの裸です。

とても綺麗でした。

そのまま紗代ちゃんの首筋にキスをしながら乳首を弄ると、

「んあぁっ」という喘ぎ声が漏れてきます。

そして首筋から耳に移った瞬間、

大きな喘ぎ声が漏れ「そこ駄目」と言ってきました。

アダルトビデオで見た通り、女性は耳も物凄く感じるようです。

ちなみに僕の行動はアダルトビデオの真似事です。

そしてしばらく耳を責めることにしました。

耳たぶや耳の穴を舐めると、

「いやぁ~~~」とか

「あぁんっ!」という声が出て、

声が漏れるという次元ではなく、

AV女優のように普通に喘ぎ声を出していました。

しばらく耳を責めながら乳首を弄り続けた後、

徐々に下に向かってキスをしていきながら、

ついに乳首に到達しました。

目の前数センチのところに、

夢にまで見た紗代ちゃんの乳首があるのです。

片方の乳首を口に含み、

もう片方の乳首を指で摘んで同時に二つの乳首を責めました。

紗代ちゃんは大きく頭を振りながら喘いでおり、

ここまできたらもしかして、

最後までいけるのでは?と思い、

一か八かで手を下半身に滑らせていきました。

お腹やおへそを伝って下半身に手を滑らせているので、

どこへ進むかはわかると思います。

そして、嫌なら途中で抵抗してくるはずです。

ところが一向に抵抗する素振りはなく、

あっけなく白のパンツの上に到達しました。

そして更にパンツの上を手を滑らせると、

パンツ越しに何とか紗代ちゃんの割れ目にまでたどり着きました。

到達した瞬間「あぁんっ!」という声と共に、

身体をビクンと大きくのけ反らしました。

抵抗しないと悟った僕は、一旦手を戻すと、

パンツの中に手を滑り込ませていきました。

紗代ちゃんは両手でパンツの上から僕の手を掴みましたが、

支える程度の力でしたで、そのまま手を進めました。

紗代ちゃんのパンツの中に入った僕の手は更に突き進み、

茂みの上を通過し、ついに紗代ちゃんの生の割れ目に到達することができたのです。

そして驚くことにそこはかなり濡れていたのです。

紗代ちゃん・・・感じてる・・・・。

僕は興奮してそのままヌルヌルしている割れ目を上下に弄ると、

一旦パンツから手を出して、

そのままの流れでパンツの腰の部分を両手で掴んみ、

脱がしにかかりました。

驚いたことに、そこで紗代ちゃんは

腰を浮かせて脱がしやすくしてくれたのです。

紗代ちゃんのパンツを膝上まで脱がすと再び割れ目を弄りました。

中指を紗代ちゃんの、割れ目に侵入させると、

かなり濡れていたのですんなりと根元まで挿入することができました。

仲良しグループの紗代ちゃんの割れ目に僕の指が入っている・・・。

誰がこんな出来事を予想できたであろうか・・・。

僕は感動と興奮を同時に感じながら、

紗代ちゃんの膣内に入れた指で膣内を弄り始めました。

僕は紗代ちゃんの膣内を、指で弄りながら

紗代ちゃんの顔を見つめ、顔を近づけていきます。

一瞬紗代ちゃんと目が合いましたが、

紗代ちゃんはすぐに目を瞑って僕を迎えてくれました。

紗代ちゃんと唇を重ね合わせます。

すると、紗代ちゃんの方から舌を入れてきたのです。

僕はそれを受け入れ、舌と舌を絡ませ合い、激しくキスをしました。

キスをしている間も紗代ちゃんの性器を弄る

クチャクチャという音が聞こえてきます。

そしてしばらくそのまま紗代ちゃんの性器を弄った後、

唇が離れると、「今度は私の番だね」と言って

僕を寝かせ、さっきとは逆の体勢になりました。

紗代ちゃんは僕の浴衣の帯を解いて

浴衣を肌蹴けさせると下半身で目が止まりました。

そうです。

僕のモノが爆発寸前でカチカチに勃起しているのが丸見えだったのです。

うわぁ~見てるよ・・・と恥ずかしがっていると、

紗代ちゃんはうれしそうな顔をしながら、

僕を見つめてきましたが、

僕は恥ずかしくてすぐに目を反らしてしまいました。

すると、突然紗代ちゃんは片手で僕の乳首を弄ってきたのです。

「あぁあぁあぁあぁ!!」と思いっきり声が出てしまいました。

