HOME > 【女性視点体験談】 > ついに大好きな弟の部屋で弟とセックスしちゃいましたwwwwwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


ついに大好きな弟の部屋で弟とセックスしちゃいましたwwwwwwww

関連体験談 :姉弟●姦近親●姦手マン潮吹き絶頂想い人痴女誘惑中出し
私ってブラコンなのかも

弟とHしてしまいました

大好きな弟の部屋で弟と性交

あの日、一緒にお酒飲みながらぐだぐだゲームしていました

ゲームも飽きたのでそろそろ寝よっかなーという感じに

ドキドキしながら今だ!と思い、

「一緒に寝よー」

と言ってみた

「えっえっ」と動揺してる弟をシカトして

ベッドにねっころがりました

弟は顔真っ赤にしながら隅っこに寝ているので

「昔よく一緒に寝たよね」

と何気なく話しかけてみた

「そうだねー」と普通に返事してきたので

『ベッド狭いからもう少しそっちいってもいい?』と聞いたら

「う、うん…いいよ…」と許可もらったので近くにいってくっつきました

昔一緒に寝てたときに、手を繋いで相手が寝てるか確認で手をにぎにぎして起きてたらにぎにぎ仕返すみたいのをやっていたのを思い出して手を繋いでみた

「ねーちゃん何?」

って言うから

「昔よくやってたじゃん」

って言うと

「懐かしいねー」

といつもの弟の調子になったので

「弟彼女いたことあるの?」

と聞いてみた

「いないよーw」

としょんぼりしてたので可愛くなって抱きついた

「ねーちゃんどうしたの!?」

と弟が焦りだしたので

『ねーちゃん酔っ払っちゃった♪』

と嘘つきました、サーセン

『でもキスはしたことあるでしょ?』

ふるふると縦に首を振る

『それ以上は?』

「ないよ・・・」

としょんぼり

『女のコに興味ないの?』

「そうじゃないんだけど、彼女出来ないし」

質問攻めにして主導権を握ってみた

「歳は大人なのに体は大人じゃないよーw」

と自虐的に弟が言ってきたのでチャンス!と思い

『ねーちゃんがいるよ!』

っと焦りすぎてワケわかんないこと言ってしまった弟は

「えっ?」

ってテンパってた

『ねーちゃんのこと嫌い・・・?』

としゅんとしてみたら焦って

「えっ?ねーちゃん好きだよ!」

って言ってきたのでちゅーしちゃいました弟は顔真っ赤になって無言でした

『ねーちゃんも弟好きだよっ♪』

と軽く言って今度はほっぺたにキスしました

「ねーちゃんずりぃよ・・・」

と言われて

『なにが?』

と聞いたら

「そんなことされたら・・・」

って顔真っ赤wwwかわいいwww確かにおっきしてましたww弟は

「ご、ごめんっ」

と言いながら隠そうとしてたので

『なんで隠すの?ねーちゃんに見せてごらん』

とSっぷりを発揮してみた普段あんまり逆らわない弟も流石に、

「無理だよっ」

って焦ってた

『いいから、早く』

と無理矢理脱がそうとしました。

悪ふざけのノリです弟は抵抗してたのですが、私に勝てずwズボンを脱がされました弟顔真っ赤wおっきしすぎてましたここでSっ気が出てきちゃって

『なんでこんなおっきくなってんの?』

って鬼畜な質問弟涙目www

「ねーちゃんがキスしてくるから・・・」

なんたらかんたらと最後の方聞き取れずとりあえずつんつんしてみた、弟ビクビクwwwかわいいwwwwあんまり苛めすぎるのもあれかなって思ったのでもう一回キス首筋にキスとどんどんキスしながら下に下がっていきました弟は無抵抗でしたすみませんキスに夢中で弟どうなってたか覚えてないwwおへそ辺りまできてから弟が

「ねーちゃんマズイよ・・・」

って言ってきたけどシカトした辿り着いてとりあえずおにんにんにキスおにんにんビクビク可愛いですwはむっとしたかったけど舌でペロペロ舐めてみた弟から吐息が聞こえた丁寧に舐めまくりました弟ビクンビクンはぁはぁしまくりですそこで私が我慢出来なくて、はむっとくわえて優しくゆっくり頭を前後しました少し苦かったのでガマン汁出てたんだと思う。

弟がはぁはぁし始めて

「ねーちゃんダメ・・・」

って言ってたけどまたシカトフェラでイっちゃうのは困るので

『ねーちゃんの触ってみる?』

って聞いてみた

「う、うん・・・」

って恥ずかしながら言ってきたので

『服脱いでからこっちおいで』

って言った弟が緊張しながらこっち来るのが分かりました。

こっちおいでと言ったもののどうすればいいのかわからずとりあえずぎゅーっと抱き締めました

「ねーちゃんおっぱい触っていい?」

って聞いてきたので

『いいよ』

って答えましたあ、ちなみにCしかないので期待はするな弟がぎこちなくおっぱいを触ってきて乳首をつんつんしてきました何故か一瞬冷静になり、乳首ダブルクリック~が頭に出てきて笑いそうになった・・・orz弟が胸触ってるだけなので

