HOME > 【男性視点体験談】 > 色気がないパンツしか履かなかった妻が、ガーターベルト付けだしたんだがwww
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


色気がないパンツしか履かなかった妻が、ガーターベルト付けだしたんだがwww

関連体験談 :浮気寝取られガーターベルト夫婦淫乱フェラクンニキス
最近、嫁が急に変わってしまいました。

僕は32歳の会社勤めで、

嫁の環奈は26歳の専業主婦です。

結婚してまだ2年弱で、

付き合い始めた時は、

環奈はある企業の受付嬢でした。

つい最近まで嫁はそこで働いていたのだけど、

結婚を機に仕事も辞めてもらいました。

収環奈の職場の男性や、

お客さんで来る男性のことが

すごく気になっていた僕は、

付き合っていた時から、

早く止めて貰いたいと思っていました。

収入的にも問題ないので、

結婚はいい機会でした。

僕は、かなり心配性で嫉妬深いです。

そして環奈は、バカ夫目線なのかもしれませんが、

すごく可愛いと思う。

本当に、AKBとかだったら、

センターにいておかしくないくらいだと思う。

可愛らしくて痩せているというか、引き締まった体なのに、

Gカップと言う反則ボディ。

そして何よりも、僕としか付き合ったことがなくて、

僕以外の男を知らないという奇跡。

そんな環奈と、毎日一緒にいられるだけで、僕は幸せでした。

ただ、エッチに関しては、

ちょっと遠慮してしまっているのが残念なところです。

環奈は、あまりにも純情というか、

中学から女子校だったこともあり、

性的なことは驚くほど何も知りませんでした。

僕は、そんな彼女に嫌われたくない一心で、

セックスもあまり誘わず、

してもなるべく短時間で済まそうとしていました。

最近は子作りを始めたので、週に一回はするようになり、

幸せでした。

ただ、子作りを始めようと環奈が言ってきたその日、

夜にエッチをすると、驚くことばかりでした。

先にシャワーを浴びて、寝室で待っていると、

環奈が入ってきました。

環奈は、いつもはあまり色気がない、

可愛らしいタイプの下着しかしませんが、

入ってきた環奈は、真っ赤な透けた感じのブラに、

指3本分くらいしか布がないような小さなショーツをはき、

ガーターベルトを着けていました。

ガーターベルトは、

太ももの途中までの黒のアミアミのストッキングに接続されていて、

エロくてセクシーな姿でした。

ショーツは、小さすぎてヘアがはみ出しそうなくらいでしたが、

僕が浮気防止という理由で環奈にヘアを剃ってもらっているので、

はみ出してはいませんでした。

ヘアを剃ってくれと言うくらい、

心配性で独占欲が強い僕ですが、

せいぜい週1回くらいしか彼女を抱かないのは、

もったいない気もします。

でも、あまりエッチばかり迫ると、

清純な環奈に嫌われると思うので、

仕方ないです。

『へへwどうかな?変?』

環奈が、照れくさそうに言ってきました。

いつも環奈は、シャワーを浴びた後は、

身体にタオルを巻付けて、

部屋を真っ暗にして入って来ます。

そして、真っ暗な中でエッチを始めます。

でも、今は部屋は明るいままで、

しかもセクシーな大人のランジェリーを身につけています。

「ど、どうしたの?それ・・・」

僕が、本気で驚いてそう聞くと、

『うんwアマゾンで買ったんだよwどうかなぁ?興奮してくれた?』

環奈が、僕に近づきながら言いました。

彼女のデカイ胸がそのセクシーなブラでより強調されて、

本当に、アメリカンポルノの女優さんみたいです。

「すごく、興奮する。

でも、どうして?」

『ヒロシさんに、喜んでもらいたいからだよぉ〜w』

嫁の可愛い発言に、胸が熱くなりました。

あんなにウブで何も知らない環奈が、

僕を喜ばせるためにこんなものまで買って、身につけてくれる。

今まででも充分に最高の嫁でしたが、

最高すぎる嫁になりました。

そんな風に感動していると、

彼女がベッドの上に乗ってきました。

『今日は、私がやってみるね。

下手くそだと思うけど、頑張るから・・・』

そう言って、環奈がキスをしてきました。

環奈の柔らかい唇が僕の唇に当り、

それだけでとろけそうです。

すると、彼女の小さな舌が僕の口の中に入ってきました。

たったこれだけのことで、すごく驚きました。

彼女の方から舌を入れてきた!

