HOME > 【童貞体験談】 > 【初体験談】近所に住んでる淫乱なOLお姉さんと超絶気持いローションプレイ!
お知らせ
もしお探しの体験談が見つからない場合は↓のリンク先でお探しください。

エッチな体験談~今日のおかず~


【初体験談】近所に住んでる淫乱なOLお姉さんと超絶気持いローションプレイ!

関連体験談 :OL年上ローション初体験想定淫乱痴女おっぱい童貞クンニ
俺が高校生のころの話なんだけど、

ひょんなことで俺は近所に住んでいる二宮里緒さんの家に遊びに行くことになった。

里緒さんは26歳OL。

とても色気のある顔立ちで、俺はいつも気になっていた。

色気といえば顔だけでなく、スタイルがとにかくすごい。

豊かで形のよい胸、くびれたウエスト、丸々としたヒップ、

さらにそれらを強調するような格好を里緒さんはいつもしていた。

「ごめんなさいね。急に遊びに来て、なんて言って。」

おいしそうなクッキーや紅茶を俺にさしだしながら里緒さんは言った。

「いや、いいですよそんなの。どうせ暇ですし。」

「和也くん(俺)はやさしいのね―。もう、抱きしめちゃいたい♪」

「え、えへえへへへ。そんなー」

冗談とはいえどきどきした。

この大きな胸が体に密着したらどれだけきもちいいだろうか。
妄想をふくらませていると、里緒さんがじーと俺の顔を見ていることに気づく。

「なんですか?俺の顔になんかついてますか?」

「別になにもついてないは、でも和也くんもよくこうやって私のこと見てるじゃない。」

ギクリ、とした。俺はよく里緒さんの過激な姿に目を奪われている。

今日も白いブラウスに黒いタイトなミニスカートをはいている。

かすかにブラウスの下のブラジャーがすけて見えた。

「そ、そんな―」

>「あら、いいわけする気?さっきだって私の胸のあたりじろじろ見てたわ。」

なんともいえない気まずい雰囲気が流れる。

これだけのために里緒さんは俺を呼んだのか。

「まあ、いいわ。お年頃だものね、許してあげる。」

その言葉を聞いてほっとした。

「正直にいうと私もね、すこし嬉しかったの。君みたいな若い子に興味をもたれてるなんてね。」

「は、はあ・・・・・・」

「和也くぅん、君も正直にいってみて。私の胸に興味があるの?」

一瞬ハ?と思った。こんなことをあの里緒さんが言うなんて・・・・

圧倒されている俺は正直にいった。

「え、ええ。まあ。里緒さんスタイルいいし、美人だし。」

「そう、なら・・・・・・・」



「触ってみる?私のおっぱい。」

「えええ!!!な、何いってるんスか里緒さん!」

>「アハハ!そんなびっくりしないでよ。これぐらいフツーよ。それとも嫌?」

悪戯っぽい笑顔をむけている。嫌なはずがない、とわかってる顔だ。

「・・・い・・・嫌じゃないです・・・・・・・」

「そう、ならちょっと待ってて。」

そう言って、里緒さんは部屋の奥へと消えて行った。

(おっぱい触らせてくれんじゃないのかよ・・・・・・?)

訝しんでいると、里緒さんはすぐ戻ってきた。

何しにいったんだ?と思ってると、

里緒さんは座ってる僕の前に膝をつけ、胸を突き出してきた。

「さあ、ご自由にどうぞ。」

近くで里緒さんの胸をみると、すぐその異変に気づいた。

さっきまで透けてたブラジャーが消えている。

そのかわり、ブラウスの下にはしっかりと二つの乳首が透けて見える!