『ここペロッとしてみて』

と乳首を指差しながら言ってみました

「うん・・・」

と言ってペロペロ舐めてきたのでビクッとしちゃいました弟が興奮してきて上に乗っかって舐めてきたので

『下も触ってみる?』

と聞いた弟はうなずいて手を下の方に持っていきました。

「ねーちゃんぬるぬるしてる」

と言われて凄く恥ずかしくて死にかけた

『指・・・入れてごらん』

と言って弟が

「うん」

と言い、弟の指が入ってきました。

優しい手マンで思わず声が出ちゃいました声が出るなんて・・・と恥ずかしくなり出さないように我慢しました

「ごめん、ねーちゃん俺・・・入れてみたい」

と弟が言ってきたので、

『うんいいよ』

と返しました私の部屋からゴムをとってきて、正常位でいれようとしましたがなかなかうまくいかず・・・仕方ないので私が上になりました私が上になっておにんにんを持って、私の中に誘導しました。

恥ずかしいのですが・・・濡れていたのですんなりはいりました弟が完全にはいったときに

「はぁ・・・」

と息をついたのが凄く興奮しましたゆっくり私が上下に動きました。

あんまり騎乗位は得意じゃないので・・・でもリードしなきゃと思い頑張りました

『気持ちいい?』

と聞くと

「ヤバい・・・出ちゃうよ」

と言うので一回抜いて正常位になりました私がねっころがって上に弟がいました

「ねーちゃん・・・入れるよ・・・」

と言うので

『うん・・・』

とうなずきました今度はうまくはいりました。

弟はぎこちなく腰をふり、

「ねーちゃんぎゅうぎゅうしてて気持ちいい」

と言ってきました正直私も凄く気持ちよかったですやはり相性がいいんですかね弟があまりにも激しく腰を振るので声が出てきてしまって・・・私達の部屋は3階で2階リビング1階両親の部屋なので聞こえることはないですが聞こえたらマズイという背徳感が余計興奮しました弟はそこで、