もちろん初めてのことなので、嬉しくて仕方ないです。

また一つ、彼女の初めての男になれたと思うと、

胸が熱くなります。

僕は、彼女の初デート、初キス、初体験の相手になれました。

そして今、彼女からのディープキスを受けた初めての男になれました。

まだ、フェラやクンニはしたことがないですが、

それも徐々に初めてをもらうつもりです。

これからの人生、彼女の初めての相手は常に僕なんだと思うと、

その幸運に涙が出そうです。

彼女は、僕の口の中に入れた舌で、

歯ぐきや上顎まで舐め回します。

こんなに積極的なキスは、当然初めてです。

僕も負けないように、舌を絡ませて行きます。

すると、キスをしながら僕のペニスを握ってきました。

僕は、正直もうイキそうでした。

こんなにもエッチな格好の環奈に、

今までされたことがないような積極的な愛撫を受けて、

今までないくらい高ぶっていました。

すると環奈が、

『ホントだ。

カチカチになってる!』

と、驚きの声を上げました。

僕は、性欲はそれなりにありますが、

昔からセックスが弱いです。

と言っても、それほど経験が多いわけではないですが、

関係を持った女性には、外人みたいと言われます。

とは言っても、サイズが大きいのではなく、

固さが足りないそうです。

外人さんみたいに、勃起しても柔らかいと言うことらしいですが、

こればかりは持って生まれた身体特徴なので、

変えられないと思っていました。

でも、今の僕のペニスは、

自分でも驚くほど固くなっている感じです。

それよりも、環奈の”ホントだ”と言う言葉が気になりました。

何が本当なんだろう?

