HOME > 【男性視点体験談】 > 近所でも有名なオタク高校に転校してきた美少女との話
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


近所でも有名なオタク高校に転校してきた美少女との話

関連体験談 :学生女友達告白オタク
俺の通っている高校は、

周りの人から「オタク高校」といわれていた。

それは単なる「口コミ」なのだが、

子供がこの高校入りたい!というと、

親はきまって

「あそこはちょっとおかしいからやめなさい。」



「あんなオタク高校には入っちゃだめだよ。」

の様に必ず否定する。

だから年々入学者数は減っていって、

俺が高校1年生の時は1クラスしかなくて、

しかも生徒が18人しかいなかった。

ちなみに2年は14人、3年生は15人なので、

俺らの代は比較的多いほうだった。

18人と言っても、

9人9人で男女分かれている訳ではない。

男子14人、女子4人で圧倒的男子のほうが多かった。

でも唯一の女子4人はこれっぽっちも可愛くなくて、

彼女すらセックスもしたくない程度の顔だった。

この学校に入ったことだけあって、

俺、井上 夏も結構なオタクだった。

オタクと言っても鉄道オタクやアニメオタク、

いろいろな種類があるが俺はパソコンオタクだった。

パソコンを分解できるほどの知能もあるし、

インターネットだってほぼ毎日見ていた。

もちろんブラインドタッチもできる。

とにかくこの学校はオタクが集まる高校、

だから「オタク高校」と言われていた。

運動会もかなりグダグダに終わって秋に入った。

秋に入ったとことで大きなイベントが行われるわけでもなく、

文化祭だってこの高校にはなかった。

しかし10月26日、

俺の、いやこのクラスの転機が訪れる。

この日はいつまでたっても覚えている。

いつも通りやる気のない

朝のHRHが始まろうとして先生が教室に入ってきた。

「おいうるさいぞー!」その声で教室内の話声は消えた。

「えー、今日は大事なお知らせがある。この学校に新しく入るクラスメイトがいる。」

瞬間、クラスメイトが声を上げた。

「マジかよ!!!」

「うそだろっ!?」

先生が再び注意を促して、

「今はまだ校長先生と話しているから、そうだな、9時くらいにこの教室に来るだろう。」

するとクラス一お調子者の隆貴が先生に質問をした。

「先生っ!女子ですか!?」

「男子ですか?」を言わなかったため、皆笑いあった。

「まったく隆貴はそういうことしか考えられないのか・・・。まぁ隆貴の言っている通り女子だ。」

「おっしゃぁぁぁ!!!きたーー!!」

雄叫びとも思える大声が教室内を響かせた。

それから 朝のHRHは普通に、

でもちょっと意外な内容で終わった。

1時間目は歴史だった。

ちなみにクラスの中には歴史オタクが2人いた。

歴史は担任の授業で、

そこまでふざけて受ける生徒もいなかった。

すると教室のドアがガラッと空いた。

「あっ来た来た。こちらが今日からこの学校に転校してきた朝野 紗希さんだ。じゃあ自己紹介してくれるかな。」

彼女はすこし恥ずかしいのか、

顔を赤らめながら自己紹介した。

「えっと、親の関係でこの学校に転校してきました朝野 紗希と言います。みんなと仲良くなりたいので、いっぱい話しかけてくれると嬉しいです。よろしくお願いします。」

礼をした彼女にクラスから拍手が送られた。

しかし歓声がなかった。

お調子者の隆貴から誰ひとり口をあけることはなかった。

その理由は―――――可愛いから。

彼女が可愛いから皆少し見とれていた。

もちろん、セックスも、彼女にもしたい子だった。

「朝野の席は井上の隣だ。ほら、あいつが井上。」

一瞬何を言われているか分からなかった。

その意味を理解するのに時間がかかった。

そして心の中ではものすごくドキドキしていた。

フル勃起状態だった。

このときだけは仕方ないんじゃないか。

朝野は席に座る前、俺に、

「よろしくお願いします。」と軽く会釈をしてから座った。

「好きです!」と今すぐ言ってしまいたかったが、

早すぎると自分でツッコミを入れた。

いくらなんでも某マンガの転校生にはなりたくなかった。

1時間目が終わって休み時間になると俺の周りに人が集まった。

いや、正確に言うと

「俺の近くにいる朝野の周りに人が集まった」だ。