「もうだめだ・・・出る・・・」

っと言ってきました。

『いいよ』

っと言った瞬間

「ねーちゃんっうっ・・・」

と弟はイキましたはぁはぁしながら、

「ねーちゃんごめん・・・我慢出来なくて」

と謝ってきたので

『気持ちよかった?』

と聞くと

「うん」

と答えました。

その後しばらくねっころがって休憩してましたが、またムラムラしてきたようで胸をふにふに触ってきました。

ふにふにしながらくっついてきたので頭なでなでしました。

「子ども扱いすんなよー」

と言われて、弟のくせに!とおにんにんふにふにしてやりました。

あっという間におっきくなり、

「ねーちゃんが触るから」

と焦ってました

『何、ねーちゃんに触られて興奮してんの?』

と苛めたら顔真っ赤にしてましたおにんにん触るのをやめたらえって顔をしてきたので、

『ねーちゃんにお願いしないと触ってやんなーい』

と言ったら

「ねーちゃん相変わらず意地悪だね」

と言われてキュンとした。

萌えた。

弟は恥ずかしそうに私の手をおにんにんに持ってって

「もう少し触って」

と言ってきた。

『ちゃんと言わないと触ってやんない!』

といつものように苛めた弟は

「えーっ」

と残念そうな顔をして少し迷っていたけど、覚悟を決めたのか私の方を見て、

「ねーちゃんおにんにん触って」

って言ってきた。

萌えた。

『しょーがないなぁ』

と言って触ろうとすると既にビンビンにおっきしてた。

『さっきしたばっかなのに・・・』

と少し戸惑った既におっきくなっていたので手で包み込み上下に動かしました。

弟は時々ビクッとしたり吐息を漏らしたりしていましたその間弟は私の胸も弄び、乳首をつまんだりしていたので私もうずうずしてきていました。

「ねーちゃん・・・俺も触っていい?」

と聞かれたので

『いいよ』

と言い、弟の手が下に伸びていきました弟はまんまんを触って

「ねーちゃんもう濡れてるよ」

と言ってきたのでここ触ってとクリに誘導しました。

コリコリと刺激され、思わず声が出てしまいました弟のおにんにんはかちかちになってました。

「ねーちゃんいれたいよ・・・」

と言ってきたので

『まだダメ、ねーちゃん気持ちよくさせたらいいよ』

と言いました

「わかった、じゃあ舐めていい?」

と聞かれたので

『いいよ』

と答え、弟はベッドの下の方に下がっていきました弟がチロッとクリを舐めました、気持ちよくて

『んっ・・・』

と声が出てしまいました

「ねーちゃんここ気持ちいいの?」

と聞いてペロペロ舐めてきました弟の遠慮がちな舐め方が凄く気持ちよくて、

『んっ・・・』

と我慢してた声が

『あっ・・・』

と変わっていきました

「ねーちゃん俺のも舐めてくれる?」

と言ってきたので、

『じゃあ横になって、ねーちゃん上になるから』

と言い、弟が下私が上になり69の体制になりました。

私はいきなりはむっとくわえ、弟はペロペロと舐めてきました弟は気持ちいいのか、腰が時々動いていました。

私はくわえながらも我慢出来ずにこもったあえぎ声を出していましたそれから、口を離して

『こんなにおっきくしてどうしたいの?』

となんとか主導権握りたくてwww言ってみました弟は興奮していて、

「ねーちゃんの中にいれたい」

と躊躇わずに言ってきました私は横になり、

『どうやっていれたい?』

と聞きました。

弟は少し迷って、

「後ろからしてみたい」

と言ってきました

『後ろからしたいの?なんで?』

と、とことん苛めた。

弟は

「おしり持ちながら突いてみたい・・・」

と恥ずかしながら言ってきた。

変態!と罵りたかったけど苛めすぎもよくないよね、やめました。

弟がゴムをつけたので、四つん這いになって弟がお尻を持ちました。

なんか不安になったので、

『間違えないでね』

と言ってしまった弟は、

「大丈夫・・・」

とまんまんにおにんにんをすりすりしてきました

「ねーちゃんいれるよ・・・」

と言い、お尻をぐっと掴み中にいれてきました

『あぁ・・・』

と弟の口から声が漏れ、腰を動かしてきました

『ゆっくり動いて・・・』

と私が言ったので弟はゆっくり腰を振ってきました弟はゆっくり動いてたけど、我慢出来なくなったのがガンガン腰を振ってきました私は枕に顔を押し付けて声が下に聞こえないようにしました