「え?ホントって?」

僕が疑問をぶつけると、

『え!?あ、うん、ネットで調べてみたんだ。

どうすれば興奮してくれるかって・・・』

環奈が、歯切れ悪く言いました。

でも、そんな事を調べていたのを僕に知られて、

恥ずかしがっているんだろうと思います。

それにしても、健気な嫁だと思いました。

もしかしたら、環奈は口に出さないだけで、

僕のペニスが柔らかめなのを、

気にしてくれていたのかも知れません。

「ありがとう!すっごく興奮してるよ。

もう、出ちゃいそうだから、いいかな?」

僕は、切羽詰まった感じで言いました。

『ダメぇ今日は、いっぱいサービスするんだから!だって、初めての子作りでしょ?』

環奈はそう言うと、

僕をベッドに寝かせて、

乳首を舐めてきました。

これにも本当に驚きました。

こんな事を環奈がしてくれるとは、

夢にも思っていませんでした。

エッチな下着のまま、こんな事をしてくれる環奈に、感動していました。

こんな事までして、僕を喜ばせようとしてくれる。

きっと、ネットで調べたんだと思います。

ただ、環奈は意外なほど上手に舐めてくれるので、

つい声が漏れてしまいました。

『ふふw可愛い声w気持ち良い?感じてくれてるの?』

いつもは、真っ暗な中で、

ほとんど会話もないエッチだったのに、

今日は何から何まで違います。

やはり、子供を作ろうと決心したことで、

環奈は積極的になったのだと思います。

「凄く気持ち良いよ。

ありがとう、こんな事まで調べてくれたんだ」

僕が感動してそう言うと、

『え?何が?』

と、環奈は意味がわからないという感じで言いました。

「え?乳首舐めるとか、ネットで調べてくれたんでしょ?」

僕がそう言うと、

『あ、うん!そうだよ!ネットで調べたんだ!ヒロシさんのために!』

環奈は妙に力説しました。

そして、環奈はそのまま舐め続けてくれて、下の方まで舐めてきます。

そのまま股間の方に降りてきて、僕のペニスを舌で舐めました。

僕はその一舐めで、鳥肌が立つほど感じてしまいました。

あの、芸能人並みに可愛らしくて、セックスに奥手というか、

嫌悪感を持っているようにすら感じる環奈が、

お口でしてくれている。

もちろん環奈にしてもらうのは初めてです。

それと同時に、環奈の初フェラをもらうことが出来た喜びで、

少し涙が出てきました。

環奈は、可愛らしいお口で、

ペロペロと竿や亀頭を舐めてくれます。

そして、そのままくわえてくれると、

唇でカリを引っかけながら、頭を振ります。

ネットで調べて、その通りにしてくれているだけなんですが、

すごく気持ち良くて、驚きました。

環奈は、少しドジなところがあり、

料理も砂糖と塩を間違えるなんて、

とんでもないことをしでかすこともあります。

でも、さっきの乳首舐めや、今のフェラは、器用にこなしています。

初めてなのに、こんなに上手く出来るのは、

才能があるのかも知れませんが、

僕への愛が深いと言うことだと思います。

そして、もうイキそうになり、

「ダメ、イッちゃいそうだよ!」

と言うと、竿を舐めるのを止めました。

一瞬、なんで?と思いましたが、

環奈は僕の太ももを下から持ち上げるようにして、

僕の腰を浮かせました。

なんだ!?と、不思議に思う間もなく、

環奈の舌が、僕の肛門を舐め始めました。

「ダッ、ダメだってっ!そんなとこ、汚いって!」

慌てて身をよじって逃げようとしましたが、

『ヒロシさんのが、汚いわけないじゃん!任せて!』

と、環奈は可愛いことを良いながら、肛門を舐めてくれます。

恥ずかしいだけで、

気持ち良いと思えなかったのですが、

すぐに気持ち良いと思うようになりました。

『へへw気持ち良〜い?』

環奈は、嬉しそうに言いながら、

さらに舐めてくれます。

そして、舐めながら、手を伸ばして僕の乳首を触り始めました。

僕は、思わず声が出ました。

気持ち良すぎて、鳥肌が立ちっぱなしです。

『ふふwいっぱいお汁出てきてるねw嬉しいなぁ〜感じてくれてるんだねw』

環奈は、エッチな下着のまま、

何とも言えない妖艶とも言える笑みを浮かべて、

そう言ってきました。

僕は、この時初めて違和感を感じました。

僕のために、色々と調べて、頑張ってしてくれている・・・

そう思っていましたが、

ちょっと極端すぎると思い始めました。

こんな風にアナル舐めをしながら、

乳首も責めてくるなんて、

初めてで出来るのだろうか?そう思うと、

急にドキドキしてきました。

環奈に限って、浮気なんてあり得ませんが、

疑問に思ってしまいます。

そんな僕の胸の内など知らない環奈は、さらに責めてきます。

僕の肛門を舐めながら、右手で乳首を触り、

左手で僕のペニスをしごき始めました。

こんなのは、超高等技術のような気がします。

しかも、割と滑らかと言うか、ネットで調べて初めて試してみた!

という感じではありません。

僕は、ドキドキしながらも、気持ち良すぎてダメでした。

「ごめん!もうダメ!イッちゃう!」

僕がそう叫ぶと、環奈はいきなり僕のペニスをくわえてくれました。

そして、右手と唇で僕のカリと竿をしごきあげ、イカせてくれました。

思い切り、彼女の口の中に射精しながら、

呆けるほど気持ち良かったです。

そして、グッタリとする僕に、

『へへw飲んじゃったwヒロシさんの、美味しいです・・・』

と、環奈が嬉しそうに、少し照れながら言いました。

飲んでくれたの!?と、僕は思わず大声で言ってしまいました。

すごく、本当にものすごく嬉しくて、つい声が大きくなりました。

出したのを飲んでもらうのは、なんでこんなに嬉しいんでしょう?