「ウフフ、さっきブラジャーだけ外して、また服を着たの。こうすると生地がすれて気持ちいいと思って。」

ブラウスの胸元も大きく開いていて、なんともエロティックだ。

俺は食い入るように里緒さんのおっぱいを見た。

「見てないで触ってみて。ね、お願い。」

俺がためらっていると、

里緒さん自らが、俺の両手をおっぱいに置き、俺もようやく言われた

とおりにしはじめた。

「どう。どんな感じ?」

「お、おっきいです。すっごく大きいし、生地の上からでも、プニュプニュしてる――」

「なんだか慣れてない手つきね、でも結構きもちいいわ。その調子よ。」

慣れてないのは当然だ。この当時僕は童貞で、女の人の胸を揉むことなど皆無だった。

「もっと強く揉んでいいわよ。こんなチャンス滅多にないんだから。形が良くっておっきいのに触れるなんて」

里緒さんの顔は赤くなってて、恍惚としている。そういう僕のチ○ポもはちきれんばか

りにギンギンだ。服の生地の擦れ具合が、どちらにも快感を与えている。

「あっふん・・・・・、乳首が勃ってきちゃった・・・」

こんな美女の胸が思い通りになるなんて、まるで夢のようだ。

「ウフフ、すごくエッチな気分になってきたわ。和也くん、今度は口で吸ってみて。赤ちゃんみたいに吸ってみてぇ。」

言われるがまま、俺はブラウスの上から里緒さんの乳首に唇に当てる。

その瞬間、里緒さんの体が少し震えたのがわかった。

「ジュル・・ジュジュジュルルルル・・・・・」

「ああ・・・・いい子ね・・・気持ちいいわよ。」

服の上からという微妙なもどかしさが興奮をさそう。

ほとんど理性を失い、思うがままに吸った。

いつのまにかブラウスの乳首の部分だけが、俺の唾液でまるく濡れていた。

「ああ・・・・イイ・・・・すごくイイわあ・・・・。ありがとうね、和也くん。」

そう言うと、急に里緒さんは立ち上がった。

(え・・・・もう終わり?)

「フフ・・・そんなにがっかりした顔しないでよー。まだ気持ちいいことしてあげるわよ♪」

そういうと里緒さんは近くの棚から何かの容器をとりだした。

里緒さんはそれをソ\ファーに置いて、自分もそこに座った。

すると突然、里緒さんがブラウスのボタンを外しはじめた!

ブラウスを脱いでしまい、大きな双つの乳房が完璧にあらわになる。

(ぬ・・・・ぬいじゃった・・・・)

