HOME > 【OLのHな体験談】 > 昔セックスした女と職場で偶然の再会!俺の欲情の捌け口にwwwwwwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


昔セックスした女と職場で偶然の再会!俺の欲情の捌け口にwwwwwwww

関連体験談 :OL職場フェラクンニ生挿入射精再会セフレハメ撮り
※長文

何故か寝付けなくて困ってるので、

暇つぶしがてら自分の体験書いてみる。

まずは自己紹介から。

名前は勝。

当然仮名。

歳はまぁ30代前半ということで。

一応普通にサラリーマンやってます。

自分でいうのも何だけど、

昔は結構ちゃらかった。

二十歳そこそこの頃は、

平気で土下座ナンパとかよくしてた。

勿論今ではそんなことはしない。

一見普通の社会人。

セックスに対する意気込みは強かったので、

それなりに女性経験は豊富だと思う。

自分で言うのもなんだけど、

見た目はイケメンとは程遠い。

まぁいわゆる二枚目半ってキャラ。

下手をすれば三枚目半。

特別話術が優れてるわけでもなく、

何となくその場の空気を軽くして、

女の子に罪悪感を持たせずに、

ノリでHさせるって感じ。

勿論モテたことなど無い。

モテ期なんて生まれて一度も無かった。

それでも女の子を選り好みせず、

プライドも捨てればそれなりに美味しい思いは出来てきた。

今は結婚も考えてる彼女がいる。

もうナンパも風俗も、何年もしてない。

ここからが本題。

去年の春、昔やったことがある女が、

偶然同じ会社に入社してきた。

名前は早希。

初めて会ったのは早希が中学2年のころ。

きっかけは俺が塾の講師のアルバイトやっててその生徒だった。

で、今はもう立派な社会人。

23歳。

当然化粧も憶えてて、服装もそれなりに大人びる。

ずいぶんと大人の女になってた。

見た目だけだと思い出せなかったかも。

名前聞いて、ああそんな娘で昔遊んだなって思い出せた感じ。

そこまでタイプでも無かったし、ただの遊びだったから。

女の子にしては長身で、気が強いというか、

上司や先輩にも物怖じせず、

はきはきと挨拶したり対応する姿は相変わらずだなぁと感心した。

向こうは俺がすぐにわかったみたいで、

勤務中も遠巻きから視線をちらちらと感じてたが、

しかし歓迎会でも接触は無かった。

明らかに俺への距離を取ってる感じ。

向こうも気まずいだろうし、俺もそれがわかってたから、

あえて放っておいた。

とはいえ別の部署とはいえ、一応一緒の会社なので、

いつまでもこのままだと何か気持ち悪いなぁとは思っていた。

そんな時、たまたま休日に街で顔を合わしたんだ。

といっても、向こうが男連れで楽しそうに歩いていて、

偶然すれ違っただけ。

俺は一人。

向こうもびっくりしたのだろうか。

すれ違いざまに、視線だけで俺を二度見。

すれ違ったあと、なんとなく振り返ってみると早希もこっちを見てた。

俺が手をあげるとシカトして顔を前に戻し、

俺に見せびらかすように男にくっついて歩いていった。

なんだかなぁと思いつつも、まぁどうでもいいかって感じだった。

昔はあんなに激しく愛し合ってたのにね。

別の日。

残業が終わって帰ろうとすると、

駐車場への道で早希の後ろ姿を発見。

たまたま帰る時間が重なったみたい。

おあつらえ向きに一人だったので、軽い調子で背後から声をかけてみる。

「よっす。

久しぶり。

こないだのは彼氏?」

突然の俺の声に肩をびくっと震わせると、

足を止めて振り返る。

表情は緊張してるのかやや険しい。

「そうですけど」素っ気無い口調。

「元気だった?」

「関係無いと思うんですけど」

いっそのことシカトしてくれた方がいいってくらい、

冷たい表情に口調。

処女を捧げた相手にする態度かね、と心の中で辟易とする。

まぁ結構適当に捨てたから、嫌われてて当然かなと思い直す。

しかし早希だって足を止めたんだから、

少なくとも話をするつもりはあるってことだろうと思って言葉を投げ続けた。

「いやぁビックリしたよ」

「そうですね」

「よかったらこれから飲みいかない?」

「あの、ひとつお願いがあるんですけど」

「ん?なに?」

「これからも職場では仕事のこと以外は話し掛けないで欲しいんですけど」

「え?」

「あと昔の知り合いだっていうのも周りには秘密にしてください」

「なんで?」

「嫌だからです」

「え、あ、そう?」

「それじゃ失礼します」

颯爽と踵を返して、カツカツカツと怒気を孕んでいるかのように、

音を鳴らして帰っていく早希。

その背中を、溜息まじりに頭を掻きながら、黙って見送る俺。

まぁ仕方ないかと思った。

それから1~2ヶ月は特に何も無かった。

相変わらず俺と早希の間に会話は無し。

特に業務上で関わることも無かったし。

ただそこでも早希は結構もててたみたいで、既に何人かが玉砕していた。

捨てた後の早希がどんな人生を歩んだかは知らないが、

どうやら男関係は真面目だったようだ。

たまに漏れ聞こえてくる噂話でも、今の彼氏と順調らしく、

同じ課のやり手のイケメンが必死になっても、

