HOME > 【中出し系体験談】 > 家に帰ったら彼女が知らない男に中出しを懇願してる真っ最中だった件!
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


家に帰ったら彼女が知らない男に中出しを懇願してる真っ最中だった件!

関連体験談 :彼女カップル浮気寝取られ生挿入中出し目撃
付き合って一週間で彼女の家に転がり込んで3ヵ月。

おかしいなぁ~とは前々から思っていたんだけど

俺が帰らない日を物凄く確実に確認する子だったんです。

「今日は?」「今日は何時ごろかな?」とか。

駅から歩いて15分と田舎なので、駅着いたときに

「駅ついたよ、なんか買っていく?」みたいなメール

を毎日してたんですよね。

年が明けて一月も中盤に差し掛かる頃に会社の新年会があって

「今日は帰らないよ」とラインしといたんです。

でも酒飲んで、エロ話を同僚とわいわい話してたら

なんだか急にムラムラしちゃって、寝込みでもいいから

襲ってみたい!パジャマな彼女を無理矢理気味で

あーだこーだしたい!と勃起しちゃって、

二次会途中で抜け出してすぐさま帰宅。

駅着いてラインする余裕も無く欲情してて

玄関をガチャっとあけたら男物の靴とコートと手袋。

一瞬彼女のお兄さんかな?と思ったんですが、

(お兄さんは月に一回くらい様子見で奥さんと一緒に飲みに来る)

ワンルームのリビングを見ると・・・

騎乗位で、それも中だし中。

うあぁ!とか言ってる男と出して!中に頂戴!とか言ってる彼女。

俺、茫然自失。

前々から怪しいと思っていた男で

それも結婚してる。

いつもラインしてきて

俺が何でラインしてるの?と聞くと

「友達、奥さん居るし、何も無いからライン出来るんだよ、心配しすぎだよ~」

と言っていた奴。

さらに、誕生日とか以外にもケーキとか買って俺が居ないのを見計らってか

家で二人でケーキ食べてたり、ラインも「今日は空いてる?」とか

「会えないの?」「彼氏と居るから今日は会えないね」とか

そんな事ばっかりだった。

もひとつおかしいなと思って居たのは

彼女がピル飲んでたこと。

彼女はセーフセックスだと主張、

俺は中だしされたいからでしょ?