なにこれ?・・・初めて味わう感覚でした。

紗代ちゃんはクスクス笑いながら

「男は感じないんじゃなかったっけ?」と言って、

僕のお腹の上に馬乗りになり、

そして両方の手で僕の両方の乳首を弄ってきたのです。

「うわぁわぁわわぁ!!!」

と思わず大きな声で叫んでしまうくらいの快感が襲ってきました。

それでも容赦なく両手で弄り続けるので

体を左右に揺らしながら喘いでいました。

「なんか弘くん、女の子みたい~」

とうれしそうな顔で弄り続けるのです。

僕はこの快感に対処する方法も知らず

「だめ・・だめ・・」ともがきを繰り返すばかりでした。

乳首を弄られているうちに全身が痺れてきて

「もう駄目・・」と力が抜けていきました。

「気持ちいい?」と言いながら手を止め、

馬乗りから降りて僕の右側に横になりました。

そして僕の右の乳首を口に含んで舌でチロチロ舐めてきたのです。

思わず体がビクンッと、反応して喘ぎ声が漏れてしまいました。

そして右の乳首を舐めながら紗代ちゃんの右手が、

僕の左の乳首を弄り始めてきました。

もうなんとも言えない快感が襲い、

このままちんちんを触られなくても射精してしまいそうでした。

そのとき事件は起きました。

紗代ちゃんの右手が僕の乳首から離れたと思った次の瞬間、

いきなりパンツの上から、僕の射精寸前のちんちんを握り、

上下に扱いてきたのです。

その瞬間、突然の出来事に、

「えっ?あっ!ちょっ!!あぁっ!!」

と声が出るのと同時に

ドクン・・ドクン・・・と、

パンツの中で射精が始まってしまったのです。

「あぁあっ!!」と声を出しながら・・・。

身体を痙攣させた上に、

パンツに急激に何かが染み込んできたのを感じた紗代ちゃんは、

「えっ?やだっ、うそっ・・」

と僕が射精してしまったことに気付き手を止めて、

あたふたしながら

「ねぇ、ねぇ、どうしたらいい?」

と混乱して僕に聞いてきました。

僕はまだ射精の途中で、

こんなとこで止めないで~という気持ちで

「扱いて!」と叫ぶように言いました。

紗代ちゃんは慌ててパンツの上から僕のちんちんを握ると、

小刻みに上下に扱き始めてきました。

味わったことのない物凄い快感が襲います。

扱かれている間、僕は体を痙攣させながら、

パンツの中に射精し続けていました。

パンツの中だろうが、もうどうでもいいという気持ちでした。

そして全て出し終わると、

紗代ちゃんの手を掴んで扱くのをやめさせ、

はぁはぁ・・と呼吸を整えながら、

射精の快感に浸っていました。

パンツの中はびしょびしょで、

動くと横から垂れそうで、

とても部屋まで帰れる状態ではありませんでした。

紗代ちゃんの部屋でシャワーを借り、

濡れたパンツを持って「また来る」

と伝えて自分の部屋まで戻りました。

自分の部屋で古いパンツを履き、落ち込んでしまいました。

せかっくのチャンスだったのに、あまりにも格好悪すぎます。

もしかしたら紗代ちゃんとできていたかも知れなかったのです。

このまま眠ってしまおうと思いましたが、

明日会った時に気まずさが残っているのも嫌で、

それに、「また来る」と言い残していたので

再び紗代ちゃんの部屋に向かいました。

ドアをノックすると紗代ちゃんは笑顔で

「おかえり」と迎えてくれ、少しほっとしました。

布団に座ったはいいけど、何を喋っていいのかわからず、

かと言ってこのまま無言状態を、

ずっと続けてもいけないのでとりあえず

「ごめんね」と言いました。

紗代ちゃんは会話が始まるのを

待っていたかのようにすぐに喋りかけてきました。

「弘くんが謝ることじゃないよ。つい調子に乗っちゃってごめんなさい、私が悪かったです。」

と丁寧に謝ってきました。

その会話がきっかけとなり、

徐々に普段の会話に戻ってきました。

ずっと喋っているうちに、さっきの紗代ちゃんの気持ちが気になり、

「ねぇ、どうしても一つ聞きたいことがあるんだけど・・・」

と切り出しました。

「なぁに?」