ちっともなびく素振りがないそうだ。

まぁ元々俺の知っている昔の早希も、

とても情に深く、軽い女なんて程遠い印象。

そんな中、早希が研修のため俺のいる課に短期でやってきた。

今更俺もちょっかいを出す気など毛頭無かったので、

言われた通り沈黙を守っていた。

が、そこでひと悶着起こる。

早希が仕事上でミスをした。

といっても全然重大なミスでもなければ、

取り返しがつかないような事でもない。

新人ともなれば仕方が無い、というよりは、

話を聞くとどう考えても教えた側の不手際にしか思えなかった。

その教えた側の人間は、ただでさえ俺が嫌いな同期だった。

自分のミスを棚にあげて、

早希を怒鳴り散らす様子は俺を苛立たせた。

早希も早希で、言い訳もせずに、

じっと唇を噛み締めて叱責を受けていた。

俺はいい加減見るに耐えなくなってきたので、

その間に入って嫌いな同期をなだめた。

お互い少し喧嘩腰になる。

その流れで、俺がそのミスのフォローをすることになった。

その後の休憩時間。

早希は俺のところへ謝りとお礼を言いに来た。

俺はこの間のお返しと言わんばかりに、

冷たく「別にお前のためじゃない」と言い放ってやった。

直後に、少し大人気ないと反省したが、

早希はそんな俺の心情を察したのか、

もう一度お礼を言って去っていった。

その日の残業。

俺と早希が二人で残った。

俺は帰っていいって言ったのに、早希は頑なに自分も残ると拒否。

でも残業中は何の会話も無い。

日付が変わりそうだったので、早希だけ返す。

「そんなわけには行きません」としつこく抵抗してきたが、強引に帰した。

余談だが、後日に別の同期から聞いた話によると、

早希のミスの原因になった同期は、

休日も早希にしつこく電話をして、

何度も誘っても断られるから、

早希にむかついていたとの事だった。

しかもその番号も直接本人に聞いたものでもないらしい。

とにかくそんな事があったおかげで、

早希の俺への態度は少し軟化した。

といっても、挨拶の時に目を合わすようになったとかその程度だが。

それから夏もそろそろ真っ盛りという頃、

早希の俺の課での研修が終わった。

その最後の日、早希からこっそりと紙切れを渡された。

メモ帳の切れ端で色気もへったくれもなく、

中も黒のボールペンで粗雑に書かれていた。

内容は、

「ちゃんとお礼をしないと気持ち悪いので、

御飯だけでも奢らせて下さい。

もし迷惑なら、他に何か考えます。」

と書かれており、最後に番号とメルアドが記載されていた。

その時は、どうでも良いと思っていたので、

一応番号だけ電話帳にいれといて、こっちから連絡はしなかった。

そっから数週間後。

俺が本命の彼女と些細な喧嘩をした。

別に大した事じゃない。

ただちょっと苛々したので、

気分転換に早希に連絡をすると、とんとん拍子で話は決まり、

仕事帰りに二人で、早希のおススメの店に行くことになった。

早希は少し緊張しているみたいで、雰囲気や口調が固く、

そわそわしている感じだった。

俺は少しむしゃくしゃしていたので、

そんなこともお構いなしで飲み放題だったので

浴びるように酒を飲んでいた。

とはいえ俺はザルなので、

泥酔するようなことは無かったが。

早希にも何度か酒を勧めたが、

「彼氏に悪いから」とのことで断っていた。

でも俺が一度、自分が飲んでたカクテルを

「これお薦め。今度彼氏に教えてあげなよ」

と強引に一口だけ飲ませた。

「ん~、じゃあまぁちょっとだけ味見」みたいな流れ。

するとそれを機に、少しだけど早希も飲み始めていった。

とはいえ少し顔が赤くなる程度で、

別に酔ってはいなさそうだった。

でもアルコールが入っていくと、

お互いにプライベートの話をするようになっていき

「彼氏ってどんな人?」

「ん?年上です」

「名前は?」

「なんでですか?関係無いです。

そういう先生は?(会社では普通に苗字にさんづけ)」

「懐かしいな、その呼び方」

早希は頬を赤らめて「あ、う」と顔を伏せてしまった。

「今はいないよ」何故か嘘をついてしまう俺。

会社の同僚に聞かれれば簡単にばれてしまうことなのに。

「ふーん」興味無さそうな素振り。

正直、この時点で俺はもうやる気満々だった。

少し赤くなった顔を手で扇ぎながら「あーもう駄目だ。

もう帰ります」と早希。

「いいじゃんもう一軒いこうぜ」

「駄目です。もう駄目です」

「良いとこ知ってるから」

「駄目です。また今度誘ってください」

そんな感じで一旦店を出た。

しつこく誘うのは得意だけど、ただぐだぐだになるのはまた別。

店を出る時、早希はメールを打ってて誰と聞くと

「彼氏です。今から帰るねって」

「同棲してんの?」

「違いますよ。でもほら、ラブラブだから」

そんな会話をしつつ、二人で並んで駅に向かうも、

なんか面倒くさくなってきた俺は、もういいやって感じで、

唐突に早希の手を握った。

早希は「え?え?」って感じで一瞬戸惑ったけど、

俺の手を解こうとはしなかった。

かといって握り返してもこなかったが。

で、俺は無言で握る力を強め、ホテル街の方へ誘導していった。