という意見対立で何回か喧嘩してた。

俺が何回もコンドームするからと言ってもダメだった。

確かに俺も中だしして気持ちよかったのは確かですよ、

でもなんか腑に落ちない。

俺の為にと彼女は言っていたが、この男のためでもあったわけだ。

話を戻しますね。

茫然自失とは本当の事で、

声を出そうにもあうあう言うだけだし声が出てこない。

さらに、立っている足が前にも後ろにもいかなくて、まるで

棒の様な物に変身してしまったんじゃないか?という錯覚さえ覚える。

目の前の二人で選んだダブルベッドの上で騎乗位で腰を抱えられたまま

細い身体に突き刺されている彼女とむっちりとしたメタボな身体を

横たえて下から腰だけ微妙に浮かせた状態で固まってる男。

三人とも何もいえない。

固まってる。

一番最初に口を開いたのは男。

彼女を脇にどかすと、彼女は素早くバスタオルで身体を隠し

男も下半身を隠す。

だけど・・・ほんの一秒にも満たない時間に見えた二人の

股間はてろてろに光ってて、男が彼女に大量に出したのさえ別ってしまう。

彼女の陰毛は撫で付けられた様にびちょびちょだった。

「あ~、これは・・・これは違うんだ」

続いて彼女。

「ね、ね、聞いて。これは違うの!違うの!」

ふと我に返る。

理由は俺の足を噛んでる奴が居る。

彼女のペットのウサギだ。

こいつはかわいくて、俺にもやっとなついたんだけど

靴下と素足の境目が好きで

そこばかり狙って噛んでくる。

うさぎの牙はかなり痛い。

本気でやられると二つの穴が開くほど痛い。

そのペットがガリガリと俺の脛を噛んでいる。

「な・・なにが?なにが違うの?」

涙なんて流すつもりは無かった。

浮気しているんだったら

俺の知らないところで上手くやってくれて、俺の前では判らないように

墓場まで持って行ってくれればそれで俺は良かった。

俺の前ではかわいい、ちいさい彼女で居て欲しかったが

目の前の半裸体の二人と、それに終わったばかりの行為を見せ付けられて

俺の涙はぼたぼたと床に落ちていった。

でもそれがスローモーションの

様にゆっくりとなんですよ。

ウサギがそれを鼻につけてびっくりして飛び跳ねる。

叫びたかったが、なんかぼんやりと走馬灯というのか

楽しい思い出が頭の中をぐるぐる回る。

というか冷静に部屋を360度見渡すという感じ。

一緒に選んだベッド。

安いけど二人で頭乗せて納得して買った枕。

俺が寝る時間が遅い時に片側だけ明るくする為に買ってきた読書灯。

柄で揉めたベッドシーツ。

最近使いすぎだねと笑いあって買った

ティッシュケース。

腰をいたわる為に買った一番高い低反発のベッドマット。

おそろいで買ったコーヒーカップには俺のじゃないコーヒーが半分入ってる。

二つ並んだ写真立て、一つはウサギ、一つは彼女と俺・・・

二人で溜めて買った液晶TVとブルーレイレコーダ、

買ったばかりのDVDがテーブルに転がってる。

きっと二人で見たんだろう。

ケーキ屋の包み紙と半欠けのチーズケーキ。

彼女嫌いなのに食べたんだ・・・

俺のバスタオルは男がまいてる。

脱ぎ散らかされた彼女の下着と男の洋服。

下着は股間の部分が濡れて変色していた。

ブラジャーはベッドボードに引っ掛かってた。

彼女が立ち上がる。

その後のベッドシーツには黒っぽいシミが出来ていた。

「ねぇ?怒らないで!お願い!聞いて!」

なんか叫んでる。

でも正確にはきっと聞いてない。

こんなにも俺は冷静で居られるのか?と自分でも不思議なくらいだったんだ。

でも思ったのはこの部屋をC4爆薬で二人もろとも吹き飛ばしたい位だった。

机にはお揃いのスマホケースのiPhone

「あのさ、なにやってんだよお前等!」

と言ったのがきっと彼女がいままで聞いた事のない俺の声だったはず。

ビクン!と肩を震わせた。

俺は暴力振るう人じゃないし、

平和主義というか話し合いしようよ!というタイプだし、

揉めても自分が折れればこの場は万事上手く行くと思えば謝るようなタイプ。

彼女の前では本気で怒った事ないし、

自分でもキレたら自分がどうなってしまうのか

なんて知らないで生きてきた。

男が「あのさ、冷静になろうよ。いろいろ訳がありそうだし」

何故そんなに二人ともビクビクしてるのかと思ったら

1Kの部屋だから、俺の手の届くところに包丁があるんですよ。

俺は玄関あけてキッチンと言える代物じゃないけど

そこを通り過ぎる前に足を止めて、リビングが見渡せる位置に居るから。

男は俺より年上そうだった。

ごめん。

スペック言ってなかったね。

俺:25歳

彼女:26歳

男:30オーバー

付き合って3ヵ月とまだまだ青いっす。

彼女は安めぐみと佐藤藍子を足した??感じ。

背は150後半と小さい。

でも不思議と出てきた言葉は物凄く冷たかった。

それは自分でも未だに不思議。

「続きやれば?」

彼女が突然すすり泣き始めた。

「だから・・・だからダメだって言ったのに」

まるで男のせいにしてるような言い草。

「そのさ、大人の話し合いをしようよ」

金で解決するつもりなのか?と思ったが

「この場はさ、一旦帰るから、また後日ちゃんと話し合おうよ」

逃げるつもりなのがわかった。

「どうぞ、どうぞ!続きしてくださいよ、こいつ何回もいける女ですよ!」

「ちょっと!彼氏君!落ち着いて話そうよ」

すすり泣く声が大きくなる。

「第二関節くらいでヘソ側に指まげてやるとこいつすぐいきますよ、それに、潮吹いて腰振りますから、どうでした?見つけましたそこ?」

「そんな事今言わなくてもいいよ、ちょっと着替えるから待ってて」

「聞きたいんですけど、名前と住所とスマホ番号教えてもらえます?」

「そ、それはまずいよ、僕には奥さんがいるし・・・」

「ふ~ん・・・」

彼女が立ち上がる。

ムカつくのは精液が太腿を濡らしている事だ。

「もう、帰って、二人とも帰って!」

「まぁ、着替えなよ、俺待ってるから」

男が俺に釣られて

「そうだよ、彼氏君がそう言ってるんだから着替えようよ」

なんというやつ!

面白半分に俺は包丁を握ってみた。

二人の動きが即座に止まる。

男「彼氏君!はやまっちゃダメだよ!話ししないと解決しないよ」

彼女「ちょ・・・なに?なにするつもりなの、放して!」

テーブルに置いてあるスマホを二つともひったくるようにポケットに入れた。

男「仕事の打ち合わせに使うんだ!返してくれないか?」

彼女「いあやぁ!だめ!絶対だめ!返して!」

ウサギを抱えて自分のバッグにいれようとしたがもがいて入らないので

残念だけど諦めてしまった。

俺は包丁をナイフ入れに入れると踵を返し無言で玄関を出た。

そして彼女の自転車をドアノブにかけて開かない様に

ワイヤーロックで巻いてやった。

自分でもびっくりするほど開かない。

開けようとするとハンドルがドアノブに

当たって開かない、その前にノブ(レバータイプ)が回そうとしても

ハンドルの先端に邪魔されて回らない様になっていた。

タイヤが通路側溝に引っ掛かって

ドア側から押してもタイヤが踏ん張って開かない。

そしてタイヤ側のロックをして鍵を裏の駐車場に投げ飛ばしてやった。

まだ着替えてるのかドアをどんどんと叩く音は聞こえない。

中で「あぁ~あぁ」という様なため息と悲鳴に似た叫び。

スマホ二つどうしようかなぁと悩んでいたんだけど、

近くのスタバまで歩いてゆっくりコーヒーを飲んだ。

実際味なんてどうでもよかった。

味覚なんて無いに等しい。

苦いものが飲みたかった。

男の名前は判らなかったが着信先に電話して

「このスマホ拾ったんですけど・・・」

とういうと簡単に名前を教えてくれた。

○○修という名前だった。

彼女のスマホを見ると見事にロッキング!

暗証番号を・・・何回か試すが全然ダメ。

修君の誕生日を探す。

ラインの中に奥さんからのラインと思われる

「明日誕生日だね」というラインを発見。

早速彼女のスマホにアクセス。

試す事5回、見事ビンゴ!