「朝野さんはどこに住んでたの?」

「北海道のほうだよ。」

「朝野はなんでこの学校に来たの?」

「親の仕事場が移転しちゃって。」

「なんて呼んだらいい?」

「んー朝野でも紗希でも・・・なんでもいいよ(笑)。」

最初から気に入られようとする奴もいたし、

唯一の女子4人組も朝野と仲良くなりたいようだった。

するとお調子者の隆貴、時に空気をブチ壊す男がこう聞いた。

「朝野さんは何オタク?」

「えっオタク?オタクってなに?」

この瞬間、皆の顔から笑顔は消えて、

驚いた顔に変っていた。

朝野は自分が何をしたか分からないで、

「えっ?私、変なこと聞いちゃった?」

と焦っていた。

ここでチャイムが鳴ってしまった。

朝野を取り囲んでいた連中はぞろぞろと自分の席に戻った。

「さっきのオタクって何のことなの?」

授業中、朝野は小声で俺に聞いてきた。

なんていうか迷ったが、

俺は適当な知識を拾い集めて、

「んー、何かに熱中してることかな。例えば鉄道に熱中していたら鉄道オタク、アニメが好きでそれに熱中してるやつはアニメオタク、みたいにオタクにはいろんな種類があるの。朝野さん知らないと思うけど、この高校はオタクばっかりが集まってる高校なの。ちょっと変わってる、っていうか結構変わっている。」

ちょっと適当すぎたか、

朝野はまだよくわかっていない様子だった。

でも朝野は気を利かしてくれて、

「いの・・・えっと」

「井上ね。井上 夏。」

「あっごめん。で、井上君は何オタクなの?」

「俺はパソコンかな。パソコンいじるのとか、とにかくパソコンなら結構知ってるって感じ。あと井上でいいよ。」

「へぇ~パソコンかぁ~。お父さんがいじってるのは見たことあるけど、私はあんまり知らないな~。井上だとちょっと抵抗あるから、井上君にさせて。井上君は朝野でいいよ。」

朝野だと抵抗あるから・・・、

と言ってしまうと埒が明かないので、

承諾することにした。

「でもここの高校、そうだったんだ~。全然知らなかった。でもちょっと面白そうだな~。」

「このクラスの女子もオタクだよ。全員アイドルオタク。あっ、アイドルって言っても男のほうね。」

「へぇ~!私あんまりテレビとか見ないけど、このクラスになじみたいから今日から見よっかな(笑)。」

個人的には唯一クラスの可愛い女子がオタクにはなってほしくなかった。

が、それを否定するわけにもいかず、

「テレビは飽きないからね(笑)。」と、朝野の話に合わせた。

朝野が来てから1カ月たった。

もうすっかり朝野はクラスになじんでいたが、

オタクにはなっていなかった。

周りの奴も朝野をオタクにしようとする奴はいなかったし、

仲良くするのに夢中だった。

そういう意味では俺らのクラスは仲が良かったのかもしれない。

俺と朝野もたぶんクラスメイトの中でも結構仲が良かった。

授業中はよく話すし、

たまに休み時間でも話したりしていた。

ただ話している内容は決まってパソコン関係の話だった。

「私、昨日インターネットやったよ!」

「パソコンのキーボードって難しいね^^;」

「パソコンってゲームもできるんだ!初めて知った!」

話している内容は変わっていたが、

それでも朝野との距離は1歩ずつ近づいていった。

時には俺が遅刻して遅れて学校に歩いて行ったら、

偶然朝野に会ったこともあった。

お互い走って競争した。

意外にも朝野は足が速かった。

しかし今までうまくいっていた分、

残念な出来事があった。

それは普通の学校ならなにより楽しみな、

2chなら「wktk」が大量発生するであろう、

「席替え」だった。

朝野と席が遠くなり、

話す回数も日に日に減っていった。

隣だった時は毎日話していたが、

今ではもう他人の様に話さなくなってしまった。

しかし仲が良くなるイベントもないまま、

俺たちは2年生になった。

が、この年最悪な事態が起こった。

入学式が行われなかったのだ。

そう、1年生が誰1人入学しなかった。

クラスの中では、

「このままじゃこの学校ヤバいんじゃないの!?」

「学校終了フラグ~」

言いたいこと言いあっていた。

するとある日の朝、校長が全生徒の前に立ち、こういった。

「えー、この年は1年生が1人も入学してこなかった。教師一同、非常に残念に思っている。1年生が誰も入ってこなかったので、今の2年生が卒業した時点で廃校が決定した。」