「さっきさぁ・・・あのまま続けていたら・・その・・・してもよかった?」

と聞いてみました。

紗代ちゃんが僕を受け入れる気があったのかものすごく気になったのです。

紗代ちゃんと交わるチャンスでもあり、

童貞を捨てるチャンスでもあったのです。

「ん~~・・・、どうでしょう・・・おそらく抵抗はしなかったと思いますよぉ~」

とにこやかに返事をしてきました。

僕は横に座りながら紗代ちゃんを抱き締め、

「くぅ~~・・。何か悔やまれるよ~~~!!!」と言うと、

なんと紗代ちゃんは、パンツの上から僕のちんちんを握ってきたのです。

「でも、もう出ちゃったしね~・・」

と言いながら握った状態のまま

親指でカリの部分を擦って刺激を送ってきました。

もしかして勃たせようとしている?

射精後ということでくすぐったさと快感が、

同時に襲ってきましたが、なかなか勃起するまでには遠そうです。

僕はその体勢のままパンツを膝上まで脱ぎ下ろしました。

そして耳元で「お願い」そう言うと

紗代ちゃんは嫌な顔一つせずに僕のちんちんを揉みながら扱いてきました。

「でも厳しいかもね~?」と言いながら、

ゆっくりと揉んだり扱いたりしてくれています。

紗代ちゃんが僕の生のちんちんを握っているだけでも

十分興奮する材料なのに、僕のちんちんはなかなか反応してくれません。

どんどんと焦りが出てきます。

「緊張とか焦りがあると余計厳しいでしょ~。

男の人ってデリケートだから。

」となかなか勃起しない僕にフォローの言葉さえかけてくれています。

すごく気持ちいいのに、何故勃起してこないのかが不思議でした。

一生懸命ちんちんを扱いてくれているのに、

全然固くなってこない自分のちんちんに腹を立てていました。

僕は紗代ちゃんの耳元で、

「ごめんね」と呟きながら紗代ちゃんを抱き締めます。

すると今度は僕の耳元で、

「今日だけだからね」

と呟いて紗代ちゃんの顔が僕の下半身に向かって降りていきました。

まさか!?と思った瞬間、

僕のちんちんは温かくてヌルヌルしたものに包まれました。

え?うそ??紗代ちゃんが僕のちんちんを口に含んだのです。

僕の目からは紗代ちゃんの頭しか見えませんが、

紛れもなく紗代ちゃんの口は、

僕のちんちんを口に含んでいるのです。

そして口の中で紗代ちゃんの舌が、

僕のちんちんを舐めまわしているのがわかりました。

おそらくドラマだとここで再び勃起して、

めでたく童貞卒業という流れになったと思います。

しかし、現実は厳しかったです。

ここで紗代ちゃんの携帯が鳴ったのです。

紗代ちゃんは携帯を見て「祐子だ」

と言って電話に出ました。

それから少し話しをしてから電話は切られました。

すると、紗代ちゃんの口から、

僕にとってショッキングな言葉が出ました。

「もう帰るからノックしたらドア開けてね~・・だって。部屋に戻らなきゃね・・・」

と言ってきたのです。

ものすごくショックでした。

部屋を出る前に家に帰ったら、

一緒にご飯でも行かないかと誘いましたが、

実は彼氏がいるのでそれは無理とのことでした。

ダブルでショックを受けた僕は、

放心状態となりながら部屋に戻りました。

その後、夜中にこっそりとオナニーをしたことは

言うまでもありません。

翌朝、みんなで朝食を食べていると、

紗代ちゃんの口や手ばかりに見とれてしまいました。

あの手で僕のちんちんを扱いたんだ・・・

あの口で僕のちんちんを咥えたんだ・・・。

そう考えるとたちまち勃起してきて、

再び昨夜の出来事を悔やんでしまいました。

結局、紗代ちゃんとは今回限りで

これ以上の関係になることもありませんでした。

あそこで射精しなければ紗代ちゃんで

童貞を捨てていたであろう体験でした。

オススメエッチ体験談


ヤンキーの先輩たちに呼び出されてボコられると思ったらとんでもないことに

OLをしてる可愛い妹の処女を買った話

【家族とのH体験】元日のお昼前から23Pの大乱交が始まった件!!!!!!!!