まずは常套手段からいきますかね。

と思いついたが

平和主義というか話せばわかる!と修君が言ってたというのが頭をよぎり

本当に話せばわかるんだろうか?としばらく考えた。

でも、答えはNOだった。

今まで一番頭に来た事を限界点だとすれば

それをとっくにオーバーしているのが今回の事態だった。

彼女の兄貴に電話してみた。

夜分遅くすいませんというと、奥さんは何かを察したらしく

兄貴にすぐ変わってくれた。

兄貴はいい人で、俺を認めてくれて

妹を頼むと頭下げてた人、奥さんとも仲良くて、子供の面倒を俺が見るので

子供は「お兄ちゃん大好き!」と慕ってくれてたし、いい関係だった。

酒も過去三回一緒に飲みに行って、俺の会社に来ないか?と言ってくれた。

設計事務所を経営してるんですが、俺が妹の彼氏とかは別にしても

お前を買ってると言ってくれたのが、嬉しくて俺の兄貴的存在だった。

兄貴「おぃ!どした?」

俺「あっお兄さん、俺もうダメみたいです」

兄貴「どした、どこに居るんだ?」

俺「あの、あいつの事なんですけど・・・」

兄貴「なんかやらかしたのか?」

俺「えぇ・・・部屋行ったら違う男がいて・・・そ、そそれで」

もうそれ以上言えなかった。

涙がこぼれてしまった。

兄貴「ん?なんだそれ!あのやろう!」

大きく息を吸い気を取り直す。

「違う男とやってたんです、それもお兄さんには言い難い事なんですが・・・」

兄貴「おぅ!なんでも言え!全部はいちまえよ」

「その男と・・・その男に・・・その・・・出されてて・・・」

兄貴「ん?子供出来る様な事してたんだな?最後まで」

「はい・・・ 辛いっす兄さん」

兄貴「まじかよ!おぃ!おぃ!」後ろで奥さんになにやら話してる。

兄貴「今から行くから!俺酒飲んじまってかみさんに運転させっからよ!」

「あぁ・・・お兄さん、いいですよ。

気分が落ち着いてきましたから」

兄貴「いいや、よくねぇよ、いいか、じっとしてろよ!」

「お兄さん、今日は無理ですよ。もういいんです・・・」

兄貴「そこあいつの家の近くなんだろ?近くついたら電話するから出ろよ!」

「お兄さん、すいません・・・」

兄貴「子供はばぁちゃんが居るから心配するな!今行く!」

がっくり肩を落としてもうどうでも良かった。

抜け殻というか思い出さへ

消えようとしていた。

修君のスマホから自宅と書かれた着歴を見る。

押すか押すまいか悩んだ。

やってたのは事実だが、

俺がこの家族を壊す事は許されるのか?と自問自答した。

でも許容量オーバーの俺の頭はすぐさまOKサインを発したんだ。

プルルル、プルルル。

自宅の電話がなる。

「パパ?今日は遅くなるの?」

ナンバーディスプレイなのかすぐに受け答えしていた。

しばらく声にならなかった・・・

「もしもし?もしもし?」

相手が不審がる前に話し始めないと・・・

「あの・・・○○さんのお宅ですが?」

「はい?、パパ?」

「修さんはいらっしゃいますか?」

「ダレですか?今日は出張に出ておりますが・・・」

「あぁ、そうですか」

「なんの御用ですか?これは主人のスマホですけど!」

モロに疑う声。

「あのですね、修さんのお付き合いしてる女性の彼氏の○○と申します」

開き直ってた。

もう後戻りできないと確信した。

「えっ?なんなんですか?」相手の女性は怒り気味だ。

無理も無い。

「ですから、修さんは僕の彼女と浮気してるんです!」

「はい?あの、なんなんですか?」

「今日出張というお話ですが、僕の彼女の家に居ます」

しばらく無言が続く、相手の女性も何も言えなくなってる。

「その家で、僕が返ると申し上げ難い事ですが、セックスしてたんです!」

「そ、そんな・・・」

「僕はその場面に出くわして、慌てて家を飛び出してきた彼氏の○○です」

「いきなり言われましても・・・」

「なら、修さんのスマホに電話してみて下さい、僕が出ますから」

「いえ、そんな事しなくてもディスプレイに主人の番号が出てますから!」

動揺と怒りが両方入り混じる声。

「今、○○県の○○市に居ます、修さんはこの裏の彼女のアパートに居ます」

「なにを仰ってるんですか?」

「僕は動揺してその場から立ち去る時に修さんと彼女のスマホを間違って

持ってきてしまったんです、それでこうして奥様に電話してるんです」

「つまり○○さんが仰ってる意味は、うちの主人が○○さんの彼女と浮気していた

と言う事を仰ってる訳ですか?」

「そういう事です。」

「証拠はあるんですか?」

「今から来て頂ければお見せできますし、僕が奥様の所へお伺いしても構いません」

「・・・」

「怖いと思われる様でしたら、どなたかご同伴の方がいらしても構いません

名刺もお渡ししますし、免許証もお見せします」

「わ、わかりました・・・弟と一緒にそ・ち・ら!に向いますので住所をお願いします」

敵意のこもった口調と、嘘だったらぶっころすぞこらぁ!という勢いの攻勢。

住所を告げると意外と近かった、車で20分も掛からない所だった。

スタバの屋外喫煙席を離れてアパートの前に居るとまだ自転車が動いた形跡は無い。

お兄さんがたまたまアパートに前を通りかかり声をかけてきた。

お兄さんにも事情を説明すると笑いながら

「お前www突破力あんなぁwww」

ほどなくして奥様と奥様の弟さんが到着。

深々と俺は挨拶をすると、向こうは事実かどうか判りませんが

もし事実だったとしたら責任を取りたいと一旦謝罪はお預けとなった。

お兄さんは「コーヒーでも買ってくるから待ってろよ」といい近くのコンビニに向う。

その間、俺、奥様は自転車の前まで行く。

その間、奥様とスマホラインの送受信履歴をお互いで確認。

かなりのエロライン。

「中でだしたい!」とか「中にいっぱいだしてあげる」とか

「ケーキ何がいい?身体に塗って舐めてあげる」とか

「彼氏今日来るの?来ないならいくよ!」とか

「今日は出張だからぼくちんはお泊りできます!」とか

「この間のお風呂でのHは最高だね、もっと喘いでエロい女になろうね!」・・・orz

彼女側のは

「私の奥でいってね(ハート)」とか「いっぱいしゃぶっちゃう」とか

「今日彼来ないからいいよ!」とか「身体が熱いの」だとか

きついのは

「中で出されてる時のおちんちん最高だったよ、いっぱいびくびくしてね(ハート五個)」

これはきつかった・・・見なきゃ良かったとさえ思いましたよ。

奥様の横顔見たときに始めて「恐怖」という言葉の意味が判ったような気がする。

奥様の弟さん、お兄さんの奥さんはそれぞれ車の中で待機というか寝てる。

耳を当ててみる。

声はしないがなにやらごそごそと音がする。

「開けていただけますか?」

奥様の顔は般若のようだった。

「あの、奥さん。

もし修さんが居なくて私が間違っていたとしたら

本当に申し訳ないと思います。

土下座でもなんでも慰謝料でもお支払いします。



「いいんです、もし本当なら私にも考えがあります。

逆に本当じゃない方が

お互い良いのかも知れませんね、男と女の揉め事はお金じゃ解決出来ないですから」

そこへ兄貴

「うへwwお前、すごいロックの仕方だな、あいつ出られないよこれwww」

奥様にキリっとにらみつけられ、怯む兄貴。

「俺邪魔だからコーヒーにんでるわ」と言うと兄貴は退散した。

「いいですか?外しますよ」

「はい」

ドアが開く。