『んっ・・・んっ・・・』

とこもった声に弟は余計興奮していました弟は

「ねーちゃん・・・ねーちゃん」

と腰を振り興奮しながら言ってきました私は、

『今度はねーちゃん動く』

と言って上に乗りました。

M字に足を曲げ上下に

「ねーちゃんエロいよ・・・丸見えだよ」

とすごく興奮してました。

その後は抱きついて腰を動かし・・・弟が下から突いてきました私は弟の上半身を起こし、座位?の体制にしました。

私が腰を振り、弟は私の胸を掴み舐めてきました。

お互い凄く興奮していて私は声が出ないように、弟は

「うっ・・・」

とか

「はぁはぁ・・・」

とか時々声を出していましたのの字を描くように私が腰を動かしていると、

「ねーちゃんそれヤバい・・・」

と苦しそうな顔をしながら言ってきました私は

『ヤバいって何・・・?はっきり言わないとねーちゃんわかんない』

と言い、弟は苦しそうに

「気持ち良すぎだよ・・・」

と返事をしましたそのまま私がねっころがり、弟が上になって腰を振ってきました弟は深く奥まで突いてきて声を我慢するのが精いっぱいでした

「ねーちゃんぎゅうぎゅう締め付けられてるよ・・・」

と興奮しながら言ってきたので

『気持ちいいよ・・・』

と思わず言ってしまいました声もだんだん我慢できなくなり、

『あっあっ・・・』

と出てきてしまいました

「ねーちゃん声出てるよ・・・」

と言って弟にキスをされて声が出ないようにふさがれました

「んっんっ』

と再びこもった声になり、弟の息使いだけがはぁはぁと部屋に響くようになりました。

それに私はすごく興奮してしまい弟の背中をぎゅっと掴みました。

弟の腰の動きがどんどん速く、息遣いも荒くなり私は自分の腕で口を押さえ

『んっんっ・・・』

と声を出さないようにしまんまんがひくひくしてくるのがわかるくらい感じていました。

弟は

「ねーちゃんの中ぎゅうぎゅうしててキツいよ」

と漏らしながらパンパンと腰を振り続けました私と弟は抱き合う形になり、弟の息遣いがはぁはぁと耳元で聞こえ私は聞こえないように、小さくあえぎ始めました

『あっ・・・んっ・・・』

とあえいでいると弟が

「いつもと違うねーちゃんの声に興奮する」

と言ってきたのでそのままあえぎ続けました。

弟が腰を振るたびにくちゅくちゅと音が聞こえ始め

「ねーちゃん濡れすぎてるよw」

と言われて死にたくなるほど恥ずかしかった・・・

『濡れやすい体質なんだよ!』

と言いたかったけど我慢した弟は

「ねーちゃん・・・そろそろイってもいい?」

と聞いてきたので

『うん、いいよ・・・』

と返事をした弟は激しく腰を振り、

「ねーちゃんっ出ちゃうっ・・・」

と言って果てたそれから少し横になって休憩して見られたらまずいということで服を着て寝た。

昨夜の話は終了です。

続き書いていきますね。

弟は普通にゲームしてました。

私は隣で弟にくっついて画面を眺めていました。

弟はそろそろ眠いから

「ゲームやめようかな」

と言うので

『うん、そうだねー』

と同意しました。

そしてどーすんのかなーと待ってたら、

「ねーちゃん今日は一緒に寝ないの?」

と聞いてきました。

ねーちゃん基本Sなので・・・うんとは言わずに

『何、一緒に寝たいの?』

と聞き返しました。

弟は、

「うん・・・ねーちゃん昨日みたく一緒に寝よう。」

と言ってきました。

素直すぎてかわいいwww

『しょーがないなー』

といいながら、一回自分の部屋に戻り寝る準備をしてから弟の部屋に行きました。

弟はすでにベッドにねっころがって私のスペースを空けて待っていました。

さーて、寝ようかなーと弟の横に寝て電気を消しました。

私はわざと弟に背を向けて寝ました。

後ろでごそごそ動く音が聞こえてwktkして待っていました。

弟が私の背中をつんつんしながら、

「ねーちゃん起きてる・・・?」

と聞いてきました。

『起きてるよ、何?』

とそっけなく返事をしました。

「ねーちゃんまだ眠くないから話ししようよ、こっち向いて」

と言ってきたので弟の方に寝がえりをうちました。

寝返りをうつと弟がぴったりくっついていて顔がものすごく近くにありました。

びっくりして、

『顔近いよ!』

と言ってしまいました・・・。

弟は

「ご、ごめん」

っと少し離れました。

言い過ぎたかなと思い、

『びっくりしただけだよ、ごめん。』

と言ったらくっついてきました。

かわいいwwwwwwでも、下半身だけが離れていたのでどうしたんだろと思って私からくっつきました。

おっきしてたから隠そうとしたらしいww弟に

『なんか当たってるんだけど。』

と言ったら、

「ねーちゃんごめん!でも仕方ないよ・・・」

としゅんとしながら言ってきました。

そこで、おにゃにーを思い出したので弟に

『オナニーするの?』

と聞いてみました。

弟は

「するけど・・・なんで!?」

と聞き返されたので

『見たことないからどんなのか興味あるんだけど・・・おっきくなってるし見せてよ。』

と言いました。

弟はもちろん拒否してきましたが、私が見せろとしつこいのであきらめたようでした。

2人でベッドの上に座り、弟のズボンを脱がせました。

すでにおっきくなっているおにんにんを見て、

『なんでもうおっきくなってんの?』