結婚4年目のパート主婦の私が義父に可愛がってもらってる話

有名芸能人とガチでセックスした夢のようなエッチ体験

親戚の男の子にエッチなイタズラした話

小さい頃、男友達とおままごとしてオナニーに目覚めた話

息子と娘のセックスを覗いた結果⇒母親の私が子供たちに犯された話

ビキニパンツで風俗行ってたっぷり汗をかいた生本番体験談

毎週通ってた温泉宿の娘といい感じになり毎週セックス三昧wwwwwwwww

童貞の俺が乱交パーティ企画して学校中の可愛い女の子に種付した話

野球部ですごくカッコいい彼氏にラブホでフェラと手コキしてあげた話

【寝取られ体験】ヤンキーな俺の彼女が先輩と平気でヤりまくっている件

バイト先の巨乳女子校生を手マンで逝かせまくった話

結婚して10年になる妻に過去の男性遍歴を聞いてみた

温泉旅行に行った日から嫁の不倫が始まった

部活の後輩の女の子とネカフェでイチャイチャしたwww

【寝盗り体験】社長の奥さんの浴衣姿に興奮してしまい襲ってしまったンゴw

カラオケの駐車場で女友達とセックスして顔中に精液を塗りつけた話

同僚の女性とアナルセックスして中出ししたエッチな体験談

会社の飲み会帰りに出会った女子大生の処女をもらい中出ししたエッチ体験

バイト先の大好きだった女の先輩とセックスしたんだが、バイト辞めちゃって・・・

仕事に厳しい職場の女性店長とセックス!

パートで勤め始めた巨乳な事務員さんとエッチな関係になっておっぱい堪能www

行きつけの飲み屋で知り合った巨乳人妻に生ハメして熟したカラダを堪能した話

【ハメ撮り体験】旦那に頼まれて清楚系の奥さんを寝取った話

【人妻エッチ体験】セックスレスなパートの事務員さんを抱いた話

後輩の女子大生にカラオケでフェラチオさせてお持ち帰りした話

出会い系で会った欲求不満の人妻に大量の子種汁を膣内に放出した話

出会い系使った22歳の美少女若妻が乱れ狂ったエッチ体験

上司と先輩女性社員の不倫が奥さんにバレて会社に乗り込んできて修羅場になった

休日出勤のオフィスで女子社員に悪戯した結果⇒セックスに発展www

【中出し体験】社内で噂の爆乳女子社員とセックスしたったwwwwwwwwww

【職場でのエッチ体験】昨日残業してて上司にイカされてしまいました(*´ω`*)