早希は「冗談でしょ?」といった感じの笑みを浮かべながら、

俺に握られていないもう片方の手で俺の腕を軽く掴み

「え?駄目ですよ?絶対駄目ですからね?」

と言いながらもついてきた。

というか半ば強引に連れてった。

ホテルの入り口まで来ると、早希は顔を伏せて、足を止めた。

俺が握った手を引っ張ると、腕だけぶらん。

セミロングの髪をかきわけて、伏せた早希の顔にキス。

早希は少し顔を横に逃がして、唇が半分ずつ重なった感じ。

「いいだろ?」

「・・・駄目・・・です」

有無をいわさず強引に手を引っ張りホテルの中へ。

フロントで「部屋どこがいい?」と聞いても無言。

勝手に決めて、エレベーターの前まで連れて行くと、

「・・・やっぱり駄目です。

ごめんなさい。

帰ります」と震える声を搾り出した。

俺は無言で早希の顎を掴んで持ち上げて、

顔を近づけると、早希は諦めたように目を閉じた。

今度はちゃんとキスをした。

エレベーターに入ると、

ちゅっちゅと啄ばむように何度もフレンチキス。

ただ早希の両手は、抱き寄せようとする俺と距離を取ろうと、

俺の胸を軽く押さえていた。

でもその状態で何度もキスをした。

舌を入れると、早希も恐る恐るそれを受け入れた。

部屋について荷物を置くまで、二人とも無言。

俺の手が離れた早希は、部屋の入り口で固まって立ってた。

泣きそうな顔だった。

俺は無言のまま、キスをしながら早希の服を脱がしていった。

特に抵抗は無かった。

途中消え入りそうな声で

「あの・・・シャワー・・・」とか言っていたが無視。

相変わらずのスレンダーな体型だったが、

昔に比べるとやはり多少は

女性らしい丸みを帯びた身体になっていた。

すらっとした手足。

小振りだが形が良い胸と尻。

立たしたまま乳首を舐める。

早希は「・・・んっ」と声を漏らして、

すこし上体を屈まして、俺の肩に手を置いた。

「ちょっとは期待してた?」

「ちが・・・そんな、無いです」

下の方へ手をやると、もうすでにぐっしょり濡れていた。

人差し指と中指の先をくっつけたり離したりすると、

糸がいやらしく引くのを、早希の目の前でやると

「や・・・だぁ・・・」と目に涙を浮かべて顔を逸らした。

もちろん耳まで真っ赤。

「ベッドいくぞ」「・・・ん」

ベッドに押し倒すと、俺も服を脱ぎながら、

早希の身体を撫でていった。

どこか弱点だったかなんて憶えていなかったけど、

どこを触ってもぴくっぴくっと身体を小さく振るわせていた。

一回前戯でいかしとこうと、

クリを指と舌で執拗に責めた。

早希は最初は苦しそうに歯を食いしばって我慢してたけど、

「・・・・・・っはぁ!」

と息を吐くのと同時に

「う・・・っくぅ・・・あ・・・はぁ・・・だ・・・め・・・」と、

早希の股間に埋めていた俺の頭をぎゅっと抑えてきた。

髪痛えと思いながらも無言でクリ責めを続行。

クリはすぐに硬くなり、ピンと勃起した。

「だめ・・・せんせ・・・・・・やばい・・・かも・・・」

「いきそう?」

「ん」

やがて「んーーーっ!」と何かを耐えるような、

声にならない声を漏らし続ける早希。

やがて「はぁっ・・・ん!」という声と共に、

ビクンビクンと身体を小さく痙攣させた。

肩を小さく上下させながら、

はーはー言ってる早希を尻目にゴムをつける俺。

その様子を涙目で見ながら「やだぁ・・・」と甘く呟く早希。

まだぴくぴくしてる早希の膝を持ち、左右に開ける。

もう全くの無抵抗。

ちんこを早希の入り口にあてがうと

「・・・せんせ・・・やっぱやめよ?だめだよ・・・」

と切なそうな声をあげる。

無視して、もうシーツにシミが出来るくらい濡れていたので、

そのまま奥まで挿入。

何の抵抗もなく、早希の中は、俺を奥まで受け入れた。

にゅるんって感じ。

その瞬間「あ・・・っやぁん!」と可愛い声が漏れる。

記憶にある早希の膣内よりは、

やや緩くなったような気もする。

ゆっくりピストンを開始すると、

早希は手の甲を口に押し当てて、

辛そうに目をぎゅっと閉じて、

残った手で俺の腕を掴んできた。

ピストンを強めても、口を押さえた手の平から

「ん・・・く・・・」と苦しそうに、

押し殺した喘ぎ声が聞こえるだけ。

時折意地悪っぽく大きく単発で突くと

「あんっ」と可愛い声。

早希はその度に、きっ!と睨んでくるが、

また大きくピストンすると、ぎゅっと目を瞑り、

「やんっ!」と甲高い声をあげる。

しばらくそれを繰り返していた。

普通にやっててもつまらないので、やりながら世間話。

ピストンは緩め。

「彼氏とここ来たことある?」

「・・・ない」

「いつもどこでやってんの?」

「関係無い・・・です」

「彼氏とHの相性良いの?」

「・・・」

ご機嫌を損ねたのかそこから完全にシカト。

頑なに口から手を離さず、目も合わさない。

喘ぎ声も「ふっ・・・くぅっ・・・」と、

無理に我慢をしてる様子で、

鼻息のようなものばかり。

でも部屋にはグッチャグッチャ音が鳴り響いていた。

「気持ちいい?」

「わ・・・かんない」

「彼氏と比べてどう?」