と言いました。

弟は

「だって・・・恥ずかしくて・・・」

と言っているので、おにんにんをつんつんしました。

弟は

「ねーちゃん触ってよ・・・」

と言ってきましたが、

『オナニー見せてって言ったじゃん。

早くやってよ。』

と言いました弟は諦めた様子で、おにんにんを手でこすり始めました。

私はうわーっと見てました。

弟が

「ねーちゃん・・・恥ずかしいよ・・・」

と言っているので

『見られて興奮してんでしょ?いいじゃん。』

と冷たく言いました。

弟は

「ねーちゃん・・・ねーちゃん・・・」

と言いながらしこしこしてました。

「ねーちゃんおっぱい見せて」

とお願いしてくるので、

『いいよ。』

と言ってタンクトップを脱ぎました。

弟は私の胸を見ながらオナニーを続けました。

私は初めて見たおにゃにーに少しおろおろしてました。

あんなにこすって痛くないの????弟が

「ねーちゃんのおっぱい舐めたい」

と言うので

『いいよ。』

と言って胸を顔に近づけました。

弟はおにんにんをこすりながら私の胸を舐めてきました。

「はぁはぁ」

と言いながら弟は夢中で自分のをこすり、私の胸を舐めていました。

私は興奮してしまいました・・・弟はこするスピードを上げ、

「ねーちゃん出ちゃうよ、仰向けで寝てよ!」

と焦りながら言ってきたので、意味がわからなかったのですが仰向けに寝ました。

弟は

「出る!出る!」

と言って仰向けに寝ている私に向かって精子を出してきました。

私の胸からお腹にかけて、弟の精子が飛び散りました。

弟は、

「ねーちゃん・・・ごめん・・・」

とはぁはぁしながら謝ってきました。

私はぼーぜんとしました。

一瞬何が起きたのかわかりませんでしたww弟はティッシュをとってきて、私にかかった自分の精子を拭き取りました。

拭き取っている間、弟は

「ごめんね、ごめんね」

と謝ってました。

私が、

『あぁ、うん。』

と冷たく言ったので怒っていると勘違いしていました。

拭き終わり、2人で横になった時

『いつも何見て一人でしてるの?』

と聞いてみました。

どうやらメイドさんやらコスプレ系が好きなようですwwwしばらくして、今日は出しちゃったし寝るのかなーと思って、

『今日はもう寝る?』

と聞いたら

「ねーちゃんとしたいです・・・」

と言ってきました。

私は、

『さっき出したのにしたいの?』

と言いました。

弟は恥ずかしそうに、

「えっちとオナニーは別だよ。」

と言ってきました。

『昨日までDTだったくせにwww』

とは言えず・・・

『ふーん』

と返しました。

「ねーちゃん、だめ?」

と聞いてきたので、弟に軽くキスをしました。

弟は私の上に覆いかぶさり、あそこを押し付けながら私にディープキスをしてきました。

おにんにんはおっきくなっていました。

キスで私は感じてしまい、

『んっ・・・』

と声が出てしまいました。

弟はそれを聞いて、

「ねーちゃんも気持ち良くなろうよ・・・」

と言って胸を舐めまわしてきました。

私は

『弟のくせに!』

と思いつつもいつもと立場が逆になっている状況に興奮していました。

乳首をペロペロと舐められてビクッとし、

『んっ・・・あっ・・・』

と声を出し、まんまんが濡れてきているのがわかり、うずうずしていました。

弟は俺のも触ってと私の手をおにんにんに持っていきました。

私はおっきくなったおにんにんを触り手を上下にしましたが、体制が辛かったので、

『弟にフェラするからねっ転がって』

と言いました。

弟がベッドに寝て、私が上になりました。

私はおにんにんの裏を下から上へ舐め、カリの裏をチロチロとしました。

弟は気持ちよさそうにうぅ・・・と声を漏らしていました。

弟のおにんにんを持ち、裏をペロペロと舐め段々下の方へ下がっていき、おにんにんをしこしこしながらたまたまを口に含み軽く吸いました。

弟は

「あっ・・・ねーちゃんそれ気持ちいい・・・はぁはぁ・・・」

と気持ちよさそうに言いました。

私はもう片方のたまたまにも同じことをし、裏を舐めながら上にいき

『はむっ』

とおにんにんを咥えました。

舌を這わせながら口をゆっくりと上下に動かし、たまたまを優しく揉みました。

弟は

「ねーちゃんのも舐めたいから交代しよと」

言ってきたので、私が今度は横になりました。

弟は最初クリをチロチロと舐めてきました。

その軽い舐め方がすでに敏感になっていた私にはたまらない刺激で、ビクビクと体が反応し、声が

『あっ・・・』

と出ていました。

弟はねーちゃんが自分が舐めて気持ちよくなっているのが嬉しかったのか私の敏感なところを重点的に舐めてきました私は体が仰け反るくらい気持ち良くなっていました。

弟はそんな私を見て、興奮したのか舐め方が激しくなりまんまんに指を入れてきました。

部屋には私の我慢している

『んっ・・・んっ・・・』

というあえぎ声と弟の

「はぁはぁ」

という声、そして弟が指を動かすたびに聞こえる

「くちゅくちゅ」

という音が響いていました。

段々と弟の指の動きが激しくなり、恥ずかしながら潮をふいてしまいました人によっては潮を吹かない人もいますが、私はふきやすいタイプでした(´・ω・`)弟のベッドのシーツが汚れ、ものすごく焦り、