「じろじろ見られるとやっぱ恥ずかしいわね。」

スカートも脱いでしまい、里緒さんはパンティー1枚になった。

刺繍が入っていて、ところどころ透けている青色のパンティーからは、

恥毛がうっすら見えている。

「あなたとこういうコトするために用意したのよ、このパンティー。実はね、今日は最初からそのつもりだったの。」

「里・・・・・・里緒さん・・・・・」

白く美しい体に圧倒される。

「さ、・・・・早くこっちにきてぇ。は・や・くー」

言われるがままにソ\ファーに近より、里緒さんの隣にチョコンと座ると、

里緒さんにシャツとズボンを脱がされ、トランクス一丁になった。

トランクスのゴムと腹の間に手を差し込まれる。ち○ぽが指に包まれる。

「おち○ぽがすごく固くなってる・・・・まってて、すぐ気持ち良くしてあがるからね♪」

そのままトランクスも脱がされ、あっというまに全裸にされた。

座わっている僕のうえに、顔が向き合ったまま里緒さんがのっかかってくる。

ち○ぽがパンティーごしに里緒さんのエッチな部分に触れた。

「ああッ」

「和也くんに――これを使って欲しいの。」

里緒さんは俺に容器を手渡した。

「ローションっていうやつよ。それをかけてから体を触られるとスベスベして気持ちイイの♪

(ど・・・・どこにかければいんだ?)使い方がわからなくて俺はおどおどした。

「肩からからかけるの・・・・・・・・・・そう・・・・全身をローションまみれにしてね」

とろとろの透明な液体が流れていく。首の窪みに一度たまるとやがて鎖骨をのりこえたり、

迂回したりしながら、まんまると盛りあがった乳房へと伝い落ちて行く。

里緒さんはローションを両手の平ですくうと、マッサージするかのように、

自分で胸を円く揉みあげていく。

「ああ・・・もっと・・・・もっとかけてぇ!・・・・お願い。」

ローションがアソコの近くまで下りていく。

「おなか・・・おなかのあたりとかをなでてぇ・・・」

欲望のままにローションをぬりたくっていく。

腰のクビレを、太ももを、その付け根までを、

ぴちゃぴちゃという音をたてながら無造作になでまわしつづけた。

――――――ぬるぬる――――――

「里緒さん・・・・すごくいい手ざわりです・・・・・」

「ああ・・・・私もすごくいい・・・まるで何本もの手で愛撫されてるようだわ・・・・・このまま・・・あ!・・・・和也くんにめちゃくちゃにされたあいい!!・・・・」

里緒さんの声は興奮のせいかうわずっている。

里緒さんの太ももがゆっくりと扇状にひらいていく

「お願い・・・はやくアソコをさわって・・・・」

自分で太ももの付け根を手の平に近づけてきた。

しかし、俺の指先はそこで止まってしまった。

「あっ!駄目ぇ!・・・・・もっと、もっと奥をさわってほしいの!おま○こ・・・・おま○こに指をいれてェ!!・・・早く・・・・・・」

里緒さんのアツイ吐息がせかしてくる。

パンティーの端から、おそるおそる里緒さんのま○こに中指を入れてみた。

「んっ!」

ローションでぬちゃぬちゃしていた花園は、

俺の指くらいはまるで針を通したぐらいの感じで

あっというまに受け入れてしまった。

――――――ぬちゃぬちゃ――――――

「だ・・・駄目ェ!・・・・・・二本・・・・二本いれてェェ!!」

中指をいったん抜き、人差し指を重ねてもう一度ま○こにいれて見た。

「どうですか?ちょうどいいですか?」

里緒さんは恥らいの顔をつくりながら、こっくりとうなずいた。

「動かしてみて・・・・・わ、私のきもちいいとこ探して・・・・」

指を円を描くように動かして見た。

「ああ!!・・・気持ちいい・・・あぅっ!・・・いい!!・・・」

「こ、これでいいですか?」

「はァ、はァ、はァ、ああっ!!いいっ!こ・こんどはバイブしてみてェ!」

俺は指を小刻みに振動させた。

「あ・あ・あ・あっ~~~!奥ぅ!、もっと奥へつっこんで~~~!!あっ・・気持ちイイ~!」

どれだけの時間がたったろうか・・・・それから何度も里緒さんは「きもちいい」を連発した。

「ありがとう・・本当にありがとうね。和也くぅん・・・・・・私ばっかり気持ち良くなっちゃって・・・・お礼・・・してあげる。」

里緒さんはパンティーを脱ぎ捨て、ま○こを俺の股間に直接すりつけてきた。

――――――スリスリスリ――――――

「ああっ!!リ・リオさん!・・・・!!!」

「ハア・ハア・和也くん・・・・入れていいよォ!私のおま○こに、おち○ぽいれていいんだよ!!」

俺は意を決して、ち○ぽを挿入しようとした。が、

なかなかうまい具合にいかない。

里緒さんが上から俺にのっかっているため、体に自由がきかない。

「ァ・・・・・もうっ!・・・・・・・・・和也くぅん、わ、私からいれるよ。」

――――――ズブ・ズブブ――――――

「見てェ!しっかり見て和也くぅん!!」

俺のち○ぽが里緒さんの秘壷におさまっていく。

「んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!」

俺の上で里緒さんが腰を振る。ソファーがギシギシと音をたてた。

「あっ、はあぁぁっ――!!!」

ブドウのような柔らかく、大きなつぶ状の突起が、

俺のち○ぽを快感で包んでいく。

「あっ・・・・あっ!・・・・里緒さん・・・そ、そんな激しく・・・・ああ?!!・・・あったかい・・・・・里緒さんの中すごくあったかい・・・・・・!」

「んっ!・・・・いやあン・・!アン!あんっ・・・・・・私が先いっちゃいそォ~」

俺のち○ぽも快感の頂点をむかえようとした・・・・・その時、

里緒さんが体からち○ぽをぬきとった。

「もっと・・・もっと長く気持ち良くさせてほしいの・・・・・」

里緒さんは体を反転して、クッと締った白いおしりを俺の前に突き出した。

「和也くぅん・・・・バック・・・・バックで突いてぇ・・・・お・・・お願いします。」

僕のち○ぽも限界に近い。犬の交尾のような体勢で、後ろから突き刺していった。

「あっ!!ア~~~~~~!!!」

今度は僕が腰を振った。

「はあ!はあ!はあ!はあ!リオさァ~~~んん!!」

ローションがたっぷりついたおっぱいを後ろから揉みまくりつつ、パンッ!パンッ!

と里緒さんのおしりに叩きつけた。

「ううううう――!!だ、駄目だぁ、気持ちよすぎて、我慢できないです!」

「出していいよ!・・・・私の中にいっぱい出していいヨ!」

里緒さんのツブツブの刺激に耐えきれず、俺は絶叫し、

「イクッ、イクウウウウ・・・・ッ!!!」

ブシュウッ!ブシュシュシュ!!