「やだぁ・・・まだ・・・ですか?」

「なんで?」

「早くいって・・・ください」

「よくない?」

「そんなこ・・・とない・・・けど・・・」

この間、絶対目を合わせてくれないし、

キスしようとしても逃げられるか、手を間に入れられる。

そういやバックが好きだったっけかと思い出して、

四つん這いにさせる。

最初はゆっくり。

「んっ・・・ん・・・」

少しづつ激しく。

「・・・やっ・・・あん・・・」

やがてヌッチャヌッチャッといった音が部屋に響きわたり、

俺のちんこももう真っ白。

早希もはっきりと喘ぎ声をあげるようになった。

「あっあっあっあっ!・・・やだだめ!せんせ!せんせだめ!これだめ・・・これ・・・あっあっあ!」

早希は後ろ手で俺の太ももを触って制止しようとするが、

その手に力は既にもう無く、

とにかくガンガンに突きまくる。

「・・・や・・・あっ!・・・だ・・・めだっ・・・てぇ・・・」

「ほら、彼氏以外でいけよ」

「やっ!あっあっあっ!せんせ!や!だめ!これだめ!おねがい!あっ・・・あっあっあっあっ!!!」

「彼氏に謝れよ」

「・・・やっ・・・だぁ・・・こんな・・・だめ・・・」

最後に大きく喘ぐと、

早希の膣は俺のちんこをまるで雑巾を絞るかのように

ぎゅうっと締め付けてきて、

早希の小さな尻は目に見えてぷるぷると震えた。

早希の上体を支えていた両腕は突然力を失くしたようで、

がたがたっと早希は前に崩れ落ちていき、しかしその間も早希の中は、

柔らかくも俺を離したくはないと言わんばかりに締め付けていた。

一度そこでちんこを抜くと、「や・・・」と切なそうな早希の声。

ぐったりしている早希を仰向けにさせて、もう一度正常位。

蕩けきった顔で「も、やめよ?」と小さく言葉を発しいたが、無視して挿入すると

「や・・・ぁん」と甘い声が漏れた。

そこからはもう昔に戻ったような、恋人みたく甘く激しいHだった。

早希は自分から俺の首に腕を回し、

俺の唇と舌を要求するように自分に引き寄せ、

そして激しく唾液を交換しあった。

早希の舌は、俺の舌を愛おしそうに求めてきた。

ゴムをしているとはいえ、

早希の両足は俺の腰に巻きつき、

爪は俺の背中に痛いほどに食い込んでいた。

「ここ?ここだろ?」

「ん、そこっ!そこだめっ!いい!あっ!いい!せんせ!やっ・・・だぁ!」

「またいく?」

「あっあっあ!んっ!あっ・・・だめ!せんせ!いっちゃ・・・うっ!あっあっ!」

「じゃあ彼氏にごめんなさいしろって!」

「あっあっあっ!・・・そんな・・・いわないで・・・あっあっあ」

「彼氏なんていうの?」

「・・・な・・・・・・んでぇ・・・?」

「名前は?」

「やっあんっ!・・・よ・・・しの・・・くん・・・あっ・・・あっあっあっあ!」

「ほらごめんなさいは?」

「やっ・・・だぁ・・・あ・・・んっんっ・・・あっごめ・・・よ・・し・・・く・・・」

「いい?またいく?」

「ん・・・また・・・きも・・・ちいい・・・かも・・・」

「俺もいくから!な!?いくからな!?」

「やっ!うん!あぁっ・・・あっあっあっ!せんせっ!せんせっ!こんな・・・やぁっ・・・だ!あんっ!せんせ!」

「出すからな!お腹に出すぞ!」

「もうだめ!せんせだして!・・・あっあっあっあっあ!!!」

ゴム外して早希のお腹に大量射精。

早希の細くて綺麗なおへそ周りは、俺の精子でべとべとになった。

そして小振りな胸を大きく上下させながら、息も切れ切れに

「こんな・・・こんなの・・・だめ・・・なのに」

と辛そうに言うと、両手で自分の顔を覆って、

「だめ・・・せんせ・・・みないで・・・」と弱弱しく言った。

俺はティッシュで汚れた自分と早希を拭くと、早希の頭を無言で撫で続けた。

早希はシーツをたぐり寄せ、それにくるまると、

その中からは鼻水を啜る音が聞こえてきた。

俺はシーツの上から早希の身体を優しく撫でながら

「彼氏好きなんだ?」と尋ねると、シーツの中でコクリと頷いた。

「彼氏以外とって初めて?」

再度シーツの中で、顔が上下に揺れた。

「良くなかったか?」

十秒ほど間を置いて「わか・・・ない」と消え入りそうな声。

シーツ越しに早希の頭をポンポンと軽く叩いて

「俺シャワー行ってくるわ」とだけ言い残し、ベッドから立ち去ると、

背後からすすり泣く音が微かに聞こえてきた。

シャワーから出ると、早希は慌てて服を着ていて、その目は真っ赤だった。

「そんな急がなくても」

そんな俺の声を無視して、早希は逃げるように部屋を出て行った。

その後日、早希からメールがあって、

「あの日のことは忘れてください。

私も忘れます。

やっぱり話したりするのは、もうやめましょう」

とだけあった。

今更だけど、改めて早希の紹介。

現在23歳。

普通の社会人。

前述したとおり、女の子にしては長身。

その上スレンダーなので、ただ痩せている、という感じではなく、

まさにスラっとしている、という表現が当てはまる。

誰もが振り向く美少女という感じではないが、

普通の美的感覚を持つ人間であれば、

最低でも中の上、もしくは上の下よりは上のランクをつけるだろう。