飲み会のあとで失恋した美人事務員さんに不注意で種付しちゃった結果

京都の美人女子大生との合コンでお持ち帰りしたエロ体験

リア充というかDQNというかそういうヤツに言われるがままににエンコーさせられて話

俺が運転しているとディープスロートで攻めてスケベすぎる人妻のエロ話

【洋物エロ話】ロシア人美女とした山でのエッチの体験談

妹が三十路間際でも浮いた話一つなかった理由は

夫がいる美女と濃厚Hした話

童貞を美人教師に奪われた話

彼氏持ちの女の子とHしちゃった話

【洋物エロ話】六本木のクラブで知り合ったアメリカ人女性とのエッチは最高でした

デブな人妻とやりまくった話

メンヘラ女に捕まった話

女友達を計画を立てて見事に奪ってやった話wwwwwwwwwwww

【洋物エロ話】日本では味わえないヌーディストビーチでの思い出

出会い系で知り合った上場企業のドM女課長の顔面を唾液と精液まみれにしたエロ話

妹のオナニーを目撃してしまった翌朝の話

新聞奨学生の専門学生の枕営業を体験したH話

【洋物エロ話】ホームステイをしていた時に奥さんとエッチした

酔っ払った姉がなぜかセックスさせてくれた時の話です

オススメエロ画像


小泉麻里 可愛いEカップの巨乳美少女画像 100枚

週末に心とチンポをリフレッシュさせてくれるエッチなお姉さん画像寄せ集め75枚

伊藤澄花ちゃんの可愛くてセクシーな画像 100枚

羨まし過ぎる夢のハーレム画像まとめ 72枚 その1

浅田結梨(ゆーりん) キュートなFカップ美少女画像 200枚 その1

ギンギンになったチンコを擦るための三次元エロ画像寄せ集め 75枚

アナルでも感じちゃう清楚ぶった素人お姉さん画像 97枚

女性のお漏らし画像まとめ 72枚

渚まどか 美巨乳な童顔ドM美少女画像 91枚

三次 我慢汁が止まらない今宵のオナニー用エロ画像寄せ集め 75枚

童顔で可愛いけど剛毛な素人ギャルのハメ撮り画像 73枚

マン汁舐めながら我慢汁吸われるシックスナイン画像 72枚

早川瀬里奈 スレンダーな美乳美女の画像 200枚

乳首からパイパンまんこに肛門まで晒す素人さんの自撮り画像75枚

恥ずかしげもなく肛門をカメラに晒すお姉さん達のアナル画像 72枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 シ●タ 逆レ●プ 妻の過去 無防備 ビキニ 妻の友達 バレないように オシ●コ 獣● 二穴 ラッキースケベ DQN 肉●器 トラウマ 還暦 ママ友 マット 土下座 お客 妻の姉 上司の嫁 バイアグラ M字開脚 隠し撮り  相互鑑賞 美容師 お盆 友達の妻 剣道部 サッカー部 再婚 男の潮吹き イメプ 地味 性接待 3P 本気汁 オナホ メイド キメセク 聖水 手錠 貝合わせ 近所 姉の彼氏 美少女 豊満 ボーイッシュ クスコ お局 鑑賞 医師 近○相姦 素人 自撮り 講師 ギャップ メガネ モテ期 美術部 ベランダ 花見 顧問 マンスジ 兜合わせ マニア ヘタレ テント 脱衣 新婚 テニス 性教育 タンポン 春休み デリヘル嬢 ボランティア ストッキング プレゼント 喧嘩 神社 夫の上司 チンぐり返し 教育実習 アクメ ノンケ 後輩の彼女 愚痴 ドレス 尾行 ゴルフ レ○プ 団地妻 SM グラドル OL ゴルフ場 騎上位 4P 背面座位 不妊症 回春マッサージ アヘ顔 メンズエステ アフター 釣り オムツ 継母 ストレス 友達の夫 シングルマザー 相互オナニー ハミ毛 先輩の母  実家 接骨院 マンぐり返し 放置プレイ ヒッチハイク 逆痴● リハビリ スカウト 避妊 染みパン コテージ 金髪 拡張 罵倒 手術 目の前 喪女 アラフィフ DJ  弁護士 写真 初夜 流出 友達の奥さん 首絞め 台湾人 スケスケ ムチムチ 逆●漢 ホットパンツ 黄金 一人暮らし 台湾 女神 割り切り スケベ椅子 パジャマ 自転車 北海道 マイクロビキニ ブサメン 帰省 エロ動画 挑発 唾液 野菜 小悪魔 オーナー パワハラ 租チン キチガイ ファザコン 発見 ニーハイ イベント レオタード 添乗員 新年会 鼻フック マジックミラー  倦怠期 性生活 遭遇 チンカス ぎっくり腰 グラビアアイドル ボーナス  