多少考えていたことだが、

いざ現実を前にすると少し悲しくなってきた。

生徒たちは衝撃すぎて口を開くものはいなかった。

「しかし廃校するまではこの学校はあり続ける。

だから3年生、2年生は最後まで頑張ってほしい。」

今日言われたことが頭に残っていて、授業中は上の空だった。

廃校・・・か。俺らが卒業したらもうこの学校はなくなるんだな・・・。

その思いが一粒の雫となって目からノートにこぼれた。

誰にもばれたくなかったから顔を伏せた。

休み時間、クラスメイトは集まって話していた。

「俺らが最後の代か~。なんか実感ないな~。」

「これからどうするんだろ。」

皆思ってることは違うが、

寂しい、ということは同じだろう。

窓の向こうは雨が降り始めていた。

この日から俺たちは何事にも一生懸命に取り組んでいた。

朝のHRHも静かにしていたし、授業中も真剣に受けていた。

確実にこのクラスはいい方向に進んでいった。

オタクを除いては。

そして奇跡的に俺は朝野の家に行くことになる。

その日は朝野が学校を休んでいた。

休んだ理由はただの風邪、と先生が言っていた。

で、小学校の時よくあったが休んだ人の家に行ってプリントを届ける、

がうちの高校では行われていた。

でも、よほど大事なプリントじゃなければやらない。

この日は健康診断に関するプリントで結構重要だった。

「このプリントは重要だから朝野の家に届けてもらいたいんだが・・・誰かやってくれる人はいるか?」

いくらなんでも、積極的にそこまでする人はいなかった。

というか空気的に手を挙げずらかった。

「いないか~。じゃあ先生が勝手に決めるぞ。今日は2日だから出席番号2番に頼んだ。」

2番か~。・・・俺じゃん!!!

このときはドキドキした、っていうかびっくりした。

帰り道、先生から朝野の家を教えてもらい迷いながらも家に着いた。

・・・・・・でかいな。

稀に見る豪邸だった。いや、ただ俺の家が小さいだけか?

緊張しながら家のインターホンを鳴らした。数秒たって返答があった。

「はい。」声からして母親だった。

「あっ、同じクラスの井上と言います。えっと、プリントを届けに来ました。」

「わざわざありがとう~。ちょっと待っててね。」

よかった。優しそうな親だ。

ドアが開いて、朝野の母さんが出てきた。

「今、紗希が起きてるから上がってかない?」

「ほえっ?」つい、気の抜けた声が出てしまった。

それは、つまり、俺が、朝野の、家に、上がる、って事ですか?

「ほら、ここまで来さして何か悪いじゃない。ねっ?」

「あっ、じゃあおじゃまします。」俺は奇跡的に朝野の家にあがった。

「わざわざありがとう。」

朝野がマスクをした口で俺に言った。

風邪がうつらないように、

と距離をあけるのは残念だったがまぁ仕方ない。

「いやいや、全然いいよ。風邪大丈夫?」

言って気がついた。風邪をひいてるってことは大丈夫じゃない、ってことだ。

「大丈夫じゃないけど、大丈夫(笑)。」

「なんだそりゃ(笑)。」

笑い声が朝野の部屋に響いた。

「そういえばさ、私パソコン壊れちゃったんだよね。」

「え?なんで?」

「なんか、電源がつかないの。」

百聞は一見に如かず、という事で例のパソコンを見せてもらった。

確かに電源ボタンを押してもつかない。

しかし俺も一回こうなったことはある。

「それたぶん、保護回路が働いてるんだよ。」

「保護回路?」

俺は昔やった手順で朝野のパソコンをいじった。

数分たってパソコンの電源ボタンを押すと見事に電源がついた。

「えぇ~すごい!!井上君頭いいんだね!」

軽く褒められてテンションが上がった。

「まぁパソコンだけだからね。」

すると朝野が急に咳をし始めた。

「あっ俺そろそろ帰るね。がんばって直してね。お大事に。」

そう言って朝野の家を出た。

それからといったものの、

朝野は風邪を治して学校に来たが、

相変わらず俺と話す、ということは少なかった。

しかし1回だけ大笑いしたことがあった。

朝野が俺に突然聞いてきた。

「ねぇ、オーズって何?」

オーズ?こっちが聞きたい。

「昨日ね、インターネットで動画見てたらコメントにオーズって。なんだろ?わかんない?」

オーズ・・・。もしかしてあれのことか?

