HOME > 【風俗嬢との体験談】 > 性癖がかなりヤバい童貞でフツメンの俺が風俗で体験したエロい話
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


性癖がかなりヤバい童貞でフツメンの俺が風俗で体験したエロい話

関連体験談 :性癖潮吹き本番童貞巨根風俗痴女風俗嬢中出し
俺は25歳の社会人で、

ホントにどこにでもいるような特徴のない男だ。

173cm、65kg、

ルックスもイケメンでもなくブサメンでもない、中途半端な奴だ。

もともと内向的な性格で、友達も少ないんだけど、

一番仲がいい友達が最近早くも結婚して、遊ぶ相手がいなくなった、、、

それで最近風俗に目覚めた。俺は趣味もオタ系が多いが、

性癖はもっとヤバくて、

隠し撮り系や無理矢理もの、

マッサージ店でエロマッサージをして感じさせてやっちゃうもの、

ゲロや排泄系もイケる。

こんな俺だから彼女もいないし、

実は童貞だったりする。

家にはそれぞれ名前を付けたオナホのコレクションがあったりするw

(1軍から3軍までいるw)

ある日、ネット掲示板を見てて、

最近の風俗嬢のレベルの高さを知った。

人と接するのが苦手な俺だが、ガンバって行ってみた。

パラダイスだった。

若い可愛い女の子が、こんな俺とキスをしたり、くわえたりしてくれる!

しかも、格好いいとかモテそうとか言ってくれる!

お世辞でも嬉しくて通うようになった。

そうやって通っているうちに、ヘルス嬢のリアクションで、

俺のチンポが規格外に大きいことを知った。

自分では少し大きめかな?くらいに思っていたのだが、

相当デカいらしい。

まあ、勃起したチンポを比べることもないから知らなかったんだが、

若いヘルス嬢にはくわえづらいとか文句を言われることもあって、

人妻系のヘルスに行くことにした。

目線の入ったパネルでも、

良さそうな感じのヒトミさんを選んで入ったら、

部屋の中にYUKIがいた、、、

あまりの可愛さにテンションMAXだったけど、愛想が悪かった、、、

可愛い風俗嬢にありがちな思い上がりだと思ったけど、

それを許せるくらいのルックスだった。

「じゃあ、シャワー行こうか?」

タイマーをセットして、事務的に言ってくる。

ハイと言うと、ヒトミさんはキャミソールを脱ぐ。

その下は下着もなく全裸だ。

「お客さん、下着脱がして下さい。」

「はい、可愛い下着ですね。」

「イヤン、恥ずかしい!」

こういうやりとりが、面倒でそうしているのだと思う。

お約束がなくて、チョットがっかりだったけど、

「ナイスオッパーーイ!!」

と、叫びたくなるほどの美乳だった。

乳首も乳輪も小ぶりでピンク色、少女のようだ。

アンダーヘアも、剃っているのか見当たらない。

なるほど、これなら愛想がなくても人気のはずだと思った。

そして、脱がしてくれないから自分で脱いで全裸になると、

もう我慢汁が少し出てる俺のチンポがそそり立つ。

「えっ?なにソレ、スゴくない?マジ?」

ヒトミさんが俺のチンポを見てつぶやく。

そして近寄ると、ガシッと握った。

「うわぁ、、、ちゃんと堅いんだ、、、ヤバいね、、、これは見たことない、、、」

つぶやきながら、握った手を上下に動かす。

いきなりのことで、気持ちよくて「アフゥ」とか言ってしまう。

しばらく手を上下に動かしたり、

カリのところをさすったりしていたヒトミさんは、

「マジヤバい、マジ信じられない、なに人だよwスゴすぎ、、黒人かよw」

と、少し顔を赤くしながら、

チンポを握ったままつぶやく。

俺のチンポを夢中で握っているヒトミさんをよく見ると、

さすがに30オーバーが肌に出ている。

驚くほど可愛い顔だが、小じわなどは隠せない、、、

だが、握られてるだけで満足しそうな可愛さだ。

早くシャワー浴びてプレイに入りたいと思っていたら、いきなりくわえられた。

驚いて

「シャワー!まだ浴びてないです!」

そう言うが、ヒトミさんは夢中でフェラをしてる。

目一杯に口を大きく広げて、俺のモノを深くくわえようとする。

だが、喉奥に当たって半分くらいしか飲み込めない。

「スゴイ、、あぁ、、ヤバいよ、、、馬かよwこの堅さも、、、カリも、、、」

まさに、夢中という感じでくわえ続ける。

正直、歯が当たりまくって痛かったけど、

可愛すぎるヒトミさんが、

発情したように俺のチンポをくわえていると思うと、

たまらない。

ヒトミさんは、ずっとひざまずいて俺のチンポをくわえていたが、

急に立ち上がった。

そして、荒い息づかいのまま俺に背を向けると、

俺のチンポを握って立ちバックの体勢で挿入してしまった、、、

「グゥ、、ワァ、、ヤバい、、、くはぁ、、、」

ヒトミさんは、俺のチンポを奥までくわえこむと、

うめいて体をガクガク痙攣させる。

呆気ない童貞卒業に、感動する間もなく、不安になる。

これは、怖いお兄さんと事務所で面談のパターンでは?