韓国 寝起き 恋人交換 独身 姫初め 便秘 同期 隠撮 彼女もち M字 飲● オーストラリア リア充 小柄 貧乏 フィリピン人 フェス 電話中  新幹線 竹刀 体育館 将棋部 婚活 チャイナドレス 夫の同僚 ハプバー 生保レディー 社長夫人 タレント レ〇プ 友達の父 スポーツクラブ 姉妹●姦 姉の夫 自虐 ペット ガムテープ 露天 臭い トラック  仁王立ち パパ友 女湯 警察 弓道部 ニート 美尻 性感帯 役員  黒髪 エロ画像 友達夫婦 屈曲位 無修正 スパッツ 知り合い バレー部 ホテトル ハメ潮 夫の兄 ギター 婚約者 エロなし 金持ち 左遷 閉経 エロ写メ 言いなり スカイプ 上司の奥さん ペニクリ 背面騎乗位 先輩の奥さん マラソン ご奉仕 ペニスバンド 回春 ナプキン グラマー 産婦人科 出会い喫茶 子作り お姉さん 友達の旦那 喪男 団地 エロゲー 集団 別荘 唾液交換 エレベーター M性感 マッチョ 仲居 ボクシング部 搾乳 う●こ 潔癖 主人 盲腸 オナペット 免許 M男 上司の妻 ライブハウス  ノロケ 元嫁 チアリーダー 俳優 流産 苦痛 柔道部  現地妻 無精子症 腕枕 バキュームフェラ エロゲ 夫婦喧嘩 イメプレ ふたなり ぱふぱふ 男性恐怖症 ブラチラ エロ漫画家 元カノの妹 ライブ Fカップ タイツ 両親 イジメ 恐怖 三角関係 直穿き 隠しカメラ 床上手 母子交換 竿付き エロ本 皮オナ ロープ ハワイ 即ハメ 臭いフェチ ボンテージ 立ちション ジョギング フツメン ロリ系 お見合い 乳がん 彼女の弟 先輩の婚約者 腰痛  介護 生徒の母 おあずけプレイ ハゲ 日系ブラジル人 おもてなし 従姉妹の娘 絶縁 再従兄弟 アナルうんこ フィギュアスケート部 友達の家 射精管理 支配 従兄弟の嫁 プロレス ボディービル 姉妹相姦 山岳 ネットH 男子禁制 OB  断捨離 パラダイス クォーター TV電話 IUD 号泣 虐め 近●相姦 弟の妻 サランラップ 目覚ましフェラ 婚約 メガネ屋 兄弟 マリッジブルー 百合 兄の娘 悲惨 デルヘル 汚物 宿題 リンチ チクニー トレーニング 実験 失笑 儀式 ストリッパー アスリート女子 想定 体操部 シックスナイン チキン 嬢王様 ブーツ バイブフェラ 神秘 悪酔い 彼氏交換 水泳教室 女子プロレスラー 保育園 寝起きドッキリ バストアップ 無臭 行水 正月明け お祝い 台所 心身 ポニーテール 新婦 旦那の弟 伊豆 読者モデル ゴーヤ 母子家庭 処理 ちんぐり返し 友達の叔母 東京 屈辱的 頬ずり 配信 チンピラ 脱サラ スクール水着 ぶっけけ 診察台 マッサージ師 興奮 四つんばい インフルエンザ 指フェラ 相撲 胸糞 背徳感 料理教室 地獄 ブラック企業 ノルマ トップレス 不妊治療 従姉妹の彼氏 妻の友人 我慢 長ネギ 共依存 オーディション ローカルテレビ 企画 メス豚 精液便所 宴会芸 バナナ バスタオル ピーナッツ お花見 中性 フタナリ パプニングバー パイチラ おへそ 勇気 ネパール人 無料 マイナー t乱交 おままごと 恋人 すっぴん エアロビクス 義理の娘 谷間 ボクサー B専 アメフト部 密会 星姦 蟲姦 年越し 美肌 パーティー 露出b 沖田杏梨 飯岡かなこ 自尊心 介護職 辻本杏 流行 たまごっち 全盲 近親相●姦 処女膜 地雷女 ヤリ目 びっぷら ハイキング セレブ 妹夫婦 塾講師 ゴミ箱 乱暴 押入れ トライアスロン ソーセージ 寝落ち 出禁 便器 主人の友達 カミングアウト 刑務所 ラブレター プレハブ 旦那の同僚 美女 使用済み 立ち合い リフレクソロジー 先輩の妻 彼女交換 セフレの友達 テクニック 先輩のセフレ 書道部 延長 避妊リング アレルギー 洗濯バサミ バレンタイン キモメン オタク女子 息子の先輩 ケツ毛 口臭 シラフ 婿 ハードセックス スノボー 性○隷 ランデブー バドミントン部 卓球部 同性愛 上目遣い 草食系男子 同僚の妹 看板娘 予備校 研修 ファン こたつ 主張 他人棒 2ch ブルセラ 下ネタ ポッチャリ おっぱいアナル 泥沼 W不倫 性感エステ トルコ ブルマー 職権乱用 前立腺マッサージ 助手 バスケ 社長の息子 焦らしプレイ 韓国エステ パーカー