HOME > 【女性視点体験談】 > 教育実習で母校に行った結果⇒やんちゃな感じの男の子とセフレ関係に
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


教育実習で母校に行った結果⇒やんちゃな感じの男の子とセフレ関係に

関連体験談 :教育実習年下女子大生絶頂クンニキスお風呂
※長文

教員免許を取るために

大学生の頃、教育実習生として

母校の高校へ2週間行きました

就くことになったクラスで

初めて挨拶した時1人の男の子と目が合った。

悪戯な笑みを浮かべてこっちを見ていた。

見るからにやんちゃな感じの

男子高校生で手を焼くことになりそうな気がした。

先が思いやられるなと思った。

それが私とヒロくんとの出会い。

ヒロくんは野球の推薦で入ったらしく

勉強は全然できなかった。

居眠り、遅刻の常習で

他の先生からも気をつけるように言われていた

ヒロくんはクラスの女の子とは

ほとんど話さない反面

私には1日中ちょっかいを出していた。

バカな事ばっかりやっているようで

時々真剣な目をしたり気だるい表情を

見せたりするので私は不覚にもどきっとした。

指導案が出来上がらず帰りが遅くなった日

偶然部活帰りのヒロくんと同じ電車になった。

田舎の小さな駅で私たちは2人きりになった。

電車が来るまで私たちは

取り留めのない話で盛り上がった。

「先生、いつまでうちの学校にいるの?」

突然ヒロくんがじっと私の目を見ながらそう聞いた。

「今週いっぱい」

その視線に耐えられず私はヒロくんから目を逸らした。

ヒロくんは急に立ち上がって

自販機に向かいジュースを買って一気に飲んだ。

少し余らせて「ハイ。

」と言って私に差し出した。

受け取る手が震えないように

自分に言い聞かせた。

幸い何ともないふりをして

ジュースを手にしたが心臓の音が

ヒロくんに聞こえてしまうんではないかと思うほど

私の胸はどきどきしていた。

飲み口に口をつけた瞬間、

キュンとなるのを感じた。

その夜、ヒロくんのことを

考えてなかなか寝付けなかった。

次の日からヒロくんはアイコンタクトするように

私にいつも目で話しかけるようになった。

そしてある日、

ヒロくんが高熱を出したらしく

保健室にいると担任の先生から聞いた。

両親が忙しいので迎えにも来れないので

保健室で寝かせているとの事だった。

心配になって保健室に行った。

保健室の先生が書類を取りに

職員室に行っている間に

そっと仕切りをあけるとヒロくんはすぐに目を開いた。

「先生の声がしたと思った。

心配した?」

と悪戯な表情で話しかけてきた。

「心配したよ」

と言うと

「エヘへ」

と子どもみたいな顔で笑った。

「先生は教室に戻るね。

ちゃんと寝てなよ」

と傍から離れようとしたら急にヒロくんに

人差し指から小指の先の方をつかまれた。

「先生の手、冷たくて気持ちいい」

と言いながらヒロくんは自分の首元に私の手を持っていった。

「氷枕、詰め替えるね」

と言って手を離そうとしたその時、

ヒロくんは私の人差し指の腹の部分を

そっと自分の口元に持っていった。

「もうちょっとここにいて」

私は動けなくなって横にあった

丸椅子にそのままそっと腰をおろした。

そのままヒロくんは私の人差し指を

唇で挟むような感じで離さなかった。

何だか焦らされているような気分になった

そんな私の気持ちに気づいたのか

ヒロくんは半身だけ起き上がって

今度は自分の指を私の口元に近づけた。

1分くらいそんな状態が続いて

ヒロくんは顔を近づけてきた。

キスされるのかと思ったら

私の肩に頭を乗せてきた。

その間ヒロくんは何も言葉を発さなかった。

ただ私の首筋には熱があるヒロくんの

熱い吐息だけが感じられた。

不謹慎だけどすごくいやらしい気分になった

私も何もいえないでじっとしていると

廊下から足音が聞こえた。

私は理性を取り戻してぱっと立ち上がり、

ヒロくんを再び横にして布団をかけた

保健室に戻ってきた保健の先生に

「先生、ヒロくんのことお願いします。私、戻ります。」

と言って教室を後にした

何も疑っていないベテランの保健室の

先生のさわやかな笑顔がむしろ

私の中に罪悪感を感じさせた。

小走りに実習生の控え室に

向かいながらどきどきが止まらなかった。

控え室では何ともないふりをしなきゃと

思えば思うほどいつもの私ではいられなくなっていた。

気持ちを落ち着かせようとトイレに行って

ショーツを下ろした時、顔が紅潮するのを感じた。

たったあれだけのこと

自分の目を疑ったけど

そこには私が感じていた跡が残っていた。

その日の下着の色が返って

それを助長していた。

その日結局ヒロくんは母親が仕事帰りに

車で迎えに来るまで保健室で

寝ていたけど私は保健室にはいかなかった。

残り3日となった実習。

ヒロくんに会うのが正直怖かった。

最終日に校長先生を含め

たくさんの先生に見て頂く授業のために

私は日々の授業とその反省、

新しい指導案の作成に追われた。

必然的に野球部の練習が終わる時間と

同じくらいまで学校に残っていることになった。

他の実習生もみんな残っているけど

やっぱり電車はヒロくんと2人だった。

今にして思えば一緒に帰りたいと思って

お互いにその時間を

見計らっていたのかもしれないけど

水曜の帰りもヒロくんと同じ電車になった。

私たちはまた小さな駅で2人で電車を待った。

ヒロくんは待合所から出て

人が来る様子がないことを確かめたのか

私の真横に座った。