そんな恐怖が巻き起こる。

だが、そんな俺の不安をよそに、

ヒトミさんは狂ったように腰をぶつけてくる。

「グアッ!オゴォッ!オグゥ!」

殺される人みたいなうめき声を上げてガクガク痙攣するひとみさん。

これはさすがに演技ではないと、

さっきまで童貞だった俺でも気がつくほどの凄い感じ方だ。

声が、どんどん大きくなっていくが、

さすがに不安に思ったのか、

ヒトミさんはタオルを口にくわえて、

強く噛んでいる。

「んんーーーーっ!!ん、グぅーーーっ!んんんーーーーっっ!!!」

タオルを噛んでいても、かなり大きなうめき声だ。

俺は、どうしていいのかわからないまま、

ヒトミさんの激しい腰の動きを受け続ける。

オナホでのオナニーをしすぎたせいで、

すっかりと遅漏だが、そ

うでなければとっくにイッているくらいのもの凄さだ。

そして、ガンガン腰をぶつけていたのだが

、一番奥にグゥーーと強く押しつけたまま、

腰を微妙に上下左右に動かす。

奥の奥にチンポが当たっているが、

少しコリコリとする感じがする。

「お、おお、、おおおおおお、、あ、あぁぁ、、、、お、おおぉんんっ!!イク、イッてる、もうイッてる!イッてりゅぅぅ!」

ろれつすら回らない感じで、

体をビクビクビクッと痙攣させっぱなしになる。

これは、ヤバい、、、救急車か?

などと不安になるほど、痙攣が止まらない。

そして、その痙攣による締め付けと振動で、

俺もイキそうになる。

「ごめんなさい、もうダメです、出ます。」

俺が必死になって言うが、

ヒトミさんはガクガクしたまま腰を止めない。

「一緒に、、、イク、、、中で、、、イク、、いいからぁ、そのまま、、、、あぁイク、、、来てぇ、、、イクっ!イクイクイクイグイグウわぁぁつっ!!」

俺が注ぎ込むとほぼ同時に、

床に操り人形の糸が切れたみたいに崩れ落ちた。

アワアワしていると、

部屋の電話が鳴った。

しばらくなった後、

ヒトミさんが何とか立ち上がり電話に出た。

「はい、、はい、、、あの、延長できますか?はい、、キャンセルしてください、、、すいません、、、ごめんなさい、、、120分いけますか?はい、、、それでいいです。お願いします。」

なんか、勝手に延長している感じだ。

「え?えっ?どういう?え?時間?」

きょどる俺。

「ねぇ、なんて名前?」

俺の疑問は完全に無視で、違うことを聞いてくる。

「え?あぁ、トオルです。」

「トオルちゃん凄いね、、、ヤバいよ、、、延長したからさ、、、ちょっと添い寝していいかな?」

「延長ですか、、、その、、、お金、そんなに、、、」

持ってないと言おうとしたら、

「それはいいよ。私が出すから。それよりも、ちょっと休んだらもう一回だからね!ね?トオルちゃんw」

満面の笑みでそう言った。

仏頂面と言うか、ずっと無表情だったので、

急にこんな無邪気な笑顔を見せられて、

心を持って行かれた、、、

「でも、キャンセルって?」

「あぁ、次のお客さんね、、、いいよ、それどころじゃないからw」

そう言って、俺のチンポを握った。

「あれ?もうイケるじゃん!ねぇ、今度はトオルちゃんがして、、、ね?」

甘えるような感じで行ってくる。

最初に部屋に入ったときの感じとギャップがありすぎる。

ツンデレかよ、、、と思った。

「でも、大丈夫ですか?その、、、セックスしちゃって、、、あと、中に、、、出しちゃったですけど、、、大丈夫ですか?」

不安で仕方ない。

「人妻ヘルスだからね、、、暗黙のなんとかってヤツだよ。私はピル飲んでるから、平気だよ。あ!でも、いつもこんなことしてるから飲んでるわけじゃないからね!本番なんかしなくても、お客さんには困ってなかったから。でも、こんなの見せられたら、うずくよねwいいから、早く、早く!」