イメチェン 紳士 祖母 せどり 娘の夫 オナネタ 一気 インドネシア人 バレーボール部 絶叫 彼女不倫 脇舐め 正座 健全 ポロリ キッチン ラノベ 義息子 チアガール テレビ 気絶 パトロン 密室 吊り橋効果 彼女の過去 バージン サンタ おねしょ 読モ 同伴 スロベニア人 人参 竿姉妹 近○相○ 種違い 訪問販売 性上位 全身リップ 妊活 別居 相部屋 セックス依存症 チア部 猫耳 貸出 精神科医 上級生  レストラン 腋毛 帰国 貧乏神 テニスコート で四つん這い 鍋パ 寝顔 葬式 カレー屋 白衣 悶絶 ハローワーク クリーニング 看護学生 ガン 肩書き  ガーゼ レディコミ お店 同い年 同時イキ ぼったくり twitter ヘルパー 夫の従兄弟 下宿 パフパフ 足ピン 出血 オン欄 狂気 監視 逆玉の輿 キャッチ 白ギャル 謝罪 女店主 ラーメン屋 姉の同級生 叔母さん バツ2 校長 オジサン 男子校 パンパン コスプレイヤー ダブルブッキング ペンション 保護者会 サッカー少年団 摘発 キュウリ メガネっ娘 悪臭 アイマスク 半勃ち メタボ ジャージ 運動会 不眠症 芸能事務所 同期の妹 Skype ヤンママ ボクっ娘 バニーガール 医学部 伏せバック 浮気相手 おなべ シ○タ 脚フェチ 娘の元カレ 眼鏡 友達の兄 シンガポール カナダ 友人の嫁 鮫肌 社員 生本番 芸能 無礼講 シンママ 吹雪 録音 兜合せ 恋愛禁止 男湯  公認 試験 限界 新婚初夜 ハシゴ 後輩の男友達 美少年 壁ドン ジーパン 日焼け 交尾 10P マンコ 半陰陽 染み 飛行機 万馬券 塩対応 ニーソ 貸切 胸毛 風習 後輩の妻 逆セクハラ 控え室 カツアゲ 仕事 倒産 中だし 股間 穴あきパンティ 会長 牛乳 チン蹴り 人間不信 セリクラ 覚醒 インテリ 知的 食事 テスト勉強 GloryHole フィリピンパブ 介護士  コレクション 収集 親切 スワッピングクラブ サスペンダー 自縛 マジキチ けじめ 犬プレイ タトゥー 退職 おなら 宿直 ママ 精液検査 憧れ 森ガール  婚前 ハダカ 添い寝 マンカス アダルトグッズ ビーチボール 無抵抗 美容院 MオンナS男 図書委員 委員会 社長の娘 シングルファザー ムチ ローソク 渋滞 早熟 靴なめ キス魔 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 黒タイツ むっちり ユルマン ぢゃ性 ハイグレ 車検 社長婦人 老婆 歳下女子大生 姉妹交換 70代 フィジー 元ヤン ソープ嬢 苦情 お清め ソフトテニス部 自棄酒 寝盗られ 恨み 音声 敬語 利子 寄付 交換 マンション 喘息 制裁  廃墟 アナルファック  筋肉フェチ 夏フェス ニューカレドニア 人助け 出勤前 ボディービルダー SNS ごっkん 生理不順 生き別れ 自慢 イカ臭い ボーリング 軽蔑 スナックのママ 出合い系 腐敗 乳コキ 母の妹 プリクラ  片思い 大家 ドクター まんぐり返し ネイリスト ワカメ ローライズ オリモノ ハイボール パリ 鷲掴み 乳首舐め 禁欲 サイクリング 転校生 かりまん 狭射 出張ホスト ハイレグ カマトト 15P オプション 性同一性障害 阿鼻叫喚 お小遣い ギャル男 引き籠もり バット 女優 ポカリ 不満 逆ギレ 母子○姦 近親○姦 カウンセラー 小説風 顔舐め スノーボード 初潮 年始 SMクラブ 貯金 下品 バンガロー 排泄 チーママ ニュージーランド人 プラトニック 処女初体験 シミ付き セカンドバージン 元旦 サプライズ インモラル 娘の担任 コーヒーショップ バンコク 中継 テニススクール ケジメ 発熱 出会い 馬鹿 アメリカ 彼女の父 部室 音信不通 サクラ ウェディングドレス 生意気 くじ引き ホームセンター ボクシングプレイ 通勤 賞品 セフレ交換 整体師 玉舐め 27P 大学受験 サドル サーファー セミプロ 婚活サイト 報告 狸寝入り 検査 フェラテク 本気 不潔 お化け屋敷 角オナニー 色弱 エクササイズ キャットファイト 初対面 事務 編みタイツ カンボジア レディース 暴発 腐れ縁 空家 セックス依存性 保護 出前 白髪 ひとり暮らし リンパ 留守番  ジジイ 

フリーエリア