僕は、さっきまで変な疑問を持ったことを恥じました。

環奈は僕のために、一生懸命調べて頑張ってくれたのだと思います。

考えてみたら、浮気とかして変なテクニックを身につけたのなら、

それを僕に使うはずがないです。

そんな事をしたら、浮気したと白状するようなものです。

堂々と、今までと違うテクニックを使えるのは、

潔白の証明のようなものだと気がつきました。

そう思うと、気が楽になり、

そして環奈のセクシーな格好を見て、

すぐに復活しました。

『あっ!もう、大っきくなってる・・・私で、興奮してくれてるの?』

嬉しそうに言う環奈。

「当たり前じゃん!そんなエッチな格好してくれたら、興奮しっぱなしだよ!」

『嬉しい・・・じゃあ、今度から、もっと色々と着てみるね!』

環奈は本当に嬉しそうです。

「ねぇ、もう我慢できないよ。

もう入れても良い?」

僕がそう言うと、環奈は顔を真っ赤にしながら、

『わ、私も・・・舐めてください・・・』

そう言って、環奈はベッドに仰向けで寝転がりました。

僕は、その言葉にさらに有頂天になりました。

環奈のアソコを舐めるのは、ずっとしたかったことです。

でも、清純そのものの環奈に、そんな事は言えませんでした。

いま、また新しく環奈の初体験をもらえると思うと、胸が躍ります。

僕は、ショーツを脱がし始めました。

こんな布の小さな下着は、初めて見ます。

そして、脱がしていき、驚きました。

「アレ?ここ、こんなになってるよw」

僕は、ちょっとイジワルして言いました。

環奈のショーツは、アソコの部分が見てわかるくらい濡れていました。

『イヤンwだってぇ〜ヒロシさんのお口でしてたら、欲しくなっちゃったから・・・』

可愛らしく、照れる環奈。

僕は、夢中でアソコにむしゃぶりつきました。

熱くて湿っているアソコ。

ビラビラは驚くほど小さくて、ピンク色です。

環奈は色白で、おっぱいや太ももは透き通るくらい白いです。

そして、乳首もピンクで、ここもピンクでした。

こんなにも明るい状況で、環奈のアソコを見るのは初めてでした。

ヘアは、僕のお願いを聞いてツルツルに剃り上げてくれているので、

ここだけ見ると、すごくロリっぽいです。

下手すると、未成年?と思うくらいです。

環奈は、アソコの見た目も最高なんだなぁと思いました。

もともと、運動をしている環奈は、アソコがよく締まりますし、

なんだかザラザラしていて、摩擦係数が高く、

僕は入れてすぐにイッてしまいます。

いわゆる、名器ってヤツだと思います。

そして今日、アソコの見た目も最高なのがわかりました。

僕は、環奈はほぼ完璧だと思いました。

個人的に、乳輪がちょっと大きいのが残念だと思いますが、

多少の欠点があるのも、環奈の良いところだと思うようにしています。

『あっ!あ、ンッ!ンッ気持ち良いよぉ!ヒロシさん、気持ち良いです・・・あん♡うぅあっ!』

環奈は、気持ちよさそうにあえぎます。

おそらく、初めての快感に、驚いているはずです。

僕は、夢中でクリトリスに舌を伸ばしました。

環奈のクリは、コリコリになっていて、

興奮しているのが伝わってきます。

『アァッ!くぅ、ひぃあぁ、、それ、気持ち良いぃぃ・・・あっ♡あっ♡あんっ♡ふぅあぁ、あぁ、』

こんなに感じてくれると、嬉しくなります。

僕は、さらに舌を動かし続けます。

『ヒロシさん!か、噛んでぇ・・・』

環奈が、おねだりまでしてきました。

こんな風に、エッチなおねだりをする環奈は、当然初めて見ます。

そして、強烈に興奮しました。

僕は、痛くないように気をつけながら、クリを軽く甘噛みしました。

『ンヒィィッ!アッ!すごぃいぃい・・・も、もっと、強くぅ!』

環奈は、とろけた甘い声でさらにおねだりをします。

僕は、痛くないかな?と、心配になるくらい強く噛みました。

『ヒぐぅっ!!あ、あぁぁアッ!!イクっ!!くぅぅっ!!!』

すると、環奈はブルブルッと体を震わせました。

イッた!?僕は、驚きました。

いつものエッチで、環奈はあえぎますが、声はほぼ出しません。

まして、イクなんて言った事はありません。

僕は、環奈を初めてイカせることができたと思うと、

幸せすぎて死にそうでした。

おそらく、環奈は人生で始めてイッたのだと思います。

「イケたの?初めてじゃない?」

僕は、少しドヤ顔で言いました。

『え?あ、うん・・・イッちゃった・・・こんなの初めてだから、怖かったよぉ・・・』

そう言いながら、僕に抱きついてくる環奈。

怖いくらい気持ち良かったんだ!僕は、

環奈をそこまで感じさせることが出来て、ちょっと有頂天でした。

そして、もう我慢の限界でした。

彼女に覆いかぶさると、

「このままで良いよね?」

と、念のために確認しました。

『うん!そのまま、生で入れて下さい・・・赤ちゃん、作ろうね』

少しはにかみながら、僕に笑いかける環奈。

でも、生で入れてって言う言い方が、ちょっと気になりました。

そんな下品な言い方をするのは、環奈らしくない・・・そう思いました。

でも、もう本当に限界だったので、そのまま生で挿入しました。

僕は、あんな薄いコンドームが一枚ないだけで、

こんなに世界が違うのかと思いました。

心配性な僕は、環奈と付き合う以前でも、

生で挿入したことはありませんでした。

もしも出来てしまったら、どうしよう?そんな心配からです。

でも、今は子作りです。

堂々と生で入れることが出来ます。

ゾワゾワって、背筋を快感が駆け抜けていきます。

いつもよりも、ざらざらを強く感じて、

亀頭部分が包み込まれるのを強く感じます。

「ぅ、あぁ、すごい、ヤバい、」

僕は、うめくように言いました。

『へへw初めて、生で繋がったね・・・嬉しい・・・愛してます・・・』

僕を見つめながら、そんな事を言ってくれる環奈。

感動で、涙があふれます。

僕は、さらに奥まで入れました。

『う、あぁ、入ってきた・・・すごいぃ・・・固いよぉ・・・』

環奈は、うっとりとした顔で、うめきました。

僕は、いつもよりも自分のペニスが、