そして野球部のバッグで隠すようにして

私の手の上に自分の手を重ねた。

驚いてヒロくんを見たら恥ずかしそうに下を向いて、

少し笑顔を見せ反対側を向いた。

古い駅なので小さな蛍光灯が

数日前から消えかかっていた。

それがとうとうこの日に消えた。

思わずびくっとなった私にヒロくんは

「大丈夫だよ」

と声を掛けて

非常用という小さな電気をつけた。

その時離した手を

私はもう1度出すことはしなかった。

ヒロくんは「何で?」と言った。

私が下を向くとヒロくんは非常用の電気を消した。

そして私たちは初めてキスをした。

多分3秒くらいだったと思う。

私が非常用の電気に手を伸ばした。

そして私は「ごめん。」と言った。

「何で謝るの?俺がしたのに」

とヒロくんは言った。

「拒まなかったから」

「それが先生の気持ちじゃないの?」

「ごめん。分からない・・・」

「俺はさ。

先生が来た日から全部が変わった。

先生に会いたいから遅刻もしないし

先生の授業だけは居眠りもしなくなった。」

「ありがとう。」

「先生にうちのクラスにずっといてほしい。」

「先生はまだ大学生だからね。」

電車が来たので私たちは乗り込んだ。

乗客は私たち以外にスーツの中年の男性1人が

前寄りに座っているだけだった。

私はわざとヒロくんから離れて

1番後ろに座った。

でもヒロくんが淋しそうに

笑いながら私の隣に座りなおした。

今度は手を重ねるのではなく

私の腰に手を回してきた。

ヒロくんがどきどきいってるのが聞こえてきた。

私もだまってヒロくんの膝に手を置いた。

どうして高校生の男の子の手の回し方は

こんなにいやらしくないんだろう。

手を重ねた時、肩に頭を乗せられた時の

肌がつるっとしてたのにもどきどきさせられた。

ヒロくんは腰に回した手を撫で回したりせずに

ただ密着するために手を回したようだった。

「先生、俺、次降りるから」

知ってるよ

と思いながら私は身体をヒロくんに寄せた。

このままずっとこのままいられたらいいのに、

とさえ思った。

黙ったままヒロくんは途中の駅で降りていった。

翌日。

実習は後2日間。

授業中、ヒロくんは教科書で

顔を隠しながら私に何か

合図をするような仕草を繰り返した。

私が母校に就いてからというもの

やはり若いけど自分たちより

年上の女性の存在が物珍しいのか

男子生徒たちは

「先生、彼氏は?」

「携帯の番号教えて!」

と話しかけてきた。

こうしてちやほやされるのは

その時限りということは分かっていた。

教育実習生が珍しいだけなのだ。

でもそうしてくれる方が返って楽だった。

ヒロくんはそういったことを一切言わなかった。

それが不思議でもあり、淋しくもあった。

その日は何事もなくとうとう最終日を迎えた。

クラスの生徒が色紙を回したり

何やらお別れ会の準備をしている気配を

感じたが私は知らないふりをしていた。

たくさんの先生方に見せる授業も

無事にやり遂げいよいよ最後の終礼を迎えた。

色紙を受け取ってクラス委員から

プレゼントをもらい泣きながらお礼を言った。

ヒロくんの視線を感じた

ただ黙ってこっちを見ていた。

クラス全員で写真を撮った。

次々とみんなが駆け寄り言葉を

くれたけどヒロくんは輪から離れた所にいた。

ヒロくんはいつも私にちょっかいを出していたので

他の子が気を利かせて「ヒロも行けよ!」と

言ったのが聞こえたけど

ヒロくんが来る気配はなかった。

教室を出る時ヒロくんが消え入りそうな

表情でこっちを見ていた

ヒロくんのことは気がかりだったけど

教生の控え室でみんなが書いてくれた色紙を見ていた。

私はヒロくんの名前を探している自分に気が付いた。

「先生、ありがとう。いっぱい頑張ってたからいい先生になれるよ。先生のこと絶対忘れない。ヒロ」

涙が溢れた

私は控え室を飛び出した。

この時、担任の先生と

最後の反省をした後で教室を出てから

30分は経過していたけど

今ならヒロくんにもう1度会える、そんな気がしたから

しかし、ヒロくんは既に部活に向かっていた。

私は拍子抜けして、また少し冷静さを取り戻して

控え室に戻り最後の教生日誌を書き上げた。

そしてクラスのみんなに宛てた手紙を

教室に貼り学校を後にした。

片付けることも多く遅くなり

野球部の姿もグランドから消えていた。

とぼとぼと駅に向かった。

駅の前まで行って私は目を疑った。

そこにはヒロくんが1人ベンチに座っていた。

「待っててくれたの?」

「・・・」

「最後まで一緒だったね。」

「最後なんて言うなよ。」

2人の間に沈黙が流れた。

私は思わず

「もう会えないかと思った」

と言った。

ヒロくんは黙って私の目を見ていたけど、

ふいに私を抱き寄せた。

私も思わずヒロくんを抱きしめた。

2週間でこの時間帯に

誰もこないということは分かっていた。

だから私も大胆になれたのかもしれない。

ヒロくんは口元を私の耳に寄せ

「先生」

とつぶやいた。

熱い息が耳元に掛かった。

ヒロくんが私を抱きしめる腕に

力を入れるたびに唇が私の耳元に触れた。

その度に体が感じてしまい

私も唇をヒロくんの首筋や鎖骨の上辺りに

押し付けながら熱い息を漏らした。

私たちは2度目のキスをした。

唇を重ねるだけのキスだった。

ヒロくんが震えたまま何もしてこないので

私は舌をちょっとだけ出して

ヒロくんの下唇を這うように舐めた。

ヒロくんがびくっとなるのが分かった。

唇を少し開き、ヒロくんが舌を

入れやすいように誘導した。

ヒロくんはぎこちなく舌を入れてきたけど