そして尽きた。

里緒さんもまた、ほぼ同時にイってしまったようだった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

後始末をした後、二人ですこし話をした。

「こんないいセックスひさしぶり・・・・私、年下が体に合うのかも・・・」

「俺は今日が初めてでした。」

里緒さんは悪戯っぽい笑顔を浮かべて、僕の耳元でこう言った。

「ムラムラした時はいつでも遊びにきてね♪クッキーと紅茶も用意しとくから・・・」
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
 
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグ

近親●姦 レ●プ 兄妹●姦 姉弟●姦 母子●姦 従姉妹 おし●こ スカ●ロ 性●隷 父子●姦 痴● 全裸 安全日 逆レ●プ シ●タ 妻の過去 無防備 妻の友達 ビキニ バレないように 二穴 オシ●コ 肉●器 ラッキースケベ 獣● トラウマ DQN 還暦 上司の嫁 ママ友 お客 土下座 妻の姉 友達の妻 マット  バイアグラ 性接待 剣道部 サッカー部 美容師 お盆 相互鑑賞 隠し撮り M字開脚 再婚 地味 本気汁 オナホ 3P イメプ 男の潮吹き 医師 ボーイッシュ 聖水 手錠 近所 貝合わせ 豊満 鑑賞 素人 ギャップ クスコ 近○相姦 美少女 お局 喧嘩 美術部 ドレス メガネ モテ期 講師 新婚 自撮り 脱衣 顧問 兜合わせ 花見 マニア テント ヘタレ ベランダ マンスジ 神社 放置プレイ アクメ 尾行 愚痴 ノンケ ゴルフ チンぐり返し テニス 夫の上司 プレゼント 春休み 性教育 団地妻 ストッキング ボランティア レ○プ 教育実習 背面座位 回春マッサージ ストレス 不妊症 ハミ毛 騎上位 コテージ 相互オナニー 接骨院 先輩の母 スカウト 4P 友達の夫 ヒッチハイク オムツ 継母 アヘ顔 避妊 染みパン OL 釣り SM リハビリ 実家 シングルマザー メンズエステ グラドル  逆痴● 金髪 マンぐり返し アフター ゴルフ場 小悪魔 首絞め 姫初め 両親 オーナー 性生活 寝起き 挑発 拡張 友達の奥さん 倦怠期 ボーナス エロ動画 北海道 初夜 アラフィフ DJ チンカス 逆●漢 鼻フック  ぎっくり腰 イベント 帰省 割り切り スケベ椅子 パジャマ 一人暮らし イジメ 台湾人 添乗員 パワハラ 罵倒 黄金 飲● ファザコン 台湾  手術 スケスケ ムチムチ 女神 流出 ホットパンツ 韓国 遭遇 マイクロビキニ グラビアアイドル レオタード 喪女 M字 ブサメン 租チン 便秘 独身 弁護士 同期 彼女もち 新年会 ニーハイ マジックミラー 唾液 発見 隠撮 自転車 搾乳 キチガイ 目の前 写真 恋人交換 野菜 M性感 お姉さん 柔道部 ナプキン グラマー 竿付き 団地 仲居 新幹線 トラック  仁王立ち 上司の妻 ボクシング部 生徒の母 マラソン 流産 屈曲位 性感帯 エロなし エロゲー ロリ系 生保レディー 夫婦喧嘩 エロ本 エレベーター 左遷 露天 オーストラリア 俳優 ハワイ 姉の夫 ガムテープ 婚約者 回春 美尻 皮オナ ぱふぱふ 竹刀 タレント 小柄 苦痛 お見合い 貧乏 レ〇プ チャイナドレス  夫の同僚 黒髪 将棋部 免許 喪男 産婦人科 チアリーダー 臭い 出会い喫茶 ペニスバンド 即ハメ 現地妻 ペット 婚活 役員 女風呂 立ちション パパ友 バレー部 う●こ エロ漫画家 リア充 バキュームフェラ 盲腸 夫の兄 ハメ潮 ロープ ギター 主人 母子交換 M男 ご奉仕 ノロケ 元カノの妹 体育館 警察 ふたなり ブラチラ イメプレ エロ写メ 