硬くなっているのをあらためて感じました。

そして、ゆっくりとペニスを引き抜き始めます。

すると、入れる時よりも強い快感が、僕を襲います。

『ひぃあっ、ンッ!すごく気持ち良いよぉ・・・』

環奈は、熱っぽい目で僕を見つめます。

でも、恥ずかしい話ですが、限界でした。

僕は、引き抜く動きの途中で、射精してしまいました・・・

あまりの快感に、我慢することもできずに、環奈の中に射精すると、

『え?あ、アッ!熱いの、わかるよぉ・・・ヒロシさん、愛してます・・・』

と、環奈もビックリながらも、そんな事を言ってくれました。

僕は、恥ずかしさで顔を赤くしながら、ごまかすように環奈にキスをしました。

そしてペニスを引き抜くと、

「ごめん・・・その・・・気持ち良すぎたみたい・・・」

と、謝りました。

『うぅん・・・嬉しかったです・・・私でそんなに興奮してくれて・・・それに、中に出してくれて、幸せでした。

赤ちゃん、出来たかな?』

環奈は、優しい顔でそう言うと、僕に抱きつきました。

僕は、立て続けに2度出したこともあり、そのまま気がついたら寝ていました。

そして、夜中に、ふと目が覚めました。

ふと横を見ると、環奈がいませんでした。

トイレかな?と思いながら、また眠りにつこうとすると、

リビングから、かすかに声がしました。

集中して、声に意識を向けると、

『ん・・・あ・・・あ、あっ、、』

と、かすかに環奈の声がしました。

しかも、苦しげと言うか、

あえぎにも聞こえるような感じです。

僕は、静かにベッドから降りて、音を立てないように移動しました。

ドアを開けて、廊下に出て、リビングのドアの前に座りました。

そして、静かに少しだけドアを開けて、

中をそっとのぞきました。

ソファの上に座り、パジャマのままで、

股間のあたりをまさぐる環奈がいました。

僕は、いけないものを見てしまった気持ちになりました。

まさか、嫁のオナニーシーンをのぞき見ることになるとは、

思っていませんでした。

確かに、さっきのエッチはひどかったと思います。

入れただけでイッてしまったようなモノですので、

環奈は欲求不満だったのだと思います。

僕は、申し訳ない気持ちと、情けない気持ちでいっぱいでした。

このまま中に入って、もう一度エッチをした方が良いのかな?と思いましたが、

恥ずかしいところを見られて、環奈はショックを受けると思いました。

ですので、そっと部屋に戻ろうとした時、環奈の息づかいが荒くなりました。

そして、アソコをまさぐる手の動きも、大きくなってきました。

『あ、あっ!アァッ!くぅアッ!く、ふぅっ!』

声を抑えきれなくなった環奈がいます。

僕は、嫁のこんな姿を見て、異様に興奮していました。

『あっ♡アン♡ダ、メェ、、来ちゃう、イ、イクっ!イクっ!トオルぅ!』

環奈は、そう言って体を震わせて、グッタリしました・・・

トオル?えっ?僕は、パニックになり、

慌てて寝室に戻り、ベッドに潜り込みました。

確かに環奈は、イク時にトオルと言いました。

芸能人とか、マンガのキャラクターでも思い浮かべてたのかな?と、

無理矢理納得しようとしましたが、一気に疑惑が大きくなりました。

すると、環奈が戻ってきました。

環奈は、そっと、音を立てないようにベッドに潜り込むと、

僕に抱きついてきました。

そして、寝ている僕の唇に、そっと唇を重ねてキスをしました。

一瞬のキスですが、ドキドキしてしまいました。

すぐに環奈は、可愛らしい寝息を立て始めましたが、

僕はなかなか寝付かれませんでした。

今日の、今までと違いすぎるエッチのこと、

トオルと言ったこと・・・

僕は、環奈が浮気しているとしか思えなくなってしまいました。

そして朝になり、いつものような環奈が起こしてくれました。

『おはよう!ヒロシさん、昨日はありがとうございました。

赤ちゃん、出来ると良いねw』

上機嫌で、キスをしてくる環奈。

一瞬、浮気を疑ったことを忘れました。

でも、一度思ってしまった疑惑は、消えませんでした。

そう思ってしまってからは、

すべてを疑いの目で見てしまうようになりました。

でも、環奈にはまったく怪しいところはありませんでした。

僕は、思い過ごしなのかも知れないと思いながら、

やっぱり疑惑を消せませんでした。

そして、そんな苦しい日々を1ヶ月すごした後、

僕は行動に出ました。

ネットで調べた探偵事務所に行き、契約をしました。

思ったよりも高額でしたが、

このモヤモヤを晴らすためなら、

安いモノでした。

そして、2~3週間は見てくれと言われていましたが、

驚くことに1週間もしないうちに報告することがあると言われて、

ふたたび事務所を訪れました。

たった1週間で、探偵さんは恐ろしいほどの調査を完了していました。

深刻な顔で、落ち着いて見て下さいと言われて、

覚悟しながらファイルを開けると、

男と腕を組んで歩く環奈の写真がありました・・・

見たこともない若い男と腕を組み、

楽しそうに笑う環奈・・・

僕は、それだけでもう充分だと思いました。

もう見たくない・・・そんな気持ちでした。

まさか、あの環奈が・・・

僕しか知らない環奈が・・・

気が狂いそうでした。

オススメエッチ体験談


チャットエッチが凄く気持ちよくて私のほうから会いたいって言っちゃった(/ω\*)

会社経営しているんだけど、金さえあれば素人女子大生とセックスし放題なんだがwww

好きな女の子を尾行したら、デリヘル嬢だった件!

初めてテレクラ使ってみた結果⇒美味しそうにザーメンをごっくんする変態ギャルが釣れたンゴwww

プールで働く人妻の私が、新人の男の子とプールや更衣室で激しく愛し合った話

好きな女性が目の前でイケメン上司に中出し懇願!キツすぎワロタwwwwwwwww

自慢の妻を会社の奴らに寝取らせたら3人に中だしされ30万もらった

元カノが人妻になったと聞いて欲情www今では2~3日に1回種付セックスしてるwww

彼女がバイト中に店長とセックスしてたんだがwwwwwwww(寝取られ体験)