またそこまでで止まってしまうので私が舌を絡めた。

そこまでするとヒロくんは

これまでが信じられないくらいに舌を動かし始めた。

ヒロくんがへっぴり腰な体勢をとっているように感じたので

腰を寄せ密着してみて気づいた。

ヒロくんの股間がすごく硬くなっていた。

ヒロくんは恥ずかしいのか

股間が当たる度に離そうとした。

そんなヒロくんを離さずにわざとくっつくようにした。

唇を離した時にヒロくんの口から

震えるような吐息が漏れた。

慣れてきたのかヒロくんはスーツの上から私の胸を触った。

スーツの上からどうしていいかわからずに戸

惑っているようだったので私は思わず

スーツの中のシャツの上にまで手を持っていった。

そうしたらぎこちない手つきで

少し強引におっぱいを触りだした。

ヒロくんの手つきのぎこちなさと

火照った顔がすごくいやらしく見えて

どうしてもヒロくんのアレを触りたくなった。

もう戻れないと思う自分と引き返さなくては、

と思う自分が葛藤した。

でもヒロくんの息遣いを感じながら

下半身に手を伸ばす自分がいた。

ヒロくんは部活のあとなので

部のジャージを着ていた。

その上からそっと触れてみた。

ヒロくんはピクンと反応した。

汗なのか感じてるのか湿っている

気がして私も濡れてきたと思う。

そして私はそのままジャージの中に手を入れた。

人が来ないか少しだけ

気になったけどもう止まらなくなっていた。

ボクサーパンツの上から先の方に

人差し指と中指で触れる感じで手を当てたら

今度は汗じゃなくて、

感じてこんなに濡れてるんだと

わかるようなくらい濡れていた。

「先生・・・」

と私を呼ぶ声がかすれていた。

ヒロくんは私のスカートをたくし上げて触ろうとした。

その時私も興奮して汗ばんで

ストッキングが張り付いていることに気が付いた。

私が足を閉じたままなので

仕方なさそうにヒロくんは太ももを触っていた。

内腿の間に手を滑り込ませようとした時、

私もぞくぞくっとして「あっ・・・」と声を漏らしてしまった。

さすがに外でこれ以上は

無理だと思ったけどヒロくんの表情から

このままおあずけでは可哀相な気がした。

私はそのままヒロくんの唇を

自分の唇で塞ぐ様にキスした。

キスしながら下唇を舐めると

息が荒くなっている気がしたので

時々下唇を刺激するようにキスを繰り返した。

キスしながらパンツの上から

握っていた手を離し中へ入れた。

ヒロくんのはわけがわからないくらい

ぐちょぐちょになっていた。

中に手を入れた時からヒロくんは声を漏らし続けていた。

女の子みたいなあえぎ声でもなく、

必死で声を押し殺そうとしているような

吐息にも似た声

私は手を動かし始めた。

「あっはああ」

とヒロくんは意識が飛んでるような表情をした。

すぐに私は一旦手を休めて

今度はゆっくりと袋の裏をくすぐってみたり

裏筋に中指伸ばして合わせるように押し当てた。

ヒロくんの先から出たものを

擦り付けるように先っぽを人差し指と

中指で刺激し始めた時ヒロくんが

「先生、出る・・・」

と言った。

私はもう1度握り締めるように

持ち直し手を上下に動かした。

ヌルヌルが手のひら全体に広がっていた。

ヒロくんが「ああっ・・・」と言った直後に

私の手のひらと手首あたりに熱いものを感じた。

ヒロくんはふらふらと

駅のベンチになだれるように座り込んだ。

私は(夏前だったので)持っていた

タオルで急いで座ったままのヒロくんのを拭き

化粧ポーチからウエットティッシュを取り出しで

できる限り後始末しようとした。

ヒロくんのパンツはもうぐちょぐちょに

なってしまっていたので脱ぐように言って

ベンチの端でジャージの下に

野球の練習着の何か(?)を穿かせた。

においがしたらいけないと思い

焦って持っていた石鹸のにおいの

制汗スプレーをかけた。

何事もなかったかのようにできたか分からないけど

私たちは来た電車に乗るしかなかった。

私は県外の大学に行っているので下宿をしていて、

その後、少ない野球部の休みを使って

ヒロくんが私の所までやって来てしまったりしたのですが

女の先生×男子生徒という関係をもってしまいました。

そして、教育実習が終わってしばらく経ったある日、

パソコンに見知らぬアドレスから

メールがあり開いてみるとヒロくんだった。

進学の相談などでアドレスを教えてほしいという

生徒が結構いて担任の先生と相談して

最終日にパソコンのアドレスだけみんなに教えたので

メールにはただ

「ヒロです。

△月△日△曜日に

△時△分に△△駅に着く電車に乗ります。」

とだけ書かれていた。

返信しなかったら

ヒロくんは来ないのだろうか

悶々と考えたが私は

「分かりました。迎えに行きます。△△口の改札から出て下さい。」

とだけ返事をした。

とうとうその日になった。

今までスーツしか見せたことがないので

何を着ようか散々迷った挙句、

これ以上深入りできないという気持ちも

入り混じって大人っぽい格好で行くことにした。

久しぶりに髪も巻いた。

改札を通ったヒロくんを私はすぐに見つけた。

「ヒロくん」

と横から声を掛けた。

ヒロくんはきょろきょろして

私を見つけ恥ずかしそうな笑みを見せた。

「どこか行きたい所ある?」

と聞いたけどヒロくんはおそらく

私に会うためだけにここに来たのだろう。

「先生の家に連れてってくれないの?」

「狭いけど・・・」

と言って私の部屋に向かった。

ヒロくんは遠慮がちに上がってきた。

「急にこっちに来るなんてどうしたの?