「それorzのこと?」

「あっそうそう、それ。意味わかるの!?」

「それ人間が床に落ち込んでる時の顔文字っていうのかな?とにかく、落ち込んでいる人を表してるの?」

それでも朝野はまだ分からないようなので、俺は自分の体を使って説明した。

「ほら、ここがoで、ここがr、ここがz、ね?」

「あっほんとだ~!すごい!おもしろい!!」

俺もorzを中2で見た時何が何だか分からなかった。

でも、話したのはそういうパソコン、ネット関係のことだけだったorz。

冬に雪が降った。クラスでは校庭に出て雪合戦をした。

制服が思いっきり濡れて、

教室がびしょびしょになって先生に全員で怒られた。

でも、それも数少ない思い出のうちの1つだった。

超巨大雪だるまを作ったこともあった。

全長2メートル、横幅2メートル。

サイズを間違えてかなり不恰好になったが、

逆にそこが愛着がわいた。

クラスもまとまりつつ3年生になった。

この1年後にはもう学校がない、

その事もだんだん現実味がでてきた。

一応この学校は学校らしいこともしている。

その中に学級委員を決める、というのが1つだ。

男女1人ずつで、仕事の内容は誰も知らない、

というか誰も聞いたことがない。

なぜなら担任の先生が「あれやれこれやれ」言うので

年ごとにやることが違うのだ。

今年の学級委員に俺は立候補するつもりだった。

なぜならこの学校の最後を最高な形で迎えられるように、

自分で進んで取り組みたいからだ。

今までこんな仕事をしたことがないから失敗はあると思うが、

やっぱり悔いは残したくなかった。

「じゃあ今日は学級委員を決める。男子でやりたい奴はいるか?」

ハイ。迷わず手を挙げた。その瞬間、クラスから歓声が漏れた。

「おぉ~まじか井上!」

「夏マジかよ!!!」多少照れた。

俺のほかに手を挙げてる人はいなかった。

ということは信任投票で過半数を取れば学級委員になることになる。

「男子は井上だけか。じゃあ女子でやりたい奴はいるか?」

すると朝野が手を挙げた。やはり歓声があがった。

「おぉ朝野さんスゲー!!」

「紗希ガンバレーー!!」

俺は朝野とやりたいと思っていたが、

ほんとにやるとなるとちょっと緊張してしまう。

今まで朝野と話してなかった分、

ドキドキ感が一層増した。

「学級委員って意外に簡単だね(笑)。」

朝野が俺に言う。

「まぁ仕事があんまりないからね。」

学級委員になって2カ月たち、6月になった。

信任投票で二人とも過半数を変えて学級委員となった。

が、学級委員らしい仕事はまだやっていなかった。

「井上君さ、何で学級委員になったの?」

いきなり聞かれた質問は少し悩んだ。

「この学校、これで最後じゃん?で、下手におわらしたくないわけよ。やっぱりこのクラスで最高な形で卒業して、大人になって学校は残ってないけど思い出に残るような高校生活にしたいから・・・そんな理由じゃだめかな?」

きれいごとっぽい言い草だが、本当に思っていることだ。

「ううん!いいと思う!っていうか、私も同じような理由で学級委員になったの。私、実は転校する前はいじめられてたの。」

突然のカミングアウトにどう反応していいか困る。

「いじめられてた、っていうか無視されてた、っていうか。でもこの学校は私を受け入れてくれて、オタクっていうちょっと変わってるけどでも一緒にいて楽しかった。私ね、またこの高校卒業したら引っ越さなきゃいけないんだ。」