個人的にはぽっちゃりが好きなので、正直タイプじゃない。

これも前述した通り、初めて会ったのは早希が中二のころ。

いただいたのも中二の終わりくらいと思う。

当然処女だった。

血はあまり出てなかったけど、

結構痛がってたっけ。

きっかけは早希からある日突然告白してきた。

それまで俺は早希のことなど、

全く気にもしてなかったからすごく驚いた。

早希は昔から大人びたしっかりした娘だった。

無理して背伸びしてるわけでもなく、

生粋の姉御肌とでもいうのか。

どちらかというと女王様気質と言うべきか。

ガキの女にありがちな、ただ気が強いというだけでなく、

同時に思慮深さを持っている雰囲気が魅力的といえば魅力的。

少し吊り上ったぱっちりした瞳は、彼女の芯の強さをよく表してると思う。

そんな娘が、どうして俺に惚れたのか。

思春期女子にありがちな、

年上の男に対する過剰な憧れがあったんだろう。

当時の俺は年下の女なんか全く興味が無かったけど、

据え膳食わぬはなんとかという事で、

処女を頂いた後は、その後も高校1年の終わりくらいまで、

ちょこちょことその未発達の身体を開発しつつは遊んでいた。

とはいえフェラやアナル舐めを仕込んで、

中イキが出来るようにしたくらいだったけど。

初めて中イキできるようになるまで結構時間かかったと思う。

確か高校入学直前。

そん時はちんこ抜いた瞬間失禁したからビックリした。

じょろじょろってわりと勢い良く。

シーツに水たまり出来たし。

俺は正直経験が多いだけで、セックスが上手いなんて思っていない。

だからそこまで感じさせたのは今のところ早希だけ。

高校入ってからも、放課後呼び出してはやりまくってた。

学校では結構モテてたみたいで、

毎月のように男子から告られてて、

その度にやりながら断りの電話とかさせてた。

対面座位でキスとかしながらね。

電話してる間はちゃんと動かなかった。

学校で淫乱なんてアダ名がつけられたら可哀想だし。

耳まで真っ赤にして、

恥ずかしそうな顔で断りの電話してる顔を見たかっただけ。

普段のギャップもあって可愛かったのは何となく憶えてる。

あと憶えてるのが高校の文化祭の時。

前日くらいまで、

生徒達が夜遅くまで学校に残って準備とかしてたらしいんだけど、

小一時間ほど抜け出させて、夜の公園でやった。

スカート捲って立ちバック。

通りがかりの学生やサラリーマンにも多分見られてた。

早希は気づいて無かっただろうけど。

声を押し殺すのに必死だったみたいだし。

バランスを保とうと片手を木に押し当てて、

もう片方の手で必死に口を押さえてた姿は憶えてる。

膝くらいまで本気汁が太ももを伝って垂れてたけどね。

本人は否定してるけど、立ちバックが好きで、

やるといつも太ももまでぐしょぐしょになってた。

その時は確か口に出して、そんでそのまま学校に戻らせた。

で、高一の終わりくらいに捨てた。

別に理由は無い。

飽きたから。

まぁ俺は元々付き合ってるつもりもなかった。

本命は別にいたし。

単純にやり目的オンリーだった。

気まぐれで何度かプレゼントしたことくらいはある。

ガチャガチャで取ったようなストラップとか。

大事そうに携帯にいつも付けてたっけ。

ハメ撮りもかなりした。

当時の友人同士で、セフレのハメ撮りを交換して

鑑賞しあうなんてことが流行ってたから。

今はもう持ってない。

紛失したか、貸したまま忘れてるか。

今の早希なら絶対させてくれないだろう。

当時の早希はそういうことがわかってなかったから、

恋人同士はこういうもんって刷り込ませてやってたから。

戸惑いながらも、撮影を受け入れてた。

余談だけど、現在の俺は絶対必ずゴムを着ける。

本命の彼女相手でも。

何故なら、昔は俺も若かった。

早希を相手に何度か勢いで生半出しをしまくってたんだ。

当時の少しまだ固い、瑞々しい早希の身体は、

ただの俺の欲情の捌け口だった。

その度に早希は本気で怒ってたけど、謝りながらキスすれば

「それ・・・卑怯です」と照れていた姿を思い出す。

で、愛を囁きながら生ちんこつっこんで腰振れば、切なそうに

「このままでも・・・いいですよ」とくる。

大体はちゃんと外に出してたよ。

挿入は生ばっかだったけど。

よく制服にかけてた。

それには別に怒らなかったな。

男はそういうもんだと思ってたんだろう。

でもそんな中、早希の生理が遅れちゃって、

それ以来怖くてちゃんとセフレ相手にもゴムを着けるようになった。

皮肉とかじゃなく早希のおかげ。

生理遅れたのは結局ただの不順だった。

捨てた時は適当に振った。

その後結構しばらくしつこく付きまとわれたけど。

で、現在に至る。

疲れた。

とても全部は一度に書ききれない。

規制もあるし。

今も現在進行形で色々とあるから、

時間があったらまたそのうち書きに来ます。

オススメエッチ体験談


チャットエッチが凄く気持ちよくて私のほうから会いたいって言っちゃった(/ω\*)

会社経営しているんだけど、金さえあれば素人女子大生とセックスし放題なんだがwww

好きな女の子を尾行したら、デリヘル嬢だった件!