部活は?」

「今日午前は練習だった。

久しぶりに1日半休みになったから」

「せっかくのお休みなのに疲れたでしょう。」

私は冷蔵庫からジュースを出した。

ヒロくんは最初から泊まるつもりだったようだ。

親は大丈夫かと聞くと

普段から野球部の遠征なども多いし

ほったらかしだから大丈夫とのことだった。

夕食奢ってあげるからどこか行こうかと言っても

先生が何か作ってというので

結局2人で近所のスーパーに行って

ハンバーグとサラダとお味噌汁を作った。

ヒロくんは美味しいと言って

いっぱい食べてくれた。

お世辞でも嬉しかった。

その後ただただ話をするだけだった。

お互いシャワーを浴びて

私はベッドの隣に布団を敷いた。

「ヒロくんベッド使って」

と言って私は電気を1番小さくして布団に入った。

10分くらい経っただろうか

ヒロくんが

「先生、俺もそっちに行っていい?」

と言い出した。

少し迷って

「うん、おいで」

と答えてしまいました。

ヒロくんがもぞもぞと中へ来て

不自然に離れているので布団が小さく感じた。

「もうちょっとそっち行っていい?」

「くっついてもいい?」

と言いながらヒロくんは

少しずつ私にくっついて来た

私たちは向き合うような形になった。

「先生、先生が最後に学校に来た

日の帰りの電車のこと覚えてる?」

「忘れないよ・・・」

「思い出していつも

先生のこと考えて自分でしてた。

先生、先生って言いながら」

「寝よう・・・明日には帰るんでしょ。」

「先生・・・もう1回おっぱい触らせて服の上からじゃなくて」

強引にやろうと思えばできるような

状況なのにいちいち私にことわりを入れる

ヒロくんを愛おしく思った。

私は寝る時はブラはしないので

そのままTシャツをたくし上げて

ヒロくんの手を誘導した。

自分で自分の乳首が立ってくるのが分かった。

ヒロくんはそのまま片方の手で

おっぱを触っていたけどだんだん我

慢できなくなってきたのか私の上に

乗るような体勢になって両手で激しく触り始めた。

なれない手つきで力任せに

触られて正直少し痛かった。

そうこうしているうちに

ヒロくんは私の胸に吸い付くように激しく舐め始めた。

「待って」

これ以上はだめ、

と止めるつもりが私の口からは

「そんなに強くしたら痛い、乳首が取れちゃうよ・・・もっと優しくして。」

という言葉が出てきた。

「ご、ごめん。」

とヒロくんは言って

「こう?こう?」

と確かめるように愛撫しだした。

「き・・・気持ちいよ」

と私も小さく呟いてあとはヒロくんに任せようと思った。

ヒロくんの身体が動く度に

アレが私に当たり私も興奮した。

「先生、おっぱいしか駄目?先生のあそこが見たい」

「見たいだけじゃなくて触りたいんでしょ。」

と私は軽くからかう感じで、

でもできる限り優しくそう言った。

「ヒロくんが脱がせてくれる?」

と言ったらヒロくんは

「いいの?」

と聞いて、息を荒くしながら

私のルームパンツを脱がせた。

ショーツまでは下りなかったので

そのまますぐに水色のショーツに手をかけた。

そして一気に引きおろして

私のあそこを見つめ

「はあ、はあ」

と息を荒くして私の顔を見つめた。

ヒロくんは電気をつけてもっと

見せてと言ったけど恥ずかしいから駄目と言った。

ぎこちなくヒロくんが私のあそこを触り始めた。

でもどうしていいのか分からず、

割れ目をなぞったり入り口で指を行ったり来たりさせていた。

「ヒロくんも脱いで。

先生だけ裸なんて」

とって私は身体を起こしヒロくんのことを裸にした。

そしてヒロくんのあれを握った。

ヒロくんは一段と息を荒くし始めた。

ヒロくんが激しくキスをしてきた。

そのまま私は今度は

私がヒロくんの足の間に顔を埋め口に含んだ。

ヒロくんは「ああっ・・・」

と声を出しながら

時々快感を堪えるかのように

布団に掛けた綿のカバーを

掴んでいるのが目に入った。

私はそのまま舌を動かし続けた。

裏筋に舌を這わせ、

あれとアナルとの間の部分にも

舌を這わせ口を窄めて激しく上下に動かしたりした。

「先生っ・・・先生」

とヒロくんは私を呼び続けていた。

円を描くように先を舌で強く舐め回した時

ヒロくんが女の子のような声を上げた。

その姿に私も興奮してより激しく舌を動かした。

「先生っやばい出そう・・・」

私は激しく吸い付いた。