『ごめん!本当にごめん!』

とただ謝るばかりでした。

弟は潮をふかせた喜びで気にしてませんでしたが・・・私は焦っていたのでとりあえずティッシュで濡れてしまったところをポンポンと叩き、拭こうとしていました。

でも、弟はそんなことより我慢が出来なかったようで私のことを押し倒しました。

『シーツ拭かないと染みになっちゃうよ?拭くからちょっと待ってて。』

と言ったのですが

「いいよ別に、お母さんにはジュースこぼしたって言っとくから。

それよりいれていい?ねーちゃん、俺我慢できない。」

と言い、まんまんにおにんにんをこすりつけてきました。

私は

『ゴム!持ってくるから待って!』

と言いました。

すると弟は自分の机の引き出しからゴムを取り出しました。

『買ったの?』

と聞いたら

「彼女いたときに買ったんだけど使ってない。」

と言っていました。

弟はゴムをつけ、私の上に乗り

「ねーちゃん、いれていい?」

と聞いてきました。

私は

『うん・・・』

とうなずき、弟のおにんにんが私の中に入ってきました。

弟は私の両足を自分の肩に乗せ、腰を動かしてきました。

奥まで突かれ、すごく気持ちがよかったからなのかまんまんから汁が垂れ、お尻まで伝っていったのがわかりました。

弟は私の足を持ち、はぁはぁと息を切らしながら激しく腰を振り続けました。

私は声が下の階に聞こえないように、自分の腕を口に当てて

『んっ・・・んっ・・・』

とこらえ続けました。

弟ははぁはぁしながら

「今度はねーちゃん動いて」

と言ってきたので、私が上になりました。

腰を前後に振り、こすりつけるように動きました。

弟は眉間にしわが寄り、苦しそうな顔をしていました。

私は動きながら

『あっん・・・』

と抑えながら喘いでいました。

繋がっているのを見たいというので足を立て、上下に動きました。

弟は

「あぁ・・・すごいよねーちゃん・・・中に吸い込まれてるよ」

と興奮していました。

弟はどうやらバックが好きらしく、

「今度は後ろから!」

と言って私の腰を持ち、まんまんにおにんにんを入れてきました。

弟は腰を持ち、激しくパンパンと腰を振ってきました。

私は堪え切れなくなり、

『あっあっ・・・』

とあえぎ始めていました。

弟は

「ねーちゃん・・・聞こえちゃうよ・・・」

と言って奥まで突いてきました。

『んっんっ』

と再びこもった声になり、弟は

「ねーちゃん立って」

と言ってきました。

弟175cm私156cmで少し差がありましたが、立ちバックがしたいようでした。

私は壁の方を向き、後ろから弟がくっついてきました。

壁に手を当て腰を少し突き出し、身長差が少しあったので軽くつま先立ちをして弟がいれやすいようにしました。

少し苦戦しながら弟はまんまんにおにんにんをいれてきました。

弟が下から突き上げてきて、私は口を押さえることもできずにあえぎ声をだしていました。

弟ははぁはぁと息を乱し、夢中で腰を動かしてきました。

その時、下から物音がしました。

どうやら父か母がトイレに行くのに2階に上がってきたようでした。

階段を上る音がして、私と弟は動きをとめました。

はぁはぁと2人の息遣いだけが聞こえます。

2人は横になり、弟もてっきり隣に寝て寝室に戻るのを待つと思ったのですが私の上に覆いかぶさり、あろうことか挿入してきました。

私は焦り、小声で駄目だよ、

『気づかれたらどうするの!?』

と言いました。

間取りですが、1階に親の寝室とトイレとお風呂2階にリビングとキッチンとトイレ3階に私たち姉弟の部屋があります。

弟はもともと小心者なので物音を立てないようにゆっくり腰を動かしてきました。

でも、そのゆっくりとした動きが気持ちよくて・・・///声が出ないように、弟の肩に顔を埋めて必死に我慢しました。

下からトイレのドアが開く音がしましたが弟は動きを止めませんでした。

部屋では弟の

「はぁはぁ」

という息遣いと

「くちゅ・・・くちゅ・・・」

というおにんにんとまんまんが擦れ合う音が聞こえていました。

階段を下りる音がして、私はほっとしました。

まだ寝室で親が起きているかもしれないので、しばらくゆっくりと腰を動かしていました。

少ししてから、弟が

「ねーちゃん、激しくしていい?俺そろそろ我慢できない」

と言ってきましたが、下に親がいるのにいれてきたお仕置きとして、

『駄目。

まだこのままゆっくり動いていて。』

と言いました。

弟は苦しそうに

「わかった・・・」

と言って少しだけスピードを上げて腰を動かしてきました。

弟は早く動かしたいのを我慢したまま、私に従ってゆっくり動き、苦しそうに

「ねーちゃんまだ?」

と言ってきました。

私は

『、いいよ、好きなように動いて。』

と言ったと同時に弟は私を抱きしめたまま激しく動き、

「ねーちゃんっ・・・出ちゃうっ・・・」

と言って激しく奥まで突き、弟は私の中で果てました。