そう言って、仰向けに寝て足を開く。

この人は、本当に可愛い、、、惚れた、、、

「ごめんなさい、、、俺、、初めてだから、、、よくわかんないです。」

「えーーー!?マジで?こんなのぶら下げてるのに、今まで童貞?きゃはははw」

「ごめんなさい、、、」

なんと言っていいかわからずに、とりあえず謝る。

「ゴメン、私の方こそ、、、ギャップがね、、、そんな凄すぎるの持ってるから、すっごいやりチンかと思ったwゴメンね、最悪な初体験だったねw」

「そんなことないです!最高の体験でした!」

「そう?良かったwじゃあ、無駄な会話終了ーー!早く、早く!」

せかされて、そのまま導かれるように挿入した。

自分で能動的に動かすと、さっきとは違った快感がある。

本当に、熱くて、キツくて、絡みつく、

ぬめる、オナホとは全く違う感じだ。

しかも、俺の真下には恐ろしく可愛らしいヒトミさんの顔がある。

それが、とろけたような感じになっていて、オナホのような虚しさがない。

俺は、夢中で腰を振る。

「ぐぅっん!は、がぁっ!凄い、ヤバい、、、あぁ、、、トオルちゃん、、凄いよ!」

名前を呼ばれるとドキッとする。

ただ、ヒトミさんは声がデカすぎると思う。

これでは、周りに筒抜けだと思う。

「声、デカいですって!」

俺が小声で言う。

すると、ヒトミさんが俺にキスをしてきた。

思い切り唇を重ねて、舌を差し込んでくる。

俺のファーストキスはヘルス嬢だが、

いつもの他のヘルス嬢の義務的な短いキスとは大違いだ。

俺は、夢中で舌を絡ませて腰を振る。

キスをしながら、

ヒトミさんのことをたまらなく好きになっているのを自覚した。

ヒトミさんは、

口をふさがれてくぐもったうめき声を上げながら、

怖いくらいに痙攣している。

そして、ぎこちなかった俺の動きもなめらかになってくる。

すると、急に股間が濡れていくのを感じた。

驚いてみると、ヒトミさんが潮を吹いていた。

AVではおなじみの光景だが、

現実にこんなに吹くなんて知らなかった、、、

ビチャビチャのグチャグチャになり、

ヒトミさんは痙攣しながら俺の背中に爪を立てる。

その軽い痛みに、興奮がましてイキそうになる。

「イキますよ、、、」

短く言うと

「来てっ!イッてぇっ!トオルちゃん!イクっ!イクっ!イッぐぅっ!グ、ハァァッ!!」

そう言って、ひときわ大きく体をビクンとさせると、

全くの無反応になった。

俺は、ヒトミさんの中に注ぎ込みながら、

すっごく心配になった。

口をだらしなく開けて、よだれすら流れ落ちている。

目は基本閉じているのだが、

少しだけ開いていて白目が見えている。

そして、アソコはグチャグチャになっていて俺の精子まで垂れ流れている。

そして、ベッドはベチャベチャだ、、、

俺は、恐ろしくなって、ヒトミさんの体を揺する

「大丈夫ですか?ヒトミさん、大丈夫ですか?」

反応がない、、、

俺は、プロのヒトミさんをここまで追い込めたチンポに自信を持った。

そして、20分ほどしてヒトミさんが復活した。

「トオルちゃん、、、反則、、、ヤバい、、」

そう言って、俺に抱きついてくる。

あんなに冷たい感じだったヒトミさんが、こんなにも可愛くなっている。

「トオルちゃん、また来てくれるよね?ていうか、来いよw」

ヒトミさんが少し照れながら言う。

もう、心を鷲掴みにされた感じだ。

「必ず来ます!」

俺が言うと、ヒトミさんは名刺にボールペンを走らす。

「来る前の日メールして、、、」

俺の方を見もせずに、名刺だけをグイッと押しつけてくる。

照れている感じがたまらない。

そこでタイマーが鳴る。

「もう?早すぎ、、、ねぇ、トオルちゃん、ここ出たら、どうするの?」

そんなことを聞かれた。

「え?友達の家に届け物をします。」

「そっか、、、あ!今更だけど、シャワー浴びようか?」

そう言って、シャワーに入る。

俺の体を丁寧に洗ってくれるヒトミさん。

チンポを洗いながら

「ホント、、、凄いね、、、日本人、、だよね?」

「はい、100パーセントそうです!」

「そっか、、、、ねぇ、なるべく早く来て欲しい、、なんてねw」

「早く来ます!」

「約束!」

そう言って、キスをしてくれた。

そして、着替えて廊下でお見送りをしてくれたが、

お別れのキスがディープキスで、しかも長かった。

俺は、スキップするくらいの浮かれた気持ちで店を出た。

そして、友達の家に行く。

結婚式以来会っていなかったが、

パソコンの調子が悪いそうで、

見てあげる話になっていた。

ここで、ヒトミさんはもしかして、

あの後店の外で俺と会うつもりで、

あんなことを俺に聞いたのかと思った。

そうだとしたら、凄い後悔、、、

そんな気持ちを振り切りながら、友人宅に着く。

「悪いね、トオル!助かるよ。」

ヒロシが出迎えてくれる。

ヒロシも、俺と同じでインドア指向でオタク系だ。

よく結婚できたよなぁと思っていると、奥さんが出てきた。

「トオルさん、すいません、お忙しいのに、、、」

などと恐縮している。

あれ?こんなだっけ?こんな可愛い嫁さんだったっけ?