居間の明りがぼんやりと灯ってる。

話し声がする。

冷たい風が流れ込む。

その風に気が付いたのか、会話が止む。

土足の奥様の後に続く俺。

居間の扉のノブに手が掛かる

一気に引く奥様。

は・だ・か・で・シ・-・ツ・に・く・る・ま・る・馬・鹿・ふ・た・り

奥「あなた・・・」

俺「まだやってんのかよ!」

修「おまえ、なんでここに・・・」

彼女「・・・」

兄貴「おーい、入るぞぉ~」

ドタドタ。

兄貴「んっっ!」

「てめー!ちょっとこい!」

彼女の髪の毛を掴むとズルズルとベッドからずり下ろす

シーツがめくれてパンツとブラだけの彼女、トランクスの修君が見える。

キッチンの方へひきづっていかれる彼女。

そんで張り手、3発。

ベシ、ベシ、ベシ!唇からポタポタと・・・

「あんだけ俺に好きだとかいっときながら、こりゃなんだ?え?」

「・・・」

「何とか言え!なんなんだこれは!」

「・・・」

「○○と一緒で幸せじゃなかったのか?くそ女!おぃ!」

「・・・」

「てめーは誰とでもいいのか?ゆるゆるなのか?」

「・・・」

思わずお兄さんのゆるゆるに吹きそうになった。

一方修君はそそくさと着替え初めてました。

修「誤解だよ、これは完全な誤解!」

奥「いいから、もういいの!」

俺「修さんさぁ、中だししといてそりゃないよね?」

奥「!!!!!あ、あなた!」

修「してない!してないよ彼女とは何もしてない!」

俺「いい加減にしろよクソ野郎!」

次の瞬間、気がついたらお兄さんに羽交い絞めにされてた。

どうやら10発近く殴って、そのうち何発かは不発で床叩いて

両手から血が出てて、お兄さんに「おぃ!しっかりしろ!」という

言葉で我にかえったんです。

落ち着いて考えると典型的な修羅場シーンなベタな感じに自分がおかしくて

笑ってしまった。

彼女の顔は腫れてるし、修君も腫れてるし、奥様はしゃがんで泣いてるし

兄貴は俺の隣で落ち着け落ち着けと呪文唱えてる。

押し問答はこれで終り。

俺はお兄さんの車に乗り、お兄さんの家に泊めてもらうことに。

そうやら自殺しそうな顔だったらしい。

奥様は弟さんと帰宅。

お互いのスマホ番号教えて、後日会いましょうと言う事で

修君のスマホを渡して俺に謝罪して帰っていった。

当人二人は、アパートに置いてきぼり。

正直どうでもいい。

市ねとか本気で思ってた。

俺はスマホを彼女に投げつけて出て行った。

********************************

3日後に飛ぶんですが

お兄さん家に二泊三日したあと自分の家に戻ると奥様から電話で

お会いしてお話したいとの連絡をうけた。

ファミリーレストランでご馳走になりながらのお話。

彼女とは結婚してから出会い系で知り合い、家が近かった事もあって

会うようになり、奥さんには内緒で出張と言っては彼女の家に泊まりこんでた。

一年位の付き合いで、彼女に彼氏(俺)が出来たことで出張回数が

極端に少なくなったとの事。

彼女がピルを飲んでたのはその理由かと聞いたら、

やはり修君はゴム嫌いが発覚した。

隠れて会うスリルにお互い高まりあって身体の関係へ。

奥さんはいろいろ話してくれたが、俺にはあんまり堪えなかった。

もう終りと心は割り切っていたからかもしれない。

奥様は修君に次の日に離婚届を突きつけ追い出したと言っていた。

追い出されて行くところは彼女の家しかないだろう。

奥さんは、ごめんねとしきりに謝っていたが、この家庭を壊したのも

俺であり彼女であるわけだから、お互いテーブル越しに頭を下げた。

お兄さんから電話があって、彼女が会いたいという電話が来たと伝えてくれた。

俺はもういいです。

というとお兄さんは

「妹とは終わっても、俺とお前は飲める仲だよな?」と言う。

「えぇ、そうです」というと

「なら、俺と一緒に働けよ、答えは後でいいから」

「えぇ、後で連絡します」と言って彼女の経緯を少し話して電話を切る。

彼女は俺が相手にしないという訳ではなく

俺と付き合い始めて修君を辞め様と思って居たが

どうしても切る事が出来なくてそのままずるずると・・・

俺とのセックスが不満だったんじゃなく、奥様に相手にされて無い

修君が可愛そうだった。

俺にバレないで終わらせたかった。

中だしは修君が喜ぶからで、ゴムするよ!と言ってくれた俺には感謝してる。

それに俺とのセックスの方が何倍もいい。

もう慰めにもならない言い訳で、それも兄貴に言うとは

こんな馬鹿女を好きになったのかと思うと

自己嫌悪にすらなってゆく。

次の日の朝。

仕事に向かう途中に

もう一度会って謝りたい!とラインが来たので

「俺の性欲処理係ならいつでもいいよ」と返信した。

そしたら

「修さんと二人で謝りに行く」というので呆れて口がぽかーんと・・・

「二度と俺の前に姿を見せるな!ヤリマン女!」と返信。

次の日、会社の前に二人が来るまで待ってやがる。

修君が胸から封筒を取り出すと

「迷惑かけました、謝罪するほかありません」といい俺に封筒を

押し付けてきた。

案の定金だった。

その後ラインで

「修さんと私で出し合いました。

もう二度と会いません。

兄とも縁をきりました」

これで解決??というか、俺ももう関わりたくないと思って居たし

しばらく塞ぎ込んでいたので仕事が溜まってたから

仕事をがむしゃらにやってそんな馬鹿みたいな事件は忘れてしまおうと考えたんだ。

だけど、一月の下旬最終週に再び・・・おかしな着信があった。

見覚えの無い番号。

それも一日に何回も掛かってくる。

留守電になると切れる。

昼休みに思い切って184つけて電話してみた。

すると

「あ!○○君?私!」

彼女だった。

「あのさ、修さんとは別れたし、もう一度やり直さない?」

「はぁ?俺もう彼女居るし・・・」

嘘だが嫌悪感まるだしで応答した。

「彼女出来たんだ!すごいね。

でも私のほうが絶対愛してるから」

とかおかしな事を電話口で言い始めた。

「なに言ってんだおまえ?そもそも誰?」

「なに惚けてるの?やり直して温かい家庭つくろうよ!」

頭がおかしくなってるっぽい・・・

「今、○○君の会社の前にいるんだ!一緒に帰ろう!」

「・・・」

無言で切って、すぐお兄さんに電話した。

するとお兄さんが来てくれて、会社の近くでウロチョロしてた彼女を捕獲。

そのまま連れ去り。

でまた説教。

次の日もまた次の日も会社の前に居て、31日には俺は

会社の裏門からこっそり出ていった。

すると今度は俺の家の前に居る。

家に入れて、止めろ、入れて、入れない!で

押し問答。

捨て台詞の様に「おたしの身体が目当てかよ!」と言いながら

逃げるように出て行った。

二月からお兄さんに家から会社へ通ってる。

彼女はまさか俺がお兄さんの家に居るとは思わないだろうけど

捨てアドみたいなラインで

「あなたのちんちん入れて、こんなになってるの!」とか

「やり直せるはず!だって私が愛してるから!」とか

「修さんと渡したお金半分返して」とか

めっちゃくちゃラインが来る。

お兄さんは妹とはもうこりごりと言う。

過去にもあったんですか?と

聞くと。

そりゃもう・・・と口を噤んでしまった。

修君の奥様からは電話で離婚しました。

と来た。

無一文で追い出されたらしい。

今日は仕事休みでネカフェでくつろぎタイム。

まだまだこれからが修羅場だと思うけど、今は寝かせてくれと思う。