元嫁 言いなり オナペット 子作り マッチョ 知り合い 無修正 友達の父 ニート 唾液交換 スパッツ ソープ嬢 ボンテージ 集団 友達夫婦 エロ画像 ジョギング 友達の旦那 ホテトル 臭いフェチ  無精子症 ライブハウス 閉経 スポーツクラブ 上司の奥さん フィリピン人 腕枕 Fカップ 恐怖  先輩の奥さん 背面騎乗位 美女 従姉妹の娘 潔癖 フェス 弓道部 床上手 別荘 フツメン 女湯 ハプバー 電話中 隠しカメラ 金持ち ライブ 社長夫人 直穿き タイツ ペニクリ 姉妹●姦 三角関係 自虐 スカイプ  フィギュアスケート部 デルヘル ボディービル おもてなし 腰痛 プロレス マッサージ師 弟の妻 読者モデル 自慢 車検 鷲掴み ハイグレ ぢゃ性 ユルマン 禁欲 ハイボール 転校生 オリモノ ローライズ ワカメ 社長婦人 老婆 ムチ ローソク 靴なめ キス魔 自暴自棄 渋滞 早熟 70代 姉妹交換 むっちり 黒タイツ オプション 相部屋 母の妹 出合い系 大家 片思い ボーリング 腐敗 バレンタイン マリッジブルー 姉妹相姦 TV電話 クォーター ボディービルダー 出勤前 かりまん 出張ホスト カマトト 15P 阿鼻叫喚 まんぐり返し ドクター 人助け イカ臭い 興奮 生き別れ メガネ屋 婚約 ネパール人 無料 マイナー テクニック 脇舐め キッチン ラノベ 健全 勇気 おへそ 恋人 エアロビクス 義理の娘 谷間 密会 中性 フタナリ パイチラ ポロリ インドネシア人 訪問販売 種違い 人参 全身リップ 性上位 気絶 パトロン 同伴 竿姉妹 近○相○ 韓国エステ パーカー 一気 焦らしプレイ 紳士 せどり 祖母 お花見 ピーナッツ 乱暴 ラブレター 先輩の妻 寝落ち 出禁 蟲姦 便器 カミングアウト リフレクソロジー 使用済み 飯岡かなこ 沖田杏梨 美肌 辻本杏 介護職 ゴミ箱 塾講師 自尊心 星姦 企画 料理教室 地獄 我慢 背徳感 胸糞 妻の友人 ノルマ ブラック企業 長ネギ 宴会芸 共依存 オーディション ローカルテレビ メス豚 精液便所 バナナ バスタオル 吊り橋効果 おねしょ 保育園 バストアップ 悪酔い 寝起きドッキリ チキン 配信 チンピラ 宿題 神秘 嬢王様 お祝い 脱サラ 東京 正月明け 想定 失笑 儀式 体操部 絶縁 日系ブラジル人 バイブフェラ ブーツ 診察台 水泳教室 女子プロレスラー ぶっけけ アスリート女子 無臭 四つんばい 屈辱的 パラダイス IUD 男子禁制 乳がん 母子家庭 処理 汚物 伊豆 ちんぐり返し ケツ毛 洗濯バサミ 避妊リング オタク女子 キモメン 泥沼 性感エステ 草食系男子 口臭 シラフ 性○隷 バスケ バージン ハードセックス ランデブー 同性愛 上目遣い 助手 職権乱用 彼女の弟 目覚ましフェラ 近●相姦 介護 おあずけプレイ サランラップ 支配 射精管理 悲惨 号泣 看板娘 ファン ポッチャリ 主張 他人棒 ネットH  インフルエンザ 空家 お小遣い 音声 ギャル男 サーファー 狸寝入り 寝盗られ  夏フェス ニューカレドニア 歳下女子大生 元ヤン 筋肉フェチ ひとり暮らし 編みタイツ メタボ 校長 カナダ 芸能事務所 同期の妹 彼女の父 発熱 顔舐め バット 引き籠もり カウンセラー 乳首舐め パリ  頬ずり 虐め 山岳 ジジイ シックスナイン 実験 旦那の弟 台所 友達の叔母 チクニー 乳コキ スナックのママ 狭射 ハイレグ 性同一性障害 サイクリング ネイリスト 生理不順 ごっkん プリクラ  軽蔑 SNS 悶絶 チア部 吹雪 恋愛禁止 シンママ 社員 生本番 兜合せ 録音 逆セクハラ カツアゲ 交尾 日焼け 芸能 男湯 試験 公認 限界 会長 牛乳 ハシゴ 後輩の男友達  美少年 壁ドン