結婚式では、メイクが濃すぎてよくわからなかったが、

薄いすっぴんに近いメイクの嫁さんは、

清純そうな感じで可憐な少女みたいだ。

ヒロシの話だと、結構な腐女子らしいのだが、

今日改めて見て凄く羨ましくなった。

俺がいつも相手している風俗嬢とは全く違うオーラが出ている。

風俗嬢は、どんなに可愛い子でも負のオーラみたいなものが出ているが、

嫁さんは明るくキラキラした感じがする。

そして、部屋に上がりPCを見る。

すぐに原因がわかり、直す。

「トオルさん、凄いです!頼りになります!ホント、ヒロシとは大違いです。」

こんなことを言われて、惚れてしまいそうだった。

「あーー!そんなこと言ってると、もう抱いてやらないぞ!」

ヒロシがこんなことを言う。

そんなキャラじゃないはずだが、

俺がいてテンションが変な風に上がっているのかもしれない。

「ちょっと、何言ってるの!もう!恥ずかしいこと言わないの!いいよ、トオルさんにしてもらうからw」

こんな風に切り返す。

ヒロシは、うぐっと変な声を上げて絶句する。

こう見えて、なかなか嫁さんはブラックな冗談を言う。

俺は、楽しい気持ちになった。

そして遅いので帰ろうとする。

「本当に、ありがとうございました。今度は遊びに来てください。待ってます!」

嫁さんがそう言ってくれた。

「そうそう、ホント、いつでも来いよ!夕飯も3人の方が楽しいからさw」

そう言って送り出してくれた。

ヒロシのマンションを出て、

ポケットに手を突っ込むと

ヒトミさんにお店でもらった名刺があった。

ヒトミさんのメルアドが書いてある。

すぐにメールを送ろうか迷ったが、

店に行く前の日にメールしろと言われている。

関係ないメールを送って、嫌われるのも嫌だったので、

あきらめて家路についた。

ヒトミさんとのセックスは、衝撃的で最高だったのだが、

ヒロシの嫁さんの方が気になっていた。

清純そうな感じなのだが、

以外と下ネタもいけそうな感じで、

なんとかものにしたいと思っていた。

そして、ちょこちょこヒロシに家に遊びに行くようになっていた。

本当に歓迎してくれて、

結構遅い時間までお邪魔するパターンが増えていた。

酒を飲むと、ヒロシの嫁さん(キョウコちゃん)は、

なんかエロくなる。

ヒロシも酔っ払うと、俺への優越感からか、

キョウコちゃんとのセックスのことを生々しく話してきたりする。

「こいつ、クリでかくて感じすぎるんだよw」

「目隠しすると、乳首だけでイクんだよw」

「奥が感じるから、奥を突くと潮吹くんだよw」

こんな事を言ってくる。

キョウコちゃんは、酔っていると、

ヒロシがそんなことを言っても嫌がらずに、

何とも言えない妖艶な笑みを浮かべている。

そして、

「ヒロシだって、すぐイッちゃうじゃんw私まだイッてないのにw」

「トオルさんにしてもらっちゃおうかなぁw」

こんな事を言って、反撃をしている。

俺は、笑いながら聞いているが、ガチガチに勃起している。

そんな感じで日々が過ぎていった。

ある日、会社帰りに職場の近くの本屋で立ち読みをしていると、

いきなり膝かっくんされた。

本気で驚いて、声も出ずに振り返ると、ヒトミさんが怒りながら笑っていた。

「みーーつけた!トオルちゃん、行くよ。」

そう言って、俺の手を握って強引に店の外に引っ張っていった。

「え?ヒトミさん?どこに?え?」

キョドりまくっていると

「なんでお店来ないかなぁ!ていうか、店来なくてもメールくらいしろよなw女が勇気出してアドレス教えたのに、、、」

ちょっとむくれたような感じで言った。

「ごめんなさい、給料でたら行くつもりでした。メールも、行く前の日にくれとかヒトミさん言ってたから、、、」

「そんな魅力ないかな?私って、、、一応、店ではナンバーワンなんだけどね、、、」

「いや、だって、、迷惑かなって、、、ヒトミさんに嫌われたくなかったし、、、」

「可愛いこと言うねぇwマミって呼んでよ。」

「え?それって?」

「本名だよ。この後予定は?」

「え?別に、、、飯食って帰るところですけど、、、」

「おごるよ!行こう!」

そう言って、手を引っ張られた。

そして、結構高そうな焼き肉屋に入り、個室に入った。

マミさんは俺の横に太ももを密着させて座る。

「ヒトミ、、、マミさん、ここ凄く高そうですけど、、、」

「いいから、いいから!たくさん食べて、精力つけてもらわないとw」

そう言って、舌を出して自分の唇を舐めた。

エロい、、、精力?やる気満々なのかな?と思った。

食べながら、色々と話した。

マミさんはバツイチで子供がいる。

仕事の日はマミさんの母親が子供のお守りをしている。

今は恋人はいない。

こんな感じだった。

お金を貯めて、自分のお店を出すのが目標らしい。

「マミさんって、お客とこんな風にメシ食ったり、よくするんですか?」

「トオルちゃんだけだよ。お客さんなんて、下心ありすぎてプライベートでは会えないよw」

「なんで、俺とは?」

「逆に私が下心wねぇ、この後、ホテル行こ?お願い、して、、、」

うるんだ目で言ってくる。

「ホントですか?お店の外なのに、いいんですか?」

「トオルちゃんはもう店来なくていいよ。メールしてくれたら、いつでもどこでもOKだからw」

俺は、自分の身に起きている幸運が信じられない。

ヘルスのナンバーワンが、

店の外でセックスをして欲しいと頼んできている。

しかも、メシまでおごってもらって、、、

「ありがとうございます。最高に嬉しいです!」

そう言うと、すかさずマミさんが俺のチンポをズボンの上からさする。

「うわぁ、、、えげつないねwダメだ、、、うずく、、、」

エロい顔で言うマミさん。

俺は、たまらずにマミさんにキスをした。

焼き肉でテカテカの唇でキスをしたが、

マミさんは嫌がるどころか舌を突っ込んできた。

マミさんのタン塩を堪能しながら、我慢汁が出るほど勃起していた。

マミさんは、俺のズボンのファスナーを下ろして、チンポを取り出す。

「ふふwホント、馬かよw貧血にならない?」

そう言いながら、口をめいっぱい大きく開けて俺のチンポをくわえる。

焼き肉屋の個室で、こんな美女にフェラをされている俺。

この前まで童貞だったのに、大出世だw

歯が当たるものの、巧みなテクニックであっという間にイキそうになる。

「マミさん、イキそうです、、、」

そう言うと、ぱっと口を離した。

「ヤバいw夢中で尺っちゃったよwイカせるかよw焼き肉代は働いてもらわないとw」

そんな感じで、エロ楽しく焼き肉を食べた。

そして、タクシーで移動してホテルに入った。

部屋に入ると、マミさんに押し倒された。

荒い息づかいで、メチャメチャ興奮しているのがわかる。

俺を脱がせながら、自分も全裸になる。

そして、すぐに騎乗位でつながる。

「おおおおおんっおぉっ!!来た、、来た来た、、、あぁっ!これ、、、ホント、、、ヤバい、、、チンポ奥に当たってルゥ、、、チンポ、チンポ、このチンポ好きぃっ!!」

ハイテンションで、

腰を振り始めるマミさん。

奥にガンガン当たって、

少し痛いくらいだ。

奥にゴリっと当たるたびに、マミさんが痙攣をする。

「があぁっ!ふうぅぅ、、、くぅぅぅぅぅぅあぁぁぁぁっぁぁっっ!!!!あーーーーーーーーーーーーーっっ!!!!だーーめぇーーーーぇーーーー!!!イクイクイクゥーーーー!!!イクって!ヤバいから!ヤバい、あーーーーーアアアアアアアアあーーーーーーーー!!!ぐひゅん、、、」