何回も投稿するのはいろんな方に迷惑だと思って躊躇してたんですが

投稿後コメント欄を見させて頂いて誤字脱字が多い事をご指摘して頂き

有難う御座いました。

また文章全体が読みにくくて申し訳ありませんでした。

コメント欄>>4さん

そうなんですよね。

兄貴は凄いいい人というか、真面目で仕事もきっちり。

だけど、遊び所を心得てて面白い人で人望も厚いです。

反面妹は劣性遺伝なのか?と・・・金はルーズ、身体もルーズ、生活も・・・

コメント欄>>16さん

冷静というか、冷めてるんだけど熱いものは胸にはありました。

けれど、きっともう元には戻れないと悟ってたんだと思います。

薄情ですが、次はいい子いるさ!みたいな希望を考えてました。

コメント欄>>28さん

裁判とかは考えてないです。

3ヵ月の付き合いで特にこれといって財産を

失ったわけではないのでそれは見合わせです。

さらに相手の修君の会社とか

突撃しようかな?とかも思ったんですが、昨日知ったのは修君は

奥様の父親の関連企業なんでとっくに首にされてると思います。

コメント欄>>30さん

おっしゃる通りです。

馬鹿な女に引っ掛かりました。

最初のアプローチが飲み屋で仲間同士で飲んでる時に

向こうも友達と来ていて、たまたま意気投合!みたいなノリでしたので。

コメント欄>>40さん

君つけなのはある意味「軽蔑」の意味です。

気軽に年下に言う「君」ではなく

年上に対して「君」ですから、ご理解の程お願いします。

コメント欄>>42さん

ワイヤーロックはダイヤル式。

自転車側の固定鍵は投げ捨てました。

太いワイヤーを八の字にして掛けると本当にドアノブが回らないのには

自分でもびっくりでした。

昨日の夜、ネカフェで投稿してから漫画読んでしばらく居眠り。

お兄さんからの着信バイブで目が覚めると午後五時ちょいまわったあたり。

ラインで今ネカフェなので電話ダメですと伝えると

すぐさま返信が来た。

着信。

「妹が突然職場に押しかけて喚いてる。なんかしたのか?」

送信。

「知りません。会ってないですし。ラインも無視してます。」

着信。

「俺はお前に彼女が出来たよ、と言ったのがまずかったかな?ww」

送信。

「お兄さん・・・それ火に油じゃないっすか?ww」

着信。

「まぁいいや、追い返すからこっち来いよ。飲もうぜ今日」

送信。

「らじゃ」

二人から貰ったお金で日頃お世話になってるお兄さんに

少しでもお礼が出来ればと思ってたんです。

ネカフェを抜け出してお兄さんの家に行く途中に再び元カノに発見される。

元「ちょっと!なんで○○だけ幸せな訳?」

俺「えっ?なに?誰あんた?」

元「ふざけないで!彼女出来たってどうゆう事?」

俺「う~ん、お前より背が高くて、かわいくて、おっぱいでかくて、慎みがあって

簡単にオマタ開かない子ww、だけど俺には身体も心も尽くしてくれる子」

元「ふ~ん良かったね!でも幸せになんかさせないし・・・お金返して!」

俺「だってお前、修君と暮らすんだろう?その為に俺に見せたんだろう?中だし場面」

元「お金!返してよ!もう別れたんだから関係ないじゃん!」

俺「修君の金が無くなったら即バイバイかよww」

元「違う!彼は今一番辛い時期なの!私が離れてないとダメなの」

俺「おまえ振られたんじゃんww」

元「違うね!なに間違った事言ってるの」

俺「もういいじゃん、終わったんだし。

金なら返すよお兄さんに返しておくから」

元「いやだ、今返して、私が渡した30万」

俺「増えてね?www」

元「利子」

俺「謝罪金に利子も何もねぇだろ!」

元「彼女と上手くいくといいね!!私の身体とか忘れられないだろうけどww」

俺「はぁ?」

元「どうせまた甘えてさせてもらおうとか思ってるんじゃん?」

俺「あのさ、身体じゃないの!それにお金でもないの!お前の身体なんてとっくに

忘れてるし、今の子の方がいいに決まってるし、比べたら相手に失礼だしね。



ここで思いっきりぶんぶんと振り回したバッグを室伏ばりに投げつけてくる。

元「死ねよ!死ね!兄貴もろとも死ね!」

俺「お前!俺の悪口なら許すが、お兄さんの悪口なら許さないよ!」

元「うるせぇんだよ!」

俺「じゃね、もう話す事ないし。

修君と快感中だしライフを満喫してくださいね~」

元「待てよ!こらぁ!」

俺走って逃げた。

お兄さんの家のピンポン超連打。

ガチャと開ける頃にはもう後ろに迫ってる。

お兄さんが顔を出した瞬間、俺捕獲される。

怒りに満ちた兄貴の顔が・・・

「てめー!また来たのか!ゆるゆる女!」

あんたは凄い、実の妹に向ってゆるゆる女と言ってしまうのが凄いです。

がばぁと髪の毛掴まれてずるずるとまた引きずられる元カノ

「お前なぁ、俺とはもう縁がないんだ、次来たら実家に帰すからな!」

「うるせぇな兄貴!放せよ!」

「○○に付き纏うな。いいな?次見たり聞いたりしたらまじで俺本気になるぞ」

お兄さんと元カノががやがややってる最中に俺のスマホに着信。

修君の奥様からだった。

今日暇ですか?と聞かれて少しなら暇ですと答えると、

経過をお知らせしたいという事で

またいつものファミレスでコーヒー飲みながらお話タイム。

お兄さんには話してくると告げて来たが、

元カノがどうなったかはこの時点では不明でした。

奥様と話していると(文ですと長くなりそうなんで箇条書きにしますね)

・修君は奥様の父親の関連企業に就職している?いた?

・今現時点では連絡も取り合っていない。

手続き書類も溜まったまま。

・奥様としては、やり直す事は絶対に無い。

・奥様の実家には報告済み。

お父様がキレまくり。

・修君の足取りは元カノが知ってるはず。

聞き出したい。

→俺拒否

・元カノから修君のスマホに電話が掛かってきている。

出ていいか?→勝手にどうぞ

・迷惑かけた分の俺からの請求額を教えて欲しい。

→俺いらないと回答

・お父様からも直接謝罪したいとの申し出。

→なぜ?だって関係ないじゃんお父様。

・我が家の揉め事で他人様に迷惑かけた、謝罪はお父様と私とでします。

→断固拒否

・でも、でも、お父様はもうこちらに来てます。

→えっ?

・あと5分程で車で来ます。

→俺帰るよ!やだよ!

・到着です。

→な!なんで!なんで??

あの、そのファミレスに似つかわしくない黒塗りの運転手付きのお車はなんですか?

・お父様席につく →お互いご挨拶。

突然の謝罪会見。

・二人して頭下げる、いい紳士が頭下げてる事にファミレス客呆然。

・俺も謝罪。

修君に貰った金を返す。

→受け取らない。

・お父様の懐からもっと厚い封筒が! →俺受け取れない。

・受け取ってください、いやいやダメですでしばらく談笑?

・お互いの封筒を交換するというなんとも奇妙な決着に。

・俺まだ中身見てない・・・見てもここには書けないと思います。

・お父様もう一度頭を下げるとお会計をして出てゆく。

→俺ぽかーん

・お父様の名刺を眺める。

→ありえねぇ

奥様とファミレスを出る。

また連絡しますという前にメルアド交換する。

なんか変だよね??

お兄さんに電話して待ち合わせして飲みに行く事に。

行きつけの飲み屋で前にも4人で来たことがある飲み屋。

そこへ再び元カノ乱入!兄貴曰く追い返したのになんでここに居るんだ?あいつ!