「えっ!?引っ越し?」

「うん。北海道。でっかいどうで有名の。」

でっかいどうで有名ではないな、うん。

「だから、最後はやっぱり良い形で終わらせたいから。」

引っ越し、と聞いてすごく驚いた。

じゃあ同じ大学に上がることもできないし、

ましてや付き合うって事もできないのか・・・。

現実はそんなにうまくいかないのか・・・。

「がんばろうな。」

「えっ?」

「だから、せっかく学級委員になったからにはがんばろうぜ!」

やばい、かっこつけて変なこと言っちまった。今すぐに訂正したかったが、朝野は、

「うん!がんばろう!」

と笑顔で答えた。

運動会も19人じゃやれることは少なかった。文化祭も行われなかった。

でも、それでも、やっていけることは全力で取り組んだ。

気づけば最後の月、3月に入っていった。

そしてある日、学級委員二人で集まって、話し合った。

「ねぇ、最後の思い出作りになんか大きいことやろうよ!」

朝野が俺に提案してきた。

「大きいこと?」

「そう。なんか、ほらタイムカプセルとか・・・あっ、でもタイムカプセルはだめか。学校壊されちゃうんだっけ。う~ん、そうだなぁ・・・」

考えて考えて、何分くらい経っただろう。朝野が口を開いた。

「そうだ!学校壊される、それを逆手に取ればいいんじゃない!?」

言っている意味がよくわからなかった。

「どういう意味?」

「だから、校舎とかに何かしても壊されるんでしょ?だからなんでもしていい、ってことじゃない?」

俺からすればそれは名案だった。

「なるほど!」

「だったら皆で校舎に色塗っちゃう!?」

校舎に色を塗る、一見バカげた考えだったが、

俺らからすればそれは大真面目だった。

「でもそれさ、校長先生とか言わなければいけないんじゃない?」

「お願いします!最後の思い出作りなんです!」

二人で校長先生がいるところに行って、直々頼んだ。

「いい案だね。学校は君たちが卒業して1週間ちょっとで壊れることになってる。だから別にいいよ。」

「やったーー!!」

あっさりお許しが出て驚いたが、素直に喜んだ。

「でも、」

まだ校長先生の話には続きがあった。

「楽しくやるんだよ。」

ついに校舎に色を塗る日になった。

クラスメイトは前々から絵具などを用意していた。

赤、黄、緑、青、黒、さまざまな色があった。

生徒たちは思いっきり校舎に色を付けて、

文字も書いて、教室内にも塗ったりした。

そして、でっかく「今までありがとう」と書いた。

数時間かけて塗った校舎はカラフルに仕上がっていた。

次の日、卒業式が行われた。クラス全員泣いていた。

鉄道オタクも、アニメオタクも。

もちろんパソコンオタクの俺も。朝野も。

1週間後には俺たちの塗った校舎が壊されるんだ。

そう思うと自然に涙があふれてきた。

卒業証書をもらって、教室で最後のHRHを行って、卒業となった。

しかし結局、俺は朝野に何も言えず終いだった。

もう一回だけ教室見ときたいな、そう思ってカラフルな教室に戻った。

ドアを開けたら朝野が窓から顔を出していた。

しかし、俺が入ったことに気がついて振り返る。

「何してんの?」俺は朝野に聞いた。

「もう一回教室を見ようかな、と思って。」

あっ、俺と同じだ。

「なんかさ~あっけなかったね。」

「うん。」

確かに思ったよりあっけなかった。

「でもさ、やりたいことやったからいいよね!やっぱりやりたいことはやんないと。」

その言葉は俺にぐさっと刺さった。

―――やっぱり、告白したい。告白しないで後悔するのなんて嫌だ!

俺の心は静かに燃えた。

「あのさ、朝野。」

「なに?」

「えっとさ朝野、北海道いついくの?」

好きです、の4文字が言えない。

「明後日。」

「マジ!?」

ちょっと驚いた。でも今は告白のほうに集中していた。

「でもさ~北海道って寒いイメージがあるからちょっと不安だな~。私さ、さむが・・・」

「朝野!」

もうここしかない。これでいわなかったら後悔する――――。

「俺、朝野のこと好きだ!北海道行っちゃっても俺好きだ!」

「えっ・・・。」

「転校した時からずっと好きだった!」

ついに言った。2年間ずっと言えなかった思いを。

「・・・私も好きだよ。」

下を向いて顔を赤らめながら言った

朝野の言葉はしっかりと俺の耳に届いた。

「もう会えなくなるけど・・・ずっと好き。」

「お、俺もだよ!」

俺は思うがままに朝野の手を握った。

朝野は抵抗しなかった。

むしろ、握り返してきた。

「俺、絶対朝野のこと忘れないから!」

「私も忘れないよ・・・。」

朝野は泣いた。数秒後、つられて俺も泣いた。

瞬間、抱き合った。

「今までありがとう・・・。」

そして朝野は北海道に旅立った。やがて彩られた校舎は壊された。

俺はなぜか泣かなかった。しかも心が清々しかった。

オススメエッチ体験談


媚薬使ったら、自分からオナニーしだす淫乱女子!最後は汗ダクになりながら果てましたwww

旅行先で嫁のお姉さんに誘惑されてセックス!何回もイカせて最後は中出しフィニッシュ!

人妻の私が日系三世の大きなペニスのブラジル人とナマでセックスする関係に・・・

姉とエッチしたいと思ってもう数年が経ったがついに姉とエッチできた!しかも姉の方から誘わせた!

妹「んっ…んあぁ…(私のあえぎ声をおかずにしてオナニーしてくれてないかなぁ)」

夜勤明けのナースにチンチンしゃぶってもらったwwwwwwww

久々にナンパされて喜んでついて行ったら3Pで中出しされちゃった話

【不倫体験】友達の旦那さんがイケメンでエッチも上手だったんです(/ω\*)

僕の嫁さんは僕の実の従姉妹で、初めてイチャイチャした時の話をする。

色黒サーファーにナンパされ中出し浮気セックスしたら彼氏にバレて体験談を告白することに・・・

中2の時に31歳のお母さんとセックス!キスしたまま腰振って中に大量射精!