変な声を上げると、

俺の胸に突っ伏して倒れ込み、

痙攣し始める。

本当に痙攣しっぱなしで、怖くなるほどだ。

俺が、その体勢のまま下から突き上げると

「ぐぅん、、ぐ、、、ぐぅ、、、ご、あぁ、、ひぃ、、ん、、」

口を半開きで、

焦点の合わない感じのマミさんがうめく。

俺のチンポが、

こんなにもいい仕事をするなんて、

本当に宝の持ち腐れだ。

俺は、とりあえずマミさんを仰向けで寝かせた。

そして、布団をかぶせて添い寝した。

30分ほどしたら、マミさんが正気に戻った。

「トオルちゃん、、、凄すぎwもう、ダメだ私、、、堕ちたよwそのチンポのためなら、何でもしちゃいそうで怖いよw」

「本当ですか?そんなに良いんですか?なんか、、、信じられないです。」

「マジだって、、、他の子としたらわかるよ。夢中になっちゃうと思うよw」

「そうですか、、、、」

「あっ!!でも、他の子とする暇があったら、私呼んでよね!!すぐ行くからw」

そう言って、俺のチンポをくわえてきた。

巧みなテクにうめき声が出る。

「トオルちゃん、早く!」

マミさんはバックの体勢になり、

自分でアソコをクパァとする。

俺は、たまらずぶち込んだ。

「ぐぅん、、トオルちゃん、、、あぁ、、、凄い、、もう、、、こんな、、、、あぁ、、、」

背中をのけ反らせてうめくマミさん。

俺は、前回多少学習したので、

奥に入れたままチンポをこすりつけるようにする。

「お、おお、お、オ、オォ、、お、、、、、それ、、ヤバい、、、、もうダメ、、、トオルちゃん、好きぃ、、、もう、、、もう、、、ぐるぅああぁっ!!!」

獣のような叫び声を上げていくマミさん。

俺は、イキそうな感じが来てたので、

腰をガンガン振って、

イクための動きを始めた。

「ブルワッァツ!お、あぁぁお、、、イーーークーーーゥーーーーー!イっーーーチャうーーーーアガっ!アガッ!オグッ!イッてぇっっ!もう、、死んじゃうからぁーーーー!」

「マミさん、イク、イキます!」

「イッぐぅぅっーーーーー!!!!」

と叫びながら、ビチャビチャっと潮かションベンだかを漏らした、、、、

そして、俺の横に倒れるように寝転がり、いっぱいキスをされた。

「ホント、会いたかったんだからねっ!バカ、、、、」

こんな事を言われた。もう、これは恋だと思った。

そして、その後結局2発搾り取られて、お別れだった。

ホテルから出るとき、マミさんは歩行がぎこちなくなっていた、、、

別れ際、その場でメールを送るように言われて、空メールを送った。

「良かった、これで私から連絡できるw」

にっこりと笑いながら言うマミさんは、子供みたいで可愛かった。

俺は、すぐその場で電話番号と住所を教えた。

「ふふふ、、、ありがとう。うれしいよ、、、明日あたり、怖いお兄さんが行くかもよw」

こんな冗談?を言われた。

「マミさんにだまされるなら、本望です。」

そう言ったら、嬉しそうに笑いながら歩いて行った。

マミさんの背中を見つめながら、

本気になってしまったかも、、、、と思った。

だが、明日はヒロシの家で飲み会だ。

ちょっと考えがあるw

キョウコちゃん、何とか落としたいw

オススメエログ記事

俺の性癖がゆがんでしまったのはド変態レズな姉のせいかもしれない件

【SM】緊縛プレイで強調された乳房画像まとめ76枚


彼女とセックスする前に彼女の姉とヤッて非童貞になった俺の初体験談

桃尻眺めながらバイブでおまんこズボズボいじめる楽しさは異常

【後背位】バックでセックスすると女を征服しているような気分にならんか?

【局部】素人さんのパイパンマンコに注目したあそこのアップ!

化粧やスタイルに気をつかう激カワな黒ギャルのやらしすぎるセックス!

テレビで映ったお宝!パンチラや乳首が見えそうなぐうシコなテレビキャプ

【ブラちらキャプ】タレントさん達の袖口や肩からチラッと見えたブラジャーに興奮

【放送事故】菊池亜美がテレビで豪快にマ○コ見せた事故w

【レイヤーエロ】素人レイヤーのコスプレは今年も進化していく!