ジーパン 後輩の妻 倒産 無礼講 新婚初夜 控え室 仕事 穴あきパンティ  ママ 同時イキ 親切 セリクラ マンカス 股間 染み 半陰陽 マンコ 胸毛 風習 中だし 10P 飛行機 塩対応 ニーソ 貸切 万馬券 ゴーヤ 彼氏交換 不妊治療 従姉妹の彼氏 トップレス すっぴん ボクサー 主人の友達 押入れ 彼女交換 刑務所 ソーセージ トライアスロン アメフト部 B専 正座 バレーボール部 イメチェン オナネタ 娘の夫 絶叫 彼女不倫 おままごと t乱交 パプニングバー 先輩のセフレ セフレの友達 立ち合い AV 騎馬戦 GW CA 義理兄  輪● jk 彼氏の妹 3穴 仲直り アナル責め 屋台 パーティー 露出b 年越し 旦那の同僚 プレハブ ハイキング セレブ 玉舐め 近親相●姦 全盲 妹夫婦 義息子 チアガール 百合 OB 兄の娘 兄弟 先輩の婚約者 断捨離 リンチ こたつ ブルセラ 2ch 別居 友達の家 従兄弟の嫁 スクール水着 新婦 ストリッパー トレーニング 行水 ポニーテール 心身 アナルうんこ 再従兄弟 ハゲ 指フェラ 予備校 研修 社長の息子 サンタ スノボー 婿 バドミントン部 彼女の過去 テレビ スロベニア人 妊活 読モ 密室 卓球部 アレルギー トルコ おっぱいアナル ブルマー 前立腺マッサージ 下ネタ W不倫 同僚の妹 延長 書道部 相撲 息子の先輩 森ガール 婚前 逆ギレ 近親○姦 不満 女優 ポカリ 母子○姦 ニュージーランド人 ケジメ アメリカ 出会い 馬鹿 プラトニック 小説風 バンガロー SMクラブ 年始 ウェディングドレス 生意気 カンボジア 初潮 スノーボード 排泄 チーママ 下品 貯金 サクラ 音信不通 ペンション ダブルブッキング 保護者会 サッカー少年団 社長の娘 摘発 キュウリ コスプレイヤー メガネっ娘 悪臭 アイマスク シングルファザー 娘の担任 元旦 セカンドバージン 中継 テニススクール 部室 シミ付き 処女初体験 コーヒーショップ バンコク インモラル サプライズ レディース 暴発 恨み 報告 敬語 自棄酒 苦情 婚活サイト セミプロ フェラテク 本気 不潔 検査 お清め ソフトテニス部 喘息 マンション 制裁 フィジー 武勇伝 交換  利子 寄付 アナルファック 廃墟 サドル 大学受験 リンパ 飲酒 留守番  白髪 腐れ縁 初対面 事務 色弱 エクササイズ キャットファイト セックス依存性 保護 くじ引き 賞品 ホームセンター ボクシングプレイ 通勤 セフレ交換 27P 出前 角オナニー お化け屋敷 整体師 パンパン 姉の同級生 収集 コレクション 鮫肌 友人の嫁 同い年  スワッピングクラブ 自縛 マジキチ けじめ サスペンダー ぼったくり お店 狂気 ヘルパー 監視 逆玉の輿 オン欄 twitter ガーゼ レディコミ ガン 肩書き  介護士 フィリピンパブ MオンナS男 添い寝 図書委員 委員会 美容院 ハダカ 宿直 憧れ 精液検査 退職 おなら 無抵抗 アダルトグッズ インテリ 知的 チン蹴り 人間不信 覚醒 GloryHole テスト勉強 ビーチボール タトゥー 犬プレイ 食事 出血 夫の従兄弟 伏せバック 医学部 友達の兄 シンガポール 眼鏡 不眠症 運動会 ボクっ娘 バニーガール Skype ジャージ 娘の元カレ 浮気相手 叔母さん バツ2 謝罪 女店主 ラーメン屋 男子校 オジサン おなべ シ○タ 脚フェチ 半勃ち ヤンママ 白ギャル 腋毛 レストラン 上級生 精神科医 セックス依存症  クリーニング 下宿 パフパフ 足ピン 看護学生 猫耳 貸出 で四つん這い テニスコート 鍋パ 寝顔 キャッチ 葬式 カレー屋 帰国 貧乏神 白衣 ハローワーク コスプレ巨乳 

フリーエリア