ここで再び箇条書きに

・修君と奥様がついに電話コンタクトしたらしく経緯を話したらしい。

・それで修君から元カノに連絡がいったらしく、お父様とのやり取りを聞かれる。

→俺言わない

・死ね連呼。

→兄貴に店の外に追い出される。

→常連客から冷たい目。

・しゅんと大人なしくなって元カノ再び登場。

→やつウーロン茶

・「だって、私○○が好きなんだもん」と嫉妬心爆発のすすり泣き発言。

・経緯を辿り自分が悪いと納得した模様 →兄貴呆れてぽかーん

・兄貴の実家に帰れ発言に再び狂喜乱舞 →俺お会計、兄貴連れ出し。

二度と行けない店に・・・

公然と「ねぇ○○、エッチしようよ!」とか兄貴の居る前で言っちゃうというのは

もう完全に頭がイかれて病的なものになってる可能性ありだと思います。

お兄さんに言われて俺は自分の家に帰りました。

お兄さんと元カノがどうなったかは今日現在ではわかりません。

お金が入ってるだろう封筒も机の上に置いたままです。

なんだか会社にも行く気が失せて、今日は有給休暇を使い街を久しぶりに

散歩したいと思ってます。

たった3ヵ月の短い付き合いだったけれど、こんなにも多くの人を巻込んで

ぐだぐだに絨毯爆撃の様に破壊してゆく元カノを思い出すと

会いたいとか、愛しいとか、どうしてるかな?ではなく

哀れみが浮かんできます。

今まで自由奔放に1人暮らしを楽しんで

男とやりたいだけやって、好きなだけ遊んでと言う生活リズムが

狂った時、人はこんなにもダメになってしまうものなのでしょうか?

それとも、バレるはずがない、私は上手くやっている。

なのになんで?という

崩壊が元カノの精神的な面を浸食しているのでしょうか?

まだ答えは判りませんが、そんな事を俺が考えても仕方が無いので

気分転換をしに自転車に乗ってゆらゆらしてきます。

皆様こんな事を書いている俺を応援してくださり有難う御座いました。

ここで少しでも心情を吐露出来たお陰で気分的にも楽になりました。

こんな俺から言うのもなんですが、皆さんに幸あれ。

オススメエログ記事

2対2で合コンしたら二人ともヤリマンだったwww

【素人】エッチな美乳白ギャルのハメ撮り97枚

俺のネーチャンはガチの【ふたなり】だったwwwwwwwwwwwwwww

ケツ穴に注射器突っ込んでほじくり回されたくなるナース服の美少女

バックでハメる後背位が一番好きなヤツみんな来い!

【戦闘準備】ラブホで洋服脱いでるエロ画像

芸能界一の巨根と噂のアンガ田中のフル勃起くっそワロタ

kawaii専属・鮎川柚姫の着ドル時代の箔付けエロ画像が清純風でガチ抜ける件

素人さんの下着姿を全身の絵で堪能する!

ふだんから裸で外出しているヌーディスト女子の白くてふわふわなおっぱい

AKB岡田奈々の透き通るような白肌とプリケツの絶妙コラボ!!

ブルマっ娘を定期的に見ないと死んでしまう病気なので大量にブルマ画像くれ

【3次元】騎乗位!腰を振って感じまくるお姉さん(50枚)

【折原ほのか】家中、カラダ中、どこでも巨乳でスッキリお掃除!真面目に過激に全裸でご奉仕してくれる家政婦さん

【お尻】お姉さんのプリプリの綺麗な美尻は最高…思わず触りたくなるわ

しっぽり温泉旅行の記念に撮った彼女のおっぱい丸出し写真をネットにうpするヤツ

【二次エロ】エロさ倍増!セリフ付きの二次エロ画像 part5

美へそな外国人やギャルたちのボディーピアスが超エロ!

今すぐ跳びかかりたくなる可愛い女の子まとめ

【レズキス】糸引くくらいガッチガチのおにゃのこ同士のちゅっちゅ♪

【二次・ZIP】紐を解けば直ぐ中身が見えちゃう紐パン美少女

クンニで女の子をイカせられるテクニックを身に付けたら勝ち組

【洋物エロ】神秘的な美しさを放つ外人美女のフルヌードがマジでヤバイ

野外でノーパンマンコを露出している痴女の野外露出

HKT指原莉乃 コンサートで一人だけお尻食い込み水着姿

ネットに拡散されてしまった素人のセックスの様子がこちらです

ランク王国で巨乳グラドル(根本凪)のおっぱいポロンハプニング

【美脚】すらっとした美脚からむっちりといやらしい脚まで色んな脚シリーズwお尻もいい感じにはみ出てるw

ほしのあきの乳やお尻のエロは異常。

セクシー居酒屋 花魁コスの露出素人娘が接客してくれるなんて最高じゃねえか

パンチラ全開でお出かけ中の素人を激写

巨乳女は毎回男にパイズリしてとお願いされる件

カメラを地面においただけで撮影出来ちゃった店内パンチラ

カーセックス!素人カップルがラブホ代ケチってるんで天罰

パイズリ専用のおっぱい?極太○○を挟んだ自撮りシロウト

ルパン三世の峰不二子のエロ画像でルパンルパーーン!

【初美沙希ヌード】揉んだらトロけるEカップ美巨乳まもなく引退!

【画像】バスルームでおまんこ(^ω^)ペロペロ!お風呂クンニ25枚

【ガールズ&パンツァー】しほさんがハメ画像で脅されエッチな事され、寸止めプレイでトロトロ熟女ま○こにおねだりセックス

パンツ脱がずには居られないエッチな画像80枚

デカ尻素人お姉さんのハメ撮り画像49枚

美人OLさんとの制服着衣セックス画像まとめ85枚

【AV女優】今永さな(いまながさな)画像まとめ121枚

3次 我慢汁が溢れ出しちゃう画像まとめ77枚(コスプレ多め)

鈴木綾乃(すずきあやの)ハメ撮り&電マオナニー画像49枚

【巨乳】吉岡蓮(よしおかれん)セクシー画像まとめ157枚

【素人】矢野由梨香 ハメ撮りSEX画像143枚

【グラドル】千明芸夢(ちぎらきゆめ)セクシー画像131枚その2

【AV女優】藤崎エリナ(ふじさきえりな)画像まとめ121枚

【素人】エロくてエッチな黒ギャル画像まとめ97枚

星名美津紀 グラマラス美少女の水着&制服画像121枚

好きな人に付き合ってる彼女がいるのを知ってたんですが、思い出にエッチしてもらいました。

バイト先のみんなで旅行!彼女と女湯でハメてたら人が来て・・・

北海道に住む女友達に会いに行ったら、彼女はやる気満々だったwwwww

同僚の自宅のPCの設定をしてあげた結果、オマンコを拝めましたwwwwwwwww

一目惚れした女の子に猛アタック!おっぱいは揉ませてくれるのにマンコはダメって言われたから口で抜いてもらった

仕事が忙しくてストレスがたまってた時に女の先輩と職場でエッチしちゃった話

マジメで大人しい僕の彼女が1晩に3人(僕も含む)の精液を中に出された時の話

お気に入りの居酒屋で泥酔。いろんな女とセックスしまくってるみたいなんだが肝の部分は全く俺の記憶にない

同級生が電車の中で逆●漢してきたwww

私がオナニーに目覚めた時の話って需要ありますか?