超厳選の美脚、誰もが心奪われる美しさの31枚

神聖なる巫女様とえっち

松村有花のIカップ乳が冴える「一番君が好き」が将来性を感じる爆ボリューム

Gカップ美巨乳モデルAlli(18歳)のシャワーヌード

【青姦】やったら病み付きになるらしい野外セックス

【胸チラ】街で見かけた巨乳素人女子達の谷間から今年も目が離せない

露出度が高すぎる中国人コンパニオン

【勝負服】谷間を強調した服装の着衣巨乳

オナニー中毒な淫乱お姉さんがクッソ抜けるw

【パンチラ】ミニスカでしゃがんでる女の子を発見したら見逃しちゃアカンよ

ラブホで夢中になってセックスするカップルを覗き見たらクッソ興奮した

ヌーディストビートでおっぱいを揺らしてる外人さん

AKB木﨑ゆりあちゃんの変態ランジェリーグラビアでお抜き下さい

堀北真希が性行為をしたという事実

2次元 横乳のラインのエロさが際立っているエロ画像まとめ 64枚

加藤夕夏がAKBメンバーのハミケツ、パンツ丸出し姿を公開するw悪意満載でワロタ

【元旦】あけましておめでヌード!!!!!

マンコと肛門の二穴責めで、ケツの穴をヒクヒクさせる隠れ淫乱な後輩の嫁w

【テレビキャプ】テレビで映ったお宝画像がヤバいwぐうシコ

【胸チラ】ロハで乳首見てどうもw性格も緩いから安易に胸元チラリwww

橋本ありな 現役モデル並の美脚に美貌!こんな美少女がAV女優だなんて恐ろしい時代

伊藤綾子アナ、一日警察署長でパンツ丸見え

ボテ腹妊婦 23枚!妊娠中の不倫は許しません!と言わんばかりにセックスしてそうな強欲な母乳も吹き出す人妻達ww

お行儀悪いけどそれがまたエッチなM男にはたまらない足コキ娘

天木じゅん「二次元カノジョ」発売記念イベントで見せた強烈なデカ乳がコチラ

ポチッと浮かぶ乳首がたまらん

3次元 ホットパンツからお尻がハミ出てっきちゃってる女の子達の

変態痴女キャラとして定評のあるサキュバス娘

星名美津紀ちゃんのムチムチぷりんな水着ボディが激しくえっち

【葵つかさ】尻フェチ嵐の松本潤がAV嬢と二股疑惑!