合コンとかよくやってた友達に誘われて、初めて媚薬を使ってセックスやりました。

アニメイトで見つけた可愛いヲタク女子をナンパして彼女にした話

小太りで平凡な中年女のセフレのマンコにコーラの瓶入れたりして可愛がった話

訪問販売先でバイブ発見!剛毛な人妻にオナニーさせた話

男友達に誘われて倦怠期中の彼女とリゾートでアルバイトした結果

デリヘル嬢の彼女が客と本番!本性はクソビッチだったwwwwwwww

ナースにストッキングを嗅がされチンポをしごかれ大量射精wwwwwww

大好きな叔母さんとセックスできて達成感もあるんだが、公開も半端ない・・・

アホな俺は調子に乗って現在も痴女な妻の妹と不倫関係もってます。

【レズ体験】罰ゲームで友達とキス・・・今ではクリトリスを舐め合う関係です・・・

【人妻H体験】ストレスでインポになった友達に妻を視姦してくれってお願いされた話

ハメ撮り画像をネットに流すと脅されて、浮気相手の玩具にされてしまった人妻の私・・・

出会い系でGETした国仲○子似の大学生とのエッチな体験談

【体験談】露天風呂の仕切りから女風呂が見え、友達の裸を見ちゃいました。

【熟女との体験談】五十路の美魔女車校指導員・秀子さんの妹で淫乱女将の咲子さんともやっちゃった‼

【体験談】女の子の夜道の一人歩きが危険なことを知りました

サークルの可愛い先輩とのセックス体験談

【体験談】俺の童貞喪失は泥酔しているねーちゃんが相手でした。

不倫相手の上司の親戚の童貞君をお口で抜いてあげた体験談

【体験談】同僚と浮気している時に彼氏が部屋に入ってきました。

人妻になった元カノと実家の近くでカーセックスした体験談

【体験談】職場にいた女の子を愛していたのですが、、、

【巨乳との体験談】「あ~、ダメ、ダメ、あ~」と俺の顔へクリトリスを押し付けてくる妹の旦那の姉

【体験談】女友達と映画を観ていたのですが。。。

【40歳保母さんとの体験談】書類整理をしている時、我慢できずジャージ超しにお尻に顔をうずめた結果wwwww

【体験談】友達の彼氏とエッチ中に友達が帰ってきて私だけ責められました。

妻を肉便器として知り合いに貸していた当時のエロ体験談

【体験談】不倫相手の子供に近親●姦させてしまいました。

【異常性癖男の体験談】今から40年ほど前、就学前の女の子にディープキスしたり精子をかけまくった

オススメエロ画像


彩瀬希 スレンダーな美脚お姉さんのセックス画像 174枚

月末の疲れたチンコを応援するオナサポ画像寄せ集め 76枚 その2

ロリ系で可愛い美乳美少女のエッチな画像 73枚

三次SM 牛乳浣腸からの緊縛セックス画像 121枚

小野杏奈 Hカップの美巨乳人妻画像 60枚

月末の疲れたチンコを応援するオナサポ画像寄せ集め76枚その1

浜田由梨 巨乳グラドルのセクシー画像まとめ 145枚 その1

お掃除フェラまでこなす清楚な黒髪素人のSEX画像109枚

三次 チンチンが刺激される画像詰合せ75枚

精子が出なくなるまでオナニーにチャレンジできるエロ画像76枚

桜井梨花 スレンダー美女のSEX&ヌード画像133枚

相原紗枝 美巨乳素人娘が悶絶イキするセックス画像まとめ 92枚

オマンコより気持い厳選バキュームフェラ画像 72pics

秋菜はるか 制服姿でオナニーしてディルドフェラする可愛い女の子の画像 121枚

近藤理佐 美人AV女優とガチハメ腹射SEX画像まとめ 121枚

ムラムラするセリフ付き二次エロ画像まとめ 70枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ 性●隷 スカ●ロ 父子●姦 痴● 全裸 安全日 シ●タ 逆レ●プ ビキニ 無防備 妻の過去 妻の友達 バレないように オシ●コ 獣● 二穴 肉●器 ラッキースケベ DQN トラウマ 還暦 ママ友 お客 上司の嫁 マット 妻の姉 土下座 バイアグラ 相互鑑賞 剣道部 M字開脚 友達の妻 サッカー部 隠し撮り  美容師 お盆 性接待 地味 イメプ 本気汁 メイド オナホ 3P 男の潮吹き 聖水 キメセク 再婚 姉の彼氏 手錠 クスコ 鑑賞 豊満 お局 近○相姦 素人 近所 ボーイッシュ 医師 美少女 貝合わせ ヘタレ ギャップ マンスジ メガネ 講師 新婚 自撮り 兜合わせ 脱衣 モテ期 マニア テント 美術部 顧問 ベランダ ノンケ 尾行 ドレス ストッキング 性教育 レ○プ チンぐり返し プレゼント 春休み アクメ 愚痴 団地妻 喧嘩 テニス 教育実習 後輩の彼女 神社 夫の上司 ゴルフ タンポン ボランティア デリヘル嬢 友達の夫 金髪 実家 SM 回春マッサージ 4P 避妊 ゴルフ場 騎上位 メンズエステ ハミ毛 背面座位 スカウト 不妊症  継母 放置プレイ コテージ 花見 マンぐり返し アフター 先輩の母 逆痴● 相互オナニー アヘ顔 