掴んだあれを離すことなく

上下し舌を動かし続けた。

「あっ・・・出る・・・」

そのままヒロくんは私の口の中で果てた。

肩を上下し震えるように息をついていた。

私は立ち上がって

手を洗いに洗面台へ行き口をゆすいだ。

飲んであげたかったけどそれはできなかった。

戻るとヒロくんが私を抱きしめてきた。

まだ完全に呼吸が整っていた感じではなかった。

しばらく私たちは無言で抱き合った。

時折、ヒロくんは抱きしめる腕に力を入れたり

キスしたり私の胸に顔を埋めたりした。

「お風呂入ろう。」

と言って浴槽にお湯をために私は立ち上がった。

ヒロくんは立ち上がって後ろから抱き着いてきた。

「もっとしたい。」

とヒロくんは言ったけど私は

「今日はもうお風呂入って寝よう」

と言った。

「じゃあお風呂、一緒に入ろう」

とヒロくんが言ったので私は頷いた。

お湯が溜まるまでヒロくんは

甘えるように私の身体を離さなかった。

お湯が溜まったのでシャワーを浴びて

一緒にバスタブに浸かった。

狭いのでヒロくんが足を開いて

その間に私が足を入れる感じで。

お互いの身体を洗いっこしていたら

ヒロくんのあれはまた元気になってきた。

私の胸に手を伸ばそうとしたけど

「今日はもう終わり」

というと素直に従った。

下に敷いた布団が

ぐちゃぐちゃになってしまったので

結局2人ともベッドで寝た。

ヒロくんは色々学校や部活や家の話をしてくれた。

そして私のことを色々聞いてきた。

甘えるヒロくんが可愛くて

十分に甘えさせてあげながら眠りについた。

ヒロくんは今がきっと年上の女性に

憧れる年頃なんだろう、

きっとしばらくしたら飽きるんだろうな

そう考えると胸が痛くなった。

でもその後もヒロくんは部活が

休みになるとよく私の所へやって来た。

就職を控えた私は冬頃に

そのマンションを引き払って地元に帰った。

研修などもあるのでその頃から

会社に行きやすい場所にまた

部屋を借りたのでヒロくんが来る頻度も増えました。

オススメエッチ体験談


元カノを極太バイブでお仕置きしたら、本気汁垂れながしながら失神した話

俺の彼女を奪おうとしている男は、超イケメンな31歳の飲食店経営者・・・マジ勝てんわ・・・

本番生挿入までさせてくれる売春婦みたいな美人看板姉妹と結局姉妹丼してしまいました

モデルとかやってる俺。実はぽっちゃり好きのデブ専なんだよ。

なんか聞こえると思ったら隣の部屋で妹が全裸でマンコいじくってたwww

俺の可愛い彼女は友達のお母さんなんだがwwwwwwwwwwwwww

同じ会社の凄く綺麗な人妻OLと不倫関係に!ハマりすぎて怖い((((;゜Д゜))))

連休中に暇過ぎて出会い系サイトを利用した結果⇒ナマ中OKな熟女が釣れたンゴw

ノーパンで登校したり、全裸で公園を徘徊する露出癖のある同級生との話

SNSで繋がった人妻のフェラテクがマジで半端なく気持ちよかった件!

お母さんが居ない間にお父さんの大きなオチンチンでイカされました

弟が結婚し子供が生まれた今でも肉体関係を続けています。。。

波乱万丈だった俺と妹の汗だく生ハメ体験談

滅茶苦茶凹んでた俺を癒してくれたのは女友達のロケットおっぱいだったwww

フリーで6000円のピンサロでザーメン飲み干してくれる風俗嬢に遭遇wwwwww

インポになった夫の目の前で他人棒に夢中になった結果⇒

海に行った時に彼氏の友達と中出しセックス!潮吹きしながら中イキしちゃいましたw

OLの生マンコにたっぷりザーメン出してきたから報告する

友達の彼女の膣の一番奥にチンポを押し付けビシューって精液を放ったったwww

海外日本人学校の女校長と一夜限りの性行為体験

女装するようになったきっかけの出来事を投稿します。

可愛い孫の童貞をもらっちゃった55歳のおばあちゃんな私

ナンパされてる妻を目撃!寝取られ妄想が過激になりオナニーしてしまいました。

出会い系がきっかけで出会った彼で処女を卒業しました

プライドの高い女医さんに濃厚なザーメン飲ませたったwwww

可愛い妻が俺の出張中に不倫。極太ディルドで感じまくる淫乱女になっていた

敏感な女子大生のキツキツおまんこに生ちんぽハメまくったったwwwww

エッチなライブチャットに出演してるのが同僚にバレちゃった・・・

野外露出オナニーが大好きなGカップ人妻の私・・・

竹刀浣腸で痔になった私の羞恥体験談

マジキチ両親!父の言いなりな母が全裸で息子のチンコをしゃぶる!