大学に好きな娘がいるんだけど、その娘が友達にヤられちゃった話

【レズ体験】友達とその先輩と4人で温泉旅行に行った結果⇒酔っ払って女同士でエッチしちゃった話

可愛い後輩のエッチな雰囲気に負けてセックスをしてしまった話

【中出し体験談】アルバイト先の仲のいい女友達と突然、生でセックスしちゃった話

出会い系で知り合ったバツイチ子持ちの23歳OLを変な男から助けた話

俺の大好きな彼女を肉〇器みたいに扱いやがったイケメンの話

【体験談】壮絶な恋愛だった過去の話

友達の美熟女お母さんに恋をして膣奥に生中出しした話

マン汁とザーメンまみれになったチンポを制服きたjcに舐めさせた話

結婚して4年目の妻が、入社してきた黒人男性に寝取られた話

デブでブスで頭も悪く害虫みたな男がドMな母娘との奇跡の出会いでドSな性癖に目覚める話…。

職場の尻のボリュームが半端ない熟女(49歳)と3Pして直腸に中出しした話

先輩の彼女なのだが、ふとしたきっかけでHなことになった話

付き合ってもいないゼミの女の子と上手いことセックスした話

男勝りな同僚の女友達の家に看病に行って、そのまま押し倒した話・・・・・・・・・・・

【体験談】間違えて男子トイレに入ってきた女の子との忘れられない体験

親友だった女ととうとう一線を超えてしまったエロ体験談

【体験談】職場の気の強そうな女に話しかけたら処女を奪えた

【学生時代の体験談】精液の質と量が抜群に良かった俺は、不妊に悩む人妻に種付けのバイトをしていた〈前編〉

【体験談】温泉旅行での初夜を思い出します。

【体験談】借金の利子代わりに母を・・・母は感じていました。

【体験談】初めて会って野外SEX・・・しかも中出し。

オススメエロ画像


清水あいり Hカップグラドルのセクシー画像163枚その1

三上悠亜(みかみゆあ)セクシーなヌード画像178枚

寝る前にチンポを力強く擦りたくなるエロ画像寄せ集め74枚

山口遥香 エロカワ(制服、スク水、ブルマ)画像193枚

おっパブに行きたくなっちゃう乳揉み画像81枚その2

佐月麻央 可愛くてエッチなお姉さん画像132枚

風俗いらずのオナニー用3次元エロ画像寄せ集め74枚

相川咲良 清楚な黒髪童顔美少女のセックス画像94枚

佐々木心音 Eカップの美巨乳美女画像128枚

ゴスロリコスプレセックスを楽しむパイパン素人美少女画像85枚

ねここさんの勃起不可避なセクシー画像まとめ 121枚

ぎゅんぎゅんお尻に食い込むTバック画像 70選 その2

野村あいの ロリカワ美少女の白スク水、マイクロビキニ、ブルマ画像 121枚

校長先生になった神尾舞が生徒とナマでハメまくる中出しセックス画像【66枚】

【二次】ガーターベルトのぐうエロ画像まとめパート2 70枚

手ブラでおっぱいを押さえて乳首を隠すエロ画像71枚

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 三十路 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 五十路 M字開脚 従姉妹 汗だく 父子●姦 痴● 性●隷 欲求不満 着衣 全裸 夫婦交換 友達の母 おし●こ 安全日 逆レ●プ スカ●ロ テレフォンセックス オシ●コ 画像 GW 勃起 ビキニ 無防備 DQN 二穴 インストラクター シ●タ 尻軽 獣● トラウマ オタク ママ友 友達の妻 シャワー 還暦 喘ぎ声 M字開脚 妻の友達 アメリカ人 バイアグラ 妻の過去 花火 マン毛 マット 妻の姉 お盆 隠し撮り 相互鑑賞 豊満 美少女 男の潮吹き マン汁 リスカ 貝合わせ 剣道部 聖水 就活 土下座 メイド 本気汁 近○相姦 バレないように マンスジ 素人 美容師 酒池肉林 鑑賞 お局 ボーイッシュ 再婚 サッカー部 イメプ 質問ある? パンティー テント 手錠 穴兄弟 性教育  地味 神社 レ○プ 自撮り 彼女の母 キメセク ベランダ ヤンデレ 姉の彼氏 デリヘル嬢 ラッキースケベ 愚痴 アクメ お客 ボランティア 新婚 講師 マニア オナホ  避妊 釣り 金髪 チンぐり返し モテ期 テニス プレゼント 美術部 騎上位 ドレス 後輩の彼女 染みパン クスコ ノンケ 春休み 顧問 メンズエステ 医師 背面座位 ギャップ マザコン 兜合わせ 性接待 アフター 首輪 逆●漢 ハミ毛 思い人 尻軽女 寝起き 接骨院 団地妻 隠語  喧嘩 イベント 