うちの美人OLも脱がしたらこんなかもw

【手は使わない】ノーハンドフェラチオ

素人女子の下着姿ってなんでこんなにエロいんだろうか

【2次元】バックでガン突き!快楽に悶えるの美少女

【三次】新年早々に勃起した陰茎を鎮める為のオナニー用画像77枚

【三次】パンツ脱ぎかけてチンチンやクンニをおねだりする女の子79枚

【三次】上質なオナニー画像詰合せ76枚

キンタマすっからかんで年越しをする為のエロ画像79枚

【童顔巨乳】伊藤りな セックス&ヌード画像まとめ121枚

【新妻】水元沙耶(みずもとさや)不倫セックス画像25枚

【AV女優】佐倉カオリ(さくらかおり)画像まとめ95枚その2

浅井由梨 アナル丸出しOLコスプレ画像まとめ121枚その1

妻がパワハラで鬱に・・・療養をかね温泉旅行に行ったら寝取られた・・・

前の職場で先輩だった人妻から久しぶりの連絡が!最後まで搾り取ってくれましたwww

彼女が罰ゲームで他の男に抱かれているのを見た結果、俺が寝取られ属性と判明www

年末の忘年会で鍋パした結果⇒夜這いして案外簡単にセックスできたwww

職場にいる勘違い女に睡眠薬飲ませて中出し!孕ませたったwww

毎日オナニーしてた童貞の俺が同じマンションの人妻さんに筆おろししてもらった

宗教の勧誘をしてきた女にフェラチオさせたったwwwwwwwwwwwww

妻との生ハメが最高すぎて浮気をする気にもならんわwwwwwwwwww

お兄ちゃんのSEXを覗きながら彼氏とSEXしたら性欲が爆発wwwwwwww


好きでもない男の子と罰ゲームで公開セックスしたら離れられなくなりました。

大好きなお兄ちゃんのオナニーをお手伝いした時の話

バイト先で知り合った処女のオマンコは名器でしたwww

アナルセックスしたくて経験者にアナルの開発をお願いした話

大学に通う憧れの先輩が家庭教師に!逆セクハラで勃起したチンコを生挿入wwww

興味が全くなかった姉が色っぽくなってきて欲情!挿入したりましたwwwwwwww

出会い系で釣った援交ギャルを騙してタダマンさせて頂きましたwww

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

近親●姦 レ●プ 三十路 四十路 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 M字開脚 五十路 汗だく 父子●姦 従姉妹 性●隷 痴● 欲求不満 全裸 着衣 夫婦交換 安全日 友達の母 オシ●コ テレフォンセックス 逆レ●プ GW パンティ ビキニ 画像 DQN 勃起 スカ●ロ 無防備 二穴 トラウマ シ●タ おし●こ 尻軽 インストラクター オタク ママ友 還暦 シャワー M字開脚 友達の妻 妻の友達 妻の姉 喘ぎ声 妻の過去 バイアグラ 獣● 相互鑑賞 アメリカ人 剣道部 男の潮吹き 豊満 お盆 本気汁 貝合わせ 土下座 リスカ 近○相姦 メイド 花火 マン汁 就活 マン毛 美少女 隠し撮り マット マンスジ 鑑賞 再婚 ボーイッシュ 素人 サッカー部 美容師 質問ある? お局 イメプ 聖水 手錠 ヤンデレ お客 アクメ パンティー 彼女の母 自撮り  地味 ラッキースケベ デリヘル嬢 愚痴  キメセク レ○プ バレないように 酒池肉林 神社 チンぐり返し 騎上位 性教育 テニス クスコ ギャップ マニア 釣り 美術部 プレゼント テント 染みパン 姉の彼氏 マザコン 穴兄弟 後輩の彼女 ドレス  金髪 モテ期 ボランティア 避妊 ベランダ 兜合わせ 性接待 背面座位 顧問 新婚 美人局 メンズエステ 性感マッサージ ケンカ 黄金 ギャルママ 膝枕 ムチムチ 肉●器 アフター 見せ合い 一人暮らし 脱衣 花見 スイミング ピアス 回春マッサージ 思い人 尻軽女 SM嬢 ハミ毛 VIPPER 首絞め スカウト PTA ストッキング 社長 ヘタレ タンポン キチガイ 不妊症 喧嘩 恋人交換 ボーナス 教育実習 マジックミラー 寝起き 相互オナニー マイクロビキニ リハビリ オナホ ノンケ ストレス ブサメン イベント 租チン 鼻フック 弁護士 尾行 添乗員 チンカス 発見 ゴルフ 春休み 医師 講師 メガネ 友達の奥さん 逆●漢 尻文字 アラフィフ バリ パジャマ 玄関 首輪 トリプルフェラ アヘ顔 団地妻 ニンフォマニア 北海道 柔道部 エロ画像 野菜 チアリーダー 夫の兄 主人 ギター ぎっくり腰 和姦 独身 韓国 震災 エロゲー Fカップ 恐怖 別荘 知人 ホテトル エロゲ エロ写メ 台湾 閉経 言いなり 先輩の奥さん 先輩の母 上司の奥さん  バキュームフェラ 男性恐怖症 スパッツ 子作り  賢者モード 体育館 役員 グラビアアイドル パパ友 露天 立ちション 唾液 腹上死 性生活 仁王立ち 皮オナ フィリピン人 両親 倦怠期 潔癖 即ハメ 近所 エロ本 自転車 初恋 無精子症 お姉さん ハワイ クラミジア 性感帯 屈曲位  喪女 巫女 保育士 スケベ椅子 婚活 喪男 臭い エロ漫画家 出会い喫茶 ハプバー 夫婦喧嘩 ヌーディストビーチ 手術 挑発 ライブ 苦痛  夫の同僚 タレント 電話中 接骨院 上司の妻 ホットパンツ 盲腸 エロ動画 ハメ潮 筋トレ 新妻 写真 アナルパール ご奉仕 BBA M性感 ロープ 夜勤  ガムテープ 上司の嫁 姉の夫 スカイプ 帰省 ラッキー ペニスバンド 撮影会 小柄 フェス グラマー 貧乏 ペニクリ 非常階段 レ〇プ 団地 パワハラ 社長夫人 金持ち DJ 生保レディー 非処女 お祭り 床上手 ロリ系 コンパ 流産 攻略法 汁男優 美尻 オーナー スロット 新年会 バレー部 地雷 職権乱用 三角関係 助手 フタナリ インドネシア人 ポッチャリ キッチン 吊り橋効果 ファザコン 一気 ポロリ 風習 逆セクハラ パイチラ 気絶 生本番 泥沼 バスケ ラノベ 交尾 カツアゲ 芸能 日焼け ハードセックス テクニック バージン 中性 警察 兜合せ おへそ マイナー 胸毛 無料 ネパール人 中だし 悲惨 マッチョ 飛行機 健全 おねしょ ブラチラ 性感エステ 録音 ファン 脇舐め 勇気 小悪魔 他人棒 罵倒 竿姉妹 人参 性上位 近○相○ 同伴 同性愛 コテージ マンコ せどり 半陰陽 友達の旦那  口臭 友達夫婦 全身リップ シラフ ふたなり シンママ 避妊リング 種違い イジメ 訪問販売 倒産 