居酒屋で会ったOL2人をお持ち帰りしたら、逆夜這いされてオナニーオカズにされた件

ダイナマイトボディだった友達の彼女を寝取っての種付けセックスが最高に興奮した

【体験談】思い出作りにバイト仲間で乱交しました

沢尻エリカ似の巨乳の人妻とリビングでハメちゃったエッチ体験談

公園で彼としてたら懐中電灯を照らされた20歳の頃の野外H体験談

【体験談】エロい元カノの誘惑に勝てずに浮気しちゃいました

興奮して私から襲っちゃった年下君のほろ苦精子体験談

【体験談】正義感の強い女の子が不良少女達に注意して。。。

中出しされる為に新幹線で来てくれた看護師とのH体験談

【AD体験談】AVを制作会社のADです。先日、人妻女優のオナニーシーンでサプライズ体験しました

処女喪失で男性不信!綺麗な先輩に告白されたレズ体験告白

【体験談】男女4人でルームシェアしてた時の乱交体験

熟女2人にイヤというほど搾り取られた初体験

マッサージ師に中出しさせちゃったピル服用体験談

【体験談】友達が連れてきた女の子達とエッチしました

隣で友達が寝てるキッチンで立ちバックしちゃったH体験告白

【体験談】サークルの後輩の子が眠っているうちにイタズラしました

旅館で美人なお姉さん2人に逆ナンされた中出し体験談

オススメエロ画像



宅配ピザ屋で働くマン汁出まくりお姉さんのSEX画像73枚

熟睡するためのオナニーをサポートするエッチな画像寄せ集め75枚

お外で羞恥プレイしちゃうお姉さんの野外露出画像130枚

三次 ハリツヤ抜群なプリップリのお尻画像まとめ 131枚

三次 欲求不満な美女のひとりエッチ画像まとめ 130枚

何回抜いてもチンコが反応しちゃう三次元エロ画像寄せ集め75枚

三次 貧乳から巨乳まで素敵な美乳画像揃えました 80枚

浜崎真緒 マシュマロみたいな巨乳お姉さん 200枚

長谷川夏樹 黒ギャル&コスプレ画像まとめ 200枚

ギンギンになったチンコを楽にさせてくれる3次エロ画像寄せ集め75枚

綺麗なお尻の素人お姉さんのハメ撮り画像まとめ 61枚

相川咲良 髪の毛サラサラな黒髪美少女画像97枚

宮本菜々花(川口さくら) Eカップの美巨乳美少女 189枚

元気すぎるチンコを救える今夜の三次元エロ画像寄せ集め76枚

瞳が綺麗な美巨乳素人お姉さんのセックス画像まとめ73枚

矢野目美有 セクシーな画像まとめ 160枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 全裸 父子●姦 痴● スカ●ロ 安全日 シ●タ 逆レ●プ ビキニ 無防備 バレないように オシ●コ 妻の過去 妻の友達 獣● DQN 肉●器 ラッキースケベ 二穴 トラウマ 還暦 ママ友 お客 バイアグラ マット 土下座 M字開脚 相互鑑賞  お盆 友達の妻 剣道部 妻の姉 サッカー部 隠し撮り 本気汁 イメプ 3P 美容師 地味 男の潮吹き 上司の嫁 性接待 聖水 キメセク メイド オナホ お局 手錠 貝合わせ クスコ 医師 豊満 リスカ 美少女 近○相姦 姉の彼氏 ボーイッシュ 再婚 近所 自撮り 鑑賞 ヘタレ 兜合わせ 講師 マニア マンスジ 新婚 ギャップ ベランダ 顧問 素人 テント 美術部 メガネ 脱衣 穴兄弟 モテ期 タンポン プレゼント アクメ 教育実習 ドレス デリヘル嬢 レ○プ ストッキング 尾行 春休み ノンケ 性教育 チンぐり返し ボランティア 団地妻 神社 喧嘩 ゴルフ 後輩の彼女 愚痴 スカウト SM メンズエステ 相互オナニー 4P ハミ毛 テニス 先輩の母 OL シングルマザー 放置プレイ 金髪 逆痴● アフター アヘ顔 ストレス 実家 不妊症 回春マッサージ 釣り 騎上位 避妊 花見 背面座位 染みパン  接骨院 リハビリ グラドル キチガイ 逆●漢 目の前 継母 オーナー 罵倒 黄金 エロ動画 DJ 台湾人 姫初め マンぐり返し 首絞め 租チン 帰省 写真 北海道 ヒッチハイク パワハラ 彼女もち 喪女 寝起き ブサメン オムツ  ボーナス 弁護士 小悪魔 友達の夫 チンカス 独身 発見 恋人交換 鼻フック 拡張  コテージ 見せ合い イベント アラフィフ 遭遇 添乗員 マジックミラー 性生活 倦怠期 手術 挑発 ホットパンツ ぎっくり腰 ムチムチ 台湾 マイクロビキニ 自転車 スケスケ ゴルフ場 パジャマ 