釣り 接骨院 グラドル 染みパン オムツ ストレス シングルマザー リハビリ ヒッチハイク OL パジャマ スケベ椅子 拡張 倦怠期 黄金 罵倒 弁護士 鼻フック 独身 寝起き 一人暮らし エロ動画 自転車 北海道 マイクロビキニ  同期 ぎっくり腰 写真 オーナー イベント 女神 割り切り レオタード ファザコン パワハラ マジックミラー 手術 首絞め チンカス ホットパンツ 流出 アラフィフ 挑発 恋人交換 新年会 台湾人 小悪魔 彼女もち 韓国 ボーナス  姫初め 租チン 台湾 ムチムチ 性生活 逆●漢 ニーハイ DJ  便秘 キチガイ スケスケ 発見 添乗員 遭遇 隠撮 野菜 喪女 初夜 帰省 M字 友達の奥さん 唾液 グラビアアイドル ブサメン 目の前 ガムテープ スポーツクラブ 元カノの妹 立ちション 新幹線 回春 生保レディー オーストラリア 姉の夫 閉経 背面騎乗位 左遷 俳優  エロゲ 社長夫人 リア充 バキュームフェラ 皮オナ 免許 ロリ系 ライブハウス フェス スカイプ 男性恐怖症 パパ友 グラマー 苦痛 バレー部 上司の奥さん 役員 仁王立ち エロ本 弓道部 上司の妻 美尻 黒髪 恐怖 団地 ペニスバンド エレベーター エロ写メ 仲居 言いなり 屈曲位 竿付き 産婦人科 小柄 う●こ 露天 先輩の奥さん ペット レ〇プ 貧乏 ぱふぱふ 臭い Fカップ スパッツ 知り合い 無修正  両親 ボクシング部 チアリーダー 体育館 タイツ 唾液交換 将棋部 柔道部 M性感 自虐 飲● 主人  姉妹●姦 別荘 子作り 友達夫婦 友達の旦那 エロ画像 直穿き エロゲー 母子交換 流産 ナプキン 婚活 M男 出会い喫茶 イメプレ 喪男 潔癖 警察 フィリピン人 性感帯 ニート ハプバー 床上手 フツメン 友達の父 電話中  臭いフェチ ボンテージ ハワイ オナペット 即ハメ タレント 夫婦喧嘩 腕枕 ホテトル イジメ 女湯 夫の同僚 隠しカメラ ハメ潮 ジョギング マラソン 現地妻 エロなし ペニクリ 無精子症 エロ漫画家 金持ち ロープ 盲腸  婚約者 チャイナドレス ご奉仕 元嫁 ブラチラ ふたなり 集団 トラック 三角関係 マッチョ お姉さん ギター 竹刀 夫の兄 ライブ ノロケ 搾乳 お見合い ユルマン インフルエンザ 70代 マッサージ師 ぶっけけ 老婆 社長婦人 麦茶 アスリート女子 読者モデル 興奮 無臭 転校生 ボーリング 女子プロレスラー ボディービルダー 出勤前 片思い 大家 腐敗 出合い系 相部屋 母の妹 人助け イカ臭い 出張ホスト かりまん 15P カマトト まんぐり返し ドクター 阿鼻叫喚 自慢 生き別れ オプション バレンタイン 車検 デルヘル ボディービル 弟の妻 ハイグレ 腰痛 ぢゃ性 フィギュアスケート部 プロレス 鷲掴み メガネ屋 ローライズ TV電話 オリモノ クォーター ワカメ ハイボール マリッジブルー 禁欲 姉妹相姦 おもてなし 近●相姦 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め キッチン ラノベ 健全 勇気 おへそ 恋人 美肌 エアロビクス 谷間 密会 中性 フタナリ パイチラ ポロリ インドネシア人 訪問販売 種違い 人参 全身リップ 性上位 気絶 パトロン 同伴 竿姉妹 近○相○ 韓国エステ パーカー 一気 焦らしプレイ 紳士 せどり 祖母 義理の娘 お花見 寝落ち 乱暴 ラブレター 出禁 カミングアウト 星姦 蟲姦 便器 先輩の妻 リフレクソロジー 辻本杏 飯岡かなこ 沖田杏梨 介護職 自尊心 使用済み ゴミ箱 塾講師 企画 ローカルテレビ 背徳感 料理教室 地獄 胸糞 ブラック企業 ピーナッツ 妻の友人 ノルマ 我慢 長ネギ メス豚 共依存 オーディション 精液便所 バスタオル 宴会芸 バナナ 吊り橋効果 おねしょ 神秘 嬢王様 失笑 悪酔い バストアップ チキン 寝起きドッキリ 保育園 儀式 体操部 東京 伊豆 ちんぐり返し 脱サラ ヤリ目 想定 正月明け お祝い 宿題 チンピラ 処理 汚物 母子家庭 屈辱的 四つんばい バイブフェラ ブーツ 診察台 乳がん パラダイス 地雷女 処女膜 配信 絶縁 日系ブラジル人 IUD 男子禁制 びっぷら サランラップ オタク女子 ケツ毛 洗濯バサミ キモメン 草食系男子 流行 泥沼 性感エステ 避妊リング 口臭 性○隷 バスケ バージン ハードセックス ランデブー シラフ 同性愛 上目遣い 助手 たまごっち 婚約 目覚ましフェラ 悲惨 彼女の弟 介護 支配 射精管理 おあずけプレイ 号泣 ネットH ファン ポッチャリ 職権乱用 看板娘 主張  他人棒 水泳教室 27P 発熱 カウンセラー 彼女の父 校長 メタボ 引き籠もり バット 狸寝入り サーファー ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ ギャル男 お小遣い 生理不順 ごっkん ハイレグ 狭射 性同一性障害 SNS 軽蔑 乳コキ スナックのママ プリクラ  サイクリング ネイリスト  筋肉フェチ ソープ嬢 寝盗られ 音声 元ヤン 歳下女子大生 パリ 乳首舐め ニューカレドニア 夏フェス 控え室 仕事 後輩の男友達 ジーパン ハシゴ 公認 試験 壁ドン 美少年 生本番 芸能 男湯  限界 会長 宿直 おなら ハダカ 添い寝 MオンナS男 退職 精液検査 牛乳 森ガール 婚前 憧れ 社員 シンママ 飛行機 万馬券 10P マンコ 半陰陽 貸切 ニーソ 穴あきパンティ 股間 染み 塩対応 胸毛 風習 録音 日焼け 兜合せ 恋愛禁止 吹雪 交尾 カツアゲ 中だし 倒産 後輩の妻 逆セクハラ ジジイ 山岳 正座 バレーボール部 イメチェン オナネタ 娘の夫 絶叫 彼女不倫 おままごと t乱交 パプニングバー 先輩のセフレ 義息子 チアガール 社長の息子 サンタ スノボー 婿 バドミントン部 彼女の過去 テレビ スロベニア人 妊活 読モ 密室 B専 アメフト部 年越し パーティー 美女 旦那の同僚 プレハブ 露出b ハイキング 近親相●姦 全盲 妹夫婦 セレブ 立ち合い セフレの友達 不妊治療 従姉妹の彼氏 トップレス すっぴん ボクサー 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン 卓球部 アレルギー ポニーテール 心身 新婦 スクール水着 ストリッパー 指フェラ 従姉妹の娘 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ トレーニング 行水 シックスナイン 実験 頬ずり  虐め チクニー 友達の叔母 彼氏交換 ゴーヤ 旦那の弟 台所 友達の家 先輩の婚約者 トルコ おっぱいアナル ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ W不倫 同僚の妹 延長 書道部 相撲 息子の先輩 研修 予備校 百合 OB 兄の娘 兄弟 生徒の母 断捨離 リンチ こたつ ブルセラ 2ch 別居 図書委員 委員会 貯金 下品 スノーボード 初潮 年始 チーママ 排泄 女優 ポカリ 小説風 バンガロー SMクラブ ウェディングドレス キャットファイト エクササイズ 初対面 腐れ縁 空家 色弱 事務 生意気 カンボジア レディース 暴発 不満 逆ギレ 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 インモラル バンコク 社長の娘 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 中継 テニススクール プラトニック 馬鹿 ニュージーランド人 母子○姦 近親○姦 出会い ケジメ 部室 音信不通 サクラ アメリカ リンパ 留守番  廃墟 交換 マンション 喘息 アナルファック 寄付 苦情 お清め ソフトテニス部 利子 制裁 フィジー 渋滞 ローソク 早熟 黒タイツ むっちり ムチ 靴なめ 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 キス魔 自棄酒 敬語 整体師 お化け屋敷 セフレ交換 賞品 くじ引き 角オナニー 出前  白髪 セックス依存性 保護 ホームセンター ボクシングプレイ セミプロ 検査 婚活サイト 報告 恨み 不潔 本気 通勤 大学受験 サドル フェラテク サッカー少年団 保護者会 ガーゼ  twitter ヘルパー 狂気 肩書き ガン 同い年 ぼったくり お店 レディコミ 監視 逆玉の輿 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 友人の嫁 鮫肌 テスト勉強 食事 GloryHole 知的 インテリ 犬プレイ タトゥー 美容院 無抵抗 アダルトグッズ ビーチボール チン蹴り 人間不信 スワッピングクラブ サスペンダー  コレクション 収集 けじめ マジキチ 覚醒 フィリピンパブ 介護士 自縛 上級生 精神科医 オジサン 半勃ち 男子校 バツ2 叔母さん 脚フェチ シ○タ 眼鏡 娘の元カレ 浮気相手 おなべ 謝罪 女店主 キュウリ アイマスク 摘発 ダブルブッキング ペンション 悪臭 メガネっ娘 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー シンガポール 友達の兄 カレー屋 ハローワーク 葬式 テニスコート で四つん這い 白衣 貧乏神 セックス依存症 猫耳 貸出 帰国 鍋パ 寝顔 運動会 ジャージ 不眠症 医学部 伏せバック Skype バニーガール キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 姉妹交換 

フリーエリア