エロ本読んでたポッチャリしたメス豚女をナンパした話

息子とプールに行った結果、水の中で指マンされて興奮しちゃった

可愛くて巨乳!しかも処女な俺の彼女はアナルでも感じちゃう生粋のオナニストでした

エロ本でオナってたら顔射されたネーチャンが載ってたんだがwwwwwww


同じクラスの巨乳美女と神社でセックス!お互い青姦で興奮する体になってしまったwww

ナンパしてきた人に軽くイかされて、大きくて美味しそうなチンポを咥えてあげました

童貞の俺が大学の後輩に『昔、レ○プされたんです。』なんて告白してきたんだが・・・

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 三十路 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 M字開脚 五十路 汗だく 性●隷 痴● 父子●姦 従姉妹 着衣 全裸 夫婦交換 欲求不満 オシ●コ 安全日 テレフォンセックス 逆レ●プ 友達の母 GW ビキニ パンティ 画像 DQN 勃起 シ●タ スカ●ロ 無防備 トラウマ インストラクター 尻軽 二穴 おし●こ ママ友 シャワー 還暦 妻の友達 M字開脚 友達の妻 オタク 相互鑑賞 アメリカ人 喘ぎ声 メイド 土下座 美少女 妻の姉 獣● 貝合わせ 男の潮吹き マン汁 花火 妻の過去 リスカ バイアグラ 近○相姦 豊満 マット 隠し撮り 美容師 イメプ サッカー部 鑑賞 質問ある? 我慢汁 マン毛 就活 剣道部 お局 マンスジ お盆 ボーイッシュ 素人 本気汁 コンドーム キメセク パンティー デリヘル嬢 お客  彼女の母 神社 聖水 自撮り 地味 手錠 愚痴 酒池肉林 アクメ ヤンデレ レ○プ 金髪 モテ期 再婚  避妊 釣り プレゼント チンぐり返し 新婚 背面座位 騎上位 性接待 クスコ ボランティア ギャップ 美術部  ラッキースケベ 穴兄弟 姉の彼氏 マザコン テニス 染みパン 後輩の彼女 マニア キスマーク ピアス 肉●器 恋人交換 尻軽女 兜合わせ 思い人 ムチムチ PTA スイミング マジックミラー ハミ毛 逆●漢 チンカス 性教育 VIPPER 黄金 ゴルフ 玄関 顧問 医師 メガネ 回春マッサージ スカウト 首絞め ストッキング 花見 春休み 団地妻 トリプルフェラ 一人暮らし ギャルママ ストレス パジャマ バリ 北海道 ニンフォマニア 尻文字 SM嬢 社長 ノンケ リハビリ 友達の奥さん メンズエステ タンポン アヘ顔 不妊症 キチガイ 鼻フック イベント 発見 オナホ ブサメン 講師 テント マイクロビキニ 添乗員 見せ合い 寝起き 相互オナニー 租チン ヘタレ アフター ボーナス 脱衣 美人局 性感マッサージ ドレス 喧嘩 尾行 性生活 弁護士 流産 別荘 独身 ギター 床上手 スパッツ 新年会 無精子症 ホテトル 夫の兄 チアリーダー 仁王立ち エロ漫画家 出会い喫茶 バキュームフェラ ライブ  グラビアアイドル ぎっくり腰 タレント  倦怠期 ハワイ 喪男 近所 エロ本 婚活 喪女 両親 夫婦喧嘩 ロープ 子作り 非処女 地雷 攻略法 夜勤 BBA 非常階段 新妻 筋トレ ケンカ スロット エロゲ 恐怖 Fカップ  男性恐怖症 膝枕 震災 撮影会 ラッキー クラミジア 腹上死 ヌーディストビーチ 初恋 探偵 講習 疑惑 保育士 巫女 コンパ お祭り アナルパール 賢者モード 和姦 首輪 知人 韓国 接骨院 スカイプ バレないように ベランダ ペニクリ 金持ち ご奉仕 ハメ潮 パワハラ 挑発 屈曲位 ペニスバンド 帰省 ガムテープ グラマー 団地 スケベ椅子 エロ動画 オーナー 先輩の母 即ハメ お姉さん 自転車 立ちション 皮オナ 教育実習 苦痛 性感帯 潔癖 ハプバー 体育館 野菜 電話中  唾液 フィリピン人  上司の妻 ロリ系 フェス 小柄 バレー部 貧乏 役員 レ〇プ パパ友 台湾 言いなり 臭い DJ 生保レディー 社長夫人 上司の奥さん 主人 露天 先輩の奥さん 手術 エロ写メ 盲腸 M性感 ホットパンツ 写真 アラフィフ 上司の嫁 義理の娘 バナナ バスタオル お花見 俳優 人間不信 谷間 共依存 恋人 メス豚 宴会芸 精液便所 エアロビクス テスト勉強 ブラック企業 オーディション 胸糞 ノルマ 知的 GloryHole グラドル ピーナッツ 背徳感 妻の友人 チン蹴り 我慢 地獄 料理教室 インテリ 長ネギ 犬プレイ 使用済み ゴミ箱 塾講師 自尊心 宿直 ハダカ 図書委員 MオンナS男 添い寝 介護職 辻本杏 現地妻 流行 たまごっち 退職 美肌 飯岡かなこ 沖田杏梨 おなら リフレクソロジー 委員会 トラック タトゥー カミングアウト 出禁 便器 蟲姦 企画 食事 星姦 寝落ち 乱暴 先輩の妻 ライブハウス 美容院 ラブレター 無抵抗 ビーチボール アダルトグッズ 逆痴● ローカルテレビ フタナリ ガーゼ 全身リップ  twitter 友達夫婦 同伴 性上位 友達の旦那 訪問販売 種違い レディコミ せどり お店 ガン 近○相○ 肩書き 人参 竿姉妹 パトロン 気絶 美尻 ハードセックス マッチョ ランデブー 集団 同性愛 上目遣い オン欄 逆玉の輿 性○隷 狂気 吊り橋効果 ヘルパー おねしょ 監視 バスケ 黒髪 バージン ペット ぼったくり 竿付き マイナー 勇気 無料 ネパール人 サスペンダー 警察 テクニック おへそ 中性 介護士 フィリピンパブ 密会 自縛 マジキチ 精液検査 けじめ パイチラ スワッピングクラブ 