友達の奥さん スケベ椅子 流出 ニーハイ 初夜 グラビアアイドル 隠撮 唾液 一人暮らし M字 便秘 小柄 エレベーター フェス 閉経 臭い レ〇プ 役員 パパ友 貧乏 屈曲位 ペット  背面騎乗位 美尻 黒髪 露天 流産 ライブ エロゲー ボクシング部 ナプキン 出会い喫茶 婚活 喪男 夫婦喧嘩 別荘 ホテトル ぱふぱふ ギター 夫の兄 エロ漫画家 割り切り 将棋部 竹刀 スポーツクラブ 無精子症 免許 ハワイ エロ本 新年会 レオタード ノロケ 夫の同僚 チャイナドレス タレント 両親 仁王立ち オナペット スパッツ エロ写メ 回春 産婦人科 M性感 姉の夫 ガムテープ 唾液交換 弓道部 ペニスバンド 新幹線 リア充 生保レディー 社長夫人 グラマー 団地  ロープ 上司の奥さん 先輩の奥さん  上司の妻 言いなり バキュームフェラ 柔道部 チアリーダー 婚約者 ジョギング フツメン バレー部 ファザコン 床上手 オーストラリア 竿付き ふたなり 恐怖 潔癖 Fカップ ブラチラ ライブハウス 韓国 友達の旦那 警察 三角関係 う●こ 集団 腕枕 イジメ マッチョ ニート 隠しカメラ 女湯 子作り 元嫁 無修正 エロ画像 体育館 搾乳 電話中 俳優 ハプバー マラソン 苦痛  野菜 左遷 立ちション 皮オナ フィリピン人 主人 エロなし  友達の父 男性恐怖症 タイツ ペニクリ 直穿き 女神 ハメ潮 ロリ系 自虐 トラック 現地妻 即ハメ 金持ち M男 お姉さん お見合い 元カノの妹 姉妹●姦 臭いフェチ ボンテージ エロゲ 性感帯 盲腸 ご奉仕 イメプレ スカイプ 腰痛 母の妹 プロレス 片思い 宴会芸 バナナ 読者モデル 長ネギ おもてなし フィギュアスケート部 我慢 大家 背徳感 妻の友人 ノルマ ピーナッツ TV電話 弟の妻 バスタオル マリッジブルー 姉妹相姦 メガネ屋 ブラック企業 クォーター 腐敗 夫の上司 料理教室 出合い系 お花見 胸糞 バレンタイン ボディービル デルヘル 地獄 蟲姦 相部屋 流行 たまごっち オプション 転校生 びっぷら 美肌 沖田杏梨 辻本杏 介護職 カマトト 飯岡かなこ 阿鼻叫喚 15P ヤリ目 オリモノ 禁欲 タダマン 擬似レイプ 鷲掴み オキニ 相互 ハイボール 帰宅 処女膜 ローライズ 地雷女 ワカメ 麦茶 自尊心 かりまん 人助け 出勤前 星姦 義理の娘 カミングアウト 便器 企画 ボディービルダー メス豚 精液便所 共依存 オーディション ローカルテレビ 出禁 寝落ち まんぐり返し ドクター 使用済み ゴミ箱 塾講師 出張ホスト 生き別れ 自慢 イカ臭い 乱暴 ラブレター 先輩の妻 リフレクソロジー ボーリング 無料 吊り橋効果 おねしょ 仲居 気絶 パトロン 伊豆 バージン ちんぐり返し ハードセックス ランデブー サランラップ 性○隷 バスケ 同伴 性上位 訪問販売 体操部 儀式 失笑 嬢王様 種違い 想定 全身リップ 友達夫婦 東京 脱サラ お祝い 正月明け 上目遣い 同性愛 助手 職権乱用 泥沼 悲惨 草食系男子 性感エステ 号泣 ポッチャリ 看板娘 主張  ネットH ファン キモメン オタク女子 おあずけプレイ 避妊リング 射精管理 支配 シラフ 口臭 洗濯バサミ 介護 目覚ましフェラ 近●相姦 ケツ毛 婚約 彼女の弟 人参 竿姉妹 ネパール人 テクニック バイブフェラ 水泳教室 無臭 女子プロレスラー ブーツ 脇舐め 健全 処理 屈辱的 四つんばい 診察台 他人棒 マイナー 谷間 ぶっけけ インフルエンザ 興奮 恋人 マッサージ師 密会 パイチラ おへそ 勇気 中性 フタナリ アスリート女子 汚物 母子家庭 寝起きドッキリ 保育園 チキン 宿題 配信 チンピラ 紳士 バストアップ 近○相○ 神秘 せどり 悪酔い 祖母 焦らしプレイ 韓国エステ パラダイス IUD キッチン 乳がん ラノベ 男子禁制 ポロリ 絶縁 パーカー 日系ブラジル人 一気 インドネシア人 エアロビクス サドル チア部 悶絶 同時イキ 親切 セリクラ 同期の妹 芸能事務所 彼女の父 発熱 校長 メタボ カナダ マンカス ママ 染み 股間 塩対応 ニーソ 貸切 穴あきパンティ 仕事  新婚初夜 無礼講 控え室 知り合い カウンセラー 夏フェス ニューカレドニア 歳下女子大生 元ヤン 筋肉フェチ 乳首舐め パリ 母子交換 性同一性障害 サイクリング ネイリスト  