ネットH 洗濯バサミ パトロン オタク女子 ケツ毛 集団 恋愛禁止 韓国エステ キモメン ランデブー 社員 草食系男子 パーカー 焦らしプレイ 紳士 10P 隠しカメラ 看板娘 後輩の妻 吹雪 主張 性○隷 継母 上目遣い 祖母 背面騎乗位 号泣 姫初め リベンジポルノ メタボ 校長 彼女の父 カナダ タイ 同期の妹 芸能事務所 筋肉痛 ハブニングバー 無修正 全欄 授業 水泳 隠語 バット 引き籠もり 発熱 知り合い カウンセラー 着信拒否 ダンス ボルチオ チア部 悶絶  既婚 フェイスブック 同情 泳げ鯛焼き君 治し方 おねだり マナー 二次エロ画像 マギー 料金 親族 はしご  新歓コンパ 交換条件  言い成り 日記 隠撮 寝盗られ 鬼フェラ 仁王立ちフェラ vipper 通院 ギャル男 お小遣い 音声 ソープ嬢 宗教 側位 習い事 ブサカワ 猿轡 筋肉フェチ 染み付き  神待ち女 コインランドリー 子連れ 友達の夫 ヤリ捨て 編みタイツ アナルバイブ ひとり暮らし 新卒 ゆるマン 鬱勃起 山小屋 顔舐め 狸寝入り 派遣 ふんどし ニ穴 アニメ声 喪服 階段 濃厚 遠距離 サーファー ふぇら 洗脳 俳優 精液便所 メス豚 共依存 バスタオル バナナ 我慢 長ネギ 宴会芸 オーディション ローカルテレビ カミングアウト 出禁 寝落ち 乱暴 穴あきパンティ 便器 企画 星姦 蟲姦 地獄 料理教室 谷間 恋人 元嫁 エアロビクス トラック 塩対応 貸切 ニーソ 密会 義理の娘 お花見 ノルマ ブラック企業 胸糞 背徳感 妻の友人 グラドル 染み ピーナッツ 股間 仕事 ラブレター 親切 帰宅 同時イキ タダマン セリクラ 麦茶 処女膜 地雷女 マンカス 擬似レイプ 相互 マンぐり返し  偶然 ティッシュ 雌犬 アスリート オキニ 逆プロポーズ プロゴルファー ママ ヤリ目 使用済み ゴミ箱 塾講師 自尊心 無礼講 リフレクソロジー 先輩の妻 ライブハウス 控え室 介護職 辻本杏 たまごっち  びっぷら 流行 新婚初夜 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 万馬券 バストアップ 音信不通 サクラ アメリカ ケジメ 部室 テニススクール セカンドバージン 元旦 中継 婚約者 出会い 馬鹿 逆ギレ 不満 女優 ポカリ スケスケ 近親○姦 初夜 プラトニック ニュージーランド人 母子○姦 シミ付き 処女初体験 悪臭 アイマスク 摘発 唾液交換 メガネっ娘 コスプレイヤー 女店主 ラーメン屋 姉の同級生 パンパン ダブルブッキング ペンション コーヒーショップ バンコク インモラル サプライズ 娘の担任 シングルファザー 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 小説風 バンガロー 整体師 27P セフレ交換 賞品 お化け屋敷 角オナニー 白髪 セックス依存性 保護 出前 くじ引き ホームセンター 本気 不潔 検査 ナプキン フェラテク サドル ボクシングプレイ ボクシング部 通勤 大学受験  留守番 年始 SMクラブ ウェディングドレス 生意気 初潮 スノーボード 排泄 チーママ 下品 貯金 カンボジア レディース 初対面 腐れ縁 空家 リンパ キャットファイト エクササイズ 暴発 事務 色弱 謝罪 叔母さん ヘルパー 狂気 監視 黒髪 twitter ガーゼ レディコミ ガン 肩書き  逆玉の輿 オン欄 クリーニング  レストラン 腋毛 看護学生 足ピン 出血 夫の従兄弟 下宿 パフパフ お店 ペット 介護士 自縛 マジキチ けじめ フィリピンパブ 覚醒 知的 インテリ チン蹴り 人間不信 竿付き サスペンダー 鮫肌 友人の嫁 同い年 ぼったくり 拡張 収集 スワッピングクラブ  コレクション 上級生 精神科医 伏せバック 弓道部 友達の兄 シンガポール 医学部 放置プレイ 目の前 ジャージ 運動会 不眠症 眼鏡 娘の元カレ 半勃ち オジサン 男子校 バツ2 脚フェチ シ○タ 浮気相手 産婦人科 おなべ 回春 Skype バニーガール オーストラリア 白衣 リア充 新幹線 貧乏神 帰国 セックス依存症  猫耳 貸出 ハローワーク カレー屋 キャッチ 白ギャル ヤンママ ボクっ娘 寝顔 鍋パ 葬式 テニスコート で四つん這い セミプロ 婚活サイト フツメン ブーツ ニーハイ 診察台 バイブフェラ 水泳教室 婚前 女神 無臭 女子プロレスラー 四つんばい 屈辱的 パラダイス IUD 男子禁制 牛乳 乳がん ジョギング 森ガール 処理 汚物 母子家庭 憧れ アスリート女子 ボディービル デルヘル ニート 夫の上司 弟の妻 メガネ屋 退職 姉妹相姦 ぱふぱふ マリッジブルー 腰痛 プロレス 興奮 インフルエンザ ぶっけけ 精液検査 マッサージ師 読者モデル フィギュアスケート部 現地妻 おもてなし 日系ブラジル人 絶縁 壁ドン サランラップ 美少年 実家 ちんぐり返し 仲居 東京 後輩の男友達 ジーパン 伊豆  支配 彼女の弟 婚約 目覚ましフェラ 近●相姦 男湯 介護 射精管理 おあずけプレイ エレベーター 腕枕 脱サラ ハシゴ 保育園 GloryHole 悪酔い 流出 寝起きドッキリ チキン 会長 配信 チンピラ 宿題 神秘 限界 想定 公認 正月明け お祝い 体操部 儀式 嬢王様 試験 失笑 TV電話 クォーター キス魔 靴なめ ムチ ローソク 自暴自棄 コスプレ巨乳 喘息 制裁 フィジー 武勇伝 スポーツクラブ 渋滞 姉妹交換 70代 老婆 社長婦人 逆痴● アダルトグッズ 早熟 黒タイツ むっちり 免許 マンション ビーチボール オムツ 自棄酒 竹刀 チャイナドレス 食事 敬語 報告 テスト勉強 将棋部 恨み 苦情 お清め 廃墟  交換 タトゥー 犬プレイ アナルファック ソフトテニス部 利子 寄付 ユルマン ぢゃ性 自慢 イカ臭い ハダカ 人助け 生き別れ ドクター 添い寝 出張ホスト 遭遇 まんぐり返し 出勤前 ボディービルダー 出合い系 腐敗 割り切り バレンタイン おなら 母の妹 ボーリング 宿直 片思い 大家 かりまん MオンナS男 委員会 ハイボール ワカメ ローライズ 禁欲 美容院 ハイグレ 車検 無抵抗 鷲掴み オリモノ 図書委員 オナペット 阿鼻叫喚 15P カマトト ノロケ 相部屋 転校生 オプション レオタード 台湾人 

フリーエリア