そのあと、一緒に寝ました。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 無防備 妻の友達 妻の過去 ビキニ 二穴 バレないように オシ●コ 肉●器 ラッキースケベ 獣● トラウマ DQN 還暦 ママ友 上司の嫁 マット  3P バイアグラ 土下座 お客 友達の妻 妻の姉 お盆 M字開脚 性接待 相互鑑賞 サッカー部 剣道部 美容師 隠し撮り 再婚 オナホ 男の潮吹き 地味 本気汁 イメプ 医師 手錠 ボーイッシュ 聖水 近所 近○相姦 豊満 お局 4P 鑑賞 素人 貝合わせ クスコ 美少女 ギャップ 花見 喧嘩 兜合わせ テント 脱衣 ドレス 自撮り 講師 顧問 ヘタレ 美術部 マンスジ マニア ストッキング 新婚 モテ期 ゴルフ ベランダ メガネ アクメ チンぐり返し 春休み 神社 レ○プ ノンケ 団地妻 尾行 ボランティア 性教育 テニス 愚痴 夫の上司 放置プレイ プレゼント 教育実習 アフター ヒッチハイク 先輩の母 SM アヘ顔 継母 逆痴● メンズエステ 実家 コテージ 避妊 金髪 北海道 背面座位 不妊症  釣り 友達の夫 スカウト 回春マッサージ 騎上位 マンぐり返し ゴルフ場 ハミ毛 染みパン シングルマザー グラドル リハビリ OL 接骨院 ストレス 相互オナニー オムツ  遭遇 パワハラ 恋人交換 一人暮らし 拡張 姫初め 帰省 割り切り マジックミラー レオタード オーナー 隠撮 チンカス 発見 性生活 ボーナス 唾液 ブサメン 小悪魔 自転車 女神 スケベ椅子 挑発 台湾人 ムチムチ パジャマ 寝起き 流出 ホットパンツ スケスケ 両親 イジメ 初夜 黄金 罵倒 マイクロビキニ 逆●漢 友達の奥さん エロ動画 台湾 喪女 手術 ファザコン アラフィフ 飲● 添乗員 DJ 野菜 倦怠期 写真 キチガイ 搾乳 目の前 新年会 ニーハイ 韓国 ぎっくり腰 M字 便秘 弁護士 首絞め 独身 同期 彼女もち グラビアアイドル 租チン  柔道部  女風呂  婚活 団地 チアリーダー グラマー ロリ系 俳優 仲居 上司の妻 盲腸 Fカップ 立ちション ライブ 弓道部 現地妻 恐怖 将棋部 回春 お見合い jk 産婦人科 皮オナ バキュームフェラ エレベーター 夫の同僚 エロ漫画家 スポーツクラブ 黒髪 小柄 役員 パパ友 ぱふぱふ 夫婦喧嘩 オーストラリア 美尻 唾液交換 ジョギング 貧乏 レ〇プ  ガムテープ フェス 姉の夫 ライブハウス ペット 仁王立ち フツメン M性感 バレー部 社長夫人 床上手 ロープ 流産 竹刀 チャイナドレス 竿付き 生保レディー 露天 リア充 臭い 新幹線 美女 苦痛 タレント 婚約者 ペニスバンド 屈曲位 マッチョ ソープ嬢 無精子症 集団 ニート 友達の父 マラソン 生徒の母 臭いフェチ ボンテージ 別荘 ノロケ エロ写メ 潔癖 エロ画像 言いなり ハメ潮 左遷 エロなし オナペット 知り合い ご奉仕 フィリピン人 スパッツ タイツ 直穿き エロ本 ギター 夫の兄 姉妹●姦 女湯 体育館  自虐 ホテトル 子作り 電話中 M男 母子交換  従姉妹の娘 ハプバー 友達夫婦 友達の旦那 イメプレ 元カノの妹 警察 無修正 トラック お姉さん 上司の奥さん う●こ エロゲー ふたなり ハワイ ブラチラ ペニクリ スカイプ 閉経 三角関係 腕枕 出会い喫茶 喪男 彼氏交換 即ハメ 背面騎乗位 ナプキン 先輩の奥さん 隠しカメラ 金持ち 免許 主人 性感帯 ボクシング部 元嫁 出張ホスト 片思い ハイボール おもてなし 大家 コスプレ巨乳 出勤前 弟の妻 黒タイツ ボディービルダー ワカメ メガネ屋 ボディービル デルヘル 自暴自棄 70代 自慢 制裁 喘息 イカ臭い 老婆 禁欲 フィギュアスケート部 早熟 ローライズ キス魔 鷲掴み プロレス 腰痛 人助け オリモノ フィジー クォーター バレンタイン 姉妹交換 ドクター TV電話 社長婦人 靴なめ ぢゃ性 腐敗 阿鼻叫喚 15P まんぐり返し 渋滞 相部屋 ボーリング オプション 武勇伝 ハイグレ 車検 母の妹 マリッジブルー ローソク ムチ むっちり 生き別れ カマトト かりまん 出合い系 転校生 姉妹相姦 ユルマン おあずけプレイ ラノベ 健全 脇舐め キッチン ポロリ パーカー 一気 インドネシア人 テクニック ネパール人 フタナリ パイチラ 密会 中性 おへそ 無料 マイナー 勇気 韓国エステ 焦らしプレイ パトロン 同伴 性上位 気絶 吊り橋効果 バスケ バージン おねしょ 全身リップ 訪問販売 せどり 祖母 紳士 近○相○ 竿姉妹 種違い 人参 谷間 恋人 便器 カミングアウト 出禁 蟲姦 星姦 オーディション ローカルテレビ 企画 寝落ち 乱暴 ゴミ箱 塾講師 自尊心 使用済み リフレクソロジー ラブレター 先輩の妻 共依存 メス豚 ノルマ ブラック企業 胸糞 妻の友人 ピーナッツ エアロビクス 義理の娘 お花見 背徳感 料理教室 バナナ バスタオル 精液便所 宴会芸 長ネギ 地獄 我慢 性○隷 ハードセックス 宿題 チキン 寝起きドッキリ チンピラ 配信 男子禁制 日系ブラジル人 絶縁 保育園 バストアップ 体操部 想定 正月明け 儀式 失笑 悪酔い 神秘 嬢王様 IUD パラダイス 無臭 女子プロレスラー 水泳教室 アスリート女子 ぶっけけ マッサージ師 興奮 