不妊症 一人暮らし 添乗員 ピアス マイクロビキニ 租チン ブサメン ストッキング パジャマ トリプルフェラ 性生活 バリ 尻文字 ゴルフ 花見 ニンフォマニア コンパ ヘタレ 教育実習 ストレス 北海道 鼻フック SM嬢 パワハラ 首絞め スカウト 尾行 発見 回春マッサージ ケンカ ムチムチ 恋人交換 スイミング PTA 相互オナニー 逆痴● ギャルママ リハビリ メガネ 見せ合い チンカス キチガイ アラフィフ タンポン 友達の奥さん VIPPER アヘ顔 社長 性感マッサージ マジックミラー 肉●器 美人局 弁護士 黄金 膝枕 脱衣 ボーナス 即ハメ 電話中 バレー部 スパッツ ハプバー 倦怠期 唾液 ギター 挑発  子作り フィリピン人 新年会 エロ本 性感帯 M性感 台湾 言いなり ペニクリ 体育館 上司の奥さん 唾液交換 先輩の奥さん 閉経 姉の夫 ハワイ 自転車 お姉さん 野菜 金持ち 夫の兄 近所 エロ写メ 潔癖 仁王立ち スカイプ 先輩の母 エロ動画 BBA 喪男  帰省 柔道部 上司の嫁 ご奉仕 新妻 チアリーダー 筋トレ 出会い喫茶 上司の妻 流出 ホットパンツ 盲腸 スロット グラビアアイドル 攻略法 バキュームフェラ 夜勤 非処女 地雷 婚活 流産 賢者モード 汁男優 ハメ潮 ロープ 和姦  保育士 巫女 知人 ガムテープ お祭り ジョギング 喪女 主人 フツメン 床上手 エロ画像 マンぐり返し アナルパール ラッキー 撮影会 非常階段 写真 手術 フェス 小柄 両親 DJ 貧乏 レ〇プ 夫の同僚 恐怖 Fカップ 韓国 生保レディー 社長夫人 無精子症 立ちション 弓道部 独身 屈曲位 皮オナ オーナー 苦痛 スケベ椅子 別荘 美尻 ライブ エロゲー ぎっくり腰 役員 拡張 男性恐怖症 エロ漫画家 団地 グラマー タレント 震災 露天 ホテトル 夫婦喧嘩 パパ友 ロリ系 エロゲ 臭い ペニスバンド  キモメン 草食系男子 助手 オタク女子 小悪魔 性感エステ 泥沼 実家 想定 体操部 儀式 失笑 正月明け お祝い 仲居 伊豆 東京 脱サラ 嬢王様 神秘 チンピラ 配信 絶縁 日系ブラジル人 宿題 チキン 悪酔い バストアップ 保育園 寝起きドッキリ ちんぐり返し サランラップ ファザコン  ネットH 背面騎乗位 他人棒 コテージ ポッチャリ ファン 看板娘 主張 号泣 悲惨 エレベーター おあずけプレイ 射精管理 支配 介護 彼女の弟 近●相姦 目覚ましフェラ 婚約 職権乱用 テクニック プロゴルファー アスリート 雌犬  逆プロポーズ オキニ タダマン 擬似レイプ 相互 偶然 ティッシュ フェイスブック 既婚 ボルチオ  治し方 泳げ鯛焼き君 洗脳 ふぇら 同情 帰宅 麦茶 ゴミ箱 塾講師 自尊心 介護職 使用済み リフレクソロジー ラブレター 先輩の妻 ライブハウス 辻本杏 飯岡かなこ ヤリ目 処女膜 地雷女 びっぷら たまごっち 沖田杏梨 美肌 流行 おねだり マナー 派遣 濃厚 遠距離 階段 アナルバイブ ヤリ捨て 山小屋 ゆるマン 新卒 喪服 ふんどし 鬼フェラ 仁王立ちフェラ 宗教 vipper 通院 ニ穴 アニメ声 子連れ 鬱勃起 日記 二次エロ画像 マギー 料金 親族 はしご  新歓コンパ 交換条件  ダンス 着信拒否 授業 水泳 言い成り 全欄 ハブニングバー 筋肉痛 タイ リベンジポルノ 乱暴 寝落ち 近○相○ せどり 祖母 紳士 竿姉妹 人参 全身リップ 訪問販売 種違い 焦らしプレイ 韓国エステ ラノベ 健全 脇舐め キッチン ポロリ パーカー 一気 インドネシア人 友達夫婦 友達の旦那 上目遣い 集団 ランデブー ハードセックス 同性愛 シラフ 洗濯バサミ 避妊リング 口臭 マッチョ 性○隷 パトロン 同伴 性上位 気絶 吊り橋効果 バスケ バージン おねしょ 警察 ネパール人 バナナ バスタオル 俳優 精液便所 宴会芸 長ネギ 料理教室 地獄 我慢 メス豚 共依存 便器 カミングアウト 出禁 蟲姦 星姦 オーディション ローカルテレビ 企画 背徳感 胸糞 フタナリ パイチラ 密会 トラック 中性 おへそ 無料 マイナー 勇気 谷間 恋人 妻の友人 ノルマ ブラック企業 グラドル ピーナッツ エアロビクス 義理の娘 お花見 ケツ毛 腐敗 コレクション  収集 鮫肌 友人の嫁 スワッピングクラブ サスペンダー 自縛 介護士 マジキチ けじめ 竿付き 同い年 ぼったくり twitter ガーゼ ヘルパー 