初めてテレクラ使ってみた結果⇒美味しそうにザーメンをごっくんする変態ギャルが釣れたンゴwww

プールで働く人妻の私が、新人の男の子とプールや更衣室で激しく愛し合った話

好きな女性が目の前でイケメン上司に中出し懇願!キツすぎワロタwwwwwwwww

自慢の妻を会社の奴らに寝取らせたら3人に中だしされ30万もらった

元カノが人妻になったと聞いて欲情www今では2~3日に1回種付セックスしてるwww

彼女がバイト中に店長とセックスしてたんだがwwwwwwww(寝取られ体験)

大学に好きな娘がいるんだけど、その娘が友達にヤられちゃった話

【レズ体験】友達とその先輩と4人で温泉旅行に行った結果⇒酔っ払って女同士でエッチしちゃった話

可愛い後輩のエッチな雰囲気に負けてセックスをしてしまった話

【中出し体験談】アルバイト先の仲のいい女友達と突然、生でセックスしちゃった話

出会い系で知り合ったバツイチ子持ちの23歳OLを変な男から助けた話

俺の大好きな彼女を肉〇器みたいに扱いやがったイケメンの話

【体験談】壮絶な恋愛だった過去の話

友達の美熟女お母さんに恋をして膣奥に生中出しした話

マン汁とザーメンまみれになったチンポを制服きたjcに舐めさせた話

結婚して4年目の妻が、入社してきた黒人男性に寝取られた話

デブでブスで頭も悪く害虫みたな男がドMな母娘との奇跡の出会いでドSな性癖に目覚める話…。

職場の尻のボリュームが半端ない熟女(49歳)と3Pして直腸に中出しした話

先輩の彼女なのだが、ふとしたきっかけでHなことになった話

付き合ってもいないゼミの女の子と上手いことセックスした話

男勝りな同僚の女友達の家に看病に行って、そのまま押し倒した話・・・・・・・・・・・

【体験談】間違えて男子トイレに入ってきた女の子との忘れられない体験

親友だった女ととうとう一線を超えてしまったエロ体験談

【体験談】職場の気の強そうな女に話しかけたら処女を奪えた

【学生時代の体験談】精液の質と量が抜群に良かった俺は、不妊に悩む人妻に種付けのバイトをしていた〈前編〉

【体験談】温泉旅行での初夜を思い出します。

【体験談】借金の利子代わりに母を・・・母は感じていました。

【体験談】初めて会って野外SEX・・・しかも中出し。

オススメエロ画像


清水あいり Hカップグラドルのセクシー画像163枚その1

三上悠亜(みかみゆあ)セクシーなヌード画像178枚

寝る前にチンポを力強く擦りたくなるエロ画像寄せ集め74枚

山口遥香 エロカワ(制服、スク水、ブルマ)画像193枚

おっパブに行きたくなっちゃう乳揉み画像81枚その2

佐月麻央 可愛くてエッチなお姉さん画像132枚

風俗いらずのオナニー用3次元エロ画像寄せ集め74枚

相川咲良 清楚な黒髪童顔美少女のセックス画像94枚

佐々木心音 Eカップの美巨乳美女画像128枚

ゴスロリコスプレセックスを楽しむパイパン素人美少女画像85枚

ねここさんの勃起不可避なセクシー画像まとめ 121枚

ぎゅんぎゅんお尻に食い込むTバック画像 70選 その2

野村あいの ロリカワ美少女の白スク水、マイクロビキニ、ブルマ画像 121枚

校長先生になった神尾舞が生徒とナマでハメまくる中出しセックス画像【66枚】

【二次】ガーターベルトのぐうエロ画像まとめパート2 70枚

手ブラでおっぱいを押さえて乳首を隠すエロ画像71枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ

近親●姦 レ●プ 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 性●隷 おし●こ 痴● 父子●姦 全裸 スカ●ロ 安全日 勃起 逆レ●プ ビキニ 画像 無防備 オシ●コ シ●タ DQN 妻の友達 トラウマ バレないように オタク 二穴 妻の過去 獣● インストラクター 肉●器 喘ぎ声 ママ友 還暦 友達の妻 隠し撮り M字開脚 剣道部 本気汁 バイアグラ お盆 花火 土下座 相互鑑賞 イメプ マット お客 キメセク 男の潮吹き 聖水 妻の姉 美容師 リスカ 豊満 クスコ 近○相姦 美少女 貝合わせ 上司の嫁 サッカー部 3P ラッキースケベ 姉の彼氏 メイド 穴兄弟 質問ある? 