インフルエンザ バイブフェラ ブーツ 汚物 母子家庭 乳がん 処理 屈辱的 診察台 四つんばい お祝い 脱サラ 性感エステ 草食系男子 キモメン 泥沼 助手 ファン ポッチャリ 職権乱用 オタク女子 ケツ毛 同性愛 上目遣い ランデブー シラフ 口臭 洗濯バサミ 避妊リング 看板娘 主張 射精管理 マンション 介護 支配 サランラップ 東京 伊豆 ちんぐり返し 彼女の弟 婚約 ネットH  他人棒 号泣 悲惨 目覚ましフェラ 近●相姦 読者モデル 事務 元ヤン 歳下女子大生 筋肉フェチ  寝盗られ 夏フェス ニューカレドニア サイクリング 性同一性障害 ネイリスト パリ 乳首舐め 音声 お小遣い 引き籠もり バット カウンセラー 発熱 彼女の父 顔舐め 編みタイツ ギャル男 サーファー 狸寝入り ひとり暮らし 狭射 ハイレグ 友達の叔母 台所 チクニー 実験 シックスナイン 旦那の弟 ゴーヤ スクール水着 ストリッパー トレーニング 行水 頬ずり  軽蔑  SNS ごっkん 生理不順 プリクラ スナックのママ 虐め 山岳 ジジイ 乳コキ 校長 メタボ 交尾 カツアゲ 日焼け 録音 兜合せ 逆セクハラ 後輩の妻 胸毛 風習 中だし 倒産 恋愛禁止 吹雪 壁ドン 美少年 ジーパン 後輩の男友達 ハシゴ  男湯 シンママ 社員 生本番 芸能 半陰陽 マンコ セリクラ 親切 マンカス ママ  同時イキ チア部 カナダ 芸能事務所 同期の妹 悶絶 新婚初夜 無礼講 貸切 ニーソ 万馬券 飛行機 10P 塩対応 染み 控え室 仕事 穴あきパンティ 股間 新婦 ポニーテール 刑務所 彼女交換 ソーセージ トライアスロン 押入れ セフレの友達 立ち合い パーティー 年越し 旦那の同僚 プレハブ 主人の友達 従姉妹の彼氏 t乱交 おままごと パプニングバー 先輩のセフレ 彼女不倫 B専 アメフト部 不妊治療 トップレス すっぴん ボクサー 露出b ハイキング 彼氏の妹 飲酒 3穴 仲直り 輪● 彼の家 6P 不貞 グアム 長文 7P  騎馬戦 近親相●姦 玉舐め 全盲 妹夫婦 セレブ 屋台 アナル責め AV GW CA 義理兄 絶叫 バレーボール部 ブルセラ こたつ 2ch 別居 リンチ 予備校 研修 トルコ ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ 断捨離 OB 再従兄弟 アナルうんこ ハゲ 指フェラ 心身 従兄弟の嫁 友達の家 百合 兄の娘 兄弟 先輩の婚約者 おっぱいアナル W不倫 妊活 スロベニア人 読モ 密室 テレビ チアガール 義息子 正座 イメチェン オナネタ 娘の夫 彼女の過去 サンタ 書道部 延長 相撲 息子の先輩 同僚の妹 アレルギー 卓球部 社長の息子 スノボー 婿 バドミントン部 公認 試験 出会い ケジメ 馬鹿 プラトニック ニュージーランド人 アメリカ サクラ 中継 テニススクール 部室 音信不通 母子○姦 近親○姦 チーママ 排泄 下品 貯金 スノーボード バンガロー 小説風 逆ギレ 不満 女優 ポカリ 元旦 セカンドバージン 悪臭 メガネっ娘 アイマスク キュウリ 摘発 コスプレイヤー パンパン 謝罪 女店主 ラーメン屋 姉の同級生 ダブルブッキング ペンション インモラル バンコク サプライズ 処女初体験 シミ付き コーヒーショップ 娘の担任 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 シングルファザー 初潮 年始 本気 フェラテク 不潔 検査 セミプロ サドル 大学受験 くじ引き ホームセンター ボクシングプレイ 通勤 婚活サイト 報告 寄付 利子 アナルファック 廃墟  ソフトテニス部 お清め 恨み 敬語 自棄酒 苦情 賞品 セフレ交換 色弱 最初で最後 エクササイズ キャットファイト 初対面 暴発 レディース SMクラブ ウェディングドレス 生意気 カンボジア 腐れ縁 空家 角オナニー 出前 お化け屋敷 整体師 27P 保護 セックス依存性 リンパ 留守番  白髪 叔母さん バツ2 けじめ マジキチ サスペンダー スワッピングクラブ  自縛 介護士 チン蹴り 人間不信 覚醒 フィリピンパブ コレクション 収集 肩書き ガン  ガーゼ twitter レディコミ お店 鮫肌 友人の嫁 同い年 ぼったくり インテリ 知的 退職 精液検査 おなら 宿直 ハダカ 憧れ 婚前 限界 会長 牛乳 森ガール 添い寝 MオンナS男 犬プレイ タトゥー 食事 テスト勉強 GloryHole ビーチボール アダルトグッズ 図書委員 委員会 美容院 無抵抗 ヘルパー 狂気 Skype バニーガール ジャージ 運動会 不眠症 ボクっ娘 ヤンママ 鍋パ 寝顔 キャッチ 白ギャル 医学部 伏せバック 脚フェチ シ○タ 半勃ち オジサン 男子校 おなべ 浮気相手 友達の兄 シンガポール 眼鏡 娘の元カレ で四つん這い テニスコート 足ピン パフパフ 看護学生 クリーニング  下宿 夫の従兄弟 監視 逆玉の輿 オン欄 出血 レストラン 腋毛 白衣 貧乏神 ハローワーク カレー屋 葬式 帰国 貸出 上級生 精神科医 セックス依存症 猫耳 交換 

フリーエリア