狂気 監視  肩書き ペット お店 レディコミ ガン フィリピンパブ 覚醒 添い寝 ハダカ MオンナS男 図書委員 委員会 宿直 おなら 憧れ 婚前 精液検査 現地妻 退職 美容院 無抵抗 知的 GloryHole インテリ チン蹴り 人間不信 テスト勉強 食事 アダルトグッズ ビーチボール タトゥー 犬プレイ 黒髪 逆玉の輿 バニーガール ボクっ娘 Skype 目の前 ジャージ ヤンママ 白ギャル で四つん這い テニスコート 鍋パ 寝顔 キャッチ 運動会 不眠症 浮気相手 娘の元カレ 産婦人科 おなべ 回春 眼鏡 シンガポール 放置プレイ 医学部 伏せバック 友達の兄 葬式 カレー屋 クリーニング 看護学生  レストラン 腋毛 足ピン パフパフ オン欄 出血 夫の従兄弟 下宿 上級生 精神科医 白衣 オーストラリア リア充 新幹線 ハローワーク 貧乏神 帰国 セックス依存症  猫耳 貸出 女神 森ガール 無修正 発熱 彼女の父 校長 メタボ 知り合い カウンセラー 編みタイツ ひとり暮らし 顔舐め バット 引き籠もり カナダ 芸能事務所 ママ マンカス  新婚初夜 無礼講 セリクラ 親切 同期の妹 悶絶 チア部 同時イキ 狸寝入り サーファー ゴルフ場 ニューカレドニア 夏フェス 臭いフェチ ボンテージ 乳首舐め パリ 性同一性障害 SM サイクリング ネイリスト 歳下女子大生 元ヤン 音声 隠撮 お小遣い ギャル男 友達の夫 寝盗られ ソープ嬢 友達の父 ニート 筋肉フェチ  控え室 仕事 社員 イジメ 生本番 芸能 台湾人 シンママ 吹雪 録音 三角関係 兜合せ 恋愛禁止 隠しカメラ 男湯 腕枕 試験 公認 限界 会長 牛乳 ハシゴ 後輩の男友達  美少年 壁ドン ジーパン 日焼け 交尾 貸切 ニーソ 万馬券 ブラチラ 飛行機 塩対応 元嫁 姫初め 穴あきパンティ 股間 染み 10P マンコ 倒産 罵倒 後輩の妻 逆セクハラ カツアゲ 継母 中だし 半陰陽 ふたなり 胸毛 風習 シ○タ 脚フェチ 車検 ハイグレ 鷲掴み 禁欲 ハイボール ぢゃ性 ユルマン 姉妹交換 免許 70代 老婆 社長婦人 ワカメ ローライズ 阿鼻叫喚 オナペット 15P カマトト かりまん ノロケ 相部屋 オリモノ 転校生 オプション レオタード むっちり 黒タイツ 廃墟 アナルファック  交換 マンション 寄付 利子 チャイナドレス 竹刀 苦情 お清め ソフトテニス部 喘息 制裁 ローソク ムチ スポーツクラブ 渋滞 早熟 靴なめ キス魔 フィジー 武勇伝 コスプレ巨乳 自暴自棄 出張ホスト 遭遇 ぶっけけ インフルエンザ アスリート女子 無臭 女子プロレスラー 興奮 マッサージ師 プロレス 腰痛 フィギュアスケート部 おもてなし 読者モデル 水泳教室 バイブフェラ 母子家庭 汚物 乳がん パラダイス IUD 処理 屈辱的 ブーツ ニーハイ 診察台 四つんばい 夫の上司 デルヘル ボディービルダー 出勤前 ボーリング 片思い 大家 人助け イカ臭い まんぐり返し ドクター 生き別れ 自慢 母の妹 出合い系 マリッジブルー ぱふぱふ メガネ屋 弟の妻 ボディービル 姉妹相姦 TV電話 母子交換 割り切り バレンタイン クォーター 自棄酒 オムツ 部室 テニススクール 音信不通 サクラ アメリカ 婚約者 中継 処女初体験 サプライズ シミ付き セカンドバージン 元旦 ケジメ 出会い 逆ギレ スケスケ 不満 女優 ポカリ 近親○姦 母子○姦 馬鹿 初夜 プラトニック ニュージーランド人 インモラル バンコク ラーメン屋 女店主 姉の同級生 パンパン コスプレイヤー 謝罪 叔母さん 半勃ち オジサン 男子校 バツ2 メガネっ娘 悪臭 社長の娘 サッカー少年団 シングルファザー 娘の担任 コーヒーショップ 保護者会 ペンション アイマスク キュウリ 摘発 ダブルブッキング 小説風 バンガロー ホームセンター くじ引き ボクシングプレイ ボクシング部 通勤 賞品 セフレ交換 角オナニー 出前 お化け屋敷 整体師 27P 大学受験 サドル 報告 婚活サイト 将棋部 恨み 敬語 セミプロ ナプキン フェラテク 本気 不潔 検査 保護 セックス依存性 SMクラブ 年始 ウェディングドレス 生意気 カンボジア 初潮 スノーボード 排泄 チーママ 下品 貯金 レディース 暴発 リンパ 空家 留守番  白髪 腐れ縁 初対面 事務 色弱 エクササイズ キャットファイト 男子禁制 

フリーエリア