講師 社長 自撮り ギャップ 地味 性接待 再婚 素人 テント 手錠 マンスジ 鑑賞 ボーイッシュ 新婚 ヘタレ 兜合わせ オナホ 酒池肉林 お局 レ○プ ボランティア アクメ 性教育 ドレス 神社 モテ期 プレゼント 医師 デリヘル嬢 ベランダ 愚痴 美術部 チンぐり返し ヤンデレ  後輩の彼女 4P 相互オナニー マニア 不妊症 喧嘩 スイミング 教育実習 釣り  金髪 顧問 騎上位 逆痴● ノンケ リハビリ 背面座位 性感マッサージ メンズエステ 春休み アヘ顔 テニス ゴルフ 避妊 メガネ ストレス スカウト 染みパン タンポン 花見 PTA アフター マジックミラー 首絞め 北海道 パジャマ 小悪魔  OL 一人暮らし 添乗員 ストッキング 台湾人 ハミ毛 チンカス 発見 ムチムチ マイクロビキニ 恋人交換 美人局 手術 脱衣 パワハラ M字 友達の奥さん キチガイ 団地妻 ホットパンツ 膝枕 シングルマザー 先輩の母 寝起き 台湾 マンぐり返し 目の前 彼女もち ニーハイ 独身 SM 弁護士 見せ合い グラビアアイドル 尾行 鼻フック ボーナス ブサメン ゴルフ場 回春マッサージ オーナー 実家 放置プレイ 接骨院 性生活 逆●漢 ぎっくり腰 ギャルママ ケンカ アラフィフ 写真  コテージ 租チン 罵倒 イベント 黄金 スカイプ ペニクリ 唾液交換 回春 弓道部 ご奉仕 夫婦喧嘩 集団 社長夫人 生保レディー 新幹線 ライブ 両親 M性感 オーストラリア エロ漫画家 ハメ潮 金持ち 屈曲位 スポーツクラブ 別荘 帰省 小柄 エロゲー 仁王立ち フツメン ペニスバンド ホテトル グラマー 床上手 ギター 夫の兄 倦怠期 ジョギング ガムテープ  オムツ 夫の同僚 タレント 将棋部 喪女 出会い喫茶 ナプキン 喪男 婚活 ロープ 流産 免許  上司の妻 挑発 新年会 エロ本 バレー部 無精子症 ファザコン バキュームフェラ 閉経 婚約者 背面騎乗位 初夜 近所 ハワイ エロ写メ エロ動画 スパッツ 団地 言いなり チアリーダー 先輩の奥さん 姉の夫 上司の奥さん スケベ椅子 柔道部 ノロケ DJ 流出 即ハメ 盲腸 お姉さん 女神 グラドル 立ちション 苦痛 三角関係 皮オナ 隠しカメラ トラック 現地妻 フィリピン人 竿付き  拡張 露天 唾液 潔癖 自転車 性感帯 警察 ロリ系 姫初め 主人 自虐 スロット 直穿き ヒッチハイク 震災 女湯 攻略法 BBA 夜勤 非処女 地雷 元カノの妹 M男 Fカップ 韓国 エロ画像 ライブハウス 恐怖 友達の夫 臭いフェチ 男性恐怖症 隠撮 エロゲ 電話中 ふたなり 貧乏 役員 フェス パパ友 レ〇プ 子作り 体育館 ハプバー 黒髪 美尻 臭い 野菜 タダマン 四つんばい 診察台 屈辱的  麦茶 汚物 処理 帰宅 ブーツ 相互 プロゴルファー 逆プロポーズ アスリート 水泳教室 友達夫婦 女子プロレスラー バイブフェラ 雌犬 無臭 性○隷 オキニ 擬似レイプ 乳がん 絶縁 介護職 日系ブラジル人 辻本杏 沖田杏梨 飯岡かなこ 自尊心 塾講師 種違い 上目遣い 訪問販売 使用済み ゴミ箱 美肌 流行 ヤリ目 パラダイス 処女膜 地雷女 マッチョ バスケ IUD びっぷら ランデブー たまごっち 全身リップ 男子禁制 ハードセックス 母子家庭 同情  交換条件 マリッジブルー  はしご ぱふぱふ メガネ屋 気絶 おねしょ 夫の上司 デルヘル ボディービル 弟の妻 二次エロ画像 マギー タイ クォーター バレンタイン リベンジポルノ 割り切り 筋肉痛 TV電話 料金 姉妹相姦 親族 ダンス 着信拒否 腰痛 パトロン 治し方 泳げ鯛焼き君 ぶっけけ フェイスブック 既婚 性上位 アスリート女子 洗脳 ティッシュ ふぇら 同性愛 友達の旦那 インフルエンザ 興奮 マナー おもてなし フィギュアスケート部 新歓コンパ プロレス おねだり  マッサージ師 ボルチオ 同伴 バージン 読者モデル 偶然 先輩の妻 悲惨 密会 祖母 谷間 洗濯バサミ 近●相姦 ケツ毛 パイチラ 号泣 おへそ 中性 フタナリ 紳士 目覚ましフェラ 婚約 近○相○ ピーナッツ エレベーター おあずけプレイ 射精管理 お花見 介護 恋人 彼女の弟 せどり エアロビクス 義理の娘 勇気 マイナー ポロリ パーカー キッチン ラノベ 看板娘 ファン インドネシア人 一気 助手 職権乱用 ポッチャリ 性感エステ 健全 草食系男子 無料 ネパール人  ネットH 焦らしプレイ テクニック オタク女子 脇舐め 主張 韓国エステ キモメン 他人棒 支配 妻の友人 嬢王様 星姦 蟲姦 便器 カミングアウト 神秘 口臭 失笑 想定 吊り橋効果 体操部 儀式 企画 出禁 悪酔い ラブレター シラフ チンピラ 泥沼 配信 乱暴 宿題 バストアップ 寝落ち 保育園 寝起きドッキリ チキン 正月明け お祝い 地獄 避妊リング ちんぐり返し 我慢 仲居 サランラップ 竿姉妹 ブラック企業 ノルマ 胸糞 背徳感 料理教室 伊豆 人参 共依存 メス豚 脱サラ オーディション ローカルテレビ 精液便所 東京 宴会芸 長ネギ バナナ バスタオル 俳優 リフレクソロジー 黒タイツ 男湯 芸能 