ソープ嬢 編みタイツ ひとり暮らし 顔舐め バット 引き籠もり 狸寝入り サーファー 寝盗られ 音声 お小遣い ギャル男 万馬券 飛行機 婚前 森ガール 憧れ 精液検査 退職 牛乳 会長 ハシゴ 公認 試験 限界 おなら 宿直 アダルトグッズ 無抵抗 ビーチボール タトゥー 犬プレイ 美容院 委員会 ハダカ 添い寝 MオンナS男 図書委員 後輩の男友達 ジーパン 後輩の妻 倒産 逆セクハラ カツアゲ 交尾 中だし 風習 10P マンコ 半陰陽 胸毛 日焼け 録音 男湯 芸能  美少年 壁ドン 生本番 社員 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 シンママ 狭射 ハイレグ 彼女の過去 テレビ サンタ 社長の息子 スノボー 密室 読モ 義息子 チアガール スロベニア人 妊活 婿 バドミントン部 W不倫 同僚の妹 おっぱいアナル トルコ ブルマー 息子の先輩 相撲 卓球部 アレルギー 延長 書道部 娘の夫 オナネタ  主人の友達 従姉妹の彼氏 不妊治療 トップレス 押入れ トライアスロン セフレの友達 彼女交換 刑務所 ソーセージ すっぴん ボクサー 絶叫 彼女不倫 バレーボール部 正座 イメチェン 先輩のセフレ パプニングバー アメフト部 B専 おままごと t乱交 前立腺マッサージ 下ネタ 友達の叔母 台所 チクニー 実験 シックスナイン 旦那の弟 ゴーヤ トレーニング 行水 同期 彼氏交換 頬ずり  軽蔑  SNS ごっkん 生理不順 プリクラ スナックのママ 虐め 山岳 ジジイ 乳コキ ストリッパー スクール水着 断捨離 リンチ OB 百合 兄の娘 別居 2ch 研修 予備校 こたつ ブルセラ 兄弟 生徒の母 指フェラ 従姉妹の娘 心身 ポニーテール 新婦 ハゲ 再従兄弟 先輩の婚約者 友達の家 従兄弟の嫁 アナルうんこ 食事 テスト勉強 レディース カンボジア 暴発 事務 色弱 生意気 ウェディングドレス スノーボード 初潮 年始 SMクラブ エクササイズ キャットファイト セックス依存性 白髪 保護 出前 角オナニー  留守番 初対面 腐れ縁 空家 リンパ 貯金 下品 サクラ 音信不通 アメリカ ケジメ 出会い 部室 テニススクール シミ付き セカンドバージン 元旦 中継 馬鹿 プラトニック 小説風 ポカリ バンガロー 排泄 チーママ 女優 不満 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 逆ギレ お化け屋敷 整体師 コスプレ巨乳 武勇伝 自暴自棄 キス魔 靴なめ フィジー 制裁  交換 マンション 喘息 ムチ ローソク 社長婦人 老婆 ユルマン ぢゃ性 ハイグレ 70代 姉妹交換 渋滞 早熟 黒タイツ むっちり 廃墟 アナルファック 大学受験 通勤 立ち合い フェラテク 本気 ボクシングプレイ ホームセンター 27P セフレ交換 賞品 くじ引き 不潔 検査 お清め 苦情 ソフトテニス部 利子 寄付 自棄酒 敬語 セミプロ 婚活サイト 報告 恨み 処女初体験 サプライズ 夫の従兄弟 出血 下宿 パフパフ 足ピン オン欄 逆玉の輿 twitter ヘルパー 狂気 監視 看護学生 クリーニング 貸出 猫耳 帰国 貧乏神 白衣 セックス依存症 精神科医  レストラン 腋毛 上級生 ガーゼ  介護士 フィリピンパブ 自縛 マジキチ けじめ 覚醒 人間不信 GloryHole 知的 インテリ チン蹴り サスペンダー スワッピングクラブ お店 ぼったくり レディコミ ガン 肩書き 同い年 友人の嫁  コレクション 収集 鮫肌 ハローワーク カレー屋 パンパン 姉の同級生 コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 ラーメン屋 女店主 男子校 バツ2 叔母さん 謝罪 アイマスク キュウリ 娘の担任 シングルファザー コーヒーショップ バンコク インモラル 社長の娘 サッカー少年団 摘発 ダブルブッキング ペンション 保護者会 オジサン 半勃ち ヤンママ 白ギャル ボクっ娘 バニーガール Skype キャッチ 寝顔 葬式 テニスコート で四つん這い 鍋パ ジャージ 運動会 浮気相手 娘の元カレ おなべ シ○タ 脚フェチ 眼鏡 シンガポール 不眠症 医学部 伏せバック 友達の兄 車検 

フリーエリア