脇舐め 同い年 友人の嫁 一気 パーカー 韓国エステ 祖母 紳士 焦らしプレイ 鮫肌 インドネシア人 収集 コレクション  拡張 健全 ポロリ キッチン ラノベ 覚醒 森ガール 股間 階段 喪服 穴あきパンティ 遠距離 濃厚 元嫁 派遣 染み ふんどし 姫初め 無礼講 新婚初夜 汁男優 控え室 子連れ ニ穴 アニメ声 仕事 塩対応 ニーソ 日記 鬱勃起 山小屋 半陰陽 言い成り 隠語 全欄 授業 水泳 マンコ ゆるマン アナルバイブ 万馬券 貸切 ブラチラ ヤリ捨て 新卒 10P 飛行機 通院 vipper 発熱 猿轡 知り合い カウンセラー ブサカワ 習い事 彼女の父 無修正 側位 引き籠もり バット ひとり暮らし ブラコン 狸寝入り 編みタイツ 顔舐め 魔乳  ルームメイト 染み付き コインランドリー 同時イキ エロ画像 マンぐり返し 鬼フェラ 親切 セリクラ  ママ マンカス 仁王立ちフェラ チア部 メタボ 校長 神待ち女 カナダ 芸能事務所 悶絶 同期の妹 宗教 ふたなり 胸毛 偶然 ティッシュ 洗脳 ふぇら 後輩の男友達  雌犬 公認 ハシゴ ジーパン 同情 既婚 ボルチオ  美少年 フェイスブック 壁ドン 泳げ鯛焼き君 治し方 アスリート プロゴルファー 牛乳 処女膜 地雷女 会長 出血 ヤリ目 婚前 女神 びっぷら 麦茶 流出 相互 オキニ 逆プロポーズ 試験 擬似レイプ 帰宅 限界 タダマン 腕枕 男湯 録音 三角関係 日焼け リベンジポルノ タイ 筋肉痛 隠しカメラ 恋愛禁止 兜合せ 交尾 カツアゲ 継母 中だし 風習 罵倒 倒産 逆セクハラ 後輩の妻 ハブニングバー 吹雪 着信拒否 新歓コンパ 生本番 社員 イジメ 芸能 マナー 台湾人  おねだり シンママ 交換条件 料金 親族 ダンス マギー 二次エロ画像   はしご 憧れ 洗濯バサミ 音信不通 ハイボール ワカメ ローライズ 禁欲 サクラ ケジメ アメリカ 鷲掴み オリモノ 部室 ノロケ オナペット 阿鼻叫喚 相部屋 レオタード 転校生 オプション テニススクール 出会い 車検 黒タイツ むっちり 免許 ニュージーランド人 早熟 渋滞 ムチ ローソク スポーツクラブ プラトニック 姉妹交換 ユルマン ぢゃ性 ハイグレ 社長婦人 老婆 初夜 馬鹿 70代 15P カマトト 片思い 大家 サッカー少年団 母の妹 社長の娘 シングルファザー ボーリング コーヒーショップ 娘の担任 保護者会 出合い系 クォーター TV電話 唾液交換 バレンタイン 割り切り ペンション 腐敗 ダブルブッキング バンコク インモラル 遭遇 まんぐり返し ドクター 出張ホスト 元旦 婚約者 中継 かりまん 生き別れ 自慢 出勤前 ボディービルダー サプライズ 人助け 処女初体験 セカンドバージン イカ臭い シミ付き 靴なめ キス魔 セフレ交換 賞品 くじ引き ホームセンター 27P スノーボード 角オナニー お化け屋敷 整体師 ボクシングプレイ ボクシング部 本気 不潔 検査 フェラテク サドル 通勤 大学受験 エロゲー 出前 保護 エクササイズ キャットファイト 初対面 腐れ縁 生意気 色弱 暴発 カンボジア 事務 空家 ウェディングドレス 初潮 白髪 セックス依存性  留守番 リンパ SMクラブ 年始 貯金 ナプキン 廃墟  交換 逆ギレ 不満 アナルファック ソフトテニス部 利子 寄付 スケスケ マンション コスプレ巨乳 母子○姦 自暴自棄 武勇伝 フィジー 喘息 制裁 近親○姦 お清め 苦情 排泄 バンガロー 小説風 報告 婚活サイト セミプロ 下品 チーママ 将棋部 恨み 竹刀 チャイナドレス 夫の同僚 自棄酒 オムツ ポカリ 敬語 女優 姉妹相姦 ぱふぱふ テニスコート 介護 葬式 彼女の弟 で四つん這い 鍋パ 射精管理 おあずけプレイ エレベーター 婚約 目覚ましフェラ 号泣 リア充 背面騎乗位 新幹線 ハローワーク 近●相姦 カレー屋 悲惨 支配 寝顔 運動会 ジャージ 目の前 Skype 不眠症 東京 医学部 脱サラ 放置プレイ 伊豆 仲居 実家 白ギャル キャッチ ヤンママ サランラップ ちんぐり返し バニーガール ボクっ娘 ネットH  草食系男子 キモメン オタク女子  小悪魔 性感エステ 腋毛 泥沼 レストラン ケツ毛 クリーニング 避妊リング 夫の従兄弟 口臭 下宿 パフパフ 看護学生 レディース 足ピン 上級生 助手 コテージ 貧乏神 帰国 他人棒 オーストラリア 白衣 閉経 ファザコン 主張 貸出 精神科医 ポッチャリ 職権乱用 セックス依存症 ファン 看板娘 猫耳  お祝い 正月明け 柔道部 女店主 謝罪 無臭 ラーメン屋 姉の同級生 ぶっけけ パンパン アスリート女子 女子プロレスラー 水泳教室 ニーハイ 診察台 四つんばい ブーツ フツメン バイブフェラ 叔母さん バツ2 コスプレイヤー インフルエンザ デルヘル アイマスク 夫の上司 ボディービル 弟の妻 摘発 マリッジブルー メガネ屋 腰痛 プロレス サーファー マッサージ師 興奮 メガネっ娘 読者モデル フィギュアスケート部 悪臭 おもてなし 屈辱的 男子校 保育園 バストアップ 悪酔い 眼鏡 寝起きドッキリ チキン 配信 チンピラ 宿題 神秘 シンガポール 体操部 想定 伏せバック 儀式 失笑 友達の兄 嬢王様 弓道部 娘の元カレ 浮気相手 オジサン パラダイス IUD 乳がん ジョギング 処理 汚物 母子家庭 男子禁制 半勃ち 絶縁 おなべ 産婦人科 日系ブラジル人 回春 脚フェチ シ○タ 姉の夫 シラフ 

フリーエリア