腕枕  美少年 生本番 社員 恋愛禁止 兜合せ 吹雪 シンママ イジメ 壁ドン ジーパン 森ガール 牛乳 婚前 憧れ 精液検査 会長 限界 後輩の男友達 ハシゴ 公認 試験 録音 日焼け ニーソ 塩対応 貸切 万馬券 ブラチラ 元嫁 染み 控え室 仕事 穴あきパンティ 股間 飛行機 10P 後輩の妻 倒産 逆セクハラ カツアゲ 交尾 継母 中だし マンコ 半陰陽 胸毛 風習 退職 おなら ぼったくり 同い年 ペット お店 レディコミ 友人の嫁 鮫肌 スワッピングクラブ  コレクション 収集 ガン 肩書き オン欄 逆玉の輿 出血 夫の従兄弟 下宿 監視 狂気  ガーゼ twitter ヘルパー サスペンダー けじめ 無抵抗 美容院 アダルトグッズ ビーチボール タトゥー 委員会 図書委員 宿直 ハダカ 添い寝 MオンナS男 犬プレイ 食事 フィリピンパブ 覚醒 介護士 自縛 マジキチ 人間不信 チン蹴り テスト勉強 GloryHole 知的 インテリ 無礼講 新婚初夜  台所 姉妹●姦 友達の叔母 チクニー 旦那の弟 ゴーヤ トレーニング 行水 同期 彼氏交換 実験 シックスナイン 乳コキ ジジイ スナックのママ プリクラ  山岳 虐め 頬ずり タイツ 便秘  ストリッパー スクール水着 百合 エロなし 兄の娘 兄弟 生徒の母 OB 断捨離 ブルセラ 2ch 別居 リンチ マラソン 先輩の婚約者 搾乳 指フェラ 心身 ポニーテール 新婦 従姉妹の娘 ハゲ 友達の家 従兄弟の嫁 アナルうんこ 再従兄弟 軽蔑 イメプレ 知り合い カウンセラー 発熱 無修正 彼女の父 引き籠もり バット 狸寝入り ひとり暮らし 編みタイツ 顔舐め 校長 メタボ セリクラ 親切 マンカス ママ  同時イキ チア部 カナダ 芸能事務所 同期の妹 悶絶 サーファー ギャル男 サイクリング 性同一性障害 ネイリスト パリ 乳首舐め 母子交換 狭射 SNS ごっkん 生理不順 ハイレグ ニューカレドニア 夏フェス ソープ嬢  寝盗られ 音声 お小遣い 筋肉フェチ ニート ボンテージ 歳下女子大生 元ヤン 友達の父 パフパフ 足ピン 婚活サイト セミプロ 報告 恨み 敬語 検査 不潔 大学受験 通勤 サドル フェラテク 本気 自棄酒 竹刀 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 チャイナドレス 苦情 お清め ソフトテニス部 ボクシング部 ボクシングプレイ 腐れ縁 初対面 空家 リンパ 留守番 キャットファイト エクササイズ レディース 暴発 事務 色弱  白髪 セフレ交換 27P 賞品 くじ引き ホームセンター 整体師 お化け屋敷 セックス依存性 保護 出前 角オナニー 喘息 制裁 カマトト 15P かりまん 出張ホスト 遭遇 阿鼻叫喚 オナペット 転校生 オプション レオタード 相部屋 まんぐり返し ドクター 片思い ボーリング 大家 母の妹 出合い系 ボディービルダー 出勤前 生き別れ 自慢 イカ臭い 人助け オリモノ ローライズ ローソク ムチ 渋滞 早熟 左遷 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 むっちり 姉妹交換 鷲掴み 車検 禁欲 ハイボール ワカメ ハイグレ ぢゃ性 70代 老婆 社長婦人 ユルマン カンボジア 生意気 友達の兄 伏せバック シンガポール 眼鏡 娘の元カレ 医学部 不眠症 バニーガール Skype ジャージ 運動会 浮気相手 産婦人科 叔母さん バツ2 謝罪 女店主 ラーメン屋 男子校 オジサン おなべ シ○タ 脚フェチ 半勃ち ボクっ娘 ヤンママ セックス依存症 精神科医  猫耳 貸出 上級生 腋毛 看護学生 クリーニング  レストラン 帰国 貧乏神 鍋パ で四つん這い 寝顔 キャッチ 白ギャル テニスコート 葬式 白衣 リア充 ハローワーク カレー屋 姉の同級生 パンパン 近親○姦 母子○姦 スケスケ 逆ギレ 不満 ニュージーランド人 プラトニック アメリカ ケジメ 出会い 馬鹿 女優 ポカリ 初潮 スノーボード 年始 SMクラブ ウェディングドレス 貯金 下品 小説風 バンガロー 排泄 チーママ サクラ 音信不通 ペンション ダブルブッキング 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 摘発 キュウリ コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 アイマスク シングルファザー 娘の担任 元旦 セカンドバージン 中継 テニススクール 部室 シミ付き 処女初体験 コーヒーショップ バンコク インモラル サプライズ 腐敗 

フリーエリア